悪い評判は本当?NURO光のデメリット5つとメリット6つで全解説!

NUROでんきは本当にお得?比較して分かったメリット・デメリットを全解説!

NUROでんき

maenaka
maenaka
こんにちは、「なるほどwifi」編集部の前中です。

2016年の「電力自由化」から、様々な事業者が電力販売に参入してきました。

最近では、光回線と電気をセットで販売している事業者も多いですね!

この記事では、2019年10月よりスタートした「NUROでんき」について解説していきます。

NURO光とのセット割で毎月500円割引されるお得な電力プランで、NURO光ユーザーならとりあえず加入しちゃっても大丈夫です!

他社との料金比較やメリット・デメリットも紹介しているので、参考にしてみてくださいね!

NURO光の電力サービス「NUROでんき」とは…?【2019年10月スタート】

NUROでんきのスペック
概要 NURO光とセットで使える電力サービス
対応エリア 関西エリア
関東エリア
料金 年間で約3,000円以上お得に!
※複雑なので詳細はコチラに記載しています
手数料 0円!
違約金 0円!
申込方法 NURO光申込時にオプションで選択
※既存の電力会社へ連絡する必要はありません
工事 電気メーターがスマートメーターでない場合は工事が必要
※工事費は原則無料
電気小売事業者 関西:大阪ガス株式会社
関東:株式会社CDエナジーダイレクト
おすすめ度
乗り換えが超簡単で安くなるのでおすすめ!

NUROでんきとは、その名の通りNURO光が提供する電力サービスです。NURO光のオプションとして提供しているため、NURO光の契約も必須になります。

NURO光を運営しているソニーネットワークコミュニケーションズが、他の電気小売事業者の代理業者として、ユーザーとの電気需給契約を締結する、という仕組みになっています。

しっかりとした電気小売事業者の設備を利用しているため、NUROでんきに乗り換えたからといっても品質が落ちたり、停電リスクが上がったりすることはありません!

NUROでんきはプランの選択肢が少ないのですが、NURO光とのセット割で500円(税込)割引されるのがお得です!よくある関西電力や東京電力の料金と比べると、年間で2,000円以上お得になります。

詳しい料金プランと、他社と比較してみた結果もあわせて解説していきますね!

「NUROでんき」は本当にお得?料金を関西電力・東京電力と徹底比較!

家族3人の目安(320kHw)使った時の料金
(NURO光+電気代)
エリア NUROでんき 関西電力
or
東京電力
関東 13,767円 14,067円
関西 12,514円 12,845円

2019年11月現在、NUROでんきは関西・関東でのみ対応しています。関西・関東のNURO光が使える地域ならほとんど大丈夫です。

関西と関東で電気小売事業者が異なるため、料金プランも異なります。それぞれ解説&比較していきます!

【関東】NUROでんき vs 東京電力エナジーパートナー(従量電灯B)で料金比較!

関東 電力 料金単価(税込)
NUROでんき 東京電力
エナジーパートナー
(従量電灯B)
基本料金 10A 767.66円 286.00円
15A 901.49円 429.00円
20A 1,035.32円 572.00円
30A 1,302.98円 858.00円
40A 1,570.64円 1,144.00円
50A 1,838.30円 1,430.00円
60A 2,105.96円 1,716.00円
電力量料金
1kWhあたり
~120kWh 19.78円 19.88円
120kWh
~
300kWh
25.79円 26.48円
301kWh
~
400kWh
25.79円 30.57円
401kWh~ 30.57円 30.57円
NURO光
セット割
毎月500円割引 なし

電気料金計算方法

【基本料金】+【電力量単価×使用量】+【燃料費調整額※1】+【再生可能エネルギー発電促進賦課金※2】

※1※2は毎月変動し、電気料金が増減します。NUROでんきと東京電力エナジーパートナーで料金の差がない部分なので、今回の比較では除外して考えています。

関東のNUROでんきの料金は上記の通りです。といっても、電気代って複雑なので、料金表を見てもよく分からないですよね…。

そこで、3人家族の使用量の目安として「320kWh」使った時の電気代+NURO光の料金(4,743円+税)を合わせた金額を、それぞれの電力会社で比較してみました!※税込で計算しています。

3人家族で320kWh使った場合の料金比較
項目 NUROでんき 東京電力
エナジーパートナー
(従量電灯B)
NURO光料金 5,217円 – 500円 5,217円
基本料金
(40A)
1,570.64円 1,144.00円
~120kWh 19.78円×120
=2,373.6円
19.88円×120
=2,385.6円
121~300kWh 25.79円×179
=4,616.41円
26.48円×179
=4,739.92円
301~320kWh 25.79円×19
=490.01円
30.57円×19
=580.83円
電気代+NURO光代
合計金額(1ヶ月)
13,767円
※300円お得!
14,067円

家族3人分の電気利用量で計算してみたところ、NUROでんきの方が約300円お得という結果がでました!1年間で考えると、約3,600円もお得になります…!

また、NUROでんきの電気代は121kWh~400kWh帯の料金が安くなっています。電気を多く使う家庭ほどお得になりますね!

逆に、一人暮らしの場合はあまり料金が変わりません。~120kWhしか使わない場合、月間100円未満の差でしかないでしょう。それでも少しはお得です!

関東の場合、NUROでんきはNURO光とセットで使うなら、東京電力のよくあるプランよりもお得な事が分かりました。

【関西】NUROでんき vs 関西電力(従量電灯A)で料金比較!

関東 電力 料金単価(税込)
NUROでんき 関西電力
(従量電灯A)
最低料金 ~15kWh 785.00円 341.02円
電力量料金
1kWhあたり
16kWh
~
120kWh
20.31円 20.32円
121kWh
~
300kWh
24.75円 25.80円
301kWh
~
360kWh
24.75円 29.29円
361kWh~ 29.29円 29.29円
NURO光
セット割
毎月500円割引 なし

電気料金計算方法

【基本料金】+【電力量単価×使用量】+【燃料費調整額※1】+【再生可能エネルギー発電促進賦課金※2】

※1※2は毎月変動し、電気料金が増減します。NUROでんきと東京電力エナジーパートナーで料金の差がない部分なので、今回の比較では除外して考えています。

関西でNUROでんきを使った時の料金は上記の通りです。ただ、電気代の料金表って分かりづらいですよね…。

そこで、仮に3人家族で月間320kWh使った場合の料金を算出し、比較してみました!

3人家族で320kWh使った場合の料金比較
項目 NUROでんき 関西電力
(従量電灯A)
NURO光料金 5,217円 – 500円 5,217円
最低料金
~15kWh
785.00円 341.02円
16~120kWh 20.31円×104
=2,112円
20.32円×104
=2,113円
121~300kWh 24.75円×179
=4,430円
25.80円×179
=4,618円
301~320kWh 24.75円×19
=470円
29.29円×19
=556円
電気代+NURO光代
合計金額(1ヶ月)
12,514円
約330円お得!
12,845円

比較してみた結果、NUROでんきの方が月間約330円お得でした!年間3,960円なので、結構デカイですよね。

また、関西のNUROでんきは121kWh~400kWh帯の料金が安く設定されています。そのため、電気をたっぷりと使う方ほど更にお得になります!

逆に、使用量が少ない方はそこまで料金が変わりません…。それでも、少しではありますが安くはなっているので、とりあえず申込しておいてOKだと思います!

「NUROでんき」を利用するメリット・デメリット

NUROでんきを利用するメリット・デメリットも解説していきます。一応デメリットも紹介していますが、それほど影響する事ではないでしょう。

NUROでんきを利用するか迷っている方は参考にしてみてください。基本的に、NURO光ユーザーなら利用した方がお得ですよ!

NUROでんきを利用する3つのメリット

NUROでんきのメリット3つ
  • NURO光と合わせてお得に使える!
  • 手数料・違約金も不要!
  • 工事なしで乗り換えも簡単!

先ほどの料金比較でも紹介しましたが、NURO光ユーザーなら関西電力や東京電力のよくあるプランを使うよりも100%安くなります!

NUROでんきは電気使用量が多ければ多いほどお得な料金設定になっているため、特に3人~4人家族のNURO光ユーザーにはおすすめです!

逆に、1人暮らしの方など電気使用量が少ない場合、安くなるのは月間100円未満です。損することはないですが、あまり安くはなりませんね…。

また、NUROでんきへの乗り換えがとても簡単なのも嬉しいポイントです。NURO光を申し込む際にオプションでNUROでんきにチェックを入れる→後日、書類送付でOKです!

現在契約している電力会社へ解約する旨を伝えたりする必要はありません。事業者側で勝手に切り替えてくれます!

手数料・違約金が0円なのも嬉しいですね!

NUROでんきを利用する3つのデメリット

NUROでんきのデメリット3つ
  • オール電化などのプランに対応していない
  • NURO光と請求を一緒に出来ない
  • 対応エリアが関東・関西のみ

まずデメリットとして気になるのが、NUROでんきは基本的に1つのプランしかない点です。普通の家庭ならあまり問題はありませんが、夜型の方や、オール電化な家庭の場合、それぞれもっと適した料金プランがあります。

また、「NUROでんき」という名前ですが、請求をNURO光と一括にする事もできません。別途、電気小売事業者から料金請求がされます。

他にも、対応エリアの狭さも難点ですね…。そもそもNURO光が提供エリアの狭い光回線なのですが、NUROでんきは現状、関西と関東にしか対応していません。

あまり気にならない方が多いかと思いますが、一応デメリット3つの紹介でした!

「NUROでんき」の申し込み方法を解説!

NUROでんきは、NURO光を申し込むときに同時に手続きができます!まずは、NURO光の公式サイトから申し込みをしていきましょう。

ちなみにですが、NURO光ではキャッシュバック35,000円が貰えるキャンペーンも実施しています!お得なので、ぜひ利用してくださいね。

NURO光 公式サイトはこちらキャッシュバック35,000円貰えるお得な申込先です!

まずは提供エリアの確認から始まります。NURO光対応エリア内だった場合、次のステップへ進みます。

早速、オプションを選択する画面が出てくるので、NUROでんきにチェックを入れましょう!この時、NUROでんきがブラックアウトしている場合、NUROでんきの対応エリア外になります…。

あとは個人情報の入力、支払方法の選択など、各種情報を入力していって申込してください。申し込み完了後、NUROでんきの手続き用の書類が届くので、記入して送付すれば完了です!

NUROでんきの利用開始は、NURO光の開通から2~3週間後となります。もし引越しと同時にNURO光&でんきを利用しようと思っていた場合、その間は別の電力会社を利用する必要があるので注意してください。

また、既にNURO光を利用している方はサポートセンターから申し込みが可能です。So-net会員向けサポートから、申し込み手続きをしてください。

「NUROでんき」の解約方法について

So-net会員サポート

TEL:0120-080-790
受付時間:9時~18時

NUROでんきの新規申し込みや解約も上記窓口から行います。

NUROでんきの解約は、So-net会員サポートへ電話して行います。NUROでんきに違約金当は設定されていないので、解約時に必要な費用は原則ありません。

また、別の電力サービスへ申し込むと、NUROでんきが自動的に解約となります。乗り換え先の電力会社が決まっており、既に申込をした方はNUROへ連絡する必要はありません。

「NUROでんき」に関して、よくあるQ&A5選

Q1 引っ越した場合、どうなりますか?
Q2 NURO光を解約した場合、どうなりますか?
Q3 NUROでんきに解約金・違約金は設定されていますか?
Q4 小売電気事業者はどこの会社になりますか?
Q5 東海エリアや九州エリアでも使えますか?

最後に、NUROでんきに関してよくある疑問点をまとめました。気になる点はチェックしてみてください!

Q1.引っ越した場合、どうなりますか?

A.引越しに伴いNURO光も移転 or 解約になると思いますが、どちらせよ事前に連絡をしておきましょう。

引越し後に放っておくと、使っていないにも関わらず使用料がとられる事もあります。

Q2.NURO光を解約した場合、どうなりますか?

A.NUROでんきはNURO光のオプションサービスとしての提供のため、NURO光を解約すると使えなくなります。

詳しい事は公式ページや重要事項説明書に記載されていないため分かりませんが、即日使えなくなる事はないかと思います。できれば、あらかじめ新しい電力サービスへ申込しておきましょう。

Q3.NUROでんきに解約金・違約金は設定されていますか?

A.NUROでんきに解約金や違約金は設定されていません。

いつ解約しても0円なので安心ですね!

Q4.小売電気事業者はどこの会社になりますか?

A.関東はCDエナジーパートナーズ、関西は大阪ガスになります。

NURO光を運営しているソニーネットワークコミュニケーションズが代理で契約することになります。

Q5.東海エリアや九州エリアでも使えますか?

A.2019年11月現在、東海エリア・九州エリアでは対応していません。

今後、エリア拡大される可能性もあります。

まとめ

NUROでんき まとめ
  • NURO光が提供する電力サービス
  • 提供エリアは関西・関東のみ
  • 既存のよくある電気プランよりもお得になる
  • 申し込みも簡単なので、NURO光ユーザーならとりあえず加入してOK!
  • オール電化の家庭は高くなるかもしれないので注意

この記事では、NUROでんきについて解説しました。

NUROでんきは基本料金が440円ほど高くなっているものの、NURO光の500円割引で50円~60円ほどお得になります。更に、120kWh~400kWh帯の電力使用量が安いため、3~4人家族など電気を多く使う家庭ほどお得になります…!

電力会社の乗り換えは想像以上に簡単です。以前使っていた電力会社は自動的に解約となるので特に面倒な手続きも不要です。ただ、以前の電力会社に違約金の設定がないかは注意してくださいね。

NURO光ユーザーなら、とりあえず加入しちゃってOKだと思います…!お得な電力サービスなので、ぜひ使ってみてくださいね。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA