【元販売員が語る光回線の全て!】2020年10月のおすすめを徹底比較!

【2020年最速】光回線10社を速度比較してランキング付け!

パソコンを触る男性

hiroshi
hiroshi
こんにちは、「なるほどwifi」編集部のhiroshiです。

光回線は、公式サイトで「最大1Gbps」などの記載があっても、各社で実測値は大幅に異なります。

光回線選びに失敗してしまうと、「最大1Gbps」と書いてあるのに実測値は20Mbpsも出なかった・・・という場合もあります。(Twitterの口コミでも多くの事例を見かけます。)

そこで、この記事では光回線の各社の速度を実際に測定した平均をとり、本当に速い光回線はどれなのかを徹底的に比較しています。

「理想値ではなく実際の速度がどれくらい出るのか」、「本当に実際に使って速い光回線はどれなのか」を知りたい方の参考になれば嬉しいです。

早速解説していきます!

速度が速い光回線ランキングを今すぐ見る

光回線の「速い」の基準とは?各社の速度を比較して目安を解説!

まずは、「速い」の基準から解説していこうと思います!光回線各社の実測値を平均し、目安を見ていきましょう。

まずは光回線の各社の平均速度を一覧で徹底比較!

平均値 下り 上り ping
NURO光 379 Mbps 379 Mbps 12 ms
コミュファ光 398 Mbps 287 Mbps 20 ms
メガエッグ 337 Mbps 236 Mbps 27 ms
eo光 334 Mbps 297 Mbps 17 ms
auひかり 303 Mbps 281 Mbps 28 ms
ピカラ光 279 Mbps 206 Mbps 23 ms
BBIQ光 257 Mbps 187 Mbps 30 ms
enひかり 241 Mbps 226 Mbps 24 ms
ソフトバンク光 213 Mbps 162 Mbps 19 ms
So-net光 209 Mbps 178 Mbps 24 ms
ビッグローブ光 205 Mbps 176 Mbps 22 ms
ドコモ光 194 Mbps 172 Mbps 26 ms

※各光回線の平均値は「みんなのネット回線速度」の測定結果を参考に使わせて頂いています。1500件以上の測定実績がある光回線のみ掲載しました。

光回線各社の「通信速度 下り・上り」「ping値」の平均を表にまとめました!

速さランキング上位の回線は、エリア限定なものが多いですね。各回線の詳細情報はランキング部分で解説しているので、そちらも参考にしてみてくださいね。

下りとは、「ダウンロード速度」のことで、私達がホームページを見たり、動画を見たり、画像を見たりする際の速度を指します。

上りとは、「アップロード速度」のことで、パソコンorスマホ内から画像などを送信したりと、ファイルを送信する際の速度を指します。

ping値とは、「サーバーとの応答速度」のことで、数値が低いほど品質が高いです。主に対人ゲームをする際に気にしたい項目です。

比較して分かった光回線の速度の目安や平均基準は?

下り 上り ping値
上位12社平均 244 Mbps 202 Mbps 21 ms
全体の平均 184 Mbps 158 Mbps 27 ms

先ほどの表で紹介した12社の平均速度は、下り:244 Mbps/上り:202 Mbps です。

なので、これぐらいの数値が出ていれば、十分に速い回線と言えるでしょう…!

参考までに「みんなのネット回線速度」によると…、

光回線全体の平均値は下り:184Mbps/上り:158 Mbps となっています。
※直近3ヶ月に計測された約26万件の平均値

実際にネットを使っていて、100Mbpsもあれば全く困らないでしょう…!光回線全体の平均が180Mbpsもあるので、日本の回線品質の高さが分かりますね。

目次に戻る

【最速はコレ!】速度が速い光回線ランキングベスト5!速度検証&口コミあり【2020年10月】

ランキングは【速さ8:料金1:特典1】の比率で作成しています。

上記の検証を踏まえて、速度が速い光回線の上位5つをランキングにしました。

各回線の情報も簡単にまとめているので、是非参考にしてみてください!

1位:NURO光【最大2Gbpsの高速回線!料金も安い!】

nuro光
NURO光 NURO光
forマンション
2年間の実質費用 71,832円 23,600円

38,000円
月額料金 4,743円 1,900円

2,500円
キャッシュバック 45,000円 10,000円
通信速度 最大 2 Gbps
平均値 下り:379 Mbps
上り:379 Mbps
ping値:12 ms
提供エリア ・関東(東京/神奈川/埼玉/千葉/茨城/群馬/栃木)
・東海(愛知/静岡/岐阜/三重)
・関西(大阪/京都/兵庫/滋賀/奈良)
・九州(福岡/佐賀)
・北海道(札幌市周辺)
備考 最大10~20Gbpsプラン有り / 工事費実質無料(30ヶ月分割割引) / ソフトバンクスマホ割
評価

光回線の速度ランキング1位は「NURO光」です!

NURO光は標準プランで「最大通信速度2Gbps」で提供しています。日本の光回線は「最大1Gbps」が一般的なので、他社回線よりも理論値は2倍速いです。

実測値も高速で、平均実測値は約330Mbpsでした…!ping値も平均12msなので、ゲームも快適に出来るでしょう!

速い回線なのに月額料金が安く、高額なキャッシュバックまで用意されています。NURO光は非常にコストパフォーマンスが高い光回線と言えるでしょう。

NURO光の難点は「提供エリアの狭さ」「開通までの遅さ」です。エリア内かつ、工事まで1~2ヶ月待てるのであれば、第一に検討してもらいたい回線です…!

NURO光のキャッシュバックページはこちら

※「みんなのネット回線速度」の集計結果によると「コミュファ光」の方が速いのですが、コミュファ光は東海エリア限定なので「電力会社系の回線」として、まとめて紹介しています。

NURO光の口コミ情報

2位:電力会社系の光回線【コミュファ光・メガエッグ・eo光・auひかり・ピカラ光・BBIQ】

電力会社系の光回線
コミュファ光 【東海エリア限定】
下り:398 Mbps/上り:287 Mbps
ping値:20 ms
メガエッグ 【中国エリア限定】
下り:337 Mbps/上り:236 Mbps
ping値:27 ms
eo光 【関西エリア限定】
下り:334 Mbps/上り:297 Mbps
ping値:17 ms
auひかり 下り:303 Mbps/上り:281 Mbps
ping値:28 ms
ピカラ光 【四国エリア限定】
下り:279 Mbps/上り:206 Mbps
ping値:23 ms
BBIQ 【九州エリア限定】
下り:257 Mbps/上り:187 Mbps
ping値:30 ms

各地方の電力会社の光ファイバーを使った回線が、ランキング7位までを占めました。まとめて「電力会社系の光回線」として紹介させて頂きます!

地域限定型で提供しているため、利用者も少なく、通信速度も安定しているようです。また、コミュファ光・eo光・auひかりは最大10Gbpsのプランも提供しています。

6社とも月額料金が安く、auスマートバリューが適用できます。auスマホをお使いの方にもおすすめですね!

auひかりのみ、提供エリアが少し特殊です。マンションは全国対応していますが、戸建ては関西・東海のみ提供していません。また、電力会社の設備を使用しているのは関東エリアのみで、その他エリアはNTTのダークファイバーを利用しています。

それぞれエリア別に使える光回線が異なるので、詳細は下記の個別ページで確認して貰えればと思います!

電力会社系回線の口コミ情報

3位:ソフトバンク光

ソフトバンク光の公式キャプチャ
戸建て マンション
2年間の実質費用 94,800円 61,200円
月額料金 5,200円 3,800円
キャッシュバック 33,000円
通信速度 最大 1 Gbps
平均値 下り:213 Mbps
上り:162 Mbps
ping値:19 ms
提供エリア 日本全国
備考 ソフトバンクスマホ割 / ワイモバイルスマホ割 / 最大10Gbpsプラン有り / 光コラボ回線 / 開通までWi-Fi無料レンタル
評価

3位~5位で紹介する「ソフトバンク光」「So-net光」「ドコモ光」は、フレッツ回線を使用した「光コラボ回線」です。使用回線は同じですが、プロバイダが違うので少しだけ実測値が異なります。

「ソフトバンク光」は、ソフトバンクスマホ割・ワイモバイルスマホ割が使える光回線です。

平均実測値は約210Mbpsと、中々に高速です…!提供エリアも広いので、ソフトバンクユーザーにはおすすめの光回線です。

ソフトバンク光のキャッシュバックページはこちら

ソフトバンク光の口コミ情報

4位:So-net光

フレッツ光のおすすめプロバイダTOP10!8位のSo-net
戸建て マンション
2年間の実質費用 81,920円 65,520円
月額料金 5,580円 4,480円
キャッシュバック 最大55,000円
通信速度 最大 1 Gbps
平均値 下り:209 Mbps
上り:178 Mbps
ping値:24 ms
提供エリア 日本全国
備考 auスマホ割 / 光コラボ回線
評価

4位の「So-net光」も光コラボ回線で、こちらはauスマートバリューが使用可能となっています。

「v6プラス」という高速通信に対応しており、通信速度も速いです。平均値は約210Mbpsと、ソフトバンク光とほぼ変わらない数値となっています。

auスマホユーザーの方は、So-net光もおすすめです!

so-net光のキャッシュバックページはこちら

So-net光の口コミ情報

5位:ドコモ光

ドコモ光のロゴ
戸建て マンション
2年間の実質費用 102,800円 74,000円
月額料金 5,200円 4,000円
キャッシュバック 最大20,000円+2,000dポイント
通信速度 最大 1 Gbps
平均値 下り:194 Mbps
上り:172 Mbps
ping値:26 ms
提供エリア 全国
備考 ドコモスマホ割 / 最大10Gbpsプラン有り / 光コラボ回線 / プロバイダを選べる(GMO推奨) / 契約更新時にdポイントプレゼント / dカードGOLD支払いで10%還元
評価

5位の「ドコモ光」も光コラボ回線で、こちらは唯一のドコモスマホ割引が適用できる光回線です。

ドコモ光はプロバイダが選べる光回線で、おすすめは「GMOとくとくBB」になります。平均値は194Mbpsですが、GMOとくとくBB利用者の平均値は約300Mbpsもあります…!※GMO公式情報

ドコモユーザーの方は、ドコモ光がおすすめですね!

ドコモ光のキャッシュバックページはこちら

ドコモ光の口コミ情報

光回線で迷ったらNURO光で間違いなし!エリア対象外ならauひかりで決まり!

最大通信速度 平均実測値
(下り)
対応エリア
NURO光 2 Gbps 379 Mbps 関東・関西・東海・九州・北海道
auひかり 1 Gbps 303 Mbps 全国

速度が速い光回線を、おすすめ順に上位5つ解説してきました。

光回線は種類が多いので、なかなかどれに決めたら良いか迷ってしまうと思いますが、基本的には提供エリア内ならNURO光を選ぶのが最も速度が速くコストパフォーマンスが良いです。

また、NURO光は関東・関西・東海・九州・北海道のみの対応なので、それ以外の地域の場合はauひかりが実測値も速く料金も安いためおすすめです。

もしNURO光もauひかりも対応していない場合はソフトバンク光がおすすめですが、基本的には上記2サービスを選べば最もお得に光回線を使うことができます。

高額なキャッシュバックもついてくるため、気になる方はチェックしてみて下さい。

NURO光のキャッシュバックページはこちら

auひかりのキャッシュバックページはこちら

光回線の速度測定方法&各社の速度計測結果を徹底検証!実測値が速いのはどれ?

光回線の速度の測定方法と、光回線サービスごとの測定結果を解説しておきます。

測定ツールによって実測値も変わってくるため、正確な速度を知りたい方はぜひ参考にしてみて下さい。

光回線の速度測定おすすめテストツールと実際の結果を解説!

精度 測定項目数 実測値の例(下り)
Ookla 3項目 490.63 Mbps
速度.jp 3項目 408.09 Mbps
Fast.com 2項目 570Mbps
BNR   1項目 202.30Mbps

光回線の速度測定のおすすめ無料ツールを上記の表に4つまとめました。

それぞれのツールで実測値が異なりますが、これはツールの仕様によって測定方法が異なるため、「どのツールが最も正しい」と言うのは難しい部分があります。

そのため、正しい測定値を知りたい場合は、上記のように複数ツールを使って速度測定を行うのがおすすめです。

私はソフトバンク光を利用しており、上記の結果となりました。最大1Gbpsの表記で500Mbps前後のスピードが出ているため、かなり速いなと感じています。

ちなみに、ソフトバンク光を使っている理由は住んでいるマンションがNURO光とauひかりが対応外だったためです。安くて快適に使えていますよ。

上記の表にある「BNR」というツールの数値が大きく異なる点についてですが、BNRはもう15年以上前からあるツールで、ネット回線が今より100倍以上遅かった時代からある老舗です。

そのため、正直なところ精度としては現在の光回線の高速化に対応しきれてないのかな・・・という点があります。ただ、有名なツールで参考にする方も多いと思いますので上記に掲載しました。

インターネット回線の速度調査
インターネット回線のスピードテストのやり方・注意点を徹底解説!インターネット回線のスピードが遅い!そう感じたら、今使っているインターネット回線の速度を測定してみましょう。インターネット回線の速度計測・調査は計測サイトから簡単に行うことができます。...

光回線人気3社の速度測定結果について解説!

NURO光 auひかり ソフトバンク光
下り実測値
(ダウンロード)
158 Mbps 124 Mbps 290 Mbps
190 Mbps 178 Mbps 180 Mbps
205 Mbps 198 Mbps 195 Mbps
上り実測値
(アップロード)
171 Mbps 157 Mbps 199 Mbps
158 Mbps 148 Mbps 145 Mbps
193 Mbps 179 Mbps 184 Mbps

光回線人気3社の速度を、なるほどWi-Fi編集部で実際に測定しました。

光回線は「NURO光」「auひかり」「ソフトバンク光」の回線を東京都内で測定しています。また、数値は「Ookla」「速度.jp」「Fast.com」で計測しています。

あくまで実測値なので日によって前後する可能性はありますが、今回は朝はソフトバンク光が最速、昼・夜はNURO光が最速という結果になりました。1つずつ詳しく解説していきます。

NURO光の速度測定結果

nuro光の測定結果
下り実測値
(ダウンロード)
158 Mbps 190 Mbps 205 Mbps
上り実測値
(アップロード)
171 Mbps 158 Mbps 193 Mbps

NURO光の速度を実際に測定しました。

朝は158Mbpsと若干落ちますが、夜は200Mbps台という速い速度が出ました。158Mbpsも出ていればオンラインゲームでも非常に快適に遊べるため、速度でストレスを感じることは全くないと言って良い状態です。

アップロード速度も150~190Mbpsまで出ているので、1日を通して安定して速い回線といえます。

NURO光の速度については下記の記事でもまとめています。

NURO光のスピードテスト結果
NURO光の速度は遅い?実際に速度測定やってみた(東京都中野区)NURO光の速度は遅いのか?それとも速いのか、実際にNURO光の回線の速度測定やってみました。そのレポートと、NURO光の速度に関する口コミなどをピックアップしています。...

auひかりの速度測定結果

下り実測値
(ダウンロード)
124 Mbps 178 Mbps 198 Mbps
上り実測値
(アップロード)
157 Mbps 148 Mbps 179 Mbps

auひかりの速度を実際に測定しました。

朝は120Mbps台と若干遅くなりますが、他の時間帯は安定して速い速度が計測できました。

日によって若干の上下はありますが、比較的通信が安定している回線といえます。

auひかりの速度については下記の記事でもまとめています。

auひかりの通信速度は遅い?評判や改善方法、速度制限について徹底解説!auひかりの通信速度について徹底解説!速度に関する評判や速い理由、遅い時の対処法を紹介しています。速度制限に関する注意事項もまとめているので、是非参考にしてみてください。...

ソフトバンク光の速度測定結果

softbank光の測定結果
下り実測値
(ダウンロード)
290 Mbps 180 Mbps 195 Mbps
上り実測値
(アップロード)
199 Mbps 145 Mbps 184 Mbps

ソフトバンク光の速度を測定すると、朝は速度が非常に速く、実測値で290Mbpsまで速度が出ました。

ソフトバンク光はフレッツ光の回線を使用する「光コラボレーション」というサービスですが、ここまで速い速度が出るのはプロバイダとしてかなり優秀といえます。

ソフトバンク光の速度については下記の記事でもまとめています。

原因と改善策を教えて
ソフトバンク光でWi-Fiが遅いと感じる原因と実際に試した改善策7選!ソフトバンク光は、本当に遅いのでしょうか?こちらでは光回線が遅く感じる5つの原因と、6つの改善策を知ることができます。ソフトバンク光回線の利用者である私が、画像と動画でわかりやすく解説します。ソフトバンク光が遅いと思う方は必読です。 ...

光回線の平均速度や目安をより細かく分析!

速度
平均速度 180Mbps
ページの閲覧 3Mbps以上
動画の視聴 10Mbps以上
オンラインゲーム 10Mbps以上
※ping値が重要

「みんなのネット回線速度」によると、光回線の下り平均速度は約180Mbpsでした。

平均の180Mbpsがどれくらいの速度かという目安ですが、例えばwebページの閲覧では3Mbps・動画の視聴では10Mbps以上の速度が必要になります。そのため、平均速度が出ていれば通常利用に関しては快適にネットを利用することが可能です。

ただし、オンラインゲームの中でも特に対戦ゲームでは、回線の応答速度「ping値」が重要になってきます。速度的には10Mbpsぐらいで問題ないですが、ping値が50ms以上だと重く感じるシーンが多いです。

ping値の測定に関しては、下記記事も参考にしてみてください。

スピードテスト
「Ping値」を測定する方法を紹介!速度の目安、改善方法も詳しく解説「Ping値」を測定できるおすすめのサイトやアプリを紹介し、速度の目安や改善方法についても詳しく解説します!オンラインゲームなどネットの利用方法によって「Ping値」は非常に重要になるので、サイトやアプリで「Ping値」を測定し、スピードが遅ければ、ルーター変更やプロバイダの見直しなど改善方法についても検討しましょう!...

また、100Mbpsを下回るようであれば回線速度は遅めになるため、乗り換えを検討するのも1つの手です。

光回線の平均速度や目安に関しては下記の記事でも詳しく解説していますので、気になる方は参考にしてみて下さい。

光回線の速度は平均どのくらい?通信速度の目安を目的別に紹介!光回線の平均速度や、光回線の速度について知っておきたいことを紹介します。目的別の光回線の速度や、光回線の速度に関する現実をお伝えしているので、速度が遅いと感じている人や平均速度を知りたい人は参考にしてみて下さいね!...

参考:平成 28 年度以降における厚生労働省統合ネットワーク回線・機器に係る供給(厚生労働省)

光回線の速度が遅い場合の一般的な対処法と各社それぞれの対処結果を解説!

光回線を使っていて速度が異常に遅い場合、一般的な対象方法をまとめました。

各社それぞれで対処した結果も解説していきます。

光回線の速度が遅い場合はどうすれば良い?

  • モデムやルーターなどを再起動する
  • 通信障害が発生していないか確認する
  • 回線を乗り換える

光回線の速度が遅い場合、主に3つの対応方法があります。

最も解決しやすいのは、モデム・ルーターなどの周辺機器の電源を一旦抜き、再起動することです。ケーブル類がしっかり刺さっているかも確認して下さい。これにより20Mbpsだった速度が250Mbpsに回復するなどの事例も多いです。

次に、回線によっては通信障害が発生して速度が遅くなっている場合があります。各回線の公式サイトに行くと、通信障害の状況が確認できます。

また、これらを試しても回線が遅いままの場合、契約している光回線の利用人数が増えたことにより遅くなっている可能性もあります。例えば、NURO光などの新しい光回線は回線に空きがあるため、比較的早い速度で利用できる場合が多いです。

光回線の速度が遅い場合の原因や対策については下記の記事でもまとめています。

光回線の速度が遅い6つの原因!回線速度を改善する方法を徹底解説!光回線の速度が遅い6つの原因をそれぞれ紹介します。回線速度を改善するための対策についてもお伝えしているので、ネットがつながらなくて困っている人は参考にしてみて下さい!...

光回線人気5社の速度が遅い場合の対処方法!

光回線
※clickできます
対処方法
NURO光 ONUが旧タイプでないか確認する
auひかり ルーターを買い換える
ソフトバンク光 LANケーブルの規格を確認する
so-net光 v6プラスオプションを検討する
ドコモ光 プロバイダを確認する

光回線の速度が遅い場合の対処方法を、人気5社別にまとめました。

基本的に対処方法は各プロバイダで共通する部分が多いですが、例えばso-net光ではIPoEオプションでv6プラスというサービスを契約すると速度が速くなるといった対策方法もあります。

表の各プロバイダの名前をクリックすると詳細記事に飛ぶことができるため、参考にしてい頂ければ幸いです。

光回線に速度制限はないので安心して使える!

光回線 モバイルWi-Fi
速度制限 なし 3日で10GBなど
(※サービスにより異なる)
最大回線速度 2Gbps  758Mbps
持ち運び 不可

WiMAXなどのモバイルWi-Fiの場合、3日で10GB以上使うと速度制限がかかり通信が非常に遅くなります。

しかし、光回線の場合はこのような速度制限はなく、動画を何時間見ても通信が制限されることはありません。

これは、持ち運びできるモバイルWi-FiはスマホのようにSIMカードを使って通信するのに対して、光回線は有線で光ファイバーケーブルに直接繋いで通信するからです。

また、光回線で速度が異常に遅い場合、速度制限がかかっているのではなく、機器の故障や通信障害の可能性が考えられます。この場合は上記で説明したような「モデムやルーターの再起動」などを試すことをおすすめします。

光回線の通信制限については下記の記事でもまとめています。

光回線とは
光回線の仕組みを解説!全体像を把握して快適にWi-Fiを使おう!ここでは光回線の仕組みについて解説しています。光ファイバーに関する解説や、特徴なども紹介しています。初心者の方にも分かりやすく説明していますので、是非参考にしてみてください。...

光回線の速度はプロパイダによって違うことはある?

実測値(平均) 元回線
So-net光 183MBps フレッツ光
ドコモ光 131Mbps
OCN光 119Mbps
BIGLOBE光 111Mbps

光回線の速度は、プロバイダによって大きく異なります。これは、そのプロバイダに加入している人数の多さや設備の強度、回線の速さによって影響を受けるからです。

例えば、上記の表に「フレッツ光」の回線を使った「光コラボレーション」というプロバイダの一部をまとめました。

どれもフレッツ光の回線を使っているサービスですが、プロバイダによって実測値にこのような差異が出てきます。

時期によってプロバイダの使用人数も変動してくるため一概には言えないのですが、光回線はプロバイダによって速度は変わってくるということは知っておいて下さい。

プロバイダによる速度の違いについては下記の記事でも詳しくまとめています。

速度の速いプロバイダを説明する少年
プロバイダ12社の速度比較と場合別の速度が速いプロバイダを紹介!「プロバイダーで速度が速いのはどこ?」「自分でプロバイダーを比較してもよく分からない…」この記事では「プロバイダーの速度比較」「速度が速いおすすめのプロバイダー」などに関して紹介していきます。...

光回線の速度比較についてまとめ

光回線の速度比較についてまとめ
  • 光回線の速度は180Mbps程度を超えると速いといえる
  • 公式の表記で「1Gbps」と記載があっても、実測値は異なるため口コミから把握するのが良い
  • 光回線の中で最も実測値の平均が速いのはNURO光
  • 速度測定ツールによっても数値が異なるため、いくつかを併用すると分かりやすい
  • 速度が遅い場合はモデムの再起動などを試す
  • 光回線には速度制限がないためいくらでも使うことが可能
  • プロバイダによって同じサービスでも速度が異なる

また、光回線は180Mbps程度を超えれば基準より速い速度といえますが、特にNURO光は実測値平均が300Mbps以上と速いためおすすめできます。

この記事が速度の速い光回線選びの参考になれば幸いです、最後までお読み頂きありがとうございます。

速度が速い光回線ランキングをもう一度見る


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA