インターネットサービスプロバイダーとは?意味や必要性を徹底解説!

インターネットサービスプロバイダーとは?意味や必要性を徹底解説!


編集部ダイゴ
編集部ダイゴ

なるほどwifi」編集部のダイゴです。

「インターネットプロバイダとは何なのか?」「インターネットプロバイダの必要性は?」などなど、プロバイダについて気になって意味を調べている人は多いようですね。

私も、インターネットについて学び始める前は「プロバイダって何?」「フレッツ光とNURO光って違うの?」などなどよく分かりませんでした。なので、プロバイダについて調べる人の気持ちはよく分かります。

そこで今回の記事では、「インターネットプロバイダとは何なのか?」「インターネットプロバイダの役割」「おすすめのインターネットプロバイダ」などについて解説していきます。

最後まで読んでいただければプロバイダについて基本的なことが理解できます。是非、参考にしてくださいね♪

プロバイダーとは?回線事業者との違い・意味・必要性を詳しく解説!

概要
プロバイダーの意味や役割 プロバイダには、光回線をインターネットに接続する役割があります。
プロバイダーと回線業者の違い プロバイダは光回線をインターネットに繋げる役割があるのに対して、回線業者は光回線の施工管理を行う業社です。
プロバイダーの必要性 プロバイダがいなければ光回線をインターネットに接続することができません。

プロバイダとは英語の「provider(供給する者)」から来た言葉で、言葉の通り「インターネット接続を供給する」役割があります。

回線業者が施工・管理を行っている光回線を使って、契約ユーザーの家に引き込まれている光回線をインターネットに接続するのがプロバイダの役割です。

このパートではプロバイダについて「意味や役割」「回線業者との違い」「必要性」の3つについてより詳しく解説していきます。是非、参考にしてください。

プロバイダの意味や役割を含めもう少し詳しく解説します!


先に説明した通り、プロバイダは英語の「provider(供給する者)」からきた言葉で光回線をインターネットに接続する役割があります。

自宅に引き込まれている光回線をずっと辿っていくと、契約しているプロバイダのサーバーに接続されています。私たちは、そのプロバイダサーバーを介してインターネットに接続しているんです…!

また、プロバイダには契約者にIPアドレスを付与する役割やインターネットに接続するためのID・パスワードを管理する役割もあるんですよ。

このように、インターネットプロバイダはインターネットに接続するための窓口として非常に重要な役割を担っているんです。

プロバイダーと回線事業者の違いを解説!

役割
プロバイダ プロバイダには、回線業者が施工・管理する光回線をインターネットに接続する役割があります。
回線業者 回線業者には、新しく光回線を敷設したり既にある光回線を保守する役割があります。

プロバイダーと回線業者は、そもそもやっていることが全く違います。

プロバイダは光回線をインターネットに接続する作業を行っているのに対して、回線業者は光回線の保守管理を行っています。回線業者は、インターネットへの接続には一切関与していないんです!

そのため、インターネットを契約するためには@niftyなどのプロバイダとフレッツ光などの回線業者の2種類の会社との契約が必要です。

最近では、プロバイダと回線業者がセットで契約出来る「光コラボ」などが主流になってきたのでプロバイダと回線業者の違いが分かりにくくなってきましたね…汗

プロバイダーの必要性とは?


プロバイダーはインターネットに接続する作業を行う会社なので、ネットに接続するなら必ず必要です。

もしプロバイダを契約せず光回線を契約しても、光回線がインターネットに接続されていないのでネットに接続することはできないんです…!

何をしているか分かりにくいプロバイダーですが、「インターネットに接続する役割がある」ということを知っていれば必ず必要なことが理解できると思います。

プロバイダーが提供する5つのサービス!

サービス名 概要
1:電話サポートサービス WiMAXや光回線の疑問にいつでも電話で答えてくれるサポートサービスです。
2:光テレビ 光回線を利用してアンテナ不要でテレビを見ることができるサービスです。
3:光電話 光回線を利用したIP電話で、通常の電話より安く電話をかけることができるサービスです。
4:WiMAX端末の修理保証サービス WiMAXの端末が故障してしまっても修理費用をプロバイダが負担してくれるサービスです。
5:公衆無線LANサービス 光回線やWiMAXの契約者限定で、街中で飛んでいる一部の公衆無線LANが無償で使えるサービスです。

このパートでは、光回線やWiMAXのプロバイダが提供している5つのサービスについて解説していきます。

それぞれのサービスについてパートを区切って詳しく解説していくので是非参考にしてくださいね。

1:いつでも疑問を聞ける電話サポートサービス


プロバイダ契約をすることで、細かい疑問にいつでも気軽に答えてくれる電話サポートサービスが利用できます。

また、月額料金を支払う事で何度でも訪問サポートや遠隔サポートを利用することができるプロバイダもあります。

パソコンやネットに関する知識が薄い人でも、サポートが手厚いプロバイダを契約しておけばいつでも助けて貰えるんですよ♪

2:ネットでテレビが見られる光テレビサービス


光回線のプロバイダを契約する時に光テレビサービスのオプションを付けることで、光回線でテレビを見ることができます。

光テレビは、インターネットを利用してテレビを視聴できるサービスで地上波・BS・CS様々なチャンネルを視聴することができます。

山間部に住んでいてテレビの電波が受信できない人にはとても便利なサービスですし、BSやCSなどの番組を視聴したい人にもおすすめのサービスです。

3:通話料が安い光電話サービス


光回線のプロバイダを契約する時に光電話サービスのオプションを付けることで、光回線を利用して電話をかけることができるようになります。

光電話は、NTTの固定電話と比べて1分間で10円以上通話料が安く音声品質も変わらないとてもお得なサービスなんですよ…!

光回線のプロバイダを契約した場合、固定電話は絶対に光電話に変えた方がお得ですよ♪次の関連記事で、光電話についてより詳しく解説しています。気になった人は是非読んでみてください。

IP電話とは?仕組みや固定電話との違い・メリットデメリットを解説 そもそもIP電話とは…?「050」から始まるネット回線を使った電話! IP電話とは、インターネット通信を行うための言語であるIP(...

4:端末が故障しても安心なWiMAX端末の修理保証サービス


WiMAXを契約すると、プロバイダのオプションで「端末修理保証サービス」に加入することができます。

端末修理保証サービスは、~500円程度の月額を支払うことで端末が故障しても修理代金をプロバイダが負担してくれるサービスです。

端末が故障すると2万円前後の修理費用がかかることがほとんどなので、月々500円以下で修理費を保証して貰える野はとてもありがたいですね。

5:出先で気軽にWi-Fiが使える公衆無線LANサービス


光回線やWiMAXのプロバイダを契約すると、公衆無線LANサービスが無料オプションとしてついてくることが多いです。

公衆無線LANサービスとは、カフェや駅などに飛んでいる公衆無線LANを無償で利用することができるサービスです。

公衆無線LANに接続すれば、大容量の動画コンテンツなどもスマホの容量を消費せずに見る事ができます。とってもお得なサービスなのでどんどん活用したいですね♪

失敗しない!プロバイダーの正しい3つの選び方!

プロバイダーの3つの選び方
  • ネットから契約できるプロバイダーを選ぶこと!
  • 口コミ評価の高いプロバイダーを選ぶこと!
  • 口コミ評価の高いプロバイダーを選ぶこと!

このパートでは、インターネットプロバイダを選ぶ際の3つの正しい選び方について解説していきます。

それぞれの選び方毎にパートを区切って解説していくので、是非参考にしてくださいね♪

1:ネットから契約できるプロバイダーを選ぶこと!

プロバイダを契約する時は、必ずネットの公式HPから契約可能なプロバイダを選びましょう。多くの優良プロバイダは、ネットの公式HPから契約をすることができるようになっています。

ですが、知名度の低い弱小プロバイダの場合ホームページに契約フォームを設置しても調べる人がいないので契約がとれません。

そのため、訪問営業や家電量販店での直接営業に頼る事になります。こういったプロバイダはサービス品質が低いですし、営業さんの誘導で正常な判断ができないまま契約してしまう可能性が高いので避けましょう。

2:口コミ評価の高いプロバイダーを選ぶこと!

プロバイダーの善し悪しは、サポート対応の良さとインターネットの速度の速さできまります。ハズレのプロバイダを契約すると光回線でもADSL並の速度しかでないなんてこともあるんです…汗

ですが、サポート対応や実際の速度などはプロバイダの公式HPから知る事はできません。公式HPにはプロバイダにとって都合の良いことしか書いてないからです。

そのため、プロバイダを選ぶ時はTwitterや2chなどでの口コミ評判の良いプロバイダを選びましょう。評判の悪いプロバイダーは絶対に契約してはいけません。特にTwitterの口コミは信頼性が高い者が多いので一度見てみることをおすすめします。

3:自分の目的にしっかりと合ったプロバイダーを選ぶこと!

料金の安いプロバイダと契約したい」「サポート対応が良いプロバイダと契約したい」「速度が速いプロバイダと契約したい」などなど、自分の目的に合ったプロバイダを契約しましょう。

プロバイダーは種類によって様々なプロバイダが存在します。安いプロバイダを契約したいのに、サポートが良くて月額が高いプロバイダと契約してしまったら不満が残りますよね?

そのため、プロバイダを選ぶ時は必ず自分の契約目的を明確にして自分の目的に合ったプロバイダと契約することをおすすめしますよ…!

下記関連記事で目的毎におすすめのプロバイダを紹介しているので、よかったら参考にしてみてくださいね♪

【2019年最安】一番安いおすすめプロバイダーを20社の料金一覧から比較この記事では「安いプロバイダを選ぶポイント」「安いプロバイダ20社一括比較」「料金が最安のおすすめのプロバイダランキング」を紹介していきます。...
速度の速いプロバイダを説明する少年
プロバイダ12社の速度比較と場合別の速度が速いプロバイダを紹介!「プロバイダーで速度が速いのはどこ?」「自分でプロバイダーを比較してもよく分からない…」この記事では「プロバイダーの速度比較」「速度が速いおすすめのプロバイダー」などに関して紹介していきます。...
【評判の悪いのはどこ?】大手プロバイダー12社の評判を徹底調査!大手プロバイダー12社の評判を徹底調査した上でおすすめのプロバイダーについて紹介していきます。 最後まで読んでいただければ、「評判の良いプロバイダ」「評判の悪いプロバイダ」についてわかります。是非参考にしてくださいね!...
プロバイダー新規契約のキャンペーン&キャッシュバックを15社比較! 光回線・WiMAX・ADSLそれぞれのプロバイダーキャンペーン&キャッシュバック特徴や違い! 回線の種類 キ...

 

人気5社のプロバイダーを料金や速度で徹底比較!おすすめはどれ?

プロバイダ名 月額料金(プロバイダ料+回線費用) 速度 口コミ評価
NURO光 4,743円 2Gbps
BIGLOBE 2,850円~5,200円 1Gbps
au one net 4,470円〜7,770円 1Gbps
OCN 4,200円~6,200円 1Gbps
GMOとくとくBB 2,330円〜5,060円 1Gbps

人気5社のプロバイダーを料金や速度の面から徹底的に比較してみました…!

結果、so-netが運営するNURO光が料金的にも速度的にも優れていることがわかりましたよ♪

次のパートでは、今回紹介したプロバイダ5社をランキング形式で詳しく紹介していきます。是非参考にしてくださいね!

人気5社のプロバイダーを詳しく解説!

このパートでは、人気のプロバイダー5社をおすすめ順にランキング形式で紹介していきます。

ここで紹介するプロバイダは、どのプロバイダも胸を張っておすすめできるプロバイダです。是非参考にしてくださいね♪

1位:NURO光

プロバイダ名 NURO光
月額料金(プロバイダ料+回線費用) 4,743円
口コミ評価
特徴 NURO光はプロバイダと専用光回線がセットになった契約なので、回線速度がでやすいことが特徴です。運営元も大手プロバイダの「so-net」なのでサポートなどについても安心できます。口コミ評価についても、他社と比べて抜群に良いです。

NURO光は、so-netが運営するインターネットプロバイダ兼回線業者で国内で初めて下り最大2Gbpsの回線を導入したプロバイダです。

通常の光回線が下り最大1Gbpsなのに対して、2Gbpsの回線を使用しているため速度が非常に速いことが特徴です。

口コミでの評判を見ても、平均的に下り200Mbps以上の速度はでているようですね。フレッツ光の回線と比べると2倍以上速いことになります。

また、月額料金も他プロバイダと同程度でサポート対応に関する悪い噂も聞きません。NURO光の対応エリアに住んでいる人は、迷う事無くNURO光の契約をおすすめします。

NURO光の詳細をチェック

2位:BIGLOBE

プロバイダ名 BIGLOBE
月額料金(プロバイダ料+回線費用) 2,850円~5,200円
口コミ評価
特徴 BIGLOBEはKDDIが運営する老舗のプロバイダです。RBB SPEED TESTにてインターネット速度ランキング上位となる事が多く、非常に安定したプロバイダと言えます。口コミ満足度も高めです。

BIGLOBEは、KDDIが運営するインターネットプロバイダで、インターネット黎明期から運営されている老舗プロバイダです。

老舗プロバイダは、ユーザー数の多さから速度が出にくい傾向がありますがBIGLOBEは比較的速度が出るプロバイダなんです…!

日本国内で運営されているスピードテストサイトの中でも非常に信頼性の高いRBB SPEED TESTでは、プロバイダ速度ランキングの上位にランクインすることも多いです。

NURO光と比べると速度の面では劣りますが、サポート対応や老舗の安定感といった点では優れています。NURO光が契約できない地域に住んでいる人はBIGLOBEの契約をおすすめします。

BIGLOBEの詳細をチェック

3位:au one net

プロバイダ名 au one net
月額料金(プロバイダ料+回線費用) 4,470円〜7,770円
口コミ評価
特徴 au one netはKDDIが運営するプロバイダです。特筆すべき優れた点はありませんが、逆に悪い点も無い無難なプロバイダです。

au one netはKDDIが運営するインターネットプロバイダです。これといった特徴の無いプロバイダですが、逆に悪い点も無い無難なプロバイダです。

ただし、au one netはau光が契約出来る数少ないプロバイダの1つです。au光は、NURO光と同じように5Gbpsや10Gbpsの高速回線を提供しています。

au光を契約する場合月額料金が高めになってしまいますが、NURO光と同様に非常に早い速度が期待出来ます。

なるべく速度が速いインターネット契約をしたいと考えて居る人は、au one net+au光の契約は非常におすすめです…!

au one netの詳細をチェック

4位:OCN

プロバイダ名 OCN
月額料金(プロバイダ料+回線費用) 4,200円~6,200円<
口コミ評価
特徴 OCNはNTTが運営するプロバイダで、インターネットプロバイダ最大手と言っても過言ではありません。ユーザー数の多さから速度が不安定になることがありますが、サポート面の手厚さなど大手だから出せる安心感があります。

OCNはNTTが運営する老舗のインターネットプロバイダです。ユーザー数が国内No1で国内最大手プロバイダと言って良いでしょう。

ユーザー数が非常に多いので時間帯によっては速度が出にくい時間帯があるようです。ですが、口コミでの評判を見ると速度が遅い!といった口コミはそこまで多くありませんでしたよ!

また、最大手だけ合ってサポート対応は充実しているようです。サポート対応の良いプロバイダを探している人はOCNをおすすめしますよ…!

OCNのの詳細をチェック

5位:GMOとくとくBB

プロバイダ名 GMOとくとくBB
月額料金(プロバイダ料+回線費用) 2,330円〜5,060円
口コミ評価
特徴 GMOとくとくBBは、高額なキャッシュバックが特徴のプロバイダです。速度の面でも良い口コミが多く安心して良いでしょう。ただし、サポート面で少しの不安が残ります。

GMOとくとくBBは、GMOが運営するプロバイダで高額なキャッシュバックが受け取れることが特徴です。

また、公式HPに書いてある通りドコモ光のプロバイダとして契約した場合非常に速度が出やすいです。

Twitterや2chでの口コミでも、ドコモ光のプロバイダをGMOとくとくBBに乗り換えたらネットがとても速くなったという口コミが多かったですね。

ドコモ光の契約を考えている人は、プロバイダはGMOとくとくBBがおすすめですよ♪

ドコモ光の詳細をチェック

乗り換えまたは新規でプロバイダーを申し込み契約から開通~解約するまでの流れ

このパートでは、プロバイダーを申し込んで契約から開通〜解約するまでの一連の流れを解説していきます。

新規で契約する場合と、乗り換えで契約する場合の2つのパターンについて詳しく解説していくので是非参考にしてください。

プロバイダーを乗り換えで契約する場合の流れ

ステップ①:契約方法 プロバイダーを乗り換える際は、必ず乗り換え先のプロバイダを契約してから解約手続きをしましょう。
ステップ:②よく起きるトラブルについて NTTなどを装った悪質な電話勧誘でのプロバイダ乗り換えには注意しましょう。
ステップ③:解約方法 プロバイダの解約は、電話一本で簡単にできます。ただし、解約の受付締め日に注意しましょう。

このパートでは、プロバイダーを乗り換えで契約する場合の一連の流れについて紹介していきます。

申し込み〜解約まで全てを網羅して解説していくので、乗り換えでプロバイダの契約を考えている人は是非参考にしてくださいね。

ステップ①:プロバイダーの乗り換え申し込み契約方法

プロバイダーを乗り換えで申し込む場合は、必ず乗り換え先のプロバイダを先に契約するようにしましょう。

今契約しているプロバイダーを先に解約してしまうと、一時的にインターネットに接続できない期間が生まれてしまいます。

乗り換え先のプロバイダーを決めて、申し込んだ後乗り換え先プロバイダの開通日が決まったら、今申し込んでいるプロバイダを解約する日程を決めましょう。

また、乗り換え先のプロバイダに申し込む方法を簡単に画像を交えて解説していきますね♪今回はNURO光の場合を例にとって解説していきます。

NURO光公式HPのスクリーンショット①

まずは、NURO光公式HPにアクセスして右上の「お申し込み」ボタンをクリックしましょう。

NURO光公式HPのスクリーンショット②

次に、3つある申し込みプランの内自分に合った好みのプランを選んでクリックしましょう。

NURO光公式HPのスクリーンショット③

NURO光の場合、プロバイダに加え回線もセットで契約する必要があります。そのため、回線契約が可能か確認するために住所を入力する必要があります。

契約する住居のある住所を入力して、NURO光に対応しているか?確認してみましょう…!

NURO光公式HPのスクリーンショット④

確認の結果「○」の判定がでたら契約可能です。次のステップに進みましょう。

NURO光公式HPのスクリーンショット⑤

まず始めに、契約プランやオプションを確認していきます。契約したいプランを選択して、必要なオプションのチェックボックスにチェックを入れましょう。

プランの選択とオプションの確認が終わったら「次へ進む」ボタンを押しましょう。

NURO光公式HPのスクリーンショット⑥

次に、契約内容と契約約款の確認をしていきます。内容を読んで問題無いようであれば、同意の意思を示すチェックボックスにチェックを入れて「次へ進む」ボタンをクリックしましょう。

NURO光公式HPのスクリーンショット⑥

最後に、契約者情報と設置場所の住所を入力して「上記内容で注文を確定する」ボタンをクリックしましょう。

その後細かい確認事項を入力すればプロバイダの申し込みは完了です♪

また、より詳しいプロバイダの乗り換え手続の手順については次の関連記事で紹介しています。是非参考にしてくださいね。

小学生でもわかる!プロバイダの変更方法と乗り換え時の3つの注意点 プロバイダの乗り換え・変更の手順を3ステップで解説! 今回は、プロバイダの乗り換え・変更の手順を「申し込み」「プロバイダの解約...

ステップ②:プロバイダー乗り換え時によく起きるトラブルについて


プロバイダ乗り換え時によく起きるトラブルとして「悪質業者による電話勧誘」があります。

NTTなどを装って「今より料金が安くなるからプロバイダを乗り換えないか?」といった内容の電話をかけてくる業社には注意が必要です。

乗り換えに同意すると、パソコンを遠隔操作で設定してプロバイダを変更した上で不要なオプションが大量に付けられた契約書面が送られてくるケースが多いです。

いざ契約してみると、電話で聞いていた様な安い金額でなく高い月額を無駄に支払わされる羽目になります。

ステップ③:プロバイダーの解約方法


プロバイダーを解約するときは、プロバイダの契約書や公式HPから解約用の電話番号に電話をかけるだけで済みます。

多くの場合、電話をかけるだけで解約手続きが済みますが、プロバイダによっては後日書面が送付されてきて返送を受け取った時点で解約といった場合もあります。

また、プロバイダを解約する場合は受付の締め日に注意しましょう。解約受付の締め日については、プロバイダによって様々な日付に設定されています。

締め日を過ぎた解約の申請は、翌月解約扱いとなり無駄な月額を支払うことになってしまうので注意が必要です…!また、より詳しい解約方法については次の関連記事で紹介しています。是非、参考にしてくださいね。

プロバイダー解約の流れや注意点や連絡先・解約金に関するまとめ! プロバイダー解約の流れを5つのSTEPで解説! ※光コラボ回線での乗り換えの場合、乗り換え先プロバイダーの契約の前に今のプロバ...

プロバイダーを完全新規で初めて契約する場合の流れ

ステップ①:契約方法 「印鑑」「キャッシュカード or クレジットカード」「免許証などの住所確認書類」の3つを準備して契約しましょう。
ステップ②:トラブルについて プロバイダー契約後に速度が出なくて困った場合は、プロバイダを変更する事で改善する可能性が高いです。
ステップ③:解約方法 プロバイダの解約は、電話一本で簡単にできます。ただし、解約の受付締め日に注意しましょう。

このパートでは、プロバイダを新規で申し込む場合の一連の流れについて紹介していきます。

申し込み〜解約まで一連の流れをパートを区切って解説していくので、是非参考にしてくださいね♪

ステップ①:プロバイダーの新規申し込み契約方法

プロバイダーの新規申し込みをする場合も、乗り換えの場合と同様の方法で申し込むことができます。

乗り換えの場合と同じ内容ですが、再度申し込み方法を画像付きで解説していきますね♪

NURO光公式HPのスクリーンショット①

まずは、NURO光公式HPにアクセスして右上の「お申し込み」ボタンをクリックしましょう。

NURO光公式HPのスクリーンショット②

次に、3つある申し込みプランの内自分に合った好みのプランを選んでクリックしましょう。

NURO光公式HPのスクリーンショット③

NURO光の場合、プロバイダに加え回線もセットで契約する必要があります。そのため、回線契約が可能か確認するために住所を入力する必要があります。

契約する住居のある住所を入力して、NURO光に対応しているか?確認してみましょう…!

NURO光公式HPのスクリーンショット④

確認の結果「○」の判定がでたら契約可能です。次のステップに進みましょう。

NURO光公式HPのスクリーンショット⑤

まず始めに、契約プランやオプションを確認していきます。契約したいプランを選択して、必要なオプションのチェックボックスにチェックを入れましょう。

プランの選択とオプションの確認が終わったら「次へ進む」ボタンを押しましょう。

NURO光公式HPのスクリーンショット⑥

次に、契約内容と契約約款の確認をしていきます。内容を読んで問題無いようであれば、同意の意思を示すチェックボックスにチェックを入れて「次へ進む」ボタンをクリックしましょう。

NURO光公式HPのスクリーンショット⑥

最後に、契約者情報と設置場所の住所を入力して「上記内容で注文を確定する」ボタンをクリックしましょう。

その後細かい確認事項を入力すればプロバイダの申し込みは完了です♪

また、申込時に必要なモノは「印鑑」「キャッシュカード or クレジットカード」「免許証などの住所確認書類」の3つです…!

また、NURO光のようなプロバイダ+回線業者の一括契約タイプの場合は、回線契約と一緒に自動的にプロバイダの申し込みも完了します。

ステップ②:プロバイダーによく起きる速度に関するトラブルについて


プロバイダーの契約では契約したのは良いけどネットを使ってみたら速度が全然でない…!といったトラブルが良く起こります。

そういった場合、プロバイダを変更する事で速度が改善することが多いです。「速度が出ないな」と感じたらプロバイダの変更をおすすめします。

プロバイダによっては縛り期間を設けることで月額を安くする割引を行っている会社もありますが、速度が出なかった場合損をすることになるので縛り期間のない契約をするようにしましょう。

ステップ③:プロバイダーの解約方法


プロバイダの解約方法は、乗り換えの場合と同じです。電話一本で簡単に解約をすることができますよ…!

ただし解約をする場合、プロバイダ毎に設定されている解約の受付締め日には注意しましょう。締め日を過ぎての解約は翌月解約扱いになってしまいます。

締め日はプロバイダ毎にバラバラで、毎月15日、20日、末日など様々な場合があります。必ず、契約書やプロバイダの公式HP・サポートダイヤルなどで確認するようにしましょう。

また、より詳しい解約方法については次の関連記事で紹介しています。是非、参考にしてくださいね。

プロバイダー解約の流れや注意点や連絡先・解約金に関するまとめ! プロバイダー解約の流れを5つのSTEPで解説! ※光コラボ回線での乗り換えの場合、乗り換え先プロバイダーの契約の前に今のプロバ...

プロバイダーの気になるQ&A

このパートでは、プロバイダーに関する細かい疑問に対して、Q&A形式で回答していきます。

本文中で解決できなかった疑問がある人は、こちらのQ&Aも読んでみてくださいね♪

Q1.自分が契約しているプロバイダを忘れてしまった場合の確認方法はある?

A1.自分が契約しているプロバイダを忘れてしまった場合「確認君+」というwebサービスで簡単に契約プロバイダを確認出来ます。

その他、クレジットカードの明細に記載される支払い情報やプロバイダメールアドレスのドメインからプロバイダを確認することもできます。

詳しい確認方法に関しては、次の関連記事で紹介しているので是非参考にしてくださいね。

契約中のプロバイダーが分からない場合の3つの確認方法・調べ方!「自分のプロバイダの確認方法が分からない」「プロバイダを解約したいけど連絡先がわからない」などの理由から、契約している光回線のプロバイダの確認方法を調べている人は多いと思います。この記事で「自分のプロバイダを確認する方法」についてまとめていきます。最後まで読んでいただければ、自分のプロバイダを確認する方法がわかります。是非参考にしてくださいね♪...

Q2.プロバイダ情報を自分で設定する方法が知りたい

A2.プロバイダ情報を自分で設定する場合、コントロールパネルのネットワークと共有センターから新しいネットワークをセットアップするだけでOKです。

特に難しい操作は必要無く、パソコンの指示にしたがってIDとパスワードを入力するだけです。パソコンが苦手でも簡単にできますよ…!

詳しい操作方法については、次の記事で解説しています。windowsとマックの場合どちらについても画像付きで解説しているので参考にしてください。

【猿でもわかる!】プロバイダ接続設定方法を画像付きで解説!「プロバイダの接続設定方法が知りたい」といった理由で、インターネット検索をしている人は多いようですね!そこで、この記事ではプロバイダの設定方法を誰でもわかるように簡単に解説していこうと思います。最後まで読んでいただければ、windowsPCでのプロバイダ設定の方法について理解できます。是非参考にしてください。...

Q3.プロバイダの評判ってどこで調べるのが良いの?

A3.プロバイダの評判についてはTwitterで調べることをおすすめします。

Twitterは価格コムなどと比べてステマの口コミが少なく、ユーザの生の口コミを集めやすいです。

その他、当サイトではTwitterをメインに調査したプロバイダの口コミを12社分まとめています。こちらの記事も参考にしてください。

【評判の悪いのはどこ?】大手プロバイダー12社の評判を徹底調査!大手プロバイダー12社の評判を徹底調査した上でおすすめのプロバイダーについて紹介していきます。 最後まで読んでいただければ、「評判の良いプロバイダ」「評判の悪いプロバイダ」についてわかります。是非参考にしてくださいね!...

Q4.即日契約できるインターネットプロバイダってあるの?

A4.OCN・楽天ブロードバンド・Plalaなどのプロバイダが即日契約に対応しています。

即日契約を利用するためには、クレジットカードでの登録が必要になるので注意して下さいね!

また、16時を過ぎての申し込みの場合翌営業日での対応となってしまいます。即日契約をしたい場合は、なるべく早い時間に申し込みを済ませるようにしましょう。

Q5.プロバイダの変更で工事は必要なの?

A5.プロバイダの変更・新規契約共に工事をする必要はありません。

インターネット契約で工事が必要になるのは、回線業者との契約で自宅に回線を引き込む時だけです。

プロバイダの契約と回線工事は別物なので、プロバイダの変更・新規契約で工事が発生することはありません。

Q6.プロバイダでネットの通信制限がかかることってあるの?

A6.プロバイダ毎に基準は違いますが、必要以上の通信を行って回線全体に負担がかかると通信制限がかかることがあります。

必要以上の通信とは、例えば毎月10TBのような異常な量の通信です。普通の使い方をしている分には通信制限されるほどの通信を行う事はできないので安心してください。

例えば、毎月DVD一枚に当たる4GB程度のダウンロードを1000回以上行うようなら通信制限がかかる可能性はあります。

Q7.プロバイダ契約ってクーリングオフできるの?

A7.プロバイダとの契約はクーリングオフの対象外です。

クーリングオフが適用出来るのは、訪問営業や電話営業での押し売り商品だけなんです…汗

ただし、プロバイダ契約には電気通信事業法が適用されて契約から8日以内なら違約金などを支払わず解約することは可能です。

Q8.プロバイダ契約なしでインターネットに接続することはできるの?

A8.プロバイダ契約なしではインターネットに接続することはできません。

プロバイダには光回線をインターネットに接続する役割があります。そのため、プロバイダ契約無しではインターネットに接続できません。インターネットへの接続は必ず回線業者+プロバイダとの契約が必要です。

もし周りに「家はプロバイダ契約してないよ」という人がいるのであれば、その人は「NURO光」や「光コラボ」などでプロバイダ+回線業者の一括契約をしている可能性が高いです。

Q9.プロバイダの接続情報を忘れた場合どうすればいいの?

A9.プロバイダの接続情報を忘れた場合、契約プロバイダの問い合わせ窓口から問い合わせましょう。

住所・氏名が一致すれば問題無く、IDとパスワードを教えてくれます。契約しているプロバイダ自体を忘れてしまった場合回線業者(フレッツ光など)に問い合わせてください。

回線業者はプロバイダ情報を保管しているので、問い合わせれば契約プロバイダを教えて貰えます。

Q10.引っ越しをした場合プロバイダでの住所変更手続は必要なの?

A10.引っ越しをした場合、回線業者とプロバイダに住所の移転手続が必要です。

プロバイダでは、契約者の住所を元にインターネットへの接続作業を行っているので移転手続をしないとインターネットに接続できなくなってしまいます。

移転手続の詳しい方法については次の関連記事で紹介しているので是非参考にしてくださいね。

【猿でもわかる!】引っ越しでのプロバイダー移転手続きの方法と注意点 引っ越しするならプロバイダーと回線業者の移転手続きが必要です…! 引っ越しをするなら、プロバイダーと回線業者の手続きが必要です...

まとめ

今回紹介したこと
  • プロバイダには光回線をインターネットに接続する役割がある
  • ネットに接続するためにはプロバイダと回線業者2つの会社との契約が必要
  • プロバイダはインターネットの接続に加え数々の便利なサービスを提供している
  • プロバイダを選ぶ時は「ネットから契約できること」「口コミ評価が高いこと」「契約目的に合っていること」の3つが大切
  • 当サイトが最もおすすめするインターネットプロバイダーは「NURO光」

今回は、インターネットサービスプロバイダーの意味や役割・必要性について解説してきました。

プロバイダには光回線をインターネットに接続する役割があります。そのため、ネットに接続するためには必要不可欠な存在です。

インターネットに接続するためには、光回線を提供する「回線業者」インターネットに接続する「プロバイダ」の2つの会社との契約が必要になります。

また、プロバイダを選ぶ時は「ネットから契約できること」「口コミ評価が高いこと」「契約目的に合っていること」の3つのポイントに注意しましょう。

最後に、当サイトが最もおすすめのプロバイダは「NURO光」です。プロバイダ選びで迷ったらNURO光を選べば後悔することはありませんよ。

NURO光の詳細をチェック