【元販売員が語る光回線の全て!】2019年のおすすめを徹底比較!

【2019年最速】光回線10社を速度比較してランキング付け!

パソコンを触る男性

hiroshi
hiroshi
こんにちは、「なるほどwifi」編集部のhiroshiです。

光回線は、公式サイトで「最大1Gbps」などの記載があっても、各社で実測値は大幅に異なります。

光回線選びに失敗してしまうと、「最大1Gbps」と書いてあるのに実測値は20Mbpsも出なかった・・・という場合もあります。(Twitterの口コミでも多くの事例を見かけます。)

そこで、この記事では光回線の各社の速度を実際に測定した平均をとり、本当に速い光回線はどれなのかを徹底的に比較しています。

「理想値ではなく実際の速度がどれくらい出るのか」、「本当に実際に使って速い光回線はどれなのか」を知りたい方の参考になれば嬉しいです。早速解説していきます。

速度が速い光回線ランキングを今すぐ見る

光回線の「速い」の基準とは?各社の速度を比較して目安を解説!

まず、光回線が「速い」というのはどのくらいの速度のことを指すのか解説します。

光回線各社の実測値を平均し、目安を見ていきましょう。

まずは光回線の各社の速度を一覧で徹底比較!

最大通信速度 平均実測値(下り) 平均実測値(上り)
NURO光 2 Gbps 632 Mbps 586 Mbps
auひかり 1 Gbps 567 Mbps 523 Mbps
ソフトバンク光 1 Gbps 314 Mbps 283 Mbps
so-net光プラス 1 Gbps 302 Mbps 288 Mbps
ドコモ光 1 Gbps 267 Mbps 241 Mbps
Pikara 1 Gbps 212 Mbps 191 Mbps
フレッツ光 1 Gbps 188 Mbps 153 Mbps
eo光 1 Gbps 164 Mbps 161 Mbps
BBIQ 1 Gbps 153 Mbps 145 Mbps
ビッグローブ光 1 Gbps 132 Mbps 122 Mbps

光回線各社の速度を一覧表で比較しました。こちらは、100社以上ある光回線の中でも比較的速度の速い10社を厳選して記載しています。

最大通信速度に関しては、全て「基本プラン」の速度を記載しています。例えば、auひかりなどはオプションで高額なプランにすると「最大10Gbps」など、非常に速度が速い回線も存在しますが、基本プランは最大1Gbpsとなります。

また、平均実測値はTwitterなどで実際に使った人の画像を元に算出しています。なるほどWi-Fi独自の調査にはなってしまいますが、なるべく広い範囲の口コミを元に算出しました。

インターネット回線でよく見かける「下り」「上り」という表記について解説しておきます。

下りとは、「ダウンロード速度」のことで、私達がホームページを見たり、動画を見たり、画像を見たりする際の速度を指します。

上りとは、「アップロード速度」のことで、パソコンorスマホ内から画像などを送信したりと、ファイルを送信する際の速度を指します。

比較して分かった光回線の速度の目安や平均基準は?

パソコンの図

先ほどの表では、特に回線速度が速めの10社の実測値平均を記載しています。

そのため、光回線の速度の目安は「下り」で275.2Mbps、「上り」で252.3Mbpsほどあればかなり速いということになります。

しかし、光回線のサービスは実際は100社以上あるため、これらを全て平均するとおよそ下り84Mbps前後が一般的な数値となります。(なるほどWi-Fi編集部調べ)

使用している光回線が速いかどうかの基準は、84Mbps前後を上回るかどうかで判断するのが分かりやすいです。

公式サイトの表記以外でも光回線の実測速度も口コミから把握しよう

上記の表の通り、「最大1Gbps」と公式サイトに記載があってもこれだけ実測値に差が見られます。

おすすめなのは、Twitterで光回線のサービス名を検索することです。実際に使った人の速度が見れるため、だいたいどのくらいの速度が出るのか調べることができます。

もし調べるのが面倒な場合は、上記に記載した平均実測値の表を参考にして頂ければ幸いです。

【最速はコレ!】速度が速い光回線ランキングベスト5!速度検証&口コミあり

上記の検証を踏まえて、速度が速い光回線の上位5つをランキングにしました。

速度検証と口コミの調査も交えて、1つずつ詳しく解説していきます。

また、知名度の高い「フレッツ光」に関しては、実測値だけで比較すると6位に食い込みました。しかし、2年間の実質料金が最安サービスと比べると6万円以上も高くなってしまうため、ランキング圏外となっています。

光回線の速度は日毎に測定しても数値にばらつきが出てしまうため、時期によっては若干ランキングが上下する可能性があります。

ただ、実際はランキング上位の光回線を使えば速度で不便が起きることはないです。参考にして頂ければ幸いです。

1位:NURO光

nuro光
2年間の実質費用 38,600円 ~ 82,072円
(キャッシュバック金額により前後する可能性あり)
月額料金 マンション(アパート):1,900円~2,500円
戸建て:4,743円
キャッシュバック 10,000円~35,000円
実測値(下り) 632 Mbps
実測値(上り)
586 Mbps
備考 下り最大速度2Gbps / 2年間の料金が最安値 / 工事費実質無料 / 最大35,000円キャッシュバックあり / ソフトバンクスマホ割引あり / NTTの光ファイバー使用で高品質
評価

NURO光は、基本プランでも回線速度が2Gbpsと非常に速く、他の光回線と比べて2倍の速度です。

実際に使った人の口コミをTwitterで検索すると、実測値で900Mbps前後が出てる人も多く、非常に高速なのが分かります。

また、NURO光には戸建てタイプとマンションタイプがあり、マンションタイプが使える場合は最安で月額1,900円から利用することが可能です。

キャシュバック額が35,000円と多いのも特徴で、キャンペーンによる工事費無料が実施されているため非常にコストパフォーマンスが良いです。

速度が最速かつ2年間の実質料金も最安になるため、関東・東海・関西にお住みの方には本当におすすめできる光回線です。

NURO光のサービス提供エリア
  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・群馬・栃木)
  • 東海(愛知・静岡・岐阜・三重)
  • 関西(大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良)

NURO光のキャッシュバックページはこちら

NURO光の平均速度の検証結果!

最大通信速度 平均実測値(下り) 平均実測値(上り)
NURO光 2 Gbps 632 Mbps 586 Mbps

NURO光の実測値を平均すると、上記のようになりました。

そもそも最大通信速度が2Gbpsと、他の光回線に比べて2倍も速いのですが、実測値でも他の光回線を大きく引き離して速いです。

人によっては900Mbps以上出ている方も居て、NURO光がいかに速いかを表しています。

NURO光の速度に関する口コミ!

2位:auひかり

auひかり
2年間の実質費用 56,200円 ~ 87,400円
(キャッシュバック金額により前後する可能性あり)
月額料金 マンション(アパート):3,400円 ~ 5,000円
戸建て:5,600円
キャッシュバック マンション(アパート):~45,000円
戸建て:~50,000円
実測値(下り)
567 Mbps
実測値(上り)
523 Mbps
備考 最大1Gbps / 対応エリアが広い / 最大5万円キャッシュバックあ / 乗換違約金を負担  / 電話セットで初期費用最大3万円割引 / アプリでWALLETポイント500Pプレゼント
評価

auひかりは、最大速度が1Gbpsではありますが実測値が速く、対応エリアも広い光回線です。

実際に使った方の口コミを調べると、200Mbps~800Mbpsの速度が出ている方が多く、かなり速い速度です。

また、キャッシュバック額が最大5万円と大きいため、2年間の実質料金で見ると非常に安くなります。auのスマホをお持ちの場合はスマホ割引があるため、さらに安く使うことが可能です。

1位のNURO光は関東・関西・東海のみのエリアになってしまいますが、こちらのauひかりはほぼ全国エリアで対応しているため非常に使いやすいです。

auひかりのサービス提供エリア

【戸建て】
下記を除く全域

  • 関西(滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、福井)
  • 中部(岐阜、愛知、静岡、三重)

【マンション】

  • 全国

auひかりのキャッシュバックページはこちら

auひかりの平均速度の検証結果!

最大通信速度 平均実測値(下り) 平均実測値(上り)
auひかり 1 Gbps 567 Mbps 523 Mbps

auひかりの実測値を平均すると上記のようになりました。

最大通信速度は1Gpbsですが、それでも平均実測値で567Mbpsが出ているので非常に速い傾向にあります。

auひかりには10Gbpsプランなどもありますが、こちらの平均実測値は全て1Gbpsプランのものを集計しています。

auひかりの速度に関する口コミ!

3位:ソフトバンク光

ソフトバンク光
2年間の実質費用 66,200円 ~ 95,800円
(キャッシュバック金額により前後する可能性あり)
月額料金 マンション(アパート):3,800円
戸建て:5,200円
キャッシュバック 33,000円
実測値(下り)
314 Mbps
実測値(上り)
283 Mbps
備考 工事費24,000円が実質無料 / 最大1Gbps / PS4プレゼントあり / 違約金10万円までを負担 / 最大32,000円キャッシュバック / 開通までWi-Fiルーター無料レンタルあり / ワイモバイル・ソフトバンクのスマホで割引あり
評価

ソフトバンク光は、最大1Gbpsですが比較的実測値は速めで、NURO光・auひかりよりも対応エリアが広いのが特徴です。

対応エリアが広いのはフレッツ光の回線を用いるためで、ほぼ全国で利用することができます。また、フレッツ光の回線を使うのにフレッツ光よりも安い料金で利用できるのがメリットです。(※「光コラボレーション」と呼ばれるサービス)

ソフトバンクかワイモバイルのスマホをお持ちの方は最大で月額1,000円の割引があるためコストパフォーマンスが良いです。

ソフトバンク・ワイモバイルのスマホをお持ちの方や、NURO光・auひかりが対応エリア外の方におすすめの光回線です。

ソフトバンク光のサービス提供エリア
  • 全国

ソフトバンク光のキャッシュバックページはこちら

ソフトバンク光の平均速度の検証結果!

最大通信速度 平均実測値(下り) 平均実測値(上り)
ソフトバンク光 1 Gbps 314 Mbps 283 Mbps

ソフトバンク光の平均速度を上記の表にまとめました。

地域にもよりますが、おおよそ実測値の平均をとると下りで314Mbps前後という数値が出ました。平均速度でこの速さは非常に速めといえます。

ソフトバンク光はフレッツ光の回線を利用した「光コラボレーション」ですが、それでもこの速度が出るということはプロバイダとして優秀であるといえます。

ソフトバンク光の速度に関する口コミ!

4位:so-net光プラス

sonet
2年間の実質費用 74,520円 ~ 98,520円
(キャッシュバック金額により前後する可能性あり)
月額料金 マンション(アパート):2,980円
戸建て:3,980円
キャッシュバック なし
実測値(下り)
302 Mbps
実測値(上り)
288 Mbps
備考 3年間契約縛りあり / 工事費込みの料金 / セキュリティサービス付属 / 光コラボレーションプロバイダ / auスマホ割引あり
評価

so-net光プラスは、フレッツ光の回線を使用する光コラボレーションプロバイダです。

実測値の平均は300Mbps前後と速めで、料金も比較的安いので利用しやすいのが特徴です。

また、auのスマホをお持ちであれば「auスマートバリュー」による割引があります。プランによりますが、月額500~2,000円の割引が可能です。

so-net光プラスは月額料金が安くて良いのですが、契約期間に3年の縛りがあり、3年以内に解約すると違約金が発生してしまいます。また、3年目以降は月額料金が+2,000円になるため知っておいて下さい。

so-net光プラスのサービス提供エリア
  • 全国

so-net光プラスの公式サイトはこちら

so-net光プラスの平均速度の検証結果!

最大通信速度 平均実測値(下り) 平均実測値(上り)
so-net光プラス 1 Gbps 302 Mbps 288 Mbps

so-net光プラスの平均速度を計算しました。

下りは302Mbps、上りは288Mbpsと非常に速めです。また、口コミによっては800Mbps以上の速度が出ている方もいらっしゃいました。

料金も比較的安いため、3年縛りを気にしない方にはおすすめの光回線です。

so-net光プラスの速度に関する口コミ!

5位:ドコモ光

ドコモ光
2年間の実質費用 91,200円 ~ 100,800円
(キャッシュバック金額により前後する可能性あり)
月額料金 マンション(アパート):3,800円 ~ 4,200円
戸建て:5,000円 ~ 5,400円
(プロバイダにより変動あり)
キャッシュバック 5,500円 ~ 15,000円
実測値(下り) 267 Mbps
実測値(上り)
241 Mbps
備考 最大1Gbps / ドコモのスマホ割引あり / 最大15,000円キャッシュバックあり / 最大45,000dポイントプレゼント / 出張サポート無料 / Wi-Fiルーター無料レンタル / プロバイダで料金変動あり
評価

ドコモ光は、最大速度が1Gbpsですが、ソフトバンク光より若干実測値は劣ります。

2年間の実質費用で見ると若干高くなりますが、ドコモのスマホをお持ちの方は最大で月額3,000円の割引があります。また、キャッシュバックは最大15,000円でインパクトは若干弱いのが正直なところです。

こちらもソフトバンク光と同様に「光コラボレーション」と呼ばれるサービスで、フレッツ光の回線を使います。しかし、料金はソフトバンク光に比べて高くなるため、ドコモのスマホをお持ちの場合だけドコモ光を選ぶのがおすすめです。

ドコモ光のサービス提供エリア
  • 全国

ドコモ光のキャッシュバックページはこちら

ドコモの光の平均速度の検証結果!

最大通信速度 平均実測値(下り) 平均実測値(上り)
ドコモ光 1 Gbps 267 Mbps 241 Mbps

ドコモ光の平均速度を上記の表にまとめました。

平均速度はNURO光やauひかりに比べると若干遅くなりますが、それでも一般的な光回線と比べると速めの数値が出ています。

口コミを見ていると、無線接続でもかなり速いというコメントが目立ちました。

ドコモ光の速度に関する口コミ!

光回線で迷ったらNURO光で間違いなし!エリア対象外ならauひかりで決まり!

最大通信速度 平均実測値
(下り)
2年間の
実質料金
対応エリア
NURO光 2 Gbps 632 Mbps 586 Mbps 関東・関西・東海
auひかり 1 Gbps 567 Mbps 523 Mbps 全国

速度が速い光回線を、おすすめ順に上位5つ解説してきました。

光回線は種類が多いので、なかなかどれに決めたら良いか迷ってしまうと思いますが、基本的には関東・関西・東海エリアならNURO光を選ぶのが最も速度が速くコストパフォーマンスが良いです。

また、NURO光は関東・関西・東海のみの対応なので、それ以外の地域の場合はauひかりが実測値も速く料金も安いためおすすめです。

もしNURO光もauひかりも対応していない場合はソフトバンク光がおすすめですが、基本的には上記2サービスを選べば最もお得に光回線を使うことができます。

キャッシュバックも最大5万円ついてくるため、気になる方はチェックしてみて下さい。

NURO光のキャッシュバックページはこちら

auひかりのキャッシュバックページはこちら

光回線の速度測定方法や各社の速度測定結果をご紹介!

光回線の速度の測定方法と、光回線サービスごとの測定結果を解説しておきます。

測定ツールによって実測値も変わってくるため、正確な速度を知りたい方はぜひ参考にしてみて下さい。

光回線の速度測定おすすめテストツールと実際の結果を解説!

精度 測定項目数 実測値の例(下り)
Ookla 3項目 490.63 Mbps
速度.jp 3項目 408.09 Mbps
Fast.com 2項目 570Mbps
BNR   1項目 202.30Mbps

光回線の速度測定のおすすめ無料ツールを上記の表に4つまとめました。

それぞれのツールで実測値が異なりますが、これはツールの仕様によって測定方法が異なるため、「どのツールが最も正しい」と言うのは難しい部分があります。

そのため、正しい測定値を知りたい場合は、上記のように複数ツールを使って速度測定を行うのがおすすめです。

私はソフトバンク光を利用しており、上記の結果となりました。最大1Gbpsの表記で500Mbps前後のスピードが出ているため、かなり速いなと感じています。

ちなみに、ソフトバンク光を使っている理由は住んでいるマンションがNURO光とauひかりが対応外だったためです。安くて快適に使えていますよ。

上記の表にある「BNR」というツールの数値が大きく異なる点についてですが、BNRはもう15年以上前からあるツールで、ネット回線が今より100倍以上遅かった時代からある老舗です。

そのため、正直なところ精度としては現在の光回線の高速化に対応しきれてないのかな・・・という点があります。ただ、有名なツールで参考にする方も多いと思いますので上記に掲載しました。

あわせて読みたい
インターネット回線の速度調査
インターネット回線のスピードが遅い!【速度測定・速度調査の方法】インターネット回線のスピードが遅い!そう感じたら、今使っているインターネット回線の速度を測定してみましょう。インターネット回線の速度計測・調査は計測サイトから簡単に行うことができます。...

光回線人気3社の速度測定結果について解説!

NURO光 auひかり ソフトバンク光
下り実測値
(ダウンロード)
158 Mbps 124 Mbps 290 Mbps
190 Mbps 178 Mbps 180 Mbps
205 Mbps 198 Mbps 195 Mbps
上り実測値
(アップロード)
171 Mbps 157 Mbps 199 Mbps
158 Mbps 148 Mbps 145 Mbps
193 Mbps 179 Mbps 184 Mbps

光回線人気3社の速度を、なるほどWi-Fi編集部で実際に測定しました。

光回線は「NURO光」、「auひかり」、「ソフトバンク光」の回線を東京都内で測定しています。また、数値は「Ookla」、「速度.jp」、「Fast.com」で計測しています。

あくまで実測値なので日によって前後する可能性はありますが、今回は朝はソフトバンク光が最速、昼・夜はNURO光が最速という結果になりました。1つずつ詳しく解説していきます。

NURO光の速度測定結果

nuro光の測定結果
下り実測値
(ダウンロード)
158 Mbps 190 Mbps 205 Mbps
上り実測値
(アップロード)
171 Mbps 158 Mbps 193 Mbps

NURO光の速度を実際に測定しました。

朝は158Mbpsと若干落ちますが、夜は200Mbps台という速い速度が出ました。158Mbpsも出ていればオンラインゲームでも非常に快適に遊べるため、速度でストレスを感じることは全くないと言って良い状態です。

アップロード速度も150~190Mbpsまで出ているので、1日を通して安定して速い回線といえます。

NURO光の速度については下記の記事でもまとめています。

あわせて読みたい
インターネットの回線速度の測定
NURO光の速度は遅い?実際に速度測定やってみた(東京都中野区)NURO光の速度は遅いのか?それとも速いのか、実際にNURO光の回線の速度測定やってみました。そのレポートと、NURO光の速度に関する口コミなどをピックアップしています。...

auひかりの速度測定結果

下り実測値
(ダウンロード)
124 Mbps 178 Mbps 198 Mbps
上り実測値
(アップロード)
157 Mbps 148 Mbps 179 Mbps

auひかりの速度を実際に測定しました。

朝は120Mbps台と若干遅くなりますが、他の時間帯は安定して速い速度が計測できました。

日によって若干の上下はありますが、比較的通信が安定している回線といえます。

auひかりの速度については下記の記事でもまとめています。

あわせて読みたい
auひかりには速度制限がある?速度の測定方法や遅い場合の対処法!auひかりの速度について徹底的に解説します。速度制限の有無や速度の測定方法、速度が遅いと感じた場合の対処方法をそれぞれ紹介!他の光回線の速度とも比較しているので、快適にネットを利用したいという人は参考にしてみて下さいね!...

ソフトバンク光の速度測定結果

softbank光の測定結果
下り実測値
(ダウンロード)
290 Mbps 180 Mbps 195 Mbps
上り実測値
(アップロード)
199 Mbps 145 Mbps 184 Mbps

ソフトバンク光の速度を測定すると、朝は速度が非常に速く、実測値で290Mbpsまで速度が出ました。

ソフトバンク光はフレッツ光の回線を使用する「光コラボレーション」というサービスですが、ここまで速い速度が出るのはプロバイダとしてかなり優秀といえます。

ソフトバンク光の速度については下記の記事でもまとめています。

あわせて読みたい
原因と改善策を教えて
ソフトバンク光でWi-Fiが遅いと感じる原因と実際に試した改善策ソフトバンク光は、本当に遅いのでしょうか?こちらでは光回線が遅く感じる5つの原因と、6つの改善策を知ることができます。ソフトバンク光回線の利用者である私が、画像と動画でわかりやすく解説します。ソフトバンク光が遅いと思う方は必読です。 ...

光回線の平均速度や目安をより細かく分析!

速度
平均速度 84Mbps
ページの閲覧 10Mbps以上
動画の視聴 30Mbps以上
オンラインゲーム 100Mbps以上

当サイト「なるほどwifi」の調査では、光回線の下り平均速度は約84Mbpsでした。

これは、光回線を実際に使った方の口コミや、編集部で実際に使用している光回線の実測値を元に算出しています。

平均の84Mbpsがどれくらいの速度かという目安ですが、例えばwebページの閲覧では10Mbps・動画の視聴では30Mbps以上の速度が必要になります。そのため、平均速度が出ていれば通常利用に関しては快適にネットを利用することが可能です。

ただし、オンラインゲームのように回線速度のスピードを重視する場合であれば100Mbps以上の速度がある方が快適に遊ぶことができます。これには、ある程度性能の良い光回線を選ぶ必要が出てきます。

また、平均値の84Mbpsを下回るようであれば回線速度は遅めになるため、乗り換えを検討するのも1つの手です。

光回線の平均速度や目安に関しては下記の記事でも詳しく解説していますので、気になる方は参考にしてみて下さい。

あわせて読みたい
光回線の速度は平均どのくらい?下り速度の目安を目的別に紹介!光回線の平均速度や、光回線の速度について知っておきたいことを紹介します。目的別の光回線の速度や、光回線の速度に関する現実をお伝えしているので、速度が遅いと感じている人や平均速度を知りたい人は参考にしてみて下さいね!...

参考:平成 28 年度以降における厚生労働省統合ネットワーク回線・機器に係る供給(厚生労働省)

光回線の速度が遅い場合の一般的な対処法と各社それぞれの対処結果をご紹介!

光回線を使っていて速度が異常に遅い場合、一般的な対象方法をまとめました。

各社それぞれで対処した結果も解説していきます。

光回線の速度が遅い場合はどうすれば良い?

  • モデムやルーターなどを再起動する
  • 通信障害が発生していないか確認する
  • 回線を乗り換える

光回線の速度が遅い場合、主に3つの対応方法があります。

最も解決しやすいのは、モデム・ルーターなどの周辺機器の電源を一旦抜き、再起動することです。ケーブル類がしっかり刺さっているかも確認して下さい。これにより20Mbpsだった速度が250Mbpsに回復するなどの事例も多いです。

次に、回線によっては通信障害が発生して速度が遅くなっている場合があります。各回線の公式サイトに行くと、通信障害の状況が確認できます。

また、これらを試しても回線が遅いままの場合、契約している光回線の利用人数が増えたことにより遅くなっている可能性もあります。例えば、NURO光などの新しい光回線は回線に空きがあるため、比較的早い速度で利用できる場合が多いです。

光回線の速度が遅い場合の原因や対策については下記の記事でもまとめています。

あわせて読みたい
光回線の速度が遅い7つの原因!回線速度を改善する方法を徹底解説!光回線の速度が遅い7つの原因をそれぞれ紹介します。回線速度を改善するための対策についてもお伝えしているので、ネットがつながらなくて困っている人は参考にしてみて下さい。この記事を参考に回線速度を改善して、快適にインターネットを利用しましょう。...

光回線人気5社の速度が遅い場合の対処方法!

光回線
※clickできます
対処方法
NURO光 ONUが旧タイプでないか確認する
auひかり ルーターを買い換える
ソフトバンク光 LANケーブルの規格を確認する
so-net光 v6プラスオプションを検討する
ドコモ光 プロバイダを確認する

光回線の速度が遅い場合の対処方法を、人気5社別にまとめました。

基本的に対処方法は各プロバイダで共通する部分が多いですが、例えばso-net光ではIPoEオプションでv6プラスというサービスを契約すると速度が速くなるといった対策方法もあります。

表の各プロバイダの名前をクリックすると詳細記事に飛ぶことができるため、参考にしてい頂ければ幸いです。

光回線に速度制限はないので安心して使える!

光回線 モバイルWi-Fi
速度制限 なし 3日で10GBなど
(※サービスにより異なる)
最大回線速度 2Gbps  758Mbps
持ち運び 不可

WiMAXなどのモバイルWi-Fiの場合、3日で10GB以上使うと速度制限がかかり通信が非常に遅くなります。

しかし、光回線の場合はこのような速度制限はなく、動画を何時間見ても通信が制限されることはありません。

これは、持ち運びできるモバイルWi-FiはスマホのようにSIMカードを使って通信するのに対して、光回線は有線で光ファイバーケーブルに直接繋いで通信するからです。

また、光回線で速度が異常に遅い場合、速度制限がかかっているのではなく、機器の故障や通信障害の可能性が考えられます。この場合は上記で説明したような「モデムやルーターの再起動」などを試すことをおすすめします。

光回線の通信制限については下記の記事でもまとめています。

あわせて読みたい
光回線とは
光回線の仕組みを解説!全体像を把握して快適にWi-Fiを使おう!ここでは光回線の仕組みについて解説しています。光ファイバーに関する解説や、特徴なども紹介しています。初心者の方にも分かりやすく説明していますので、是非参考にしてみてください。...

光回線の速度はプロパイダによって違うことはある?

実測値(平均) 元回線
So-net光 183MBps フレッツ光
ドコモ光 131Mbps
OCN光 119Mbps
BIGLOBE光 111Mbps

光回線の速度は、プロバイダによって大きく異なります。これは、そのプロバイダに加入している人数の多さや設備の強度、回線の速さによって影響を受けるからです。

例えば、上記の表に「フレッツ光」の回線を使った「光コラボレーション」というプロバイダの一部をまとめました。

どれもフレッツ光の回線を使っているサービスですが、プロバイダによって実測値にこのような差異が出てきます。

時期によってプロバイダの使用人数も変動してくるため一概には言えないのですが、光回線はプロバイダによって速度は変わってくるということは知っておいて下さい。

プロバイダによる速度の違いについては下記の記事でも詳しくまとめています。

あわせて読みたい
速度の速いプロバイダを説明する少年
プロバイダ12社の速度比較と場合別の速度が速いプロバイダを紹介!「プロバイダーで速度が速いのはどこ?」「自分でプロバイダーを比較してもよく分からない…」この記事では「プロバイダーの速度比較」「速度が速いおすすめのプロバイダー」などに関して紹介していきます。...

光回線の速度比較についてまとめ

光回線の速度比較についてまとめ
  • 光回線の速度は84Mbps程度を超えると速いといえる
  • 公式の表記で「1Gbps」と記載があっても、実測値は異なるため口コミから把握するのが良い
  • 光回線の中で最も実測値の平均が速いのはNURO光
  • 速度測定ツールによっても数値が異なるため、いくつかを併用すると分かりやすい
  • 速度が遅い場合はモデムの再起動などを試す
  • 光回線には速度制限がないためいくらでも使うことが可能
  • プロバイダによって同じサービスでも速度が異なる

光回線の速度比較についてまとめると上記のようになります。

公式サイトで「最大1Gbps」と記載があっても、サービスによって実際の速度は大きく異なります。そのため、本当はどのくらいの速度が出るのか知りたい場合はTwitterなどで口コミを調べるのが最も正確です。

また、光回線は84Mbps程度を超えれば基準より速い速度といえますが、特にNURO光やauひかりは実測値平均が500Mbps以上と速いためおすすめできます。

この記事が速度の速い光回線選びの参考になれば幸いです、最後までお読み頂きありがとうございます。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA