【NURO光は評判悪い?】ネット上の口コミで分かったメリット・デメリット

NURO光の法人向けサービス「NURO Biz」を通常プランと比較して徹底解説!

NURO Biz 法人契約

NURO光では「NURO Biz」という法人向けのサービスも提供しています。

NURO Bizでは最低速度保証や固定IPなど、法人向けならではサービスを提供している点が特徴ですね。

ただ、やはり法人向けは個人向けと比べると料金がかなり高いです…。「NURO BizとNURO光、どちらを導入しようか?」とお悩みの方向けに…

この記事では法人向けの「NURO Biz」と個人向けの「NURO光」との違いを解説し、NURO Bizで提供している各サービスを紹介していきます!

法人契約を検討している方は参考にしてみてくださいね。

NURO光は公式窓口が最もお得!

①最大45,000円キャッシュバック
②オプション申し込み必要なし
③基本工事費44,000円実質無料
④セット利用で月額料金が安くなる
⑤設定サポート1回無料

\今なら45,000円キャッシュバック/
NURO光公式サイトをみる 申込は簡単5分で完了

関連記事:悪い評判は本当?NURO光のデメリット5つとメリット6つで全解説

そもそもNURO Bizとは?通常プランとの4つの違いを解説!

NURO光NURO Biz
(スタンダートプラン)
契約法人○
個人○
法人○
個人×
月額料金4,743円18,850円
初期費用0円150,000円
※2年利用で実質無料
事務手数料3,000円3,000円
工事費40,000円
※30ヶ月利用で実質無料
50,000円
キャンペーンキャッシュバック35,000円なし
通信速度最大2Gbps最大2Gbps
最低保証なし最低10Mbps
固定IPなし標準で1つ
サポート体制9時~18時の電話対応24時間365日
リモート・オンサイト保守
サービス品質保証なし稼働率99.9%を下回った分の返金対応

個人向けの「NURO光」は法人契約も可能ですが、法人専用の「NURO Biz」とは何処が違うのでしょうか?

法人向けのNURO Bizでは複数のプランが用意されていますが、今回は「NUROアクセス スタンダート」を基準に比較していきます!

1.通常のNURO光でも法人契約は可能だが、オフィスビルでの利用が不可能

NURONURO Biz
(スタンダートプラン)
個人契約×
法人契約
オフィスビルでの利用×

通常のNURO光も法人契約が可能ですが、こちらは通常の戸建て・マンションでのみ利用可能で、オフィスビルへ導入することはできません。

そのため、オフィスビルで使う場合は法人向けの「NURO Biz」が必須になります。

2.NURO Bizは料金・初期費用が高額

NURO 光NURO Biz
(スタンダートプラン)
月額料金4,743円18,850円
初期費用0円150,000円
※2年利用で実質無料
事務手数料3,000円3,000円
工事費40,000円
※30ヶ月利用で実質無料
50,000円
キャンペーンキャッシュバック35,000円なし
2年間の総額費用81,832円505,400円

個人向けの「NURO光」と法人向けの「NURO Biz」では、月額や初期費用などの料金が全然違います。サービス内容も違うので当然ではありますが、NURO Bizの方が圧倒的に高額です。

また、個人向けのNURO光のキャッシュバックは35,000円貰えましたが、法人向けのキャンペーンは用意されていません。

2年間の総額費用で見ると、約400,000円ほど違ってきます。この記事では法人向けの「NURO Biz」のメリットも解説していますが、本当に法人向けサービスが必要か?はしっかりと考える必要がありそうです。

なお、法人向けでも「NUROアクセス エントリー」は、個人向けとほとんど同じ金額で利用可能です。

3.NURO Bizは通信速度の最低保証があり、サポート対応も迅速

nuroNURO Biz
(スタンダートプラン)
通信速度(下り)最大2Gbps最大2Gbps
通信速度(上り)最大1Gbps最大1Gbps
最低保証なし最低10Mbps
サポート体制9時~18時の電話対応24時間365日
リモート・オンサイト保守
サービス品質保証なし稼働率99.9%を下回った分の返金対応

個人向けの「NURO光」と、法人向けの「NURO Biz」では同じ回線を使っているので、最大通信速度はどちらも2Gbpsとなっています。

ですが、「NURO Biz」には最低帯域保証が用意されています!プランによって保証速度が異なりますが、スタンダートプランの場合は10Mbpsを下回らないという保証付きです。

また、法人向けサービスではサポート対応が優れています!24時間365日のリモート(遠隔操作)、オンサイト(訪問)による保守に対応しており、トラブルが発生した際も迅速に対応してもらえます。

4.NURO Bizでは固定IPをはじめ、ビジネス向けのサービスを多数用意

nuro光NURO Biz
(スタンダートプラン)
固定IPなし標準で1つ
セキュリティ対策市販ソフト
「カスペルスキー」
複数の業務用セキュリティサービスを提供
法人向けサービスなし多数用意

法人向けの「NURO Biz」では、固定IPアドレスが標準で1つ使え、オプションで追加する事も可能です。サーバー構築やVPN構築、社内ファイルサーバへのアクセスなど、法人では固定IPアドレスを活用するシーンも多いでしょう。

また、「NURO Biz」では最新のセキュリティサービスを提供しています。個人と比べると法人はサイバー攻撃のリスクも高く、何らかの対策は必須でしょう。「NURO Biz」では常にアップデートされるセキュリティサービスで、新たな脅威から情報資産を守ってくれます…!

そのほかにもクラウドサービスなど、法人向けのサービスを多数用意しています。この記事では「NURO Biz」の各種プランや、法人向けサービスを解説しているので、チェックしてみてくださいね。

NURO光の法人向けサービス「NURO Biz」の各プランと導入事例を紹介!

月額料金最低保証固定IP
1. スタンダート18,850円10Mbps標準で1つ
2. プレミアム50,000円
or
150,000円
30Mbps
or
50Mbps
標準で1つ
3. エントリー4,743円
or
6,190円
なしなし
4. NEXT10G180,000円なし標準で1つ

NURO Bizでは「NUROアクセス」という、4つのインターネット接続プランを用意しています。それぞれのプランのスペックや特徴を紹介していきます!

1.NUROアクセス スタンダート

NUROアクセス スタンダート
月額料金18,850円
初期費用150,000円
※2年間の利用で実質無料
事務手数料3,000円
工事費50,000円
通信速度下り:2Gbps
上り:1Gbps
帯域保証最低10Mbps
固定IPアドレス標準で1つ
オプションで追加可
対応エリア・関東(東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬)
・東海(愛知、静岡、岐阜、三重)
・関西(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良)

NUROアクセス スタンダートの特徴

  • 最低10Mbpsの帯域確保
  • SLA付き
  • 固定IPアドレスが1つ標準装備
  • 24時間365日のリモート・オンサイト保守

「NUROアクセス スタンダート」はその名の通り、NURO Bizの中でもスタンダートなインターネット回線です。

月額料金は18,850円と、個人向けと比べるとかなり高いですが、法人向けのサービスで比較すると少し安いぐらいの料金です。

特徴は上記の通りで、全て個人向けのNURO光には無いサービスです…!帯域確保により通信速度が10Mbpsを下回る事はありませんし、24時間365日のサポート体制も安心です。

「SLA」とはサービス品質保証の事で、稼働率が99.9%を下回った時に月額料金の一部を返還する制度です。90%を下回ると、月額料金満額が返済されます。

導入事例
  • 【アニメーション・実写映画制作会社】拠点間のVPN接続用に使用。低コストで高速回線を導入できる点もポイント。
  • 【脱毛サロン】テレビ会議などをはじめとしたクラウドサービスを円滑に提供するため導入。ユーザーからの問い合わせも減り、運用負荷も軽減。
  • 【インターネットまんが喫茶】ネカフェ用の回線として導入。ユーザーの満足度が向上し、NUROブランド訴求による集客効果にも期待。

2.NUROアクセス プレミアム

NUROアクセス プレミアム
月額料金30Mプラン:50,000円
50Mプラン:150,000円
初期費用150,000円
※2年間の利用で実質無料
事務手数料3,000円
工事費50,000円
通信速度下り:2Gbps
上り:1Gbps
帯域保証最低10Mbps
固定IPアドレス標準で1つ
オプションで追加可
対応エリア・関東(東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬)
・東海(愛知、静岡、岐阜、三重)
・関西(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良)

NUROアクセス スタンダートの特徴

  • 帯域保証型回線の常識を打ち破る圧倒的コストパフォーマンス
  • SLA付き
  • 固定IPアドレスが1つ標準装備
  • 24時間365日のリモート・オンサイト保守

「NUROアクセス プレミアム」は、最低30Mbps or 50Mbpsの帯域保証付きの光回線です。

個人向けで一般的に提供されている「ベストエフォート方式」は通信速度の保証がないため、仮に1Mbpsしか出なかったとしてもユーザー側は文句を言えないというシステムでした。

遅くなると業務に支障が出て困るため、法人向けでは「帯域保証型」という、最低通信速度が保証されているサービスも提供されています。

NUROアクセス プレミアムでは、最低30Mbps or 50Mbpsから選ぶことができる、業界でも高速な帯域保証サービスを提供しています。

その分高額ですが、大量の通信機器でデータのやり取りをするような場面で導入されています。保証されている速度以外はNUROアクセス スタンダートとほぼ同等のサービス内容です。

導入事例
  • 【航空会社】国内および海外拠点間の専用ネットワークを構築。データセンターへNUROアクセス プレミアムを導入し、5,000台以上の業務用iPadへ通信するための帯域確保。
  • 【建材・土木事業】100台のタブレット専用の回線として導入。他の業務への影響を排除しつつ、安定した通信環境を実現。

3.NUROアクセス エントリー

NUROアクセス エントリー
月額料金戸建てオフィス:4,743円
オフィスビル:6,190円
初期費用30,000円
※2年間の利用で実質無料
事務手数料3,000円
工事費50,000円
通信速度下り:2Gbps
上り:1Gbps
帯域保証なし
固定IPアドレスなし
対応エリア・関東(東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬)
・東海(愛知、静岡、岐阜、三重)
・関西(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良)

NUROアクセス エントリーの特徴

  • 個人向けのNURO光とほぼ同等のプラン
  • こちらはオフィスビルでも利用可能
  • リモート保守/センドバック保守を24時間対応するオプションが1,000円で追加可能
  • オンサイト保守オプションが1,000円で追加可能

「NUROアクセス エントリー」は、個人向けのNURO光とほぼ同等のプランです。

NUROアクセスエントリーは法人向けプランとは違い、「固定IPアドレスなし」「24時間サポートはオプションで有料」「帯域保証はなし」となっています。

個人向けのNURO光との違いは、24時間サポートなどビジネス向けのオプションが用意されている点と、オフィスビルでも導入可能な点です。

料金も他のプランと比べるとリーズナブルなので、スタンダートとエントリーを併用し、エントリーは社員や来客のインターネット回線用、という感じで運用している法人が多いようです。

導入事例
  • 【映像関連の会社】拠点間のVPNネットワークを「スタンダート」で、社員・来客用のインターネットを「エントリー」で利用

4.NUROアクセス NEXT 10G

NUROアクセス NEXT10G
月額料金180,000円
初期費用150,000円
※2年間の利用で実質無料
事務手数料3,000円
工事費50,000円
通信速度下り:10Gbps
上り:2.4Gbps
帯域保証なし
固定IPアドレス標準で1つ
オプションで追加可
対応エリア東京都 港区/渋谷区/新宿区/世田谷区/千代田区/中野区/板橋区/品川区/文京区/豊島区/目黒区/練馬区

NUROアクセス スタンダートの特徴

  • 最大10Gbpsの超高速回線
  • SLA付き
  • 固定IPアドレスが1つ標準装備
  • 24時間365日のリモート・オンサイト保守

「NUROアクセス NEXT10G」は、最大通信速度10Gbpsの法人向けインターネット回線です。圧倒的な通信速度が特徴的ですが、料金も月額180,000円と、桁が違います。

個人向けのNURO光 10Gsは月額5,743円で使えます。法人向けのサービスが充実しているのは分かりますが、ここまで価格が変わるものなのでしょうか…。

NURO Biz公式ページに、NUROアクセス NEXT10Gの導入事例は記載されていませんでした。※非公開なだけで、導入している法人はあると思います。

今後、5Gの普及や通信速度の向上によって、より高速通信が必要なサービスが登場するかもしれません。そういったサービスを提供する側に、NUROアクセス NEXT10Gは必要となってくるのかもしれませんね。

NURO Bizでは回線以外にも様々なサービスを提供中!

1. NUROリンク閉域接続による高セキュリティなネットワーク環境を構築
2. NUROリンク全国規模のネットワーク構築
3. NUROモバイル法人向けパケットシェアと音声通話サービス
4. NUROセキュリティ日々脅威を増すセキュリティリスクに最新のセキュリティサービスを提供
5. NUROクラウド最先端のクラウドサービスで、ビジネスを強力にサポート

NURO Bizではインターネット回線以外にも、法人向けの各種サービスを提供しています。大まかに分けると5種類あるサービスを、それぞれ簡単に紹介していきます!

1.NUROリンク【閉域網サービス】

NUROリンク【閉域網サービス】
サービス一覧

  • 閉域網(P2MP)
  • 閉域網(P2P)
  • ダイレクトクラウド

NURO Bizのネットワーク設備をした閉域網を提供するサービスです。最大通信速度1Gbpsの広域帯&最低10Mbpsの帯域保証を標準装備!帯域保証は30Mbps、50Mbpsのプランもあります。

閉域網とは、インターネットには直接繋がず、限られた場所(拠点間)でのみ接続するネットワークの事です。例えば本社とデータセンター間や、オフィス間での通信に利用します。

2.NUROリンク【ネットワークサービス】

NUROリンク【ネットワークサービス】
サービス一覧

  • Kライン
  • Sライン
  • Nライン
  • Iライン
  • Fライン

NTTのフレッツ光回線やKDDI回線を利用して提供するインターネット接続サービスです。提供エリアの限られるNURO回線と比べ、全国に対応している点が特徴です。

NUROリンク Fラインは、フレッツ回線を利用している法人向けのISP(プロバイダ)サービスです。こちらを利用すればNURO回線以外でも、業界トップクラス1200Gbps超えのNURO Bizバックホーンを利用できます。

3.NUROモバイル【モバイルサービス】

NUROモバイル【モバイルサービス】
サービス一覧

  • LTE/3G

「NUROモバイル LTE/3G」は、NTTドコモが提供する「Xi/FOMA回線」に対応したモバイル通信サービスです。モバイル通信ですが、固定IPアドレスも利用可能です。

格安SIMのようにSIMカードでの提供となります。プランごとに通信容量が定められており、データ通信容量を企業でシェアする事も可能です。

4.NUROセキュリティ【セキュリティサービス】

NUROセキュリティ【セキュリティサービス】
サービス一覧

  • SD-WAN
  • UTM typeW
  • マネージドサービス typeV
  • マネージドL2VPN
  • マネージドL3VPN
  • マネージドサービス typeI
  • マネージドサービス typeY
  • ワイヤレスLAN typeA
  • ワイヤレスLAN typeN

NURO Bizでは9種類ものセキュリティサービスを提供しています。法人のネットワークはサイバー攻撃の対象となる事もあり、セキュリティ対策は必須です。

NUROセキュリティでは「UTM(統合脅威管理)」や「クラウド型サンドボックス」など、最新のセキュリティ機器・サービスを提供しており、企業側がセキュリティに掛けるコストや負担を軽減してくれます。

NURO Bizの通信サービスと一緒に使うことで、ネットワーク運用とセキュリティ対策を一任する事も可能です…!

5.NUROクラウド【クラウドサービス】

NUROクラウド【クラウドサービス】
サービス一覧

  • OneLogin
  • inSync
  • yarai
  • G Suite
  • Office 365
  • Microsoft 365
  • Active! gate SS
  • BizMobile Go!
  • MaLionCloud
  • Box
  • Dropbox Business
  • ESET
  • カギカン

NURO Bizでは、ビジネスに使える13種類のクラウドサービスを提供しています。

クラウド上で使えるOfficeはよく見るサービスですね。ExcelやPowerpointをクラウド上で使えるので、「いつでも・どこでも・どんなデバイスでも」利用可能です。

他にも「統合ID管理」や「クラウドセキュリティ」など、最先端のクラウドサービスを複数提供しています。NURO Bizの回線と合わせて、ビジネスを強力にサポートしてくれます…!

NURO光の法人向けプランをフレッツ光など他社回線と徹底比較!

NURO Biz
スタンダート
フレッツ光ネクスト
プライオ
OCN光
「フレッツ」IPoE
回線/プロバイダ一体型回線のみ
別途プロバイダ契約が必要
プロバイダのみ
別途回線契約が必要
通信速度最大2Gbps最大1Gbps最大1Gbps
帯域保証10Mbps10Mbpsなし
月額料金18,850円41,100円

プロバイダ料
12,000円

回線料
固定IP標準で1つプロバイダ側で提供標準で1つ
SLA××

ここでは「NUROアクセス スタンダート」と、帯域保証やSLA、固定IPなど法人向けサービスが充実している法人向け光回線を比較していきます!

NURO Bizの解説をしていて、個人向けと比べるとかなり高いな~と思っていたのですが、同じ法人向け回線で比較してみてビックリ!NURO Bizはビジネス向け光回線としてはかなり安かったです…!

「NUROアクセス スタンダート」と同じ10Mbpsの帯域保証がある「フレッツ光ネクスト プライオ」は、回線料金だけで41,100円もします。回線+プロバイダのセットで提供&10Mbpsの帯域保証&固定IPまでついて18,850円のNUROは相当コスパの良い回線と言えるでしょう。

NURO Bizの導入事例を見ていると、コストパフォーマンスについて称賛している企業が多かったのですが、他社の料金設定を見て納得です。法人向けのインターネット回線をお探しの方は是非NURO Bizを検討してみてください…!

NURO Bizの公式はこちら

「NUROアクセス エントリー」のような、個人向けとほぼ変わらないプランで比較したい方は「【元販売員が語る光回線の全て!】2019年のおすすめを徹底比較!」を参考にしてみてください。

まとめ

NURO Bizまとめ
  • 個人向けNURO光を法人契約する事も可能
  • NUROでは法人向けに特化した「NURO Biz」を提供している
  • NURO Bizは個人向けと比べると高額だが、充実のサービス内容
  • 他社の同等なサービスと比べるとかなり安い!
  • NUROは法人でもおすすめの回線!

この記事では、法人目線でNUROの解説をしました。

個人向けのNURO光を法人契約する事も可能です。また、個人向けとほぼ同等のサービス内容である「NUROアクセス エントリー」も用意されています。単に事務所をネットに繋ぎたいだけの場合は、こちらを利用するといいでしょう。

法人向けの高性能回線として、「帯域保証」や「固定IP」などを活用したい場合は「NUROアクセス」の利用を検討してみてください。NUROの法人向け回線は、他社の同等サービスと比べるとかなり安いです…!

ただ、それでも個人向けと比べると高額です。法人向けを契約する際は、「本当にここまでの機能が必要か?」十分に検討してくださいね。

NUROの法人契約を検討していた方の参考になれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA