【元販売員が語る光回線の全て!】2019年のおすすめを徹底比較!

光回線を工事費無料にする方法を解説!お得なキャッシュバックも紹介

喜ぶ男性2人
hiroshi
hiroshi
こんにちは、「なるほどwifi」編集部のhiroshiです。

光回線を契約するときに、初期工事費が高くてびっくりした経験はありませんか?

実は、光回線の工事費はキャンペーンなどをうまく使うと無料にすることが可能です。

このページでは、「光回線はどのような場合に工事費がかかるのか」「光回線の工事費を無料にするにはどうすればいいか」を詳しく解説していきます。

光回線を選ぶ際に、お得に契約したい方の参考になれば嬉しいです。

光回線は基本的には工事費がかかる?

回線工事

光回線の工事には2つの種類があります。

1つは、工事業者がマンションや家に来て、近くの電柱から光ファイバーの回線を自宅に引き込む工事です。

こちらの場合は、人を派遣してもらう必要があるため工事費がかかる場合が多いです。

もう1つは、既にマンションなどで光回線が通っている場合に、モデムという機械を接続するだけの工事です。こちらは業者が来るわけではないため、工事費が無料の場合が多いです。

つまり、業者が来る工事であれば工事費がかかることが多く、業者が来ない工事であれば工事費がかかることが少ないです。

しかしそうは言っても、建物の状況によって業者を呼ばなければ光回線が使えない場合もありますし、戸建ての場合はほぼ必ず業者を呼んで工事してもらう必要があります。

そのため、

  • 戸建ての場合:工事費用がかかる場合が多い
  • マンションの場合:工事費用がかからないケースもある

ということになります。

光回線の工事費を無料にする方法

喜ぶ男性

上記で、業者を呼ぶ工事の場合は工事費がかかることが多いと説明しました。

しかし、業者を呼ぶ必要がある場合でも、キャンペーンがあれば光回線の工事を無料することが可能です。

光回線の工事費無料キャンペーンは、時期によっても異なりますし、サービスによっても異なります。

また、キャンペーンの種類も2つあり、単純に工事費用が無料になっているものもあれば、後から現金で工事費用分のお金が戻ってくるキャンペーンもあります。

中には工事費用以上のお金が戻ってくるキャンペーンもあるため、お得なキャンペーンを行っている光回線を選んで契約することをおすすめします。

光回線の工事費無料キャンペーン中のサービスをおすすめ順に紹介

光回線には工事費無料キャンペーンがありますが、キャンペーンによってはオプション契約が必要だったりとややこしいものも多いため、選ぶのに迷ってしまいます。

そこで、ここでは光回線の工事費用が無料になるサービスを厳選してランキングにしました。

工事費用がそのまま無料の場合と、後からキャッシュバックされる場合がありますが、合計費用として見た場合にお得なものを掲載しています。

1位:NURO光

2年間の実質費用 78,832円(キャッシュバック金額により前後する可能性あり)
月額料金 4,743円
キャッシュバック 35,000円
備考 通信速度が最速/ 下り最大2Gbps / 実質費用で最安 / 工事費無料あり / 関東・東海・関西で利用可能
評価

NURO光は、下り最大2Gbpsの光回線です。

通常は基本工事料が40,000円かかりますが、キャッシュバックキャンペーンにより工事費が実質無料になります。

また、光回線のキャッシュバックキャンペーンは「○○オプションに申し込んで下さい」などの制限がある場合も多いですが、NURO光はそのような制限がなく、オプションに加入する必要がありません。

2年間の利用料金を合計した際でも、NURO光は最安値になるため、安くて速い光回線を使いたい場合は非常におすすめです。

NURO光のサービス提供エリア
  • 東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬
  • 愛知・静岡・岐阜・三重
  • 大阪・兵庫・東京・滋賀・奈良
  • 7階以下の集合住宅

NURO光のキャッシュバックキャンペーンはこちら

2位:auひかり

2年間の実質費用 87,400円(キャッシュバック金額により前後する可能性あり)
月額料金
5,600円
キャッシュバック
最大55,000円
備考  オプション加入なしでキャッシュバックあり / 実質工事費無料
評価

auひかりは、auが運営する光回線サービスです。

全国で展開があり、ほとんどのエリアで契約できるのがポイントです。

工事費が戸建ての場合37,500円、マンションの場合30,000円かかりますが、キャッシュバックキャンペーンを利用することで実質無料にできます。

注意点としては、マンションの場合は比較的新しいものでないと回線が通っていない場合が多いです。

また、戸建てタイプの場合は関西と中部は対象エリア外となっています。

エリアが対応していても、物件が対応していないと契約できない場合もあるため、事前に確認をおすすめします。

auひかりのサービス提供エリア
  • マンションタイプ:日本全域
  • 戸建てタイプ:下記を除く全域
    関西(滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、福井)
    中部(岐阜、愛知、静岡、三重)

auひかりのキャッシュバックキャンペーンはこちら

3位:ドコモ光

2年間の実質費用 100,800円(キャッシュバック金額により前後する可能性あり)
月額料金 5,400円
キャッシュバック 最大15,000円キャッシュバック
備考   / 新規工事料無料 / GMOとくとくBBでWi-Fiルーターが0円 / ドコモのスマホと併用で割引あり
評価

ドコモ光は、新規工事無料に加えて最大15,000円のキャッシュバックがあるのが特徴です。

2年間の実質費用を合計するとNURO光ほど安くはありませんが、ドコモのd@ポイントを最大10,000ポイントプレゼントなどのキャンペーンも行っています。

ドコモのスマホとセットで、毎月最大3,500円割引されるため、ドコモを使っている方にはおすすめです。

ドコモ光のサービス提供エリア
  • 全国

ドコモ光のキャッシュバックキャンペーンはこちら

4位:ソフトバンク光

2年間の実質費用 95,800円
評価
備考 現金キャッシュバック30,000円 / 工事費実質無料 / ルータープレゼントあり /2ヶ月後にキャッシュバック振込  / オプション加入不要

ソフトバンク光は、ソフトバンクが提供する光回線サービスです。

キャッシュバックキャンペーンを利用することで、工事費を実質無料にすることが可能です。

ソフトバンクの公式キャンペーンで工事費24,000円が実質無料になり、さらに代理店を通すことで30,000円のキャッシュバックを現金で受けることができます。

ソフトバンク光の対応エリアは、NTT西日本とNTT東日本の「フレッツ光NEXT」の提供エリアと同じなため、ほぼ全国で利用できます。対応エリアに関しては申し込みページで調べることが可能です。

ソフトバンク光のサービス提供エリア
  • 全国

ソフトバンク光のキャッシュバックキャンペーンはこちら

5位:コミュファ光

2年間の実質費用 92,428円
評価
備考 オプション加入で工事費無料 / 中部地方のみ / 中部電力が運営 / IP電話あり / 東海エリア顧客満足度No.1受賞

コミュファ光は、中部電力が提供する光回線サービスです。

通常は工事費が25,000円かかりますが、「安心サポート」というオプションに加入するとこの工事費を無料にすることが可能です。

オプションは月額700円で3ヶ月無料ですが、3ヶ月経った時点で解約をしないと料金がかかってしまうため注意が必要です。

該当地域が中部地方のみに限られてしまいますが、中部地方の方にはおすすめです。

コミュファ光のサービス提供エリア
  • 中部(岐阜・愛知・静岡・三重)

工事費無料の光回線はNURO光がおすすめ!3つのポイント

  • ポイント1:オプション加入の必要なし
  • ポイント2:下り最大2Gbpsで最速
  • ポイント3:2年間の実質費用が最安値

NURO光のキャンペーンを見る

光回線の工事費無料についてまとめ

光回線の工事費無料についてまとめ
  • 業者の立会がある工事は工事費がかかることが多い
  • 業者が来る工事でも、キャンペーンを使えば実質無料にできる
  • キャンペーンはオプション申し込みが必要なものもあるため注意
  • キャンペーンをうまく使うと工事費より多くお金が戻ってくる場合もある

光回線の工事費を無料にすることについてまとめると、上記のようになります。

うまくキャンペーンを利用すると、工事費を実質無料にするだけでなく、それ以上にお金が戻ってくる場合もあります。

普通に工事費を払うとかなり多くのお金がかかってしまいますので、ぜひキャンペーンを賢く利用してみて下さいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA