アプリ

【22種比較!】Web会議ソフト(アプリ)おすすめランキングTOP5!

Web会議ソフトのアイキャッチ

編集部ダイゴ
編集部ダイゴ
こんにちは、「なるほどwifi」編集部のダイゴです。

2020年に入ってからテレワークが推進されていますね。その流れで、「Web会議ソフト(アプリ)をダウンロードする必要がある!」という人は多いのでは?

ですが、一口にWeb会議ソフト(アプリ)と言っても「Zoom」「Skype」「ChatWork Live」など種類が多くてどれが良いのか分からないと思います。

そこで今回の記事では、Web会議ソフト(アプリ)22種を8つの項目で比較して各ソフト(アプリ)の特徴を丸裸にしていきます。

その上で、特におすすめの5種をランキング形式で紹介していきますので、ぜひ、Web会議ソフト(アプリ)選びの参考にしてください。

今すぐランキングをチェック!

【22種比較!】Web会議ソフト(アプリ)を8つの項目で徹底比較!

表がはみ出ている場合左右にスクロールできます。
画質 音質 セキュリティ 料金 利用人数 画面共有 録画 ホワイトボード
Microsoft
Teams

最大1080p
基本:無料
Business Basic:540円/月/ユーザー
Business Standard:1,360円/月/ユーザー
E3:2,170円/月/ユーザー
 最大10,000人
zoom
最大720p
基本:無料
プロ:20,100円/年/ライセンス
ビジネス:26,900円/年/ライセンス
企業:27,000円/年/ライセンス
最大1,000人
Google
Meet

最大720p
基本:無料
G Suite Essenrials:$8/月/ユーザー
G sulte Enterprise:問い合わせ
最大250人
Skype
最大1080p
× 無料 最大50人 ×
BIZMEE
不明
無料 3~4人 (制限は無い)
全画面表示不可
×
Adobe
Connect

最大720p
問い合わせ 最大100人
Calling
Meeting

不明
1,500円/月/ユーザー 最大30人
Global
Meet

不明
スタンダード:1,680円/月/ユーザー
プレミアム:3,990円/月/ユーザー
アクティブユーザー:問い合わせ
最大125人
ビデオトーク
不明
問い合わせ 1人~要相談 ×
meet in
不明

不明
問い合わせ 8人程度 (詳細不明)
不明
Active
Web Video

不明

不明

不明
問い合わせ 5人
不明

不明

不明
LiveOn
最大720p
ASP版:月額3,000円/ユーザー/月
イントラパック版:78,000円/ユーザー
最大150人
MORA Video
Vonference

不明
ASP版:月額3,000円/ユーザー/月
イントラパック版1,078,000円/年
最大20人
Fresh Voice
最大720p
ASP版:月額18,000円/ユーザー/月
イントラパック版;問い合わせ
最大200人
コネクト・ライブ
不明

不明
1,950円/月/ユーザー 最大25人
不明
SOBA
ミエルカ・クラウド
×
最大480p

不明

不明
25.000円/5人/月
45.000円/10人/月
80.000円/20人/月
180.000円/50人/月
最大50人
sMeeting
最大1080p
28,800円/5人/月
42,000円/10人/月
60,000円/25人/月
最大500人
Cisco Webex
Meetings

最大720p

不明
基本:無料
Starter:1,490円/月/ライセンス
Plus:1,980円/月/ライセンス
Businessr:2,980円/月/ライセンス
無制限
V-CUBE
ミーティング

最大720p
問い合わせ 最大50人
不明
OmmiJoin
最大1080p
エコノミー:9,600円/3ライセンス/月
ビジネス:16,800円/ラ3ライセンス/月
ビジネスフレックス:29,400円/5ライセンス/月
最大15人
不明

不明
Zoho
Meeting

不明
問い合わせ 最大100人
TeleOffice
不明

不明
問い合わせ 最大100人

Web会議ソフト(アプリ)22種類を8つの項目で比較してみました。結果、機能自体はどのソフトも大して変わらない事が分かりました。

そのため、企業でセキュリティに配慮する必要があったり自社回線・自社サーバーでのWeb会議運用を考えて居いる場合以外は、どのアプリを選んでも大差ありません。
そんな中でも、「画質」「音質」「最大利用人数」などで小さな差はあるので、次から個人がWeb会議ソフト(アプリ)を選ぶ時の3つのポイントについて触れていきます。
Web会議ソフト(アプリ)を探しているけどどれが良いかわからない!という人は、ぜひ次に紹介する選び方を参考にしてください。

【失敗しない!】Web会議ソフト(アプリ)の選び方3つのポイントを解説!

ここでは、Web会議ソフト(アプリ)を選ぶ際の3つのポイントを解説していきます。主に個人の方がWeb会議ソフト(アプリ)を選ぶ場合にフォーカスして解説していきます。

企業の場合については、イントラバック版かASP版か?どの程度の規模なのか?用途は?などニーズが多岐に渡るのでシステム系部署の判断に譲ります。

それではさっそく、選び方のポイント①から順番に解説していきます。ぜひ、参考にしてくださいね。

①:画質がHD以上のソフトを選ぶこと

HD画質 FULL HD画質 SD画質
画素数 720p
(1,280×720)
1,080p
(1,920×1,080)
480p
(720×480)
具体例
※クリックで拡大

※クリックで拡大

※クリックで拡大

Web会議ソフト(アプリ)の選び方1つ目のポイントは、最大画質がHD以上のソフト(アプリ)を選ぶことです。

スマホやタブレットでWeb会議を行う分には、FULL HD画質でもSD画質大差は無いのですがPCでWeb会議をする際はSD画質は画像が粗く見えます。

HDとFULL HDに関しては、パソコンのモニター程度の大きさでは大きな差を感じる事はありません。なので、最大画質がHD画質以上のソフトがおすすめです。

Web会議の目的にもよると思いますが、映像はなるべく綺麗な方が気持ち良く会議を行えますからね!

②:セキュリティ性の高いソフトを選ぶこと

Web会議ソフト(アプリ)を選ぶ時の2つ目のポイントですが、セキュリティ性の高いソフトを選ぶことです。

「Zoom爆撃」という言葉をご存じでしょうか?Web会議ソフトの中でもトップシェアを誇る「Zoom」のセキュリティ性の低さを利用して、勝手に会議に乱入して妨害する行為のことです。

上記動画がZoom爆撃の例ですね。大事な会議中に上記動画のようなイタズラをされたらたまった物ではないと思います。

そのため、最低限「入室の許可・拒否を選択できる」「入室パスワードを設定できる」などのセキュリティは必要となります。

Zoom爆撃が流行したことにより、Zoomはセキュリティ対策へ力を入れ始めています。

そのため、現在ではZoom爆撃のような行為を行う事は難しくなりました。

しかし、依然としてZoomのセキュリティ性はMicrosoft teamsやgoogle meetなど他社のサービスには劣ります。

③:基本無料のソフトを選ぶこと

zoom Calling
Meeting
Fresh Voice
月額 無料 1,500円 18,000円

Web会議ソフト(アプリ)を選ぶ時の3つ目のポイントですが、基本無料のソフトを選ぶことです。

個人でWeb会議ソフト(アプリ)を選ぶ時は、必ず基本無料のソフトを選ぶようにしましょう。

月額有料のソフトは、基本的には企業向けのサービスになります。安い物なら月額1,500円から利用出来ますが、高い物だと18,000円などのサービスもあります。

有料ソフトも無料ソフトもできることに大差はないので、個人でweb会議サービスを利用するなら絶対に基本無料のサービスを利用しましょう!

22種を比較してわかったおすすめのWeb会議ソフト(アプリ)ランキングTOP5!

1位:Microsoft Teams【無料Web会議ソフトの最高峰!

microsoft teamsのイメージ画像
月額料金 基本:無料
Business Basic:540円/月/ユーザー
Business Standard:1,360円/月/ユーザー
E3:2,170円/月/ユーザー
画質 最大1,080p(1,920×1,080)
セキュリティ
音質 低周波と高周波の音声がカットされている
最大接続人数 最大10,000人

Web会議ソフト(アプリ)で最もおすすめなのが、「Microsoft Teams」です。Microsoftが開発するソフトなのでセキュリティ性も高く使い勝手も良いです。

もちろん、基本利用料は無料ですし最大1,080pのFHD(フルハイビジョン)画質でのWeb会議が可能です!

「DENSO」や「Kao(花王)」「SONY」などの一流企業にも導入されている実蹟がある非常に優れたWeb会議ソフト(アプリ)です。

Web会議ソフト(アプリ)選びで迷ったら、とりあえず「Microsoft Teams」を選べば後悔することはありません!

Microsoft Teamsの公式HPはこちら

2位:zoom【利用者数業界No.1

zoomのイメージ画像
月額料金 基本:無料
プロ:20,100円/年/ライセンス
ビジネス:26,900円/年/ライセンス
企業:27,000円/年/ライセンス
画質 最大720p(1,280×720)
セキュリティ
音質 非常にクリアな音声
最大接続人数 最大1,000人

Web会議ソフト(アプリ)で2番目におすすめのサービスは「zoom」です。最近では、Web会議ソフト(アプリ)と言えばzoomといったイメージがあるのではないでしょうか?

zoomは世界で最もシェアの高いWeb会議ソフト(アプリ)で、多くの人が一度は使った事があるアプリだと思います。

基本使用料は無料は無料で、HD画質でのWeb会議が可能と基本的なスペックは備えています。ただし、一時期「zoom爆撃」が話題になったようにセキュリティ性に難があります。

最近では、セキュリティに力を入れており使えないレベルではありませんが他のソフトには劣ります。ただし、利用者数が多くソフトインストールの手間が少ないのでランキング2位での掲載となりました。

zoomの公式HPはこちら

 

3位:GoogleMeet【GoogleのWeb会議ソフト

googlemeetのイメージ画像
月額料金 基本:無料
G Suite Essenrials:$8/月/ユーザー
G sulte Enterprise:問い合わせ
画質 最大720p(1,280×720)
セキュリティ
音質 非常にクリアな音声
最大接続人数 最大250人

Web会議ソフト(アプリ)で3番目におすすめなのが「Google Meet」です。昔は「Hung out」というサービス名で運営されていました。

Googleが提供しているサービスなので、Hung out時代に使った事がある人も多いのではないでしょうか?

Google Meetは、「基本利用料無料」「HD画質対応」「セキュリティ性は高い」と3つのポイントを全て満たしたWeb会議ソフト(アプリ)です。

ただし、最大接続人数が「Microsoft Teams」や「zoom」に劣るので、今回はランキング3位での紹介となりました。

Google Meetの公式HPはこちら

4位:Skype

skypeのイメージ画像
月額料金 基本:無料
画質 最大720p(1,280×720)
セキュリティ
音質 音質は悪い(上下周波数が大幅にカットされている)
最大接続人数 最大50人

Web会議ソフト(アプリ)で4番目におすすめのサービスが「Skype」です。10年前までは、Web会議と言えばSkypeと言って良いほど有名なソフトでした。

ですが、最近では「zoom」や「Microsoft Teams」の登場でシェアを落としておりいまいちパッとしないWeb会議ソフト(アプリ)となってしまいました。

スペックを見てみても、基本無料・HD画質対応・セキュリティ性高いと3つのポイントは満たしていますが、音質が悪く最大接続人数も少ないです…!

ですが、利便性の高さは以前と変わりませんし利用した事があるという人も多いためランキング4位での紹介となりました。

Skypeの公式HPはこちら

5位:BIZMEE

bizmeeのイメージ画像
月額料金 基本:無料
画質 不明
セキュリティ 高(WebRTCのため)
音質 普通
最大接続人数 3~4人 (制限は無い、動作環境次第)

BIZMEEは、完全無料のWeb会議ソフト(アプリ)です。ブラウザ上で動作するWebRTCタイプのソフトで、最低限の機能がついたシンプルなソフトです。

とても知名度が低いソフトなので知らない人が多いと思いますが、無料で簡単に使えて非常に優れたサービスです。

上位で紹介したソフトと比べると、完全無料なため機能のクオリティ面では劣ります。そのため、ビジネスユースには向きません。ですが、個人間で使うにはシンプルで非常に使いやすいソフトです。

他のソフトのように難しい設定は不要で、URLと部屋番号を送るだけでブラウザから開けるので、PCが苦手な人におすすめのWeb会議ソフト(アプリ)です。

BIZMEEの公式HPはこちら

Web会議ソフト(アプリ)選びで悩んだら「MicroSoft Teams」を選ぼう!

microsoft teamsのイメージ画像Web会議ソフト(アプリ)選びで迷ったら「Microsoft Teams」を選んでおけば後悔することはありません!

天下のMicrosoftが提供しているサービスなので、安全性が高く非常に安定しています。それに加えて、ソフトをインストールするだけで誰でも簡単に使うことができます

難しい設定不要ですぐに高品質なWeb会議を始めることができるのは、Microsoft Teamsの優れたポイントです。

また、「基本無料」「FHDの高画質に対応」「ビジネスレベルのセキュリティ性」と3つのポイントを完璧に満たしています。

まだまだシェアは高くないWeb会議ソフト(アプリ)ですが、これからWeb会議ソフト(アプリ)をインストールするなら、Microsoft Teamsが一番おすすめです。

Microsoft Teamsの公式HPはこちら

Web会議ソフト(アプリ)をインストールしたら「マイク」と「カメラ」「スピーカー」も用意してしまおう!

Web会議に必要なもの
  • マイク(ヘッドセット)
  • カメラ
  • スピーカー

Web会議ソフト(アプリ)をインストールしたら、「マイク」「カメラ」「スピーカー」も準備しておきましょう!

パソコンに標準で付いているマイクやスピーカーを使っても良いのですが、それだと雑音が沢山入ってしまいますし、ハウリングの可能性もあるので上手くWeb会議を進めることができません。

「マイク」「スピーカー」を別々で揃える程拘る必要はありませんが、最低限マイクとスピーカーの役割を果たす「ヘッドセット」くらいは用意する事をおすすめします。

おすすめのヘッドセットは「ロジクール H111r」です。Amazonで1,200円で購入できて、必要最低限の機能を備えたコスパの良い商品です。

カメラはパソコンに標準で搭載されている物で大丈夫ですが、標準搭載されていないPCを使っているようでしたら必ず購入しましょう。

カメラでおすすめなのは、「ロジクール C270n」です。こちらも、2,100円で購入できて720pの画質に対応で必要最低限の機能を備えたコスパの高い商品です!

Web会議ソフト(アプリ)に関するまとめ

今回の記事のまとめ
  • 選び方のポイント①「画質がHD以上のソフトを選ぶ」
  • 選び方のポイント②「セキュリティ性が高いソフトを選ぶ」
  • 選び方のポイント③「基本無料のソフトを選ぶ」
  • 最もおすすめのWeb会議ソフトは「Microsoft Teams」

今回の記事では、Web会議ソフト(アプリ)22種を8つの項目で比較して、特におすすめの5つをランキング形式で紹介してきました。

Web会議ソフト(アプリ)を選ぶ時は「画質がHD以上」「セキュリティ性が高い」「基本無料」の3つのポイントを意識して選ぶことが大切です。

特に、個人で使うのであれば必ず「基本無料」のソフトを選びましょう。また、zoom爆撃のような事件があったことからセキュリティ性にも目を向ける必要があります。

最低限、Web会議参加者の承認・非承認を選択できるWeb会議ソフト(アプリ)を利用するようにしましょう。

上記3つのポイントで22種のWeb会議ソフト(アプリ)を見た結果、Microsoftが提供する「Microsoft Teams」が最もおすすめです。

Microsoft Teamsは、基本無料で使えますし無料ソフトの中では珍しくHDよりも画質が高いFHD画質でのWeb会議が可能です。

また、ビジネスユースにも対応できるセキュリティ性があります。個人利用なら、基本無料でビジネスレベルの高品質な機能が利用できる非常におすすめのソフトです!

以上、ここまで読んでくださりありがとうございました。この記事がWeb会議ソフト(アプリ)選びの参考になれば幸いです。

ランキングに戻る


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA