【人気36社比較】格安スマホ(SIM)おすすめランキングBEST10「2019年6月」

【16社比較】かけ放題できる格安スマホ(SIM)のおすすめランキング!

かけ放題できる格安スマホ(SIM)を徹底比較【おすすめランキング】

編集部トモゾー
編集部トモゾー

こんにちは!「なるほどWi-Fi」編集部のトモゾーです。

MVNOである格安スマホ(SIM)に乗り換えるなら、各社の”かけ放題プラン”の内容も気になるところ。

ですが多くの格安スマホ(SIM)会社がある中、「どの会社の”かけ放題”がお得なの?」「自分に合った”かけ放題”を見つけるのが大変!」なんて悩んでしまいますよね。

そこで今回は、格安スマホ(SIM)のMVNO各社の『かけ放題プラン』を徹底比較!

かけ放題オプションサービスの月額料金や、無料で通話できる時間、さらには通話品質まで様々な角度からおすすめの格安スマホ(SIM)をランキング形式でお伝えしていきます!

中には”完全かけ放題”となるプランを展開している会社も!

目次

かけ放題プランがある格安スマホ&格安SIMの選ぶ時の3つのポイント

かけ放題プランが用意されている格安スマホ・SIM(MVNO)の選び方を解説

実は一口に”かけ放題”と言っても、格安スマホ(SIM)会社によって色々なサービス内容となっている為、月額料金の違いだけでなく無料通話時間や電話の音質を左右する通話方式の違いまで細かい部分まで差があります。

かけ放題のサービスを主軸としてMVNO業者を決めるのであれば、各社でどのようなプラン内容となっているのか把握して、あなたの通話スタイルに1番マッチした”かけ放題プラン”を提供している格安スマホ(SIM)を選ぶようにしましょう。

そこでまず、かけ放題プランを提供する格安スマホ(SIM)の選ぶ際には、下記の3つのポイントを意識しながら比較検討してみて下さい。

1.自分に合った通話時間をカバーできるプランを選ぶ

まず1つ目のポイントは、『”自分に合った通話時間”をカバーできるサービス内容となっているか』という点です。

普段スマートフォンや携帯電話で通話する際、おおよそで良いのでどのくらいの時間かけることが多いか思い出してみましょう。

  • 「要件だけ伝えることが多く、だいたい2~3分に収まる」
  • 「用事があって電話すると、5分~10分くらい時間が経っていることが多い」
  • 「長電話になりがちで、20~30分なんてことも多い」

人によって電話の利用シーンは異なりますが、あなたの1回あたりの通話時間に一番近い『無料通話時間』となるかけ放題プランを選びます。

2.かけ放題の月額料金が他社と比較して安い(適正)ものを選ぶ

次に2つ目のポイントとなるのが、『かけ放題プランの月額料金』の価格です。

かけ放題プランで月々の料金の安さで選ぶのであれば、主要な格安SIM業者(MVNO)を見てみると500円~の価格で用意されています。

また、同じ無料通話時間、同じサービス内容にもかかわらず、業者によって月額料金が異なることがあるので、後になって損をしない為にもたくさんの業者を比較することが大切となります。

さらに、キャリアによっては基本使用料金に『通話かけ放題』の料金も含まれているケースもあり、かけ放題プランとしての料金が「0円」となることも。

少しでも携帯電話代を節約するなら、”価格”はとても重要な選択要素と言えますね。

3.通話方式はなるべく繋がりやすく音質(通話品質)の良いものを選ぶ

最後の3つ目のポイントは、『電話をするときの繋がりやすさや通話の品質をどこまで求めるのか』という点です。

格安SIM業者(MVNO)の通話かけ放題は、大手3キャリア(docomo・au・SoftBank)とは違い3つの通話方式に分類されていて、各社によって採用している通話方式が異なります。

この通話方式は『通話品質』や『繋がりやすさ』に大きく影響する要素で、キャリアを選ぶする際の重要な選択基準と言えます。

  • 通常音声通話(回線交換方式)=主に大手3キャリアで利用できる通話品質の高い通常の電話回線を使った通話
  • プレフィックス(中継電話方式)=MVNOから中継電話会社を経由して大手キャリアの通常の電話回線を使う通話
  • IP電話=データ通信の回線(インターネット回線)を使う通話

では、上記3つの通話方式の違いについて、それぞれ見ていきましょう。

通常音声通話(回線交換方式)

通常音声通話は、大手キャリアであるdocomo・au・SoftBankが提供する、通常の電話回線を使って電話することができるため、クリアな音声で安定感があります。

通話品質が高いだけでなく、通話が途中で途切れてしまうような心配もいりません。

もちろん、電話番号も「090」「080」を利用することができます。

プレフィックス(中継電話方式)

プレフィックスは、通常音声通話と同じ回線を利用するものの、格安スマホ(SIM)から発信した電話は1度『中継電話会社』を経由することで通話料金を安く出来る仕組みです。

ただし、利用のためには『プレフィックス番号』と呼ばれる数桁の番号を先頭に付けて電話をかける必要があるのですが、各MVNOでプレフィックス専用アプリが用意されているため、プレフィックス番号の付与の手間が省けるようになっています。

所有する電話番号は「090」「080」を使うことが可能な上に、通常の電話回線を使用するので通話品質の劣化が少ないのが特徴です。

IP電話

IP電話は上記2つとは大きく異なり、電話回線は使わずにデータ通信を行うインターネット回線を利用して通話を行います。

そのため通話料金はとても安いメリットがある一方で、電話回線ではなくインターネット回線を利用するので、データ通信が不安定な箇所では通話の途切れや遅れが発生したり、さらに通話品質があまり優れていないというデメリットがあります。

また、「090」「080」の電話番号を所有することは可能ですが、IP電話を行う場合は電話番号が「050」から始まる番号になります。

格安スマホ(SIM)の「かけ放題プラン」16社を徹底比較しました!

かけ放題プラン(月額料金) 通話方式
完全
かけ放題
IP電話
かけ放題
10分 5分 3分
【1位】Y!mobile 1,000円 0円※5 通常音声通話
【2位】U-mobile 0円※5 500円 通常音声通話/プレフィックス
【3位】UQmobile 0円※5 通常音声通話
【4位】IIJmio(みおふぉん) 830円※3 600円※4 プレフィックス
【5位】楽天モバイル 0円※1/850円 プレフィックス
【6位】OCNモバイルONE 850円 プレフィックス
【7位】nuroモバイル 800円 プレフィックス
イオンモバイル 1,500円 850円 IP電話/プレフィックス
b-mobile 500円※2 500円※2 プレフィックス
BIGLOBEモバイル 830円 600円 プレフィックス
DMMモバイル 850円 プレフィックス
LINEモバイル 880円 プレフィックス
NifMo 830円 プレフィックス
mineo(マイネオ) 850円 プレフィックス
TONEモバイル 500円 750円 IP電話/プレフィックス
X-mobile 2,300円 850円 プレフィックス
※1…スーパーホーダイプランの場合は基本使用料金に含まれる
※2…ご利用のSIMによって無料通話時間と回数が異なる
※3…家族間(同一契約名義)なら30分以内
※4…家族間(同一契約名義)なら10分以内
※5…基本使用料金に含まれる

「かけ放題プラン」格安スマホ(SIM)おすすめ比較ランキング!

それではここで、先ほどご紹介した”格安スマホ(SIM)業者のかけ放題プラン”の比較表をもとに、当サイトがおすすめするMVNOをランキング形式で7社まで発表します!

各社のかけ放題プランのサービス内容はもちろん、詳細情報も解説しています。

【1位】Y!mobile(ワイモバイル)

Y!モバイルのロゴ画像
おすすめ度 ★★★★★
SIM月額料金 1,480円~
かけ放題プラン月額料金 1)1,000円 2)0円(基本使用料金に含まれる)
※スマホプラン 1,480円~
かけ放題プラン内容 1)通話時間・回数が無制限の完全かけ放題プラン 2)1通話あたり10分以内/回数無制限
通話方式 1)通常音声通話、2)通常音声通話
利用回線 ワイモバイル回線

かけ放題のサービスを利用できる格安スマホ(SIM)の堂々1位は『Y!mobile』!

Y!mobileのかけ放題は、大手キャリアと同じ通話品質となる”通常音声通話(回線交換方式)”でのかけ放題プランとなっています。

かけ放題プランも2つ用意されていて、SIMの基本使用料金に10分以内なら何度でもかけ放題が含まれている『スマホプラン』と、月々の利用料金に1,000円プラスするだけで完全かけ放題となる『スーパーだれとでも定額』があります。

これだけで完全かけ放題を付けることが出来るので、無料通話時間を気にせず快適に通話が可能となるのであれば安い金額と言えますね。

“かけ放題”を検討している方に、とにかくオススメしたいMVNOとなります。

Y!モバイルはこちら

【2位】U-mobile

U-mobileのロゴ画像
おすすめ度 ★★★★★
SIM月額料金 1,980円~
かけ放題プラン月額料金 1)0円(基本使用料金に含まれる)
※U-mobile SUPER 1,980円~
2)500円
※U-mobileMAX 2,880円~
かけ放題プラン内容 1)1通話あたり10分以内/回数無制限 2)1通話あたり3分以内/1日50回まで
通話方式 1)通常音声通話、2)プレフィックス
利用回線 ワイモバイル回線

かけ放題のサービスを利用できる格安スマホ(SIM)の栄えある2位は『U-mobile』!

U-mobileは、一般的なプランである『U-mobile SUPER』で契約した場合、追加料金なしで10分以内の通話が何度でも出来るだけでなく、Y!mobileと同じ通常音声通話の回線を利用するため大手キャリアと同様の高い通話品質での音声通話が可能となっています。

また、U-mobileの最大の強みでもある25GB大容量のデータ通信プラン『U-mobileMAX』を契約する場合でも、プラス月額500円で3分以内の通話が1日50回までかけ放題になるプランも用意されています。

U-mobileはこちら

【3位】UQmobile

UQmobileのロゴ画像
おすすめ度 ★★★★★
SIM月額料金 1,980円~
かけ放題プラン月額料金 0円(基本使用料金に含まれる)
※おしゃべりプラン 1,980円~
かけ放題プラン内容 1通話あたり5分以内/回数無制限
通話方式 通常音声通話
利用回線 au回線

「ユッキュー」「イチキュッパ」でお馴染みの『UQmobile』が3位!

UQmobileには上記表に記載のあるとおり、5分以内の通話が回数無制限でかけ放題となる『おしゃべりプラン』と、月に○分といった無料通話時間に上限を設けている『ぴったりプラン』が用意されていますが、ここで”かけ放題”としてご紹介するのはおしゃべりプランになります。

1通話あたりの無料通話時間が5分以内と、他の格安スマホ(SIM)業者と比較すると短いものの、やはりUQmobileの通話方式が音質の高い『通常音声通話(回線交換方式)』となっている点が比較材料としては高得点となり、繋がりやすさ・聞こえやすさ等の快適性を理由におすすめランキング上位に食い込んでいます。

UQmobileはこちら

【4位】IIJmio(みおふぉん)

IIJmio(みおふぉん)のロゴ画像
おすすめ度 ★★★★☆
SIM月額料金 500円~
かけ放題プラン月額料金 1)830円 2)600円
かけ放題プラン内容 1)1通話あたり10分以内(同一契約名義間の通話なら1通話あたり30分以内)/回数無制限 2)1通話あたり3分以内(同一契約名義間の通話なら1通話あたり10分以内)/回数無制限
通話方式 1)プレフィックス、2)プレフィックス
利用回線 docomo回線・au回線

IIJmio(みおふぉん)は、格安スマホ(SIM)の中でもSIM基本使用料金500円~、かけ放題プラン月額料金600円~と、ともに金額が安いのが特徴です。

さらに、かけ放題の無料通話時間には『1通話あたり10分以内』と『1通話あたり3分以内』のプランが用意されており、あなたの通話スタイルに合ったプランを選ぶことができます。

注目したいのは、家族間(同一契約名義)であれば1通話あたりの無料通話時間が、それぞれ10分→30分・3分→10分まで何度でも利用することができる点。

家族間での電話は、意外にも通話時間が長くなることもあるので、魅力的なサービスとなっています。

IIJmio(みおふぉん)はこちら

【5位】楽天モバイル

楽天モバイルのロゴ画像
おすすめ度 ★★★★☆
SIM月額料金 1,250円~
かけ放題プラン月額料金 1)0円(基本使用料金に含まれる)
※スーパーホーダイプラン 1,480円~
2)850円
かけ放題プラン内容 1)1通話あたり10分以内/回数無制限 2)1通話あたり10分以内/回数無制限
通話方式 1)プレフィックス、2)プレフィックス
利用回線 docomo回線・au回線

楽天モバイルには、データ通信も通話も使い放題となる『スーパーホーダイプラン』があります。

実際のSIM月額料金は1,980円なのですが、楽天会員であれば500円割引されるため1,480円からの料金設定となっていて、1通話あたり10分間の無料通話分がある”かけ放題”サービスとしては低価格に分類される点がオススメできるポイント。

また、最大30GBのデータ容量となる『組み合わせプラン』でも電話かけ放題のサービスを付加することが出来、1通話あたり10以内の電話であれば月額850円プラスすると無制限にかけられるようになります。

楽天モバイルはこちら

【6位】OCNモバイルONE

OCNモバイルONEのロゴ画像
おすすめ度 ★★★☆☆
SIM月額料金 700円~
かけ放題プラン月額料金 850円
かけ放題プラン内容 1通話あたり10分以内/回数無制限
通話方式 プレフィックス
利用回線 docomo回線

OCNモバイルONEは、NTTコミュニケーションズが提供するMVNOです。

SIMの月額利用料の最安値が『ベーシックプラン』の700円となるのですが、かけ放題プランである『10分かけ放題プラン』を付けてもひと月1,550円と安い価格設定なのが魅力的。

さらに、OCNモバイルONEには変わったかけ放題プラン『トップ3かけ放題プラン』が月額850円で用意されていて、その月に通話した時間が長いトップ3人の通話料金が0円になります。

電話をすることが多い特定の人がいるのであれば『トップ3かけ放題プラン』を利用するのも良いですね。

10分以内かけ放題と、通話時間が長くなる特定の3人へのかけ放題のどちらも良い所どりした『かけ放題ダブルプラン』も用意されていて、月額1,300円とお得なのが嬉しいMVNOと言えるでしょう。

OCNモバイルはこちら

【7位】nuroモバイル

nuroモバイルのロゴ画像
おすすめ度 ★★★☆☆
SIM月額料金 1,000円~
かけ放題プラン月額料金 800円
かけ放題プラン内容 1通話あたり10分以内/回数無制限
通話方式 プレフィックス
利用回線 docomo回線・SoftBank回線

nuroモバイルは、データ通信だけのプランであれば月額300円のSIM代金で利用ができる格安スマホ(SIM)業者です。

“かけ放題”を利用する場合は、通話方式がプレフィックスということもあり、最低1,000円の月額料金となる音声通話付きプランから選ぶことになります。

nuroモバイルは、プレフィックスでの電話が1通話あたり10分以内であれば、回数無制限で使えるかけ放題プランが用意されていて、最安で契約すると1,800円で利用することが可能です。

MNPで乗り換える場合も、docomo回線とSoftBank回線の2回線から選ぶことができるので、この2キャリアから乗り換える場合には、魅力的な選択肢の1つとなります。

nuroモバイルはこちら

かけ放題プランがある格安スマホ(SIM)ならY!mobile(ワイモバイル)がおすすめ!

かけ放題プランのある格安スマホ(SIM)/MVNOを選ぶなら、Y!モバイルがおすすめです。
Y!mobileをおすすめする3つの理由
  1. SIM基本使用料金に「10分以内のかけ放題」付き!
  2. 通話品質が高く繋がりやすい!
  3. 無制限に通話ができる「完全かけ放題プラン」がある唯一のMVNO!

かけ放題プランのある主要な格安スマホ(SIM)業者の中から、7社までをランキング形式で比較しましたが、その中でも1番オススメしたいのはやはり『Y!mobile』です。

月のデータ通信容量2GBで1,480円のスマホプランSに、10分以内の国内通話の料金がコミコミとなっているだけでも魅力的ですが、さらに1,000円の『スーパーだれとでも定額』オプションを付加すると固定電話を含めた国内通話が全てかけ放題!

編集部トモゾー
編集部トモゾー

無料通話分を気にせずに電話をかけたい人にとっては、まさにぴったりのMVNOですよ。

Y!モバイルの詳細はこちら

「かけ放題プラン」の通話時間が長いのは?格安スマホ(SIM)「無料通話時間」比較ランキング

無料時間 かけ放題プラン
月額料金
通話方式
【1位】Y!mobile 完全無制限 1,000円 通常音声通話
【2位】X-mobile 完全無制限 2,300円 プレフィックス
【3位】イオンモバイル 完全無制限
(連続通話300分まで)
1,500円 IP電話
【4位】IIJmio(みおふぉん) 10分
(家族間30分)
830円 プレフィックス
【5位】U-mobile 10分 0円(基本使用料金に含まれる) 通常音声通話

各社のかけ放題プランを比較する場合、1番気になるポイントとなるのが「どのくらい無料で通話できるのか」ということですよね。

そこで、無料通話時間が長い格安スマホ(SIM)をランキング形式で5位までまとめてみたところ、通話時間に制限のない完全かけ放題となるMVNOが3社、10分以内の通話がかけ放題となるMVNOが2社ランクイン!

ここでは上位3位までのMVNOに焦点を当て、それぞれ詳しく見ていきます。

【1位】Y!mobile(ワイモバイル)

Y!モバイルのロゴ画像
無料時間 完全無制限
かけ放題プラン
月額料金
1,000円
通話方式 通常音声通話

無料通話時間の長さなら、『Ymobile』以上の格安スマホ(SIM)はありません。

月額1,000円でオプション追加できる『スーパーだれとでも定額』なら、無料で通話できる時間に制限がないため完全かけ放題となります。

さらに、通常音声通話となる回線を使用するため、通話品質はとてもクリアで安心感があります。

Y!モバイルはこちら

【2位】X-mobile

X-mobileのロゴ画像
無料時間 完全無制限
かけ放題プラン
月額料金
2,300円
通話方式 プレフィックス

『X-mobile』は、Y!mobileと同様に完全かけ放題プランが設けられている数少ない格安スマホ(SIM)業者で、以前はもしもシークスという名称でした。

10分以内なら無制限でかけ放題となる『かけたい放題ライト』が月額850円で用意されていますが、月額2,300円で完全かけ放題となる『かけたい放題フル』なら国内通話はすべて定額で利用できます。

通話方式がプレフィックスということもあり、通話品質も比較的安定しています。

X-mobileはこちら

【3位】イオンモバイル

イオンモバイルのロゴ画像
無料時間 完全無制限
(連続通話300分まで)
かけ放題プラン
月額料金
1,500円
通話方式 IP電話

イオンモバイルも、上位2社と同様に完全かけ放題プランとなる『050かけ放題』が用意されています。

「050」ということからも分かるように、イオンモバイルはIP電話でのかけ放題プランとなっている為、Y!mobileやX-mobileに比べると通話品質は劣るものの、普段から長電話をする方であれば1つの候補になると言えます。

また、連続通話時間が300分間という上限が設けられているものの、それ以降は料金が課金されるわけではなく、通話が一度切断されるようになっています。

イオンモバイルはこちら

「かけ放題プラン」の最安値は?格安スマホ(SIM)「月額料金」比較ランキング

SIM月額料金 かけ放題プラン
月額料金
無料時間
【1位】IIJmio(みおふぉん) 500円~ 830円 10分
【2位】Y!mobile 1,480円(スマホプランS) 0円(スマホプランS) 10分
【3位】楽天モバイル 1,480円(スーパーホーダイ) 0円(スーパーホーダイ) 10分
【4位】TONEモバイル 1,000円 500円 10分
【5位】OCNモバイル ONE 700円~ 850円 10分
※…無料通話時間が最大10分となるプラン以上で比較
※…SIM月額料金+かけ放題プラン月額料金のトータル料金にてランキング

次に、かけ放題プランを適用した場合、どこの格安スマホ(SIM)の月額料金が安いのかをまとめてみましたので見ていきましょう。

上記表を見てみると、SIM月額使用料+かけ放題プランの月額料金を合計した最安値は『IIJmio(みおふぉん)』という結果に。

ここでは上位3位までのMVNOに焦点を当て、それぞれの料金について詳しく見ていきます。

【1位】IIJmio(みおふぉん)

IIJmio(みおふぉん)のロゴ画像
SIM月額料金 500円~
かけ放題プラン
月額料金
830円
無料時間 10分

IIJmio(みおふぉん)は、SIM利用料とかけ放題プランを合わせた月額料金が『1,330円』となっています。

また、通話品質もプレフィックスなので比較的安定していて、通話にストレスを感じることが少ないのも特徴です。

かけ放題サービスを少しでも安く利用したい方にぴったりのMVNOです。

IIJmio(みおふぉん)はこちら

【2位】Y!mobile

Y!モバイルのロゴ画像
SIM月額料金 1,480円(スマホプランS)
かけ放題プラン
月額料金
0円(スマホプランS)
無料時間 10分

Y!mobileは、データ通信容量3GBと1通話あたり10分以内の国内電話が無料となるスマホプランSが月額料金『1,480円』となっています。

月に使えるデータ通信容量が9GBのスマホプランMでも、10分以内のかけ放題サービス付きで月額料金が『2,280円』とかなり安い価格設定なので、通話も!データ通信も!という方にとっては、Y!mobileはコストパフォーマンスが高いですね。

Y!モバイルはこちら

【3位】楽天モバイル

楽天モバイルのロゴ画像
SIM月額料金 1,480円(スーパーホーダイ)
かけ放題プラン
月額料金
0円(スーパーホーダイ)
無料時間 10分

楽天モバイルは、データ通信容量2GBと1通話あたり10分以内の国内電話が無料となるスーパーホーダイプランSが月額料金『1,480円』となっています。

Y!mobileと同額の月額料金となるものの、月に使用できるデータ通信容量が2GBとY!mobileより1GB少なくなっています。

楽天モバイルはこちら

「かけ放題プラン」で通話品質にこだわるなら?格安スマホ(SIM)「音質」比較ランキング

通話方式
【1位】Y!モバイル 通常音声通話
【2位】U-mobile 通常音声通話
【3位】UQ mobile 通常音声通話
【4位】IIJmio(みおふぉん) プレフィックス
【5位】OCNモバイル ONE プレフィックス
※…同じ通話方式の場合、月額料金・無料通話時間なども比較材料に加えて順位付け

かけ放題と言っても、電話の途中で途切れてしまったり音声が聞こえづらかったり、使い勝手が悪いと後々後悔することになります。

そこで、通話品質が高い格安スマホ(SIM)をランキング形式で5位までまとめてみました。

ここでは上位3位までのMVNOに焦点を当て、それぞれ詳しく見ていきます。

【1位】Y!モバイル

Y!モバイルのロゴ画像
通話方式 通常音声通話

格安スマホ(SIM)の中でも、数少ない通常音声通話×完全かけ放題プランがある『Y!mobile』。

通話品質の高さに加え、SIM使用料金に10分以内のかけ放題が含まれる『スマホプラン』や、追加オプションの『スーパーだれとでも定額』など、月額料金の安さでも魅力的なMVNOとなっています。

Y!モバイルはこちら

【2位】U-mobile

U-mobileのロゴ画像
通話方式 通常音声通話

U-mobileも通話品質の高さが嬉しい『通常音声通話』となる格安スマホ(SIM)です。

1通話あたり10分以内のかけ放題プランは、データ通信容量とセットになった『U-mobile SUPER』が月額1,980円で使用することができるので、データ通信・かけ放題がコミコミとなっています。

U-mobileはこちら

【3位】UQ mobile

UQmobileのロゴ画像
通話方式 通常音声通話

UQmobileも格安スマホ(SIM)では貴重な、『通常音声通話』の通話方式となるMVNOです。

ですが上位2社と比較すると、1通話あたりの無料通話時間が5分以内となっており、少し見劣りしてしまうものの、データ通信容量3GBとかけ放題がセットになって月額1,980円~のおしゃべりプランは魅力的なプランとなっています。

UQmobileはこちら

格安スマホ(SIM)の通話無制限の完全かけ放題プランがあるキャリアは?

格安スマホ(SIM)の通話無制限の完全かけ放題プランがあるキャリア

「料金が安い格安スマホ(SIM)に乗り換えて、毎月の出費を節約したい。けど無料の通話時間に制限のない完全かけ放題があるキャリアにしたい!」

という人も多いはず。

今回ご紹介した『かけ放題プランのある格安スマホ(SIM)』の比較一覧表を確認して頂くと分かりますが、

  1. Y!mobile
  2. X-mobile
  3. イオンモバイル

の3社が完全かけ放題プランを提供しています。

際限なく通話を楽しみたいという方は、上記キャリアから選択するようにしてみましょう。

格安スマホ(SIM)でアプリなしのかけ放題プランがあるキャリアは?

格安スマホ(SIM)でアプリなしのかけ放題プランがあるキャリア

格安スマホ(SIM)でかけ放題を利用する為には、通話方式の関係から(多くの場合プレフィックスとIP電話)専用アプリを使用して通話をすることが多いです。

専用アプリを使用しなければいけないからと言って、今までの通話の方法と大きな差はないのですが、専用アプリなしで手軽に電話をかけたいという人も多いはず。

専用アプリが無くても『かけ放題プラン』が利用できるMVNOは下記の3社です。

  1. Y!mobile
  2. UQ-mobile
  3. U-mobile

こちらの3社は、通話方式が通常音声通話となっているため、専用アプリをわざわざ手持ちのスマートフォンにインストールしたくない人にピッタリです。

格安スマホ(SIM)かけ放題についてよくあるQ&A3選

格安スマホ(SIM)かけ放題についてよくある【 Q & A 】

最後に、格安スマホ(SIM)のかけ放題についてよく聞かれる疑問点をまとめ、それぞれの質問に対して回答していきたいと思います。

【Q1】格安スマホ(SIM)のかけ放題は海外との通話でも適用されるの?

編集部トモゾー
編集部トモゾー
基本的に、格安スマホ(SIM)に限らず大手キャリアであっても海外との通話はかけ放題サービスの対象とはなりません。

中には、海外から日本国内への通話が定額でかけ放題となるサービスや、海外でのデータ通信が定額で使い放題となるパケホーダイサービスがありますが、日本国内のMVNOキャリアでは海外向けの通話かけ放題は今のところないのが現状です。

【Q2】かけ放題アプリ通話でも電話番号は相手に通知されるの?

編集部トモゾー
編集部トモゾー
プレフィックス方式のかけ放題サービスの場合、中継電話会社を経由させるために090や080から始まる電話番号に独自のプレフィックス番号を先頭に付与する『専用アプリ』を利用します。

そのため、電話をかけると相手にどのように番号が通知されるのか気になりますよね。

結論から言うと、問題なく相手側にあなたの正規の電話番号がしっかりと通知され、誰から電話がかかってきたのか分かるようになっていますので安心して下さい。

【Q3】ガラケーでも格安SIM(MVNO)でかけ放題プランは可能?

編集部トモゾー
編集部トモゾー
格安SIMでもガラケーで利用できるものを展開している会社もありますので、使い慣れたガラケーで格安SIMのかけ放題サービスを利用したい人もいますよね。

実はY!mobileでは、ガラケー(ケータイ)向けのかけ放題プランが、月額料金1,500円で用意されています。

国内通話が完全かけ放題というサービス内容で、ガラケー持ちの方におすすめですよ。

まとめ

格安スマホのかけ放題まとめ
  • 格安スマホでかけ放題サービスを選ぶ時は3つのポイントを意識しよう!
  • MVNO各社のかけ放題を比較した結果『Y!mobile』がおすすめNo.1!
  • 無料通話時間で選ぶなら『Y!mobile』がおすすめ!
  • 月額料金の安さで選ぶなら『IIJmio(みおふぉん)』がおすすめ!
  • 通話の品質で選ぶなら『Y!mobile』がおすすめ!
  • 格安スマホ(SIM)のかけ放題サービスは海外での利用は対象外!

今では、かけ放題サービスのある格安スマホ(SIM)が当たり前となっているとは言え、そのサービス内容は多岐に渡ります。

その為、あなたの通話スタイルにマッチした『かけ放題サービス』を提供しているMVNOキャリアを選ばないと、のちのち後悔することになりかねませんので、この記事でご紹介した比較一覧表やおすすめランキングを参考にして下さい。

それでも「どの会社のかけ放題がいいか分からない!」と迷っている方は、失敗となりにくいY!mobileがおすすめですよ!


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA