WiMAX(ワイマックス)とは?初心者が知るべき10のデメリットメリット!

違約金負担を実施しているWiMAXや乗り換え先におすすめのWiMAXを解説!

WiMAX乗り換えのアイキャッチ画像

編集部ダイゴ
編集部ダイゴ
なるほどwifi」編集部のダイゴです。

WiMAXを契約していると、「乗り換えるべきなのか?」「違約金が残っているけど乗り換えたい」など乗り換えに関して悩むことがあると思います。

また、光回線などの固定回線を契約している場合「固定回線を解約してWiMAXに乗り換えて大丈夫なのか?」心配に思うのではないでしょうか?

そこで今回の記事では「違約金負担で乗り換えができるWiMAX」「WiMAXを乗り換えるべいタイミング」「光回線からWiMAXに乗り換える際の注意点」など、WiMAXの乗り換えに関して全般的に解説していきます。

WiMAXの乗り換えについて悩んでいるようでしたら、是非目を通してみて下さい。あなたの問題解決のサポートができれば幸いです。

違約金負担キャンペーンで乗り換えができるWiMAXプロバイダを解説!

違約金負担キャンペーン
Broad WiMAX
UQ WiMAX ×
@nifty WiMAX ×
BIGLOBE WiMAX ×
GMOとくとくBB
WiMAX
×

ここでは、WiMAX→WiMAXや光回線→WiMAXなどの乗り換え時に「違約金負担キャンペーン」を行っているWiMAXについて紹介していきます。

結論から言うと、2019年12月現在違約金負担キャンペーンを行っているのは「Broad WiMAX」だけです。

Broad WiMAXの違約金負担キャンペーンでは、SoftBankAirやYmobileのPocketWiFiからの乗り換えでかかった違約金を19,000円まで負担してくれます。

他社では行っていない非常にお得なキャンペーンですの。WiMAXへの乗り換え時にかかる違約金に悩んでいるようでしたら是非、BroadWiMAXを検討してみてください。

乗り換え先におすすめのWiMAXプロバイダは「BroadWiMAX」

なるほどwifi限定lpの画像デビットカードで支払いができるWiMAXが無いことがわかったところで、口座振替で契約できるWiMAXで最もおすすめの「BroadWiMAX」について紹介していきます。

BroadWiMAXは、全31社のWiMAXを比較した結果最もおすすめのWiMAXです。月額料金・3年総額共に安く最もお得なWiMAXなんですよ!

デビットカードでWiMAXを契約したいと考えているようでしたら、口座振替でBroadWiMAXを契約するのがおすすめです。

また、下記関連記事で口座振替で契約できるWiMAXについてまとめています。気になるようでしたら是非チェックしてみてください!

銀行口座のイメージ画像
WiMAXで口座振替可能な全3社比較して最もおすすめの1社を紹介! 口座振替が可能なWiMAXの選び方3つのポイント ここでは、口座振替が可能なWiMAXの選び方を3つのポイントに分けて解説して...

WiMAXの乗り換えに関する3つのデメリット

ここでは、WiMAXの乗り換えに関する3つのデメリットについて紹介していきます。

WiMAXの乗り換えには上記3つのデメリットがあります。このあとからそれぞれ詳しく解説していきます。是非参考にしてください!

①更新月以外の乗り換えでは違約金がかかる

更新月 更新月以外
違約金 19,000円 0円

WiMAXの乗り換えに関する1つ目のデメリットは、更新月以外の乗り換えでは違約金がかかる点です。

WiMAXは、基本的に3年契約です。契約から37ヶ月後の更新月以外に乗り換えをすると2万円近い違約金がかかってしまいます。

3年間は非常に長いですよね…汗。そんな長い期間別のWiFiに乗り換えることができず解約時に違約金がかかってしまうことはデメリットであると言えます。

②乗り換え先の比較検討など手間がかかる

wimaxを比較検討する画像WiMAXの乗り換えに関する2つ目のデメリットは、乗り換え先の比較検討など手間がかかる点です。

WiMAXを乗り換える場合、まずは「乗り換え先の料金がお得なのか?」「キャッシュバックは貰えるのか?」など比較検討する手間がかかります。

わざわざ乗り換えなくても、WiMAXが使えなくなることはありません。そう考えると、乗り換え先の比較検討に手間がかかる点はデメリットであると言えます。

③月額料金や3年総額が高くなる場合がある

Broad WiMAX GMOとくとくBB JP WiMAX
平均月額 2,910円 3,269円 3,384円
3年総額 107,652円 120,969円 125,200円

WiMAXの乗り換えに関する3つ目のデメリットは、乗り換え先をきちんと選ばないと月額料金や3年総額が高くなる場合がある点です。

上記表に示した通り、WiMAXの料金体系は様々です。例えば、業界最安値のBroadWiMAXは3年総額107,652円ですがJP WiMAXは125,200円です。

同じWiMAXなのに3年間の支払い総額に2万円近い差がありますね。3年総額が15万円台のWiMAXもあるので、しっかりと調べないと料金が高く損をすることになります。

月額料金や3年総額が高くなる場合がある点は、調べる手間などを考えると大きなデメリットであると言えますね。

WiMAXの乗り換えに関する3つのメリット

ここでは、WiMAXの乗り換えに関する3つのメリットを紹介していきます。WiMAXの乗り換えには上記3つのメリットがあります。

このあとからそれぞれのメリットについて詳しく解説していきます。気になるようでしたら是非チェックしてみてください!

①ちゃんと選べば月額が安くなる

Broad WiMAX GMOとくとくBB JP WiMAX
平均月額 2,910円 3,269円 3,384円
3年総額 107,652円 120,969円 125,200円

WiMAXの乗り換えに関するメリット1つ目は、ちゃんと選ぶことができれば大幅に月額や3年総額が安くなることです。

上記表をみて分かるとおり、代表的なお得なWiMAXの中でも結構な価格差があります。最安のBroadWiMAXとJPWiMAXを比較すると3年総額に2万円近い差がありますね。

このように、しっかりとWiMAXを選ぶことができれば月額や3年総額が安くなりお得にWiMAXを使えることができるんです!

②高額キャッシュバックを受け取れる

Broad WiMAX GMOとくとくBB JP WiMAX
キャッシュバック 20,000円 34,800円 10,000円

WiMAXの乗り換えに関するメリット2つ目は、高額キャッシュバックを受け取ることができる点です。

業界最高額のキャッシュバックが受け取れる「GMOとくとくBB」であれば、34,800円もの高額なキャッシュバックを受け取ることができます。

3年総額や月額の安さなどの要素はありますが、やはり現金が貰えるとお得感がとても高く感じますよね!

そこで、高額キャッシュバックを受け取れる点は大きなメリットの1つであると言えます。

③最新端末を使うことができる

W06WiMAXの乗り換えに関するメリット3つ目は、乗り換えることで最新端末を使うことができる点です。

例えば、現在WiMAXの最新端末はW06ですが旧機種のW05と比べると実測の通信速度が5~10Mbps程度違います。

最新端末は、旧機種より速度が速い場合が多いんです!モバイルWiFiを使うならなるべく通信速度が速いWiFiを使いたいですよね。

そこで、乗り換えることで最新端末を使うことができる点はWiMAXの乗り換えの大きなメリットの1つであると言えます。

WiMAXを乗り換えるべきタイミングはいつ?3つの判断方法で解説!

ここでは、WiMAXを乗り換えるべきタイミングについて解説していきます。WiMAXをのりかえるべきタイミングを判断する方法は上記3つです。

それぞれの判断基準について詳しく解説していきます。気になるようでしたらチェックしてみてください!

①WiMAXが更新月のとき

更新月 更新月以外
違約金 19,000円 0円

WiMAXを乗り換えるべきタイミングの1つ目は、「WiMAXが更新月のとき」です。

WiMAXは更新月と更新月以外では、解約違約金に大きな差があります。更新月で解約すれば0円で解約できますが、更新月以外の解約は19,000円前後の違約金がかかります。

WiMAXを乗り換える際は、基本的に今契約しているWiMAXを解約して新しいWiMAXに乗り換えます。

そのため、WiMAXが更新月の場合「乗り換えのチャンス」であると言えますね。

②旧機種を使っていて「速度が遅い」と感じているとき

W06
(最新機種)
W05
(旧機種)
通信速度
(理論値)
1.2Gbps 756Mbps
通信速度
(実測)
30~100Mbps 20~80Mbps

WiMAXを乗り換えるべきタイミングの2つ目は、「速度が遅い」と感じたときです。

WiMAXは、最新機種と旧機種で通信速度に差があります。スペック上の速度はもちろんですが、アンテナや内部のチップが良い物に変わっており実測値にも差があります。

具体的に言うと、最新機種の方が5Mbps~10Mbps程度実測の通信速度が速い事が多いです。

そのため、今使っている機種の通信速度が遅いと感じているようでしたら乗り換えのタイミングであると言えます。

③高額なキャッシュバックが実施されているとき

Broad WiMAX GMOとくとくBB JP WiMAX
キャッシュバック 20,000円 34,800円 10,000円

最後に、WiMAXの公式HPをチェックしてみて高額なキャッシュバックを実施している場合は乗り換えのタイミングです。

特に、業界最高値のキャッシュバックを行っている「GMOとくとくBB」のキャッシュバック額に注目すると良いでしょう。

GMOとくとくBBのキャッシュバック額は、時期によって2万円台後半〜4万円程度の範囲で変動しています。

GMOとくとくBBのキャッシュバックが35,000円以上でしたら非常にお得なので、乗り換え時期であると言えます。

光回線(固定回線)からWiMAXに乗り換える際の3つの注意点

ここでは、光回線からWiMAXに乗り換える際の注意点について解説していきます。光回線→WiMAXに乗り換える際の注意点には上記3つがあります。

この後から、それぞれについて詳しく解説していきます。気になるようでしたら目を通してみてくださいね!

①WiMAXには3日で10GB制限があるので注意

光回線 WiMAX
容量制限 制限無し 3日で10GB

光回線からWiMAXに乗り換える際の注意点1つ目は、WiMAXには3日で10GBまでの容量制限があることです。

光回線には容量制限がありません。そのため、大容量ファイルや高画質動画をどんどん利用するかと思います。ですが、WiMAXで同じ事をすると速度制限がかかってしまいます。

そのため、光回線で毎日高画質動画を視聴したり大容量ファイルをダウンロードしているのにWiMAXに乗り換えようと考えているようでしたら注意が必要です。

②WiMAXの通信速度は光回線より遅いので注意

光回線 WiMAX
通信速度 100Mbps~300Mbps 30Mbps~100Mbps

光回線からWiMAXに乗り換える際の2つ目の注意点は、WiMAXは光回線より遅いことです。

上記表にまとめましたが、光回線の通信速度の平均値は100Mbps~300Mbpsです。一方で、WiMAXの通信速度の平均値は30Mbps~100Mbps程度です。

WiMAXの通信速度は光回線の通信速度の1/3程度だと考えておけば間違いないです。なので、高画質の動画などを見ようと思うとWiMAXでは不便に感じるでしょう。

③WiMAXでのオンラインゲームは厳しいので注意

光回線 WiMAX
通信速度 100Mbps~300Mbps 30Mbps~100Mbps
ping 10~20ms 50~60ms

光回線からWiMAXに乗り換える際の3つ目の注意点は、WiMAXではオンラインゲームをプレイするのが厳しい場合が多いことです。

オンラインゲームをプレイするのに大切なのが、ping値です。スマブラなどの格闘ゲームやR6SなどのFPSをプレイするようでしたら10ms程度のpingが必要です。

ですが、WiMAXのpingは速い時でも50ms程度です。そのため、格闘ゲームやFPSなどのping値を求められるオンラインゲームをプレイするのは厳しいんです…汗

WiMAXの乗り換えに関するまとめ

今回の記事のまとめ
  1. 違約金を負担してくれるWiMAXはBroadWiMAXだけ!
  2. WiMAXの乗り換え先で最もおすすめなのは「BroadWiMAX」
  3. WiMAXはなるべく更新月の月に乗り換えるようにしよう!

今回の記事では、違約金負担キャンペーンを実施しているWiMAXや乗り換え先としておすすめのWiMAXについてまとめてきました。

結論から言うと、違約金負担キャンペーンを実施しているWiMAXは「BroadWiMAX」だけです。乗り換え先としておすすめのWiMAXもBroadWiMAXですね。

WiMAXの乗り換えを考えているようでしたら、なるべく違約金のかからない更新月に乗り換えるようにしましょう。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA