【17社比較】海外用レンタルWi-FiルーターおすすめBEST10を徹底解説!

【無制限あり】台湾(台北)で使えるおすすめのレンタルWi-Fiを5つ解説!

台北の風景

hiroshi
hiroshi
こんにちは、「なるほどwifi」編集部のhiroshiです。

小籠包・マンゴー・タピオカミルクティーなどおいしいものがたくさんある台湾!日本でもお店にすごい列ができるほどタピオカがブームになりましたよね。

そんな台湾(台北)では無料Wi-Fiが比較的充実しています。ただ無料Wi-Fiだけでは移動しながらの利用はなかなか難しいですよね。そこで活用したいのがレンタルWi-Fi!

海外レンタルWi-Fiがあると調べたいときにすぐに調べられるから観光をより楽しむことができますよ。

この記事では、台湾(台北)旅行で使えるレンタルWi-Fiを比較し、どれがおすすめなのかを検証しています。

さらに、おすすめのレンタルWi-Fiを5位までまとめているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

台湾でおすすめのレンタルWi-Fiを今すぐチェック

台湾(台北)旅行で使用するレンタルWi-Fiの選び方3つを解説!

ここでは、台湾(台北)を旅行する際にレンタルポケットWi-Fiをどう選べば良いか、3つのポイントに分けて解説しています。

これらのポイントに気をつけてレンタルWi-Fiを選べば大きく失敗することはないので、ぜひ参考にしてみてください。

1、空港でのWi-Fi機器の受取・返却が可能なこと

利用する国内の空港でレンタルwifiの受取ができるかを確認しましょう。例えば、成田や関空は基本的に対応しているサービスがほとんですが、福岡空港や札幌空港などは対応していないサービスもあります。

また、返却する際は返却ボックスがありと便利ですよ。長旅から帰ってきて疲れているのに、空港のカウンターで並んで返却するとなると大変ですよね。

返却ボックスならWi-Fiルーター一式をポストに投函するだけなので、とても簡単に済ませられますよ。

2、料金プランが豊富なこと

料金プランが豊富にあるレンタルWi-Fiを選びましょう。料金プランが少ないと自分が使う容量よりも少ないor多いプランを選ぶことになってしまうので、満足に利用できなかったり、余分な料金を支払うことになってしまい兼ねません。

使用する容量にあったプランを選べることでコストパフォーマンスも良くなりますし、余分なお金を払わずに済みますよ。ですので、プランが複数あるのか確認することをおすすめします。

3、サポートが充実していること

最後にチェックしたいのはサポート内容です。サポートが充実しているレンタルWi-Fiだと万が一の際も安心です。

どうしても海外だとトラブルが起こったときに心配になってしまいますよね。サポート対応が充実していると24時間365日時間や場所を気にすることなく相談することができますよ。

また、電話やメールだけでなく、LINEやSkypeなどからでも問い合わせに対応していると気軽にできるのでおすすめです。

【無制限ありは14社】台湾(台北)で使えるレンタルWi-Fiルーター18社を徹底比較!

プラン 空港受取 サポート体制
グローバル
WiFi

6プラン
・無制限プラン(4G):1日1,870円
・1.1GB(4G)/日:1日1,370円
・600MB(4G)/日:1日1,170円
・300MB(4G)/日:1日970円
・600MB(3G)/日:1日970円
・300MB(3G)/日:1日670円
全国18箇所の空港で可能 電話
メール
LINE
Skype
プラン 空港受取 サポート体制
イモトの
WiFi

7プラン ×
・無制限プラン(4G):1日2,080円
・1GB/日(4G):1日1,580円
・500MB/日(4G):1日1,080円
・500MB/日(4G):30日19,500円
・1GB/日(3G):1日980円
・500MB/日(3G):1日680円
・500MB/日(3G):30日14,200円
全国6箇所の空港で可能 電話
メール
プラン 空港受取 サポート体制
台湾DATA
(グローバルモバイル)
2プラン × ×
・無制限プラン(4G):1日590円
・1ヶ月(4G):15,000円
全国4箇所の空港で可能 電話
メール
プラン 空港受取 サポート体制
ワイホー
(Wi-Ho!)

4プラン ×
・無制限プラン(4G):1日1,590円
・1GB(4G)/日:1日1,090円
・500MB(4G)/日:1日890円
・300MB(4G)/日:1日590円
全国7箇所の空港で可能 電話
メール
プラン 空港受取 サポート体制
エクスモバイル
3プラン
・500MB/日:1日850円
・300MB/日:1日750円
・200MB/日:1日550円
全国6箇所の空港で可能 電話
メール
LINE
Skype
プラン 空港受取 サポート体制
フォートラベル
6プラン
・無制限プラン(4G):1日448円
・1.1G(4G)/日:1日288円
・600MB(4G)/日:1日287円
・300MB(4G)/日:1日207円
・600MB(3G)/日:1日170円
・300MB(3G)/日:1日160円
全国18箇所の空港で可能 電話
メール
LINE
Skype
プラン 空港受取 サポート体制
jetfi
4プラン ×
・無制限プラン:1日1,580円
・1GB/日:1日1,280円
・500MB/日:1日980円
・350MB/日:1日680円
(別途受取手数料や返却パック料金が必要)
全国10箇所の空港で可能 電話
メール
プラン 空港受取 サポート体制
Lucky wifi
1プラン ×
無制限プラン:1日550円 全国7箇所の空港で可能 電話
メール
プラン 空港受取 サポート体制
Fast-fi
6プラン × ×
・1GB/日:1日980円
・500MB/日:1日560円
・350MB/日:1日350円
・30日間500MB/日:13,500円
・60日間500MB/日:26,000円
・90日間500MB/日:36,000円
全国3箇所の空港で可能 電話
メール
プラン 空港受取 サポート体制
JAL ABC
1プラン × ×
1日1,000円(3G/4Gデータ使用量無制限) 全国4箇所の空港で可能 なし
プラン 空港受取 サポート体制
テレコムWi-Fi
3プラン ×
・無制限プラン:1日1,700円
・1GB/日:1日1,200円
・500MB/日:1日700円
全国7箇所の空港で可能 電話
プラン 空港受取 サポート体制
ワールドDATA
(グローバルモバイル)
2プラン × ×
・500MB/日(3G/4G)1日1,180円
・1ヶ月(3G/4G):24,000円
全国4箇所の空港で可能 電話
メール
プラン 空港受取 サポート体制
アジアンデータ
(グローバルモバイル)
4プラン × ×
・無制限プラン:1日980円
・マンスリープラン:24,000円
・500MB/日:1日880円
・マンスリープラン:21,000円
全国4箇所の空港で可能 電話
メール
プラン 空港受取 サポート体制
iVideo
8プラン ×
・亞太電信 4G LTE 使い放題:1日199円
・台湾大哥大 4G LTE 使い放題:1日212円
・中華電信 4G LTE 使い放題:1日224円
・中華電信 4G LTE 使い放題【 充電能力強化Ver. 】:1日232円
・台湾大哥大 4G LTE 使い放題【 充電能力強化Ver. 】:1日240円
・遠伝電信 4G LTE 使い放題【 充電能力強化Ver. 】:1日212円
・遠伝電信 4G LTE 使い放題:1日212円
・世界137ヶ国周遊 4G LTE 使い放題:1日1692円
全国6箇所の空港で可能 メール
プラン 空港受取 サポート体制
88mobile
3プラン × ×
・1GB/日:1日3,750円+送料
・600MB/日:1日1,680円+送料
・300MB/日:1日1,170円+送料
全国4箇所の空港で可能
(ただし別途料金が必要)
電話
メール
プラン 空港受取 サポート体制
SAKURAモバイル
1プラン × ×
無制限プラン:1日680円 全国5箇所の空港で可能 電話
メール
プラン 空港受取 サポート体制
kkday
2プラン ×
・無制限プラン(桃園国際空港・台北松山空港・高雄国際空港受け取り・返却):1日690円
・無制限プラン(桃園空港受け取り・返却):1日140円
台湾の空港3箇所で受け取り可能 不明
プラン 空港受取 サポート体制
wifiROBO
1プラン
無制限プラン:1日290円
(別途送料が必要)
なし 不明

台湾で使える18社の海外Wi-Fiを比較しました。受取空港の箇所では、「グローバルWi-Fi」が圧倒的に多かったですね。また、料金プランも多いため、自分に合ったものを選択しやすくなっていますよ。

レンタルWi-Fiによって、それぞれ特徴があるのでニーズに合ったものを選ぶようにしてくださいね。それでは、次におすすめのレンタルWi-Fiを5つランキング形式でご紹介していきます。

台湾(台北)レンタルWi-Fiのおすすめランキングトップ5!

上記の比較表を含めて、台湾(台北)で使えるレンタルWi-Fiルーターをトップ5までご紹介していきます。

「Wi-Fi選びで失敗せずに台湾(台北)旅行を楽しみたい!」という方は、ぜひこの中から最適のレンタルWi-Fiを見つけてみてくださいね。

1位:グローバルWiFi

Global-WiFi
価格(1日あたり) ・無制限プラン(4G):1日1,870円
・1.1GB(4G)/日:1日1,370円
・600MB(4G)/日:1日1,170円
・300MB(4G)/日:1日970円
・600MB(3G)/日:1日970円
・300MB(3G)/日:1日670円
評価
備考 プランが6つから選べる / 受取空港が最多/ 返却ボックス利用可 / 知名度が高く安心 / 現地の人と同じ回線を使える / 通信が安定 / 充電器が無料で貸出 / 補填オプション200~500円 / 申込期限は最短で出発日の前日15時まで / 空港ですぐ受取&返却完了

グローバルWi-Fiはメディアにも多く掲載されており、安心度の高いレンタルWi-Fiです。プランは6つの中から選ぶことができます。無制限があることや回線速度が3G・4Gから選べるので用途に合ったプランが選びやすいのがポイントです。

回線は、台湾現地の方と同じ回線を使用することができるため、非常に安定した通信でスマホを使うことができます。台北はもちろん、新北・台中・台南・高雄、台湾全域で快適に利用できますよ。

また、空港受け取り数が最多であることやサポートが充実していることから初心者でも利用しやすいようになっています。

台湾に行く際にポケットWi-Fiを借りるのであれば、安心して利用できるグローバルWi-Fiがイチオシですよ。

グローバルWiFiの受取空港一覧
  • 新潟空港
  • 小松空港
  • 伊丹空港
  • 旭川空港
  • 新千歳空港
  • 仙台空港
  • 成田国際空港第1ターミナル
  • 成田国際空港第2ターミナル
  • 羽田空港国際線ターミナル
  • 渋谷ちかみち
  • 静岡空港
  • 中部国際空港(セントレア)
  • 関西国際空港 第1ターミナル
  • 関西国際空港 第2ターミナル
  • 大分空港
  • 北九州空港
  • 鹿児島空港
  • 福岡空港
  • 宮崎空港
  • 那覇空港

グローバルWi-Fiの公式サイトを見る

2位:イモトのWiFi

イモトのWiFi
価格(1日あたり) ・無制限プラン(4G):1日2,080円
・1GB/日(4G):1日1,580円
・500MB/日(4G):1日1,080円
・500MB/日(4G):30日19,500円
・1GB/日(3G):1日980円
・500MB/日(3G):1日680円
・500MB/日(3G):30日14,200円
評価
備考 知名度が高い / 6箇所で受取可能 / 予備バッテリー250円 / 出発日2日前までの申し込み / 補填オプション300円

イモトのWi-Fiは、台北だけでなく、高雄・台中・新竹・台南・桃園・松山・中歴・麦寮で利用することができます。

プランは3G回線と4G回線でそれぞれ2つのタイプから選ぶことができます。データ容量に関しても無制限プランがあるからデータ容量を気にせずたっぷり使うこともできますよ。

また、台湾だけでなく複数国行く場合にも、世界周遊プランがあるので安心ですよ。さらに、盗難・紛失時の補償・充電器・翻訳機などのオプションも充実しているので安心して利用できますよ

イモトのWiFiの受取空港一覧
  • 新千歳空港
  • 成田国際空港
  • 羽田空港
  • 中部国際空港セントレア
  • 関西国際空港
  • 関西国際空港 (空港ロッカー受取)
  • 福岡空港

イモトのWi-Fiの公式サイトを見る\1月31日~3月31日の期間限定で50%0FFキャンペーン実施中!/

3位:台湾DATA(グローバルモバイル)

グローバルモバイル
価格(1日あたり) ・無制限プラン(4G):1日590円
・1ヶ月プラン(4G):15,000円
評価
備考 通信容量無制限 / 連続通信時間10時間 / 5台まで接続可能 / 受取空港4箇所 / 補填オプション200円 / バッテリー100円 / 前日17時まで申込

台湾DATA(グローバルモバイル)は、通信容量が無制限で価格が安いレンタルWi-Fiです。

台湾最大手通信会社の中華電信のWi-Fiルーターになります。ポケットサイズだから持ち運びが便利!さらに、5台まで同時接続可能なのでグループでシェアして利用したい際にもピッタリですよ。

現地で制限なくインターネットをたっぷり使いたい場合におすすめです。

台湾DATAの受取空港一覧
  • 成田国際空港内第一ターミナルQLライナーカウンター(4F 南ウイング)
  • 成田国際空港内第二ターミナルQLライナーカウンター(3F)
  • 羽田空港国際線ターミナルJALエービーシーカウンター(3F出発カウンター)
  • 中部国際空港セントレア分室郵便局(1F)
  • 関西国際空港ターミナルビル内郵便局(2F南)

台湾DATAの公式サイトを見る

4位:ワイホー(Wi-Ho!)

ワイホー
価格(1日あたり) ・無制限プラン(4G):1日1,590円
・1GB(4G)/日:1日1,090円
・500MB(4G)/日:1日890円
・300MB(4G)/日:1日590円
評価
備考 容量無制限プランあり / 最安590円~ / アジア全土で使えるプランあり / 4つのプランから選べる / 補填オプション200円 / 予備バッテリー200円 /最短前日の正午まで受付 / 7空港で受取可能

ワイホーは、テレコムスクエアという業者が運営しているレンタルWi-Fiです。全て4G回線なのが特徴で、無制限プランも用意されています。

200円で入れる保障パックや、モバイルバッテリーなどのオプションも充実しているので利用しやすいですね。

また、直前予約サービスなら申し込み後約30分で空港で受け取れるので当日レンタルにも対応しています。

価格が少し割高ではありますが、無制限プランを使いたい方や当日レンタルが必要な方におすすめです。

ワイホー(Wi-Ho!)の受取空港一覧
  • 羽田空港
  • 成田空港第1ターミナル
  • 成田空港第2ターミナル
  • 新千歳空港
  • 中部国際空港セントレア
  • 関西国際空港
  • 松山空港
  • 福岡空港

ワイホー(Wi-Ho!)の公式サイトを見る

5位:エクスモバイル

エクスモバイル
価格(1日あたり) ・500MB/日:1日850円
・300MB/日:1日750円
・200MB/日:1日550円
評価
備考 11都市で利用可能 / 3プランから選べる / 連続通信時間6時間~ / 下り最大150Mbps / 中華電信回線利用

エクスモバイルは、200MB・300MB・500MBの3プランから選べるWi-Fiサービスです。

それぞれの機種で2G・3G・4G回線の利用ができますが料金は変わりません。550円から利用できるため、価格が安いように見えますが、コスパはあまり良いとはいえません。最大容量に関しても500MBと少なめなので、大容量を使いたい方にもあまり向いていません。

利用可能エリアは11都市で利用できるため、カバー範囲は非常に広いです。台北ではなく、台東や花蓮に行く方などにはおすすめです。

エクスモバイルの受取空港一覧
  • 成田空港 第一ターミナル
  • 成田空港 第二ターミナル
  • 羽田空港(国際線)
  • 関西国際空港
  • 中部国際空港(セントレア)
  • 福岡空港(国際線)
  • 新千歳空港(国際線)

エクスモバイルの公式サイトを見る

台湾(台北)旅行で一番おすすめのレンタルWi-FiはグローバルWi-Fi!

Global-WiFi

台湾(台北)で利用できるレンタルWi-Fiは複数ありますが、一番おすすめなのはグローバルWi-Fiです。1日あたりの料金が安いだけでなく、サポートやサービスも充実しています。

6つの料金プランが用意されているので、滞在日数や目的などニーズに合わせてお得に利用することができますよ。

また、国内18空港での受け取りに対応していることで最寄りの空港で受け取りがしやすいですし、最短10秒で受け取りをすることも可能なのでとてもスムーズです。

さらに、在庫の状況次第では当日申し込みにも対応しているので、台湾旅行の前日にWi-Fiをレンタルするのを忘れていた場合でも機器が借りられる可能性があります。

どのレンタルWi-Fiを利用しようか迷っている人は、グローバルWi-Fiを選んでおけば失敗せずに済みますよ。

グローバルWi-Fi公式サイト

【iTaiwan・Taipei Freeは登録が必要?】台湾(台北)の無料Wi-Fi事情を解説!

SSID 備考
台北桃園空港 Airport Free Wi-Fi 無料。「Airport Free Wifi」に接続するだけ。
バス(國光客運) !BUS−FREE-Wi-Fi 無料。「!BUS−FREE-Wi-Fi」に接続するだけ
MRT(地下鉄)空港線 TyMetro 無料。30分の利用時間制限あり。
MRT(地下鉄) TPE Free AD Wi-Fi 無料。30分の利用時間制限あり。
iTaiwan(アイタイワン) iTaiwan 無料。台湾全土で利用可。空港のツーリストサービスセンター(旅客服務中心)でパスポートの提示が必要。
Taipei Free(台北フリー) 「TPE-Free」
「TPE-Free_CHT」
無料。台北市内で利用可。登録型Wi-Fi。現在登録不可だがiTaiwanのアカウントで利用可能。

台湾(台北)は無料Wi-Fiが充実しているのでWi-Fiスポットを見つけやすくなっています。主に空港・バス・地下鉄・ホテル・コンビニ・カフェや公共施設でも利用することができます。

また、無料Wi-Fiの中には政府が提供している「iTaiwan」や「Taipei Free」といった登録型のWi-Fiもあります。「iTaiwan」は台湾全土で「Taipei Free」は台北市内で利用できる無料Wi-Fiで、ホットスポットが多いのがポイントです。

しかし、「Taipei Free」に関しては、2018年4月より外国人観光客に開放されなくなったため現在登録ができなくなっています。

ですので「iTaiwan」のアカウントを取得しましょう。「iTaiwan」は台湾全土をカバーしていますし、アカウントがあれば「Taipei Free」のホットスポットも利用することができます。

「iTaiwan」の登録に関しては、現地空港到着後にIDを有効化する必要があります。空港のツーリストサービスセンター(旅客服務中心)でパスポートを提示して「パスポート番号」と「生年月日」を入力して登録を完了させましょう。

このように無料Wi-Fiが充実しているのは旅行者からしたらメリットですが、滞在期間中のインターネット接続を全てこれらでまかなうのは正直厳しいと思います。

無料Wi-Fiは多くの人が利用するので利用制限があったり、速度が遅かったり、セキュリティに関しても甘かったりするので注意が必要です。

参考:Taipei Free登録ページ(中文)iTaiwan登録ページ

  • 「iTaiwan」の事前登録は特別しなくても大丈夫
  • 空港の旅客服務中心にパスポートを提出するだけでOK
  • 使用したい場所で必ずホットスポットがあるわけではない

台湾の(台北)のホテルでは無料Wi-Fiは使える?

無料Wi-Fi ホテルランク 備考
シーザーパーク タイペイ/凱撒大飯店 アメリカンスタイルのホテル。客室&ロビーWi-Fi利用無料。台北駅の6番出口と直結と立地がいい。少し古い。
アンバサダーホテル台北/台北国賓大飯店 客室&ロビーWi-Fi利用無料。有料プランあり。MRT雙連駅まで徒歩約5分。部屋が大きい。日本語対応現地スタッフ。
グリーンワールド 台北駅/洛碁大飯店驛 日系ホテル。全室Wi-Fi無料。MRT台北駅から徒歩約5分。日本語対応現地スタッフ。
サントスホテル/三徳大飯店 ホテル全館で無料Wi-Fi。MRT民権西路駅から徒歩5分。日本語対応現地スタッフ。Handy Phoneがあり。
リージェント台北/台北晶華酒店 高級ホテル。ホテル内全域でWi-Fi無料。MRT中山駅から徒歩約5分。日本語対応現地スタッフ。

人気の台北エリアにある台湾現地の人気ホテルを5つ表にまとめてみました。

台湾のホテルではWi-Fi環境が整備されていて、これらのホテルでもWi-Fiの利用は無料になっているので安心ですよ。また、立地が良く、日本語対応できるスタッフさんがいるといった点もうれしいポイントですね。

基本的にホテルに滞在中はホテルのWi-Fiを、外出時はレンタルWi-Fiを、と上手に使い分けするとデータの使いすぎで速度制限にかかる心配もないですよ。

ただし、ホテルによって通信速度はまちまちですので、あまり多くを期待しない方が無難でしょう。

台湾(台北)旅行にレンタルWi-Fiは本当に必要?

台北の風景台湾旅行を満喫するためにもレンタルWi-Fiの利用をおすすめします。台湾の無料Wi-Fi事情に関しては先ほどもご説明させていただきましたが、台湾政府が提供してる「iTaiwan」なら台湾全土をカバーしていますし、「Taipei Free」のホットスポットでも利用することができます。

そのため、無料Wi-Fiスポットが全然見つからなくて困るということはまずないでしょう。しかし、通信速度は遅いですし、利用したい場所に必ずホットスポットがあるとは限りません。

また、移動しながら使うこともできないので無料Wi-Fiだけでは観光するのにかなり不便です。無料で利用できるのはありがたいですが、満足に利用できないと意味がないですよね。

その点レンタルWi-Fiなら自分のタイミングでWi-Fiに繋くことができます。現地の情報収集からマップやSNS利用に至るまで快適にできるので観光をより楽しむことができますよ。

台湾では観光向けイベントなども多数開催されているので、ぜひレンタルWi-Fiを活用して台湾旅行を楽しんでみてくださいね。

参考:台湾観光局

【当日レンタル可は1社】台湾(台北)の桃園空港でWi-Fi現地レンタル対応は5社!

当日受け取り 現地受け取り 備考
グローバルWi-Fi 基本的に事前予約は3日前まで。6プラン。サポート充実。
フォートラベル 基本的に事前予約は3日前まで。6プラン。
iVideo 基本的に事前予約は前日まで。8プラン。
SAKURAモバイル 基本的に事前予約は前日まで。1プラン。
kkday 基本的に事前予約は前々日まで。2プラン。補償オプションなし。

台湾の現地でポケットWi-Fiはレンタルできるのかについて解説していきます。

台湾(台北)の桃園空港でレンタルWi-Fiの現地受け取りが可能なのは全部で5つです。遊客邦(Unite Traveler)というカウンターで対応していますよ。

現地受け取りは基本的には日本であらかじめ予約をしていく形ですが、「kkday」なら当日レンタルにも対応しています。日本でレンタルWi-Fiを予約し忘れた場合でも、現地でレンタルできる可能性があるのでいざという時は助かりますね。

ただ、補償オプションがないのでWi-Fiルーター機器の盗難・紛失・破損があった場合は賠償金を払う必要があります。

もちろん、何かあったときに日本語でサポート対応してくれるわけではないので安心してWi-Fi利用をしたい場合は、やはり「グローバルWi-Fi」が一番確実です。

台湾でインターネットを利用するならレンタルwifiか現地simカードのどちらがいいの?

料金 備考
台灣大哥大【4G SIMカード 無制限インターネット+通話料つき】 471円~ 台湾大手の台灣大哥大のSIMカード。台湾全土で利用可。プランは3~10日間で選択可能。桃園空港受取。チャージはできない。
台灣大哥大【4G SIMカード 無制限インターネット+通話料つき】 471円~ 台湾大手の台灣大哥大のSIMカード。台湾全土で利用可。プランは3~10日間で選択可能。台湾松山空港。チャージはできない。
台灣大哥大【4G SIMカード 無制限インターネット+通話料つき】 482円~ 台湾大手の台灣大哥大のSIMカード。台湾全土で利用可。プランは3~10日間で選択可能。高雄小港空港受取。チャージはできない。
中華電信【4GプリペイドSIMカード:ネット使い放題】 1,704円~ 台湾最大手・中華電信のSIMカード。カバーエリアが広い。プランは3~30日間で選択可能。桃園空港・台湾松山・台中・高雄各空港で受け取り可。チャージはできない。

一概にどちらがいいとは言えませんが、現地で確実に安心してインターネットを利用したいならレンタルWi-Fiをおすすめします。

ちなみに上記の表は台湾で利用できる「kkday」が扱っているsimカードをまとめたものです。

「kkday」で取り扱っているsimカードは2つ、台湾大手通信会社の「台灣大哥大」と「中華電信」です。

特徴としては、3~30日の間で4Gインターネットが使い放題で利用することができます。速度低下もしないので、気にせずインターネットを楽しめます。また、通話機能やテザリング機能も使えるので便利だと思います。

simカードを受け取る際は、電子バウチャーもしくは印刷したバウチャー、パスポート+搭乗券をスタッフに提示しましょう。

このようにsimカードは料金が安くてお得に利用できるといった面がありますが、現地でのやりとりや設定などが初心者からすると少しハードに感じるかもしれません。

また、simカード利用にはsimフリー端末でないと利用することができないので注意しましょう。

何度か台湾を訪れて慣れているなら別ですが、初めて行かれる場合や安心してWi-Fi利用をしたい場合は日本からレンタルWi-Fiを持って行く方がおすすめですよ。

台湾(台北)旅行でのWi-Fiレンタルについてまとめ

台湾(台北)旅行のWi-Fiについてまとめ
  • 台湾旅行の際にはWi-Fiルーターを借りるのがおすすめ!
  • 「iTaiwan(アイタイワン)」という無料Wi-Fiがあるが快適には使えない
  • 現地でもポケットWi-Fiをレンタルできるが保証面・サポート面が不安
  • simカードは初心者には少しハードルが高い
  • レンタルWi-Fiで一番おすすめできるのは「グローバルWi-Fi」

以上のような内容をお届けしましたがいかがでしたか?Wi-Fi利用はいくつか方法がありましたが、やはり日本からレンタルWi-Fiを持参していくのが簡単で安心できるのでおすすめです。

この記事を参考にあなたに最適なレンタルWi-Fiを見つけて、台湾旅行を存分に満喫してくださいね。

台湾でおすすめのWi-Fiランキングに戻る
イモトのWiFi-追従バナー


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA