【元販売員が語る光回線の全て!】2020年11月のおすすめを徹底比較!

光回線の個人契約・法人契約による違いを解説!おすすめ光回線も紹介!

法人事務所

maenaka
maenaka
こんにちは、「なるほどwifi」編集部の前中です。

フレッツ光などの個人向けで提供されている光回線で、

「法人契約ってできるの?」
「法人契約でサービス内容はかわる?」

などなど…特に個人事業主の方で、光回線を経費として扱いたい方は、このような疑問を抱ているのではないでしょうか。

今回は、光回線の個人契約・法人契約の違いや、法人契約のおすすめ光回線を紹介していきます!

法人契約してみたい方は、是非参考にしてみてください。

個人向け光回線の個人契約・法人契約の違いについて

フレッツやソフトバンク光、auひかりなどの個人向けに提供している光回線でも、ほとんどの場合で法人名義による契約に対応しています。

まずは、個人契約・法人契約した時の違いについて紹介していこうと思います!

1.法人契約だと経費にしやすい

光回線を経費として計上する写真

個人事業主の方は「光回線の料金を経費にしたい」とお考えの方も多いかと思います。

一応、個人名義で契約していても経費にできなくはないですが、なにかと手間がかかりますよね…。

光回線を法人名義の契約にしておけば、簡単に経費として計上できます。これは法人契約のメリットの1つになるかと思いますね!

2.キャンペーンが適用されないケースがある

光回線 キャッシュバック額
個人契約 法人契約
フレッツ光 5,000円 45,000円
ソフトバンク光 33,000円 特典なし
ドコモ光 20,000円 20,000円
NURO光 45,000円 特典なし

法人契約する際に注意してほしいのが、一部の光回線で実施しているキャッシュバックは「個人名義の契約者が対象」となっているケースがある、という点です。

光回線の申し込みは、代理店を経由した方がキャッシュバックが多くてお得なのですが、「法人名義の契約」は代理店経由では出来ない…という場合も多いです。

例えばニューロ光では、個人向けに45,000円キャッシュバックのキャンペーンを実施していますが、条件に「個人名義での契約のみ」と記載されています。

参考までに、一部光回線の個人・法人契約でのキャンペーン内容をまとめてみました。詳しくは後述しますが、法人契約なら「フレッツ光」がおすすめですよ!

3.回線品質・料金体系などは変わらない

個人契約 法人契約
通信品質 同じ
料金体系 同じ

個人向けの光回線を法人契約する場合でも、通信品質や料金面での差はありません。

個人向けの光回線は、基本的に「固定IPアドレスなし」「帯域保証なし」での提供となっているので、法人向けのオプションは充実していない事が多いです。

「普通にインターネットに接続できればOK」という用途であれば問題ないかと思いますが、仕事用に特別な機能が欲しい方は、法人用の光回線も検討してみてくださいね。

法人契約でおすすめの光回線はフレッツ光!

NTT東日本 NTT西日本
月額料金
(戸建て)
4,700円

プロバイダ料金
4,300円

プロバイダ料金
月額料金
(マンション)
3,050円~

プロバイダ料金
3,250円~

プロバイダ料金
プロバイダ料金 900円~1,380円 /月
初期費用 契約手数料 800円
工事費 2,000円~18,000円
通信速度 最大 1 Gbps
キャッシュバック 30,000円~ 40,000円~

個人向けの安価な光回線を「法人名義」で契約したい場合は、「フレッツ光」がおすすめです!

フレッツ光回線を使った「光コラボ」が登場してから、フレッツ光は個人ユーザーにとって、あまりメリットのない光回線となってしまいました。

そこで、フレッツ光は「法人向け」として提供するよう、方針転換したようです。フレッツ光は法人契約した時のキャッシュバックが非常に高額で、更に法人向けのオプションも多く用意されています…!

代理店経由での申し込みがおすすめで、「代理店NEXT」経由で申し込めばオプション条件なしでも30,000円以上の高額キャッシュバックが貰えます。

法人・個人事業主・SOHOでの契約に対応しているので、是非フレッツ光を検討してみてくださいね。

フレッツ光の代理店「NEXT」のサイトへ

フレッツ光の法人向けキャッシュバックキャンペーン NEXT
【法人向け】フレッツ光のキャッシュバックキャンペーン8社を徹底比較!法人向けのキャッシュバックキャンペーンのみを実施している「フレッツ光」のお得な申込先を紹介しています。法人向けサービスが多種用意されているフレッツ光の契約を検討している方は参考にしてみてください。...

高品質な回線が必要なら法人向け光回線も検討しよう!

個人向け 法人向け
サービス例 ・フレッツ光
・ソフトバンク光
・NURO光
eo光
auひかり
・フレッツ光ネクスト プライオ
NURO Biz
月額料金 4,000円

5,000円
15,000円~
通信速度 1~10Gbps 1~10Gbps
帯域保証 なし 有り
固定IPアドレス なし 有り
サービス品質保証 なし 有り

ここまで個人向け光回線を「法人契約した時」について解説してきましたが、「法人向けの光回線」を提供している事業者もいます。

法人向け光回線では、「固定IPアドレス」や「帯域保証」などを提供しており、個人向けよりも高品質なインターネット回線を利用できます。法人向けのオプションも多いですね!

特に「帯域保証」は、個人向けの光回線では無いサービスですね。例えば「NURO Biz スタンダート」の場合、最低10Mbpsの帯域保証がされており、10Mbpsを下回る事がないよう提供されます。

オフィスや店舗用にインターネット回線を導入したい方は、このような法人向け光回線も検討してみてくださいね。

NURO Biz 法人契約
NURO光の法人向けサービス「NURO Biz」を通常プランと比較して徹底解説! そもそもNURO Bizとは?通常プランとの4つの違いを解説! NURO光 NURO Biz (スタンダートプ...
フレッツ光の法人契約と個人契約の違いを徹底比較!
フレッツ光の法人契約について徹底解説!メリットや個人との違いは?「フレッツ光の法人契約と個人契約の違いってなに?」や「フレッツ光の法人契約と個人契約の具体的な違いを知りたい!」等はフレッツ光の利用を検討している方なら必ず考えることです。ここでは、フレッツ光の利用歴7年の私が、分かりやすく解説していきます!...

まとめ

光回線の法人契約について
  • 個人向けで提供されている光回線のほとんどは法人契約可能
  • 法人契約しておくと経費計上が簡単に
  • 法人契約だとキャンペーン対象外な場合も
  • 個人・法人契約で通信品質・料金体系は変わらない
  • 法人契約なら「フレッツ光」がおすすめ!

この記事では、光回線の個人契約・法人契約の違いについて解説しました。

NURO光やソフトバンク光など、個人向けで提供しているほとんどの光回線で、法人名義による契約は可能となっています。

法人契約する事で経費計上がしやすい、というメリットが生じますが、キャンペーン対象外となる場合もあるので注意してください…!

法人契約でおすすめの光回線は「フレッツ光」です。法人契約の方向けのキャンペーンが厚く、高額キャッシュバックも貰えます。

回線費用を経費として計上したい方は、キャンペーンの有無に関わらず「法人契約」する方がおすすめです!

ギガらくWi-Fi
評判悪い?法人向けwifi「ギガらくWi-Fi」のメリット・デメリット解説!法人向けのオフィスWi-Fi「ギガらくWi-Fi」について徹底解説!気になる評判やメリット、デメリットを解説しています。店舗運営に便利な付加サービスがたくさん用意されているので、是非検討してみてください。...
eo光 公式の画像
【2020年11月最新】eo光のキャッシュバックキャンペーン情報まとめ!「eo光のキャッシュバックキャンペーンで一番お得なのは、どこで申し込めばいいのかな?」この疑問に一発回答します!そしてキャッシュバック以外のお得なキャンペーン情報もご案内します!...
auひかりのおすすめプロバイダは?速度や料金などを徹底比較!auひかりのプロバイダについて徹底比較!各プロバイダの違いやプロバイダの選び方などを詳しく解説します。おすすめのプロバイダや、キャッシュバックが多めにもらえる申し込み方法なども紹介するので、この記事を参考にあなたにあったauひかりのプロバイダを見つけて下さい!...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA