悪い評判は本当?NURO光のデメリット5つとメリット6つで全解説!

NURO光を引越し先で再契約する場合にお得なのはキャッシュバックor割引?

引っ越し業者の2名のスタッフの写真

編集部tomy
編集部tomy

こんにちは「なるほどwifi」編集部のtomyです。

引越しにはいろいろとお金がかかるので、みなさんネット環境の作り直しも含めてできるだけコストを抑えたい!と考えますよね。

世界最速と評判の良いNURO光では、引越しで設置場所の住所が変わって継続利用する場合は一旦解約せざるを得ないルールとなっています。

ここで問題になるのは、解約すればタイミングによっては違約金と工事費残債の一括支払いが発生することです。

NURO光を引越し先でも継続利用したい場合は、こういった損をどうやって最小化するか?がポイントとなります。

この記事では引越し先でもNURO光を、負担を最小化して利用する方法とおすすめの2つのキャンペーンについて解説していきます!

NURO光を引越し先でも継続利用する場合に注意したい2つのこと!

現在ニューロ光を利用していて、引越し先の環境さえ問題なければ引き続きNURO光を利用することは可能です。

ただしその場合は現在の契約は一旦解約せざるを得ないのがNURO光のルールとなっています。

そこで問題なのは、“2年縛り”の途中解約ならば「違約金(契約解除料)」が発生、また分割払いの工事費が残っていれば「残債の一括支払い」が必要ということです。

「引越し先でも引き続き使いたいといっているんだから、こういうのやめてよ!」といいたいところですが、文句を言っても仕方がないので、ここは賢く立ち回って引っ越し費用を徹底的に節約しちゃいましょう。

まずは違約金について解説しますね!

①キャンペーンの途中解約には「違約金(契約解除料)」が発生!

NURO光を解約した場合の違約金を時系列で表示する画面の抜粋写真

NURO光ではほとんどの人が“2年縛り”のキャンペーン経由で、安い利用料金で契約していると思います。

この安い料金は、あくまで最低2年は利用してもらうことを前提に設定されているので、たとえ引っ越し先で使う場合でも途中解約に対してはペナルティの「違約金(契約解除料)」9,500円(税別)が課せられてしまうわけです。

上図はこの記事を書いている私のNURO光の管理画面(マイページ)のスクリーンショットですが、もちろん私も現金キャッシュバックキャンペーンの“2年縛り”契約で申し込みましたので、解約する月によって解約に伴う費用が変動していることがわかると思います。

この違約金をゼロで解約するためには、2年毎に訪れる“契約更新月”に解約するしか方法はないんですね。(上図では「来月」が更新月なので、そこで解約すれば契約解除料はゼロ)

具体的には申し込みから2年経過した翌月の25ヶ月目、4年経過した翌月の49ヶ月目・・・の1ヶ月間が“契約更新月”に該当します。

②工事費(30ヶ月分割払い)の残債があれば、一括返済しなければならない!

NURO光を解約した場合の工事費の残債を時系列で表示する画面の抜粋写真

工事費については利用を続けている限りは、毎月キャンペーン特典として分割払い(30回)の同額が補填されます。

光回線サービスの業界では、NURO光のような条件無しの工事費補填サービスは珍しく、ユーザーとしてはとても有り難い特典ですね!

ただし、解約してしまうとこの補填特典が無くなって、しかも残債は一括支払いを請求されてしまうわけです。

上図では私がもし解約するとなった場合に、各月ごとに請求される工事費残債が表示されています。私は上図の当時としては、ちょうど最初の契約の2年が終わろうとしているタイミングなのですでに24回ぐらいは払い済みなので、工事費の残債は1万円を割っています。

でも例えば使い始めて1年程度であれば、30ヶ月の分割払いの12回が済んだだけなので、工事費残債として2万円以上を一括で支払わなければならないことになります。
もちろんこれに加えて違約金もありますね。

引っ越しでは、ただでさえいろんな費用が発生するので、こういった余計な出費はできるだけ抑えたいところです。

以下で、解約費用を最小限にとどめて、引っ越し先でも気持ちよくNURO光を利用していくための方法、キャンペーン選びについて解説しますね!

NURO光を引っ越し先でも利用する場合「現金キャッシュバック」or「割引」どちらのキャンペーンを選ぶべき?

どっちがお得?
開通~15ヶ月目まで ②「ご利用者向け移転特典」(“引っ越し割引キャンペーン”)
開通16ヶ月目 ①②どっちでも同じぐらい
開通17ヶ月目以降 ①「現金3.5万円キャッシュバックキャンペーン」

引越し先でも、できるだけ損を抑えながらNURO光と再契約するには2つの方法(キャンペーン)があります。

  1. 「現金3.5万円キャッシュバックキャンペーン」経由で再契約する方法
  2. 「ご利用者向け移転特典」(“引っ越し割引キャンペーン”)で再契約する方法

という2つの選択肢です。

結論とすれば時期によって異なりますが、開通16ヶ月目が分岐点となって、それよりも前なら①がお得、それ以降は②がお得という計算となります。

まずは、それぞれのキャンペーンについて説明しますね!

①「現金3.5万円キャッシュバックキャンペーン」経由で再契約すると…?

NURO光の入会キャンペーン「現金3.5万円キャッシュバックキャンペーン」の告知

引越し先でNURO光を再契約する場合の選択肢として、まずはNURO光公式の現金3.5万円キャッシュバックキャンペーンを利用する、という方法があります。

現契約の違約金(契約解除料)と、工事費の支払いが残っていれば残債の一括支払いが必要となりますが①を使えばキャッシュバックの現金3.5万で解約費用と相殺できるわけです。

もし契約期間が長く工事費の残債がわずかになっていれば、違約金(契約解除料)は払うにしても、3.5万円あれば差し引きしてもプラスになりますので、タイミングによっては非常にメリットが大きいですね!

ちなみにこの現金キャッシュバックキャンペーンは、NURO光の解約とあわせてSo-net会員も退会すれば何度でも再利用が可能です。

NURO光公式の現金3.5万円キャッシュバックキャンペーンは申し込みページが限定されていて、公式のトップページからはリンクされていないのでご注意ください!

NURO光公式 / 現金キャッシュバック限定ページ

注意点としては、この①を選ぶ場合はSo-net会員も一旦退会してしまうのでSo-netのメールドレスは使えなくなります。あまり大きな問題ではないかもしれませんが、念のため覚えておいてください。

では次に“引っ越し割引キャンペーン”の説明です。

②「ご利用者向け移転特典」(“引っ越し割引キャンペーン”)で再契約すると…?

NURO光の「ご利用者向け移転特典」を紹介するバナーの画像

引越し先でNURO光を再契約したい人で、多額の解約費用を抱えてしまう人のために、いわば救済キャンペーンとして「ご利用者向け移転特典」というものが用意されています

勝手にわかりやすく名付けすると“引越し割引キャンペーン”という感じです。

このキャンペーンでも、やはり一旦解約が必要になりますが、以下の特典が提供されます。

<現契約について>

  • 違約金(契約解除料)9,500円が無し
  • 工事費残債、最大40,000円が無料
  • So-netのメールアドレスは継続利用できる

<引越し先での新契約について>

  • 事務契約手数料3,000円が無料
  • 工事費40,000円が実質無料(毎月補填)
  • 設置サポート9,800円が無料(1回)
  • 開通前の“空白期間”にはwifiレンタル料金が割引

このキャンペーンの最大のメリットは、解約費用をチャラにしてもらえることです。

もし現在のNURO光の利用期間が短い場合は、違約金の約1万円と工事費残債の約4万円で最大5万円近い出費が発生しますが、これがチャラになるというのは大変助かりますね。

ちなみにこのキャンペーンでもNURO光は一旦解約しますが、So-net会員は継続して会員サービスとして複数ある回線サービスの選択肢の中からNURO光を選び直す“コース変更”というスタイルを取ります。

なので現契約でSo-netから提供されたメールアドレスは継続して利用可能です。

この引っ越し割引キャンペーンについての詳細は、NURO光公式サイトで確認ください。
→「ご利用者向け移転特典

一旦解約時のNURO光の解約費用を見極めて、2つのキャンペーンを賢く利用しよう!

NURO光を引っ越し先でも再利用する場合の利用すべき2つのキャンペーンの損益分岐点についてグラフ化した画像

引越し先でもNURO光を使いたい場合に、上で紹介した2つのキャンペーンで①現金キャッシュバック、②引っ越し割引のどちらを通じて再契約すればお得か?についてグラフで解説してみますね。

結論から言うと、開通何ヶ月目か?によって変わってきます。

「開通月から数えて16ヶ月目」より前は①引っ越し割引、これ以降は②現金キャッシュバックのほうがお得、ということになります。

開通月から数えて16ヶ月目より前は工事費の残債が大きく、解約費用が巨額なので②の引っ越し割引でチャラにしてもらったほうがメリットが大きく、また、これ以降は逆に解約費用がどんどん小さくなるので、解約費用が発生するにしても①でもらえる現金でむしろ儲けがでることになります。

厳密には①の現金キャッシュバックでは3.5万円がもらえる一方で事務手数料3,240円の支払いがあるので(②は無し)、上のグラフでは35,000円ー3,240円=31,760円を分岐として計算しています。

【例:開通27ヶ月で解約する場合(我が家の場合)】

解約費用合計:14,580円
(※税込みの内訳:契約解除料10,260円+工事費残債3ヶ月分4,320円)

この場合は①現金キャッシュバックを使ったほうがお得!

31,760円ー14,580円=17,180円の儲け!!!

【例:開通3ヶ月で解約する場合】

解約費用合計:49,140円
(※税込みの内訳:契約解除料10,260円+工事費残債27ヶ月分38,880円)

この場合は解約費用の額が大きく①現金キャッシュバックでは補えないので②引っ越し割引を使ったほうがお得!

31,760円ー49,140円=マイナス17,380円

このように、あなたのNURO光の契約が何ヶ月に入っているかで、①現金キャッシュバック、②引っ越し割引、どっちのほうがメリットがあるかは変わりますので、NURO光の現契約の状況を見極めて賢い選択をするようにしましょう!

現在のNURO光の契約状況の確認方法は?引っ越しのための解約の最適タイミングをチェック!

NURO光を解約する際に発生する解約金の総額・内訳が確認できるページのサムネイル

上の画像はこの記事を書いているわたしのマイページの一部です。
見ていただくとわかると思いますが、退会をしたい場合に解約費用がどのくらい発生するか確認できるページです。もちろん、ここでは現在の契約状況全般についてすぐに確認できます。

もし近々引っ越しする予定がみえているなら、まずはこのSo-netのマイページにログインして現在のNURO光の契約状況を確認しておきましょう。

「NURO光」もしくは「NURO光マンションミニ(マンション用)」に契約中の人なら誰でもSo-net上でマイページが用意されているはずです。
(▶NURO光のマイページ「https://www.so-net.ne.jp/mypage/」)

人によっては「マイページはどうやってログインするの?」という人もいるかも知れませんね(笑)。

以下のページでマイページのログイン方法についてまとめておきましたので参考にしてみてください。

NURO光の解約手続きのナビページのサムネイル
【NURO光の解約ガイド】解約金から工事のことまで徹底解説! NURO光の解約のタイミング、「NURO光でんわ」利用者は要注意! 「NURO光でんわ」 利用の有無 NURO...

【まとめ】NURO光を引越し先で再契約する場合について

NURO光を引越し先で再契約する場合について
  • NURO光は引っ越し先で再利用するのは可能だが、一旦解約が必要
  • 解約時に避けられないのが違約金と工事費残債の一括支払い
  • 現金キャッシュバックか引っ越し割引キャンペーンを賢く使えば損は最小化
  • 引越し時にはNURO光のマイページで現在の契約状況を確認しよう

NURO光は引越し先での継続利用を希望するなら解約と再契約は必須、ただしお得な2つのキャンペーンが利用可能です。

どちらのキャンペーンがお得か?については、契約何ヶ月目か?つまり解約に関わる違約金や工事費残債がどれくらい発生するか、によります。

ただでさえ引っ越し時にはお金が出ていきますので、ご自分のNURO光の契約の現状を把握して、より損の少ない引っ越しを成功させましょう!

 


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA