【元販売員が語る光回線の全て!】2019年のおすすめを徹底比較!

光回線のおすすめの契約方法と契約時の3つの注意点!


編集部ダイゴ
編集部ダイゴ
こんにちは。「なるほどwifi」編集部のダイゴです。

「光回線の契約で失敗したくない…!」「光回線ってどうやって契約するの…?」など、光回線の契約について調べている人は多いようですね…!

私も、家にNURO光を引いていますが契約するときは情報が多すぎて整理するのにとても苦労しました。結局NURO光をインターネット経由で契約しましたがとても満足してます!

そこで、当記事では「光回線のおすすめの契約方法」や「光回線の契約方法」などについて詳しくまとめていきます…!

最後まで読んでいただければ、光回線の契約方法の種類や光回線を契約する手順などについて理解出来ます。是非参考にしてくださいね!

光回線の契約方法一覧

契約方法 料金 危険度 オススメ度
ネット窓口 安い ★☆☆☆☆ ★★★★★
店舗窓口 安い ★★☆☆☆ ★★★★☆
電話営業 非常に高い ★★★★★ ★☆☆☆☆
訪問営業 非常に高い ★★★★★ ★☆☆☆☆

光回線の契約方法を表でまとめて比較してみました。結論から言えば、おすすめの契約方法は「ネット窓口」か「店頭窓口」からの契約です…!

この後のパートでは、それぞれの契約方法について個別に詳しく解説していきます。気になる契約方法についてチェックしてみて下さいね…!

契約方法①:ネット窓口からの契約

ネット窓口は、光回線のプロバイダ各社が公式HPに設けている窓口です。誰でも見られて簡単に比較できるネット上の窓口なので価格競争が激しいことが特徴です。

そのため「工事費無料キャンペーン」や「高額キャッシュバックキャンペーン」などを頻繁に行っており最もお得に契約できます。

また、営業をかけられることも無いので自分のペースでゆっくり比較できるので甘い言葉に惑わされて不利な契約を結ばされることもありません…!

契約方法②:店頭窓口からの契約

店頭窓口は、家電量販店や携帯ショップなどに設置されている窓口です。ネットほど価格競争は激しくありませんが、携帯ショップなどではスマホ料金が安くなるなどの特典が付くことがあります。

店頭窓口では直接営業さんと話すことになるので自分のペースで比較することができません。なので、店頭窓口を利用する際は必ず事前にネットでリサーチしてから契約することをおすすめします。

また、家電量販店の窓口は店舗によって非常に高額で悪質な営業をしている店舗があります…。そのため、ヨドバシカメラなど優良店舗以外の窓口に出向くことはあまりおすすめしません…汗

契約方法③:電話営業・訪問営業からの契約

電話営業・訪問営業は、絶対に契約をおすすめしない光回線の契約窓口です。

電話営業や訪問営業を行っている会社は「対面セールスで高額な商品を売りつけること」を目的とした会社がほとんどです…。

特に、光回線の契約はシニア層などをターゲットに詐欺まがいの営業が繰り返され消費者センターに駆け込んだ人も多くいることが知られています。

営業さんは、とてもお得で良い条件のようなことを言いますが実際に契約してみると話とは違う契約内容になっている可能性が非常に高いです。

電話営業や訪問営業が来ても、甘い言葉に騙されず絶対に光回線は契約しないように注意しましょう…!

光回線のおすすめの契約方法はインターネット申し込み


光回線のおすすめの契約方法は、断トツで「インターネット窓口からの申し込み」です…!

インターネット窓口は誰もが簡単に調べることができる利便性から、価格競争がとても激しく価格も安くなっています。

インターネット窓口であれば、店頭での契約と比較して営業マンと話す必要が無いため自分のペースでゆっくりと比較検討することができます。

そのため、営業マンの甘い言葉に惑わされることもなく自分に一番合った回線を選ぶことができるんです。

また、店頭で契約する場合も事前に色々なプロバイダを比較する必要がでてくるのでネットを使ってリサーチをする必要があります。

それならば、リサーチをしたついでにネットの窓口から契約してしまえばわざわざ店舗に出向く手間も省けて一石二鳥ではないでしょうか…?

ネットのHPは細かすぎてよくわからない…!といった場合でもサポートセンターに電話すればすぐに詳しく説明して貰えるので店舗での契約に劣る点は一切ありません!

光回線の契約方法を3STEPで解説

光回線の契約方法
  • 申し込みフォームから申し込み
  • 確認の電話と工事日程調整※1
  • 工事完了

※1:乗り換え契約の場合は確認の電話後にこれまで使っていた光回線を解約する必要があります。

このパートでは、光回線の契約方法(契約〜開通までの流れ)を3STEPで解説していきます…!

それぞれのステップ毎にパートを分けて解説していくので是非参考にしてくださいね。

STEP①:申し込みフォームから申し込み

まずは、契約したいプロバイダの公式HPに掲載されている申し込みフォームから申し込み手続きをしましょう。

手続きと言っても、住所・氏名・カード番号などの個人情報を入力するだけなので特に準備するものはありません。

プロバイダによって手順が違いますし、画面に書いてある情報を入力するだけなので詳しい説明は割愛します。

ちなみに、当サイトおすすめのNURO光の申し込みフォームにはこちらからアクセスすることができます…!

NURO光の申し込みフォームはこちら

STEP②:確認の電話と工事日程調整

申し込みフォームから申し込み後プロバイダから電話にて連絡があります。

電話の中で、工事日程の調整をしましょう。引っ越しシーズンを外した通常時であれば1週間〜1ヶ月後程度、繁忙きの場合最大3ヶ月後程度で調整することになります。

また「他のプロバイダからの乗り換え」の場合は、電話中もしくは電話の後現在契約しているプロバイダを解約することになるので契約書類などを準備しておきましょう。

確認の電話が終われば、後は工事の完了を待つだけです…!

STEP③:工事完了

確認の電話で調整した日に工事業者が来ます。工事は必ず立ち会いが必要になるので誰か一人は家にいるようにしましょう。

工事自体は簡単なものなので30分〜2時間程度で完了します。

工事完了後すぐにネットに繋げる状態になっているので、工事が終わったらパソコンを接続してインターネットに繋いでみましょう。

光回線契約時の3つの注意点

契約時の注意点
  • 事前に工事内容を確認する
  • 縛り年数を確認する
  • 不要なオプションは無いか確認する

このパートでは、光回線の契約時に注意するべき3つの注意点について解説していきます…!

注意点毎にパートを区切って詳しく解説していくので是非参考にしてくださいね。

注意点①:事前に工事内容を確認する

光回線を契約するときは必ず事前に工事内容を確認しましょう。場合によっては、もっと簡単な工事で安く光回線を契約できるかもしれません。

光回線の工事では「光コンセント」というLANケーブルの差し込み口を設置します。通常であれば工事をしなければ光コンセントはありません。

ですが、集合住宅の場合、前の入居者が設置した光コンセントがある場合があります。また、他プロバイダからの乗り換えの場合も光コンセントは設置済みのはずですね。

もし家に光コンセントが設置されている場合、わざわざ自宅まで人が来て工事をする必要が無いので工事費が安くなります。工事内容が「無派遣工事」になっているか確認しましょう…!

工事内容が「無派遣工事」になっていない場合、「無派遣工事」にするように以来してみてください。無派遣工事についてはこちらの記事でより詳しく解説しているので契約前に一度読んでみてください。

あわせて読みたい
【騙されない為に】光回線の工事費の相場や工事費無料の代理店まとめ「光回線の工事費用はどのくらい?」「工事費が必要無い場合もとられるって本当?」などなど…光回線の工事費について調べている人は多いと思います。そこで当記事では、光回線の工事費や工事費無料の代理店3選・工事費で騙されないための注意点などについてまとめていきます。最後まで読んでいただければ、光回線の工事費に関する基本的なことが理解出来ます。是非参考にしてくださいね。 ...

注意点②:縛り年数を確認する

光回線の契約をするときは、必ず契約の縛り年数を確認するようにしましょう。

光回線の契約は基本的に「自動更新契約」です。スマホと同じで、一定年数毎に更新月がやってきて更新月に解約しないと違約金をとられてしまいます。

スマホの契約と違うのが、光回線の場合縛り期間が「2年」「3年」「5年」など選べることです。

例えば、2年後に引っ越しをするのに5年縛りで契約するのはちょっとアホらしいですよね?逆に長く使う予定なのに、料金の高い2年縛りを選ぶのも損です…汗

そのため、契約前に自分が契約しようとしているプランの縛り年数が何年なのか?必ず確認して自分に合ったプランを選ぶようにしましょう。

注意点③:不要なオプションは無いか確認する

光回線の契約をするときは、かならず不要なオプションは無いか?確認するようにしましょう…!

光回線契約時に、キャッシュバックや工事費無料のキャンペーン参加条件として「オプションの契約」がある場合が多いです。

このオプション」に関しては、自分から積極的に聞いて行かないと「いつ解約できるのか?」「どんな内容なのか?」「月額いくらなのか?」教えて貰えません。

不必要な月額料金を払わないためにも、契約に「オプションは含まれているのか?」「そのオプションは必要なのか?」「必要ならいつ解約できるのか?」など確認するようにしましょう…!

おすすめの光回線はNURO光


光回線のプロバイダをどこにしようか迷っているのであれば「NURO光」をおすすめします…!

NURO光は、回線速度が非常に早い事と2年間での料金が安いことが特徴の光回線です。他の光回線に比べて2倍以上の速度がでます。

料金も安くて、速度も速いため自宅が対応エリアであればNURO光以外の光回線を契約するのは損!というくらいお得な回線です。

公式サイトへのリンクを張っておくので、光回線のプロバイダ選びで迷っている人は対応エリアだけでもチェックして見てください…!

NURO光の公式HPはこちら

まとめ

今回紹介したこと
  • 光回線の契約はネット窓口が最もおすすめ…!
  • 光回線は「訪問営業」「電話営業」からは絶対に契約しないこと!
  • 光回線の契約は「申し込み」「確認電話」「工事完了の3STEP!
  • 光回線の契約時に「工事内容」「オプション内容」「縛り年数」に注意が必要
  • おすすめの光回線は速度が速くて安い「NURO光」

今回の記事では、光回線のおすすめの契約方法と契約時の3つの注意点について紹介してきました!

光回線の契約方法には「ネット窓口」「店頭窓口」「訪問営業」「電話営業」の3つがありますが、価格が安くて自分のペースで比較できるネット窓口からの契約がおすすめです…!

一方で。「訪問営業」「電話営業」の業者からの契約は、工事費や不要なオプション・月額料金などでぼったくられる可能性があるので絶対におすすめしません。

光回線の契約は「申し込み」「確認電話」「工事完了」の3STEPで簡単に申し込むことができるので安心してください。

光回線の契約時は、家に光コンセントがある場合工事内容が「無派遣工事になっているか?」に特に注意しましょう!ここを見落とすと無駄な工事費を2万円近く払うことになります。

また、光回線のプロバイダ選びで悩んでいるのであれば、価格が安くて速度も最速の「NURO光」を契約することをおすすめしますよ…!


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA