【元販売員が語る光回線の全て!】2019年のおすすめを徹底比較!

光回線の契約で法人と個人の違いと各社の契約内容と価格を徹底比較!

法人事務所
編集部ヨッシー
編集部ヨッシー
こんにちは!なるほどwifi編集部のヨッシーです!

「光回線を法人で契約する方法を知りたい」や「光回線を法人で契約するのと個人で契約する違いを知りたい」など・・・

光回線の法人での契約する方法や内容はあまり知られていないのが実情です。そんな経営者の方のお悩みに分かりやすく解説します!

「光回線を法人で契約すれば、月額料金や初期費用はどれぐらい必要なのかな?」など、光回線の法人契約に関する料金面の疑問にもお答えします!

光回線の利用で「法人」と「個人」でサービス内容に違いはないけど固定IPの付与には注意!

3つ同じ結論から申しまして、法人と個人の契約に差はありません。適用されるキャンペーンもほぼ同じですし、初期費用・月額料金・ネット速度も同じサービスとなります。

しかし、法人・個人問わず経営者の方が光回線を申し込まれる場合は、法人として契約する方が経費に組み込める等のメリットがありますので、オススメです!

そして、NTT系(フレッツ光やOCN)光回線の法人契約の特徴として、固定IPアドレスが付与されるケースがあります。

固定IPアドレスとはインターネット上の住所のようなものであり、同じものは存在しません

固定IPアドレスを利用する何ができるのか?と言いますと一例として、下記のような事ができるようになります。

  • 自宅や事務所のサーバを公開することが可能となります。
  • 外部から自宅のパソコンを遠隔操作が可能となります。
  • Webカメラ等で自宅・事務所・店舗などを遠隔操作で監視することが可能となり、防犯対策が強化できます。

これらは個々の利用環境によって専門性が高くなり、必要・不要がはっきりと分かれますが、覚えておいて損はないので、法人契約をされる方は検討されることをオススメします。

【光回線】おもな3社の法人での契約内容と価格を比較した結果!

法人・月額料金 eo光 auひかり NURO光
戸建てタイプ 2,953円 4,900円 4,743円
マンションタイプ 2,953円 2,850円 1,980円

※すべて公式ページ調べの税抜き価格

eo光auひかりNURO光の3社の最もポピュラーなキャンペーンを適用した月額料金をピックアップしました。

法人契約と個人契約は各社同じ内容という結果ですので、表記の価格は個人契約でも同じということになります。

eo光

安定したサービスで常に評価の高い光回線のひとつにあげられるのがeo光。法人と個人の契約が同じ内容なら、契約を検討されることをオススメします!

あわせて読みたい
キャンペーン
【2019年最新】eo光のキャッシュバックキャンペーン情報まとめ!「eo光のキャッシュバックキャンペーンで一番お得なのは、どこで申し込めばいいのかな?」この疑問に一発回答します!そしてキャッシュバック以外のお得なキャンペーン情報もご案内します!...

auひかり

こちらも安定の光回線のauひかり。携帯電話をauで利用しているなら、スマートバリューとの併用でMAXの割引を受けることが可能です!

あわせて読みたい
auひかりのおすすめプロバイダは?速度や料金などを徹底比較!auひかりのプロバイダについて徹底比較!各プロバイダの違いやプロバイダの選び方などを詳しく解説します。おすすめのプロバイダや、キャッシュバックが多めにもらえる申し込み方法なども紹介するので、この記事を参考にあなたにあったauひかりのプロバイダを見つけて下さい!...

NURO光

今回の調査で最安値だったNURO光。ネット速度では他社を大きく上回る速度・2Gbpsを誇る高速光回線界のトップランナーです!

あわせて読みたい
おうち割
【おうち割が熱い】NURO光とソフトバンクスマホならセットで割引NURO光がソフトバンクのスマホユーザーなら更にお得に使える「おうち割」という、お得な割引制度について紹介しています。...

光回線を法人契約するメリット・デメリット

メリット・デメリット

光回線の契約で法人と個人の契約は差が無く同じ内容と解説してきましたが、法人として契約することのメリットとデメリットを調べてみました。

しかし、これ!っといったものは無く、メリットとデメリットの格差も非常に小さなものでした。

法人契約のメリット

メリットは何と言っても、利用料金を経費で落とせるということですね!

個人で契約しても経費で利用は可能ですが、中には契約者と同じ名義でしか領収書を発行しないという会社もありますので、契約時に注意が必要です。

法人契約のデメリット

法人契約のデメリットはあまり見当たりませんが、あえて指摘するなら、トラブルや契約内容変更等の問い合わせが、法人代表と社員でしかできない点です。

例えば、小さな法人を営んでいて法人代表者の家族で社員ではない方は光回線会社に問い合わせすることができないとういう点です。

ご自宅を事務所にし、同居のご家族も同じ光回線を利用するケースは注意が必要です。

法人契約のメリット・デメリットを踏まえた私の見解

メリット・デメリットを踏まえて考えても、やはり法人として契約するほうがメリットは大きいと思います。

デメリットの部分はあまり深く考えずにメリットを最大限に享受することを第一に考えて契約するべきだと思います。

ここまでのまとめ

光回線の法人契約について
  • 光回線の法人と個人の契約に差はなく同じもの。
  • 各社の比較での価格差は実施しているキャンペーンの差。
  • 光回線の法人の契約のメリットは経費で落とせる点。

光回線の法人と個人の契約に差はなく同じものなので、キャンペーンの内容を比較して、「法人として契約する」ことで、検討されることをオススメします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA