【元販売員が語る光回線の全て!】2019年のおすすめを徹底比較!

【工事の許可が必要!?】光回線をマンションで使うための全知識!

許可を出す老婦人

編集部ヨッシー
編集部ヨッシー
こんにちは!なるほどwifi編集部のヨッシーです!

「マンションで光回線を使いたいけど許可は必要なのかな?」や「マンションで光回線を使いたいけど許可をもらうのは大家さん?マンション管理会社?」など・・・

マンションで光回線を設置する際の疑問は、マンションにお住まいの方やマンションに転居を予定している人にとってはすごく重要なことなので、分かりやすく解説します!

「私のマンションで光回線を設置する場合、契約するタイプは?」「マンションで光回線を使いたいけどお得に契約できる光回線はどこ?」など、マンションでお得に使える光回線や契約するタイプに関する疑問にもお答えします!

光回線を自宅マンションに設置する際に許可は必要です!

分譲マンション 賃貸マンション
部屋まで回線網が整備済 許可は不要 許可は不要
共有部分まで回線が整備済 「念のため」許可が必要 許可が必要
回線はまったく未整備 許可が必要 許可が必要

結論から言いますと、賃貸でも分譲でもマンションに新規で光回線を引き込む場合は「しかるべき所」に許可を取る必要があります。

ただし、例外はすでにマンションの部屋まで回線網が整備済で、現地での工事が必要ない場合は除きます。

それでは、賃貸マンションと分譲マンションのそれぞれで光回線を設置する際の許可関係を見てみましょう。

賃貸マンションの場合

賃貸マンションに光回線を設置する場合、すでに部屋まで決められた光回線の回線網が整備されている場合を除いて、マンションを管理している部署への確認と許可は必要です。

これらは入居前・入居後問わず、マンションを管理している不動産会社に問い合わせてみるのが一番早くて確実ですね。

「部屋に光回線を設置したいのですが、どうすれば良いですか?」みたいな感じで、気軽に問い合わせてみれば、回答はすぐに得られると思います。

ただし入居前・入居後問わず、設置したい光回線のカスタマーセンターにマンション名(住所)を告げて、設置可能かを問い合わせて事前に相談することは必須です。

分譲マンションの場合

分譲マンションに光回線を設置する場合、すでに部屋まで決められた光回線の回線網が整備されている場合を除いて、マンションを管理している部署への確認と許可は「念のため」しておいた方が良いです。

「念のため」とは分譲の場合、自宅内なら問題ありませんが、工事等でマンションの共用部分に影響があれば後々問題になる可能性もあるので、事前に対処しておいた方が良いという意味です。

こちらも入居前・入居後問わず、マンションを管理している不動産会社に問い合わせてみるのが一番早くて確実です。

「部屋に光回線を設置したいのですが、許可と確認は必要ですか?」みたいな感じで、気軽に問い合わせてみれば、回答はすぐに得られるはずです。

こちらも賃貸同様に入居前・入居後問わず、設置したい光回線のカスタマーセンターにマンション名(住所)を告げて、設置可能かを問い合わせて事前に相談することは必須です。

マンションで光回線を設置する引き込み工事の方法と詳細を解説します!

マンション内に既定の光回線あり マンション内に設置なし
希望する光回線の設置 出来ない場合が多い (別途許可が出る例外あり) 光回線会社が設置可能なら可
工事 共用部分から自宅まで回線を引く工事が必要の場合あり 引込線から工事が必要
許可 必要 (部屋まで回線整備済なら不要) 必要

希望する光回線の設置について

「自宅のマンションに設置可能な光回線が判明したので、個人的に希望する光回線を契約したい!」と思われている方は多いと考えます。

この場合は大家さん(オーナー)や不動産管理会社のOKが出れば、個人的に希望する光回線との契約ができます。

ただし、このケースは契約できるプランはマンションプランではなく戸建てプランになることが多いので、事前にカスタマーセンターに確認することが必要です。

また、工事費も高額になる可能性がありますので、こちらも事前にカスタマーセンターに確認することが必要です。

工事の内容について

すでに部屋まで決められた光回線の回線網が整備されている場合でその光回線を利用するなら現地工事は不要です。

ただ、共用部分まで引込線が整備済の場合は自宅の部屋までの回線設置工事が必要です。

しかし、光回線が整備されていないマンションの場合は引込線から工事で設置する必要があるので、工事費が高くなる傾向があります。

許可について

許可はいかなるケースも必要と考えて、関係各所への確認は忘れないようにしましょう。自分の想定外のことが起きないとは限らないので許可に関することは確実に確認しておきましょう。

光回線をマンションと戸建で引く場合の違いについて解説!

マンションの場合 一戸建ての場合
許可 必要 不要
工事 比較的簡単 場合によっては困難になる
工事費用 比較的安い 安い場合と高い場合の差がある

すべてのケースに当てはまるとは言えませんが、おおむね表記したとおりの傾向です。

光回線をマンションに設置する場合と一戸建てに設置する場合は比較的、マンションの方が安価で工事も簡単となり、違約金も戸建てタイプより安いケースがあります。

ただし、マンションの場合はすでに決まった光回線が引き込まれているケースが多いと想定されます。

その場合はご自身が希望する光回線が設置できない場合があり、大家さんや管理会社の許可が出て希望する光回線が単独で設置可能となっても、契約出来るタイプは「戸建てプラン」になりますので、事前にカスタマーセンターに問い合わせて確認してください。

光回線のマンションタイプでおすすめはこの3つ!

auひかり NURO光 ドコモ光
月額料金 3,800円 4,700円 4,000円
初期工事費用 33,000円 ※1 43,000円 ※1 4,000~14,500円
キャッシュバック 45,000円 30,000円 20,000ポイント
スマホ割 スマートバリュー おうち割 ドコモ光パック

表記価格はすべて税別 ※1:月々の料金からの割引あり

表記の金額はあくまで平均的な金額です。契約プランによっては金額が異なる場合がありますので、詳細は各社のカスタマーセンターに問い合わせて確認してください。

なるほどWi-Fi編集部がオススメするマンションに設置すべき光回線として3つあげましたが、選択理由としましては、独自の観点で「エリア」「速度」「料金」「キャンペーン」の要素を相対的に比較し、「この3社がオススメの光回線」だという結論にいたりました。

しかし、各社それぞれに特徴があります。言いかえれば一長一短があるということですが、ご自身の環境にもっも合う光回線を探してみましょう。

①auひかり

マンションで光回線を利用する場合、最もお得な光回線と言えるのがauひかりです。

入居予定のマンションがauひかりと一括契約を結んでいれば、割安料金で利用が可能です。特にauユーザーならMAXで特典を受けることが可能です。

また、事前に設置可・不可の確認が必要となり、契約は戸建てタイプとなりますが、個人的にご自宅マンションへ導入することも可能です

サービス提供エリア内であることが必須条件となりますが、日本全国のかなりのエリアをカバーしているauひかりなら設置対象となる方も多いのでご検討をオススメします。

  • 料金が比較的安い
  • 初期工事費用も割引適用で比較的安価で導入できる
  • 通信速度が安定して速い (最大値1Gbps)
  • キャンペーンでのキャッシュバック平均額が最も高い
  • auの携帯(スマホ)を利用していれば割引(スマートバリュー)が最大値になる
あわせて読みたい
auひかりのおすすめプロバイダは?速度や料金などを徹底比較!auひかりのプロバイダについて徹底比較!各プロバイダの違いやプロバイダの選び方などを詳しく解説します。おすすめのプロバイダや、キャッシュバックが多めにもらえる申し込み方法なども紹介するので、この記事を参考にあなたにあったauひかりのプロバイダを見つけて下さい!...

②NURO光

NURO光はネット速度が速いのが一番のセールスポイントです。「月額料金が高い安いよりも、ネットの速度を最優先に考えたい!」という方には最適の光回線です。

NURO光は転居先マンションを探す際、「NURO光」が導入済ということを条件にする方も居られるほど人気の光回線です。

マンションでNURO光が使えれば、いつでも高速ネット通信が利用可のですので、ヘビーユーザーの方へは特にオススメです!

  • 通信速度が最大2Gbpsで他社と比較しても突出して速い
  • 初期工事費用も割引適用で比較的安価で導入できる
  • キャンペーンでのキャッシュバック平均額が比較的高い
  • ソフトバンクの携帯(スマホ)を利用していれば割引(おうち割)が最大値になる
あわせて読みたい
おうち割
【おうち割が熱い】NURO光とソフトバンクスマホならセットで割引NURO光がソフトバンクのスマホユーザーなら更にお得に使える「おうち割」という、お得な割引制度について紹介しています。...

③ドコモ光

日本国内で最大のサービス提供エリアを誇るのがドコモ光です。

当然ながら、マンションへの導入も安心して行える光回線といえますね。特に日本で一番多い、ドコモユーザーの方は携帯とセットで利用すれば割安感がハンパナイことになります。

さらに、「私の携帯キャリアはドコモだ!」という方も最も多く居られますので、トータル的に割安感を一番感じる方が多い光回線ですね。

ドコモユーザーの方はご検討されることは必須といえる光回線です。

  • 料金が比較的安い
  • 初期工事費用もケースバイケースで比較的安価で導入できる
  • 通信速度が安定して速い (最大値1Gbps)
  • ドコモの携帯(スマホ)を利用していれば割引(ドコモ光パック)が最大値になる

 

あわせて読みたい
ドコモ光の引っ越し完全ガイド!移転手続きや解約新規を徹底解説!ドコモ光の引っ越しについて徹底解説します。移転手続き・新規解約・他社への乗り換えのそれぞれについてお伝えしていきます。移転・引っ越しの際の費用や注意点についても細かく解説しているので、ドコモ光の引っ越しで迷っている人は参考にしてみて下さいね。...

ここまでのまとめ

光回線マンション設置について
  • 光回線のマンション設置に関する許可は基本的に必要
  • 光回線のマンション設置に関する工事はケースバイケース
  • 光回線の設置内容は「マンション」と「戸建て」とでは異なる

マンションに光回線を設置する場合、希望する光回線を設置できないケースもありますが、設置が可能ならお得なキャンペーン実施中の光回線を検討されることをオススメします!


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA