【初心者マニュアル】自宅&外出用のWi-Fiを契約する全手順を解説!

パケ詰まりとは?原因・WI-FIルーターの解消方法を徹底解説!


編集部たにやん
編集部たにやん

こんにちは。「なるほどWi-Fi」編集部のたにやんです。

WI-FIを使っていて、「なんだか速度が遅い…」「接続が不安定だな…」と感じることはありませんか?

実はその症状、「パケ詰まり」が原因の可能性があります!

パケ詰まりとは、ネット接続ができているのに転送処理が追いつかずに通信速度が極端に遅くなってしまう現象です。

一度パケ詰まりが起こると、「WEBページの読み込みが終わらない」や「ダウンロードがいつまで経っても完了しない」といった状況になります。

しかし、パケ詰まりは解消することが可能です!

この記事では、「パケ詰まりとは何か?」から「原因」や「解消方法」、そして「パケ詰まりしにくいWI-FIルーターを選ぶポイント」まで解説しています。

「もしかしてパケ詰まりかな?」と思ったら、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

WI-FIパケ詰まりとは?どんな症状?

通信データのパケットが流れている様子

パケ詰まりとは、インターネットには接続されているものの、通信速度が遅いため、パケットの転送処理が追いついていない状態を言います。

パケ詰まりが起こると、エリアの圏内であるにも関わらず、通信速度が極端に遅くなったり、繋がらなくなってしまいます。

パケットとは?

データ通信する際には、やり取りするデータを一定の小さいサイズに分割して送っています。これをパケットと言います。

WI-FIパケ詰まりが起こる原因は?

上記のように、パケ詰まりにはいくつかの原因があります。

パケ詰まりは、通信速度が遅いため、パケットの転送処理が追いついていないことで起こります。

ではなぜパケットの転送処理が追いつかないほど通信速度が遅くなってしまうのでしょうか?

それぞれの原因について詳しく見ていきます。

WI-FIパケ詰まりが起こる原因①:通信のデータ量に回線速度が追いついていない

通信速度が遅く通信データ量が追い付いていない様子

動画や画像が多いサイトを閲覧すると、通信するデータ量を非常に大きくなってしまいます。

しかし、扱うデータ量に対して回線速度が不十分である場合、通信処理がデータ量の多さに追いつかず、通信の速度が著しく遅くなることでパケ詰まりが起こってしまいます。

WI-FIパケ詰まりが起こる原因②:電波の干渉が発生している

WI-FIの電波が干渉している様子

都市部や住宅街などでは、多くの基地局、個人や企業が所有するモバイルルーターが多く存在します。

こうした理由で、狭いエリアに多くの基地局やモバイルルーターが密集すると、それぞれが出している電波が干渉しあってしまい、接続が不安定になることでパケ詰まりが起こってしまいます。

WI-FIパケ詰まりが起こる原因③:基地局の切り替わりが上手くいっていない

基地局の切り替わりが上手くいっていない

端末(スマホ・パソコン)がインターネットに接続するためには、近くにある基地局に接続する必要があります。

しかし、基地局が密集していると、短時間のうちに接続する基地局がコロコロ変わってしまい、接続が不安定になることでパケ詰まりが起こってしまいます。

WI-FIパケ詰まりを解消する方法10選!

WI-FIパケ詰まりの解消方法①:接続をON/OFFする

WI-FIの接続をON/OFFする様子

WI-FIなどのネット接続を一度切って、再度接続し直しましょう。

電波の干渉や基地局の切り替わりが再調整され、ネット接続が安定します。

WI-FIパケ詰まりの解消方法②:端末を再起動する

WI-FIの端末を再起動する様子

端末(スマホ・タブレット・パソコン等)の機械を再起動しましょう。

ネットの接続だけでなく、端末自体もリフレッシュされるので、ネット接続がより安定します。

WI-FIパケ詰まりの解消方法③:ページを更新(リフレッシュ)する

ページを更新(リフレッシュ)する様子

パケ詰まりが起こっている場合、一度ページを更新(WindowsパソコンならF5ボタン)しましょう。

更新すると、一からネット通信をやり直すため、通信がリフレッシュされるので、パケ詰まりが解消することがあります。

WI-FIパケ詰まりの解消方法④:機内モードをON/OFFする

機内モードをON/OFFする様子

一度機内モードをONに設定して、その後すぐOFFにしましょう。

機内モードに設定するとネット通信が一切できなくなるため、ON/OFFすることで通信がリフレッシュされます。

WI-FIパケ詰まりの解消方法⑤:キャリアの通信制限を疑う

キャリアの通信制限を疑っている様子

「ネット圏内なのに通信が遅い…」という場合、実はキャリアの通信制限にかかっており、通信速度が低速になってしまっている可能性があります。

その場合、通信制限が適用されたメールが来ていないかを確認したり、キャリアの公式サイトにアクセスして、通信制限がかかっていないかを確認してみてください。

スマホの通信速度制限の解除はいつ?ドコモ・au・ソフトバンク全解説
スマホの通信速度制限の解除はいつ?ドコモ・au・ソフトバンク全解説 【キャリア別】スマートフォンの通信速度制限の解除タイミングについて! 通信速度制限の解除のタイミング d...

WI-FIパケ詰まりの解消方法⑥:ブラウザの履歴やキャッシュ等の削除する

ブラウザの履歴やキャッシュ等の削除する様子

ブラウザの処理が遅くなってパケ詰まりが起こっている可能性があるため、ブラウザの履歴やキャッシュ等の削除してみましょう。

ブラウザの処理が速くなることで、パケ詰まりが解消されることがあります。

WI-FIパケ詰まりの解消方法⑦:キャリア・OSをアップデートする

キャリア・OSをアップデートする様子

パソコンではWindowsやMac、スマホではiOSやAndroidのバージョンが古いと、本来のパフォーマンスを出せず、通信が遅くなってしまう可能性があります。

そこで、OSを最新のバージョンにアップデートすることで、パケ詰まりが解消されることがあります。

WI-FIパケ詰まりの解消方法⑧:接続する場所を変える

 

電波が干渉している場合、ネット接続する場所を変えることで、干渉が解消されます。

WI-FIパケ詰まりの解消方法⑨:端末を初期化する

 

端末の不具合で通信速度が遅くなってしまっている場合、端末を初期化します。

端末の処理が正常になり、通信速度が安定することで、パケ詰まりが解消されます。

WI-FIパケ詰まりの解消方法⑩:端末本体を交換する

 

端末本体が原因で、初期化や再起動でも治らない故障である場合、ネットワークに原因がないため、最終手段として端末本体を交換しましょう。

もし代わりになる端末(パソコンやスマホ)があれば、同じネットワークに接続して、ネット接続が安定しているなら、その端末が原因である可能性が非常に高いと判断できます。

パケ詰まりしづらいWi-Fiモバイルルーターを選ぶポイント

ドコモ バツユーザーが多くアクセス過多になる
UQ WiMAX
Yahoo!Wi-Fi
Y!mobile
丸1つの基地局を使うユーザーが少ない

パケ詰まりしづらいWi-Fiモバイルルーターを選ぶポイントは、電波の干渉が起きづらいキャリアを選ぶことにあります。

日本では、各キャリアにおける基地局数に大差はありませんが、スマホユーザーの数はドコモがダントツに多いです。

つまり、ドコモユーザーは1つの基地局にアクセスが集中しやすかったり、接続人数が多いので電波の干渉が起こりやすいのです。

通常キャリアを選ぶ際は「繋がるエリアの広さ」に注目しますが、パケ詰まりの場合はエリア内にもかかわらず「繋がらない」ということが起こりえます。

パケ詰まりを起こさないためには、電波の干渉が起きづらいキャリアを選ぶことを頭に入れて選んでみてください。

もちろんパケ詰まりを起こさないためには、「速度の速さ」や「通信の安定性」も重要ではあります。

しかし、昨今ではどのキャリアも「速度の速さ」や「通信の安定性」に力を入れており、そこに大きな差はありません。

ただし、「電波の干渉が起きづらいキャリア」に関しては確実に存在します。

まとめ

まとめ

・パケ詰まりの原因を理解する
・パケ詰まりの解消方法を理解し、実施する
・パケ詰まりしにくいモバイルWI-FIルーターを選ぶ

今回は、「パケ詰まり」について解説しました。

パケ詰まりが起こってしまうと、通信速度が極端に遅くなってしまい、「WEBページの読み込みが終わらない」や「ダウンロードがいつまで経っても完了しない」といった状況になります。

しかし、この記事で解説している「パケ詰まりの原因」や「解除方法」がわかっていれば、快適なネットライフを取り戻すことができますよ!

あなたも「もしかしてパケ詰まりかな?」と思ったら、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA