WiMAX(ワイマックス)とは?初心者が知るべき10のデメリットメリット!

WiMAXは田舎では使えない?田舎での通信速度やエリア確認方法を解説!

田舎の風景

編集部Jun
編集部Jun
なるほどwifi」編集部のJunです。

この記事ではWiMAXの田舎での利用について徹底解説します!WiMAXは田舎では繋がりにくいの?通信速度が遅いのでは?旅行先が田舎なんだけど、WiMAXは利用できるの?などの疑問について解説します!

やはり田舎では都市部と比べると電波の弱い部分があり、繋がりにくい場所も多く存在しますが、調べてみると意外と電波受信エリア内であったり、LTEを利用できると快適に利用できたりします!

LTEがおトクに利用できるプランについても解説しているので、田舎でWiMAXを利用するときの参考にして下さいね!

田舎では遅くて繋がらない?WiMAXの田舎での通信速度の真実!

田舎の風景
田舎でのワイマックス利用ですが、対応エリアギリギリの場合通信速度は2Mbps〜3Mbps程度になってしまう場合が多いです…!

ただし、田舎でも電波提供エリア内であれば特に通信速度も気にせずに快適に使うことができます!

田舎ではWiMAXの電波提供エリアが都市部に比べて弱いのは事実ですが、「ハイスピードプラスエリアモード」を使うことで通信速度が下がらず利用することができます!

ただし、田舎でも市街地や住宅地での利用であれば通信速度はそれほど心配ありませんが、山間部など携帯電話の電波も届かない場所はWiMAXも利用できません。

もし旅行やキャンプなどで山間部に行くときに利用できるか気になる方は繋がらない可能性が高いと考えましょう!

田舎でもWiMAXの電波の受信エリアであれば、通信速度が遅いなどの心配ないので、まずはWiMAXが繋がるのかどうか?電波の受信エリアを調べることが重要です!

記事中に出てきた「ハイスピードプラスエリアモード」とは、WiMAXでなくauの4GLTE回線を使う通信モードのことです。

4GLTE回線を使うので、地下やビルの中でも繋がり易いメリットがありますが通信制限が月7GBになってしまうデメリットがあります。

3日で10GBのギガ放題プランを契約していても、ハイスピードプラスエリアモードを1度でも使用すると月々7GBの月間データ容量制限がかかるため注意しましょう!

圏外が心配?田舎でのWiMAXの電波受信エリアを確認する方法を解説!

携帯が繋がり難い
自分が住んでいるエリアでWiMAXが圏外か気になるようでしたら、まずはWiMAXの電波の受信エリアかどうかを調ベてみましょう!

都市部でも圏外でWiMAXが使えない場所があるように、まずは利用できるエリアかどうかを公式サイトでチェックするのが確実です。

WiMAXの電波の受信エリアかどうかは【UQ WiMAX公式】のサービスエリアマップで「WiMAX」「WiMAX 2+」「LTE」別にサービスエリアを確認することができます!

田舎でのWiMAXの通信の可否を確実に判断できる3つの方法!

通信可否を判断する3つの方法
  1. ピンポイントエリア判定する
  2. 「Try WiMAX」を申し込む
  3. 初期契約解除制度を利用する

ここでは、田舎でのWiMAXの通信可否を確実に判断できる3つの方法を解説していきます!

上記サービスエリアマップだけでは不安だという場合は、下記3つの方法を実践していただければ確実に通信可能か判断できることになります!

①ピンポイントエリア判定する

判定 利用可否
WiMAXが利用できる
WiMAXが利用できる可能性が高い
× 圏外で利用できない
状況次第で使える場合あり

ピンポイントエリア判定はエリアマップより詳細な住所で、電波状況を「○」「△」「×」で確認することができます。

「○」であればほぼWiMAXが利用できます。「△」でも使える可能性は高いです。「×」の場合は残念ながら圏外の可能性があるので、厳しいですが、状況によっては使える場合もあります。

まずは公式サイトでピンポイントエリア判定をしてみましょう!ただ注意点として「○」判定だからWiMAXを契約したのに、実際に使ってみると通信速度が遅くて繋がらなかったということもあるので、「Try WiMAXなどのサービスを利用して実際に利用できるか試してみましょう!

また、下記関連記事でWiMAXの対応エリアの確認方法を解説しています。気になるようでしたらチェックしてみてください!

WiMAX2+の通信エリア確認方法や対応エリア外の場合のおすすめ回線を紹介! WiMAX2+のエリア判定(検索)で対応エリアを確認する方法! WiMAX 2+の対応エリアは、UQ WiMAX公式ホームペー...

②「Try WiMAX」を申し込む

try-wimaxの画像

WiMAXのエリア判定をしても実際に利用してみないと本当に電波が受信できるかは分かりません。WiMAXを契約してもまってから電波状況が悪く使えないと困ってしまいます。

そのようなことがないように契約前にWiMAXを試すことができる「Try WiMAX」というサービスがあります!

「Try WiMAX」は15日間実際にWiMAXが利用できるかを「無料」で試すことができます!貸し出し期間を超えないようにしたり、故障や紛失、破損をしないようにするなどの注意点があります。

  • 15日間の貸出期間に気をつける
  • 故障や紛失、破損しないように気をつける

Try WiMAX」の申し込み条件は日本国内に住んでいる20歳以上で本人名義のクレジットカードの登録が必要になります。実際の申し込みや条件の確認、また利用方法についてはUQ公式サイトを確認してみてくださいね!

以下の記事で「Try WiMAX」について詳しく解説しているので気になる方はこちらも参考にしてみてください!

UQWiMAXをお試し出来る!TryWiMAXのレンタル方法を解説! UQWiMAXは15日間無料でお試し出来ます 店舗だと窓の位置によっては電波つかめなくてまったくつながらなかったりするのでTryW...

③初期契約解除制度を利用する

WiMAXは「初期契約解除制度」といって契約から一定の期間内であれば解約ができる制度があります。

ただし「初期契約解除制度」は通信契約に適用されるもので、端末の契約には適用されないなどわかりにくい取り決めがあります。

ですがWiMAXのプロバイダーの中で「初期契約解除制度」がしっかり補償されているのが、「BroadWiMAX」で以下の2つの条件を満たせば8日以内であれば契約が解除できます!

初期契約解除制度の解約条件
  1. 端末到着後8日以内に電話でキャンセル申請
  2. キャンセル申請から7日以内に商品を返送する

Try WiMAX」と違ってトラブルなく利用できれば、そのまま使うことができるのでとても便利ですね!

田舎でも繋がりやすいLTEがおトクに利用できるプランを解説!

電話が繋がるサービスエリアを確認してWiMAX 2+がエリア外だとしても、「ハイスピードプラスエリアモード」を利用することで、auの4GLTE回線を使って通信ができます。

ただしWiMAXの「ハイスピードプラスエリアモード」を利用する場合、通常であれば2年プランの契約であれば月額1,005円の別料金がかかったり、月の通信量の上限が7Gになってしまいます!

  • 月額1,005円のオプション料金が発生
  • 月の通信量の上限が7Gに制限

ですが、「auスマートバリューmine」「3年契約のLTEオプション」を利用すれば、「LTE」が無料になり「ハイスピードプラスエリアモード」おトクに利用することができます!

月の通信量の上限(7G)については注意が必要ですが、インターネットの利用状況を考えて「ハイスピードプラスエリアモード」の利用を検討してみてくださいね。

WiMAXの田舎での利用についてのまとめ

WiMAXの田舎での利用についてのまとめ
  • まずは電波の受信エリアかどうかを調べてみよう!
  • LTEが利用できれば意外と利用できる地域は多い
  • LTEがおトクに利用できるプランを検討しよう!
  • LTEは快適だが月間通信量(7G)には注意が必要!

WiMAXの田舎での利用についてまとめてみました。

まずはWiMAXの電波の受信エリアかどうかを調べてみましょう!WiMAXの受信エリアであれば「Try WiMAX」や「初期契約解除制度」を利用し、実際に使ってみて通信環境を確認してみてください。

LTEが利用できれば、auの携帯電話が使えるエリアであれば電波受信は問題ないので、田舎でも快適にWiMAXを利用することができます!注意点としては月の通信量の上限(7G)があるので、月間どれくらいネットを利用するか検証してみる必要があります。

この記事で説明したことを参考にして、田舎でもWiMAXを上手に利用しましょう!


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA