WiMAX(ワイマックス)とは?初心者が知るべき10のデメリットメリット!

新幹線でWiMAXは利用できる?利用可能エリアや接続方法を徹底解説!

新幹線
編集部Jun
編集部Jun
こんにちは「なるほどWi-Fi」編集部のJunです。

この記事では新幹線でWiMAXが利用できるのか?快適に利用するためにはどうすれば良いのか?移動中でも繋がるのか?などについて徹底解説します!

新幹線ではWiMAXを利用することができますが、利用エリアや接続スピードなど注意が必要なこともあります。

より快適に利用するため「UQ Wi-Fi」についても紹介しているので、ぜひこの記事を参考にして、新幹線でWiMAXを快適に利用して下さいね!

新幹線でWiMAXは利用できる!しかしトンネル内は通信できない…

トンネル内走行中
結論からお知らせすると新幹線でWiMAXは利用できます!ただし快適に利用するためには注意が必要です。

新幹線でもWiMAX・WiMAX2+のサービス提供エリア内であれば、WiMAXは利用できるのですが、新幹線走行中はWiMAXの電波が届かないトンネル内や、山の中などを通ることが多く、ネット接続ができない状況が多く発生してしまいます。

また新幹線は高速で走行していて、電波の届くエリアが頻繁に変わるので、電波提供エリア内でも通信が不安定で繋がりにくくなります。

ですので新幹線内でネット快適に利用するのであれば、WiMAXの利用は現実的ではありません。それではどうすれば新幹線内で快適にネットを利用できるか?ですが、au 4G LTEの回線で通信できる「ハイスピードエリアプラスモード」を利用する方法と「公衆無線LAN」を利用する2つの方法があります!

新幹線でネットを快適に利用する方法
  • ハイスピードエリアプラスモード」を利用する
  • 公衆無線LAN」サービスを利用する

WiMAXの「ハイスピードエリアプラスモード」を利用すればauの携帯の電波が届く範囲であれば、ネットを快適に利用できます!ただし「ハイスピードエリアプラスモード」も利用には注意が必要です。

WiMAXと同様に携帯の電波が届かないトンネル内や山の中などでは、接続が安定しないことと、利用した月はオプション料金(1,005円)がかかってしまうことと、ギガ放題でも月間7ギガの通信制限がかかってしまいます。

  • au 4G LTEの回線の電波が届かないエリアではネット接続できない
  • 利用月は1,005円のオプション料金が発生する
  • ギガ放題でも月間7ギガの通信制限にかかってしまう

「ハイスピードエリアプラスモード」は上記のような注意点があるので、新幹線で快適にネット利用をするのであれば、「公衆無線LAN」サービスを利用するのがイチバンです!

「公衆無線LAN」についてはWiMAX2+を持っているなら無料で使える「UQ Wi-Fiプレミアム」がおすすめです!

新幹線で利用できるWiMAXのエリアについて解説!

駅名 利用可能場所
東海道新幹線 トンネルなどを走行する区間を除き、WiMAX 2+のサービスエリア内であれば利用可能
東北新幹線
東京駅~新青森駅間23駅
各駅のコンコース、ホーム
上越新幹線
東京駅~新潟間12駅
各駅のコンコース、ホーム
秋田新幹線
秋田駅
コンコース、ホーム
山形新幹線
山形駅
コンコース、ホーム
長野新幹線
東京駅~長野駅間11駅
各駅のコンコース、ホーム

新幹線利用時のWiMAXの提供エリアですが、東海道新幹線で各駅構内やホーム・コンコースは問題なく利用でき、走行中も都市部に近い場所であればWiMAXに接続できます!

東海道新幹線以外でも上記で紹介した新幹線の駅構内や停車時であればWiMAXは快適に利用できます!走行中は繋がりにくいですが、電波の届くエリアが気になる方は公式サイトで詳細を確認してみてくださいね!

WiMAXサービスエリアマップ
※WiMAX2+、WiMAX、LTEのサービスエリアが確認できます。

WiMAXが利用できるエリアについて紹介しましたが、やはり新幹線の走行時は電波が繋がりにくくトンネルや山の中などでは接続ができない状態になってしまいます。

ですから新幹線でネットを快適に利用するなら「公衆無線LAN」サービスが良いでしょう!WiMAX2+を持っているなら無料で使える「UQ Wi-Fiプレミアム」がおすすめです!

WiMAX2+を持っているなら無料で使える「UQ Wi-Fiプレミアム」が快適にWi-Fi接続できておすすめ!

東海道新幹線に限りますが、新幹線で快適にネットを利用するのなら「公衆無線LAN」サービスをおすすめしていますが、WiMAX2+を持っているなら無料で使える「UQ Wi-Fiプレミアム」が快適にWi-Fi接続することができるので、ぜひ利用を検討してみましょう!

ルーターがなくても利用できたり、月額費用もかからないで利用することができます!

新幹線で使えるUQ Wi-Fiプレミアムの5つの特徴!

UQ Wi-Fiプレミアムの5つの特徴!
  1. 東海道新幹線で利用できる!
  2. 初期費用や月額費用が無料で使える!
  3. WiFiルーターがなくても使える!
  4. Wi-Fiスポットは速度制限ナシ!
  5. カフェなどの飲食店、公共交通機関など全国で利用できる!

UQ Wi-Fiプレミアムは東海道新幹線N700A・N700系(東京~新大阪間)の他、成田エクスプレス、常磐線特急(ひたち/ときわ)の車内でも利用することができます!ルーターを忘れても利用でき、Wi-Fiスポットなので、高速サービスが容量無制限で、好きなだけ使い放題です!

サービス提供エリアも駅、列車、空港などの「UQ Wi-Fi」エリアと株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)が日本全国にサービス提供しているアクセスポイントを無料で利用することができます!

UQ Wi-Fiプレミアムの登録・利用方法!

UQ Wi-Fiプレミアムの登録方法
  1. My UQへログインします
  2. トップ画面の「UQ Wi-Fi」のタブをクリックします
  3. 料金契約番号等の情報一覧の下に「UQ Wi-Fiプレミアム申し込み」をクリック
  4. UQ Wi-Fiプレミアムのログイン画面でご入力いただくパスワードを設定する
  5. 「約款・規約・重要事項説明」に同意します
  6. 申し込み確認画面にてご確認後、「申し込みする」を選択します
  7. 画面上に「ログインID」が表示されます。※パスワードは非表示

以上が「UQ Wi-Fiプレミアム」の登録方法の流れになります。登録が完了したらメールアドレスに登録内容が送られてきます。登録後は「My UQ」の「UQ Wi-Fiメニュー」からも内容を確認することができます!

登録方法の詳細は公式サイトでも確認できますので参考にしてみてください!

次に「UQ Wi-Fiプレミアム」の利用方法ですが、「事前に設定する方法」と「利用時に設定する方法」があります。いざ利用するときに慌ててしまわないよう事前に準備しておくことをおすすめします!

事前に設定する場合の利用方法
  1. 無線LANの接続設定 ※自動設定ツールですぐに設定できます
  2. サービスエリアでWebブラウザー起動します
  3. ログインID/パスワードをログイン画面に入力します
利用時に設定する場合の利用方法
  1. サービスエリアでアクセスポイント検索WEPキー入力します
  2. サービスエリアでWebブラウザー起動します
  3. ログインID/パスワードをログイン画面に入力します

設定方法の詳細は公式サイトでも確認できますので参考にしてみてください!

UQ Wi-Fiプレミアムを利用できるエリアについて

東海道新幹線内エリア 利用可能場所
N700A
N700系車内
東京~新大阪間
東京駅 14、15番線ホーム11号車付近待合室
16、17番線ホーム11号車付近待合室
18、19番線ホーム11号車付近待合室
八重洲南口モバイルコーナー付近
南コンコース待合室/中央コンコース待合室
日本橋口 八重洲中央口 八重洲中央南口 八重洲南口 中央乗換口(入口のみ) 中央乗換口(出口のみ) 南乗換口 中央乗換口新幹線連絡改札 南乗換口新幹線連絡改札 八重洲北口
品川駅 ホーム全域
改札フロア全域
新横浜駅 コンコース待合室
小田原駅 コンコース待合室
新幹線改札口
乗換口
熱海駅 コンコース待合室
乗換口
三島駅 コンコース待合室
新幹線改札口
新富士駅 コンコース待合室
改札口
静岡駅 コンコース待合室
新幹線改札口
乗換口
掛川駅 コンコース待合室
新幹線改札口
浜松駅 コンコース待合室
新幹線改札口
乗換口
豊橋駅 コンコース待合室
新幹線改札口
乗換口
三河安城駅 コンコース待合室
新幹線改札口
名古屋駅 コンコース待合室
岐阜羽島駅 コンコース待合室
新幹線改札口
米原駅 コンコース待合室
新幹線改札口
乗換口
京都駅 コンコース待合室
新大阪駅 3階新幹線ホール

「UQ Wi-Fiプレミアム」の利用は東海道新幹線のエリア内に限られてしまいますが、ほぼ全ての駅のコンコース待合室での利用が可能となっています。ただし山陽新幹線区間(新大阪~博多間)はSSIDは検出されますが、ネット接続はできないので注意が必要です。

もう1点注意することとして、大きな通信容量が必要な動画系のコンテンツや大容量ファイルのダウンロード通信については帯域が制限されるので気をつけましょう!

その他のサービス提供エリアは駅、列車、空港などの「UQ Wi-Fi」エリアに加え、株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)が日本全国に展開するアクセスポイントをオプション料無料で利用することができます!

詳細エリアについては下記公式サイトからご確認いただけます!

  • UQ Wi-Fiエリア
    提供元:UQコミュニケーションズ株式会社
  • Wi2エリア
    提供元:株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス

WiMAXの新幹線利用についてまとめ

WiMAXの新幹線利用についてまとめ
  • 新幹線でWiMAXは利用できる!しかしトンネル内は通信できない…
  • 新幹線走行中はネットに繋がりにくい
  • 新幹線でネットを快適に利用するなら「公衆無線LAN」サービスを利用しよう!
  • WiMAX2+を持っているなら無料で使える「UQ Wi-Fiプレミアム」利用がおすすめ!

WiMAXの新幹線での利用についてまとめてみました。

新幹線でもWiMAXは利用できますが、走行中やトンネル内では繋がりにくいので、新幹線でネットを快適に利用したいならWiMAX2+を持っているなら無料で使える「UQ Wi-Fiプレミアム」の利用をオススメします!

「UQ Wi-Fiプレミアム」は利用料金は無料ですが、申し込みが必要なので、新幹線利用前に申し込みをすませておきましょう!この記事を参考にして新幹線でもWiMAXを快適に利用してくださいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA