インターネットサービスプロバイダーとは?意味や必要性を徹底解説!

【失敗しない!】プロバイダの選び方3つのポイントを解説!


編集部ダイゴ
編集部ダイゴ

なるほどwifi」編集部のダイゴです。

「プロバイダの選び方が分からない…!」という悩みから、プロバイダの選び方についてネットで調べている人は多いようですね。

私も一人暮らしを始めたばかりのころ、ネットを引くのにプロバイダ選びで悩みました…!「安ければ良いの?」「速度が出ないこともあるの?」など調べても調べてもわからなかった記憶があります。

そこでこの記事では、私と同じように悩む人を減らすために「プロバイダの選び方」「おすすめのプロバイダ」などについて紹介していきます。

最後まで読んでいただければ、プロバイダの選び方のポイントや自分に合ったプロバイダがわかります。是非参考にしてくださいね…!

プロバイダの選び方3つのポイント:フレッツ光編

プロバイダ選び3つのポイント:フレッツ編
  • 月額料金が安いプロバイダを選ぶこと
  • 通信速度が速いプロバイダを選ぶこと
  • 会社の規模が大きいプロバイダを選ぶこと

このパートでは、フレッツ光のプロバイダの選び方3つのポイントについて紹介していきます。

インターネットの契約方法には、NURO光のような回線+プロバイダの一括契約を行う方法と、フレッツ光+@niftyのように別々で行う方法があります。

回線業者がフレッツ光の場合、基本的にはフレッツ光プロバイダを別々に契約することになります。

今回のパートで回線+プロバイダを別々に契約する場合についてのプロバイダ選びのポイントを紹介していきます!

ポイント1:月額料金が安いプロバイダを選ぶこと

プロバイダを選ぶときは、なるべく月額料金が安いプロバイダを選ぶことをおすすめします。

プロバイダ料の相場は700円〜1000円程度なので、なるべく1000円以下のプロバイダと契約するのが理想です。

プロバイダで通信速度が変わると言われていますが、プロバイダによって変わる通信速度は微々たるものです。

その他プロバイダの違いで変わる事と言えば。オプションの種類やサポートセンターの対応の良さくらいなものです。

オプション・サポートセンター共に利用頻度が低いサービスである事を考えると、プロバイダを選ぶ際はまず料金に注目することをおすすめします。

ポイント2:通信速度が速いプロバイダを選ぶこと

プロバイダを選ぶ時は、速度が速いプロバイダを選びましょう。

ポイント1のパートでプロバイダによる速度の違いは微々たる物というお話しをしました。

ですが、希にプロバイダの設備が貧弱で通信が集中する18:00〜の時間になると通信速度が異常に低下するプロバイダがあります。

具体的に数値で言えば、フレッツ光回線を使っていても0.8MbpsなどADSL以下の速度になることもあるようです。

そのため、プロバイダを選ぶ際はTwitterなどで評判を調べて「速度が遅すぎる」という口コミが無いプロバイダを選ぶようにしましょう。

訴訟になるので、名指して「○○」というプロバイダはダメとは書けませんが、当サイトがおすすめするプロバイダなら「速度が遅い」ということはありません、

ポイント3:会社の規模が大きいプロバイダを選ぶこと

プロバイダを選ぶ時は、会社の規模が大きいプロバイダを選びましょう。

プロバイダによる通信速度の違いや、通信が途切れる頻度は、プロバイダが所有している設備の強さで決まります。

この設備についての情報は一般公開されていないため、私たちユーザーが知る事はできないんです…汗

ですが、基本的に知名度が高く資金が豊富な会社ほど設備投資ができるため、強い設備を保有している可能性が高いです。

そのため、sonnyのso-netやNTTのOCNなど会社の規模が大きいプロバイダを選ぶ事で、契約しても速度が出ないリスクを減らすことができます。

プロバイダの選び方3つのポイント:その他回線編

プロバイダの選び方3つのポイント:その他回線編
  • 月額料金が安いプロバイダを選ぶこと
  • 対応エリアが広いプロバイダを選ぶこと
  • 通信速度が速いプロバイダを選ぶこと

このパートでは、その他の回線のプロバイダ選びのポイントについて紹介していきます。

前のパートでプロバイダ+回線業者を別々に契約する場合の選び方のポイントについて紹介しました。

そのため、このパートではプロバイダ+回線業者をセットで契約する場合についてのポイントを紹介します!

代表例を上げると、「NURO光」「コミュファ光」「eo光」「光コラボ」などですね♪

ポイント1:月額料金が安いプロバイダを選ぶこと

プロバイダ+回線の一括契約でネットを契約する場合もなるべく料金が安いプロバイダと契約しましょう。

プロバイダ+回線の一括契約の場合、合計金額が4000円〜5000円程度が相場です。なので、月々の支払いが5000円以下になるプロバイダを選ぶことをおすすめします。

このタイプの契約で特におすすめできるのが「NURO光」と、電力系プロバイダの「eo光」「BBIQ」などです…!

NURO光や電力系のプロバイダは、回線とプロバイダどちらの設備も保有しているため余計なコストがかからず月額料金が安い上に回線の品質が良いです。

一方で、光コラボ系のプロバイダはNTTへの回線レンタル料などがコストとしてかかるため割高になるケースが多いです…汗

ポイント2:対応エリアが広いプロバイダを選ぶこと

プロバイダ+回線の一括契約でネットを契約する場合もなるべく対応エリアが広いプロバイダと契約しましょう。

現状、日本全国どこでも対応している回線業者はNTTのフレッツ光だけです。なので、フレッツ以外の回線業者と契約する場合対応エリアを確認する必要があります。

プロバイダ+回線業者の一括契約を取り扱っている業者のほとんどが、電力系のプロバイダです。そのため、eo光なら関西・コミュファ光なら東海など対応エリアが一部地域に偏っています。

例外として、sonnyが運営するsonetのNURO光は東・名・阪の人口が多い地域に対応していますね…!

特に、転勤が多いサラリーマンの方などは、事前に対応エリアをしっかりと調べて契約することをおすすめします。もし、引っ越しが多いようでしたらフレッツ光回線を契約した方がいいかもしれません。

ポイント3:通信速度が速いプロバイダを選ぶこと

プロバイダ+回線の一括契約でネットを契約する場合もなるべく通信速度が速いプロバイダを選びましょう。

特に光コラボのプロバイダと契約する場合、通信速度に注意が必要です。光コラボの場合、どのプロバイダもフレッツ光の回線を使っていますがプロバイダによって速度に大きな差があるようです。

通信速度のチェック方法ですが、RBB SPEED TESTというサイトのランキングを参考にすることをおすすめします。

光コラボのプロバイダでの速度テストの結果を1ヶ月間計測した時の回線速度ランキングなどが掲載されておりとても参考になります。

基本的には、RBB SPEED TESTでランキング上位のプロバイダと契約しておけば速度について悩む可能性は低いでしょう。

RBB SPEED TESTを確認する

初心者におすすめのフレッツ光プロバイダランキングTOP3

フレッツ光のロゴ

このパートでは、インターネットの知識が無い初心者に向けたおすすめのフレッツ光プロバイダ3つをランキング形式で紹介します。

基本的に知識が無いうちは、光回線はフレッツ光を契約することをおすすめします。フレッツ光ならプロバイダ選びに失敗してもいつでも乗り換えが効きますし、設定方法などを解説しているサイトも多いからです。

プロバイダについても、今回紹介するプロバイダを選んでいただければ、「速度が出ない」「対応が雑」などのトラブルに出くわす可能性は低いです。是非参考にしてくださいね。

1位:So-net

So-netはSonnyが運営するプロバイダで、サポートが丁寧でセキュリティソフトなどのオプションが充実していることが特徴のプロバイダです。料金は900円〜1000円と相場程度ですが、RBB SPEED TESTのランキングで上位になることも多く、特に欠点の見当たらない優れたプロバイダです。パソコン初心者であまり知識が無く、サポートの手厚い安心出来るプロバイダならばSo-Net一択で良いと思います。
運営元 Sonny
月額料金 900円〜1000円
口コミでの通信速度 速い
使える回線業者 フレッツ光、コミュファ光、NURO光、auひかり、ドコモ光(光コラボ)、So-net光(光コラボ)

詳細ページ公式ページ

2位:AsahiNet

AsahiNetは朝日新聞が運営元のインターネットプロバイダで、1988年から30年の運営実蹟を誇る老舗プロバイダです。特徴は、プロバイダー料金の安さで月額780円と業界最安値に近い価格設定です。また、今ならキャンペーン適用で2年間月額400円で契約することができます。月額が安い割には、通信速度に関する評判も良好なので、サポートが手厚くなくても良い!という人にはおすすめできるプロバイダです。
運営元 朝日新聞
月額料金 780円(キャンペーン適用で400円)
口コミでの通信速度 速い
使える回線業者 フレッツ光、auひかり、ドコモ光(光コラボ)、AsahiNet光(光コラボ)

詳細ページ公式ページ

3位:Bbexcite

Bbexciteは、伊藤忠商事が運営元のプロバイダで月額料金の安さが特徴のプロバイダーです。月額料金は、業界最安値の700円です。大手プロバイダの中でこれより安いプロバイダーはありません。ただし、口コミの評判では地域により速度が出ない地域があるようなので事前のリサーチが必要です。また、サポートの対応も最低限なので、とにかく安いプロバイダを探している!という人におすすめできるプロバイダです。
運営元 伊藤忠商事
月額料金 700円
口コミでの通信速度 普通
使える回線業者 フレッツ光、MEC光、excite光(光コラボ)

詳細ページ公式ページ

安くて速い!フレッツ光以外のプロバイダランキングTOP3

このパートでは、フレッツ光以外の回線を取り扱うプロバイダで「速度が速い」「料金が安い」おすすめのプロバイダTOP3を紹介していきます。

ここで紹介するプロバイダは、基本的にはプロバイダ+回線の一括契約となります。そのため、プロバイダと回線を自由に選ぶことはできません。

その分月額割引やキャッシュバックなどのサービスが豊富になっています。インターネット回線を安く契約したい人は是非参考にしてくださいね。

1位:NURO光

NURO光は、Sonnyが運営するSo-netのプロバイダ+回線業者一括契約タイプのプロバイダです。特徴なのは、最大2Gbpsの速度がでる光回線を使用している点です。フレッツ光は1GBpsの回線なので、単純計算で2倍の速度がでることになりますね。その上、月額料金も回線込みで4753円と安くキャッシュバックも含めれば業界最安値です。対応エリアが東・名・阪に限られるのが残念ですが、対応エリアに住んでいるならNURO光一択といって良い程おすすめの回線です。
運営元 Sonny
月額料金 4753円
キャッシュバック 35000円(2018年9月現在)
2年間での実質費用 82072円(キャッシュバック金額によって変動します)
口コミでの通信速度 とても速い
使える回線業者 NURO光

詳細ページ公式ページ

2位:BIGLOBE(auひかり)

BIGLOBEはKDDIが運営するプロバイダです。国内で最も信頼瀬の高い速度テストサイトRBB SPEED TESTでもBIGLOBE+auひかりが速度ランキングの上位にランクインしていることは多いです。また、下記リンク先から飛べる代理でBIGLOBE+auひかりを契約すると最大55000円のCBを受ける事がきます…!3年縛り契約ですが、他のプロバイダと比較しても料金は最安値クラスです。得に、NURO光の対応エリアに住んでいない人にはおすすめの契約方法と言えます。
運営元 KDDI
月額料金 5600円
キャッシュバック 最大55000円(2018年9月現在)
2年間での実質費用 80000円(キャッシュバック金額によって変動します)※1
口コミでの通信速度 速い
使える回線業者 auひかり

※1:マンションタイプの場合3年縛りになりますが、比較のため2年間の金額を記載しています。
詳細ページ公式ページ

3位:GMOとくとくBB(ドコモ光)

GMOとくとくBBのロゴ
GMOとくとくBBはGMOインターネットが運営するプロバイダです。公式サイトで下り速度の平均値が公表されていて、なんと光コラボの回線で平均171Mbsもでるようです…!NURO光やauひかり+BIGLOBEとくらべるとキャッシュバック額が低く2年総額は高いですが、速度がある程度保証されているという点で安全なプロバイダーです。確実に速度を出したい…!という人にはGMOとくとくBB+ドコモ光での契約をおすすめします。
運営元 GMOインターネット
月額料金 5200円
キャッシュバック 15000円(2018年9月現在)
2年間での実質費用 117600円(キャッシュバック金額によって変動します)
口コミでの通信速度 とても速い
使える回線業者 ドコモ光

詳細ページ公式ページ

まとめ

今回紹介したこと
  • プロバイダ選びのポイント1:月額料金が安いプロバイダを選ぶこと
  • プロバイダ選びのポイント2:通信速度が速いプロバイダを選ぶこと
  • プロバイダ選びのポイント3:会社の規模が大きいプロバイダを選ぶこと
  • プロバイダ+回線業者一括契約のプロバイダは対応エリアにも注意!
  • おすすめのプロバイダはSo-net!

今回は、プロバイダの選び方とおすすめのプロバイダについて紹介してきました。

プロバイダを選ぶ際は「月額料金」「通信速度」「運営会社の規模」の3つのポイントをチェックして選ぶ事をおすすめします。

特に、通信速度に関しては一部超低速なプロバイダがあるため、事前にTwitterなどでリサーチしてから契約することをおすすめします。

また、NURO光のようなプロバイダ業と回線業をどちらも運営しているプロバイダの場合対応エリアにも注意しましょう。

フレッツ光を契約する場合も、フレッツ以外の回線業者を契約する場合もおすすめのプロバイダはSo-netです。

So-netはサポートが丁寧で通信速度も速いと評判なので、迷ったら「So-net+フレッツ光」か「NURO光(so-net)」を契約することをおすすめします。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA