ポケットwifiとは?仕組みやデメリット3つとメリット5つから徹底解説!

悪い評判あり?ソフトバンク(softbank)のポケットwifiをおすすめしない理由を解説!

ソフトバンクポケットwifiの解説

ソフトバンク(softbank)のポケットwifiのスペック
初期費用 3,000円
月額料金 3,278円~7,878円
配送料 無料 
発送までの期間 到着まで3営業日程度
最短契約日数 なし 
通信速度 988Mbps 
通信方式 Softbank回線 
通信量制限 月間1GB~50GB
制限速度 128kbps 
取扱端末 802ZT  
支払い方法 クレジットカード、口座振替
hiroshi
hiroshi
こんにちは、「なるほどwifi」編集部のhiroshiです。

ソフトバンクで契約できる「ポケットwifi」ですが、店員さんにおすすめされて契約を検討したことがある人も多いのでは?

結論から言うと、ソフトバンクのポケットwifiはコスパが悪すぎるので絶対におすすめできません。現状、ポケットwifiを契約するなら「Mugen WiFi」がおすすめです。

下記ボタンの飛び先で「Mugen WiFi」の詳細について解説しています。ポケットwifiの契約を検討しているようでしたら、ぜひ参考にしてください。

また、今回の記事では「ソフトバンクポケットwifiの口コミ評判」や「メリットデメリット」について解説していきます。

ソフトバンクのポケットwifiについてより詳しく知りたいようでしたら、記事本文を読んでみてくださいね!

ソフトバンクよりお得なMugen WiFiの詳細はこちら

目次

【結論】ソフトバンク(softbank)のポケットwifiは料金が高いのでおすすめできません!

月額料金
(平均)
キャッシュバック 3年間の実質料金 速度
Mugen WiFi 3,010円 10,000円 111,360円 150Mbps
限界突破wifi 3,500円 0円 129,500円 150Mbps
どんなときもwifi 3,280円 0円 134,760円 150Mbps
Broad WiMAX 2,910円 20,000円 107,652円 1,200Mbps
縛りなしWiFi 3,300円 0円 122,100円 612Mbps
GMOとくとくBB 3,269円 34,800円 120,969円 1,200Mbps
JPWiMAX 3,384円 10,000円 125,200円 1,200Mbps
民泊wifi 3,680円 0円 136,160円 112.5Mbps
So-net WiMAX 3,937円 0円 145,656円 1,200Mbps
ソフトバンク ポケットwifi 4,103円 0円 151,811円 988Mbps

先に、ソフトバンクのポケットwifiがおすすめできない最大の理由を挙げておきます。

上記の比較表を見ると判断しやすいのですが、ソフトバンクのポケットwifiは3年間の実質料金で見ると最安のサービスと比べて4万円以上も高くなってしまいます。

また、速度も速いわけではなく、WiMAXのW06という端末が使えるサービスが1,200Mbpsの速さなのに対して、ソフトバンクは988Mbpsと遅いです。

これらのことから、ソフトバンクのポケットwifiはコストパフォーマンスが良いとは言えず、おすすめできないのが正直なところです。下記では、口コミなどを検証しながら詳しく解説していきます、

ソフトバンク(softbank)のポケットwifiの悪い評判の真相は?ネットの口コミを徹底検証しました

softbankのポケットwifiの口コミについて、良い評判と悪い評判をまとめました。

それぞれ解説していきます。

ソフトバンク(softbank)のポケットwifiの良い評判

ソフトバンク(softbank)のポケットwifiの悪い評判

ソフトバンク(softbank)のポケットwifiの評判まとめ

  • 回線速度が遅い
  • 急に圏外になってしまった
  • ドコモより電波が入りやすい
  • ソフトバンクスマホのギガモンスターより料金が安かった

ソフトバンクポケットwifiの評判をまとめると、上記のようになりました。

ドコモのポケットwifiよりは電波が入りやすいですが、急に圏外になってしまう場合や、速度が遅い場合があったようです・

また、ソフトバンクのギガモンスターより安かったという口コミがありましたが、ギガモンスターは1年目は月額3,480円ですが、13ヶ月目以降は月額4,480円となるため確かに料金はポケットwifiの方が安くなります。

ギガモンスターは過去の料金プランです。

ソフトバンクポケットwifiは、料金プランが変更となり「メリハリプラン forデータ(月間50GB)」「ミニフィットプラン for データ(月間5GB)」の2種類となっています。

ソフトバンク(softbank)ポケットwifiのメリット3つ

softbankのポケットwifiのメリット3つをまとめました。

1つずつ詳しく解説していきます。

1.電波が入りやすい

対応エリア
ソフトバンク ソフトバンク対応エリア
au au対応エリア
ドコモ ドコモ対応エリア

ソフトバンク回線は、他の回線と比べて対応エリアが広く、建物内でも電波が入りやすいです。

特に、ドコモは鉄筋コンクリート造のマンションなどでは電波が急激に入りづらくなりますが、ソフトバンクは比較的しっかり電波が入るため使いやすいです。

2.キャンペーンで月額料金が5,071円から3,991円になる

月額料金 最大速度
ソフトバンク
通常価格
5,071円 612Mbps
ソフトバンク
キャンペーン価格
3,991円 612Mbps
ブロードワイマックス 3,573円 1,200Mbps

ソフトバンクのポケットwifiは、キャンペーンを適用すると月額料金が5,071円から3,991円になります。月1,080円の割引になるため、キャンペーンとしてはお得です。

ただ、上記の表を見て頂くと分かるのですが、Broad WiMAXと比べると、ソフトバンクは月額料金が高く、最大通信速度も2倍ほど遅くなってしまいます。

そのため、ソフトバンクのポケットwifiを他のポケットwifiと比べると、そこまでコストパフォーマンスは良いとは言えないのが正直なところです。

現在は、こちらの月額割引キャンペーンは行っていません。

また、契約プランも当時の内容とは変わり「メリハリプラン forデータ(月間50GB)」「ミニフィットプラン for データ(月間5GB)」の2種類となっています。

3.最大速度が988Mbps

最大下り速度
ソフトバンクポケットwifi 988 Mbps
Broad WiMAX 1,200 Mbps
どんなときもWi-Fi 150 Mbps
ネクストモバイル 150 Mbps

softbankのポケットwifiは最大速度が988Mbpsなため、最近主流の無制限WiFiの「下り最大150Mbps」と比較すると速いです。

現在ポケットwifiの最速はWiMAXの「W06」という最新ルーターで、最大速度が1,200Mbps出ます。

988Mbpsというと最速のWiMAXと比べても遜色のない速度ですね。また、ソフトバンクのメイン回線を使っているので実測の通信速度も期待できます。

ソフトバンク(softbank)のポケットwifiのデメリット5つ

ソフトバンクのポケットwifiについて、デメリットを5つまとめました。

他のポケットwifiとの比較も織り交ぜながら、なぜデメリットなのかを解説していきます。

1.端末が1種類しか選べない

端末 最大速度
ソフトバンクポケットwifi
802ZT 988 Mbps
ブロードWiMAX
W06 1,200 Mbps
WX06 440 Mbps
Mugen WiFi
Glocal Me U2s 150 Mbps
Glocal Me G4 150 Mbps

ソフトバンクのポケットwifiは、通信端末が「802ZTHW」の1種類しか選べません。

この端末は、下り最大速度が988Mbpsと速度が速く大きく性能が劣るわけではありません。ですが、その他廉価版などの選択肢があっても良いですよね…!

他のポケットwifiサービスでは、複数の端末が選べたり、端末によって料金が変わったりするため、端末が1つしか選べないのはデメリットであると言えます。

2.月額料金や3年間の実質料金が高い

月額料金の平均 キャッシュバック 3年間の実質料金
ソフトバンク
4,103円 なし 151,811円
Broad WiMAX 2,910円 20,000円 107,652円
GMOとくとくBB 3,269円 34,800円 120,969円
Mugen WiFi 3,010円 10,000円 111,360円

上記の表で、ポケットwifiのサービス4社を比較しました。月額料金は月によって変動するサービスが多いため、3年間の平均値を算出しています。

ソフトバンクポケットwifiにはキャッシュバックもなく、月額料金も高いため、3年間の実質料金でみると他サービスと比べて3~4万円ほど高くなってしまいます。

3.キャンペーンでない場合、4Gデータ基本料金として別途540円がかかる

ソフトバンクポケットwifiの4G料金について

softbankのポケットwifiは、現在キャンペーンとして月額3,991円となっています。しかし、キャンペーンが適用とならない場合、4Gデータ基本利用料として毎月540円がかかります。

キャンペーンの終了期間などは記載がなく不透明なため、安心して長期間使うという点から見ると非常に使いづらいです。

こちらのキャンペーンは現在終了しています。

4.実際の通信速度が遅いという口コミあり

Twitterの口コミを見ていると、上記のように「ソフトバンクのポケットwifiの速度が遅い」という口コミがありました。

最大速度が612Mbpsといっても、実際の通信速度は遅い場合もあるようです。これはポケットwifiとしては非常にデメリットです。

5.2年間の契約縛りで違約金が9,500円かかる

ソフトバンクポケットwifiの違約金について

softbankのポケットwifiには2年間の契約縛りがあり、解約時には違約金として9,500円がかかります。

契約は自動更新となり、更新月以外では2年目以降も違約金の9,500円がかかります。

現在、ソフトバンクポケットwifiに縛り期間はありません。ただし、端末代金27,000円を36回分割するため、実質3年縛りであると考えられます。

ポケットwifiを使うならソフトバンクよりBroad WiMAXかMugen WiFiがおすすめ!理由を解説

ソフトバンク ブロードワイマックス Mugen WiFi
端末の種類
1種類 2種類 2種類
最大速度 988Mbps 1,200Mbps 150Mbps
月額料金(平均)
4,103円 2,910円 3,010円
キャッシュバック 0円 20,000円円 10,000円
3年間の実質料金 151,811円 107,652円 ¥103,100
サポートの充実度

ソフトバンクのポケットwifiと、通信速度の速いBroad WiMAX、容量完全無制限のMugen WiFiを比較しました。

Broad WiMAXとMugen WiFiは、ソフトバンクポケットwifiよりも3年間の実質料金が4万円以上安かったり、乗り換え違約金を負担してくれたりとサポートが充実しています。

速度が早くて料金が安いポケットwifiを使いたいのであれば、ソフトバンクよりもBroad WiMAXが、無制限で使いたいなら Mugen WiFiの方がコストパフォーマンスが良いです。詳しく解説していきます。

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)

broadwimax
3年間の実質費用 107,652円
月額料金 1~2ヶ月目:2,726円
3~24ヶ月目:3,411円
25ヶ月目以降:4,011円
キャッシュバック 20,000円
機種代金 0円
解約金 8日以内:0円
1年以内:19,000円
2年以内:14,000円
3年以内:9,500円
更新月:0円
契約期間 3年
容量制限 3日で10GBまで
評価

Broad WiMAXは、比較的料金が安く、サポートが手厚いため安心して使えるポケットwifiです。

例えば、他社のポケットwifiから乗り換えると違約金を負担してもらえたり、他の光回線へ乗り換える際も違約金を負担してくれたりとサービスが充実しています。

また、ポケットwifiの最新機種の「W06」が使えるため、下り最大速度は1,200Mbpsと光回線以上に速いです。

初めてポケットwifiを使う方や、安心して安いポケットwifiを使いたい方におすすめです。

Broad WiMAXの公式サイトはこちら

Mugen WiFi

無限wifiのイメージ画像
3年間の実質費用 111,360円
月額料金 3,280円
キャッシュバック 10,000円
機種代金 0円
解約金 9,500円
契約期間 2年
容量制限 完全無制限
評価

Mugen WiFiは、容量完全無制限で使えて月額利用料金も安い非常に優れたポケットwifiです。そのうえ、海外でも国内と同じ様に通信できるというのだからおどろきですよね。

また、クラウドSIM採用のポケットwifiですので「ソフトバンク」「au」「ドコモ」のトリプルキャリアの回線に接続できて、ソフトバンクだけのwifiより3倍お得です。

さらに、今ならなるほどwifi限定で現金10,000円キャッシュバックのコラボキャンペーンを開催しています。

ポケットwifiの契約で悩んでいるようでしたら、ぜひこの機会にMugen WiFiを検討してみてくださいね!

Mugen WiFiのキャンペーンページはこちら現金10,000円が受け取れるのは上記URLだけです!

ソフトバンク(softbank)のポケットwifiのよくある5つの疑問について回答

softbankのポケットwifiに関して、よくある疑問を5つまとめました。

1つずつ解説していきます。

1.解約料金はいくらかかる?解約できる期間は?

違約金
1~24ヶ月目
9,500円
25・26ヶ月目(更新月) 0円
27~48ヶ月目 9,500円
49・50ヶ月目(更新月) 0円

ソフトバンクのポケットwifiの解約料金についてまとめました。

2年縛りのため、2年以内に解約すると9,500円の違約金がかかります。更新月の25ヶ月目と26ヶ月目であれば違約金は0円です。

また、更新月を超えてしまうと、再び2年縛りが始まります。その場合、4年後でなければ違約金なしで解約することができません。

現在ソフトバンクポケットwifiには、縛り期間や解約料金がありません。

ただし、端末を36回の分割で購入した場合3年以内に解約すると残債の支払いが必要となります。

2.対応エリアはどれくらいあるの?

ソフトバンクポケットwifiの対応エリア ソフトバンク(softbank)のポケットwifiの対応エリアは、ソフトバンクLTE回線と同じです。

auやドコモと比べると山間部でも比較的繋がりやすく、鉄筋コンクリートのマンション内でもつながりやすいです。

ただ、口コミを見ていると「急に圏外になった」という声もあり、全ての場所で快適に使えるわけでは無いようです。

3.通信容量無制限で使える?

容量制限 制限期間
3日あたり
10GBまで 翌日午前2時まで
1ヶ月あたり 制限なし なし

softbankのポケットwifiは、3日で10GBまでの通信制限があります。これを超えると、翌日2時まで速度制限がかかります。

ただ、月あたりの制限はないため、3日10GBの上限を超えなければ無制限で使うことが可能です。

また、無制限で使えるポケットwifiは他にも多くあるため、ソフトバンクだけが特別というわけではありません。

現在のソフトバンクポケットwifiの通信容量制限は、月間1GB~50GBに変更となりました。

4.海外で使用できる?

アメリカ・ハワイ それ以外の国
25MBまで
0円 ~1,980円/日
25MB以降 0円 2,980円/日

ソフトバンクのポケットwifiは、海外で使用することが可能です。

端末設定で「国際ローミング設定」という設定をする必要がありますが、これを行えば上記の追加料金で海外利用が可能です。

注意点として、25MBというのはインスタグラムを少し見たくらいで消費してしまうような少ない容量なので、基本的にはアメリカ・ハワイ以外では1日あたり2,980円の追加料金がかかると考えた方が良いです。

参考:ソフトバンク601HW国際ローミング設定方法

5.速度制限はある?どれくらいの遅さになる?

ソフトバンクポケットwifi ブロードWiMAX
速度制限
月間1~50GB 3日で10GBまで
制限後の速度 128kbps 1,000kbps(1Mbps)

softbankのポケットwifi制限容量以上の容量を使うと、速度制限がかかります。

上記で、ソフトバンクとBroad WiMAXの2つを比較しましたが、ソフトバンクの場合は制限後の速度が128kbpsと非常に遅くなります。

Broad WiMAXは制限後でも1Mbps、つまり1,000kbpsの速度があるため、ソフトバンクの場合は10倍ほど遅くなってしまいます。

ソフトバンク(softbank)のポケットwifiの基本情報

運営会社 ソフトバンク株式会社
住所 〒105-7317
東京都港区東新橋1-9-1
電話番号 03-6889-2000
主な事業 電気通信事業など
営業開始日 1986年12月9日

ソフトバンクのポケットwifiについて解説させて頂きました。

知名度は確かにあるのですが、月額料金が高くてキャッシュバックもないため、3年間のトータル料金で見ると他サービスと比べて4万円以上も高くなってしまいおすすめできません。

また、ソフトバンクのポケットwifiはそこまで速度が速いわけでもないですし、コストパフォーマンスから考えても他にお得なサービスはいくつか存在します。

この記事がポケットwifi選びの参考になれば幸いです。最後までお読み頂きありがとうございます!

ポケットwifi全36社を徹底比較した記事はこちら!


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA