インターネットサービスプロバイダーとは?意味や必要性を徹底解説!

【猿でもわかる!】引っ越しでのプロバイダー移転手続きの方法と注意点

編集部ダイゴ
編集部ダイゴ
「引っ越しをするけどプロバイダーの移転手続きってどうやるの?」などの疑問から、「プロバイダー 引っ越し」などと調べている人は多いようですね…!

かくいう私も、引っ越しの時にプロバイダーの移転手続きを知らなくて痛い思いをしたことがあります。普通の人は、「移転手続きが必要」なんてわからないですよね!?

そこでこの記事では、引っ越しでのプロバイダー移転手続きの方法や引っ越し前の注意点などについて紹介していきますね♪

最後まで読んでいただければ、引っ越しでのプロバイダー移転手続きに関する悩みは解決できます。是非参考にしてくださいね。

引っ越しするならプロバイダーと回線業者の移転手続きが必要です…!

注意を促す赤い画像
引っ越しをするなら、プロバイダーと回線業者の手続きが必要です。移転手続きをしないと、引っ越し先でインターネットが使えなくなってしまいます。

フレッツ光などの回線業者の移転手続きをすればOKと考えている人が多いのですが、実はプロバイダも移転手続をしないとだめなんです!

プロバイダは、あなたの住所と紐付けてIDとパスワードを管理しいます。なので、引っ越し先からインターネットに接続しようとしても「住所」が違うのでインターネットへ接続しようとしてもはじかれてしまいます。

なので、引っ越し前に必ず「プロバイダ」「回線業者」2つの移転手続きを行いましょう。「やり方がわからない!」という人も、当記事でしっかり解説していくので読みながら実践してみてくださいね♪

引っ越しの前に確認するべき3つの注意点

引っ越しの前に確認するべき注意点
  • 引っ越し先に契約している回線業者が対応しているか
  • プロバイダ・回線業者との契約内容
  • 引っ越し先で使えるプロバイダ・回線業者の種類

このパートでは、引っ越しでプロバイダの移転手続きを行うに当たって、引っ越し前に確認するべき3つのポイントを紹介していきます。

ここで紹介する3つのポイントを確認することで、プロバイダの移転手続きがスムーズに行えるので必ず確認してくださいね。

注意点①:プロバイダ・回線業者との契約内容

契約書の画像
まずは、プロバイダ・回線業者との契約内容を確認しておきましょう。契約時の書類を見ればすぐに確認出来ると思います。

契約時の書類を捨ててしまった場合、メールアドレスの@以降を見ればプロバイダを知ることができます。

契約しているプロバイダがniftyなら○○○○@nifty.comのようなメールアドレスになっているはずです。

プロバイダが分かれば、プロバイダのHPからマイページにアクセスすることで回線業者も調べることができます。

プロバイダ・回線業者との契約内容がわかれば1つめの準備は完了です…!

注意点②:引っ越し先に契約している回線業者が対応しているか

OKマークを出す男性の画像
次に、引っ越し先の地域に契約している回線業者が対応しているか確認しましょう。

フレッツ光のような全国に対応している回線業者なら良いのですが、コミュファ光やeo光のような地域限定の回線業者と契約している場合注意が必要です。

もし、現在契約している回線業者が転居先に対応していない場合は回線業者の解約・新規契約とプロバイダのプラン変更か新規契約が必要になります。

プロバイダ・回線業者の乗り換えに関しては次の関連記事を参考にしてくださいね♪

注意点③:引っ越し先で使えるプロバイダ・回線業者の種類

様々なLANケーブルの画像
引っ越し先が集合住宅の場合、プロバイダ・回線業者共に指定の業者がある場合が多いです。

その場合、現在契約しているプロバイダと回線業者を解約して指定のプロバイダ・回線業者と新規契約することになります。

集合住宅に転居する場合は、必ず「プロバイダ」「回線業者」に指定は無いか確認しましょう!

運が良ければ、現在使っているプロバイダと回線業者が指定の業者の場合もありますしね…!

プロバイダーと回線業者の移転手続きの方法を3STEPで解説!

移転手続きの方法
  • 回線業者に引っ越しでの移転手続きの連絡をする
  • プロバイダに引っ越による移転手続きの連絡をする
  • 転居先でフレッツ光の開通工事を行う

このパートでは、プロバイダーと回線業者の移転手続きの方法を3STEPに分けて解説していきます!

移転手続きは、ちょっと電話するだけで簡単に行えるので、この記事を参考にしながらちゃちゃっと済ませちゃってください♪

STEP①:回線業者に引っ越しでの移転手続きの連絡をする

コールセンターの女性の画像
引っ越しでの移転手続きSTEP1は、回線業者に移転手続きの連絡をすることです。回線業者の移転手続きは時間がかかるので、最低でも引っ越しの1月前までには連絡しましょう。

移転手続きの連絡先掲載場所は回線業者により違いますが、「回線業者公式HP→よくある質問→引っ越しする場合は?→移転手続き」に書いてあることが多いので確認してみてください。

移転手続きの電話で確認されることは「現住所での最終利用日」「移転先の住所」「移転先での利用プラン」「転居先での工事日程」などです。電話をかける前に検討しておきましょう!

移転手続きの電話が終わると、電話口で確認した内容についての書面が送られてきます。無くさないように保管しておきましょう。

STEP②:プロバイダに引っ越しによる移転手続きの連絡をする

電話をする男性の画像
引っ越しでの移転手続きSTEP2は、プロバイダに移転手続きの連絡をすることです。プロバイダの移転手続きはすぐ終わるので、引っ越し1〜2週間前に連絡すれば十分です。

プロバイダの場合も、移転手続きの連絡先は「プロバイダ公式HP→よくある質問→引っ越しする場合は?→移転手続き」に書いてあることが多いです。

移転手続きの電話で確認されることも回線業者の場合と同じで、「現住所での最終利用日」「移転先の住所」「移転先での利用プラン」などです。電話をかける前に検討しておきましょう!

ちなみに、、コミュファ光やeo光・NURO光など「プロバイダ+回線業者」を一括で契約する契約体系の場合はプロバイダだけに電話を入れれば手続きが完了します!

STEP1とSTEP2の手続きが完了したら、もう引っ越してしまっても大丈夫です!

STEP③:転居先で回線業者の開通工事を行う

工事作業員の画像
引っ越しでの移転手続きSTEP3は、転居先で回線業者の開通工事を行うことです。

回線業者の移転手続きの際に決めた工事日に、NTTの工事業者がやってきます。工事日は必ず家に家にいるようにしましょう。

工事日を忘れて家を空けてしまうと、宅内工事が行えず日程再調整となります。その場合、インターネットが使えない期間ができてしまうので注意が必要です。

工事自体は、短ければ30分、長くても2時間程度で終わるのでしっかりと休みをとってください。

回線業者の開通工事が終われば、引っ越しでの移転手続きは完了です!工事業者の方が設定も終わらせていると思うので、インターネットに繋いでみましょう!

引っ越しするならプロバイダーは変更(乗り換え)すべき?継続すべき?

?マークの画像
「引っ越しをするならプロバイダや回線業者も変更した方が良いかも!」と思っている人も多いかと思います!

ですが、引っ越しをするからといってプロバイダ解約金が無料になるなど特典があるわけではないんです…汗、なので、引っ越しでプロバイダを変更するメリットはありません。

ただし、場合によっては引っ越しと同時にプロバイダを変更した方が満足度が上がる人がいます。このパートでは、引っ越しの際に「プロバイダを変更すべき人」「継続すべき人」について紹介していきますね♪

引っ越しでプロバイダを変更すべき人

プロバイダを変更すべき人
  • 地域限定のプロバイダを使っている人
  • 今のプロバイダに不満がある人
  • NURO光などより高速なネットが使える地域に引っ越す人

まず、コミュファ光・eo光など地域限定のプロバイダーを契約している人が、対応外地域に引っ越す場合プロバイダを変更しないとインターネットに繋げません。そのため、必ずプロバイダ変更が必要になります。

また、「プロバイダのせいで速度が遅い!」「プロバイダの対応が悪い!」などプロバイダに不満を抱いている人は引っ越しを機にプロバイダを変えても良いと思います。解約金はかかりますが、数千円ですしね!

その他、NURO光など高速なネット回線が使える地域に引っ越す人はプロバイダーを変更することでより快適なインターネット通信が行えます。回線速度に不満がある人は変更を考えても良いでしょう。

引っ越しでプロバイダ契約を継続すべき人

プロバイダ契約を継続すべき人
  • フレッツ光・光コラボの回線を契約している人
  • 今のプロバイダに不満がない人

フレッツ光や光コラボの回線とプロバイダを契約している場合、プロバイダ・回線共にほぼ全国に対応しています。

引っ越しした場合、プロバイダーを変更せずとも移転手続きをすれば、同じプロバイダーでインターネットを使い続けることができます。

また、現在のプロバイダに特に不満が無い場合、引っ越しでプロバイダーを変えても得することはありません。それどころか、解約金をとられて損をしてしまいます。

そのため、「フレッツ光・光コラボを契約している人」「プロバイダに不満が無い人」は、引っ越しでのプロバイダ変更は考えなくて良いと思います。

引っ越しでプロバイダーを解約したら違約金はかかるの?

契約と書かれた紙を破る画像
引っ越しを理由にプロバイダーを解約した場合、残念ながら普通に違約金がかかるんです…汗

「転勤」「身内の不幸」などいかなる理由があっても、契約書に更新周期と違約金について書かれている以上、違約金はかかります。

プロバイダーにもよりますが、違約金の相場は2000円〜1万円程度です。そこまで大金ではないので、縛り期間にプロバイダーを解約する場合潔く違約金を支払いましょう!

ちなみに、引っ越しをする場合、プロバイダを変更せず移転手続きをすれば違約金は不要です…!そのため、移転手続きが可能な場合は移転手続きをすることをおすすめします。

また、どうしてもプロバイダーを変更したい場合、乗り換え先がキャッシュバックキャンペーンを行っていれば実質無料のようなものです。

プロバイダーとの契約の縛り期間中にプロバイダーを変更する場合、なるべくキャッシュバックキャンペーンを行っているプロバイダーを探すことをおすすめします。

引っ越し完了後のプロバイダーの設定方法!

設定マークを触る男性の画像
引っ越し完了後にインターネットに繋ぐためのプロバイダーの設定は、プロバイダーから送られてくるCD-ROMを使えば簡単に設定出来ます。

ですが、希に設定用のCD-ROMを送ってこないプロバイダーがいます。そういった場合、自分でプロバイダの設定をする必要があります…汗

引っ越し完了後のプロバイダーの設定でやる事は「新しいプロバイダ情報の登録」「旧プロバイダでの設定の削除」の2つだけです!

ものの数分でできる簡単な作業なので安心してください。詳しい設定方法については次の関連記事で紹介しています!

プロバイダーの設定を自分で行うことになってしまった人は、次の記事をよみながらちゃちゃっと設定を終わらせちゃってください♪

あわせて読みたい
小学生でもわかる!プロバイダの変更方法と乗り換え時の3つの注意点 プロバイダの乗り換え・変更の手順を3ステップで解説! 今回は、プロバイダの乗り換え・変更の手順を「申し込み」「プロバイダの...

まとめ

今回紹介したこと
  • 引っ越しをする場合3STEPの方法で「プロバイダ」「回線業者」の移転手続きが必要です
  • STEP①:回線業者に引っ越しでの移転手続きの連絡をする
  • STEP②:プロバイダに引っ越しによる移転手続きの連絡をする
  • STEP③:転居先で回線業者の開通工事を行う
  • 引っ越しの前に、紹介した3つの注意点を確認しましょう!

今回は、引っ越しをする際のプロバイダーの移転手続きの手順や、引っ越し前に確認するべき3つの注意点について紹介しました。

引っ越しをする場合、必ず「プロバイダ」と「回線業者」の移転手続きが必要です。「回線業者」だけで良いと勘違いしている人が多いので注意してくださいね…!

「プロバイダ」と「回線業者」の移転手続きは、3STEPで簡単に申し込むことができます。今回の記事を参考にささっと手続きをすませてしまいましょう。

また、移転手続きを行う前に「プロバイダ・回線業者との契約内容」「引っ越し先に契約している回線業者が対応しているか」「引っ越し先で使えるプロバイダ・回線業者の種類」の3点は確認しましょう。

3つの注意点を確認しておくことで、プロバイダの移転手続きをスムーズに進める事ができるようになります♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA