WiMAX(ワイマックス)とは?初心者が知るべき10のデメリットメリット!

WiMAX契約はどこが得?全5種の契約先を比較して最もおすすめの方法を紹介!

契約書のサイン

hiroshi
hiroshi
こんにちは、「なるほどwifi」編集部のhiroshiです。

WiMAXの契約を申し込むときに、どのような手順や方法でやれば良いのか迷ってしまいませんか?

この記事では「WiMAXの契約はどこでするのがオトクなのか」、「実際にWiMAXサービスに申し込んだ手順」、「WiMAX申し込みの際の注意事項」についてまとめています。

これからワイマックスを申し込もうと思っている方の参考になれば嬉しいです。

WiMAXの契約はどこでするのがお得?ネットや家電量販店を比較!

契約先 平均支払い総額 おすすめ度
ネットのプロバイダ 約13万円
価格コム 約14万円
auショップ 約11万円
※2年契約
UQ スポット 約16万円
家電量販店 約16万円

まず始めに結論から言うと、WiMAXの契約は「ネットのプロバイダ」でおこなうのが最もおすすめです!

公式ショップのUQスポットや家電量販店などでの契約と比較した場合、3年間の支払い総額で3万円前後価格に差がでます。

また、一見お得に見える価格コムでの契約もあまりおすすめしません。価格コムは紹介料を抜いているのでネットのプロバイダの公式HPから契約するより総額が高くなります。

そのため、WiMAXをお得に契約したいのであれば「BroadWiMAX」や「GMOとくとくBB」などのネットのプロバイダ経由で契約するのがおすすめです!

BroadWiMAXやGMOとくとくBBなどのネットのプロバイダが提供するWiMAXは、UQ WiMAX本家じゃないので速度が遅いのでは?など気にしている人も多いのでは?

実は、ネットのプロバイダが提供しているWiMAXはWiMAX本家のUQ WiMAXが提供するサービスと全く同じものなんですよ!

WiMAXはネットのプロバイダに契約窓口や営業活動を担わせることで発展してきたネット回線です。そのため、本家のUQ WiMAXの契約者数を伸ばす気はあまりないんです。

なので、WiMAXを契約するなら本家のUQ WiMAXで契約するよりもネットのプロバイダで契約した方が料金が安いですし、回線の品質も全く同じ物を契約することができるんです!

WiMAXの契約先毎にメリット・デメリットを解説!

契約先 メリット デメリット
ネットのプロバイダ 支払い総額が安い 端末の実物を見られない
価格コム WiMAXの比較が楽 支払総額が高い
auショップ 店員さんに相談できる 端末料金が無料でない
UQ スポット 店員さんに相談できる 支払い総額が高い
家電量販店 店員さんに相談できる 支払い総額が高い

ここでは、WiMAXの契約先毎に「メリット」「デメリット」を解説していきます。

各契約先毎に分けてメリット・デメリットを紹介していきます。是非WiMAXの契約先選びの参考にしてください!

ネットのプロバイダでWiMAXを契約するメリット・デメリット

メリット ・支払い総額が安い
・店舗に出向く手間が無い
・キャンペーンが豊富
デメリット ・端末の実物を見られない
・店員さんに相談できない

ネットのプロバイダでWiMAXを契約するメリットは上記の3点が上げられます。特に、支払い総額については他の契約先よりも圧倒的にお得なのでおすすめです。

デメリットについては上記2点があげられます。特に、ネットでの契約の場合端末の実物が確認できない点が大きなデメリットですね。

ネットのプロバイダでの契約の場合、デメリットよりもメリットが非常に優れています。そのため、ネットのプロバイダは最もおすすめの契約先です!

価格コムでWiMAXを契約するメリット・デメリット

メリット ・複数のWiMAXを簡単に比較可能
・キャンペーンが豊富
デメリット ・支払い総額が高い
・違約金が高い

価格コムでWiMAXを契約するメリットは上記の2点があげられます。特に、サイト構造が見やすく複数のWiMAXを簡単に比較できるのは大きなメリットですね。

逆にデメリットについては上記2点です。支払総額に関しては、ネットの代理店と比べて1万円前後変わってしまいます…汗

もちろん比較がしやすいのは大きなメリットなのですが、価格コム以外にも分かりやすい比較サイトはありますし、当サイトでも31社のWiMAXを比較して紹介しています。

そのため、WiMAXの契約先として価格コムはあまりおすすめできません。

auショップでWiMAXを契約するメリット・デメリット

メリット ・店員さんに気軽に相談できる
・2年契約で契約可能
デメリット ・月額が高い
・端末代が有料

auショップでWiMAXを契約するメリットは、上記の2点があげられます。特に、2年契約で契約できる点はauショップの特徴ですね。

ただし、デメリットとして「月額が高い」「端末代が有料」など価格面のデメリットが多く上げられます。

実際価格を比較した結果、なるほどwifiがおすすめするBroadWiMAXを3年間契約した場合よりもauのWiMAXを2年契約した方が支払い総額が高いんですよね…汗

そのため、auスポットでの契約はあまりおすすめできません。

UQスポットでWiMAXを契約するメリット・デメリット

メリット ・店員さんに気軽に相談できる
・2年契約が可能
デメリット ・支払い総額が高い
・キャンペーンが無い

UQスポットでWiMAXを契約するメリットは上記の2点があげられます。特に、WiMAX本家のUQショップスタッフさんに直接相談できるのは大きなメリットですね。

ただし、デメリットとしては「支払い総額が高い」「キャンペーンが無い」など価格に関わってくる点が多くあげられます。

実際、なるほどwifiおすすめのBroadWiMAXの支払い総額と比較した場合UQ WiMAXは4万円以上高額になってしまうんです…汗

そのため、基本的にUQスポットでのWiMAXの契約はおすすめできません。

家電量販店でWiMAXを契約するメリット・デメリット

メリット ・店員さんに気軽に相談できる
・商品券などが貰える事がある
デメリット ・支払い総額が高い
・端末代が有料の場合がある

家電量販店でWiMXAを契約するメリットは上記2点があげられます。特に、WiMAXの契約で数万円分の商品券が貰える事があるのは家電量販店独特のメリットですね。

ただし、家電量販店のWiMAXは3年間の支払い総額が高額で時期や店舗によっては端末代が有料になってしまうこともあります。

そのため、家電量販店はWiMAXの契約先としてはあまりおすすめできる契約先ではありません。

ネットのプロバイダで契約できる人気のWiMAX10社を比較!

3年総額 月額 キャッシュバック サポート
Broad 107,652円 2,910円 20,000円
GMO 121,269円 3,278円 34,500円 ×
JP 125,200円 3,384円 10,000円
※1
×
Smafi 129,240円 3,493円 0円 ×
@nifty 155,240円 4,196円 0円 ×
DTI 130,430円 3,525円 0円 ×
カシモ 134,048円 3,623円 0円 ×
朝日ネット 141,570円 3,826円 0円 ×
novas 130,680円 3,532円 0円 ×
BIGLOBE WiMAX 56,960円
※2
4,747円 10,000円
※1:Amazonギフト券でのキャッシュバック
※2:BIGLOBE WiMAXは1年契約
WiMAXの最もおすすめの契約先は「ネットのプロバイダ」であることがわかりました。そこで、「どのプロバイダが最もお得なのか?」気になる人も多いのでは無いでしょうか?
結論から言うとは、ネットのプロバイダで契約できるWiMAXで最もお得なのは「BroadWiMAX」です。
上記表で人気のネットプロバイダが提供するWiMAX10社を比較しましたが、支払い総額の点でBroadWiMAXが圧倒的に優れているのが分かるかと思います。
WiMAXはどのプロバイダで契約してもサービスは同じなので、支払い総額が最も安いBroadWiMAXがネットのプロバイダで契約できるWiMAXで最もお得ということになります。
次から、BroadWiMAXを実際にネットから申し込む様子について解説していくのでWiMAXの契約を考えて居いるようでしたら参考にしてみてください!
BroadWiMAXの公式HPはこちら!現金10,000円が受け取れるのはなるほどwifiだけです!

最もおすすめのBroadWiMAXをネットから契約・申し込みする方法を解説!

ここでは、「WiMAXの最安値紹介ページ」でも解説していますが、WiMAXの中でも最も料金が安く、コストパフォーマンスの高い「BroadWiMAX」を例に挙げて契約してみました。

基本的にはどのWiMAXも申し込み方法は大きく変わらないです。そのため、こちらの手順で他のWiMAXも申し込むことが可能です。

WiMAXの申し込み方法を知りたい方の参考になれば嬉しいです。

 

こちらのページから、BroadWiMAXのキャンペーンページに行きます。

 

キャンペーンページなので、初期費用の割引があります。今回のキャンペーンでは18,857円が割引されるようです。

 

WiMAXルーターの機種を選べるので、用途に合った機種にしましょう。

私は今回下り最速が758Mbpsの、通常より速度が速いルーターにしました。

これは、BroadWiMAXでなくても機種を選ぶ場合が多いです。

 

通信容量のプランを選びます。

BroadWiMAXの場合は、「ギガ放題プラン」というものと「ライトプラン」という2つがあります。

たくさんの容量を気にせず使いたいので、ギガ放題にしました。

 

支払い方法を選択します。基本的にはクレジットカード払いのものが多く、WiMAXのサービスによっては口座支払いができないものもあるので注意しましょう。

BroadWiMAXに関しては、クレジットカードと口座引き落としの両方が使えます。

 

こちらはサポートなどのオプションです。

私はとくに保障なくてもいいかなと思ったので入りませんでしたが、破損などが心配な方は加入しても良いと思います。

 

こちらもパソコンなどのセットです。

欲しいものがあれば契約すれば良いかと思いますが、私は特に必要なかったのでスルーしました。

 

さて、ここまで必要事項を選択して次へ・・・と思ったのですが、次に進むボタンがグレーになっています。

こういった場合、どこかの項目で未入力があります。ボタンを押すと未入力の場所を教えてくれました。

 

こちらの項目のチェックを見落としていました。

WiMAXの契約の際は、注意事項にチェックをつける必要があることが多いため、このようにチェックを忘れると次に進めない場合があります。

ただ、基本的にはボタンを押すと「未入力があります」と教えてくれるので心配ないですよ。

 

チェックしてボタンがオレンジになり、次に進めるようになりました。

 

こちらには住所や氏名などの必要事項を記入します。

特に気にせずそのまま記入して大丈夫です。

 

注意事項などを確認してチェックをいれます。

全ての項目にチェックを入れると、申し込みが完了できます。

 

最後に「申し込みをする」というボタンを押して完了です。お疲れ様でした!

WiMAXの契約・申し込みの際の注意点3つ

ここでは、WiMAXを契約する際に気をつけたいことについて記載しておきます。

知らないで契約してしまうと、後で余計に費用がかかる場合もありますので、ぜひ知っておいて頂きたいです。

1.店頭申し込みは割引が無い場合が多い

店頭の申し込みでは、キャッシュバックなどの割引がない場合が多いです。

ネットから申し込むだけで1~3万円ほどのキャッシュバックや割引があるとしたら、店頭で申し込んでしまうのはあまりにもったいないといえます。

ネットからの申し込みは家からすぐに行うことができて簡単ですし、わざわざ窓口に行かなくても良いので手間もかかりません。

よほどこだわりがなければ、ネットでの申し込んで安く済ませるのをおすすめします。

2.期間内解約でキャッシュバックを返金する必要がある

3WiMAXというサービスの場合に限り、2年以内に解約すると違約金に加えてキャッシュバック料金を返金する必要があります。

これは、キャッシュバック額が30,000円と大きく、違約金との差額を狙ってキャッシュバックを繰り返す悪質な人がいたためこのような措置になったようです。

これは、2年以上使えばもちろん返金の必要もありませんし、通常通りに使っていれば心配する必要はありません。

3.価格.comでの契約は違約金が高い場合がある

価格.comでもキャッシュバックを行っている場合がありますが、公式キャンペーンに比べて違約金が高くなる場合が多いです。

価格.comでの高額キャッシュバックは、広告費が多く使われているので、もし解約されてしまうと採算が合わなくなってしまいます。そのため、期間内に解約された場合は高額な違約金を支払う必要が出てしまいます。

キャッシュバックや割引のシンプルさと質を考えると、公式のキャンペーンを利用することをおすすめします。

WiMAXの契約・申し込み方法についてまとめ

WiMAXの契約・申し込み方法についてまとめ
  • WiMAXの契約はネットから申し込むと割引がありオトク
  • ネット申し込みするだけで数万円安くなることもある
  • ネットからの申し込みは10分ほどですぐ終わる
  • 価格.comからの申し込みは違約金が高くなる場合があり注意

WiMAXの契約・申し込みについてまとめると、上記のようになります。

ネットから申し込むだけで初期費用が大幅に安くなるので、基本的にネット経由で申し込む方がおすすめですよ。

また、申込手順をBroadWiMAXでお見せしましたが、他のWiMAXも同じような手順で申込むことができます。

普段あまりインターネットから申し込んだりしない場合でも、手軽に申し込むことができますので、ぜひ試してみて下さいね。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA