悪い評判は本当?NURO光のデメリット5つとメリット5つで全解説!

NURO光は北海道で使えない?その理由と今後の提供エリアを徹底解説!

NURO光 北海道

maenaka
maenaka
こんにちは、「なるほどwifi」編集部の前中です。

最大2Gbpsの高速光回線「NURO光」は、2019年現在もどんどんエリアを拡大していっていますね!

2019年4月には九州にも対応し、まだ未対応のエリアにも今後対応してくれるのでは?という期待も生まれました。

今回は、NURO光が北海道に今後対応するのか?という予想をNURO光が対応しているエリアと拡大状況から考察しています!

NUROが使えない場合におすすめの光回線も紹介しています。北海道でNURO光を使いたい…!という方は参考にしてみてくださいね。

2019年現在、NURO光は北海道では使えない…!

NURO光の対応エリア

2019年現在、NURO光の対応エリアは上記画像の通り「関東・東海・関西・九州」のみ。北海道には対応していません。

NURO光の対応エリアは他社の有名な光回線「フレッツ光」や「auひかり」「ソフトバンク光」などと比べると、かなり狭いです。

NURO光は都市部を中心に対応エリアを増やしているため、『北海道』をはじめ、『東北地方』や『中部地方の日本海側』、『中国地方』や『四国』にも対応していません。

NURO光はスペックが高くて料金が安い人気の光回線です。そのため、北海道でNURO光を使いたい!という方も多いのではないでしょうか。そこで、今後NURO光が北海道に対応する可能性について検証してみました!

NURO光が今後北海道で使えるようになる可能性は高い!?

NURO光はサービススタートした2013年から2017年まで、関東でのみ提供していました。2018年1月に関西・東海に、2019年4月には九州にも進出しており、最近は提供エリアの拡大に力を入れていると考えられます。

NURO光公式では、提供エリアの拡大についてはアナウンスされていません。そこで、NURO光が北海道へ拡大される可能性はあるのか?を、今まで拡大されたエリアから考察してみました!※予想なのでご注意ください。

1.NURO光が現在対応しているエリアはどんな場所?

NURO光対応エリア【2019年4月時点】

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬)
  • 関西(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良)
  • 東海(愛知・静岡・岐阜・三重)
  • 九州(福岡・佐賀)

まずは、NURO光が現在対応しているエリアを見ていきましょう。

対応エリアは上記の通り、都会=人口が多い=人口密度が高い地域を中心に対応エリアを拡張していると考えられます。また、関西では人口の少ない「和歌山県」が、中部地方では「山梨県」や「長野県」は、隣接地域が対応しているにも関わらず仲間外れにされています。

特に人口密度が低いと、1契約あたりの設備コストが大きくなってしまいます。仲間外れにされている地域は、電柱や電線、プロバイダ設備を増設しても割に合わない、と判断されているのかもしれません。

2.北海道の人口は他の対応エリアと比べてみてどうか?

人口
(約:人)
人口密度
(約:人/km2)
北海道 528万 67
札幌市 190万 1,700
旭川市 34万 460
室蘭市 9万 1,100
↓対応エリア↓
東京都 1,300万 6,300
大阪府 880万 4,600
愛知県 750万 1,400
福岡県 510万 1,000
佐賀県 81万 335
↓未対応エリア↓
和歌山県 93万 197
山梨県 81万 183

参考:総務省「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数

では、北海道はコストをかけて設備を増設する旨味があるのでしょうか?北海道と主な対応エリア、仲間外れにされているエリアの人口・人口密度を比較してみました。

数値を見ると、北海道全域に対応することはまず無いと考えられます。人口こそ多い北海道ですが、人口密度は全都道府県の中でも最下位です。そこで、北海道の中でも人口の多い市町村をいくつかピックアップしてみました。

人口や人口密度的には、北海道の中でも札幌市は可能性がありそうですね!ただ、それ以外のエリアは微妙なところです。九州の福岡・佐賀の例を見ると、主要都市である札幌市とその周辺エリアは、北海道の中でもNURO光に対応する可能性があるエリアと予想しています。

3.北海道に対応するのはいつ頃?

人口
(約:人)
人口密度
(約:人/km2)
札幌市 190万 1,700
広島県 280万 330
香川県 96万 512
長崎県 130万 324

NURO光に対応しそうな地域をいくつかピックアップしてみました。NURO光は人口密度の高い地域を中心に対応しており、現在対応している18府県は全て上位22の内に入っています。

私の予想では、北海道は対応されたとしても後回しと考えています。今までの拡大ペースから考えて、2~3年以内に対応する事はなさそうです。

というのも、北海道は日本の中心地域から地理的に遠いんですよね…。設備を増設するためには人員・機材が必要ですが、それらを全て北海道で調達できるとは考えにくく、輸送にもコストや時間がかかってしまいます。

となると、次にNURO光のエリアが拡大されるのは「広島県を中心とした中国エリア」「香川県を中心とした四国エリア」ではないかと予想しています。九州北部で隣接地域が対応している「長崎県」あたりも可能性は高そうです。

ただ、もしNURO光が北海道に対応すればインパクトのある宣伝材料にもなり、今後他の地域も対応されるのでは?という期待も高まります。こういった観点から先に北海道へ拡大する可能性もあるでしょう。

4.【まとめ】北海道が近年対応する可能性は低いと予想

  • NURO光は人口・人口密度の高い都市部を中心に拡大
  • 北海道全域が対応する可能性はほぼない
  • 札幌市など都市部を中心に対応する可能性はある
  • もし対応されたとしても後回しにされると予想

ここまでの考察をまとめると、「北海道の札幌市を中心として対応する可能性はあるが、まだまだ後回しにされそう」という結論に至りました。

北海道では最大1Gbpsまでの光回線しか利用できません。最大2Gbps~10Gbpsを誇るNURO光の対応を待ち望んでいる方も多いかと思いますが、近年中に対応する可能性は低そうです…。

以上が「NURO光は北海道に対応するか?」の考察でした。次の項目ではNURO光の代わりとなる回線をいくつか紹介していきます!

NURO光の代わりに北海道で使えるおすすめ光回線やWi-Fiを紹介!

月額料金
(戸)=戸建て
(マ)=マンション
最大速度 北海道
への対応
NURO光 (戸)4,743円
(マ)2,500円
2~10Gbps 未対応
auひかり (戸)5,100円
(マ)3,400円
1Gbps 対応
ソフトバンク光 (戸)5,200円
(マ)3,800円
1Gbps 対応
ドコモ光 (戸)5,200円
(マ)4,000円
1Gbps 対応
WiMAX 3,400円~ 867Mbps 対応

北海道ではNURO光が使えず、「eoひかり」や「コミュファ光」のような地域に特化した電力会社系の光回線もありません。そのため、ネット環境が欲しい場合は「②auひかり」「③④フレッツ光回線を使用した光コラボレーション」「⑤工事不要のWiMAX」辺りから選ぶ事になります。

残念ながら、どの回線もNURO光ほどの通信速度は出ません…。そのため、各社のスマホ割や特典などを重視して選ぶといいでしょう!それぞれの光回線の特徴を簡潔に紹介していきます!

auひかり【速度重視の方・auユーザーの方へおすすめ】

auひかり
月額料金 戸建て:5,600円
マンション:3,400~5,000円
通信速度 下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
キャッシュバック 50,000円
備考 auスマホ割

auひかりは、通信速度を重視している方へおすすめの光回線です!

フレッツ光回線を利用した「ソフトバンク光」「ドコモ光」などと同じ最大1Gbpsなのですが、フレッツ回線網は非常に混雑しており、スペック通りの速度がでない事が多いんです…。

その点、auひかり回線はフレッツ光回線ほどの利用者がいないため、混雑による速度低下を最低限に抑える事ができます。通信速度の測値は、北海道で最も期待できる光回線でしょう…!

また、「auスマートバリュー」適用で、auのスマホ割もお得な光回線です。auひかりのキャッシュバックは最大50,000円と非常に高額で、料金的にもおすすめできます!

auひかりの詳細は「悪い評判は本当?auひかりのデメリット3つとメリット8つで全解説!」でチェックしてみてくださいね。

ソフトバンク光【ソフトバンクユーザーへおすすめ】

ソフトバンク光
月額料金 戸建て:5,200円
マンション:3,800円
通信速度 下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
キャッシュバック 35,000円
備考 ソフトバンクスマホ割

ソフトバンク光は、フレッツ光の回線を利用して提供している「光コラボ」のひとつです。

ソフトバンクのスマホ割引制度「おうち割光セット」がお得で、ソフトバンク光とスマホを合わせて使う事で月額1,000円の割引を受ける事ができます!

また、ソフトバンク光のキャッシュバックも高額で、現金35,000円を無条件でGETする事ができちゃいます!乗り換え違約金など、キャンペーンが充実している点も特徴です。

ソフトバンク光の詳細は「悪い評判は?ソフトバンク光のデメリット3つとメリット7つで解説!」をチェックしてみてくださいね。

ドコモ光【ドコモユーザーへおすすめ】

ドコモ光
月額料金 戸建て:5,200円
マンション:4,000円
通信速度 下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
キャッシュバック 20,000円
備考 ドコモスマホ割

ドコモ光も、フレッツ光の回線を利用して提供している「光コラボ」のひとつです。

こちらはドコモのスマホ割引制度がお得で、毎月1,000円程の割引を受ける事ができます。また、プロバイダでGMOとくとくBBを選べば高性能Wi-Fiルーターが無料&キャッシュバック最大20,000円も貰えちゃいます!

ドコモ光のキャッシュバックは他社光回線と比べると控えめな額ですが、公式のdポイント特典も見逃せません。ドコモユーザーの方へおすすめの光回線です!

ドコモ光の詳細は「悪い評判は本当?ドコモ光のデメリット3つとメリット8つで全解説!」をチェックしてみてくださいね。

WiMAX【速度は遅いが工事不要】

Broad WiMAXトップページ
Broad WiMAX
月額料金 ~3ヶ月:2,726円
~24ヶ月:3,411円
~36ヶ月:4,011円
通信速度 下り(有線):最大1.2Gbps
下り(無線):最大867Mbps
上り:75Mbps
備考 工事不要で使えるモバイルWi-Fi

「WiMAX」は工事不要で使えるモバイルWi-Fiのひとつで、北海道にも対応しています。

WiMAXは30社以上の事業者が提供していますが、どこで契約しても通信品質はかわりません。そのため料金や特典、サポート面などで選ぶ事になるのですが…

当サイトで一番おすすめのWiMAXプロバイダは「Broad WiMAX」です!月額料金は光回線と比べると安めで、工事が不要なので工事費も必要ありません。

ただ、通信速度は光回線と比べると劣るので注意してください。スペック上は光回線とほぼ互角の性能ですが、実測値は10MBps~よくても100Mbps程になります。また、上り速度はかなり遅く、動画のアップロードや配信をする方にはおすすめできません。

WiMAXの詳細は「WiMAX(ワイマックス)とは?初心者が知るべき10のデメリットメリット!」をチェックしてみてくださいね。

まとめ

NURO光 北海道まとめ
  • 2019年現在もNURO光はエリアを拡大中
  • 北海道は札幌市を中心として対応する可能性もあるが…
  • 近年中に北海道が対応する可能性が低い

この記事ではNURO光が北海道に対応するか?について考察・解説しました。

NURO光が北海道に近年中に対応する可能性は低いですが、将来的には札幌市を中心としたエリアで対応するかもしれません。

ただ、NURO光公式で対応エリア拡大のアナウンスはされていません。この記事に記載した事は予想なので、全く対応されないかもしれないので注意してくださいね。

この記事が北海道の方の参考になれば幸いです。最後までお読み頂きありがとうございます!


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA