WiMAX(ワイマックス)とは?初心者が知るべき10のデメリットメリット!

WiMAX2+の速度制限を徹底解説!通信制限を受けるケースと対処法!


編集部ウッチー
編集部ウッチー
こんにちは「なるほどwifi」編集部のウッチーです。この記事ではWiMAXの速度制限について解説します。

どのようなケースで速度制限を受けてしまうのか。また、通信制限を解除する方法はあるのか。

WiMAXで通信制限を受けないための方法についても解説しているので、参考にしてみて下さいね!

WiMAX2+が速度制限を受ける3つのケース

まずは、WiMAXが速度制限を受ける3つのケースについてお伝えしていきます。

WiMAXを提供しているプロバイダの多くでは、月間の使用量が決まっているライトプランと、月間データ量無制限のギガ放題プランがあります。

ギガ放題プランにも通信制限はありますので、こちらの内容をしっかりと確認しておきましょう。

WiMAX2+が速度制限を受けるケース①:通常プランで月間7GB以上使った場合

砂時計

月間データ量が決まっている通常プランで、7GB以上のデータ通信を行った場合、WiMAXは速度制限を受けます。

月末まで128kbpsという速度制限を受けてしまいますので、月間7GB以上使う人の場合はギガ放題プランを選んだほうが良いでしょう。

128kbpsの速度制限を受けてしまうと、LINEやテキストメール以外はほとんど出来ないほど…。

ネットが使えないと言っても言い過ぎではないような状態なので、速度制限を受けないように注意しましょう。

WiMAX2+が速度制限を受けるケース②:3日間で10GB以上使った場合

スマホとパソコンを同時に使う男性

通常プランの場合でも、ギガ放題プランの場合でも適用される10GB制限。3日間の使用量が10GBを超えると、通信速度が約1Mbpsに制限されます。

1Mbpsの通信速度があれば、ネットサーフィン程度なら問題ありません。画質にこだわらなければ動画の視聴も可能でしょう。

ただし、高画質の動画視聴やオンラインゲームのプレイは難しいと思いますので、速度制限を受けないように注意するのに越したことはありません。

速度制限を受けるのは、翌日の18時~翌々日の2時までの間となっています。この時間帯だけ我慢すれば速度制限は解除されるので、それほどの負担にはならないと思います。

WiMAX2+が速度制限を受けるケース③:LTEオプションを月間7GB以上使った場合

自転車に乗りながらスマホを持つ女性

LTEオプションとは、WiMAXの回線ではなく、auの回線を利用してネットに接続するサービスのことです。

例えば「Broad WiMAX」の場合、通常プランでもギガ放題プランでもLTEオプションが使い放題なのですが、月間3GB以上使ってしまうと速度制限の対象に。

※「WiMAXとは」にてLTEオプション等の違いも説明はしています。

月末までの通信速度が128kbpsに制限されてしまうので、かなり不便な思いをするでしょう。

LTEオプションからWiMAX回線に戻した場合にも速度制限が継続するので、その点にも注意が必要です。

いつからいつまで?通信速度の期間とWiMAX2+の速度制限を解除する方法

ケース 通信制限の期間 解除する方法
通常プランで月間7GB以上使った場合 月末まで 翌月1日まで待つ
3日間で10GB以上使った場合 3日間の使用量が10GB以下になるまで 通信量を抑えて時間が経つのを待つ
LTEオプションを月間7GB以上使った場合 月末 翌月1日まで待つ

前述した3つのケースに対して、通信制限の期間と速度制限を解除する方法について一覧でまとめました。

携帯キャリアの速度制限と違って、WiMAXの通信制限をすぐに解除する方法はありません。

通信量を抑えながら、制限が解除されるまで耐えるしか無いので、月の上旬に128kbps制限を受けてしまった場合にはかなり辛いことになると思います…。

1Mbps制限であればそこまでストレスにはならないと思いますが、いずれにせよすぐに速度制限を解除することが出来ないことは覚えておきましょう。

速度制限なしでWiMAX2+を使うための5つの方法

快適にインターネットが使えていたはずなのに、急に動作が遅くなる速度制限。出来れば制限無しでWiMAXを使いたいところですよね。

そこで、速度制限なしでWiMAXを使うための5つの方法について、それぞれお伝えしていきます!

速度制限なしでWiMAX2+を使うための方法①:ギガ放題プランを選ぶ

スマホとパソコンを使う男性

1ヶ月間で7GBの通信制限にかかってしまうと、まともにネットを使えなくなってしまいます。

ギガ放題プランを選んでおけばそのような心配はありませんし、3日間10GBの制限を受けたとしても、そこまで不便には感じないはず。

ライトプランで速度制限を受けてしまった場合や、ネットの使用量が多い場合には、ギガ放題プランでの利用を検討しましょう。

多くのプロバイダでは、ライトプランからギガ放題プランには無料で乗り換え出来るはずなので、確認してみて下さい。

速度制限なしでWiMAX2+を使うための方法②:7GB・10GBの目安を知っておく

UQWiMAX公式サイトの10GB目安表

出典:UQWiMAX公式サイト

上記の表はUQWiMAX公式サイトに記載されていたデータ量の目安です。こちらを参考に、7GB・10GBの目安について知っておきましょう。

動画の閲覧は多くの容量を必要とするので、まずはこちらを確認しておいて下さい。ただし、あくまで目安なので、参考程度にとどめておくようにしましょう。

なお、ホームページの閲覧であれば約1万ページで10GB、画像添付メールの送信であれば約1万通で10GBに到達します。

相当な数のホームページ閲覧・メールのやり取りをしない限りは、3日間で10GBには到達しないことがわかるでしょう。

速度制限なしでWiMAX2+を使うための方法③:通信量をマメに確認する

パソコンの画面を指差す男性

WiMAXの速度制限を回避するためには、マメに通信量を確認することが大切です。現在の通信量が分かれば、どれくらいまでなら使えるかも自ずと判断出来ますからね。

端末によっては本体でデータ量を確認できますが、端末では確認できない場合もプロバイダで確認することが出来るはずです。

現行機種であるW05、W04、W03、WX02、WX03には通信量カウンターがついているので、そちらを使っている場合は端末から通信量を確認してみて下さい。

速度制限なしでWiMAX2+を使うための方法④:LTEオプションは極力使わない

手のひらを見せる女性

ギガ放題プランで契約している場合、ネックになるのはLTEオプションの使いすぎだけだと思います。

3日間で10GB使ってしまったとしても、通信制限がかかる時間は限定されていますし、少し我慢すれば速度は元に戻りますからね。

そもそも、1Mbpsの通信制限であれば、多くの人にとってはストレスにならないと思われるので、LTEオプションはなるべく使わないように心がけましょう。

WiMAXと契約する前にエリアの確認をしておけば、LTEオプションの必要性は事前にわかるはず。

旅行中や帰省中などでLTEオプションを使わざるを得ない場合、出来るだけ使用量を抑えることと使い終わったら通常モードに戻すことを徹底しましょう。

速度制限なしでWiMAX2+を使うための方法⑤:光回線との併用も検討する

青いLANケーブル

ネットの使用量が多くて、どうしても速度制限にかかってしまう。1Mbpsでは遅すぎて使い物にならない。

そんなケースは珍しいとは思いますが、そのような場合は光回線との併用も検討してみましょう。

家にいる間は光回線を使うようにすれば、WiMAXの使用量は抑えられるはずです。なるほどwifi編集部のおすすめする光回線についても、チェックしてみて下さいね。

WiMAX2+の制限についてまとめ

  • WiMAXが速度制限を受けるケースは3つある
  • WiMAXの速度制限をすぐに解除する方法は無い
  • ギガ放題プランを選びLTEオプション使用を控えることで速度制限を回避しやすくなる
  • 場合によってはWiMAXと光回線との併用も検討しよう

以上のような内容をお届けしました。この記事を参考にWiMAXの速度制限を回避して、快適にインターネットを利用しましょう。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA