インターネットサービスプロバイダーとは?意味や必要性を徹底解説!

プロバイダ12社の速度比較と場合別の速度が速いプロバイダを紹介!

速度の速いプロバイダを説明する少年

編集部ダイゴ
編集部ダイゴ

なるほどwifi」編集部のダイゴです。

「プロバイダーで速度が速いのはどこ?」「自分でプロバイダーを比較してもよく分からない…」などの悩みから、プロバイダーの速度比較について調べている人は多いようですね。

私も、記事を書く上でプロバイダーの速度に関して徹底比較したので「よくわからない!」という気持ちが痛いほど分かります…汗

今回の記事では「プロバイダーの速度比較」「速度が速いおすすめのプロバイダー」などに関して紹介していきます。

最後まで読んでいただければ、あなたに合った速度が速いプロバイダーを見つけることができます。是非参考にしてくださいね。

速度の速いプロバイダーを今すぐチェック!

プロバイダーで速度が変わる3つの原因とは?

プロバイダの速度が変わる3つの原因
  • プロバイダに加入している人数
  • プロバイダの設備の強さ
  • プロバイダが取り扱う回線の速さ

このパートでは、プロバイダーによってインターネットの通信速度が変わる原因について解説していきます。

基本的に、インターネットの通信速度は回線の品質で変わるものですが、プロバイダによっても多少変わってきます。

プロバイダによる通信速度の違いは微々たるものですが、違いがある事をしっているとプロバイダ選びに役立ちます。是非参考にしてください♪

プロバイダーで速度が変わる原因①:プロバイダに加入している人数

同じプロバイダに加入している人数が多いと、インターネットの通信速度は遅くなります。

プロバイダーは、限られた光回線を通して契約している多くのユーザーにインターネット通信を提供しています。

そのため、ユーザー数が多ければ多いほど光回線の中で通信が渋滞してしまい通信速度が遅くなるんです…!

プロバイダの設備にもよりますが、@nifyやocnなどユーザー数の多いプロバイダの通信速度があまり速くないのはこれが原因です。

NTTのフレッツ回線(光コラボ含む)を使用する場合、「IPv6 IPoE」という通信方式を利用する事で、混雑による速度低下を回避できます。

プロバイダによって「IPv6 IPoE」提供の有無も異なりますので、この辺りもプロバイダの速度に関係してきますね。

プロバイダーで速度が変わる原因②:プロバイダの設備の強さ

プロバイダーは光回線をインターネットに接続する役割を持っていますが、インターネットに接続するための設備に違いがあります。

大手プロバイダーは、ユーザー数が多いため大人数に対応出来る設備を保有しています。一方で、多額の投資ができない小さなプロバイダは設備が弱いことが多いです。

私たちユーザーが、プロバイダの設備の強さを知る事はできませんが、設備によってインターネットの通信速度が変わることは知っておいて良いと思います。

プロバイダーで速度が変わる原因③:プロバイダが取り扱う回線の速さ

プロバイダーによっては「プロバイダー+回線」をセットで契約する契約体型を採用していることがあります。NURO光やeo光などがそうですね。

プロバイダ+回線の契約体系を採用しているプロバイダの場合、回線自体の速度が通信速度にもろに影響してきます。

例えば、最大通信速度2Gbpsの光回線を所有しているSo-netの「NURO光」は速度が速い事で有名ですよね…?

電力系のプロバイダや、KDDI系列のコミュファ光など「プロバイダ+回線」の契約体系を採用しているプロバイダの通信速度は8割以上が回線自体の最大通信速度で決まります。

【速いのはどこ?】おすすめプロバイダー12社を速度で比較

プロバイダ名 回線の種類 平均回線速度
プロバイダ+回線業者契約 so-net NURO光 356 Mbps
BIGLOBE auひかり ホーム5ギガ 248 Mbps
au one net auひかり ホーム5ギガ 235 Mbps
BIGLOBE auひかり ホーム1ギガ 120 Mbps
@nifty フレッツ光 78M bps
光コラボ契約
So-net光 光コラボ
(フレッツ光)
301 MBps
ぷらら光 光コラボ
(フレッツ光)
190 Mbps
@nifty光 光コラボ
(フレッツ光)
183 Mbps
ドコモ光 光コラボ
(フレッツ光)
94 Mbps
OCN光 光コラボ
(フレッツ光)
104 Mbps
BIGLOBE光 光コラボ
(フレッツ光)
133 Mbps
電力系プロバイダ
eo光 eo光 221 Mbps
BBIQ BBIQ 170 Mbps
Pikara Pikara 126 Mbps
コミュファ光
(旧TEPCO光)
コミュファ光
(旧TEPCO光)
94 Mbps
MEGA EGG MEGA EGG 73 Mbps

表からだと読み取りにくいのですが、プロバイダだけで考えると「so-net」「ぷらら」「@nifty」「ドコモ光」「OCN光」「BIGLOBE」「au one net」「eo」「BBIQ」「Pikara」「コミュファ」「MEGA EGG」の12社で比較しています。

このパートでは、次に紹介するプロバイダーについて「RBB SPEED TEST」のサイトでの測定結果をもとに速度比較をしていきます。

RBB SPEED TESTとは、1998年から運営されているネット回線の速度テストサイトです。ニュースサイトのRBB TODAYが運営しており「信頼性」「使いやすさ」の高さから最も優秀なスピードテストサイトとして名が知られています。

RBB SPEED TESTのサイト内では、「ランキングデータ集計」と題してプロバイダ別に1ヶ月間の速度テスト結果を集計して導き出した「速度ランキング」が掲載されています。

今回の速度比較では、このRBB SPEED TESTでの速度テストの結果を参考に「通信速度が速い7種のプロバイダ」の速度を比較していきます。是非、参考にしてみてください。

プロバイダの速度比較:プロバイダ+回線業者編

プロバイダ名 回線の種類 平均回線速度
so-net NURO光 356 Mbps
BIGLOBE auひかり ホーム5ギガ 248 Mbps
au one net auひかり ホーム5ギガ 235 Mbps
BIGLOBE auひかり ホーム1ギガ 120 Mbps
@nifty フレッツ光 78 Mbps

※情報源が少ないため、知人・友人に自宅で速度を調査してもらった結果で比較しています。

光コラボ以外の契約の場合について、プロバイダーの速度を、速いほうから順に5種類比較してみました。結果、「BIGLOBE」と「So-net」が速度が速いプロバイダと言えそうです。

インターネットの通信速度は、プロバイダよりも回線で決まるので比較が難しいのですが、今回の比較結果を見るとso-net(NURO)が速度が出るプロバイダと言えそうですね…!

ただし、今回の比較結果は知人・友人に頼んで自宅の回線で速度を測ってもらった結果をもとに比較しています。地域やマンションか戸建てかでも結果は変わってくるので参考程度に考えてください。

プロバイダの速度比較:光コラボ編(フレッツ光回線)

サービス名 平均回線速度 月の計測回数
So-net光 301 Mbps 56 回
ぷらら光 190 Mbps 313 回
@nifty光 183 Mbps 141 回
ドコモ光 94 Mbps 923 回
OCN光 104 Mbps 172 回
BIGLOBE光 133 Mbps 33 回

※比較表は2020年3月現在のRRB SPEED TESTでの測定結果をもとに比較しています

フレッツ光回線を利用した「光コラボ」でのプロバイダーの速度を、速いほうから順に6種類比較してみました。

光コラボの場合、使用している回線がフレッツ光の通常回線なので100Mbps~200Mbps程度の速度が多いようです。

計測回数によって平均回線速度がぶれることを考えると、今回比較した6つのプロバイダを選べばどこを選んでも100Mbps程度の速度はでる可能性が高いと考えられます。

光コラボのプロバイダで速度が速いプロバイダを探しているなら「So-net光」「ぷらら光」「@nifty光」「ドコモ光」「OCN光」「BIGLOBE光」のどれかを選ぶことをおすすめします。

プロバイダの速度比較:電力系プロバイダ編

プロバイダ名 平均回線速度
eo光 221 Mbps
BBIQ 170 Mbps
Pikara 126 Mbps
コミュファ光
(旧TEPCO光)
94 Mbps
MEGA EGG 73 Mbps

※比較表は口コミやアンケート調査で集めた速度データを元に算出した速度の平均値で作成しています。

電力系プロバイダの回線速度について、口コミやアンケート調査で集めたデータを元に平均速度を算出して早い方から順に表にしました…!

結果、「速度が速い」という口コミをよく見かける関西電力の「eo光」が圧倒的に早いですね。口コミを見ても、100Mbpsを下回る口コミは見かけませんでした。

eo光は月額料金も非常にお得なので、関西圏に住んでいて「常時200Mbps以上の速度が必要」など速度に拘りがなければeo光が最もおすすめのプロバイダです。

その他の電力系のプロバイダも平均的に速度が速く、光コラボのプロバイダでまれに見る10Mbpsや20Mbpsといった口コミは見かけませんでした。また、月額料金も非常に安いのでおすすめですよ♪

速度が速いおすすめのプロバイダランキングTOP5

ここでは、速度比較の結果を踏まえて「速度が速いオススメのプロバイダ」をランキング形式で5位まで紹介していきます。

どれも、なるほどwi-fi編集部で徹底的にリサーチして決めた自信を持って推せるプロバイダです。是非参考にしてください。

それでは、ランキングに入っていきましょう♪

1位:NURO光

NURO光は速度の点で最も口コミ満足度が高いプロバイダです。口コミを見ていても100Mbpsを下回る速度の口コミは1つも見つけることができませんでした…!また、最近では対応エリアが拡大しており関東/東海/関西/九州/北海道の人口密集地域で利用可能となりました。料金的に見ても、フレッツ光や光コラボの契約と同程度の料金で高速インターネットが利用できます。速度に重点を置いてプロバイダを選ぶならNURO光一択です!
口コミ満足度
平均回線速度 356 Mbps
月額料金 4,743円
運営元会社 ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社

公式HPはこちら

2位:So-net光

So-net光は、プロバイダのSo-netが提供する光コラボのインターネット回線です。光コラボのプロバイダの中では最も速度が出やすいプロバイダです。So-netは運営元がSONYですし、高速回線のNURO光を提供していることもあり設備投資に力を入れていると考えられます。RBB SPEEDテストの調査結果でも、毎月平均回線速度で上位にランクインしています。光コラボのプロバイダで速度が出るプロバイダを探しているならSo-netがおすすめです!
口コミ満足度
平均回線速度 301 Mbps
月額料金 戸建て:2,980円(25ヶ月目以降5,580円)
マンション:1,980円(25ヶ月目以降4,480円)
運営元会社 ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社

公式HPはこちら

3位:eo光

eo光は、関西電力が運営する電力系のインターネットプロバイダです。特徴は、速度が速く価格も安いことです。口コミを調べてみても「速度」「料金」どちらに対しても満足している人が多く、悪い口コミはほとんど見当たりませんでしたよ…!eo光は「関西圏内」という限られた地域で運営しているので、今後急なユーザーの増加で速度が出なくなることも考えにくいです。速度の点でNURO光に若干劣りますが、月額料金が安いです。関西に住んでいて、速度より安さを求めている人にはeo光はとてもおすすめできるプロバイダです。
口コミ満足度
平均回線速度 221 Mbps
月額料金 戸建て:2,953円(13ヶ月目以降4,953円)
マンション:2,524円(13ヶ月目以降3,524円)
運営元会社 株式会社オプテージ(旧:ケイオプティコム)

公式HPはこちら

4位:auひかり(BIGLOBE)

auひかりは、KDDIが運営しているプロバイダ+回線一括契約型のインターネット契約です。NURO光と対抗しており提供エリアは限られていますが、最大通信速度5Gbpsや10Gbpsの回線を契約することができる点が特徴です。大手が運営していることもあり速度は非常に出やすいです。口コミを見ても100Mbpsを下回る口コミは見つかりませんでした。NURO光と比較して料金の面で劣りますが、auユーザーであれば割引が効く事からauユーザーにおすすめの回線です。プロバイダはBIGLOBEが一番速度が出ますよ。
口コミ満足度
平均回線速度 248 Mbps
月額料金 1年目:5,100円
2年目:5,000円
3年目:4,900円
運営元会社 KDDI株式会社

公式HPはこちら

5位:ドコモ光

ドコモ光は、ドコモが提供する光コラボのインターネット契約です。光コラボプロバイダの中でも速度が出る事で知られています。口コミを見ても、ドコモ光に乗り換えて速度がでるようになったという人は多いようですね♪また、ドコモ契約者が契約する場合割引が適用されるので、得にドコモユーザーにおすすめのプロバイダですよ!
口コミ満足度
平均回線速度 94 Mbps
月額料金 戸建て:5200円
マンション:4000円
運営元会社 株式会社NTTドコモ

公式HPはこちら

通信速度重視ならNURO光がおすすめ!

nuro光のロゴ

NURO光の提供エリア内にお住まいであれば、プロバイダーはNURO光一択です…!

NURO光であれば、月額料金も4,000円台ですし2GB回線なのにauひかりホーム5Gよりも速い通信速度が期待出来ます。

当サイトで光回線を徹底比較した結果も、NURO光が最も通信速度が速く料金的にも安いという結果がでているので胸を張ってオススメ出来る回線です。

また、NURO光公式実施の「45,000円キャッシュバック」も魅力的です…!オプション条件もなく、開通してから2ヶ月後に貰えます。

関東・東海・関西・九州・北海道のNURO光対応エリアに住んでいるのであれば、是非一度検討してみてくださいね。

NURO光の公式HPはこちら

光コラボ回線のプロバイダならSo-net光がおすすめ

so-netのロゴ

光コラボ回線のプロバイダなら「So-net光」をおすすめします…!

比較のパートでも紹介しましたが、日本で最も信頼出来る速度テストサイトの計測によると光コラボ回線ではSo-net光が最速(※1)です。

So-netの親会社はSONYですし、プロバイダとしての実蹟も豊富で人気のプロバイダなのでサポート体勢も万全です。

また、auユーザーであればauスマートバリューでスマホの月額が安くります。そのため、auユーザーには特におすすめできる回線です。

光コラボのプロバイダを探しているのであれば、是非一度「So-net」を検討してみてくださいね♪

公式HPはこちら

※1:月の計測回数が少ないプロバイダは精度の信頼性の観点から比較から除外しています。

まとめ

今回紹介したこと
  • 光コラボのプロバイダで最速は「So-net」
  • 通常のプロバイダで最速は「BIGLOBE」
  • プロバイダによって速度が違う原因①:プロバイダに加入している人数
  • プロバイダによって速度が違う原因②:プロバイダの設備の強さ
  • プロバイダによって速度が違う原因③:プロバイダが取り扱う回線の速さ

今回は、プロバイダの速度比較や速度が速いおすすめのプロバイダについて紹介してきました…!

RBB SPEED TESTを参照すると、光コラボの回線で最速のプロバイダは「So-net」です。通常のプロバイダの場合は「BIGLOBE」が最速でした。

RBB SPEED TESTの内容は非常に信頼できる値なので、速度が速いプロバイダなら「So-net」か「BIGLOBE」を選ぶことをおすすめします。

ちなみに、プロバイダによって通信速度がかわる原因は「プロバイダに加入している人数」「プロバイダの設備の強さ」「プロバイダが取り扱う回線の速さ」の3つです。

ただしプロバイダによって変わる通信速度は微々たるものなので、速度を求めるなら「回線自体の品質」を重視して契約をすることをおすすめします。

もし、あなたが関東/東海/関西/九州/北海道の地域に住んでいるなら「NURO光」が最も速度が速くて料金が安いプロバイダです。(厳密にはauひかり+BIGLOBEですが対応エリアが限られています。)

回線品質やプロバイダ自体の通信速度を考えると、これ以上無いと言って良いほどおすすめできる光回線です。速度が速いプロバイダを探しているなら是非一度検討してみてください!

NURO光利用者の満足度調査結果のベスト3の項目
【2020年11月最新】NURO光キャッシュバックキャンペーン15社徹底比較!NURO光のキャッシュバックキャンペーンについて徹底解説!公式や代理店など15社を比較し、最もおすすめの申込先を紹介しています。実際にキャッシュバックを受け取るまでの流れも解説しているので、悩んでいる方は是非参考にしてみてください。...
NURO光のスピードテスト結果
NURO光の速度は遅い?実際に速度測定やってみた(東京都中野区)NURO光の速度は遅いのか?それとも速いのか、実際にNURO光の回線の速度測定やってみました。そのレポートと、NURO光の速度に関する口コミなどをピックアップしています。...
【2020年最安】一番安いおすすめプロバイダーを20社の料金一覧から比較この記事では「安いプロバイダを選ぶポイント」「安いプロバイダ20社一括比較」「料金が最安のおすすめのプロバイダランキング」を紹介していきます。...
【評判の悪いのはどこ?】大手プロバイダー12社の評判を徹底調査!大手プロバイダー12社の評判を徹底調査した上でおすすめのプロバイダーについて紹介していきます。 最後まで読んでいただければ、「評判の良いプロバイダ」「評判の悪いプロバイダ」についてわかります。是非参考にしてくださいね!...
パソコンを触る男性
【2020年最速】光回線10社を速度比較してランキング付け!この記事では光回線の各社の速度を実際に測定した平均をとり、本当に速い光回線はどれなのかを徹底的に比較しています。 「理想値ではなく実際の速度がどれくらい出るのか」、「本当に実際に使って速い光回線はどれなのか」を知りたい方の参考になれば嬉しいです。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA