WiMAX(ワイマックス)とは?初心者が知るべき10のデメリットメリット!

WiMAXホームルーターL01は買い?口コミや良い・悪い点まとめ


編集部ダイゴ
編集部ダイゴ
なるほどwifi」編集部のダイゴです。

「WiMAXのホームルーターL01sって買いなの?」「WiMAXのホームルーターL01sの良い点・悪い点は?」など、WiMAXのホームルータL01sについて調べている人は多いようですね。

私も、家電量販店などで進められた事があり、モバイルルーターと何がどう違うのか?気になって徹底的に調べてみました…!

そこで今回は、「L01sとモバイルルーターの違い」「L01sの口コミまとめ」「L01sのメリット・デメリット」などについてまとめてみました。

最後まで読んでいただければ、ホームルーターL01sの基本的なことが理解出来ます。是非参考にしてくださいね!

結局WiMAXのホームルーターL01sって買いなの…?

悩む女性の画像
WiMAXのホームルーターL01sって結局買いなの?普通のモバイルルーターで良いんじゃ無いの?などと悩んで当サイトにたどり着いた人は多いと思います…!

結論から言えば、光回線の代用品として契約するのであれば買いです!ただし、事前にTryWiMAXで速度を試してから契約することをおすめします。

モバイルルーターと比べた場合のホームルーターL01sの特徴は、「工事不要で即日ネットが使えること」「同時接続機器数が多いこと」「通信速度が速い事」です。

そのため、3日で10GBの制限にひっかからないのであれば光回線よりL01sの方がお得です。また、W05などと比べて実測で5Mbps〜10Mbps程度下り速度が早いので速度を求める人にもおすすめできます。

もし、あなたがWi-Fiルーターを持ち運ぶ予定が無くて光回線の月額料金が高額だと感じているのであればL01sは「買い」の製品であると言えます…!

WiMAXのルーターHOME L01sとW06・WX05の違いを表で比較…!

通信速度 電源 最大接続機器数
HOME L01s 速い コンセント 42
(内有線LANポート2)
Speed Wi-Fi W06 L01sより速い バッテリー 11台(内有線LANポート1)
Speed Wi-Fi WX05 W06より遅い バッテリー 11台(内有線LANポート1)

W06やWX05とL01sの最大の違いは、最大接続機器数です。W06やWX05が11台なのに対してL01sは42台も機器を接続することができるんです…!

そのため、PS4やプリンターAmazonDashボタンなどなど家に無線LAN接続をする機器が大量にある場合L01sは魅力を発揮します。

その他L01sは機器本体が大きく高性能なアンテナが積める分WiMAXの受信感度が高くなっています。そのためW06やWX05と比べて通信速度が速いです。

また、持ち歩くこと前提に設計されたW06やWX05の電源は充電式のバッテリーですが、据え置き型のL01sはコンセントから電源をとります。

WiMAXのルーター3つの違いを比較した結果、L01sは光回線の代わりとして家にWi-Fiを飛ばすために使うルーターとしてはおすすめできるルーターであると言えます…!

ホームルーターL01sの申し込みはこちら!

WiMAXのホームルーターL01sの口コミまとめ

耳打ちする女性の画像
このパートでは、HOME L01sに関するTwitterの口コミをまとめてみました…!

Twitterから引用しているのは、価格コムやAmazonと比較して、信頼できる個人の口コミが多いからです。

悪い口コミと良い口コミそれぞれまとめているので参考にしてくださいね♪

WiMAXのホームルーターL01sの悪い口コミ

WiMAXのホームルーターL01sの良い口コミ

悪い口コミ・良い口コミのまとめ

HOME L01sの悪い口コミと良い口コミをまとめた結果、全体の8割以上は良い口コミでした…!

悪い口コミで多かったのは、「地方だと速度が出ない」「接続が不安定なときがある」といった内容でした。

一方で、良い口コミで多かったのは「W05」やWX04と比較して速度が速い」「光回線が無くても問題無い」といった内容でした。

悪い口コミと良い口コミから、L01sはWiMAXの電波が強い都心部に住んでいて光回線の月額は高いと感じている人におすすめできる回線であると言えます…!

WiMAXのホームルーターL01sのメリット・デメリット

比較する女性の画像
このパートでは、HOME L01sのメリットとデメリットについてまとめていきます。

メリット・デメリットそれぞれのパートに区切って解説していくので、L01sが自分に合っているか判断するための材料にしてください…!

WiMAXのホームルーターL01sのデメリット

HOME L01sのデメリット
  • 3日で10GBの通信制限がある
  • 地方や障害物の多い場所では繋がりにくい
  • 持ち運びができない

WiMAXのホームルーターHOME L01sの最も大きなデメリットは「3日で10GBの通信制限がある」ことです…!

そのため、3日間や1ヶ月間の通信量を測定してみて3日の通信量が10GBを超えることが無いのであれば契約しも後悔しない可能性が高いです。

また、地方や山間などに済んでいる場合繋がりにくく速度がでない場合が多いこともデメリットとしてあげられます。

その他、W05WX04といったモバイルルーターと比べると持ち運びができないといったデメリットもあります…!

WiMAXのホームルーターL01sのメリット

HOME L01sのメリット
  • 開通工事が不要で即日ネットが使える
  • 光回線と比べて月額料金が易い
  • 引っ越し先でもすぐにネットが使える

WiMAXのホームルーターHOME L01sの最も大きなメリットは、「開通工事が不要で即日ネットが使える」ことです…!

HOME L01sの主な比較対象は光回線になりますが、光回線は運が悪いと申し込みから3ヶ月ほどネットが使えないこともあるため即日ネットが使えるのは大きなメリットですね。

また、ほとんどの光回線と比べて月額料金が安いのも魅力です。光回線は見た目の月額が3000円程度と安いプロバイダも多いですがオプションなどを加味すると月額5000円を超えることがほとんどです。

それに比べてWiMAXのL01sであれば、オプション0でも不便無く運用できるので月額料金は4000円弱となります。

その他、引っ越しの場合でも転居先で回線工事など不要でそのままインターネットが使えるのはメリットと言えます。

デメリット・メリットのまとめ

HOME L01sのメリット・デメリットをまとめた結果、L01sは「転居が多い」「3日で10GB以上ネットを使わない」「街中に住んでいる」人におすすめできる回線であることがわかりました。

L01sの最大のデメリットは「3日で10GBの通信制限がある」です。一方で、最大のメリットは「開通工事が不要で即日ネットが使える」です。

また、L01sはW05やWX04のような持ち運び用途は想定されておらず、家出据え置きで使うことを前提に作られたルーターです。

そのため、「3日で10GBも通信をしない」「光回線の工事を待つのが嫌だ」「転居が多くて光回線の工事が大変」などの悩みがある人にはとてもおすすめできるネット回線であると言えます。

WiMAXのメリットデメリットを知りたい方は左記のリンク先もチェックしてみてください。

まとめ

今回紹介したこと
  • L01sは光回線に変わるネット回線としておすすめ…!
  • L01sとW05・WX04の違いは「速度」「電源」「最大接続機器数」
  • L01sの口コミの8割は良い口コミだった…!
  • L01sの最大のデメリットは「3日で10GBの通信制限がある」こと
  • L01sの最大のメリットは「開通工事が不要で即日ネットが使える」こと

今回は、WiMAXホームルーターL01は買いなのか?や悪い口コミ・良い口コミに関してまとめてきました。

L01sは光回線に変わるネット回線としておすすめの回線です。開通工事不要で即日でネットが使えるので、数週間〜3ヶ月間もネット開通まで待つ必要がありません。

一方で、「3日で10GBの通信制限」があるため通信量が多い人にはあまりおすすめできない回線であると言えます…汗

今回の記事でホームルーターについて気になったようでしたら、下記関連記事でおすすめのホームルーターを紹介しているので是非参考にしてみてください!

工事不要の据え置き型・置くだけWiFiホームルーターおすすめランキングTOP5! 工事不要据え置き型・置くだけWiFiランキング モバレコエアー 容量制限 無制限 ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA