【保存版】自宅用インターネット回線おすすめ5選を30社から比較!

インターネット回線の工事とは【時間と費用は?工事不要もある?】

yamanaka
yamanaka
こんにちは!「なるほどWi-Fi」編集部の山中です。

インターネット回線を使い始める場合、固定回線の場合は工事が必要です。何となく工事が必要なことは聞いたことがあるけれど、具体的に何をするか分からない…

回線工事って何をするの?どのぐらいの時間がかかるの?費用は高いの?など、分かりにくいことも多くて困りますよね…

インターネット回線の工事にかかる費用と時間、賃貸住宅に住んでいても工事できるのかなど、インターネット回線の工事について一通り解説します。

インターネット回線を開設するときにも、回線工事についての予備知識があれば安心ですよ!

インターネット回線の工事って何をするの?

インターネット回線の工事って何をするの?

インターネット回線の工事とは、具体的には通信線の引き込み工事のことです。

インターネット回線と、パソコンやスマホなど最終的に利用する端末との接続は、無線WiFiで行われることが多くなってきているので忘れてしまいがちですが、インターネット回線の基幹回線は有線(光ファイバー)です。

基幹回線の信号を、手元の端末で利用可能なように、利用場所まで分岐線を敷設すること。これがインターネット回線の工事です。

インターネット回線工事の基本的な流れ

Step 実施項目 行う人
第一段階 回線利用の申込と工事日の予約 利用者自身
第二段階 回線工事 ※ココを解説! 工事業者(立ち合い必要)
第三段階 パソコンやスマホなどの端末設定 利用者自身

インターネット回線工事の基本的な流れは、図のような3段階で進みます。

このなかで最も重要なのは、一番最初の、利用するサービスの決定と申し込みの段階です。回線工事は申し込みの段階で、同時に工事日を予約することになります。

次が実際の回線工事となります。今回、重点的に解説するのはこの段階です。具体的な作業工程を知り、事前確認や申し込みがスムーズに進められるようにしましょう。

最後に端末の設定を行うことになります。回線事業者ごとに、詳しいマニュアルが用意されていますので、参照しながら進めましょう。

インターネット回線の工事【戸建ての場合】

戸建てへの回線工事出典:フレッツ光公式サイト『戸建てにお住まいのお客さま

インターネット回線を一戸建ての住宅に引き込み工事を行う場合は、多くの場合は電話線の配管を利用することになります。

電話線の配管を利用できなければ、エアコンダクトを伝って引き込むか、壁に1cm程度の穴を開けて配線を引き込みます。

最終的に、引き込んだ光ファイバーや同軸ケーブルを、他の機器に接続可能なコンセント装置につないで工事完了となります。

持ち家の場合は自分の判断で問題ありませんが、壁に穴をあける可能性があることから、貸家の場合は管理会社や大家さんに必ず確認、承諾を得るようにしましょう。

インターネット回線の工事【集合住宅の場合】

フレッツ光の回線工事(集合住宅)出典:フレッツ光公式サイト『集合住宅にお住まいのお客さま

インターネット回線を集合住宅に引き込み工事を行う場合は、若干複雑になります。

比較的築浅の高級マンションの場合は、MDF室と呼ばれる共有部までは、建築時に回線工事が行われているケースが多いです。

一方、小規模なアパートの場合は、MDF室などの共用部が無いことが多く、一戸建てと同じような引き込み工事が必要となるケースもあります。

どの段階まで建物側に備わっているのかを自分で確認することは難しいので、管理会社や大家さんに、必ず施工状況を確認し、同時に承諾を得るようにしましょう。

アパートやマンションなどの集合住宅、賃貸住宅にインターネット回線を導入する場合は、必ず管理会社や大家さんに確認して承諾を得るようにしましょう。

インターネット回線の工事不要な回線ってあるの?

インターネット回線の工事不要な回線

インターネット回線を解説したいけれど、わざわざ工事をするのは面倒…。回線工事をしなくて済む方法は無いの?と思ってしまいますよね。

インターネット回線のなかでも、固定回線については原則的に回線工事を避けることは出来ません。一方、モバイル回線なら回線工事は不要となります。

固定回線には原則回線工事が必要

固定回線の種類 回線工事 信号線(引き込み線)
ADSL回線 局内工事 電話線
CATV回線 自宅工事 同軸ケーブル
光回線 自宅工事 光ファイバー

固定回線は回線工事が必要となりますが、回線の種類によって工事の方法は異なります。

ADSL回線の場合は、電話用のメタル回線を使ってインターネット通信を行うため、NTTの局内工事で済みます。自宅での回線工事は不要なので、負担は少ないと言えます。

CATV回線の場合は、ケーブルテレビの信号を受信する同軸ケーブルを引き込む必要があるため、自宅の屋内工事が必要となります。

光回線の場合は、光ファイバーを自宅の光回線終端装置(ONU)まで引き込む工事が必須となるため、やはり自宅の屋内工事が必要となります。

フレッツ光から光コラボ回線への乗換え「転用」の場合は工事不要

光回線の契約には、新規開設の他に「乗換え」というケースがあります。乗換えのケースで、フレッツ光から光コラボ回線への乗換えを「転用」と呼んでいます。

光コラボ回線とは、フレッツ光の回線設備をそのまま使用して、回線接続サービスのみを提供(転用)するタイプの光回線です。

フレッツ光回線から光コラボ回線へ転用する場合は、NTT局内の切替工事のみで、回線の切り替えができます。

光コラボ回線へ切り替えをすすめる営業さんは「工事無し」と説明されるケースも見られますが、厳密には局内工事は発生しています。

モバイル回線なら回線工事は不要

モバイル回線の場合は、回線工事が不要です。基幹回線からのインターネット信号を無線通信によって受信しているため、回線を引き込む必要がないためです。

回線工事が不要というのは、モバイル回線の大きなメリットの一つです。

固定回線の回線工事には、申し込み・予約から実際の工事完了までに、数週間~1カ月程度の時間は必要となってきます。転勤などで引っ越しする際には、固定回線を使用できない期間(ダウンタイム)が発生してしまいます。

インターネット回線の利用がそれほど多くない人は、自宅でもモバイル回線をメインに使用するのも一つの手段です。

最もインターネットが快適に利用できるのは、固定回線(光回線)とともに、モバイル回線も併用することです。

インターネット回線の工事にかかる費用

インターネット回線の工事には、原則として工事費用がかかります。

キャンペーンなどでインターネット回線の工事費が無料となることもありますが、その場合も、工事費用そのものは存在していて、キャッシュバックなどの仕組みでその工事費を割引するかたちを取っています。

インターネット回線の工事費用の相場

工事前の状態 フレッツ光の工事費
屋内配線工事が必要 戸建て:18,000円
マンション:15,000円
屋内配線工事が不要 7,600円
NTT局内工事のみ
(自宅訪問なし)
2,000円

(2018年8月時点での工事料金です)

インターネット回線の工事費は、NTTのフレッツ光の工事費用がおよそ相場的な基準となっています。

屋内配線工事が不要とか、局内工事のみで済むのは、以前に住んでいた人がインターネット回線を利用していて、その設備がそのまま残っているケースです。

NTT局内工事のみのケースは、新規開設では無く、乗換えの場合のみ該当する項目と考えて良いです。

auやソフトバンクなど、NTT以外の回線事業者の場合は、工事費自体はこの相場よりも高めになるケースが多いです。

工事費用が実質無料になるキャッシュバックキャンペーン

代表的な光回線サービス 工事費
auひかり 戸建て:37,500円
マンション:30,000円
(キャンペーンで実質無料)
※戸建ては光電話加入が条件
ソフトバンク光 24,000円
(他回線からの乗換キャンペーンで実質無料)
NURO光 40,000円
(キャンペーンで実質無料)

(2018年8月時点での工事料金です)

auやソフトバンクなど、NTT以外の回線事業者の場合は、工事費そのものは比較的に高額になります。

このため、工事費が高いことが利用者拡大の妨げにならないように、インターネット回線の事業者は工事費が実質無料になるキャンペーンを積極的に行っています。

実質無料という言葉の意味ですが、一旦は工事費を支払うけれども、工事費相当額まで毎月の利用料を均等割引していくというかたちを取っている事業者が多いです。

代表的なインターネット回線事業者の工事費実質無料キャンペーンについては、詳しくは次の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
auひかりのおすすめプロバイダは?速度や料金などを徹底比較!auひかりのプロバイダについて徹底比較!各プロバイダの違いやプロバイダの選び方などを詳しく解説します。おすすめのプロバイダや、キャッシュバックが多めにもらえる申し込み方法なども紹介するので、この記事を参考にあなたにあったauひかりのプロバイダを見つけて下さい!...
あわせて読みたい
白い柴犬を比較
【2019年最新】ソフトバンク光キャッシュバックキャンペーン17社徹底比較!キャッシュバックを得るのに非常に手間がかかる代理店もあります。 どうせ申し込むなら、楽に!高キャッシュバック!を得たいですよね!! こちらのサイトでは、ソフトバンク光の代理店別に キャッシュバックの条件が比較できます。 ベストな代理店選びの参考にしてくださいね!...
あわせて読みたい
nuroで「nuro光」と「NURO光 for マンション」という2つのサービスを紹介している部分のサムネール
NURO光forマンションは高層階にも対応!工事やキャンペーンまとめ 【要チェック!】NURO光は、既にあなたのマンションに導入されているかもしれない! このページに来てくれている人は、マ...

インターネット回線の工事にかかる時間

インターネット回線の工事にかかる時間

インターネット回線の工事そのものは、それほど長時間かかるわけではありません。

スムーズに工事が進むように、どの部屋でインターネットを利用するのか、どこにインターネット回線を引き込むのか、その点は明確にしておきましょう。

インターネット回線の工事時間は1時間程度

インターネット回線の工事にかかる時間は、1時間程度と考えておけば良いです。

アパートやマンションなどの賃貸住宅よりも、戸建ての方が時間がかかる傾向にありますが、戸建てでも2時間程度見ておけば良いでしょう。

時間そのものはそれほどかかりませんが、必ず立ち合いが必要になるということには注意が必要です。

問題は回線工事の予約【引越が多い時期は早めに準備】

インターネット回線の工事に時間がかかるという場合、回線工事の予約がなかなか取れずに、申し込みから工事完了までに長い時間がかかってしまった、という意味で語られることが多いです。

インターネット回線の工事は、季節によっても地域によっても時間差がありますが、基本的に最短でも2~3週間はかかると考えておいた方が良いです。

春先など引っ越しが多い時期には、1か月以上待つことも普通に起こり得ます。

インターネット回線を開設しよう、と思ったら、とにかく早めに行動しましょう。自分にとって最適な回線サービスを決めて、一日も早く工事の予約を入れてしまうと良いです。

人気の回線事業者は時間がかかることもある

特定のインターネット回線サービスに人気が集中して、工事完了までに時間がかかってしまうケースもあります。

2018年現在、申し込みから工事完了までの時間が非常に長くかかる場合も見られるのは、NURO光です。

NURO光の工事にかかる時間については、詳しくは次の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
電柱で回線工事をする作業員
【NURO光の工事は遅い?】全体の流れや工事費を徹底解説! NURO光の工事は遅い?その遅れの2つの原因とは? nuro光の工事について書く前に・・・ ネットのSNSなどをみると、けっ...

インターネット回線の工事は賃貸アパート・マンションでも可能?

インターネット回線の工事は賃貸アパート・マンションでも可能?

インターネット回線の工事は賃貸アパート・マンションでも可能です。

ただし、必ず事前に管理会社や大家さんに確認するようにしましょう。引っ越しする場合は、転居先を探す時にインターネット回線が使用可能かどうか確認するのも忘れないようにしましょう。

比較的新しい物件なら問題無い場合が多い

インターネット回線の工事を行って、固定回線(光回線)が使える状態にすることは、物件の価値を高めることにもつながりますので、問題無く許可されることが多いです。

比較的新しい物件の場合は、インターネット回線の利用を前提に建築されていることが多いのですが、古い物件の場合は注意しましょう。

管理会社(大家さん)には必ず確認

インターネット回線の工事を行うことは、物件の価値を高めるとは言っても、工事によって壁などに傷がつく可能性があることは事実です。

管理会社や大家さんには、事前に必ず確認して許可を得るようにしましょう。

引越で新居を探す際には、インターネット回線(光回線)が使用可能かどうかは、確認条件の一つに加えておくことをおすすめします。

インターネット回線の工事が出来ないケース

インターネット回線の工事が出来ないケースも稀ですが存在します。回線工事を行うことができない代表的なケースは次のようなものとなります。

  • 工事に立ち会える人が誰もいない場合
  • 管理会社や大家さんから回線工事の許可が得られない場合
  • 電柱と物件の距離が遠すぎて届かない場合
  • 電柱と物件の間に、第三者の私有地や樹木等の障害物が存在する場合
  • 配管不良で信号線の引き込みが出来ない場合

障害物の存在や、電柱との距離などについて、ある程度の情報はNTTなどの回線事業者側でも持っています。事前に回線工事が不可能なことが分かっている場合は、申し込みの段階で知らせてもらえます。

戸建てで初めてインターネット回線を引き込む場合には、事前には分からない状況もありますが、集合住宅の場合は管理会社や大家さんで把握しているケースが多いです。

インターネットの信号が来ている最寄りの電柱と住居の間に、第三者の管理する障害物が存在する場合は、回線工事は難しくなります。

インターネット回線の工事ができない場合は、固定回線(光回線)を利用することはできません。モバイル回線を活用しましょう。

アパートやマンションのような集合住宅・賃貸住宅でも回線工事は問題無く可能です。ただし、管理会社や大家さんには必ず事前に確認をして、承諾を得るようにしましょう。

まとめ

今回紹介したこと
  • インターネット回線を固定回線で繋げる際は回線工事が必要です。
  • インターネット回線の工事には原則工事費用がかかります。
  • インターネット回線の工事にかかる時間は1時間程度です。
  • 申込から工事実施までには時間がかかる場合があります。
  • 何らかの理由で回線工事が行えない場合は、モバイル回線を利用しましょう。

インターネットを固定回線で使い始める場合、回線工事が必要です!

工事と言っても、回線工事にかかる時間は1時間ほどで済みますので、工事が生活の大きな負担になることはありません。

回線工事には費用がかかりますが、工事費用を安く上げたい場合は、各種キャンペーンを上手に利用するなどの対策もできます。

ただし、工事の予約から、実際に工事が完了するまでの時間が長くかかってしまう場合があることには注意しましょう。

固定回線を利用すると決めたら、できるだけ早いタイミングで準備に動きましょう!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA