【17社比較】海外用レンタルWi-FiルーターおすすめBEST10を徹底解説!

シンガポール旅行におすすめのレンタルWi-Fiルーターを比較!

シンガポールの風景

hiroshi
hiroshi
こんにちは、「なるほどwifi」編集部のhiroshiです。

シンガポール旅行に行くのに、レンタルWi-Fiはどれを選んだら良いか迷ってしまいませんか?

この記事では、シンガポールで使うのにおすすめのレンタルWi-Fi5社を徹底比較し、それぞれの特徴を解説しています。

また、シンガポールの無料Wi-Fi「Wirekess@SG」や、現地でルーターをレンタルできるかなどについても解説しています。

おすすめの海外wi-fiについて徹底的に解説していきますので、この記事が参考になれば嬉しいです。それでは、解説していきます。

シンガポールでおすすめのレンタルWi-Fiを今すぐチェック

シンガポール旅行でポケットWi-Fiをレンタルするときに注意する3つのポイント

ここでは、シンガポール旅行でポケットWi-Fiをレンタルしていくときに、どのように選んだら良いのかをまとめました。

レンタルWi-Fiによってサービスがかなり異なりますので、ぜひ選ぶ際の基準にしてみて下さい。

1:自分が使う空港が受け取りに対応しているかどうか

出発空港でWi-Fiルーターの受取&返却ができるかを確認しましょう。

Wi-Fiサービスによっては、返却ボックスが用意してあり、わざわざカウンターで並ばなくてもそのまま返却できる場合もあります。

旅行で疲れて帰ってきたところでカウンターに並ぶのはかなり大変ですので、返却ボックスなどもチェックすることをおすすめします。

2:サポートが充実しているか

サポート体制がしっかりしているかもチェックしましょう。具体的には、「渡航先で電話以外でも連絡が可能か」という点などです。

渡航先でトラブルがあった場合、電話でしか連絡できないとサポートに連絡できない場合があります。LINEやTwitterなどでも連絡可能なサポートであれば非常に安心ですし、24時間対応のサポートがあればさらに安心です。

3:保障がしっかりしているか

紛失・盗難補償がしっかりしてるかも確認しましょう。

シンガポールは治安が良いですが、それでも置き引きなどがないとは言えない状況です。

保障制度の加入していない場合、ルーターの弁償代などで数万円の費用がかかる場合もありますので、可能な限り保障制度に加入することをおすすめします。

シンガポールで使えるレンタルWi-Fiルーター16社を徹底比較!

空港受取 サポート体制 保障
グローバル
WiFi

全国16箇所の空港で可能 電話
メール
LINE
Skype
・端末の破損や紛失に対して8割補償:1日200円
・端末の破損や紛失に対して8割補償:1日300円
・全額補償プラスα:1日500円
空港受取 サポート体制 保障
イモトの
WiFi

×
全国6箇所の空港で可能 電話
メール
・端末の破損や紛失に対して8割補償:1日200円
・端末の破損や紛失に対して8割補償:1日300円
・全額補償プラスα:1日500円
空港受取 サポート体制 保障
シンガポールDATA
(グローバルモバイル)

× ×
全国4箇所の空港で可能 電話
メール
端末の破損や紛失に対して全額補償:1日200円
空港受取 サポート体制 保障
ワイホー
(Wi-Ho!)

×
全国8箇所の空港で可能 電話
メール
・端末の破損や紛失に対して全額補償:1日200円
・全額補償プラスα:1日500円
空港受取 サポート体制 保障
エクスモバイル
全国6箇所の空港で可能 電話
メール
LINE
Skype
端末の破損や紛失に対する負担額の軽減:1日のレンタル料金の15%
空港受取 サポート体制 保障
フォートラベル
全国16箇所の空港で可能 電話
メール
LINE
Skype
・端末の破損や紛失に対して8割補償:1日200円
・端末の破損や紛失に対して全額補償:1日300円
・全額補償プラスα:1日500円
空港受取 サポート体制 保障
jetfi
×
全国10箇所の空港で可能 電話
メール
・端末の破損や紛失に対して全額補償:1日300円
・全額補償プラスα:1日700円
空港受取 サポート体制 保障
Fast-fi
× ×
全国3箇所の空港で可能 電話
メール
・端末の破損や紛失に対して8割補償:1日200円
・端末の破損や紛失に対して全額補償:1日300円
空港受取 サポート体制 保障
テレコムWi-Fi
×
全国7箇所の空港で可能 電話 ・端末の破損や紛失に対して85%補償:1日200円
・端末の破損や紛失に対して全額補償:1日300円
・全額保障+電話通訳・相談サービス:1日400円
空港受取 サポート体制 保障
JAL ABC
× ×
全国4箇所の空港で可能 なし 端末の破損や紛失に対して8割補償:1日200円
空港受取 サポート体制 保障
アジアンデータ
(グローバルモバイル)
× ×
全国4箇所の空港で可能 電話
メール
端末の破損や紛失に対して全額補償:1日200円
空港受取 サポート体制 保障
ワールドDATA
(グローバルモバイル)
× ×
全国4箇所の空港で可能 電話
メール
端末の破損や紛失に対して全額補償:1日200円
空港受取 サポート体制 保障
JAPAEMO
×
不可 なし 端末の破損や紛失に対して全額補償:日数に関わらず1,500円
空港受取 サポート体制 保障
PUPURU
× ×
全国4箇所の空港で可能 電話
メール
・端末の破損や紛失に対して80%補償:1日200円
・端末の破損や紛失に対して全額補償:1日300円
空港受取 サポート体制 保障
88mobile
× × ×
全国4箇所の空港で可能
(ただし別途料金が必要)
電話
メール
・端末の破損や紛失に対して50%補償:1日500円
空港受取 サポート体制 保障
iVideo
×
全国6箇所の空港で可能 メール 不明

シンガポールで使える16社のレンタル海外Wi-Fiを比較しました。

保障の充実度やサポートの充実度で考えると、グローバルWi-Fiが最も高評価でした。グローバルWi-Fiは特にLINEやSNSでのサポートも24時間行っているため、渡航先でも安心して連絡できます。

シンガポールで使えるレンタルポケットi-Fiのおすすめランキング

上記の比較表を含めて、シンガポールで使えるレンタルWi-Fiルーターをおすすめ順に解説します。

シンガポール旅行を快適に楽しみたい方の参考になれば嬉しいです。

1位:グローバルWiFi

グローバルWi-Fi
価格(1日あたり) ・無制限プラン:1,966円
・1.1GB/日:1,396円
・600MB/日:1,111円
・300MB/日:921円
評価
備考 通信容量が250MB・500MB・1GBの3種類から選べる / 返却ボックスあり / マリーナベイサンズなど主要箇所を全てカバー / 受取空港が最多 / 知名度が高く安心 / 充電器が無料で貸出 / 補填オプション200~500円 / 申込期限は最短で出発日の前日15時まで

グローバルWi-Fiは、知名度が高く最も安心して使えるレンタルWi-Fiです。

安心の理由は、充実したサポート体制です。24時間365日サポートを行っており、電話・メール・Twitter・Facebook・LINEの全てでサポートを受けることが可能です。

また、保証制度も完備しており、200円~500円の保証で盗難・紛失に関して保証を受けることができます。

範囲としては、マーライオン公園・マリーナベイサンズ ・ボタニックガーデン ・ガーデンズバイザベイなどシンガポールのほぼ全域の箇所をカバーしています。

シンガポール旅行でどのWi-Fiをレンタルしようか迷ったら、一番おすすめできるのがこちらのグローバルWi-Fiです。

グローバルWiFiの受取空港一覧
  • 新潟空港
  • 小松空港
  • 伊丹空港
  • 旭川空港
  • 新千歳空港
  • 仙台空港
  • 成田国際空港第1ターミナル
  • 成田国際空港第2ターミナル
  • 羽田空港国際線ターミナル
  • 渋谷ちかみち
  • 静岡空港
  • 中部国際空港(セントレア)
  • 関西国際空港 第1ターミナル
  • 関西国際空港 第2ターミナル
  • 大分空港
  • 北九州空港
  • 鹿児島空港
  • 福岡空港
  • 宮崎空港
  • 那覇空港

グローバルWi-Fiの公式サイトを見る

2位:イモトのWiFi

イモトのWiFi
価格(1日あたり) ・500MB/日(4G):1,580円
・500MB/日(3G):980円
評価
備考 知名度が高い / 保障が充実 /アジア周遊プランあり  / 世界周遊プランあり / 7箇所で受取可能 / 予備バッテリー250円 / 出発日2日前までの申し込み / 補填オプション300円

イモトのWi-Fiは、知名度が高く有名なWi-Fiサービスで利用者も多いです。

盗難紛失補償のあんしんパックに加え、モバイル充電池などのオプションもあります。

また、アジア周遊プランや世界周遊プランがあり、シンガポール以外の国へも渡航する方にはコスパが良いサービスです。

予備バッテリーが250円のオプションで借りれるため、長時間外出する方は検討する価値があります。

イモトのWiFiの受取空港一覧
  • 新千歳空港
  • 成田国際空港
  • 羽田空港
  • 中部国際空港セントレア
  • 関西国際空港
  • 関西国際空港 (空港ロッカー受取)
  • 福岡空港

イモトのWi-Fiの公式サイトを見る\9月5日~1月31日の期間限定で50%0FFキャンペーン実施中!/

3位:シンガポールDATA(グローバルモバイル)

グローバルモバイル
価格(1日あたり) 無制限:1日780円
評価
備考 通信容量無制限 / 4G回線 / starhubのSIM搭載 /連続通信時間5時間 / 料金最安 / 受取空港4箇所 / 補填オプション200円 / バッテリー100円 / 前日17時まで申込

シンガポールDATA(グローバルモバイル)は、容量無制限で使えるレンタルWi-Fiルーターです。

価格も安いので魅力的ですが、連続通信時間が5時間と短いのがネックです。また、連続して長時間使いたい場合、予備バッテリーの使用を推奨されています。

紛失補償について、1日あたり200円のオプションで加入することが可能です。

短時間で多くの容量(youtubeなど)を使う方にはおすすめのレンタルWi-Fiです。

シンガポールDATAの受取空港一覧
  • 成田国際空港内第一ターミナルQLライナーカウンター(4F 南ウイング)
  • 成田国際空港内第二ターミナルQLライナーカウンター(3F)
  • 羽田空港国際線ターミナルJALエービーシーカウンター(3F出発カウンター)
  • 中部国際空港セントレア分室郵便局(1F)
  • 関西国際空港ターミナルビル内郵便局(2F南)

シンガポールDATAの公式サイトを見る

4位:ワイホー(Wi-Ho!)

ワイホー
価格(1日あたり) ・無制限プラン:1,880円
・1GB/日:1,280円
・500MB/日:980円
・300MB/日:680円
評価
備考 世界周遊プランあり / アジア周遊プランあり / あんしん保障あり / カーチャージャーレンタルあり /4つのプランから選べる / 補填オプション200円 / 予備バッテリー200円 /最短前日の正午まで受付 / 6空港で受取可能

ワイホーは、6つのプランから選べるWi-Fiサービスです。

端末は3種類あり、それぞれで最大通信時間や最大接続台数が異なります。

同時に10台接続したい場合は「Huawei E5577」を、連続通信時間を重視したいのであれば「GlocalMe G3」という機種を選ぶのがおすすめです。

あんしん保障という紛失補償や、モバイルバッテリーのレンタルもあります。スペックの高いWi-Fiルーターを借りたい場合はおすすめです。

ワイホー(Wi-Ho!)の受取空港一覧
  • 羽田空港
  • 成田空港第1ターミナル
  • 成田空港第2ターミナル
  • 新千歳空港
  • 中部国際空港セントレア
  • 関西国際空港
  • 福岡空港

ワイホー(Wi-Ho!)の公式サイトを見る

5位:エクスモバイル

エクスモバイル
価格(1日あたり) ・500MB/日:2,200円
・300MB/日:1,700円
評価
備考 連続通信時間6時間~ / 最大500MB / プラン3つあり / 4G・3G・2Gあり /  / 7空港で受取可能

エクスモバイルは、2つのプランから選ぶことができ、どちらの4G回線です。

対応都市はシンガポール・ジュロン・セントーサ・クレメンティー・ブキットパトック
・チャンギ・ウッドランズ・マリーンパレードです。

MAX容量が500MBなため少なめなのがネックで、300MBのルーターは連続通信時間が6時間とかなり短めです。

軽い利用の場合は選択肢に入りますが、コストパフォーマンスは良いとはいえないのが難点です。

エクスモバイルの受取空港一覧
  • 成田空港 第一ターミナル
  • 成田空港 第二ターミナル
  • 羽田空港(国際線)
  • 関西国際空港
  • 中部国際空港(セントレア)
  • 福岡空港(国際線)
  • 新千歳空港(国際線)

エクスモバイルの公式サイトを見る

シンガポール旅行で一番おすすめのレンタルWi-FiはグローバルWi-Fi!

グローバルWi-Fi公式サイト

シンガポール旅行で一番おすすめのレンタルWi-FiはグローバルWi-Fiです。グローバルWi-Fiは、国内16空港と2営業所でルーターの受け取りが可能です。

ルーターの受け取りや返却で煩わしい思いをする心配はありませんし、サポートや保証制度の面でも非常に優れています。

実際にグローバルWi-Fiをレンタルしたところ、受け渡し窓口の対応が非常に良かったので、海外旅行に慣れていない人でも安心して利用できると感じました!

また、グローバルWi-Fiは当日レンタルにも対応しています。

当日申し込みでレンタル出来るかどうかは機器の在庫状況次第ですが、旅行直前にルーターを借りられる可能性があるだけでも助かりますよね!

直前に申し込みをする場合でも、余裕を持って機器をレンタルする場合でも、グローバルWi-Fiを選んでおけば間違いありませんよ。

グローバルWi-Fi公式サイト

シンガポールの無料Wi-Fi事情ってどうなの?

シンガポールの街中シンガポールでは、施設やカフェなどに多くの無料Wi-Fiが併設されています。

また、基本的に大きなホテルであれば、無料でWi-Fiが使えるようになっています。

注意したいのは、シンガポールには、「Wirekess@SG」という無料Wi-Fiが多く飛んでいることです。

これは、シンガポール政府が供給している無料Wi-Fiで、図書館やショッピングセンターなど、いたるところで設置されています。

利用には登録が必要で、シンガポールのSIMが必要となります。シンガポールのSIMを持っていれば日本人でも使えますが、日本から登録する場合、「Wirekess@SG」のアプリをダウンロードする必要があります。

登録の手間やSIMを手に入れることを考えると、現状では「Wirekess@SG」の利用はあまり現実的ではない状況です。

参考:シンガポールの電気通信機器に係る規制の枠組み (総務省)

シンガポールの現地でWi-Fiルーターはレンタルできる?

夜のシンガポール

シンガポール現地でレンタルできるWi-Fiは、チャンギ空港内に「チャンギレコメンズ」という業者があります。

1日あたり10シンガポールドルなので、800円~1000円くらいの料金になり、場合によっては割高になってしまいます。

ただ、こちらは事前予約が必要で、当日の予約は受け付けていません。そのため、シンガポールについて「しまった!Wi-Fi忘れた!」となってもその場で借りることができないのです。

つまり、シンガポール現地でWi-Fiをレンタルすることは手間と時間がかかるため、可能な限り日本で事前にレンタルしていくことをおすすめします。

グローバルWi-FiなどのWi-Fiサービスはサポートもしっかりしているため、安心できるサービスで旅行を楽しむのが良いですよ。

シンガポール旅行にポケットレンタルWi-Fiは必要か考察してみました

マリーナベイサンズの上

ここでは、シンガポール旅行に本当にポケットWi-Fiが必要かを考察しました。

まず、上述したようにシンガポールの街中で飛んでいる主なWi-Fiは「Wirekess@SG」ですが、事前登録が必要な上にシンガポールのSIMが必要です。そのため、基本的に利用は難しいと考えた方が良いでしょう。

ホテルでは無料Wi-Fiが完備されていますが、離れるともちろん使えないため、Googleマップを見たり現地のお店を調べたりするのに非常に不便です。

また、シンガポールではUberが非常に一般的で、タクシーの代わりにUberで車を呼ぶことが多いですが、これもポケットWi-Fiがないと移動中に呼べないため非常に不便です。

このあたりのことを考えると、シンガポール旅行を快適に楽しむためにはポケットWi-Fiのレンタルは必須だといえます。少しの金額で旅がかなり快適になるので良い投資だと思いますし、ぜひ参考にして下さい。

シンガポール旅行でのWi-Fiレンタルについてまとめ

シンガポール旅行のWi-Fiについてまとめ
  • シンガポールでレンタルWi-Fiを利用する際には受け取り空港やサポートをチェックしよう!
  • 現地の無量Wi-Fiは登録とシンガポールSIMカードが必要
  • 現地でWi-Fiルーターはレンタルできるが、当日予約はできない
  • シンガポール旅行を快適に過ごすならレンタルWi-Fiがあるとおすすめ

以上のような内容をお届けしました。シンガポール旅行におすすめのレンタルWi-Fiや、シンガポールのWi-Fi事情は理解できましたか?

この記事を参考に、シンガポール旅行を快適に楽しんで下さいね!

シンガポール旅行におすすめのレンタルWi-Fiランキングに戻る
イモトのWiFi-追従バナー


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA