【元販売員が語る光回線の全て!】2020年6月のおすすめを徹底比較!

【工事の許可が必要?】光回線をマンションで使うための全知識!

許可を出す老婦人

編集部ヨッシー
編集部ヨッシー
こんにちは!なるほどwifi編集部のヨッシーです!

「マンションで光回線を使いたいけど許可は必要なのかな?」や「マンションで光回線を使いたいけど許可をもらうのは大家さん?マンション管理会社?」など・・・

マンションで光回線を設置する際の疑問は、マンションにお住まいの方やマンションに転居を予定している人にとってはすごく重要なことなので、分かりやすく解説します!

「私のマンションで光回線を設置する場合、契約するタイプは?」「マンションで光回線を使いたいけどお得に契約できる光回線はどこ?」など、マンションでお得に使える光回線や契約するタイプに関する疑問にもお答えします!

マンションで光回線を導入する時に許可や確認は必要?

分譲マンション 賃貸マンション
部屋まで回線網が整備済 許可は不要 許可は不要
共有部分まで回線が整備済 「念のため」許可が必要 許可が必要
回線はまったく未整備 許可が必要 許可が必要

基本的には許可が必要だと考えてください。

マンションなど集合住宅では、ほとんどの場合「MDF」というインターネット回線用の共有設備を設けています。この「MDF」内の作業が必要になる場合は、同時に管理会社の許可も必要です。

ただ、MDF~各部屋まで、既に「フレッツ回線」や「auひかり」など、任意の回線を配線済み、という集合住宅もあるかと思います。配線済みの回線を使って、プロバイダだけ契約する場合は許可をとる必要はありません。(無派遣工事になるケース)

集合住宅の回線状況を知る必要があるので、どのみち管理会社への連絡は必要になっちゃいます。導入済み回線を聞いてみて、ついでに工事してもOKか確認してみるといいですね!

マンションに光回線を導入する時の工事内容について解説!

工事内容

  1. 電柱から光ファイバーケーブルをMDFまで導入する
  2. MDF~室内まで光ファイバーケーブルを繋ぐ
  3. 室内に光コンセントを設置する

マンションで光回線を導入する時、上記の3STEPが必要になるのですが、集合住宅によっては既に①が終わっている、③まで終わっている、などなど…工事状況が異なります。

特に「①電柱から光ファイバーケーブルをMDFまで導入する」は、既に行っているマンションが多いです。この場合は、管理会社に導入している回線を聞き、その回線を契約すればスムーズにいきますね。許可も必要ありません。

「③室内に光コンセントを設置する」が完了している場合、室内に光コンセントがあるので分かります。この場合も管理会社に「どの回線が来ていますか?」と尋ねてみてください。

許可が必要な工事を行うケースとして、「MDFまで導入していない回線を契約したい場合」が挙げられます。

例えば「NURO光」は、マンションでも戸建てと同じプランを導入するのが一般的なので、MDFまで来ている事もありません。原則、新規工事が必要で、許可も必ず必要となってきます。

※集合住宅用の「NURO光 for マンション」というプランもありますが、こちらは集合住宅側で(管理会社側で)導入して貰っていないと使えません。

マンションの光回線は通信速度が遅い?3つの配線方式について

最大通信速度 MDFまで 宅内まで
VDSL方式 100 Mbps 光ファイバー 電話回線
光配線方式 1 Gbps 光ファイバー 光ファイバー
LAN方式 1 Gbps 光ファイバー LANケーブル

マンションで使う光回線には、3種類の配線方式があります。集合住宅側の設備によって決まるので、入居者が配線方式を選ぶ事は出来ません。

MDF(マンションの回線管理部分)までは光ファイバーケーブルを使っていますが、MDF~各部屋までで使っているケーブルの種類によって、通信速度が異なります。

最も遅いのが「VDSL」です。MDFまでは光ファイバーを使っているのに、そこから先は電話回線を使っちゃいます…。最大通信速度は100Mbpsで、言っちゃうと「ハズレ」です。

一番速くて当たりなのが「光配線方式」です。戸建てと同様に、光ファイバーケーブルを使って宅内まで回線を引き込みます。最近建てられた建物は、光配線方式である事がほとんどでしょう。

「LAN方式」は採用されている集合住宅が少なめで、個人的には微妙な配線方式です。通信速度は申し分ないですが、ONUがマンション側で管理されており、使い勝手が悪いです。

配線方式については管理会社が把握しているかと思いますが、回線事業者へ問い合わせても教えて貰えます。

VDSL方式など、配線方式について詳しくは下記記事も参考にしてみてください。

VDSL
VDSL方式とは?ADSLや光配線方式の違い・ルーターの有無を解説! そもそもVDSL方式とは?光回線には3つの接続方式があることを理解しよう! 通信速度 使用回線 VDS...

マンションでおすすめの光回線も紹介!

月額料金 キャッシュバック スマホ割
NURO光 4,743円 45,000円 ソフトバンク
NURO光
forマンション
~2,500円 25,000円 ソフトバンク
auひかり ~4,050円 47,000円 au
光コラボ ソフトバンク光 3,800円 33,000円 ソフトバンク
ドコモ光 4,000円 20,000円 ドコモ
ビッグローブ光 3,980円 35,000円 au

マンションでおすすめの光回線をピックアップしてみました。基本的にはマンション内で導入されている回線を使うのがスムーズにいくのでおすすめです。

通信速度を重視したい方は「NURO光」もおすすめです。戸建てと同等のタイプを導入出来るため、必ず光配線方式となり、通信品質は最も優れます。

ただ、ニューロ光は工事の許可が必ず必要で、許可が貰えない場合やマンション内で工事不可な場合があったりなど…開通までのハードルは高めです。

「NURO光 forマンション」は、マンション側でNURO設備を導入している場合に契約できるプランです。こちらはマンション内の契約人数に応じて料金が変わり、最安の場合は1,900円という激安価格で利用できます。

提供エリア・対応マンションの問題で、選択肢がフレッツ光に限られるケースも少なくないかと思います。そんな時は、フレッツ回線を使った「光コラボ」も検討してみてください。各スマホ割に合わせて選ぶのがおすすめです!

ここまでのまとめ

光回線マンション設置について
  • マンションで光回線を契約する時は管理会社に確認しよう
  • マンション内で用意された回線を使用するのがおすすめ
  • 光回線のマンション設置に関する工事はケースバイケース
  • 光回線の設置内容は「マンション」と「戸建て」とでは異なる

マンションに光回線を設置する場合、希望する光回線を設置できないケースもありますが、設置が可能ならお得なキャンペーン実施中の光回線を検討されることをオススメします!

auひかりのおすすめプロバイダは?速度や料金などを徹底比較!auひかりのプロバイダについて徹底比較!各プロバイダの違いやプロバイダの選び方などを詳しく解説します。おすすめのプロバイダや、キャッシュバックが多めにもらえる申し込み方法なども紹介するので、この記事を参考にあなたにあったauひかりのプロバイダを見つけて下さい!...
ドコモ光の引っ越し完全ガイド!移転手続きや解約新規を徹底解説!ドコモ光の引っ越しについて徹底解説します。移転手続き・新規解約・他社への乗り換えのそれぞれについてお伝えしていきます。移転・引っ越しの際の費用や注意点についても細かく解説しているので、ドコモ光の引っ越しで迷っている人は参考にしてみて下さいね。...
おうち割
NURO光のソフトバンクスマホ割「おうち割 光セット」について徹底解説!NURO光がソフトバンクのスマホユーザーなら更にお得に使える「おうち割」という、お得な割引制度について紹介しています。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA