インターネット事情

PS4で快適にWi-Fiを使いたい方必見!おすすめルーターも紹介

PS4 Wi-Fi おすすめ
maenaka
maenaka
こんにちは、「なるほどWi-Fi」編集部の前中です。

PS4でWi-Fiを使っているけど、「ちょっと遅いな…」「もっと快適に使いたい!」こういったことで悩んでいませんか?

Wi-Fiは便利なモノで、通信速度が落ちたりするデメリットを分かっていても使いたい場合があると思います。

そこで、今回はPS4で快適にWi-Fiを使うための方法を解説いたします!おすすめのルーターも紹介していますので、是非参考にしてみてください。

PS4でWi-Fiを使う場合は光回線がおすすめ!

光回線 モバイルWi-Fi テザリング
回線の速さ
安定性
通信制限

PS4をWi-Fi接続する方法は、光回線・モバイルWi-Fi・テザリングといくつかあります。それぞれの接続方法を比較した表を用意しました。

上記の表の通り、PS4をWi-Fiで使う場合は光回線が最もおすすめです!
なぜ光回線なのか…?Wi-Fi接続するには…?それぞれ解説していきます!

光回線とWi-Fiルーターを繋いでPS4と接続しよう!

PS4をWi-Fiで快適に使うために必要なことは…

  • 光回線を用意する
  • Wi-Fiルーターを用意する

この2つです!

光回線とは、光信号を用いてデータの送受信を行っているインターネット回線のことで、現代最も速いインターネット回線として普及し続けています。他の接続方法と比較すると、回線速度が安定して速く、通信制限もありません。

光回線でWi-Fiを使うにはWi-Fiルーターが必要です。ルーターとは光回線で送られてきた信号をどの端末に渡すか判別するための機器なのですが、機能のひとつとしてWi-Fiを使用する事ができます。

ルーターの性能によって、Wi-Fiの快適さも変わってきます。ルーターを選ぶ際のポイントを下記で紹介していますので、是非参考にしてみてください!

もし、自宅に光回線を敷いていない方は、光回線を契約・工事する必要があります。光回線を提供しているサービスはいくつもありますが、中でも「NURO光」がおすすめです!

NURO光 おすすめ

「光回線最速」と言われているNURO光。Wi-Fiで使用した際ももちろん最速です!

NURO光 公式ページへ

光回線が使えない場合はモバイルWi-Fiを使おう!

モバイルWi-Fiとは、「ブロードWiMAX」や「GMOとくとくBB」などの持ち運びができるWi-Fiのことです!モバイルWi-Fi自体がアクセスポイントとなるので、どこからでもWi-Fi対応機器をインターネット接続することができます。

「光回線が対応していないエリアに住んでいる…」
「訳あって光回線の工事が出来ない…」

そんな方は、工事が不要なモバイルWi-Fiを使用しましょう!

但し、モバイルWi-Fiを使用してPS4接続する際には注意点があります!

  • エリア・時間帯によって当たりハズレがある
  • 光回線と比べると、速度・安定性に欠ける
  • 通信制限がある

実際にモバイルWi-FiでPS4をWi-Fi接続をしている方は多々いますが、評価が別れているのは「エリア・時間帯によって当たりハズレがある」からです。特に地域によって速度が異なる事が多いので、一概にこのモバイルWi-Fiがおすすめ!といった紹介が出来ません。契約する際はリサーチが重要になってきます。

通信制限にも注意しましょう。プランにもよりますが、ダウンロードをしたりすると一気に使用容量を持っていかれます。

FPSや格闘ゲームなどの対戦ゲームをしている方はモバイルWi-Fiはおすすめできません。モバイルWi-Fiは「ping」と呼ばれる回線の応答速度が遅い傾向にあるからです。ボタン入力や敵の動きに対して遅延(ラグ)が発生してしまいます。自分にとっても、対戦相手にとっても好ましくない状態になるため、対戦ゲームでの使用はなるべく控えましょう。

実際に光回線(ソフトバンク光)をWi-Fiで使っている筆者の感想を紹介!

回線 ソフトバンク光
ルーター j18v115
PS4 CUH-1100A(初期のモデル)
PS4 Wi-Fi

筆者は実際に光回線をWi-Fiで使っています。使っている環境と回線速度は上記のとおりです!

PS4の「モンスターハンターワールド」「フォートナイト」「ダークソウル3」「ガンダムバーサス」などをオンラインプレイしていますが、夜の混雑時間でなければWi-Fiで快適にプレイ出来ています!

但し、混雑時間にWi-Fiでプレイすると、ほんの少しラグが発生したりと不安定になる時があります。一瞬のミスで勝敗が決してしまうガチな対戦ゲームで、混雑時間にWi-Fiは少し不安があると思いました。

モンハンは200時間程やっています(笑)のんびりとPS4のオンラインで遊ぶ分には、光回線のWi-Fiで快適に楽しんでいます…!

PS4で使うWi-Fiルーターを選ぶ際の4つのポイント

Wi-Fiルーターを選ぶ際の4つのポイント
  • 無線規格「IEEE802.11ac」対応ルーターを選ぶ
  • 「ビームフォーミング」対応ルーターを選ぶ
  • ルーターの配置と対応間取りに気をつけて選ぶ
  • 複数接続する場合はMIMO対応ルーターを選ぶ

ルーターの性能によって、Wi-Fiを使ったPS4ライフが快適になるか変わってきます。ここでは、PS4で使うWi-Fiルーターを選ぶ際のポイントを紹介していきます!

1.無線規格「IEEE802.11ac」対応ルーターを選ぶ

最新の無線LAN規格(通信の方式)である「11ac(正式名称:IEEE802.11ac)」に対応しているWi-Fiルーターを使用しましょう。

11acは2014年にリリースされたWi-Fiの最新規格で、従来の11.5倍、最大6.9Gbpsもの通信速度を実現しています。(理論上の話で、実際に使っているとそこまでは出ません)

光回線を使用していて「11ac」に対応していない古いルーターだと、本来出せるはずの回線速度が出ていない可能性があります。

PS4の型番「CUH-2000(PS4スリム)」「CUH-7000(PS4pro)」(いわゆる新型PS4)は「11ac」に対応しています。古い型のPS4は「11ac」に対応していないため、注意しましょう。

2.「ビームフォーミング」対応ルーターを選ぶ

「ビームフォーミング」とは、ルーター側が接続している各デバイスの位置を判断して最適な電波を届けることで、回線の速度・安定性を向上させる機能です。PS4を使っている位置を判断し集中して電波を送ってくれるので、回線速度の改善が期待できます。

ビームフォーミングはPS4スリムとPS4proの通信規格「11ac」に対応した機能です。旧型のPS4は対応しておりませんので、ご注意ください。

3.ルーターの配置と対応間取りに気をつけて選ぶ

ルーターの配置場所には気をつけましょう。PS4がルーターから遠かったり、壁を隔てていたりすると、Wi-Fiの強度が落ちてしまいます。

PS4とルーターを近くに置ければいいのですが、難しい場合もあると思います。他にも接続する端末がある事を考えると、実際の部屋の間取りよりワンランク上のルーターを選んでおくと安心です。

例.自宅が1LDKの場合 → 2LDK用のルーターを使う

4.複数接続する場合はMU-MIMO対応ルーターを選ぶ

従来のルーターでは、ルーターと端末で1対1で通信するため、複数接続すると通信の順番待ちが発生し、通信速度が低下していました。それを改善した機能がMU-MIMOです。

MU-MIMO(マルチユーザーマイモ)とは、ルーター1台に対して、複数の端末と同時に通信が出来る機能です。順番待ちが発生せず、通信速度の低下を防ぐ事が出来ます。ルーターにアンテナが複数ついている点が特徴です。(内蔵されている場合もあります)

PS4を快適に使うためのおすすめWi-Fiルーターを紹介!

BUFFALO WHR-1166DHP4 ASUS RT-AC86U
価格 4,058円 19,625円
Wi-Fi強度 866Mbps 2167Mbps
11ac
ビーム
フォーミング
MU-MIMO ×

上記で解説したポイントを踏まえて、価格重視である「BUFFALO WHR-1166DHP4」と、性能重視である「ASUS RT-AC86U」の2つのルーターを紹介いたします!

【価格重視】BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WHR-1166DHP4

価格 4,058円
型番 WHR-1166DHP4
間取り 3LDK2階建向け
通信規格 11ac/n/a/g/b
ビームフォーミング 対応
最大転送速度  866Mbps+300Mbps
MU-MIMO 非対応

価格を重視した際におすすめするWi-Fiルーターです。特徴は、

  • 価格が安い
  • 無線LAN規格11acを搭載
  • ビームフォーミングに対応
  • 専用アプリから簡単設定

通信規格は「11ac」に対応。「ビームフォーミング」にも対応しており、間取りは3LDK2階建向け(と記載されているので実際には2LDK以下の環境がおすすめです)。必要機能が一通り揃っており、価格も安く、コストパフォーマンスに優れたWi-Fiルーターです!

注意点は、有線LAN接続した際の回線速度が100Mbpsまでしか出ない点です。Wi-Fiを有効活用したい場合におすすめします。

BUFFALO ルーターはこちら

【性能重視】ASUS ゲーミングWi-Fi無線ルーター RT-AC86U

価格 19,625円
型番 RT-AC86U
間取り 4LDK3階建向け
通信規格 11ac/n/a/g/b
ビームフォーミング 対応
最大転送速度  2,167Mbps
MU-MIMO 対応

性能を重視した際におすすめするゲーミングWi-Fiルーターです。特徴は、

  • 圧倒的通信速度と広範囲通信(最大2,167Mbps)
  • MU-MIMO対応により最大3台の同時処理可能
  • ゲームのタイムラグを軽減する「WTFast」機能搭載
  • ゲームの通信優先度を高める「Adaptive Qos」機能搭載
  • ビームフォーミング、11ac対応

価格は高いですが、高性能なゲーミングWi-Fiルーターです。MU-MIMOにより最大3台の同時処理が可能ですが、接続自体は18台まで可能です。

「WTFast」でラグを軽減(ping値を抑える)、「Adaptive Qos」でゲームの通信を有線的に行う機能があったりと、ゲームに特化したWi-Fiルーターです。ガチな対戦ゲームをする方や、複数接続が多い方、部屋が広い方へおすすめのWi-Fiルーターです!

ASUS ルーターはこちら

PS4でWi-Fi接続すると遅い…繋がらない…その原因は?

PS4 遅い 原因

PS4でWi-Fi接続すると、「通信が遅い…」「そもそもネットに繋がらない…」という方へ。ここでは、その原因を解説していきます!

古いルーターを使っている

ルーターが古かったり、性能が低いとWi-Fiが遅くなる原因となります。インターネット回線を契約した際にレンタルした・購入したルーターをそのままお使いの方は、一度ルーターの確認をしてみてください。

ルーターの配置が悪い

ルーターの配置が悪いと、Wi-Fiが遅くなる原因となります。ルーターとPS4間を近づけたり、同じ部屋に設置したり、試してみてください。配置の変更が困難な場合は、今使っているルーターよりもうワンランク上の電波強度を持つルーター(対応間取りがワンランク上)を使ってみてください。

回線が混雑している

自宅で家族が同時にインターネット回線を使っていると、通信処理の順番待ちになり速度が遅くなってしまいます。MU-MIMOに対応したルーターを使えば改善されます。

マンションの場合は、他の住民と同じ回線を分け合って使っている事が多いです。そのため、20時~24時ぐらいの混雑時間は遅くなりがちです。

PS4のサーバーが原因

PS4のサーバーがメンテナンス中だったり、障害が発生している場合はインターネットに繋がらないことがあります。下記URLからサーバーの状況を確認できます。

まとめ

PS4でWi-Fiを快適に使う方法 まとめ
  • PS4をWi-Fiで使う際は光回線を使用しよう!
  • Wi-Fiの快適さはルーターでも変わってくる!
  • 「11ac」「ビームフォーミング」「間取り」「MU-MIMO」をチェック!

PS4でWi-Fiを快適に使う方法を解説してきました。モバイルWi-Fiで接続するのは安定しないので、光回線をWi-Fiルーターで使うのがおすすめです。

Wi-Fiルーターの選び方とおすすめルーターも紹介してきました。快適なPS4ライフを送るためにも、是非参考にしてみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA