インターネットサービスプロバイダーとは?意味や必要性を徹底解説!

【2022年】安いインターネットプロバイダーランキング|20社の料金比較

  • 料金が安くておすすめのプロバイダが知りたい
  • プロバイダを一覧表で比較したい

などなど、料金が安くてプロバイダを知りたくありませんか。

結論、光回線はあなたのスマホとセットでお得に契約できるプロバイダ、ポケットWiFiは「BroadWimax」を選ぶことをおすすめします。

編集部ダイゴ
編集部ダイゴ

本記事では長年通信機器を販売してきた私が、以下3点を解説します。

  • プロバイダを失敗せずに選ぶポイント
  • 光回線のプロバイダ20社比較
  • 料金がお得なプロバイダランキング

最後まで読んでいただければ、あなたに合ったプロバイダを見つけられます。

料金の安いプロバイダを今すぐチェック。

お得なインターネットプロバイダーの選び方と最もお得なサービス

あなたにベストなプロバイダを選択するために、まずは「あなたにベストなインターネット回線」を選びましょう。

結論、自宅でインターネットを利用する場合は「光回線」、外出先で利用する・光回線が導入できない場合は「ポケットWiFi」を選ぶのがベストです。

インターネット回線とプロバイダの選び方について、下記で詳しく解説します。

インターネット回線の選び方

インターネット回線は4種類あります。

インターネット回線種類

  • 光回線
  • ポケットWiFi
  • ADSL
  • 据え置き型WiFi(ホームルーター)

あなたにベストなインターネット回線を選ぶための基準は以下です。

  • 利用場所
  • 通信速度

「どこでインターネットを利用したいのか」「どのくらいの通信速度を期待するか」で、最適なインターネット回線が異なります。

現時点で考えられるインターネット回線の選び方は以下です。

  • 高速通信したい:光回線
  • 安い料金で通信したい:ADSL・据え置き型WiFi(ホームルーター)
  • 外出先で利用したい:ポケットWiFi

ただしサービススペックを比較すると「ADSL」と「据え置き型WiFi(ホームルーター)」は、選ぶべきではありません。

なぜなら、ADSLは、2023年1月31日(火)をもってサービスが終了してしまうからです。

また、据え置き型のWiFiは、外出先で利用できない上に、光回線よりも圧倒的に通信速度が遅く、光回線やポケットWiFiよりも劣った点しかないのでおすすめしません。

光回線・ポケットWiFiのお得な選び方

インターネット回線別に、最もお得なサービスの選び方を紹介します。

光回線は「スマホとセット」で選ぶ

光回線は、スマホとセットでお得に契約できるプロバイダを選びましょう。

スマホのキャリア別に「最もおすすめの光回線とプロバイダ」は以下です。

  • ドコモユーザー:ドコモ光(25社から選択可能)
  • auユーザー:auひかり(7社から選択可能)
  • ソフトバンクユーザー:NURO光(So-net一択)

NURO光のプロバイダは、So-netのみとなっています。

プロバイダ選びは、光回線サービスの実質料金のお得さにかかわります。

料金が安い光回線の選び方について、詳しくは下記の記事をご覧ください。

インターネット回線の最安
【コスパ最強】料金の安いインターネット回線20社を徹底比較【料金が安いインターネット回線20社を比較し、戸建てとマンションでどの回線が最安なのかを紹介】安いインターネット回線を選ぶ際に気をつけるべきポイントもまとめているので、回線選びで失敗しないためにもぜひ参考にしてください。...

ポケットWiFiは「BroadWimax」一択

まず、ポケットWiFiは、「WiMAX」を選びましょう。

なぜなら、WiMAXは他のポケットWiFiサービスと比較して、全国の広いエリアで高速通信ができ、無制限プランを契約できるなどのメリットがあるからです。

そして、WiMAXの最もお得なプロバイダは、キャンペーンスペックが最も優れている「BroadWimax」です。

WiMAXのプロバイダ31社を比較した結果を知りたい場合は、下記の記事を確認してください。

【2022年3月】WiMAX2+全26社のキャンペーンを比較&おすすめ10選キャッシュバックや違約金負担など、WiMAXのキャンペーンには色々な種類があるので「結局どこがお得なのか?」迷ってしまいますよね。 ...

インターネットプロバイダを利用する費用と相場

インターネットを契約する場合にかかる費用には、以下の4種類があります。

  • 回線工事費
  • プロバイダ登録料
  • プロバイダ月額費用
  • 回線業者月額費用

以下の表で、それぞれの費用相場と概要をまとめました。

費用名目費用相場概要
回線工事費12,000円~18,000円光回線を自宅に引き込むための工事にかかるコスト
プロバイダ
登録料金
3,000円プロバイダを契約する時にかかる契約手数料
プロバイダ
月額費用
0円~1,100円プロバイダのインターネット接続サービスを利用するための月額利用料
回線業者
月額費用
3,000円~5,000円光回線を利用するための月額利用料

2022年現在、「回線業者」+「プロバイダ」がセットになっているインターネット回線が主流になりつつあります。

別途プロバイダ料金が発生する回線は、ほぼフレッツ光のみです。

この記事では、フレッツ光で選べるプロバイダだけでなく、回線+プロバイダをセット提供している事業者も含めて紹介します。

光回線のプロバイダは4種類

光回線のプロバイダは、下記4種類に分類できます。

  1. 光コラボレーション:フレッツ光回線
  2. auひかり:KDDI回線
  3. NURO光:NTT回線をSo-netが独自構築した回線
  4. 地方電力会社系の光回線サービス:地方の電力会社が運営している回線

ドコモ光やソフトバンク光などの光回線は光コラボで、実はフレッツ光回線を利用しています。

主要なサービスの評判を下記にまとめたので、光コラボが気になる場合は確認してください。

光コラボレーション 評判
【2022年】光コラボレーションの評判・口コミを徹底検証!【2020年最新版】光コラボレーションの評判・口コミを紹介しています。「ソフトバンク光」「So-net光」「ドコモ光」「OCN光」4社の比較や、光コラボ全体の印象なども解説しています。光コラボを検討している方々の参考になれば幸いです。...

地方電力会社系の光回線サービスは、提供エリアが限定的です。

電力会社系の光回線
コミュファ光【東海エリア】
三重県・岐阜県・愛知県・静岡県・長野県
メガエッグ【中国エリア】
広島県・岡山県・島根県・鳥取県・山口
eo光【関西エリア】
大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・滋賀県・和歌山県・福井県
ピカラ光【四国エリア】
香川県・徳島県・愛媛県・高知県
BBIQ【九州エリア】
福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県

光回線のプロバイダを失敗せずに選ぶ5ポイント

光回線のプロバイダを失敗せずに選ぶためのポイントは以下5つです。

それぞれのポイントについて、下記で詳しく解説します。

不要な条件なしで高額キャッシュバックを貰える

光回線のプロバイダを失敗せずに選ぶためには「不要な条件なしで高額キャッシュバック額を貰えるプロバイダ」を選びましょう。

なぜなら、光回線の実質的な料金をお得にするには「高額なキャッシュバックを不要な月額料金がかかるオプション契約なしに受け取る」ことが重要だからです。

キャッシュバック額が高額なプロバイダほど安くてお得なプロバイダです。中には月額料金がオプションに加入することをの条件に設定しているものもあります。

30,000円~50,000円のキャッシュバックが貰えて、月額料金が5,000円以下のプロバイダがお得なプロバイダです。

月額料金が安い

光回線のプロバイダを失敗せずに選ぶためには「月額料金が安いプロバイダ」を選びましょう。

なぜなら、光回線はキャッシュバック金額に加え、月額料金が安いプロバイダを選ぶと最終的な実質料金もお得になるからです。

インターネット契約の実質料金は、月額5,000円程度が相場です。

光回線も実質月額が3,000円〜4,900円程度のプロバイダを選ぶようにしてください。

回線と一括契約できる

光回線のプロバイダを失敗せずに選ぶためには「回線と一括契約できるプロバイダ」を選びましょう。

なぜなら、回線とプロバイダ別契約の場合と回線とプロバイダ一括契約の場合を比較すると一括契約の方が実質的な月額料金が安いからです。

また、支払いもプロバイダ1社にまとめられるので分かりやすいです。独自の高額キャッシュバックを展開しているプロバイダも多いです。

IPv6に対応している

光回線のプロバイダを失敗せずに選ぶためには「IPv6に対応しているプロバイダ」を選びましょう。

なぜなら、IPv6に接続できないと回線混雑時の速度低下の頻度が多くなるからです。

IPv6接続の有無で、100Mbps以上の差が出る事もあります。

速度の速い光回線について、詳しく知りたい場合は下記の記事を確認してください。

光回線速度ランキングアイキャッチ画像
【2022年最速の光回線ランキング】全21社の通信速度を徹底比較【光回線の速度ランキングを徹底解説】主要光回線21社の実測値を徹底比較し、本当に速いサービス5社をランキング形式で紹介します。また選び方のポイントやエリア別でおすすめの光回線についても解説しています。...

工事費割引を実施している

光回線のプロバイダを失敗せずに選ぶためには「工事費割引を実施しているプロバイダ」を選びましょう。

なぜなら、光回線の工事費は非常に高額で、戸建ての場合18,000円、マンションの場合15,000円もかかってしまうからです。

多くの光回線サービスで工事費割引を実施していますが、この割引を適用できるプロバイダを選ばなければ実質料金が高くなってしまいます。

次ではプロバイダ20社を比較していきます。回線とプロバイダが別契約のプロバイダには「別」一括契約のプロバイダにはアイコンを付けて分類しているので参考にしてくださいね。

光回線プロバイダ20社の料金・キャンペーンを徹底比較

光回線の大手プロバイダ20社の「月額料金」「キャッシュバック額」を表にまとめました。

回線プロバイダ月額料金キャッシュバック
BB.excite光 Fit同じを示すアイコンBB.excite3,520円/2,640円0円
NURO光同じを示すアイコンSo-net5,700円/5,700円45,000円
auひかり同じを示すアイコンSo-net5,610円/4,180円0円
同じを示すアイコンBIGLOBE5,610円/4,180円50,000円
同じを示すアイコン@nifty5,610円/4,180円30,000円
同じを示すアイコンau one net5,610円/4,180円10,000円
同じを示すアイコンDTI5,610円/4,180円38,000円
同じを示すアイコンAsahiNet5,610円/4,180円0円
ドコモ光同じを示すアイコンドコモnet5,720円/4,400円0円
同じを示すアイコンplala5,720円/4,400円15,000円
同じを示すアイコンGMOとくとくBB5,720円/4,400円20,000円
同じを示すアイコンDTI5,720円/4,400円0円
同じを示すアイコンAsahiNet5,940円/4,620円0円
ソフトバンク光同じを示すアイコンYahoo!BB5,720円/4,180円25,000円
フレッツ光別々を示すアイコンplala6,156円/4,158円0円
別々を示すアイコンOCN5,600円/4,050円0円
別々を示すアイコンSo-net5,600円/3,850円0円
別々を示すアイコン@nifty6,000円/4,200円0円
So-net光同じを示すアイコンSo-net6,138円/4,928円60,000円
ビッグローブ光同じを示すアイコンBIGLOBE5,478円/4,378円40,000円
ぷらら光同じを示すアイコンplala5,280円/3,960円35,000円

※ 「同」=回線+プロバイダ一体型での提供/「別」=回線とプロバイダを別途契約が必要

2021年現在なら、回線+プロバイダ一体型の方がお得です。

プロバイダ契約が別途になっている「フレッツ光」は、料金的にもあまり良くない回線だという事が分かるかと思います。

キャッシュバック額は回線によって異なるほか、申込先でも変動します。

【光回線】料金が安いプロバイダTOP5

ここでは、光回線のプロバイダを失敗せずに選ぶための5つのポイントと実際に20社を比較した結果から、おすすめの光回線サービスをランキング形式で紹介します。

結論、光回線は、下記のランキングに記載されているサービスの中から、あなたが使用中のスマホとセットでお得に契約できるサービスを選びましょう。

選び方の詳細については、ランキングの後に改めて解説するので、気になる場合は確認してください。

それでは、1~6位の光回線サービスとプロバイダを紹介します。

1位.NURO光(So-net)

NURO光は、日本で初めて下り最大2Gbpsの高速回線を導入した光回線で、月額料金の安さと通信速度の速さが特徴です。

nuro光
 戸建てマンション(NURO光
forマンション)
月額料金4,743円1,900円

2,500円
2年間の実質費用71,832円23,600円

38,000円
キャッシュバック45,000円25,000円
スマホ割ソフトバンクスマホ割(500~1,000円割引)
※NUROひかり電話の加入が条件
電話月額料金300~500円
工事費無料
※30ヶ月以内の解約時に残債が請求されます
契約期間2年間(自動更新)
最大通信速度最大 2 Gbps
実測平均値下り:379 Mbps
上り:379 Mbps
ping値:12 ms
提供エリア・関東(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・群馬・栃木)
・東海(愛知・静岡・岐阜・三重)
・関西(大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良)
・九州(福岡・佐賀)
・北海道(札幌市・小樽市・石狩市)
評価
最もお得な申し込み窓口NURO光公式

※表記の金額は特に記載のある場合を除きすべて税抜

最近では45,000円キャッシュバックキャンペーンを行っており、ただでさえ安いNURO光の月額に加えキャッシュバックまで貰えちゃうんです。

また、口コミ評価を見ても通信速度に関する評価は非常に高く、契約してから後悔する可能性は非常に低いと言えます。

運営元も日本の中でも最大手企業のSONY(※ネットワーク部門の名称はSo-net)ですし、速度も速く月額料金も安い事を考えると、NURO光は不動のNo1プロバイダと言えます。

45,000円のキャッシュバック付で申し込む。※上記公式サイトであるURL以外は受けとれない場合もあるのでご注意ください

2位.auひかり(BIGLOBE、So-net、@nifty)

auひかりはプロバイダを選べますが、料金・契約体系は一体型となっている光回線です。

au光
 戸建てマンション
月額料金1年目:5,100円
2年目:5,000円
3年目以降:4,900円
3,800円~5,000円
※マンションの設備状況で異なる
2年間の実質費用72,200円37,600円

76,000円
キャッシュバック52,000円47,000円
スマホ割auスマートバリュー(500~1,000円割引)
電話月額料金500円
工事費無料
契約期間2年間(自動更新)
最大通信速度1~10Gbps
実測平均値下り:303 Mbps
上り:281 Mbps
ping値:28 ms
評価
最もお得な申し込み窓口代理店NEXT

※表記の金額は特に記載のある場合を除きすべて税抜

中でもおすすめのプロバイダは「BIGLOBE」「So-net」「@nifty」の3社になります。

というのも、auひかりのお得なキャッシュバック(最大52,000円)を実施している代理店「NEXT」の指定プロバイダがこの3社だからです。

キャッシュバックが高額なだけでなく、3社とも知名度が高い老舗プロバイダなので、通信品質も安心できるでしょう。

また、auひかりは「auスマートバリュー」というauスマホ割引も適用可能(※要:電話加入)です。

キャッシュバックの高さなら、光回線の中でもトップクラスです。auひかりを申し込むなら、プロバイダは「BIGLOBE」「So-net」「@nifty」の中から検討してみてくださいね。

auひかりのお得な申込先はこちら。

3位.So-net光(So-net)

So-net光は、数ある光コラボプロバイダの中でも「月額料金の安さ」に特化したインターネットプロバイダです。

So-net光
 戸建てマンション
月額料金5,580円4,480円
2年間の実質費用81,920円65,520円
キャッシュバック最大55,000円分 or 月額大幅割引
スマホ割auスマートバリュー(500~1,000円割引)
電話月額料金500円
工事費無料
※60ヶ月未満の解約は残債が請求されます
契約期間3年間(自動更新)
最大通信速度下り:209 Mbps
上り:178 Mbps
ping値:24 ms
評価
最もお得な申し込み窓口代理店NEXT

※表記の金額は特に記載のある場合を除きすべて税抜

光コラボプロバイダのほとんどが月額5,000円前後で展開しているところ、So-net光はなんと月額2,980円で契約できちゃうんです。

運営元はSONYなので設備に不安はありませんし、口コミ評価も悪くはありません。光コラボ回線を契約するなら断然So-net光がおすすめです。

So-net光の公式HPはこちら

4位.ソフトバンク光(Yahoo!BB)

大手通信会社ソフトバンク提供の光回線「ソフトバンク光」です。フレッツ回線を使用した光コラボで、プロバイダ「Yahoo!BB」と一体型での提供になります。

ソフトバンク光の公式キャプチャ
 戸建てマンション
月額料金5,200円3,800円
2年間の実質費用91,800円58,200円
キャッシュバック36,000円
スマホ割ソフトバンクスマホ割(500~1,000円割引)
電話月額料金500円
工事費下記どちらかで無料!
・乗り換えで申し込み
・引越し後に申し込み
契約期間2年間(自動更新)
最大通信速度最大1Gbps
※戸建て、一部エリア限定で10Gbps
実測平均値下り:213 Mbps
上り:162 Mbps
ping値:19 ms
評価
最もお得な申し込み窓口代理店アウンカンパニー

※表記の金額は特に記載のある場合を除きすべて税抜

月額料金は光コラボの標準ぐらいの設定ですが、キャッシュバックなどのキャンペーンに力を入れています。

お得な代理店「アウンカンパニー」を利用して申込した際のキャッシュバックは36,000円。オプション条件なしで、この金額貰えちゃいます。

また、他社回線から乗り換えた方を対象に、以前の回線の違約金を負担してくれる制度もあります。違約金が高額な方は是非検討してみてくださいね。

ソフトバンク光のお得な申込先はこちら。

5位.ビッグローブ光(BIGLOBE)

ビッグローブ光は、月額料金の安さ&高額キャッシュバックを両立している光回線です。

ビッグローブ光
 戸建てマンション
月額料金4,980円3,980円
2年間の実質費用96,520円72,520円
キャッシュバック26,000円
スマホ割auスマートバリュー(500~1,000円割引)
※ひかり電話の加入が条件
電話月額料金500円
工事費無料
※40ヶ月未満で解約した場合は請求されます
契約期間3年間(自動更新)
最大通信速度最大 1Gbps
実測平均値下り:205 Mbps
上り:176 Mbps
ping値:22 ms
評価
最もお得な申し込み窓口代理店NEXT

※表記の金額は特に記載のある場合を除きすべて税抜

フレッツ回線を使用した光コラボで、プロバイダはBIGLOBEを使用した一体型での提供となっています。

So-net光と同様に3年契約ですが、ソフトバンク光などの他社光コラボよりも比較的安く使う事ができます。

キャッシュバックは、代理店「NEXT」の利用がおすすめです。オプション条件なしだと26,000円、電話&テレビに加入する事で最大35,000円貰えます。

契約しているスマートフォンのキャリアがauかBIGLOBEモバイルの場合、BIGLOBE光も検討してみてくださいね。

ビッグローブ光のお得な申込先はこちら。

6位.ドコモ光(GMO、@nifty、ぷらら)

ドコモ光は25社からプロバイダを選べます

ドコモ光のロゴ
 戸建てマンション
月額料金5,200円4,000円
2年間の実質費用105,800円92,000円
キャッシュバック最大20,000円+2,000dポイント
スマホ割ドコモ光セット割(500~1,000円割引)
電話月額料金500円
工事費無料
契約期間2年間(自動更新)
最大通信速度最大1Gbps
※戸建て、一部エリア限定で10Gbps対応
実測平均値下り:194 Mbps
上り:172 Mbps
ping値:26 ms
評価
最もお得な申し込み窓口プロバイダGMOとくとくBB

※表記の金額は特に記載のある場合を除きすべて税抜

その中でも特にお得なプロバイダは「GMOとくとくBB」「@nifty」「ぷらら」の3社です。

なぜなら、この3社はプロバイダ独自の高額キャッシュバックキャンペーンを実施しており、WiFiルーターを無料でレンタルできるからです。

その中でも「GMOとくとくBB」は最高性能のWiFiルーターを取り扱っているので、最もおすすめのプロバイダです。

ドコモ光のお得な申込先はこちら。

番外編.BB.excite光 Fit

BB.exciteより、2020年2月にサービス開始した「BB.excite光 Fit」の紹介です。

BB.excite光 Fitの公式キャプチャ
 戸建てマンション
月額料金・50GB未満:3,200円
・200GB未満:3,900円
・500GB未満:4,600円
・500GB以上:5,300円
・50GB未満:2,400円
・200GB未満:3,100円
・200GB以上:3,800円
2年間の実質費用・50GB未満:76,800円
・200GB未満:93,600円
・500GB未満:110,400円
・500GB以上:127,200円
・50GB未満:76,800円
・200GB未満:93,600円
・500GB未満:110,400円
・500GB以上:127,200円
キャッシュバック0円
スマホ割なし
電話月額料金500円
工事費15,000円~18,000円
契約期間契約期間の縛りなし!
最大通信速度最大1Gbps
評価
最もお得な申し込み窓口BB.excite光 Fit

※表記の金額は特に記載のある場合を除きすべて税抜

BB.excite光 Fitは「段階料金制」を採用しており、1ヶ月のデータ使用量に応じて料金が決まります。

最低利用量である50GB(※)未満時の料金は、光回線の中でもダントツで安いです。50GBは超えちゃうケースもあるかと思いますが、200GB未満時の料金も十分に安いですね。

※2020年9月末まで20GB増量キャンペーン中で「50GB未満」となっています。2021年9月1日より最低使用量は「30GB未満」となるので注意してください。

BB.excite光 Fitは、フレッツ回線を使用した「光コラボ」での提供で、プロバイダ「BB.excite」とのセット提供になっています。

最低利用期間の縛りもなく、いつ解約しても違約金0円です。キャッシュバックやスマホ割はありませんが、十分に充実したサービス内容と言えるでしょう。

月間使用量が少ない方や、契約期間に縛られずに光回線を契約したい方に「BB.excite光 Fit」はおすすめです。

BB.excite光 Fitの公式HPはこちら。

結論:NURO光が最も安くて速い

ここまで、光回線で安くて速いおすすめのプロバイダをランキング形式で5位まで紹介してきましたが、最もおすすめのプロバイダはNURO光です。

nuro光
 戸建てマンション(NURO光
forマンション)
月額料金4,743円1,900円

2,500円
2年間の実質費用71,832円23,600円

38,000円
キャッシュバック45,000円25,000円
スマホ割ソフトバンクスマホ割(500~1,000円割引)
※NUROひかり電話の加入が条件
電話月額料金300~500円
工事費無料
※30ヶ月以内の解約時に残債が請求されます
契約期間2年間(自動更新)
最大通信速度最大 2 Gbps
実測平均値下り:379 Mbps
上り:379 Mbps
ping値:12 ms
提供エリア・関東(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・群馬・栃木)
・東海(愛知・静岡・岐阜・三重)
・関西(大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良)
・九州(福岡・佐賀)
・北海道(札幌市・小樽市・石狩市)
評価
最もお得な申し込み窓口NURO光公式

※表記の金額は特に記載のある場合を除きすべて税抜

NURO光は業界最速を誇る回線が契約できる上に、2年間変わらず月額4,743円で利用できて45,000円のキャッシュバックまで受け取れるんです。

また、NURO光は、ソフトバンクのスマホセット割を適用できるので、ソフトバンクユーザーは特にお得な料金で利用できます。

速さと安さの両方を兼ね備えたNURO光は、「光回線を契約するならNURO光一択。」と言って良いほどおすすめのサービスですよ。

45,000円のキャッシュバック付で申し込む。※上記公式サイトであるURL以外は受けとれない場合もあるのでご注意ください

ただし、NURO光は、以下のデメリットもあります。

  • ドコモユーザーやauユーザーはスマホセット割が適用できない
  • 提供エリアが限られている

そのため、ドコモユーザー・auユーザー・ソフトバンクユーザーで下記エリア外に住んでいる場合は、他の光回線をスマホとセットでお得に選びましょう。

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬)
  • 東海(愛知・静岡・岐阜・三重)
  • 関西(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良)
  • 九州(福岡・佐賀)
  • 北海道(札幌市・小樽市・石狩市)

NURO光以外で失敗せずに光回線を選ぶ方法は、以下の通りです。

ちなみに、auユーザーで、auひかりの提供エリア外だった場合は、So-net光」「ビッグローブ光」でも比較的お得に契約ができます。

【ポケットWiFi】WiMAXのプロバイダは「BroadWimax」がおすすめ

前述の通り、ポケットWiFiは、「WiMAX」を選びましょう。

なぜなら、WiMAXは他のポケットWiFiサービスと比較して、全国の広いエリアで高速通信ができ、無制限プランを契約できるなどのメリットがあるからです。

そして、WiMAXの最もお得なプロバイダは、キャンペーンスペックが最も優れている「BroadWimax」です。

ブロードWiMAXのキャッシュバック金額
3年間の支払い総額107,652円
キャッシュバック額最大20,000円
月額料金0~2ヶ月:2,626円
3~24ヶ月:3,311円
25~36ヶ月:3,911円
チャットサポートの有無
対応端末WX06,W06,L02,HOME02
おすすめ度

BroadWiMAXとは、「月額料金の割引き率が高い」「サポート対応が良い」「現金1万円キャッシュバックが契約から2ヶ月後に即貰える」ことが特徴のWiMAXです。

また、「キャンペーン」「サポート対応」「配送の速さ」など全ての要素で他社WiMAXよりも優れているため、2022年3月現在WiMAXを契約するならBroadWiMAX1択と言えます。

ちなみに、BroadWiMAXを契約したときに現金で2ヶ月後に即キャッシュバックが受け取れるのはなるほどwifiだけです。契約の際は是非当サイトのURLを活用してください。

BroadWiMAX現金5,000円を受け取る

【ADSL】料金が安いプロバイダTOP3

ADSLのプロバイダーの中でも特に価格の安いおすすめのプロバイダをランキング形式で紹介していきます。

プロバイダ月額料金キャッシュバック
Yahoo!BB1,808円
BIGLOBE2,090円
@nifty2,068円
AsahiNet1,960円
Tigers-net1,980円

※月額料金は、電話回線は引き込み済みである前提で工事費を省いて比較しています。
表で紹介したプロバイダは、国内のADSLプロバイダの中でも得に価格の安い代表的なプロバイダ5社です。

このなかからランキングTOP3まで詳しく解説します。

※ADSL回線は2023年にサービスが終了するので、選ぶべきではありません。 

光回線やポケットWiFiなど、他のインターネット回線を選ぶ際に参考にしてくださいね。

1位.Yahoo!BB

月額料金1,309円
キャッシュバック額
口コミ評価

Yahoo!BBは格安ADSL流行の先駆け的存在なので、名前を知っている人は多いと思います。ADSLが普及し始めた当時、街頭で無料でモデムを配布していたのは懐かしいですね。

そんなYahoo!BBですが、現在ADSL契約なら業界最安値のプロバイダとして運営されています。ADSLで一般的な12Mbpsプランが月額1,309円から契約できてしまうんです。

Yahoo!BBはADSL回線を運営するsoftbankのプロバイダなので、設備についても安心出来ます。価格から見ても信頼性からみてもADSLのNo1プロバイダはYahoo!BBです。

Yahoo!BBの公式HPはこちら

2位.AsahiNet

asahinetのロゴ
月額料金2,068円
キャッシュバック額
口コミ評価

AsahiNetは月額料金が安く最低限のサービスを提供する光回線のプロバイダとして知られています。そんなAsahiNetですが、ADSLの月額もとっても安いんです。

Yahoo!BBには負けますが、月額1,960円と2,000円を下回る価格で12MbpsのADSL回線を契約することができます。

AsahiNetの公式HPはこちら

3位.@nifty

@niftyのロゴ
月額料金1,993円
キャッシュバック額最大6,100円
(価格コム経由)
口コミ評価

@niftyは誰もが知ってる老舗の大手プロバイダですね。光回線のプロバイダとしては比較的高めの価格帯な印象の@niftyですが、ADSLはとっても安いんです。

なんと、月額2,068円の価格帯でADSLが契約できちゃいます。

@niftyは超大手のプロバイダなので、信頼性も非常に高いですね。

@niftyの公式HPはこちら

西日本と東日本のプロバイダーの料金相場

ここでは、西日本地区と東日本地区でのプロバイダー料金の相場を紹介します。

東日本・西日本それぞれに対して有名プロバイダ10社の料金を調査して相場を算出してみました。是非参考にしてください。

西日本地区のプロバイダー料金相場

西日本地区のプロバイダ料金の相場は、戸建ての場合「1,033円前後」集合住宅の場合「827円前後」です。

高額
プロバイダ
Toppa戸建:月額1,320円
集合住宅:取扱無し
プロバイダ10社
平均月額
戸建:1,033円
集合住宅:827円
最も安い
プロバイダ
AsahiNet戸建:780円
集合住宅:700円

最も高額なプロバイダはToppaで、戸建てタイプの月額料金が1,320円でした。逆に最も安いのがAsahiNetで戸建てタイプの月額料金が780円でした。

プロバイダだけで、月額料金に600円近くの差がでるのを知るとプロバイダはしっかりと調べて選んだ方が良いことがわかりますね。

東日本地区のプロバイダー料金相場

東日本地区のプロバイダ料金の相場は、戸建ての場合「1,033円前後」集合住宅の場合「833円前後」です。

高額
プロバイダ
Toppa戸建:月額1,320円
集合住宅:取扱無し
プロバイダ10社
平均月額
戸建:1,033円
集合住宅:833円
最も安い
プロバイダ
AsahiNet戸建:780円
集合住宅:700円

西日本地区と同様に、最も高額なプロバイダはToppaで、戸建てタイプの月額料金が1,320円でした。逆に最も安いのがAsahiNetで戸建てタイプの月額料金が780円でした。

プロバイダ料金は西日本と東日本は同じですが、BIGLOBEだけ集合住宅向けの月額に50円の差がありました。そのため、集合住宅の場合の平均金額が西日本と異なります。

料金が無料のプロバイダOpenBit.Net

プロバイダはプロバイダ料金を収入源として会社を維持しています。そのため、基本的に料金無料のプロバイダというのは存在しません。

openbitのロゴ

最近トレンドの「光コラボ」の場合、支払いが1社のみで済むためプロバイダ料金が無料に見えますが、光コラボは回線費用とプロバイダ料金がまとめて請求されているだけでプロバイダ料金はきちんと徴収されています。

ですが、日本に1社だけ月額料金無料で契約出来る「OpenBit.Net」と言うプロバイダがあります。OpenBitは月額料金を無料にする代わりに、インターネット接続の利用状況の調査に協力することで成り立つプロバイダです。

具体的に言うと、どんなサイトを見ているのか?ネットを何に利用しているのか?月々どの程度通信をするのか?などの情報の提供に同意してくれればプロバイダ料無料で契約しますよということです。

無料と聞くととてもお得に感じますが、2年縛りの違約金がありますし日々の通信情況を監視されるのはあまり良い気分ではないので「おすすめのプロバイダー」とは言えません。

OpenBit.Netの公式HPはこちら

まとめ:安いインターネットプロバイダ

インターネット回線のプロバイダで迷ったら、光回線ならあなたのスマホに合わせてNURO光」「auひかり」「ドコモ光、ポケットWiFiならBroadWiMAXを選びましょう。

料金の安いプロバイダをもう一度確認する

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA