【10社比較!】海外用レンタルWi-Fiルーターのおすすめを徹底解説

台湾(台北)で使えるレンタルWi-Fiを比較!おすすめはどれ?

台北の風景
hiroshi
hiroshi
こんにちは、「なるほどwifi」編集部のhiroshiです。

台北には無料Wi-Fiもありますが、ポケットWi-Fiがある方が美味しいお店を調べたり道に迷わずに楽しむことができます。

このページでは、台湾旅行で使えるレンタルWi-Fiを比較し、どれがおすすめなのかを検証しています。あなたの台湾旅行のサポートになれば嬉しいです。

台湾でおすすめのレンタルWi-Fiを今すぐチェック

台湾(台北)旅行で使用するレンタルWi-Fiの選び方3つ

ここでは、台湾(台北)を旅行する際にレンタルポケットWi-Fiをどう選べば良いか、3つのポイントに分けて解説しています。

これらのポイントに気をつけて選べば大きく失敗することはないので、ぜひ参考にして下さい。

1:出発空港での受取が可能なこと

出発空港で機器の受取ができるかを確認しましょう。例えば、成田や関空は基本的に対応しているサービスがほとんですが、福岡空港や札幌空港などは対応していないサービスもあります。

また、返却する際は返却ボックスで返せるものがおすすめです。長旅から帰ってきて疲れているのに、空港のカウンターで並んで返却するとなると大変なので、確認することをおすすめします。

2:料金プランが豊富なこと

料金プランが1つしかない場合、自分が使う容量よりも多い料金を払わなければならないパターンがあります。

使用する容量にあったプランを選べるとコストパフォーマンスも良くなりますし、余分なお金を払わずに済むため、プランが複数あるか確認することをおすすめします。

3:サポートが充実していること

最後にチェックしたいのはサポート内容やサービスの充実度合いです。サポートの内容や受け渡し時の対応はサービスによって大きく変わってきます。

Wi-Fiのレンタルに慣れていない人は、サービスの充実度合いを特に重視するようにしましょう!

台湾(台北)で使えるレンタルWi-Fiルーター21社を徹底比較!

プラン 空港受取 サポート体制
グローバル
WiFi

4プラン
・無制限プラン:1日1,776円
・1.1GB/日:1日1,301円
・600MB/日:1日1,111円
・300MB/日:1日636円
全国16箇所の空港で可能 電話
メール
LINE
Skype
プラン 空港受取 サポート体制
イモトの
WiFi

4プラン ×
・1GB/日(4G):1日1,580円
・500MB/日(4G):1日1,080円
・1GB/日(3G):1日980円
・500MB/日(3G):1日680円
全国6箇所の空港で可能 電話
メール
プラン 空港受取 サポート体制
台湾DATA
(グローバルモバイル)

1プラン × ×
1日590円(容量無制限) 全国4箇所の空港で可能 電話
メール
プラン 空港受取 サポート体制
ワイホー
(Wi-Ho!)

4プラン ×
・無制限プラン:1日1,590円
・1GB/日:1日1,090円
・500MB/日:1日890円
・300MB/日:1日590円
全国6箇所の空港で可能 電話
メール
プラン 空港受取 サポート体制
エクスモバイル
3プラン
・500MB/日:1日1,700円
・300MB/日:1日1,500円
・200MB/日:1日1,100円
全国6箇所の空港で可能 電話
メール
LINE
Skype
プラン 空港受取 サポート体制
フォートラベル
4プラン
・無制限プラン:1日890円
・1.1G/日:1日580円
・600MB/日:1日390円
・300MB/日:1日270円
(別途手数料500円が必要)
全国16箇所の空港で可能 電話
メール
LINE
Skype
プラン 空港受取 サポート体制
jetfi
3プラン ×
・1GB/日:1,280円
・500MB/日:980円
・350MB/日:680円
(別途受取手数料や返却パック料金が必要)
全国10箇所の空港で可能 電話
メール
プラン 空港受取 サポート体制
Lucky wifi
4プラン ×
1日550円(容量無制限) 全国7箇所の空港で可能 電話
メール
プラン 空港受取 サポート体制
Fast-fi
3プラン × ×
・1GB/日:1日1,180円
・500MB/日:1日580円
・350MB/日:1日350円
全国3箇所の空港で可能 電話
メール
プラン 空港受取 サポート体制
JAL ABC
1プラン × ×
1日1,000円(4G/データ使用量無制限) 全国4箇所の空港で可能 なし
プラン 空港受取 サポート体制
テレコムWi-Fi
3プラン ×
・無制限プラン:1日1,700円
・1GB/日:1日1,200円
・500MB/日:1日700円
全国7箇所の空港で可能 電話
プラン 空港受取 サポート体制
ワールドDATA
(グローバルモバイル)
2プラン × ×
・500MB/日(4G/3G):1日1,180円
・無制限プラン(3G/4G):1日590円
全国4箇所の空港で可能 電話
メール
プラン 空港受取 サポート体制
PUPURU
1プラン × ×
1日800円(500MB/日)
(別途配送料が必要)
全国4箇所の空港で可能 電話
メール
プラン 空港受取 サポート体制
アジアンデータ
(グローバルモバイル)
2プラン × ×
・無制限プラン:1日980円
500MB/日:1日880円
全国4箇所の空港で可能 電話
メール
プラン 空港受取 サポート体制
iVideo
1プラン ×
1日420円(容量無制限) 全国6箇所の空港で可能 メール
プラン 空港受取 サポート体制
88mobile
3プラン × ×
・1GB/日:1日3,750円+送料
・600MB/日:1日1,680円+送料
・300MB/日:1日1,170円+送料
全国4箇所の空港で可能
(ただし別途料金が必要)
電話
メール
プラン 空港受取 サポート体制
SAKURAモバイル(FUN Wifi)
1プラン × ×
1日680円(容量無制限) 全国5箇所の空港で可能 電話
メール
プラン 空港受取 サポート体制
kkday
1プラン ×
1日360円(容量無制限) 台湾の空港3箇所で受け取り可能 不明
プラン 空港受取 サポート体制
wifiROBO
1プラン
1日290円(容量無制限)
(別途送料が必要)
なし 不明

台湾で使えるレンタルポケットWi-Fi21社を比較しました。

受取空港の箇所では、グローバルWi-Fiが圧倒的に多いです。また、料金プランも多いため、自分に合ったものを選択しやすいです。

それぞれのサービスで、受け取れる空港は違いますが、下記のランキングで詳しく解説していますのでぜひ参考にして頂きたいです。

台湾(台北)レンタルWi-Fiのおすすめランキング

上記の比較表を含めて、台湾(台北)で使えるレンタルWi-Fiルーターを人気5商品でランク付けしました。

「Wi-Fi選びで失敗せずに台湾(台北)旅行を楽しみたい!」という方の参考になれば嬉しいです。

1位:グローバルWiFi

グローバルWi-Fi
価格(1日あたり) ・無制限プラン:1,776円
・1.1GB/日:1,301円
・600MB/日:1,111円
・300MB/日:636円
評価
備考 プランが5つから選べる / 受取空港が最多/ 返却ボックス利用可 / 知名度が高く安心 / 現地の人と同じ回線を使える / 通信が安定 / 充電器が無料で貸出 / 補填オプション200~500円 / 申込期限は最短で出発日の前日15時まで / 空港ですぐ受取&返却完了

グローバルWi-Fiは、合計5つのプランから自分にあったものを選ぶことができます。

また、メディアにも多く掲載されており、安心度の高いWi-Fiサービスです。

空港18箇所で受取&返却が可能で、手続きも30秒~10分で終わるためとても手軽に借りることができます。

3G回線は安いですが、可能であれば4G回線の方が圧倒的に速く快適に利用できるのでおすすめです。

また、台湾現地の方と同じ回線を使用することができるため、非常に安定した通信でスマホを使うことができます。

台湾に行く際にポケットWi-Fiを借りるのであれば、グローバルWi-Fiはとてもおすすめですよ。

グローバルWiFiの受取空港一覧
  • 新潟空港
  • 小松空港
  • 伊丹空港
  • 関西国際空港 第1ターミナル
  • 関西国際空港 第2ターミナル
  • 福岡空港
  • 宮崎空港
  • 鹿児島空港
  • 那覇空港
  • 旭川空港
  • 新千歳空港
  • 仙台空港
  • 成田国際空港第1ターミナル
  • 成田国際空港第2ターミナル
  • 羽田空港国際線ターミナル
  • 静岡空港
  • 中部国際空港(セントレア)
  • 大分空港

グローバルWi-Fiの公式サイトを見る

2位:イモトのWiFi

イモトのWi-Fi
価格(1日あたり) ・1GB/日(4G):1,580円
・500MB/日(4G):1,080円
・1GB/日(3G):980円
・500MB/日(3G):680円
評価
備考 知名度が高い / 7箇所で受取可能 / 予備バッテリー250円 / 出発日2日前までの申し込み / 補填オプション300円

イモトのWi-Fiは、台北だけでなく、高雄・台中・新竹・台南・桃園・松山・中歴・麦寮でも利用することができます。

プランは3G回線と4G回線でそれぞれ2つから選ぶことができ、合計4つのプランが選べます。

台湾以外も行く場合、世界周遊プランというものがあり、1,580円で世界中で使えるプランもありますので、複数国を旅行する方はこちらがおすすめです。

盗難補償などのオプションも充実しており、バックアップがしっかりしているため、安心して利用したい方にはおすすめのレンタルWi-Fiです。

イモトのWiFiの受取空港一覧
  • 新千歳空港
  • 成田国際空港
  • 羽田空港
  • 中部国際空港セントレア
  • 関西国際空港
  • 関西国際空港 (空港ロッカー受取)
  • 福岡空港

イモトのWi-Fiの公式サイトを見る

3位:台湾DATA(グローバルモバイル)

グローバルモバイル
価格(1日あたり) 590円 / 無制限
評価
備考 通信容量無制限 / 連続通信時間4時間 / 料金最安 / 受取空港4箇所 / 補填オプション200円 / バッテリー100円 / 前日17時まで申込

台湾DATA(グローバルモバイル)は、通信容量が無制限で価格が安いレンタルWi-Fiです。

しかし、連続通信時間が4時間なので、4時間以上続けて使用することができなかったり、1日使う場合は追加バッテリーが推奨されていたりとデメリットもあります。

予約が取りづらいという特徴もあり、4日後までの予約が全て埋まっていて予約できないなど、予約できない場合もあります。予約するなら早めをおすすめします。

台湾DATAの受取空港一覧
  • 成田国際空港内第一ターミナルQLライナーカウンター(4F 南ウイング)
  • 成田国際空港内第二ターミナルQLライナーカウンター(3F)
  • 羽田空港国際線ターミナルJALエービーシーカウンター(3F出発カウンター)
  • 中部国際空港セントレア分室郵便局(1F)
  • 関西国際空港ターミナルビル内郵便局(2F南)

台湾DATAの公式サイトを見る

4位:ワイホー(Wi-Ho!)

ワイホー
価格(1日あたり) ・無制限プラン:1,590円
・1GB/日:1,090円
・500MB/日:890円
・300MB/日:590円
評価
備考 容量無制限プランあり / 最安590円~ / アジア全土で使えるプランあり / 4つのプランから選べる / 補填オプション200円 / 予備バッテリー200円 /最短前日の正午まで受付 / 6空港で受取可能

ワイホーは、テレコムスクエアという業者が運営しています。全て4G回線なのが特徴で、無制限プランもあります。

200円で入れる保障パックや、モバイルバッテリーなどのオプションも充実しています。

端末はHuawei E5577とGlocalMe G2から選ぶことができますが、最大通信時間や同時接続台数や充電時間が異なります。

価格が少し高いですが、無制限プランを使いたい方にはおすすめのレンタルWi-Fiです。

ワイホー(Wi-Ho!)の受取空港一覧
  • 羽田空港
  • 成田空港第1ターミナル
  • 成田空港第2ターミナル
  • 新千歳空港
  • 中部国際空港セントレア
  • 関西国際空港
  • 福岡空港

ワイホー(Wi-Ho!)の公式サイトを見る

5位:エクスモバイル

エクスモバイル
価格(1日あたり) ・500MB/日:1,700円
・300MB/日:1,500円
・200MB/日:1,100円
評価
備考 11都市で利用可能 / 3プランから選べる / 連続通信時間6時間~ / 下り最大150Mbps / 中華電信回線利用

エクスモバイルは、200MB・300MB・500MBの3プランから選べるWi-Fiサービスです。

それぞれの機種で2G・3G・4G回線がありますが、料金は変わりません。

550円から利用できるため、価格が安いように見えますが、コスパはあまり良いとはいえません。最大が500MBと少なめなので、大容量を使いたい方にも向かないでしょう。

11都市で利用できるため、カバー範囲は非常に広いです。台北ではなく、台東や花蓮に行く方などにはエクスモバイルがおすすめです。

エクスモバイルの受取空港一覧
  • 成田空港 第一ターミナル
  • 成田空港 第二ターミナル
  • 羽田空港(国際線)
  • 関西国際空港
  • 中部国際空港(セントレア)
  • 福岡空港(国際線)
  • 新千歳空港(国際線)

エクスモバイルの公式サイトを見る

台湾(台北)旅行で一番おすすめのレンタルWi-FiはグローバルWi-Fi!

グローバルWi-Fi公式サイト

台湾(台北)で利用できるレンタルWi-Fiは複数ありますが、一番おすすめなのはグローバルWi-Fiです。1日あたりの料金が安いだけでなく、サポートやサービスも充実!

5つの料金プランが用意されているので、滞在日数に応じてお得に利用できるでしょう。

また、国内16空港での受け取りに対応しており、最短10秒で受け取り出来るサービスもあります。

さらに、在庫の状況次第では当日申し込みにも対応しているので、台湾旅行の前日にWi-Fiをレンタルするのを忘れていた場合でも機器が借りられる可能性があるのです。

どのレンタルWi-Fiを利用しようか迷っている人は、グローバルWi-Fiを選んでおけば間違いありませんよ!

グローバルWi-Fi公式サイト

台湾(台北)の無料Wi-Fiスポットはどこ?登録方法も解説

スマホでWi-Fiを探す女性台湾には、「Taipei Free(台北フリー)」という無料Wi-Fiがあります。

台北エリアに張り巡らされているWi-Fiで、事前登録しておけば無料で使うことが可能です。

注意点としては、台北エリア全てで利用できるわけではなく、台北市政府市政ビルや図書館など、大きな施設の近隣でのみ使用が可能となっています。

全てこのTaipei Freeでまかなおうとすると、地図が見れなかったりと苦労することもあります。そのため、ポケットレンタルWi-FiとTaipei Freeを併用してうまく使うことをおすすめします。

また、Taipei Freeのページは中国語または英語になってしまうので、登録する場合はパソコンからGoogle Chromeなどを使い、翻訳機能を使って登録すると良いですよ。

ユーザー登録ページを見つけるのも一苦労なので、登録ページを下記に記載しておきます。

参考:Taipei Free登録ページ(中文)

台湾(台北)旅行にレンタルWi-Fiは必要か

台北の風景台湾旅行にレンタルWi-Fiは必要なのかについて検証していきます。

上記にも書きましたが、台北市内であれば「Taipei Free」というWi-Fiは整備されています。そのため、まったくネットがつながらずに困るということはないです。

しかし、主要施設の近くでないとTaipei Freeは使えないので、ポケットWi-Fiがないと気になる飲食店を調べたり道を調べるときには不便を感じます。

また、台湾では観光向けイベントなども多数開催されていますが、これらの情報もポケットWi-Fiが1つあるだけで非常に調べやすくなります。

台湾旅行を全力で楽しみたいのであれば、やはりポケットWi-Fiが1つあると非常に便利ですよ。

参考:台湾観光局

台湾(台北)現地の桃園空港でWi-Fiはレンタルできる?

台湾の空港台湾の現地(桃園空港など)でポケットWi-Fiはレンタルできるのかについて解説していきます。

桃園空港では、「遊客邦」というカウンターがあります。ここでは、kkdayというWi-Fiサービスを申し込むことができます。

つまり、当日予約になるため料金は割高になってしまいますが、一応現地でWi-Fiをレンタルすることは可能です。

ただ、よっぽど「現地に着くまでWi-Fi予約するの忘れた!」というのでない限り、ネットからグローバルWi-Fiなどを申し込んでおく方がラクで確実なため、基本的にはそちらがおすすめです。

もし予約を忘れてしまった場合の予備として覚えておくのが良いでしょう。

台湾(台北)旅行でのWi-Fiレンタルについてまとめ

台湾(台北)旅行のWi-Fiについてまとめ
  • 台湾旅行の際にはWi-Fiルーターを借りるのがおすすめ!
  • Taipei Freeという無料Wi-Fiがあるが事前登録が必要
  • Taipei Freeが使えるのは施設の近くだけ
  • 現地でポケットWi-Fiをレンタルできるが、割高になる

以上のような内容をお届けしました。台湾旅行の際にはレンタルWi-Fiを利用するのがおすすめです。

この記事を参考に利用しやすいレンタルWi-Fiを見つけて、台湾旅行を存分に楽しみましょう!

台湾でおすすめのWi-Fiランキングに戻る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA