WiMAX(ワイマックス)とは?初心者が知るべき10のデメリットメリット!

評判悪い?WiMAX「WX06」のスペックやメリット・デメリットを全解説!

WX06のアイキャッチ画像
編集部ダイゴ
編集部ダイゴ
※2020年1月15日更新
なるほどwifi」編集部のダイゴです。

1月30日に発売となるNEC製のWiMAX端末「WX06」。今から契約を考えている人も多いのでは?

まだまだ情報が少ないので「スペック」や「WX05との違い」「おすすめプロバイダ」など気になることが山盛りですよね!

そこで今回の記事では、WX06と旧端末のスペック比較やWX06のメリット・デメリットについて解説していきます。

WX06の契約を考えているあなたの参考になれば幸いです。それでは、早速本文に入って行きます!

【まずは結論!】NEC製のWiMAX「WX06」ってどんな端末?発売日はいつなの?

WiMAX「WX06」の基本情報
写真WX06の画像
発売日2020年1月30日
WX05との違い・バンドステアリング機能搭載
・通信量カウンターが改良
・クレードルが高性能化
メリットW06より電池持ちが良い
デメリットW06より通信速度が遅い
おすすめする人・電池持ち重視の人
・クレードルを使う人
おすすめしない人・最大通信速度重視の人

まずは結論から言うと、WX06は2020年1月30日に発売されます。バンドステアリングという新機能が搭載されており、WX05と比べて通信速度の向上が期待できます。

その他、「3日で10GB」と「月7GB」の2種類の通信量カウンターを同時に表示できるようになりました。ハイスピード+エリアモードを使う場合非常に便利な機能です。

さらにクレードルが高性能になり、クレードル利用時は最大で60%通信速度が向上するようになりました。WX06はWX05の良さがさらに強化された端末となりましたね。

競合端末はW06で、電池持ち重視ならWX06を・速度重視ならW06を契約するのがおすすめです。

次から、WX06とW06・WX05の比較をしていきます。こちらもチェックしてみてください!

WiMAXの最新機種「WX06」と「W06」「WX05」のスペックを比較!新機能も紹介!

機種名WX06W06WX05
端末WX06の画像W06wx05
最高通信速度
(下り)
440Mbps867Mbps
USB接続時1.2Gbps
440Mbps
最高通信速度
(上り)
75Mbps75Mbps75Mbps
バッテリー容量3200mAh3,000mAh3200mAh
最大通信時間約11.5時間
(ノーマルモード)
約9時間
(ノーマルモード)
約11.5時間
(ノーマルモード)
重量約127g約125g約128g
発売日2020年1月30日2019年1月25日2018年11月8日

最新機種である「WX06」と、その前に主流だった2種「W06」「WX05」の3つを比較しました。

 2021年現在、WiMAXを申し込むなら最新機種である「WX06」がおすすめです。

最新機種「WX06」の特徴

  • バンドステアリング機能搭載で、2.4Ghzと5Ghzの切り替え不要!
  • QRコード認証・ビームフォーミングは引き続き搭載
  • クレードルがよりWX05高機能に!
  • W05より重量が少し減少!

「WX06」から「バンドステアリング機能」という新機能が実装されました。

これまでは2.4Ghzと5Ghzのどちらで通信するか端末から設定する必要がありましたが、バンドステアリング機能が実装された端末では自動で最適な周波数が選ばれます。

また、QRコードでのWi-Fi接続やビームフォーミングなどこれまでのルーターの機能ももちろん引き継いでいますよ!

WX06で実装された新機能は「バンドステアリング機能」のみです。

一部個人ブログでは「QRコードでかんたんWi-Fi接続」や「通信量カウンター」が新機能として紹介されていますが、誤った情報ですので注意してください。

WX05→WX06の変更点は「バンドステアリング機能」「クレードルの改良」の2点のみです。

WiMAXの最新機種「WX06」はどのプロバイダで申し込むのが一番お得?

選べる機種契約期間と総額
Broad WiMAXWX06、W06、WX05107,652円/3年
GMOとくとくBBWX06、W06、WX05121,269円/3年
(キャッシュバックを受け取った時)
So-net WiMAXWX06、W06145,656円/3年
BIGLOBE WiMAXW06、WX0556,960円/1年
(キャッシュバックを受け取った時)
カシモWiMAXW06、WX05134,048円/3年
JP WiMAXW06、W05125,200円/3年
(キャッシュバックを受け取った時)
DTI WiMAXW06、WX05130,430円/3年
au WiMAXW06、WX05、W05109,500円/2年
UQ WiMAXWX06、W06、WX05、W05157,008円/3年
@nifty WiMAXWX06、WX05155,240円/3年
(キャッシュバックを受け取った時)

※ホームルーターは省略しています。

結論から言うと、「Broad WiMAX」が一番おすすめです!

Broad WiMAXは、月額料金が業界最安値級のWiMAXです。さらに、キャッシュバックも2万円受け取れるので業界最安値のWiMAXなんです。

3年間の支払い総額で見ると、業界2位のGMOとくとくBBと比較して2万円近く安いんですよ!

w05 Broad WiMAX

Broad WiMAXのおすすめポイント

  • 最安値クラスの料金プラン
  • 「WX06」が選べる
  • いつでも解約サポートで違約金0円!
  • 違約金保証サービスがある
  • 店舗受取で申し込み当日に使える
  • 安心のチャットサポートに対応

Broad WiMAXは最安値クラスの料金でありながら、付加サービスも充実しています。

特に「違約金保証」「いつでも解約サポート」は業界唯一の付加サービスです。違約金保証は、他社からの乗り換えの場合解約違約金をBroadWiMAX負担で乗り換えることができます。

いつでも解約サポートは、何らかの理由でBroadWiMAXを解約したくなった場合特定の「光回線」「ポケットwifi」などに乗り換えると違約金が無料になるサービスです。

このように、BroadWiMAXは「料金」「サービス」の面で優れた最もおすすめのWiMAXです!

Broad WiMAXの詳細をチェック

WiMAXの最新機種「WX06」の5つのメリット

ここでは、WX06のメリットについて解説していきます。WX06には上記5つのメリットがあります。

それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。気になる項目がありましたら、チェックしてみてください!

1.バンドステアリング機能搭載で周波数帯の切り替え不要!

バンドステアリング機能のイメージ画像

出典:UQ WiMAX公式HP

WX06の1つ目のメリットは、バンドステアリング機能が搭載されており周波数帯域の切り替えが不要なことです。

バンドステアリング機能は、機器ごとに2,4GHz帯と5.0GHz帯どちらか最適な周波数を自動的に選んで通信する機能です。

最適な周波数帯域を選んで通信すると通信速度は向上しますが、設定が非常に面倒なんですよね…汗。

バンドステアリング機能で、自動で周波数帯域の切り替えを行ってくれる点はWX06の大きなメリットであると言えます。

2.高性能クレードル採用で通信速度が最大60%向上!

WX06のクレードルの説明用画像

出典:UQ WiMAX公式HP

WX06の2つ目のメリットは、クレードルが改良され高性能になったことで通信速度が最大60%向上したことです。

WX05のクレードルは、WiMAX2+アンテナ1機とWi-Fi2.4Ghzアンテナ・Wi-Fi5Ghzアンテナがそれぞれ1機ずつの3機しかアンテナが搭載されていませんでした。

WX06からは、WiMAX2+のアンテナが2機となり合計4機のアンテナが搭載されています。それにより、クレードル利用時の通信速度が最大で60%向上します。

WX06からクレードルが改良され通信速度が速くなったことは、非常に大きなメリットであると言えますね!

3.連続動作時間11.5時間と長時間駆動!

機種名WX06W06WX05
端末WX06の画像W06wx05
バッテリー容量3200mAh3,000mAh3200mAh
最大通信時間約11.5時間
(ノーマルモード)
約9時間
(ノーマルモード)
約11.5時間
(ノーマルモード)
発売日2020年1月30日2019年1月25日2018年11月8日

WX06の3つ目のメリットは、連続動作時間が11.5時間と非常に長いことです。Wシリーズの最新機種「W06」と比べると2.5時間も連続動作時間が長いですね!

モバイルルーターは持ち運ぶ前提で使うものなので、最大通信時間は長ければ長い程良いということになります。

外出先で電池が切れてしまったら、ただの荷物になってしまいますからね…汗。また、Wシリーズは1日中使っていると夕方頃には電池が切れがちです。

そこで、連続動作時間が11.5時間と長めに設定されていることはWX06の大きなメリットの1つであると言えます。

4.ビームフォーミング技術で速度が速い!

ビームフォーミング技術にかんする解説

出典:UQ WiMAX公式HP

WX06の3つ目のメリットは、ビームフォーミング技術で通信速度が速いことです!

ビームフォーミング技術は、IEEE802.11ac規格に含まれる技術でWX06でも採用されています。

電波を接続されている機器に向けて照射することで、電波のロスを減らすことができるので最大で20%通信速度の向上が見込める技術なんです!

WX03から採用されている技術ですが、変わらずビームフォーミングに対応していることは大きなメリットであると言えますね。

 

5.2種類の通信量カウンターが同時表示可能に!

2種類の通信量カウンターを表示に関する説明

出典:UQ WiMAX公式HP

WX06の5つ目のメリットは「2種類の通信量カウンターが動じ表示可能」になったことです!

WX05も通信量カウンターが表示されますが、表時できるカウンターは「3日で10GBのハイスピードエリア用」か「月間7GBのハイスピード+エリア用」のどちらか1つでした。

WX06では通信量カウンターが改良されて、「3日で10GB」と「月間7GB」の2種類のカウンターを同時に表示することができるようになったんです!

ハイスピード+エリアモードを使う場合、カウンターの切り替えが非常に面倒でした。そこで、2種類のカウンターが同時表示できる点は大きなメリットですね!

 

WiMAXの最新機種「WX06」の2つのデメリット

WX06のメリットについて解説できたところで、デメリットについても解説していきます。WX06には上記2つのデメリットがあります。

このあとから、それぞれのデメリットについて詳しく解説していきます。気になる項目がありましたら、チェックしてみてください!

1.最大通信速度が遅い

機種名WX06W06WX05
端末WX06の画像W06wx05
最高通信速度
(下り)
440Mbps867Mbps
USB接続時1.2Gbps
440Mbps
最高通信速度
(上り)
75Mbps75Mbps75Mbps
発売日2020年1月30日2019年1月25日2018年11月8日

WX06の1つ目のデメリットは、Wシリーズの最新機種W06と比較して最大通信速度が遅いことです。

WX06の最大通信速度は440Mbpsで、W06よりも327Mbps遅いです。端末の性能がこれだけ違うと、実際の通信速度も体感で5Mbps程度遅くなるように感じます。

Web閲覧やメール・LINEなどの用途でWiMAXを使うようでしたら気にならない程度ですが、高画質の動画視聴などをする予定でしたら若干ストレスを感じる可能性が高いです。

そのため、端末の最大通信速度が遅いことはWX06のデメリットの1つであると言えますね。

2.端末に厚みがある

機種名WX06W06WX05
端末WX06の画像W06wx05
サイズ111×62×13.3mm128×64×11.9mm111×62×13.3mm
重量約127g約125g約128g
発売日2020年1月30日2019年1月25日2018年11月8日

WX06の2つ目のデメリットは、端末に厚みがあることです。WX06は、Wシリーズの端末と比べて厚みがある傾向があります。

Wシリーズの最新機種「W06」と比較すると、約1.4mm厚いです。「1mm程度変わらないのでは?」と思うかと思いますが、実際に持ってみるとかなり厚く感じます。

WiMAXをポケットに入れて持ち運ぶという人もいると思いますが、ポケットにいれるとその違いは顕著です。WX06をジーンズのポケットにいれるとパツパツになってしまいます。

このように、たった1mmではありますが端末の厚みが厚いことはWX06のデメリットであると言えます。

WiMAXの最新機種「WX06」をおすすめする人しない人!

WX06がおすすめな人!・WiMAXの最新機種が欲しい!
・バッテリー持ちが良い端末を使いたい!
・自宅で通信することが多い!
WX06をおすすめしない人・通信速度最速の端末が利用したい!
・端末をポケットに入れて持ち運ぶ!

ここではWX06を「おすすめする人」「おすすめしない人」それぞれについて解説していきます。

自分はWX06とW06どちらを契約するべきなの?と悩んでいるようでしたら、是非目を通してみてください!それでは早速解説していこうと思います。

こんな方はおすすめ!WX06をおすすめする人

WX06をおすすめする人
  • WiMAXの最新機種が欲しい!
  • バッテリー持ちが良い端末を使いたい!
  • 自宅で通信することが多い!

WX06を特におすすめする人は「バッテリー持ちが良い端末を使いたい人」や「自宅で通信することが多い人」です。

WX06はW06と比較して、連続動作時間が2.5時間長く設計されています。実際電池容量も200mAh多いですね!なので、バッテリー持ちが良い端末が使いたい人におすすめです。

また、専用のクレードルを使う事で最大60%通信速度が向上する特徴もあります。そのため、自宅でクレードルに端末を差して利用することが多い人にもおすすめの端末です。

こんな方は微妙かも…WX06をおすすめしない人

WX06をおすすめしない人
  • 最速の端末を使いたい人
  • 端末をポケットにいれて持ち運ぶ人

WX06を特におすすめしない人は「最速の端末を使いたい人」と「端末をポケットに入れて持ち運ぶ人」です。

WX06はW06と比べて最大通信速度が327Mbps遅いです。速度を優先して端末を選んでる場合、327Mbpsも遅いのは正直あり得ないですよね?

また、WX06はW06よりも端末が1.4mm厚いです。端末をポケットに入れて持ち運ぶ場合1.4mm厚さが増えるとかなり厚く感じます。

そのため、「最速の端末を使いたい」「端末をポケットに入れて持ち運びたい」と考えているようでしたら「W06」の契約がおすすめです!

WiMAXの最新機種「WX06」の気になるQ&A5選!

Q1.WX06はWX05のクレードルを使える?
Q2.WX06の発売日はいつ?
Q3.WX05から何が変わったの?
Q4.WX06とW06はどちらを契約すべき?
Q5.WX06の販売元は?

最後に、記事本文中で解説しきれなかったWX06に関する細かい疑問についてFAQ形式で解説していきます。

ここまで記事を読んで解決できない悩みがありましたら、是非参考にしてください!

Q1.WX06にWX05のクレードルは使える?

A1.WX06とWX05はサイズが同じなので、クレードルの流用が可能です。

ただし、WX05のクレードルよりWX06のクレードルの方が高性能です。基本的には、WX06専用のクレードルを購入するのがおすすめです。

Q2.WX06の発売日はいつ?

A2.1月30日です。

すでにBroadWiMAXGMOとくとくBBでは予約販売が開始されています。最速で使いたいなら、申し込んで置くと良いでしょう!

Q3.WX05から何が変わったの?

WX05 → WX06の主な変更点

  • バンドステアリング機能搭載!
  • クレードルがより高性能に!
  • 2種類の通信量カウンターが同時表示可能に!

A.3WX05→WX06の主な変更点は「バンドステアリング機能搭載」「クレードルがより高性能に」「2種類の通信量カウンターが動じ表示可能に」の3点です。

特に、2.4Ghz帯と5Ghz帯を自動で切り替えるバンドステアリング機能は通信速度の向上に直結する機能となっており期待値が高いです。

Q4.WX06とW06はどちらを契約すべき?

A4.基本的にはWX06をおすすめします。

ただし、とにかく通信速度重視の人や端末の厚みを気にする人はW06をおすすめします。

Q5.W06の販売元は?

A5.NEC製です。

W06は、最近悪評が高いHUAWEI製ですので気になる人は日本製のWX06を契約しましょう!

まとめ

WiMAX最新機種「WX06」まとめ
  • WX06は新機能搭載の優れた最新機種!
  • バンドステアリング機能により速度の向上が期待!
  • WX06の申し込みはBroad WiMAXが最もお得
  • WX06最大のメリットは電池持ちの良さとクレードルの優秀さ!
  • WX06唯一のデメリットはW06に通信速度で劣る点…

今回の記事では、WiMAX最新機種「WX06」のスペック比較やメリットデメリットについて解説してきました!

WX06はWX05にはない「バンドステアリング機能」が搭載されて通信速度の向上が期待されます。また、クレードルの性能も向上しているため置き型wifiのように利用することもできますね!

通信速度はWX05の頃から据え置きで440Mbpsです。W06と比べて300Mbps以上遅いのは唯一の難点です。とはいっても、実際の通信速度は変わっても5Mbps程度です。

そんなWX06ですが、申し込みは「Broad WiMAX」が最もお得でおすすめです!

w05 Broad WiMAX

Broad WiMAXのおすすめポイント

  • 最安値クラスの料金プラン
  • 「WX06」が選べる
  • 支払い方法はクレジットカードと、WiMAX業界では珍しい口座振替に対応
  • 違約金保証サービスで他社解約の違約金を負担してくれる!
  • 店舗受取で申し込み当日に使える
  • いつでも解約サポートで解約違約金が無料に!

Broad WiMAXは「なるほどwifi」でもイチオシのプロバイダです!WX06の契約を考えているのであれば、ぜひ検討してみてください!

Broad WiMAX の詳細をチェック!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA