インターネット事情

PS4の速度に悩んでいる方へ…必要速度の目安や改善方法を紹介!

PS4 速度
maenaka
maenaka
こんにちは、「なるほどWi-Fi」編集部の前中です。

PS4で遊んでいて「速度がちょっと遅いな…」「通信速度20Mbpsとかって何…?」「どれくらいの速度が必要…?」こういったことで悩んでいませんか?

今回はPS4で快適に遊ぶために必要な速度や改善方法を紹介しています。そもそも速度とは?といった初歩的な内容から解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

PS4の速度に悩んでいる方へ…まずは速度測定から!

PS4の回線速度チェック方法
  1. PS4を起動 ホーム画面の右上にある「設定」を選択
  2. 「ネットワーク」を選択
  3. 「インターネット接続を診断する」を選択

「そもそもPS4の速度って何だろう…?」とお悩みの方へ。速度は通信速度や回線速度、ネットワーク速度とも言います。データのやりとりをする際に1秒間に送れるデータ量を表していて、「Mbps」や「kbps」といった単位を使います。

PS4のゲームをオンラインで遊ぶ際に、ラグが起こらず快適に遊べるかどうかはこの「通信速度」で決まってきます。通信速度はPS4で測定できるので一度やってみましょう!

PS4 速度測定

結果はこのように表示されます。特に重要な項目は下2つです!

通信速度(ダウンロード) 「下り」とも言う。サーバーや通信相手からデータを受信する際の速度。これが遅いとゲーム中に自分以外がカクカクしたりする。ダウンロードも遅くなってしまう。
通信速度(アップロード) 「上り」とも言う。PS4からサーバーや通信相手にデータを送信する際の速度。これが遅いとゲーム中に、相手側から自分がカクカクしたりするように見える。
単位について 上記画像の単位は「Mbps」だが「kbps」の場合は注意。1Mbps=1,000kbpsのため、kbpsで表示される場合は非常に低速。

通信速度はダウンロードとアップロード、どちらも重要です。PS4で速度測定を行い、ご自身の通信速度をチェックしてみてください!

PS4に必要な通信速度の目安を紹介!

PS4 ゲーム 5Mbps~10Mbps(ダウンロード・アップロード共に)
PS4 対戦ゲーム 10Mbps~30Mbps(ダウンロード・アップロード共に)
PS4 ダウンロード 10Mbps~100Mbps(ダウンロード)
PS4 シェアプレイ 2Mbps~(ダウンロード・アップロード共に)
PS4 PlayStation Now 5Mbps~(ダウンロード・アップロード共に)

PS4の各種コンテンツに必要な通信速度を表にまとめました。測定した結果と比較してみてください!ダウンロード・アップロード共に10Mbps程あれば、ほとんど困る事はないでしょう!

※PS4のダウンロードに必要な最低通信速度はありませんが、10Mbps程は無ければ相当時間がかかってしまうので、10Mbps~100Mbpsという表現にしました。

出来れば有線LANで接続しましょう!Wi-Fi接続は有線接続と比べると、通信が不安定なため切断やラグが増えてしまいます。

筆者のネット環境だと、混雑時間に5Mbps程まで落ちてしまうことがありますが、PS4のゲームは問題なく出来ています!ただ、対戦ゲームは少しラグが発生して困るので、遅くなる時間帯は避けています。

PS4の通信速度を上げる方法を紹介!

PS4の通信速度を上げる4つの方法
  • ルーターとPS4の再起動
  • 有線接続する・LANケーブルの確認
  • DNSの設定を行う
  • 混雑している時間帯を避ける

PS4の通信速度を測定し、必要速度と見比べた結果はどうでしたか…?
通信速度が足りなかった方へ向けて通信速度を向上させる簡単な方法を紹介いたします!

10Mbps~30Mbps程あった方でも、通信速度は速いに越したことはないので、是非参考にしてみてください。

1.ルーターとPS4の再起動

お手軽に通信速度を上げる方法として、まずはルーターとPS4の再起動が挙げられます。「PS4を長時間つけっぱなし」「ルーターの再起動はしたことない」という方は速度UPが期待できるかと思います!

ルーターの再起動方法は電源を抜くだけでOKです。再度、電源を入れれば勝手に起動してくれます。

特にルーターの再起動は効果的で、「通信速度が速くなった!」というお声をよく耳にします…!

2.有線接続する・LANケーブルの確認

Wi-Fiで接続している方は、可能であればLANケーブルでの有線接続を試してみてください。かなりの速度UPが期待できるかと思います!(ルーターのWi-Fi能力によります)また、速度UPだけてなく安定性も確実に向上します。

LANケーブルにも種類があり、購入する際はPS4の通信規格「1000BASE-T」に対応している「カテゴリー6以上」を購入しましょう。パッケージや商品名に「CAT6」や「カテゴリー6」と記載されています。

3.DNSの設定を行う

PS4のDNS手動設定方法
  1. PS4を起動 ホーム画面の右上にある「設定」を選択
  2. 「ネットワーク」→「インターネット接続を設定する」を選択
  3. 「Wi-Fiを使う」or「LANケーブルを使う」を選択
  4. 「カスタム」を選択
  5. 「IPアドレス設定:自動」→「DHCPホスト名:指定しない」を選択
  6. 「DNS設定を手動」を選択
  7. プライマリDNSを「8.8.8.8」、セカンダリDNSを「8.8.4.4」に設定
  8. 「MTU設定:自動」→「プロキシサーバー:使わない」を選択

PS4にネットワーク接続設定で、DNSを指定する方法です。

これは、Googleの無料パブリックDNSサービスを利用する設定です。DNSの解説は複雑なので省略しますが、上記の設定を施すことで通信速度が改善する場合があります。

もしも、逆に「速度が落ちてしまった!」という場合は、上記の⑤「カスタム」の部分を「かんたん」にして設定完了すれば、元に戻せます。

筆者の場合は、通信速度が少し下がってしまいました。自動で設定されていたDNSの方が高速だったようです。「速くなった!」というお声もよく耳にするので、是非試してみてください!

4.混雑している時間帯を避ける

通信を行っている回線は、同じプロバイダを利用しているユーザー同士で分け合って使っているものです。そのため、通信が集中する時間帯(20時~24時頃)は遅くなってしまうかもしれません。

深夜や早朝は利用者も少なく快適です。特に時間がかかるゲームのダウンロードはスタンバイモードを利用して寝ている間にしてしまいましょう。

Wi-Fi接続でPS4の通信速度を上げる方法を紹介!

「有線接続の方が良いの分かっているけど、できれば便利なWi-Fi接続でPS4を使いたい…!」そんな方のために、Wi-Fi接続でPS4の通信速度を上げる方法を紹介いたします!

上記の4つの方法はWi-Fi接続の場合にも言えることですので、まずは試してみてください。さらにWi-Fiを速くするにはルーターの見直しが必要です。それぞれ解説していきます!

1.ルーターの配置を見直す

ルーター 配置

ルーターの配置場所には気をつけましょう。以下のような状況は、Wi-Fiが遅くなる可能性があります。

  • ルーターとPS4間の距離が遠い
  • ルーターとPS4間に壁がある
  • ルーターとPS4間、もしくは近くに電子レンジがある
  • ルーターの電波強度が低い(対応間取りが狭い)

PS4とルーターを近くに置ければいいのですが、難しい場合もあると思います。他にも接続する端末がある事を考えると、実際の部屋の間取りよりワンランク上のルーターを使うと安心です!

例.自宅が1LDKの場合 → 2LDK用のルーターを使う

2.ルーターを買い替える

ルーターおすすめ
価格 4,056円
間取り 3LDK2階建向け
通信規格 11ac/n/a/g/b
ビームフォーミング 対応
最大転送速度  866Mbps
  • PS4proとPS4スリムに対応している最新の通信規格「11ac」に対応。
  • 通信している端末に集中的に電波を送る「ビームフォーミング」搭載
  • 最大転送速度866Mbpsで、3LDK2階建までカバー
  • 専用アプリから簡単設定
  • (注意)有線接続時の最大速度は100Mbps

「プロバイダからレンタルしたルーターを使っている」「古いルーターをそのまま使っている」こんな方は、ルーターを買い替えるとWi-Fiが快適になるかと思います…!

買い替え先として、コストパフォーマンスに優れる「BUFFALO WHR-1166DHP4」がおすすめです!

基本的な必要機能が一通り揃っており、値段も安く、専用アプリから簡単に設定出来る点が魅力的ですね!

BUFFALO ルーターはこちら

回線速度が速いサービスに乗り換えよう!おすすめ「NURO光」

NURO光 おすすめ
  • 上記の方法でもあまり改善しなかった方
  • 混雑時間でも快適に使いたい方
  • 自宅に光回線がなく、モバイルWi-Fiやテザリングで接続している方

そんな方は、「光回線最速」と言われているNURO光への乗り換えをおすすめします!

評判も良く、今人気の光回線である「NURO光」。当サイトでもNURO光に関する解説記事がいくつかありますので是非参考にし、検討してみてください!

NURO光 公式ページへ

よく見る「ping値」とは?分かりやすく解説!

ping値

ping値はオンラインでゲームをする際に重要な数値です。一定の通信速度(10Mbps程度)あれば、後はping値で快適さが決まるとも言われています。詳しく解説していきます!

ping値とはサーバーとの応答速度のこと

PS4でオンラインのゲームをしていた時のping値
  1. PS4からパケット(例えば×ボタンを押してジャンプしたいという情報)を送信
  2. そのゲームのゲームサーバーはパケット(ジャンプをしたいという情報)を受け取る
  3. 受け取ったゲームサーバーはPS4にパケットを送り返す
  4. PS4でゲームサーバーからのパケットを受信する(ここで初めてジャンプする)

最初のPS4から送信し、最後のPS4で受信するまでにかかった時間をping値で表します。

※これは他のユーザーとの同期が必要なオンライン上での挙動であり、オフラインでは単純に×ボタンが押された瞬間にジャンプできます。

ゲームにおいてのping値とは「サーバーとの応答速度」のことで、例えばPS4でオンラインゲームをしていた時のping値の表し方を上記で解説しています。

ping値の単位は「ms」で、1ms=1000分の1秒です。ping値は通信速度とは違い、低い方が快適です。(応答にかかった時間が短い=通信が速く返ってくるから)

ping値の計測方法と、ping値の目安を紹介!

1ms~15ms 非常に快適で、全く問題なくオンラインプレイができる
16ms~30ms 快適で、問題なくオンラインプレイができる
31ms~50ms 問題なくオンラインプレイができるギリギリのライン
51ms~100ms 遅く、対戦ゲームの場合は不利になったり、相手に不快がられる
101ms~ 相当遅く、切断されたり、まともにプレイできない場合がある

ping値の目安が上記の通りです。計測結果と比較してみてください。

ping値の計測は、PS4とやりたいゲームのサーバー間で計測する必要があります。ですが、ゲームサーバーのIPアドレスは公開されておらず、直接計測する事は難しいです。そこでping値を計測できるサイトとして有名な、SPEEDTEST.NETでping値の目安を計測します。

※直接ゲームサーバーとの間で計測している訳ではないので、確実な数値ではないです。実際にやりたいゲームのping値とは差がある可能性があります。あくまで目安として考えてください。

「バトルフィールド」などの一部ゲームは、ゲーム内の機能でping値が計測出来ます。こちらの方が確実なので是非試してみてください!

ping値の改善方法とは?

ping値の改善方法は、ほとんど通信速度の改善方法と一緒です。中でも効果的なのは「有線接続」です。Wi-Fi接続やモバイルWi-Fiで接続している場合は、通信が不安定になり、ping値も遅い傾向があります。

また、ゲームによってはサーバーを選べることもあります。例えばマッチング地域を日本国内と全世界が選べるゲームがありますが、日本国内に限定すれば、ラグも軽減され快適になります。

PS4の読み込み速度が遅い…その改善方法は?

読み込み速度

ここまで通信速度に関する改善方法を紹介してきました。

PS4の速度についての悩みは通信速度に関係している場合が多いかと思いますが、中には「読み込み速度について解決したい!」といった方もいるのではと思います。

ここでは、長くなりがちな「読み込み速度」について解説します!

速度の速いSSDに換装する

PS4pro SSD
PS4pro HDD
PS4 SSD
PS4 HDD

各PS4とHDD・SSDの読み込み速度について表でまとめてみました。

例えば「モンハンワールド」でキャラクターを選択してから最初の町へ行くまで結構な時間待たされるかと思います。

そんな読み込み速度を速くする方法は以下の2つです。

  • 初期のHDDからSSDに換装する
  • PS4 proに買い替える

「PS4proにSSD換装」が最速です!pro以外のPS4ではHDDやSSDでデータをやり取りする「転送速度」が遅いため、SSDの性能をフルに活かしきれません。(とはいってもHDDよりは速いです)

PS4proとSSD両方を購入するとなると結構な金額になっちゃいます。しかし、その快適さはかなりのもの…。是非SSDへの換装を検討してみてください!

外付けHDDの速度は遅い?

PS4 pro 読み込み速度:ほとんど変化なし
PS4 読み込み速度:ほとんど変わらないか、少し速く感じる程度
PS4 pro 転送速度:6Gbps
PS4 転送速度:3Gbps
USB3.0 転送速度:5Gbps

PS4本体の容量不足で外付けHDDを検討している方もいるかと思います。PS4proとproでないPS4で外付けHDDを使った場合の読み込み速度を表にしました。

proでないPS4を使用中の方は、少し速く感じる可能性があります。その理由は転送速度にあります。

PS4を外付けHDDで使用する場合は、PS4のUSB3.0を使う事になります。このUSB3.0の転送速度がproでないPS4より速いので、外付けHDDの方が速くなる可能性があります。

なぜ可能性なのか、というとHDDの速さの限界が転送速度3Gbps前後になるからです。読み書き速度が速い外付けHDDであれば少し速くなるでしょう!

SSDであれば転送速度6Gbpsをフルに活かせるため、proでないPS4でSSDを使うなら外付けの方が速くなります!

まとめ

PS4の速度に関してまとめ
  • PS4の通信速度とは、1秒間に送れるデータ量を表している
  • PS4に必要な通信速度の目安は10Mbps程度
  • 通信速度が遅かった場合は、簡単にできる改善方法を試してみる
  • Wi-Fi速度を改善したい時はルーターを買い替える
  • 光回線の効果的な乗り換え先は「NURO光」
  • ping値とはサーバーとの応答速度のこと
  • 読み込み速度が遅い場合はSSDを検討する

PS4の速度に関してお悩みの方向けに、通信速度の改善方法を紹介しました。また、関連語句としてping値や読み込み速度に関しての紹介もしました。

PS4の速度に関する知識は深まりましたでしょうか。この記事を参考に、快適なPS4ライフを送っていただければ幸いです。

あわせて読みたい
PS4本体
PS4のダウンロードが遅い方必見!実際に試してみた改善方法を紹介PS4のダウンロードの遅さでお悩みの方へ。ここでは回線速度の改善方法と、実際に試してみた結果を掲載しています。初心者の方にも分かりやすく説明していますので、是非参考にしてみてください。...
あわせて読みたい
PS4 Wi-Fi おすすめ
PS4で快適にWi-Fiを使いたい方必見!おすすめルーターも紹介PS4でWi-Fiを使いたい・使っている方へ。ここではPS4で快適にWi-Fiを使う方法と、ルーターの選び方を解説しています。おすすめルーターも紹介していますので、是非参考にしてみてください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA