【10社比較!】海外用レンタルWi-Fiルーターのおすすめを徹底解説

タイ旅行を快適に!おすすめのレンタルポケットWi-Fiを徹底比較

バンコクの風景
hiroshi
hiroshi
こんにちは、「なるほどWi-Fi」編集部のhiroshiです。

タイ旅行にポケットレンタルWi-Fiを持っていくと、お店を調べたり地図を見るのが快適なので非常におすすめです。

ただ、タイで使えるレンタルWi-Fiは種類が多いため、このページではどのWi-Fiを選べば良いのか比較しながら解説しています。

快適なタイ旅行を楽しむために、ぜひ参考にしてみて下さい。

タイでおすすめのレンタルWi-Fiを今すぐチェック

タイ旅行でのレンタルWi-Fiルーターを選ぶ時の3つのポイント

タイ旅行の風景

タイ旅行で使うレンタルWi-Fiルーターをどのように選べばいいのか、3つのポイントに分けてまとめました。

Wi-Fi業者によって特徴がかなり異なるため、良いWi-Fiサービスを使うために参考にしてみて下さい。

1:安心できる企業が運営しているか

Wi-Fiサービスはいろいろな会社が運営しているため、安易に安いだけのサービスに手を出すのはおすすめできません。

可能な限り、安心感のあるサービスを選ぶ必要があります。見極め方としては、規模の大きくWi-Fiサービスの運営歴の長い会社を選ぶようにしましょう。

2:4G回線が使えるか

4G回線が対応しているかをチェックすると、旅の快適度がかなり変わってきます。

タイで3G回線を使うと、かなり速度が遅いためストレスを感じます。4G回線であれば、タイでもかなり速いスピードで通信することができるため、地図を見るのもサクサク動いてくれます。

3:サポートが充実しているか

サービスによって、サポート体制がかなり違うためチェックした方がおすすめです。

例えば、電話対応しかないWi-Fi業者もありますが、渡航先から電話しようとすると通常の電話回線が使えないため非常に苦労します。サポートが充実している業者の場合、LINEやメールでもすぐに対応してくれるため、このあたりを確認しておくと安心です。

タイでレンタルできるWi-Fiルーターを比較しました

商品名 安心度 4G回線 サポート
グローバルWiFi
イモトのWiFi
グローバルモバイル
ワイホー(Wi-Ho!)
エクスモバイル

タイのレンタルWi-Fiルーターおすすめランキング!

上記の比較表を含めて、タイで使えるレンタルWi-Fiルーターを人気5商品でランク付けしました。

「Wi-Fi選びで失敗せずにタイ旅行を楽しみたい!」という方の参考になれば嬉しいです。

1位:グローバルWiFi

グローバルWi-Fi
価格(1日あたり) 970円 / 250MB (4G)
1,170円 / 500MB (4G)
1,370円 / 1GB (4G)
670円 / 250MB (3G)
970円 / 500MB (3G)
評価
備考 知名度が高く安心 / LINEサポートあり / 24時間365日サポート対応 / プランが5つから選べる / 受取空港が最多/ 返却ボックス利用可 / 現地の人と同じ回線を使える / 通信が安定 / 充電器が無料で貸出 / 補填オプション200~500円 / 申込期限は最短で出発日の前日15時まで / 空港ですぐ受取&返却完了 / タイのほぼ全域をカバー

グローバルWi-Fiは、サポート体制が非常に充実したレンタルWi-Fiサービスです。

24時間365日で電話・メール・LINE対応をしてくれるため、タイに行っている最中も非常に安心感が高いです。

バンコク・ノンタブリー・パーククレット・ハートヤイ・ウドーンターニー・チェンマイなど、ほぼ全ての地域で利用することができ、4GーLTE回線も利用できるため快適です。

また、現地の通信会社と提携しているため、タイの回線をそのまま利用することができ、通信がとても安定しています。

タイで使うレンタルWi-Fiに迷ったらグローバルWi-Fiはとてもおすすめですよ。

グローバルWiFiの受取空港一覧
  • 新潟空港
  • 小松空港
  • 伊丹空港
  • 関西国際空港 第1ターミナル
  • 関西国際空港 第2ターミナル
  • 福岡空港
  • 宮崎空港
  • 鹿児島空港
  • 那覇空港
  • 旭川空港
  • 新千歳空港
  • 仙台空港
  • 成田国際空港第1ターミナル
  • 成田国際空港第2ターミナル
  • 羽田空港国際線ターミナル
  • 静岡空港
  • 部国際空港(セントレア)
  • 歌舞伎城(新宿)

グローバルWi-Fiの公式サイトを見る

2位:イモトのWiFi

イモトのWi-Fi
価格(1日あたり) 1,280円 / 500MB (4G)
1,580円 / 1GB (4G)
680円 / 500MB (3G)
評価
備考 3プランから選べる / 4G回線あり / アジア周遊プランあり / 盗難紛失補償あり / 返却ボックスでスピード返却可能/ 知名度が高い / 7箇所で受取可能 / 予備バッテリー250円 / 出発日2日前までの申し込み / 補填オプション300円

イモトのWi-Fiは3つのプランから選ぶことができ、それぞれ4G回線と3G回線を利用することが可能です。

対応範囲も広く、【バンコク・プーケット・パタヤ・チェンマイ・アユタヤ・シラチャ・チョンブリ・サムイ島・ラヨーン・サムイ・クラビ・チェンライ・ホアヒン】で利用可能です。

また、盗難&紛失補償が充実しており、300円で全額補償をうけることが可能です。また、500円の補償にアップグレードすると、自分の荷物や航空機遅延に関しても補償を受けることが可能で、とても安心感が高いです。

補償に関して重点をおきたい方には、イモトのWi-Fiはとてもおすすめです。

イモトのWiFiの受取空港一覧
  • 新千歳空港
  • 成田国際空港
  • 羽田空港
  • 中部国際空港セントレア
  • 関西国際空港
  • 関西国際空港 (空港ロッカー受取)
  • 福岡空港

イモトのWi-Fiの公式サイトを見る

3位:グローバルモバイル

グローバルモバイル
価格(1日あたり) 590円/無制限
評価
備考 最大連続通信4時間 / 通信容量無制限 / 10台同時接続可能 / / 料金最安 / 受取空港4箇所 / 補填オプション200円 / バッテリー100円 / 前日17時まで申込 / 4G対応

グローバルモバイルの「タイDATA」というプランは、タイで通信容量無制限で使えるプランです。

1日590円で、10台同時接続可能ですが、連続通信時間が最大4時間と短いです。

料金だけ見るとかなりコストパフォーマンスは良さそうですが、外でずっと使用するとなると5時間では短いため注意が必要です。

短時間で沢山の通信量を消費する場合(youtubeなど)はおすすめのレンタルWi-Fiサービスです。

グローバルモバイルの受取空港一覧
  • 成田国際空港内第一ターミナルQLライナーカウンター(4F 南ウイング)
  • 成田国際空港内第二ターミナルQLライナーカウンター(3F)
  • 羽田空港国際線ターミナルJALエービーシーカウンター(3F出発カウンター)
  • 中部国際空港セントレア分室郵便局(1F)
  • 関西国際空港ターミナルビル内郵便局(2F南)

グローバルモバイルの公式サイトを見る

4位:ワイホー(Wi-Ho!)

ワイホー
価格(1日あたり) 1,780円/無制限 (4G)
1,180円/1GB (4G)
980円/500MB (4G)
680円/250MB (4G)
評価
備考 4つのプランから選べる / 補填オプション200円 / 予備バッテリー200円 /最短前日の正午まで受付 / 6空港で受取可能 / 4G回線のみ / 容量無制限プランあり

ワイホーは、4G回線のプランを4つの中から選ぶことができます。

Wi-Fiルーターによって最大通信時間や同時接続台数が異なります。GlocalMe製のルーターを選べば、最大通信時間が15時間とかなり長く使うことができ、外出先でも安心です。

アジア全土で使える「アジア周遊プラン」や、世界中で使える「世界周遊プラン」もあり、タイ以外も渡航する場合はコストパフォーマンスの良いプランになっています。

ワイホー(Wi-Ho!)の受取空港一覧
  • 成田空港
  • 羽田空港
  • 新千歳空港
  • 中部空港
  • 関西国際空港
  • 福岡空港

ワイホー(Wi-Ho!)の公式サイトを見る

5位:エクスモバイル

エクスモバイル
価格(1日あたり) 1,100円/500MB (4G)
850円/300MB (4G)
650円/200MB (3G)
評価
備考 4G回線あり / 同時接続1台 / 連続通信時間4~6時間 / 下り最大21Mbps / 3プランから選べる / 無断延滞料金150%

エクスモバイルは、3つのプランから選ぶことができます。

4G回線はありますが、ルーターの連続接続時間が4~6時間なため、スペックとしては低めです。

また、注意点として200MBのプランは3G回線しか使えないため、最大速度が21Mbpsとかなり遅めになります。

選ぶのであれば、300MBか500MBのプランが現実的です。また、無断延滞をするとレンタル料金の150%を請求されてしまうため、注意しましょう。

エクスモバイルの受取空港一覧
  • 成田空港 第一ターミナル
  • 成田空港 第二ターミナル
  • 羽田空港(国際線)
  • 関西国際空港
  • 中部国際空港(セントレア)
  • 福岡空港(国際線)
  • 新千歳空港(国際線)

エクスモバイルの公式サイトを見る

タイの無料Wi-Fi事情ってどうなの?

ビーチとスマホ

タイ国内の無料Wi-Fi事情について解説しておきます。

タイには、無料Wi-Fiである「free public wi-fi」というものがあります。

事前登録しておけばタイに渡航した際使えるようになりますが、登録には現地のサービスセンターでパスポートを提示するか、英語サイトでパスポート番号を入力する必要があります。

上記で登録したアカウントは6ヶ月間有効で、1度の接続で2時間使うことができます。都市部にかなり飛んでいるので良さそうですが、速度はあまり速くないです。

カフェでは、スタバやマクドナルドはもちろん、Cafe Amazonなども無料Wi-Fiがあります。

外を歩いているときはレンタルWi-Fiを使い、施設の近くにいるときは無料Wi-Fiを併用するというのが賢い使い方になります。

ただ、私は無料Wi-Fiの速度が遅くてイライラした経験があったので、レンタルWi-Fiの容量を多めにしてずっとレンタルWi-Fiで接続しています。参考にしてみて下さいね。

レンタルWi-Fiルーターはタイ現地で借りれる?

タイの風景

タイの空港などでWi-Fiルーターを借りれるのかについて解説しておきます。

スワンナプーム国際空港には、「Rental WIFI」などの業者があり、そちらのカウンターでWi-Fiルーターをレンタルすることが可能です。

料金は日本で借りていくのと同等か、若干割高になってしまいます。また、ホテルで受け取る場合は追加料金がかかります。

補償や安心感を考えると、国内で借りていく方がラクなためおすすめです。

タイ旅行にレンタルWi-Fiは本当に必要か?

タイのワット・アルン

タイ旅行にレンタルWi-Fiが本当に必要か、検証していきます。

ターミナル21という大きい商業ビルの付近では、比較的速いWi-Fiを使うことができますが、施設から離れると使えなくなります。そのため、気になったお店や地図を見たい場合、ポケットWi-Fiがないと不便に感じることは多いです。

また、タイで飛んでいる公共のWi-Fiは遅いものが多く、普段4G回線に慣れている方はかなりストレスを感じると思います。

少しお金をかけてでもタイ旅行を快適にしたいのであれば、ぜひレンタルWi-Fiを借りていくことをおすすめします。旅のグレードが1段階も2段階もアップしますよ。

参考:タイ国政府官公庁

タイ旅行でのWi-Fiレンタルについてまとめ

タイ旅行のWi-Fiについてまとめ
  • 安心できる企業が運営しているWi-Fiサービスを選ぶ
  • 4G回線が使えるかチェックする
  • サポート体制が充実しているかをチェックする
  • タイには無料Wi-Fiもあるが速度は遅め
  • 現地でもWi-Fiをレンタルできるが若干割高になる
  • タイにあるWi-Fiは基本的に速くないため、レンタルWi-Fiがあった方が快適に楽しめる

タイ旅行でWi-Fiに迷ったらグローバルWi-Fiで決まり!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA