インターネットサービスプロバイダーとは?意味や必要性を徹底解説!

【2020年最安】一番安いおすすめプロバイダーを20社の料金一覧から比較


編集部ダイゴ
編集部ダイゴ
なるほどwifi」編集部のダイゴです。

「料金が安くておすすめのプロバイダが知りたい」「プロバイダを一覧表で比較したい」などなど、安いプロバイダについて調べている人は多いと思います。

私もプロバイダを比較する際は、まず料金から比較します。なので、安いプロバイダを探しているその気持ちはとってもよく分かりますよ…!

そこで今回の記事では、「安いプロバイダを選ぶポイント」「安いプロバイダ20社一括比較」「料金が安くておすすめのプロバイダランキング」について紹介していきます。

最後まで読んでいただければ、自分に合ったプロバイダを見つけることができます。是非、参考にしてくださいね♪

料金の安いプロバイダを今すぐチェック!

料金の安いプロバイダー契約前に知っておきたいインターネット契約のトータルコストについて!

費用名目 費用相場 概要
回線工事費 12,000円
~
18,000円
光回線を自宅に引き込むための工事にかかるコストです。
プロバイダ登録料金 3,000円 プロバイダを契約する時にかかる契約手数料です。
プロバイダ月額費用 0円
~
1,100円
プロバイダのインターネット接続サービスを利用するための月額利用料です。
回線業者月額費用 3,000円
~
5,000円
光回線を利用するための月額利用料です。
トータルコスト
(初期費用)
15,000円
~
21,000円
「回線工事費」「プロバイダ登録料」の合計です。
トータルコスト
(月額)
3,000円
~
7,000円
「プロバイダ月額費用」「回線業者月額費用」の合計です。

インターネットを契約する場合にかかるコストは「回線工事費」「プロバイダ登録料」「プロバイダ月額費用」「回線業者月額費用」の4種類があります。

インターネットを使うためにはフレッツ光などの「回線業者」に加え、@niftyやOCNなどの「プロバイダ」の2社と契約する必要があります。そのためお金を支払う項目が多く混乱してしまいますよね…汗

※2020年現在、「回線業者」+「プロバイダ」がセットになっているインターネット回線が主流になりつつあります。別途プロバイダ料金が発生する回線は、ほぼフレッツ光のみです。

「回線+プロバイダ」一括契約する回線は、「NURO光」や「ソフトバンク光」などが代表歴ですね。

「ドコモ光」や「auひかり」のように、プロバイダは別途選べるけど、料金や契約は一括で、という回線業者もいます。

この記事では、フレッツ光で選べるプロバイダだけでなく、回線+プロバイダをセット提供している事業者も含めて紹介していきます!

料金の安いプロバイダーを選ぶ3つのポイント

次に、料金の安いプロバイダを選ぶ3つのポイントについて解説していきます。

それぞれのポイント毎に詳しく解説していくので是非参考にしてくださいね♪

ポイント①:キャッシュバック額が高額なプロバイダを選ぶ

料金の安いプロバイダを選ぶためには、キャッシュバックがお得なプロバイダを選びましょう。

当たり前の話ですが、キャッシュバック額が高額なプロバイダほど安くてお得なプロバイダです。ただし、キャッシュバックキャンペーンを行っているプロバイダは月額料金が高く設定されていることがほとんどです。

数万円単位の高額なキャッシュバックを行っているプロバイダでも、トータルコストの月額が5,000円を超えるようなプロバイダはあまりおすすめしません。

30,000円~50,000円程度のキャッシュバックが貰えて月額料金が5,000円以下のプロバイダが最もお得な価格帯のプロバイダです。

ポイント②:月額料金の安いプロバイダを選ぶ

なるべく月額料金の安いプロバイダを選ぶようにしましょう。

トータルコストの内、回線工事費とプロバイダ登録料はプロバイダによって大きく変わる事の無い金額です。そのため、プロバイダのトータルコストは月額料金とキャッシュバックで変わってきます。

月額料金が安いプロバイダを選べば月々の支払いが安くなるのでお得感を感じやすいですし、最終的な金額も安くなります。目安としてはトータルコストの月額が3,000円〜4,900円程度のプロバイダを選ぶのが良いでしょう。

インターネット契約のトータルコストは、月額5,000円程度が相場なので5,000円を切るプロバイダとの契約であればお得な契約と言えます。

ポイント③:回線とプロバイダ一括契約タイプのプロバイダを選ぶ

料金が安いプロバイダを契約するのであれば、回線とプロバイダ一括契約タイプのプロバイダを選ぶようにしましょう。

先ほども説明しましたが、回線とプロバイダ別契約の場合と回線とプロバイダ一括契約の場合を比較すると、一括契約の方がトータルコストで優れています。

支払いもプロバイダ1社にまとめられるので分かりやすいですし、独自のキャンペーンを展開しているプロバイダも多いので良いことしかありません。

次ではプロバイダ20社を比較していきますが、回線とプロバイダが別契約のプロバイダには「別」一括契約のプロバイダには「同」アイコンを付けて分類しているので参考にしてくださいね♪

安くて速いのはどこ?インターネットプロバイダ20社徹底比較!

回線 プロバイダ 月額料金
(戸建/
集合住宅)
キャッシュバック
BB.excite光 Fit 同じを示すアイコンBB.excite 3,200円/
2,400円
0円
NURO光 同じを示すアイコンNURO光 4,743円/
4,743円
45,000円
auひかり 同じを示すアイコンSo-net 5,100円/
3,800円
52,000円
同じを示すアイコンBIGLOBE 5,100円/
3,800円
52,000円
同じを示すアイコン@nifty 5,100円/
3,800円
52,000円
同じを示すアイコンau one net 5,100円/
3,800円
10,000円
同じを示すアイコンDTI 5,100円/
3,800円
38,000円
同じを示すアイコンAsahiNet 4,850円/
2,550円
0円
ドコモ光 同じを示すアイコンドコモnet 5,200円/
4,000円
0円
同じを示すアイコンplala 5,200円/
4,000円
15,000円
同じを示すアイコンGMOとくとくBB 5,200円/
4,000円
20,000円
同じを示すアイコンDTI 5,200円/
4,000円
20,000円
同じを示すアイコンAsahiNet 5,200円/
4,000円
0円
ソフトバンク光 同じを示すアイコンYahoo!BB 5,200円/
3,800円
33,000円
フレッツ光 別々を示すアイコンplala 6,156円/
4,158円
0円
別々を示すアイコンOCN 5,600円/
4,050円
0円
別々を示すアイコンSo-net 5,600円/
3,850円
0円
別々を示すアイコン@nifty 6,000円/
4,200円
0円
So-net光 同じを示すアイコンSo-net 5,580円/
4,480円
60,000円
ビッグローブ光 同じを示すアイコンBIGLOBE 4,980円/
3,980円
35,000円
ぷらら光 同じを示すアイコンplala 4,800円/
3,600円
35,000円

※ 「同」=回線+プロバイダ一体型での提供/「別」=回線とプロバイダを別途契約が必要

大手プロバイダ20社を「月額料金」「キャッシュバック額」の2つで表にまとめて比較してみました。

プロバイダ契約が別途になっている「フレッツ光」は、料金的にもあまり良くない回線だという事が分かるかと思います。2020年現在なら、回線+プロバイダ一体型の方がおすすめ出来ますね…!

キャッシュバック額は回線によって異なるほか、申込先でも変動します。この記事内では、一番条件が良い申込先で貰える金額を比較しています。

こうしてまとめてみると、「どのプロバイダが安いのか?」一目でわかりますね…!次から、今回の比較を元に安くて速いおすすめのプロバイダランキングを紹介していきます!こちらも是非読んでみてくださいね♪

安くて速いオススメのインターネットプロバイダランキングTOP5!【光回線編】

ここでは、プロバイダ20社を比較した結果から光回線のプロバイダで安くて速いおすすめのプロバイダをランキング形式で紹介していきます。

加えて、月額料金が最安級のプロバイダ「BB.excite」を「ピックアップ回線」という形で紹介していきます。

この後から、ランキングの1位〜5位に加えて現在のピックアップ回線を順番に紹介していくので是非参考にしてください!

【ピックアップ回線】BB.excite光 Fit

BB.excite光 Fitの公式キャプチャ
月額料金
(戸建の場合)
50GB未満:3,200円
200GB未満:3,900円
500GB未満:4,600円
500GB以上(上限なし):5,300円
月額料金
(集合住宅の場合)
50GB未満:2,400円
200GB未満:3,100円
200GB以上(上限なし):3,800円
キャッシュバック額 なし
口コミ評価 ※2020年2月サービス開始のため、口コミ数が少ない
契約期間 なし
違約金:0円
開催中のキャンペーン 工事費無料
契約事務手数料
開通手続料無料
スマホ割 なし
回線の種類 光コラボ(フレッツ光)
プロバイダ BB.excite(一体型)

BB.exciteより、2020年2月にサービス開始した「BB.excite光 Fit」の紹介です。

BB.excite光 Fitは「段階料金制」を採用しており、1ヶ月のデータ使用量に応じて料金が決まります。

最低利用量である50GB(※)未満時の料金は、光回線の中でもダントツで安いです…!50GBは超えちゃうケースもあるかと思いますが、200GB未満時の料金も十分に安いですね♪

※2020年9月末まで20GB増量キャンペーン中で「50GB未満」となっています。2020年10月1日より最低使用量は「30GB未満」となるので注意してください。

BB.excite光 Fitは、フレッツ回線を使用した「光コラボ」での提供で、プロバイダ「BB.excite」とのセット提供になっています。

最低利用期間の縛りもなく、いつ解約しても違約金0円です。キャッシュバックやスマホ割はありませんが、十分に充実したサービス内容と言えるでしょう。

月間使用量が少ない方や、契約期間に縛られずに光回線を契約したい方に「BB.excite光 Fit」はおすすめです…!

BB.excite光 Fitの公式HPはこちら!

1位.NURO光(So-net)

NURO光のロゴ
月額料金
(戸建の場合)
1ヶ月目:7,743円(※初期費用込み)
2ヶ月目以降:4,743円
月額料金
(集合住宅の場合)
1ヶ月目:7,743円(※初期費用込み)
2ヶ月目以降:4,743円
キャッシュバック額 45,000円
口コミ評価
契約期間 2年自動更新
違約金:9,500円
開催中のキャンペーン キャッシュバックキャンペーン(当サイトリンク限定)
スマホ割 ソフトバンクスマホ割
回線の種類 NURO光独自回線
プロバイダ So-net(一体型)

NURO光は、日本で初めて下り最大2Gbpsの高速回線を導入した光回線で、月額料金の安さと通信速度の速さが特徴です!

最近では45,000円キャッシュバックキャンペーンを行っており、ただでさえ安いNURO光の月額に加えキャッシュバックまで貰えちゃうんです♪

また、口コミ評価を見ても通信速度に関する評価は非常に高く、契約してから後悔する可能性は非常に低いと言えます。

運営元も日本の中でも最大手企業のSONY(※ネットワーク部門の名称はSo-net)ですし、速度も速く月額料金も安い事を考えると、NURO光は不動のNo1プロバイダと言えます。

45,000円のキャッシュバック付で申し込む!※上記公式サイトであるURL以外は受けとれない場合もあるのでご注意ください

2位.auひかり(BIGLOBE、So-net、@nifty)

auひかり
月額料金
(戸建の場合)
1カ月目:8,500円(※初期費用込み)
2~12カ月目:5,100円
13~24カ月目:5,000円
25~36ヶ月目:4,900円
月額料金
(集合住宅の場合)
1カ月目:6,800円(※初期費用込み)
2~24カ月目:3,800円
※マンションによって異なる
キャッシュバック額 最大52,000円
口コミ評価
契約期間 ホーム / マンション
3年自動更新 / 2年自動更新
違約金:15,000円 / 7,000円
開催中のキャンペーン ・キャッシュバックキャンペーン
・違約金負担キャンペーン
スマホ割 auスマホ割
回線の種類 auひかり
プロバイダ ・選択肢あり
・契約、料金体系は一括

auひかりはプロバイダを選べますが、料金・契約体系は一体型となっている光回線です。

中でもおすすめのプロバイダは「BIGLOBE」「So-net」「@nifty」の3社になります。

というのも、auひかりのお得なキャッシュバック(最大52,000円)を実施している代理店「NEXT」の指定プロバイダがこの3社だからです。

キャッシュバックが高額なだけでなく、3社とも知名度が高い老舗プロバイダなので、通信品質も安心できるでしょう…!

また、auひかりは「auスマートバリュー」というauスマホ割引も適用可能(※要:電話加入)です。

キャッシュバックの高さなら、光回線の中でもトップクラスです…!auひかりを申し込むなら、プロバイダは「BIGLOBE」「So-net」「@nifty」の中から検討してみてくださいね。

auひかりのお得な申込先はこちら!

3位.So-net光(So-net)

So-net光公式キャンペーン
月額料金
(戸建の場合)
1カ月目:5,980円(※初期費用込み)
2~24カ月目:2,980円
25ヶ月目以降:5,580円
月額料金
(集合住宅の場合)
1カ月目:4,980円(※初期費用込み)
2~24カ月目:1,980円
25ヶ月目以降:4,480円
キャッシュバック額 0円
口コミ評価
契約期間 3年自動更新
違約金:20,000円
開催中のキャンペーン 月額料金割引キャンペーン
スマホ割 auスマホ割
回線の種類 光コラボ(フレッツ光)
プロバイダ So-net

So-net光は、数ある光コラボプロバイダの中でも「月額料金の安さ」に特化したインターネットプロバイダです。

光コラボプロバイダのほとんどが月額5,000円前後で展開しているところ、So-net光はなんと月額2,980円で契約できちゃうんです…!

運営元はSONYなので設備に不安はありませんし、口コミ評価も悪くはありません。光コラボ回線を契約するなら断然So-net光がおすすめです!

So-net光の公式HPはこちら

4位.ソフトバンク光(Yahoo!BB)

ソフトバンク光のロゴ
月額料金
(戸建の場合)
1カ月目:8,200円(※初期費用込み)
2カ月目以降:5,200円
月額料金
(集合住宅の場合)
1カ月目:6,800円(※初期費用込み)
2カ月目以降:3,800円
キャッシュバック額
口コミ評価
契約期間 2年自動更新
違約金:9,500円
開催中のキャンペーン ・キャッシュバックキャンペーン
・他社違約金負担キャンペーン
スマホ割 ・ソフトバンクスマホ割
・ワイモバイルスマホ割
回線の種類 光コラボ(フレッツ光)
プロバイダ Yahoo!BB(一体型)

大手通信事業者であるSoftBank提供の光回線「ソフトバンク光」です。フレッツ回線を使用した光コラボでの提供となっており、プロバイダ「Yahoo!BB」と一体型での提供になります。

月額料金は光コラボの標準ぐらいの設定ですが、キャッシュバックなどのキャンペーンに力を入れています。

お得な代理店「NEXT」を利用して申込した際のキャッシュバックは33,000円…!オプション条件なしで、この金額貰えちゃいます。

また、他社回線から乗り換えた方を対象に、以前の回線の違約金を負担してくれる制度もあります。違約金が高額な方は是非検討してみてくださいね。

ソフトバンク光のお得な申込先はこちら!

5位.ビッグローブ光(BIGLOBE)

ビッグローブ光
月額料金
(戸建の場合)
1カ月目:7,980円(※初期費用込み)
2カ月目以降:4,980円
月額料金
(集合住宅の場合)
1カ月目:6,980円(※初期費用込み)
2カ月目以降:3,980円
キャッシュバック額 最大35,000円
口コミ評価
契約期間 3年自動更新
違約金:20,000円
開催中のキャンペーン キャッシュバックキャンペーン
スマホ割 ・auスマホ割
・BIGLOBEモバイル割
回線の種類 光コラボ(フレッツ光)
プロバイダ BIGLOBE(一体型)

ビッグローブ光は、月額料金の安さ&高額キャッシュバックを両立している光回線です。フレッツ回線を使用した光コラボで、プロバイダはBIGLOBEを使用した一体型での提供となっています。

So-net光と同様に3年契約ですが、ソフトバンク光などの他社光コラボよりも比較的安く使う事ができます。

キャッシュバックは、代理店「NEXT」の利用がおすすめです。オプション条件なしだと26,000円、電話&テレビに加入する事で最大35,000円貰えます!

契約しているスマートフォンのキャリアがauかBIGLOBEモバイルの場合、BIGLOBE光も検討してみてくださいね♪

ビッグローブ光のお得な申込先はこちら!

安くて速いおすすめのプロバイダはNURO光!

NURO光のロゴここまで、光回線で安くて速いおすすめのプロバイダをランキング形式で5位まで紹介してきましたが、最もおすすめのプロバイダはNURO光です。

NURO光は業界最速を誇る回線が契約できる上に、2年間変わらず月額4,743円で利用できて45,000円のキャッシュバックまで受け取れるんです♪

速さと安さの両方を兼ね備えたNURO光は、「光回線を契約するならNURO光一択!」と言って良いほどおすすめのプロバイダですよ♪

45,000円のキャッシュバック付で申し込む!※上記公式サイトであるURL以外は受けとれない場合もあるのでご注意ください

料金の安いインターネットプロバイダTOP3!【ADSL編】

プロバイダ 月額料金 キャッシュバック
Yahoo!BB 1,808円 最大13,600円
(価格コム経由)
BIGLOBE 2,049円
@nifty 1,993円 最大6,100円
(価格コム経由)
AsahiNet 1,931円
Tigers-net 1,920円 商品券3,000円分
(価格コム経由)

※月額料金は、電話回線は引き込み済みである前提で工事費を省いて比較しています。
ここでは、ADSLのプロバイダーの中でも特に価格の安いおすすめのプロバイダをランキング形式で紹介していきます。

表で紹介したプロバイダは、国内のADSLプロバイダの中でも得に価格の安い代表的なプロバイダ5社です。

このなかからランキングTOP3まで詳しく解説していくので、是非参考にしてくださいね。

※2019年2月28日をもちまして、全てのADSL回線の新規受付を終了してしまいました…。 現在利用中の方は2023年頃まで継続利用できますが、それ以降にサービス終了予定となっています。

先ほど紹介した光回線など、別のインターネット回線への乗り換えを検討してみてくださいね。

1位.Yahoo!BB

Yahoo!BB公式HPのスクリーンショット
月額料金 1,808円
キャッシュバック額 最大13,600円
(価格コム経由)
口コミ評価

Yahoo!BBは格安ADSL流行の先駆け的存在なので、名前を知っている人は多いと思います。ADSLが普及し始めた当時、街頭で無料でモデムを配布していたのは懐かしいですね。

そんなYahoo!BBですが、現在ADSL契約なら業界最安値のプロバイダとして運営されています。ADSLで一般的な12Mbpsプランが月額1,808円から契約できてしまうんです…!

さらに、価格コム経由で2年縛りのプランを契約すれば13,600円のキャッシュバックまで貰えちゃいます。とってもお得ですよね?

Yahoo!BBはADSL回線を運営するsoftbankのプロバイダなので、設備についても安心出来ます。価格から見ても信頼性からみてもADSLのNo1プロバイダはYahoo!BBです。

Yahoo!BBの公式HPはこちら

2位.AsahiNet

asahinetのロゴ
月額料金 1,931円
キャッシュバック額
口コミ評価

AsahiNetは月額料金が安く最低限のサービスを提供する光回線のプロバイダとして知られています。そんなAsahiNetですが、ADSLの月額もとっても安いんです。

Yahoo!BBには負けますが、月額1,931円と2,000円を下回る価格で12MbpsのADSL回線を契約することができるんです♪

運営元も朝日新聞社で信頼できるプロバイダなので、Yahoo!BBを契約したくない人にはとってもおすすめのプロバイダですよ!

AsahiNetの公式HPはこちら

3位.@nifty

@niftyのロゴ
月額料金 1,993円
キャッシュバック額 最大6,100円
(価格コム経由)
口コミ評価

@niftyは誰もが知ってる老舗の大手プロバイダですね!光回線のプロバイダとしては比較的高めの価格帯な印象の@niftyですが、ADSLはとっても安いんです。

なんと、月額1,993円と2,000円を下回る価格帯でADSLが契約できちゃいます!また、価格コム経由の契約なら最大6,100円のキャッシュバックを受けることもできてお得です。

@niftyは超大手のプロバイダなので、信頼性も非常に高いですね。サポート面の手厚い対応が欲しいけど安いプロバイダを契約したいという人は@niftyがおすすめです!

@niftyの公式HPはこちら

西日本と東日本でのプロバイダーの料金の相場は?

ここでは、西日本地区と東日本地区でのプロバイダー料金の相場について紹介していきます。

東日本・西日本それぞれに対して有名プロバイダ10社の料金を調査して相場を算出してみました。是非参考にしてください…!

西日本地区のプロバイダ料金の相場を解説!

最も高額なプロバイダ Toppa 戸建:月額1,320円
集合住宅:取扱無し
プロバイダ10社の平均月額 戸建:1,033円
集合住宅:827円
最も安いプロバイダ AsahiNet 戸建:780円
集合住宅:700円

西日本地区のプロバイダ料金の相場は、戸建ての場合「1,033円前後」集合住宅の場合「827円前後」です。

最も高額なプロバイダはToppaで、戸建てタイプの月額料金が1,320円でした。逆に最も安いのがAsahiNetで戸建てタイプの月額料金が780円でした。

プロバイダだけで、月額料金に600円近くの差がでるのを知るとプロバイダはしっかりと調べて選んだ方が良いことがわかりますね…!

東日本地区のプロバイダー料金の相場を表で解説!

最も高額なプロバイダ Toppa 戸建:月額1,320円
集合住宅:取扱無し
プロバイダ10社の平均月額 戸建:1,033円
集合住宅:833円
最も安いプロバイダ AsahiNet 戸建:780円
集合住宅:700円

東日本地区のプロバイダ料金の相場は、戸建ての場合「1,033円前後」集合住宅の場合「833円前後」です。

西日本地区と同様に、最も高額なプロバイダはToppaで、戸建てタイプの月額料金が1,320円でした。逆に最も安いのがAsahiNetで戸建てタイプの月額料金が780円でした。

プロバイダ料金は西日本と東日本で基本的には同じですが、BIGLOBEだけ集合住宅向けの月額に50円の差がありました。そのため、集合住宅の場合の平均金額が西日本と異なっています。

料金が無料のプロバイダがあるって本当…?無料プロバイダOpenBit.Netについて解説!

openbitのロゴ
プロバイダはプロバイダ料金を収入源として会社を維持しています。そのため、基本的に料金無料のプロバイダというのは存在しません。

最近トレンドの「光コラボ」の場合、支払いが1社のみで済むためプロバイダ料金が無料に見えますが、光コラボは回線費用とプロバイダ料金がまとめて請求されているだけでプロバイダ料金はきちんと徴収されています。

ですが、日本に1社だけ月額料金無料で契約出来る「OpenBit.Net」と言うプロバイダがあります。OpenBitは月額料金を無料にする代わりに、インターネット接続の利用状況の調査に協力することで成り立つプロバイダです。

具体的に言うと、どんなサイトを見ているのか?ネットを何に利用しているのか?月々どの程度通信をするのか?などの情報の提供に同意してくれればプロバイダ料無料で契約しますよということです。

無料と聞くととてもお得に感じますが、2年縛りの違約金がありますし日々の通信情況を監視されるのはあまり良い気分ではないので「おすすめのプロバイダー」とは言えません。

OpenBit.Netの公式HPはこちら

まとめ

今回紹介したこと
  • インターネット契約にかかるトータルコストについて
  • 安くて速いプロバイダを選ぶ時の3つのポイント
  • 最もおすすめの安くて速い光回線プロバイダはNURO光
  • 最もおすすめの安いADSLプロバイダはYahoo!BB
  • 東日本地区と西日本地区のプロバイダ料金の相場は「1,033円」

今回は、月額料金の安いおすすめプロバイダ20社比較と安くて速いおすすめのプロバイダについて紹介してきました。

まず始めに、インターネット契約にかかるコストは「回線工事費」「プロバイダ登録料」「プロバイダ月額費用」「回線業者月額費用」の4つです。

そして安くて速いプロバイダを選ぶ時のポイントはポイント「信頼性の高い大手プロバイダを選ぶ」「回線とプロバイダ一括契約タイプのプロバイダを選ぶ」「評判の良いプロバイダーを選ぶ」の3つです。

以上を踏まえた上で、最もおすすめの光回線のプロバイダは月額料金が安く速度に対する評判がとても良い「NURO光」です。また、ADSLを契約しようとしているならプロバイダは月額料金が安くキャッシュバックも豊富な「Yahoo!BB」がおすすめです。

プロバイダ選びで迷ったら、光回線なら「NURO光」、ADSLなら「Yahoo!BB」を選んでおけば安心ですよ!

料金の安いプロバイダをもう一度確認する


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA