【評判悪い!?】ネクストモバイル契約した私の口コミ!

ネクストモバイルの解約方法を徹底解説!損しないための注意点や手順

契約解除
hiroshi
hiroshi
こんにちは、「なるほどWi-Fi」編集部のhiroshiです。

ネクストモバイルを解約する際に、プランによって違約金や更新月が異なり、ぱっと見ただけではややこしくて混乱すると感じました。

特に、初めてモバイルWi-Fiを解約する場合、失敗して余計なお金を払ってしまう可能性があります。

この記事では、ネクストモバイルの解約手順から、解約の際に余計な出費を防ぐための注意点などを詳しくまとめています。

私はネクストモバイルはかなり使い勝手が良いためこれからも使っていこうと思いますが、「地域的に速度がでない」などの理由からネクストモバイルを解約しようと思う方の手引きになれば幸いです。

ネクストモバイルの解約方法の手順

ここからは、ネクストモバイルの実際の解約手順を説明していきます。

こちらから、ネクストモバイルのお客様ページにログインします。

IDとパスワードは契約時に同封されている「お申込内容のお知らせ」に記載があります。

 

次に、「ご契約解除申請フォームはこちら」という部分をクリックします。

 

すると、会員情報を記入する欄が出てくるので、こちらの登録時の情報を記入していきます。

 

全ての項目を記入すると、一番下のボタンがクリックできるようになりますので、確認画面へ進みます。これで契約解除の申請が完了しました。

ネクストモバイルを解約する際の注意点

重要事項の会議

ネクストモバイルを解約する際に知っておきたい項目をまとめました。

解約時の注意点としてHPや契約書に記載がありますが、文字が小さく分かりづらい部分もあるため、こちらに詳しく解説しておきますね。

解約月によって契約解除料が発生する

ネクストモバイルを解約する際は、期間によって契約解除手数料(違約金)が発生してしまいます。

違約金を0円にしたい場合、更新月に解約する必要が出てきます。

更新月はプランによって異なり、違約金の料金も変わってくるため、後ほど詳しくまとめています。

>>先にネクストモバイルの違約金について詳しく見る

毎月20日までに解約する必要あり

解約の手続きができるのは毎月20日になってしまいます。

つまり、9月が更新月だとしたら9月20日までに解約手続きを完了する必要があります。

21日以降では翌月扱いとなってしまい、違約金が余計にかかってしまうため、解約する場合は必ず更新月の1~20日に行うようにしましょう。

「プラン29・プラン38」では端末を返却する必要あり

ネクストモバイルにはプランが大きく分けて3つありますが、その中の1つ「プラン29・38」では機器をレンタルするプランのため、端末を返却する必要があります。

解約した月の翌月5日(例:9月に解約したなら10月5日まで)に返却する必要があり、期間を過ぎてしまうと端末損害金として40,000円がかかってしまいます。解約手続きが完了したら、なるべく早めに郵送するようにしましょう。

各種特典・キャンペーンが受けられなくなる

ネクストモバイルを解約すると、加入時に受けた特典やキャンペーンが今後受けられなくなってしまいます。

キャンペーンとしては端末代無料など、時期によって異なるようですが、一度解約してしまうと再度契約してもこれらのキャンペーンは適用されなくなります。

ネクストモバイルメールが利用できなくなる

ネクストモバイルメールオプションを利用している場合、こちらのメールは利用できなくなります。

もしメールオプションを利用している場合、解約の連絡を入れる前にデータをバックアップしておく必要があります。

セキュリティサービスが使用できなくなる

オプションサービスでついている「KINGSOFT」のセキュリティサービスも使えなくなります。

こちらに関しては通常のウイルスチェックソフトを入れている方であれば気にする必要はないでしょう。

ネクストモバイルを解約する際の違約金について

ネクストモバイルを解約する際に、契約解除月でないと違約金が発生してしまいます。

違約金は「契約解除料」と呼ばれていますが、プランによって金額や期間が異なります。

ここでは、ネクストモバイルの全てのプランについて違約金がいくらになるのか解説します。

「プラン29」「プラン38」の契約解除料

契約年数 違約金
~26ヶ月 29,500円
27ヶ月目(更新月) 0円
28ヶ月目~50ヶ月目 9,500円
51ヶ月目(更新月) 0円
52ヶ月目~74ヶ月目 9,500円

「プラン29」と「プラン38」では、契約解除手数料(違約金)は上記のようになります。

26ヶ月目(1年4ヶ月)までは一律で29,500円かかってしまいますが、27ヶ月目では0円となります。

その後は、更新月以外は常に9,500円、更新月は0円となります。

「プラン29」と「プラン38」を解約するなら、27ヶ月目と51ヶ月目が狙い目です。

「ギガネクスト20」「ギガネクスト30」「ギガネクスト50」の契約解除料

契約年数 違約金
0ヶ月~12ヶ月 19,000円
13ヶ月~24ヶ月 14,000円
25ヶ月(更新月) 0円
26ヶ月~48ヶ月 9,500円
49ヶ月(更新月) 0円
50ヶ月~72ヶ月 9,500円

「ギガネクスト20・30・50」の違約金は上記のようになります。

最初の1年間は19,000円で、2年以内は14,000円となります。

更新月の25ヶ月目は0円で、その後は一律9,500円となります。

「ギガネクスト20・30・50」を解約するのであれば、25ヶ月目・49ヶ月目を狙うようにしましょう。ちょうど2年後、4年後となります。

「機種変更プラン20」「機種変更プラン30」の契約解除料

契約年数 違約金
0ヶ月~12ヶ月 19,000円
13ヶ月~24ヶ月 14,000円
25ヶ月(更新月) 0円
26ヶ月~48ヶ月 9,500円
49ヶ月(更新月) 0円
50ヶ月~72ヶ月 9,500円

「機種変更プラン20・30」もギガネクストと同様で、1年以内では19,000円、2年以内では14,000円の違約金がかかります。

こちらも、2年後は一律9,500円となり、25ヶ月目と49ヶ月目では更新月となり違約金は0円になります。

「機種変更プラン20・30」を解約するのであれば、25ヶ月目・49ヶ月目に行いましょう。

ネクストモバイルの初期契約解除制度について解説

スマホをいじる男性

ネクストモバイルには、通常の解約とは別に、「初期契約解除制度」というものがあります。

これは、契約後に商品を受領してから8日以内であれば契約解除を行うことができるという制度です。

申告方法は「電話」と「書面」の2通りがありますが、手間としては電話の方が楽なため電話がおすすめです。

書類の場合、下記の「初期契約解除申請書」という書類を印刷して記入する必要があり、時間がかかります。

郵送の手間などを考えても、電話で簡単に済ませてしまうのがおすすめです。

注意点として、ネクストモバイルの本体を壊してしまったり無くしてしまったりした場合は機器損害金が必要となります。「プラン29・38」では40,000円、その他のプランでは15,000円かかってしまうため、端末は壊したり紛失したりしないように気をつけましょう。

参考:ネクストモバイルの初期契約解除申請書(PDF)

ネクストモバイルの解約方法についてまとめ

ネクストモバイル解約についてまとめ
  • 解約は電話が楽でおすすめ。
  • 更新月に解約すれば違約金0円で済む。
  • 20日までに申し込みしなければ翌月扱いになるため、それまでに手続完了する。
  • プラン29・38では端末返却の必要あり。翌月5日まで。
  • プランによって違約金や更新月が異なるため必ず確認する。

ネクストモバイルの解約方法や注意点についてまとめると、上記のようになります。

今回記事の執筆のために実験的に解約をしましたが、私は色々なモバイルWi-Fiを使ってみてネクストモバイルは持ち運びやすい&速度もなかなか速い&料金が安いので、今後も使っていこうと考えています。

ただ、地域によっては速度が遅かったりと、ネクストモバイルの本領を発揮できない可能性もあるため、そういった場合にはこちらの解約手順や注意点を参考にしてみて下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA