【初心者マニュアル】自宅&外出用のWi-Fiを契約する全手順を解説!

Wi-Fiとは?3つの接続方法とメリット・デメリットを紹介!

パソコンにWi-Fiのマークが表示されているイラスト
maenaka
maenaka
こんにちは、「なるほどWi-Fi」編集部の前中です。

目にする機会が多くなった「Wi-Fi」ですが、皆さんはWi-Fiの事をどれほどご存知でしょうか。

「ポケットWi-Fi」や「無線LAN」など、Wi-Fiに関わる単語が数多く存在しますし、「どれがどれだか分からない」って方や、「Wi-Fi接続したらどうなるの?」って方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回はWi-Fi接続した際のメリットとデメリットについて解説いたします。「そもそもWi-Fiって何?」といった疑問点なども解説していますので、是非参考にしてくださいね。

「Wi-Fi」とは…?

Wi-Fiの写真

Wi-Fiとは、様々な機器をワイヤレス(無線)でネットワークに接続する規格(通信の種類)の名称です。

一方、無線LANとはワイヤレスでネットワークに接続ができるシステムの事で、Wi-Fiは無線LANの内の一種です。

最近では、街中や日々の生活の中で無線LANを使用する場合、ほとんどがWi-Fiの規格を採用しています。そのため、無線LAN=Wi-Fiと認識する方が増えつつあります。

また、Wi-Fiは世界標準規格でもあります。Wi-Fiに対応している機器であれば、海外でも利用できる機会が多いでしょう。

簡単にいうと「対応している様々な機器を無線でネットワークに接続するための仕組みのこと」です!

Wi-Fiに接続する3つの方法

Wi-Fiに接続する方法はいくつかあります。ここでは、よくある3つの接続方法を紹介していきます。

①自宅で契約しているインターネット回線を利用する

インターネット回線の写真

「フレッツ光」や「ソフトバンク光」といった自宅で使うインターネット回線をご存知でしょうか。これらは「光回線」といって、現代の自宅で使うインターネット回線の主流となっています。

既に自宅に光回線を敷いている方であれば、Wi-Fiに対応したルーターを用意すると、Wi-Fiを利用できます。最近では通信会社からWi-Fi対応ルーターをレンタル出来るサービスも増えていますね。

光回線について詳しくは、こちらで解説しています。

あわせて読みたい
光回線とは?サービスの種類や光回線の仕組みを徹底解説!光回線とはそもそもどんな回線?そんな人のために、光回線の種類や仕組みを徹底解説します!光回線と他の回線との比較や、光回線のメリット・デメリットもお伝えしていきますので、どの回線を柄効果迷っている人は参考にしてみて下さいね!...

②モバイルルーターを利用する

モバイルWi-Fiルーターの写真

モバイルルーターとは、持ち運びが出来る小型の通信端末の事で、「ポケットWi-Fi」とはその内の一種です。モバイルルーター自体がアクセスポイントとなるので、どこからでもWi-Fi対応機器をインターネット接続することができます。

使用するには、通信会社に月額料金を支払って契約する必要があります。ルーターはレンタル、もしくは購入し、持ち運ぶ事でどこでもWi-Fiが使えるようになります。

③街中にある公衆無線LANを利用する

フリーWi-Fiの写真

最近では、街中で利用できる公衆無線LAN(=Wi-Fiスポット)が増えてきました。飲食店や駅、学校など様々な場所で「フリーWi-Fi使えます!」といった表記に見覚えがある方も多いのではないでしょうか。無料の公衆無線LANも多いですね。

使用方法は、公衆無線LANの提供元(カフェや駅など)によって違います。ログインが必要な場合や、パスワードが必要だったりしますが、接続方法の案内も目印と一緒にされている事がほとんどです。簡単ですので、案内に従って接続してみましょう。

Wi-Fiに接続した時のメリット・デメリット

固定回線 モバイルルーター 公衆無線LAN
速度
セキュリティ
料金 4000円~7000円程 2500円~5000円程 ほとんど0円
特徴 回線が速い! どこでも使える! 無料である!

Wi-Fi接続した際のメリット・デメリットの紹介です。接続方法によって色々な特徴があるので、接続方法別にメリット・デメリットの紹介をしていきます。

特徴がある3つの接続方法ですが、ご自身にあった接続方法は見つかりそうでしょうか。
それぞれのメリット・デメリットを下記に解説していますので、是非読んでみてください。

①自宅の光回線(固定回線)でWi-Fiに接続するメリット・デメリット

メリット
  • 光回線を用いている場合、速度が速い
  • スマートフォンで接続すれば、通信料の節約になる
  • プリンタなど、Wi-Fiに対応した複数の機器を接続可能
  • パソコン等に接続する場合も、有線ではなくWi-Fiを用いると配線がスッキリする

デメリット

  • 自宅のインターネット回線の月額費用がかかる
  • 自宅にインターネット回線が無い場合、契約や工事をする必要がある
  • パソコンで使用する場合、有線接続よりも通信が少し遅かったり、不安定な時がある

既に自宅にインターネット回線を契約している場合は、Wi-Fi対応のルーターが必要になりますがメリットだらけです。自宅に敷いている回線は基本的に通信制限がないので、スマートフォンの通信制限を気にしなくて良い点は魅力的ですね。

Wi-Fi対応プリンタを使う場合も、とっても便利です。スマートフォンからでもお手軽に印刷できる機種もあります。

自宅にインターネット回線を契約しておらず、Wi-Fiのために契約を考えている方は、モバイルルーターも検討してみてください。モバイルルーターも自宅でWi-Fi接続する事ができます。パソコンなどの周辺機器の接続を考えておらず、スマートフォン用にと考えている方はモバイルルーターの方が工事も不要で安上がりになるかもしれません。

②モバイルルーターでWi-Fiに接続するメリット・デメリット

メリット

  • 持ち歩けば、対応エリアであればどこでもWi-Fiを利用できる
  • Wi-Fi対応機種であれば、複数の機器を接続できる
  • 出先でパソコンやタブレットなども、Wi-Fi接続できる
  • 工事が不要

デメリット

  • 対応エリアと未対応エリアがある
  • 通信制限がある
  • モバイルルーターのバッテリー残量に注意

モバイルルーターを持ち歩けば、対象エリアであればどこでも使える点が非常に便利ですね。外出先でもタブレットやノートPCをインターネット接続できます。複数の端末を持ち歩く方には必需品です。

モバイルルーターにも通信制限があり、通信会社にもよりますが、3日で3GBまでといった縛りが多くみられます。スマホと併用し、データ通信料を上手に節約しましょう。

対応エリアに関して、主要各社はスマホとほぼ同等のエリアに対応していますが、利用する前にしっかりと確認しておきましょう。

③公衆無線LANでWi-Fiに接続するメリット・デメリット

メリット

  • 無料で一般開放されているWi-Fiがある
  • ルーター等を自分で用意する必要がない
  • 街中で使えるWi-Fiが多く、便利に利用できる

デメリット

  • セキュリティ面が不安
  • 通信速度が遅いWi-Fiが多い
  • Wi-Fiの接続時間に制限がかけられている場合がある

飲食店などで見かけた事がある人も多いのではないでしょうか。有料のWi-Fiスポットもありますが、無料のものが多く、街中で「ちょこっとWi-Fiを使いたいなー」と思った時に便利です。

場所によっては情報収集に利用されてる場合があります。接続人数や場所、時間から客の足取りを掴むために導入している店舗もあります。利用する際は、提供元が信頼できる公衆無線LANを使いましょう。

無料開放しているものは、他2つの接続方法と比べると、通信の品質は劣化します。回線速度がすごく遅かったり、途切れたりする可能性があるので、仕事などで利用するのはおすすめできません。

まとめ

Wi-Fiのメリット・デメリットまとめ
  • Wi-Fiの接続方法は自宅、モバイルルーター、公衆無線LANと、大きく分けて3つある
  • 自宅のインターネット回線を使ったWi-Fiは通信制限がない
  • モバイルルーターは外出先でもでもWi-Fiを使える
  • 公衆無線LANは無料で使えたりして便利だが、提供元に注意する

接続方法別にWi-Fiのメリット・デメリットをまとめました。
Wi-Fiを使いこなせば、より便利になること間違いなしです!
ご自身にあったWi-Fiの使い方が見つかると幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA