インターネット事情

usen speed testの「級」の種類や順位は?ドラゴン級を出すには?

編集部ダイゴ
編集部ダイゴ
「usen speed testの結果が悪い…」「usen speed testの級の順位付けは?」など気になってusen speed testについて調べている人は多いようですね…!

私もusen speed testをよく使いますが、毎度ドラゴン級かクロヒョウ級だけどこの2つってどう違うの?と気になることが多いです。

そこで今回の記事では、usen speed testの級の種類と順位付けやドラゴン級を出す為の方法などについてまとめていきます。

最後まで読んでいただければ、usen speed testの級についてや回線速度を上げる方法などについて理解出来ます。是非参考にしてくださいね。

usen speed testの級の種類と順位付けについて

速度
ドラゴン

40Mbps~
クロヒョウ

15Mbps~40Mbps
ウサギ

6Mbps~15Mbps
ニンゲン

1Mbps~6Mbps
パンダ

0.1~1Mbps
ハムスター

不明
カメ

不明

※速度については独自に調査した値で若干のずれがある可能性があります。

usen speed testの級は「ドラゴン」「クロヒョウ」「ウサギ」「ニンゲン」「パンダ」「ハムスター」「カメ」の7種類です。

級による速度の速さは、ドラゴン級が最も早くカメが最も遅いです。ハムスター級とカメ級は0.01Mbpsなど超低速の場合の級なので最近の回線では見る事は無いと思います。

光回線であれば、ドラゴン級〜クロヒョウ級程度の速度がでるのが普通です。ADSL回線の場合、時間によってはニンゲン級程度まで速度が低下することもあります。

通信速度が今回紹介した基準と比べてあまりに遅い場合は、ルーターの故障や回線の不調を疑ってみる事をオススメします。

usen speed testでドラゴン級を出すためには…?

ドラゴン級を出す為の方法
  • 光回線を契約する
  • プロバイダを変更する

このパートでは、usen speed testでドラゴン級を出す方法について紹介していきます。

基本的に、回線速度を一気に早くするためには回線自体を切り替える方法になります。そのため、回線を切り替える方法について紹介していきます。

今の回線のままドラゴン級を目指したい!という人は次の「回線速度を早くするためにチェックすべき3つのポイント」のパートをチェックして下さい!

ドラゴン級を出す方法①:光回線を契約する

光ファイバーの画像
自宅の回線がADSLやWiMAX回線の場合、きちんとした光回線を契約することをおすすめします。

昔までは高額で必要無いと感じることも多かった光回線ですが、最近では価格競争が始まりADSLと同程度の金額で契約出来るようになりました。

Youtubeを始めとする動画サイトやネットゲームなど、インターネット上のコンテンツも光回線前提で設計されることも増えてきています。

そのため、ドラゴン級を目指す方法としてまずは回線を光回線に切り替えることをおすすめします。

ドラゴン級を出す方法②:プロバイダの変更

Changeのイメージ画像
既に光回線を契約しているのにネットの速度が出ない場合、プロバイダに原因がある場合があります。

プロバイダとは、インターネット回線を供給する業者のことです。

契約者数が多いプロバイダはそれだけ通信する人も多いので、回線上で渋滞が起こって速度が低下してしまいます。

そのため、光回線を契約しているのに通信速度が出ない場合はプロバイダを切り替えることで速度がでるようになることが多いです。

プロバイダ別の光回線の速度の実測値については、次のサイトで集計されているのでプロバイダ選びの参考にしてください。

プロバイダ別速度実測値を確認する

回線速度を早くするためにチェックすべき3つのポイント

回線速度を早くするための3つのチェックポイント
  • ルーターの性能は十分か?
  • ルーターの設置場所は良いか?
  • Wi-Fiが混線していないか?

このパートでは、回線を切り替えずに回線速度を早くするための3つのチェックポイントについて解説します。

回線自体の速度は出ているのに何らかの原因で、通信速度が遅くなってしまっていることがあります。

このパートで紹介する箇所をチェックすることで回線速度が出ない原因を取り除くことができる場合があるので是非参考にしてください。

チェックポイント①:ルーターの性能は十分か?

ルーターの画像
多くの人がインターネットに接続するために、家に無線LANルーターを設置していると思います。

まず、無線LANルーターからPCまでの距離が離れている場合ですがルーターのアンテナの本数を確認しましょう。

アンテナの本数は部屋の壁の枚数×1本です。アンテナの本数が少ないと電波がしっかりと届かずインターネット通信の速度が低下します。

次に、LANケーブルを接続するポートの仕様を確認しましょう。現状光回線の通信速度は1GBpsが一般的です。

そのため、1000BASE-Tに対応している無線LANルーターでなければ性能を発揮しきれません。

最後に、無線LAN自体の通信速度を確認しましょう。一般的な製品の場合2.4GHz帯と5.0GHz帯の2つの周波数での通信速度が表記されています。

光回線であれば、最低でも450Mbpsできれば600Mbpsのルーターを選択すると速度がきちんと出るはずです。

チェックポイント②:ルーターの設置場所は良いか?

ルーターの設置場所良い例の画像
光回線の回線速度を早くするためのチェックポイント2つめは、ルーターの設置場所です。

無線LANルーターは電波でPCやスマホと通信してインターネットに接続しているため電波を遮る環境に設置すると通信速度が低下します。

無線LANルーターの周りに壁があると電波が遮られて通信低下します。無線LANルーターの設置場所はなるべく壁が無くて開けた場所にしましょう。

メインで使っているPCに近い場所に設置できると最もBESTです…!

チェックポイント③:Wi-Fiが混線していないか?

混線のイメージ画像
光回線の回線速度を早くするためのチェックポイント3つめは、Wi-Fiが混線していないかです。

最近では2.4Ghzと5.0GHzの2つの周波数帯に対応した無線LANルーターが増えてきました。ですが、一昔前の安価な無線LANルーターは2.4GHz帯にしか対応していないことが多いです。

2.4Ghz帯の周波数帯域は、Blue toothや電子レンジが使っている電波と同じ周波数帯域です。そのため、無線LANルーターの近くにBlue tooth機器や電子レンジがあると電波が干渉して速度が低下します。

2.4GHz帯にしか対応していない無線LANルーターを使用している場合、安い物でも良いので2.4GHzと5Ghzの両方に対応しているルーターを購入する事をおすすめします。

まとめ

今回紹介したこと
  • usen speed testの級はドラゴン〜カメの7種類
  • ドラゴン級かクロヒョウ級なら満足に速度がでています
  • 速度が満足にでていない場合回線を光回線に切り替えましょう
  • 光回線を契約しているのに速度が出ない場合プロバイダを変更しましょう
  • 回線を変更せずに速度を出したい場合ルーターを見直すのがおすすめです

今回は、usen speed testの級の順位付けやドラゴン級を出す為の方法について紹介してきました。

usen speed testにはドラゴン〜カメの7種類の級があります。一般的な光回線を契約している場合ドラゴン級かクロヒョウ級の速度がでるはずです。

usen speed testで満足に速度が出ない場合回線の切り替えかプロバイダの切り替えをおすすめします。

特に、光回線を契約しているのに速度が出ない!という人は多いようで、そういった場合なるべく契約者数の少ないプロバイダに乗り換えることをおすすめします。

また、回線を変更せずに速度を出したい場合は一度無線LANルーターを見直してみることをおすすめします。

回線自体はしっかりしているのに無線LANルーターのせいで速度が出ない場合も多いので、「ルーターの性能」「ルーターの設置場所」「電波の混線」の3つのポイントは最低限チェックしてみましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA