【全31社比較】WiMAX 2+おすすめプロバイダランキングBEST10「2019年10月」

悪い評判は本当?YAMADA air mobile(ヤマダ電機)WiMAXの7つのデメリットとおすすめしない理由

yamada air mobileの口コミを調査しました

YAMADA air mobile (ヤマダ電機)WiMAXのスペック
契約事務手数料 3,000円
月額料金 1~36ヶ月目:3,880円
3年間の合計料金 158,560円
契約期間縛り 3年 
通信速度 1,200Mbps 
通信方式 WiMAX2+回線 
通信量制限  3日で10GB
制限速度 1Mbps
取扱端末 W06, W05, HOME L02, HOME 01, WX04, W04
その他 LTEオプション料:1,005円/月
hiroshi
hiroshi
こんにちは、「なるほどwifi」編集部のhiroshiです。

ヤマダ電機が提供するWiMAXで「YAMADA air mobile」というプロバイダがありますが、他のWiMAXと比較してみると月額料金や3年間の料金などが非常に高く、おすすめできないWiMAXでした。

YAMADA air mobileがなぜおすすめできないのか、口コミなどを交えて徹底的に検証しています。

WiMAX選びに失敗しないためにも、少しでも参考にして頂けたら幸いです。

全31社比較したおすすめのWiMAXをチェック!

目次

【結論から言うと】YAMADA air mobile (ヤマダ電機)WiMAXは月額料金・年間料金ともに「もっともお得に使えるWiMAXではない」ので注意!

月額料金
(平均)
キャッシュバック 3年間の実質料金
Broad WiMAX ¥2,910 ¥20,000 ¥107,652
JPWiMAX ¥3,384 ¥1,0,000 ¥125,200
GMOとくとくBB ¥3,278 ¥34,500 ¥121,269
So-net WiMAX ¥3,937 ¥0 ¥145,656
@nifty WiMAX ¥4,196 ¥0 ¥155,240
DTI WiMAX ¥3,525 ¥0 ¥130,430
カシモ WiMAX ¥3,623 ¥0 ¥134,048
クラウドモバイルWiMAX ¥3,478 ¥10,000 ¥125,200
朝日ネットWiMAX ¥3,828 ¥0 ¥141,570
YAMADA air mobile WiMAX ¥4,285 ¥0 ¥158,560

YAMADA air mobileと、他の人気WiMAX9社を3つの項目で比較しました。

表を見ると分かりやすいのですが、YAMADA air mobileは料金が非常に高く、3年間のトータル料金では163,680円となります。

これは、最安のBroad WiMAXと比べると50,000円以上もの差になり、ヤマダ電機のWiMAXを使うと非常に大きな損をしてしまうことが分かります。

WiMAXは基本的に会社が違っても同じ回線を使うため、回線の品質は同じです。

そのため、料金やサポートの質などで会社を選ぶのが最もコストパフォーマンスが良い選び方になります。

YAMADA air mobile (ヤマダ電機)WiMAXの悪い評判の真相は?ネットの口コミから徹底検証!

YAMADA air mobileのネット上の口コミを徹底調査してまとめました。

正直、口コミ自体が古いものが多く、最近の口コミはほぼ見当たりませんでした。それぞれ解説していきます。

YAMADA air mobile (ヤマダ電機)WiMAXの悪い評判

YAMADA air mobileの悪い評判について上記にまとめました。

月額料金が店頭で聞いていたものと違ったという口コミや、解約しようとしたら電話番号と誕生日の数字がずれて登録され、解約しにくくなっていたという評判がありました。

YAMADA air mobile (ヤマダ電機)WiMAXの良い評判

YAMADA air mobileの良い評判についてまとめました。店頭で購入した際にwifi関連機器が3,000円になったという口コミが2010年にあり、その他は「解約が簡単だった」などの口コミがありました。

新しい口コミがあまり見つけられなかったため、多くの人は他のWiMAXに乗り換えている可能性も高いです。

YAMADA air mobile (ヤマダ電機)WiMAXの評判まとめ

  • 使わなくなって解約した
  • 解約しようとして店頭にいったら登録情報が違ってあやうく解約できないところだった
  • 店頭で聞いていた月額と実際の支払料金が違った
  • 2010年時点ではwifi機器の3,000円引きキャンペーンがあった
  • 電話では簡単に解約できた

ヤマダ電機のWiMAXの評判についてまとめると上記のようになりました。

口コミは古いものがほとんどで、最近YAMADA air mobileを使っているという口コミはほぼ見つけられませんでした。

内容としては、解約した」というものや、「店頭で見た料金と違った」というものや、「店頭での解約に手間取った」などの口コミがあり、あまり評判が良くないのが現状でした。

YAMADA air mobile (ヤマダ電機)WiMAXのメリット3つ

YAMADA air mobileのメリットを3つ挙げました。

正直、①と③に関しては他のWiMAXでも同等のサービスがあります。特筆すべき点は②の店頭契約が可能という部分のみですが、それぞれ解説していきます。

1.auスマートバリューでスマホ料金が最大934円割引になる

スマホ割引額
データ定額5/8/10/13
LTEフラット
934円
データ定額2/3
シニアプラン
ジュニアスマートフォンプラン
743円

YAMADA air mobileを契約すると、auスマートバリューでスマホ料金が最大で月934円割引になります。

ただし、他のWiMAXの、例えば「So-net WiMAX」や「UQ WiMAX」であれば月最大1,000円の割引になるので、YAMADA air mobileのお得度は低いです。

2.ヤマダ電機の店頭で契約できる

yamada air mobileの店頭契約

YAMADA air mobileは、ヤマダ電機の店頭で契約ができます。

しかし、店頭契約しても割引やキャンペーンが適用されるわけではないため、移動の時間や手間を考えると店頭契約するメリットはないです。

「ヤマダ電機に行ったついでにどうしても契約したい」というのであればそれも可能なのですが、料金的には圧倒的に損なので知っておいて下さい。

3.最新機種のルーターW06が選べる

最大通信速度
W06 1,200 Mbps
W05 758 Mbps
W04 440 Mbps

YAMADA air mobileは、最新機種の「W06」というルーターが使用できます。

W06は、LTE回線を併用すると最大で1,200Mbpsという光回線以上の速度が出るため非常に通信が速いです。

ただ、W06は現在主流のWiMAXプロバイダではほとんど使用できるため、YAMADA air mobileだけが特別というわけではないです。

YAMADA air mobile (ヤマダ電機)WiMAXの7つのデメリット

YAMADA air mobileの7つのデメリットについてまとめました。

正直に申し上げると、ヤマダ電機WiMAXを使うのはコスパが悪いためかなり勿体無いです。理由を詳しく解説していきますので、参考にして頂ければ幸いです。

1.月額料金と3年間のトータル料金が高い

月額料金の平均 3年間のトータル料金 
YAMADA air mobile ¥4,547 ¥163,680
ブロードワイマックス ¥3,280 ¥121,352
JPWiMAX ¥3,384 ¥125,200

YAMADA air mobileは、上記の表から分かるように非常に料金が高いです。

使用月によって料金が変動するため、平均の料金で算出していますが、YAMADA air mobileは月額平均が4,547円、3年間の合計料金は163,680円です。

最安のJPWiMAXと比較すると、月あたり1,683円、3年間では60,580円もの差になり、YAMADA air mobileは非常にコストパフォーマンスが悪いことが分かります。

2.公式ページの情報が古い

yamada air mobileの情報の古さ

YAMADA air mobileの公式ページを見ると、画像のように「いよいよ440Mbpsへ!」とありますが、グラフを見ると2014年となっており、非常に情報が古いです。

現在では、最新機種の「W06」というルーターを使ってLTEオプションを併用することで、下り最大1,200Mbpsの速度が出るようになっているため、このあたりの記載がないのも更新が止まってしまっているのではないかと心配になります。

契約が多いサービスであればホームページはしっかりと作り込むでしょうし、Twitterなどの口コミの少なさから見て、現在のユーザー数は少ない可能性もあります。

3.2年契約の場合はLTEオプションが月1,005円かかる

LTEオプション
YAMADA air mobile 1,005円/月
Broad WiMAX 無料
JPWiMAX 無料

YAMADA air mobileは、2年契約の場合はLTEオプションが有料で月1,005円かかってしまいます。

LTEオプションとは、WiMAX2+回線と合わせて使うことでより通信速度が早くなるサービスですが、エリアによってはLTEオプションがないと通信しづらい場合もあるため、ほぼ必須のオプションといえます。

Broad WiMAXやJPWiMAXではLTEオプションが無料なため、毎月1,005円も払うのは非常にもったいないと言えます。

YAMADA air mobile WiMAXは、以前までは2年契約を取り扱っていましたが2019年10月より3年契約のみの取扱となりました。

2年契約でLTEオプションが無料にならない点は、以前までのデメリットですが念のため情報として乗せておきます。

4.キャッシュバックがない

キャッシュバック金額
YAMADA air mobile 0円
GMOとくとくBB 34,500円
JPWiMAX 10,000円

YAMADA air mobileにはキャッシュバックがありません。

他のWiMAXでは月によって変動はあるものの、例えばGMOとくとくBBでは37,150円キャッシュバックがあったり、JPWiMAXでは10,000円のアマゾンギフト券キャッシュバックがあったりとお得なプロバイダが多いです。

料金が高いことに加えてキャッシュバックが無いのは、非常にコスパが悪いと言えます。

5.キャンペーンが無い

キャンペーン
YAMADA air mobile なし
ブロードワイマックス web申し込みで初期費用18,857円が無料
JPWiMAX 最初の1週間をお試し0円レンタル可能
GMOとくとくBB 20日以内キャンセル無料

YAMADA air mobileには特筆すべきキャンペーンがありません。

例えば、GMOとくとくBBでは20日以内であれば無料キャンセルが可能だったり、ブロードワイマックスではwebからの申込みで初期費用が無料になるキャンペーンが開催されていますが、ヤマダ電機WiMAXにはこういったキャンペーンが無いのです。

料金が安くてキャンペーンが充実しているWiMAXの方が絶対にお得なので、YAMADA air mobileを使うのはおすすめできないです。

6.制限後の速度が128kbpsと遅い

制限後の速度
YAMADA air mobile 128 kbps
ブロードワイマックス 1,000 kbps
JPWiMAX 1,000 kbps
GMOとくとくBB 1,000 kbps

YAMADA air mobileは、速度制限後の通信速度が非常に遅いです。

同じWiMAXでも、Broad WiMAXやJPWiMAXなどは制限後でも速度が1,000kbps=1Mbps出るため、ギリギリで動画も見れるくらいの速度が出ます。

しかし、YAMADA air mobileは128kbpsと、他の1/10ほどの遅さになってしまうため、非常に速度が遅くなって使いづらいです。

7.乗り換えなどのサポートが充実していない

乗り換えサポート
YAMADA air mobile なし
ブロードワイマックス 他のWiMAXやポケットwifiから乗り換えで違約金を負担
光回線への乗り換えで違約金無料

YAMADA air mobileは、乗り換え時の違約金無料などのサポートがありません。

Broad WiMAXを例に挙げると、他社のWiMAXやポケットwifiから乗り換えてくる場合、他社にかかる違約金をBroad WiMAXが負担してくれるサービスなどがあります。

YAMADA air mobileは、乗り換えてくる時も、他社に乗り換える時もそのようなサポートはないため、おすすめしにくいのが現状です。

YAMADA air mobileより、「Broad WiMAX」や「GMOとくとくBB」の方がコスパが良くおすすめ!理由を解説

YAMADA air mobile ブロードワイマックス GMOとくとくBB
最大速度 1,200Mbps 1,200Mbps 1,200Mbps
月額料金(平均)
¥4,547 ¥2,910 ¥3,278
キャッシュバック ¥0 ¥20,000 ¥34,500
3年間の実質料金 ¥163,680 ¥107,652 ¥121,269
サポートの充実度

YAMADA air mobileを、「ブロードワイマックス」と「GMOとくとくBB」と比較しました。

最大速度は3社とも同じですが、料金面では大幅な差があります。

3年間の合計料金を見ると、YAMADA air mobileでは6万円以上も高くなってしまうためおすすめできません。それぞれおすすめのWiMAXについて解説していきます。

月額料金を抑えたいならBroad WiMAXで決まり!

Broad WiMAX
3年間の実質費用 107,652円
月額料金 1~2ヶ月目:2,626円
3~24ヶ月目:3,311円
25ヶ月目以降:3,911円
キャッシュバック 20,000円
機種代金 0円
解約金 8日以内:0円
1年以内:19,000円
2年以内:14,000円
3年以内:9,500円
更新月:0円
契約期間 3年
容量制限 3日で10GBまで
備考  8日以内の解約で違約金0円 /初期費用18,857円無料キャンペーンあり /他社wifiから乗り換えで違約金負担サービスあり/ 学割キャンペーンあり / 最新機種W06が無料 / ホームタイプのルーターあり / 光回線への乗り換えで違約金手数料無料 /
評価

月々の支払料金を抑えたいのであれば、Broad WiMAXが最もおすすめです。

Broad WiMAXは料金が比較的安いことに加えて、サポートの質が非常に高いです。例えば、他のWiMAXからブロードワイマックスに乗り換えれば、他社を解約する時にかかる違約金を負担してくれます。

また、もしブロードワイマックスを実際に使ってみて繋がりづらい場合は、光回線に乗り換えることで違約金を無料にしてくれます。

webからの申込みで初期費用が無料になるキャンペーンも行われているため、少しでもお得にWiMAXを使いたい方にもおすすめのWiMAXです

BroadWiMAXはなるほどwifi限定で現金10,000円キャッシュバックを行っています。もし契約するようでしたら、なるほどwifiのURLを利用しないと10,000円損します!

是非活用してくださいね♪

現金1万円キャッシュバックの詳細はこちら!現金10,000円が受け取れるのは上記URLだけです!

高額キャッシュバックが欲しいならGMOとくとくBBで決まり!

GMOとくとくBB
月額料金 0~2ヶ月:3,609円
3~24ヶ月:4,263円
25~36ヶ月:4,263円
キャッシュバック額 34,500円
3年間の総額 121,269円
選べる端末 W06,WX05,L02,W05,HOME01
おすすめ度

GMOとくとくBBはキャッシュバック額を重視している方におすすめのWiMAXです!

GMOとくとくBBのキャッシュバック額は34,500円と業界No1の高額キャッシュバックを実施しています。

キャッシュバックを考慮しない場合の総額は155,769円と、BroadWiMAXには劣ってしまいます。また、サポート対応の評判が悪い点が少し不安ではあります…。

GMOとくとくBBは、とにかくキャッシュバックを最優先!という方におすすめのWiMAXです…!

GMOとくとくBBの公式HPはこちら

 

YAMADA air mobile (ヤマダ電機)WiMAXのよくある5つの疑問について回答

YAMADA air mobileのよくある疑問5つについてまとめました。

上記の表をクリックするとそれぞれの項目に飛ぶことができます。1つずつ解説していきます。

1.YAMADA air mobile(ヤマダ電機)の解約方法と違約金は?

  • お客様サポートセンター(0120-810-666)に電話する
  • または、ヤマダ電機に来店する
  • 解約金は更新月以外は9,500円かかる
  • 代理人での解約は不可
  • 運転免許書などの本人確認書類、契約ID、契約中の端末が必要

ヤマダ電機のWiMAXの解約方法についてまとめるとこのようになります。電話か、もしくは来店で解約ができます。

解約金は、更新月以外では9,500円がかかってしまうため注意して下さい。

また、代理人での解約は不可で、必ず本人から申し出る必要があります。高齢の方などは解約を申し出るのが難しいでしょうから、この仕様は正直言って不親切だと思います。

解約時には、本人確認書類と、契約時のID、契約中のWiMAX端末を用意する必要があります。

参考:解約について(YAMADA air mobile)

2.YAMADA air mobile(ヤマダ電機)のお客様サポートセンターはどこ?

YAMADA air mobileのサポートセンターは上記です。

電話の場合は10~19時のみの受付となるため注意して下さい。携帯電話からもかけられました。

また、メールフォームがあったので上記に掲載してあります。解約などで分からない部分があれば質問してみましょう。

参考:お客様サポートセンター(YAMADA air mobile)

3.YAMADA air mobile(ヤマダ電機)のお試しレンタルはある?

お試しプラン
利用時間 24時間
料金 572円
通信制限 なし

YAMADA air mobileには、1日利用プランがありました。

1日あたり572円で仕様することができて、24時間使えます。通信量制限はありません。

ただ、例えば最安のBroadWiMAXの月額平均は3,280円なので、1日あたり109円となります。

計算してみると、ヤマダ電機のWiMAXを1日572円で借りると、JPWiMAXの6倍ほど高くなってしまうためおすすめはできません。

参考:1日利用プラン(YAMADA air mobile)

4.YAMADA air mobile(ヤマダ電機)にキャンペーンはある?

yamada air mobileのキャンペーン

YAMADA air mobileは、2019年6月現在では既にキャンペーンがありませんでした。

以前は店頭で契約すれば数千円のクーポンなども発行されていたようですが、現時点ではそのような記載がありませんでした。

参考:キャンペーン(YAMADA air mobile)

5.YAMADA air mobile(ヤマダ電機)の対応エリアは?

yamada-air-mobileのエリア

YAMADA air mobileは、WiMAX2+の回線を使っているため、対応エリアもWiMAX2+と同じになります。

上記に対応エリアの画像を載せました。山間部は若干繋がりづらいですが、他のエリアは比較的広い範囲で繋がります。

YAMADA air mobile (ヤマダ電機)WiMAXについてまとめ

運営会社 ヤマダ電機
住所 〒370-0841
群馬県高崎市栄町1-1
電話番号 0570-078-181
主な事業 家電量販店
営業開始日 1978年6月1日

YAMADA air mobileについてここまでまとめてきましたが、口コミを調査していると古いものが多く、残念ながら現状では使っている人の数が少ないのではないかと考えられます。

現在では料金が6万円以上も安いWiMAXも誕生していますし、キャッシュバックやキャンペーンが充実しているため、YAMADA air mobileを今選ぶメリットは少ないです。

WiMAXランキング上位のブロードワイマックスやJPWiMAXならお得かつ、安心して使用できるので迷ったらこの2つで決まりですね。最後までお読み頂きありがとうございます!


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA