インターネット事情

【YouTubeが重い・見れない・止まる】原因と対処法を解説!

YouTube
編集部ヨッシー
編集部ヨッシー
こんにちは!なるほどWi-Fi編集部のヨッシーです!

「YouTubeをよく見るんだけど、時々重い時の原因って何なのかな?」や「YouTubeが見れない時や止まる時の対処法を知りたい」などのクチコミをよく見かけます。

YouTubeの視聴に関するトラブルや不満を抱えている人は多いですよね?でも、この原因と対処法がイマイチ良く分からないから始末が悪い。

ここでは、YouTubeの「重い」「見れない」「止まる」の原因究明から解決方法まで、分かりやすく解説していきます!

YouTubeが重い場合の対象法をすぐ確認したい方はこちら

YouTubeが「重い」「見れない」「止まる」というクチコミは多い!

YouTubeが「重い」「見れない」「止まる」というクチコミは非常に多いです。

しかし、これは個人の捉え方や通信環境等に左右されることがほとんどです。

確かに大勢の方が一斉に同じ動画を観るような場合は「重い」「見れない」「止まる」という現象が発生しますが、このケースは不可抗力なのでどうしようもありません。

YouTubeが「重い」

「重い」というクチコミが一番多いように思います。時間帯や通信環境で重く感じることに対しての愚痴っぽい内容が多いです。

YouTubeが「見れない」

https://twitter.com/_haibara_sherry/status/1044623490190438400

この「見れない」というクチコミは通信制限に掛かっているケースが多いですね。低速に制限されると、YouTubeに限らずどんな動画の視聴でも厳しくなります。

YouTubeが「止まる」

この「止まる」はデバイスのメモリー蓄積等の原因が多いです。YouTubeを視聴される場合は事前にメモリーをクリーンな状態にすることも大切です。

YouTubeが「重い」「見れない」「止まる」時のおもな原因はこの3つ!

  1. 【重い】デバイスの性能が低い
  2. 【見れない】通信環境に問題がある
  3. 【止まる】高画質の設定になっている

YouTubeが「重い」「見れない」「止まる」というクチコミが多いことはお分かりいただけたと思いますが、実際の原因となることを個別に検証していきましょう。

ただし、YouTubeが「重い」「見れない」「止まる」の原因に対する、特効薬的な手法が無いのが悲しい現実です。

ですので、おおよその原因を把握した上で最も有効的な手法を講ずることが重要となりますので、順番に解説していきますね。

①YouTubeが「重い」時のおもな原因はデバイスの性能が低いことが多い!

デバイスの性能が低い

一番の原因は「デバイスの性能が低い」ことが挙げられます。

ご自身がなにげに普段から使っているデバイスは日々劣化していくことは否めませんし、視聴するYouTubeは日々進化し、より高性能なデバイスが求められてきます。

ただ、YouTubeが「重い」と感じる原因は他にもありますが、一番多い原因はやはり「デバイスの性能が低い」というのが最有力です。

②YouTubeが「見れない」時のおもな原因は通信環境に問題がある!?

通信環境に問題がある

YouTubeが「見れない」という原因で真っ先に浮かんでくるのが、通信環境の不具合です。

例えば、「電波をキャッチできていない」「通信速度が極端に遅い」「速度制限が掛かっている」ということが挙げられます。これらは後述の対処法を試してみてください。

YouTubeが「見れない」時のおもな原因は通信環境に問題がある!?の対処法を詳しく見る

③YouTubeが「止まる」時の原因は高画質の設定になっていることが多い!

高画質の設定になっている

視聴するYouTubeの画質の設定が高画質になっている場合は、少しでも通信環境に不備があると再生中に止まる原因となります。

では、YouTubeの画質の設定方法をiPhone(iOS)YouTubeアプリの画面で解説します。

まず、YouTubeで任意の動画をチョイスします。

そして動画部分をタップします。

すると、下のように操作パネルが表示されますので、右上の・・・をタップしてください。

すると、下の画面が表示されますので、「画質・自動設定(720p)」の部分をタップします。

最後に選択画面が表示されますので、お好みの速度をタップしますと速度の設定は完了です。

YouTubeが「重い」「見れない」「止まる」時の解決方法はこの6つ!

  1. youtubeの動画再生の際に無制限で視聴できる「WiMAX」を使う!
  2. まずはPC・スマホ・タブレットを再起動させてみよう!
  3. YouTubeの画質を落として再生してみよう!
  4. インターネット回線を確認してみよう!
  5. YouTubeを視聴するブラウザ以外のアプリを閉じる
  6. デバイスのキャッシュを削除する

YouTubeが「重い」「見れない」「止まる」時の原因は多岐にわたりますが、解決方法も原因に応じて、さまざまな方法が存在します。

ここではおもな解決方法として6つピックアップしましたので、ひとつずつ試みて改善してみてください。

①youtubeの動画再生の際に無制限で視聴できる「WiMAX」を使う!

 WiMAXでyoutubeを見ている様子

youtubeの動画再生の際に重かったり、止まったりする一番の原因ってやっぱり回線速度の速さなんですよね・・・。

  • スマホのギガの残りを気にしながらyoutubeを見ている
  • 外でyoutubeを見る際にカフェとかの回線速度の遅いwifiスポットを使っている
  • 型の古いホームルーターや家のADSLやyoutubeを視聴している・・・

といった方も多いと思います。

実際に、速度の遅い外の無料wifiや家の古い回線だとyoutubeを快適に見ることが難しいです。特に最近だと4kなどの画質の良いyoutube動画を見るならなおさらです・・・。

また、スマホでyoutubeを見るにしてもすぐギガ数を消化してしまい、速度制限にかかってしまうハメにも。。。

もしも、youtubeをサクサク見たい方は「WiMAX」の利用を推奨します。理由としては単純明快で無制限でいつでもどこでも見れるからです。

WiMAXは小さくて軽いので持ち運びにも便利ですし、工事が面倒な方は家で利用する方も多いです。実際に管理人もワイマックスでyoutubeをがっつり見ているユーザーの一人だったりします。

最近のWiMAXって、月額2800円くらいでしかも最新の機種(w06)を2019年から申し込めるようになったんですよね。

私の時は機種(w06)が発売されていなかったのでこれから申し込める方はちょっとうらやましいです(笑)

【全26社比較】WiMAX2+おすすめプロバイダ総合ランキング2019年最新」にてWiMAXを扱う26社の中から当サイト推奨のものをユーザー目線で丁寧に解説していますので、気になる方はチェックしてみてください。

また、家でしかyoutubeを見なくてさらにもっとサクサクyoutubeを見たい方は光回線がおすすめです。基本的には回線速度だけの話で言えば光回線が最も最速です。

【元販売員が語る光回線の全て!】2019年のおすすめを徹底比較!」にて詳しく解説していますので、気になる方はこちらもぜひご覧ください。

最新のおすすめWiMAXをチェックする!

②PC・スマホ・タブレットを再起動させてみよう!

PC・スマホ・タブレット・・・どのデバイスでも言えることですが、不具合が出た場合はデバイス本体を再起動させてみましょう。

この単純な手法で解決するトラブルはたくさんありますので、いの一番に行う対処法として、デバイスの再起動をオススメします。

③YouTubeの画質を落として再生してみよう!

高画質

YouTube動画を最高画質「HD1080p」で再生させた動画の静止画像です。

YouTubeの一般的な最高画質「HD1080p」で再生した動画は鮮明でキレイなフルハイビジョン動画ですので、上記のキャプチャ画面でもお分かりのように、くっきりとした映像となります。

しかし、その反面で一定以上の通信速度(推奨5.0Mpbs以上)が必要なので、通信環境が整備された場所でしか視聴できないのがデメリットと言えます。

ですので、通信環境が整備されていない場所でYouTubeの一般的な最高画質「HD1080p」を再生させると、「重い」や「止まる」といった現象が発生しやすくなります。

低画質

こちらはYouTube動画を最低画質「144p」で再生させた動画の静止画像です。

上のYouTubeの一般的な最高画質「HD1080p」の静止画像と比較しましても、一目瞭然で分かるように非常に粗い画像です。

実際に再生させた動画も粗い画質となります。しかし、その反面で最低限の通信速度を確保できていれば再生可能なので、「重い」や「止まる」ということが解消され、データ通信量の節約にもなります。

YouTubeの画質の設定は「144」<「240」<「360」<「480」<「HD720」<「HD1080」<4Kとなりますので前述どおり、環境に合わせた設定を行ってください。

④インターネット回線を確認してみよう!

  • Wi-Fiの電波をしっかりキャッチしているか?
  • キャッチしている電波の通信速度は充分足りているか?
  • モバイル回線なら速度制限に掛かっていないか?

この3つのポイントにひとつでも該当していると、YouTube視聴に対して、「重い」「見れない」「止まる」の原因となりますので、すぐに改善する必要があります。

Wi-Fiの電波をしっかりキャッチしているかどうかは、スマホでいうところの「アンテナが三本立っている」等、PCでもタブレットでも同様にすぐに確認できます。

次の通信速度は測定アプリを使って確認する必要があります。PCではブラウザで「インターネット速度テスト」で検索すれば、簡単にGoogleのサ―ビスで測定可能です。

一番気をつけたいのが知らず知らずにモバイル回線の速度制限に掛かっている場合です。これはキャリアごとに対処法が異なりますので、ご自身のキャリアでご確認ください。

⑤YouTubeを視聴するブラウザ以外のアプリを閉じる

YouTubeを視聴するブラウザ以外に不必要なブラウザやアプリを起動させていると、CPUに余計な負荷を掛ける状態になります。

こうなると必然的に動作が遅くなってしまいますので、使用しないアプリやブラウザは事前に閉じるということを徹底しましょう。

また、セキュリティソフトを作動させていると、負荷が掛かる原因となりますので、セキュリティソフトをOFFにすることで、スムースにYouTubeの視聴ができる場合があります。

⑥デバイスのキャッシュを削除する

キャッシュとは一時ファイルのことです。

たとえばブラウザでamazonを見たとき、amazonのサイト内にある画像や文字等のデータをブラウザに一時的に保存し、次にアクセスした時の読み込みのスピードを速めることができるシステムです。

この一時ファイルが閲覧したサイトすべてで保存されていくと、容量を圧迫し負荷が掛かって必然的にデバイスが重くります。ですので、定期的に削除することが良いでしょう。

YouTubeを視聴する際に推奨されている通信速度を確認しよう!

画質 推奨通信速度
2160p 4K 40Mpbs
1080p フルHD 5.0Mpbs
720p HD画質 2.0Mpbs
480p 高画質 1.0Mpbs
360p 標準画質 0.5Mpbs
240p 低画質 0.3Mpbs
144p 最低画質 0.2Mpbs

※HD=ハイビジョン

ここでYouTubeが推奨する通信速度を確認しておきましょう。

特にWi-Fi(無線LAN)では、通信速度が遅くなるケースもありますので、ご自身のWi-Fiの利用環境(通信速度等)を事前に確認しておいてください。

YouTubeの4K動画について

今現在、YouTubeでの4K動画はサンプル的なものが多いですが、全体的に見ればまだまだ動画の数は少ないです。

ただし、4K動画を観るには4Kに対応した機器が必要なので、PC・スマホ・タブレットが4Kに対応しているか、4K対応のテレビでYouTubeを映し出して観るしか方法はありません。

4K非対応の機器で4K動画を観ても、4Kの効果は実感できませんので注意が必要です。

ここまでのまとめ

YouTubeが重い・見れない・止まる
  • YouTubeが「重い」「見れない」「止まる」のクチコミは多い
  • YouTubeが「重い」「見れない」「止まる」時はまず再起動してみる
  • YouTubeにはYouTube側が推奨する通信速度がある

YouTubeが「重い」「見れない」「止まる」と感じる時の原因はいろいろ想定されるけど、「いの一番」の対処法はデバイスを再起動してみることですので、ぜひ試してみてください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA