インターネット事情

スマホの通信速度制限の解除はいつ?ドコモ・au・ソフトバンク全解説

スマホの通信速度制限の解除はいつ?ドコモ・au・ソフトバンク全解説
編集部トモゾー
編集部トモゾー

こんにちは!「なるほどWi-Fi」編集部のトモゾーです。

スマホでネットばっかり使ってると、「ちょっと今月は使いすぎてしまった…!」なんてデータ通信の速度制限がかかってしまうことってよくありますよね?

そこで今回は、通信速度制限がかけられてしまった場合の原因や、速度制限を受けないための対処方法についてお伝えしていきたいと思います。

もちろん!気になる通信速度制限の解除タイミングや、解除方法についても詳しくご紹介します!

【キャリア別】スマートフォンの通信速度制限の解除タイミングについて!

通信速度制限の解除のタイミング
docomo
(ドコモ)
翌月1日0時から順次解除
au
(エーユー)
翌月1日0時から順次解除
SoftBank
(ソフトバンク)
末締めの場合は翌月1日に自動解除
10日締めの場合は次回11日に自動解除
20日締めの場合は次回21日に自動解除

上記は、データ通信の速度制限を受けてしまった場合の、解除タイミングを大手3社のキャリア別でまとめた表になります。

当月分のデータ通信量を使い切ってしまって自動解除を待つ場合の解除タイミング

データ通信の回線速度が4G(LTE)の場合100Mbps程度だったものが、最大128kbps(送受信)まで低下してしまいます。

その解除タイミングについては先述の表の通りなのですが、docomoとauに関してはシンプルに、翌月の1日0時をもって順次解除されることが分かります。

ですが、SoftBankのみ契約の締日によって解除タイミングが異なりますので、あなたがSoftBankを利用している場合は上記の表を参考に、解除タイミングについて把握しておきましょう。

MVNOとなる格安SIMキャリアの場合も、基本的には大手3キャリアと同様の解除タイミングとなります。

データ通信量(パケット)を追加チャージして低速通信制限を解除した場合

上記のように、翌月などに自動でデータ通信の速度制限が解除されるのを待つだけでなく、データ通信量を追加でチャージして低速制限を解除することが可能です。

その時の速度制限の解除が反映されるタイミングは、即時~数時間以内が目安となるでしょう。

なかなか反映されない場合は、一旦電源を落として再起動させたり、モバイルデータの切り替えを行ったり、SIMカードを外して再度挿し込んでみると制限解除が反映されやすくなりますので、「遅いな…」と感じた時は試してみましょう。

※…auのみ、8:00~21:00の間の手続きで即時、それ以降は翌日8:00のタイミングで反映されます。

スマートフォンの通信速度に制限がかかる原因と理由

スマホでデータ通信の速度制限になってしまうケースを表す画像

ではなぜ通信速度に制限がかかってしまうのでしょうか?

「ネットの使いすぎで月の利用量がオーバーしたからでしょ?」という声が聞こえてきそうですね。

もちろん、速度制限がかかる理由として『データ通信量が月のデータ通信可能量を超えた』というのもあるのですが、実はさらにもう1つ原因があります。

速度制限がかかる原因①データ通信量が月々の上限を超えたら

まずは、先ほどもお伝えした通り『データ通信量が月のデータ通信可能量を超えた』ことでかけられる速度制限です。

例えば、月に5Gバイト使用できるデータパック/パケットプランを契約しているとして、月の半分しか経過していない時点で5G分すべてデータ通信を行ってしまった場合、月の残りの期間は最大128kbps(送受信)に低下した状態で我慢しなければならなくなるということ。

※…月の使用可能量を超えてしまった場合の解除タイミングについては、すでにお伝えしている通りです。

速度制限がかかる原因②通信速度の制限を受ける直近3日間の規制ルール

直近3日間の制限 速度制限期間
docomo なし※現在は撤廃されています
au 当日を含まない直近3日間で6GB以上 6GB以上利用した翌日の13時頃~24時間
SoftBank 当日を含まない直近3日間で約3GB以上 約3GB以上利用した翌日の午前6時~24時間

速度制限がかけられてしまうもう1つの原因は、意外と知られていませんが直近3日間に使用したデータ通信量の合計が○○Gバイト以上を超えてしまうことによるものです。

この制限がかかる条件については各キャリアによって異なりますので、下記の表でまとめましたので確認してみて下さい。

以前はdocomoにも直近3日間ルールが存在したのですが、現在は撤廃されています。

ですがXi契約でFOMA端末を使用している方は、直近3日間で300万パケット(366.2MB相当)以上のデータ通信を行うと、通信速度が遅くなる場合がありますので注意しましょう。

参考:ご注意事項 | 料金・割引 | NTTドコモ

携帯会社が速度制限をかけてデータ通信速度を低速にする理由

でも「何でデータ通信に速度制限がかけられてしまうの?」と疑問ですよね。

実は、まだスマホやiPhoneが普及し始めたくらいの頃は、パケット通信料金は4,000円前後で、データ通信が使い放題でした。

ですが、現在はデータ通信の本当の使い放題プランは無くなってしまい、今では『月々○○GBまで』というようなプランとなっていますよね。

その理由は、PCと同様にインターネット利用が可能なスマートフォンの普及によって、データ通信を行う人口が爆発的に増えた為、際限なくインターネットを利用されてしまうと、回線がパンクしてしまうから。

また同様の理由により、月々のデータ通信の使用量を超えた場合に低速制限がかかるようにされているというわけなんです。

【裏技あり?】スマートフォンの通信回線の速度制限がかけられたときの解除方法!

速度制限を解除したい画像

スマートフォンでのネット利用は、今では誰しもが当たり前にしているので、もし通信速度制限がかけられてしまうととっても不便ですよね。

制限を受けてしまったタイミングによっては、「来月までまだまだ日にちがあるのに、どうしよう…」なんてことにも。

そこでここでは、スマートフォンのデータ通信で速度制限がかけられてしまったときの『解除方法』をご紹介したいと思います。

編集部トモゾー
編集部トモゾー

実は、速度制限の解除方法には裏技があるという情報があるのですが、その真偽は…?気になる速度制限解除の裏技の情報についても迫ります!

データ通信速度が低速に!そんな時に使える【裏技】ってホントにあるの?

結論からお伝えすると、ありません!

ネット上では、スマホで通信速度制限がかけられた時に、iPhone限定で使える裏技の情報が拡散されたのですが、全てデマ!

そのiPhoneのみに使えるというデマとなった裏技は下記の2つです。

  1. テンキーで「1」を2回押したあとに「0」を1回押して、0.5秒以内に通話ボタンをプッシュ→ピーと言う音が鳴ると速度制限解除される
  2. 設定から日付を1970年1月1日に変更後、端末を再起動→速度制限が解除される

当然ながら、どちらの裏技も偽情報となっていますので、絶対に上記手順は行わないようにして下さい。

①の裏技は、「1」「1」「0」に通話をすることで110番通報されてしまいます。

https://twitter.com/Gina321619/status/1032984111177064448

警察に繋がってしまう悪質なデマなので、絶対にしないようにして下さいね。

②の裏技については、手順を実行することで起動が不可能になってしまい、操作が何もできなくなってしまうというiPhoneのバグになります。

上記が②の裏技を拡散しているTweetの一例ですが、結構手の込んだ説明で、それっぽい感じで説明されていますね。

他にも、『海外周遊sim』というプリペイドSIMカードに差し替える裏技もあるのですが(こちらの裏技は本物)、データ通信はできるもののSIMを差し替えてる間は電話番号が使えなくなったり、端末によってはSIMロックがかかっていてそもそも裏技自体が使えないなど、現実的な手段ではありませんので、次でご紹介する方法で速度制限を解除するようにしましょう。

1:データ通信量を追加でチャージする(有料)

チャージ料金
docomo
(ドコモ)
  • 1GB=1,000円(データパック、シェアパックカケホーダイ)
  • 2GB=2,500円(Xiパケ・ホーダイ)
au
(エーユー)
  • 0.5GB=550円
  • 1GB=1,000円
SoftBank
(ソフトバンク)
  • 0.5GB=550円
  • 1GB=1,000円

スマホのデータ通信速度に制限がかけられた場合、解除する方法はたったの1つ!

それは、追加で料金を支払ってデータ通信量をチャージする方法です。

上記の表は、各キャリアごとに追加チャージできる単位と料金をまとめたものです。

docomoでは最低1,000円~のチャージとなるのですが、auとSoftBankは最低550円からと細かく設定されています。

追加でデータ通信量をチャージする方法は、大手3キャリアとも共通となっていて、

  1. My docomo / My au / My SoftBank から解除の手続き
  2. お知らせメールから解除の手続き
  3. 電話で解除
  4. お店で解除

の4つです。

詳しい解除手順については、各キャリアの公式HPから確認しましょう。

docomoで追加チャージする方法

auで追加チャージする方法

SoftBankで追加チャージする方法

低速制限を追加チャージによって解除した場合の反映タイミングに関しては、すでにお伝えしているとおり、即時~数時間以内が目安となります。

2:制限モードと自動解除モードの選択をする

月に使えるデータ通信量の上限を超えると速度制限がかかってしまったら、先ほどご紹介した速度制限を解除する追加チャージの方法で、低速化したデータ通信を復帰させることが可能とお伝えしました。

ですが実は、大手キャリア3社には月間のデータ通信量を使い切ってしまった時の為に、

  • 自動的に追加チャージされる自動解除モード
  • 自分でその都度追加チャージする制限モード

の2つの追加チャージ方法が用意されています。

「その都度手続きするのは面倒!」という方には、上限超過後に自動的にデータ通信量をチャージして上限を引き上げてくれる『自動解除モード』の設定を行っておくと、手間がはぶけるのでおすすめですよ。

データ通信量が超過すると自動的にチャージされる自動解除モードは、キャリアごとにサービス名が異なりますので注意しましょう。
「docomo=スピードモード」
「au=エクストラオプション」
「SoftBank=快適モード」

スマートフォンの通信速度制限にかからないための対策について!

スマホでデータ通信速度制限をかけられないためにも普段からWi-Fiに繋げている画像

それでは、いつもスマホのデータ通信量がすぐに上限に達してしまうという方の為に、日頃のデータ通信量を節約する対策方法についてご紹介したいと思います。

それは…、普段からWi-Fiに繋げるようにすること!

Youtube動画やVODはもちろん、Twitterも自動で動画が再生されますし、GPS機能を利用するゲームアプリも、データ通信量が大きくなりやすいです。

なので、家で契約しているネット回線でWi-Fi環境の設定をしているのであれば、家では必ずWi-Fiに接続するようにしたり、外出時でも大容量のデータ通信(Youtubeやアプリのインストールなど)をしたい場合は、無料Wi-Fiスポットをなるべく利用するようにします。

また、アプリの自動更新もかなりデータ容量を使用しますので、Wi-Fi環境時のみ自動更新されるように設定するのがオススメ!

ですが、通勤時・通学時の電車の中など、無料Wi-Fiスポット以外でも動画やゲームはしたいですよね。

そんな時は、外出中でも安い金額で上限なくインターネットが利用できるWiMAXの検討も視野に入れてみると良いですよ。

また、家にWi-Fi環境がない場合は、高速通信が可能な光回線がおすすめです。

まとめ

スマホの通信速度制限の解除まとめ
  • 速度制限の解除タイミングは翌月1時!SoftBankは締日により異なる!
  • 追加チャージの場合の解除タイミングは即時反映が基本!
  • 速度制限は「月の上限超過」「3日間ルール」の2つが原因!
  • 巷で噂の「速度制限解除の裏技」は偽情報!解除方法は追加チャージのみ!
  • 低速制限がかけられない為にもWi-Fiの活用が最重要!

スマートフォンは今では手放せない存在となっているため、常にインターネットが利用できる環境にあり、とても便利ですよね。

ですが、インターネットを使いすぎてしまうことで、月々のデータ通信量を超えてしまって速度制限を受けてしまいがちです。

そんな時は、今回ご紹介した解除方法やタイミングを参考に手続きを進めましょう。

また、常日頃からWi-Fiの利用を心掛けるようにしておくと、余分な出費を抑えられますので、上手にWi-Fiを活用するようにして下さいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA