【人気36社比較】格安スマホ(SIM)おすすめランキングBEST10「2019年10月」

【13社比較】格安スマホ(SIM)で家族割が使えるおすすめTOP7!

【13社比較】格安スマホ(SIM)で家族割が使えるおすすめTOP7!

編集部トモゾー
編集部トモゾー

こんにちは!「なるほどwifi」編集部のトモゾーです。

格安スマホ(SIM)に家族で乗り換える場合、それぞれが好きなMVNOを選ぶのもいいですが、人数が多いのでそれだけ毎月の固定費がかかりますよね。

そんな時は、家族全員で契約することでお得になる格安SIMを選ぶのがおすすめ!

というのもMVNOキャリアによっては、月額料金が安くなる『家族割』『家族間通話が無料』など、ファミリー向けのお得なサービスが用意されていることもあるので、うまくMVNO選びをすることで月々の支払いをさらに安く抑えることが可能になります!

そこで今回は、家族みんなで使うことで固定費をさらに節約できる、家族割や家族向けサービスが充実しているおすすめMVNO13社を徹底比較してみました。

家族で格安スマホ(SIM)を契約するときの注意点についてもまとめましたので、ファミリーみんなでまとめる時の参考にしてくださいね。

家族におすすめの格安SIMを今すぐチェック!

家族みんなで『家族割がある格安スマホ(SIM)』にまとめる時に気を付けたい3つのポイント

家族でMVNOに乗り換えるときに気を付けたいポイントを3つご紹介します。

家族でまとめて格安スマホ(SIM)にする場合、家族割やファミリー向けサービスを提供している格安スマホ(SIM)を選ぶのは当然ですが、ここでは家族全員が1つのMVNOにまとめて契約する際に気をつけたい3つのポイントについてご紹介します。

①音声通話機能付きSIMのプランで比較しよう

家族で格安スマホ(SIM)を利用する場合、親と子供や夫婦間の電話連絡は必ず使うことになりますので、『通話対応SIMプラン』を前提として探すのがおすすめです。

このとき、各MVNOの月額料金や通話料の違い、さらには家族間の通話料がどのようになっているのかを比較しながら、自分たち家族に合ったプランを選びましょう。

②未成年の家族にはMVNOのフィルタリングサービスを利用しよう

未成年の子供にスマートフォンを持たせる場合は、インターネットからの脅威やトラブルを防いでくれる『フィルタリングサービス』があるMVNOを選ぶようにします。

今ではほとんどのMVNOでフィルタリングサービスが用意されていますが、中にはまだフィルタリングサービスがない格安スマホ(SIM)もあるので注意しましょう。

大切な子供を守るためにも、教育に悪影響がある有害なサイトへのアクセスをブロックしたり、アプリをインストール出来ないようにするなどの対策は必須ですね。

③MNPでの転入は代表回線と名義を合わせよう

大手キャリアからMNP(携帯電話番号ポータビリティ)にて乗り換える場合、今まで家族が使っていた回線の名義を、まずは格安スマホ(SIM)で契約者とする親名義にうつす必要が出てきます。

MVNOキャリアは大手キャリアと異なり、基本的に契約者本人名義のクレジットカードでの支払いのみとなっています。

そのため、クレジットカードを持てない子供名義の電話番号をそのまま格安スマホ(SIM)に乗り換えたい場合は、親の名義に変更したあとでMNPによる乗り換えを行うようにしましょう。

家族向けにおすすめな格安スマホ(SIM)13社を徹底比較しました!

家族割・家族向けサービス 3人家族の合計料金の
モデルケース
【1位】
Y!mobile
【家族割引サービス】
主回線がスマホプラン・データプランLの契約時のみ2回線目以降の月額基本料が500円割引。
4,940円(月額)
※スマホプランS 3GB(各回線)
【2位】
UQmobile
【UQ家族割】
おしゃべりプラン/ぴったりプランの契約で2回線目以降の月額基本料が500円割引。
4,940円(月額)
※おしゃべりプランS 3GB(各回線)
【3位】
IIJmio(みおふぉん)
【ファミリーシェアプラン】
主回線のデータ容量を追加した子回線(音声SIMは月額700円)と分け合うことができる。最大10枚発行可能。
【ファミリー通話割引】
ファミリーシェアプラン適用で、家族間通話料が20%OFF。みおふぉんダイアルアプリと合わせると最大60%OFF。
4,660円(月額)
※ファミリーシェアプラン12GB(主回線)
【4位】
楽天モバイル
【プラス割】
2回線目以降の月額基本料が3ヶ月無料。さらにSIMのみなら5,000円キャッシュバック、SIMと端末セットで10,000円割引。
【データシェア】
月額100円のオプション料で最大5回線まで前月繰り越し分の高速通信のデータ容量をシェアできる。
4,440円(月額)
※スーパーホーダイプランS(各回線)
【5位】
BIGLOBEモバイル
【シェアSIM】
主回線のデータ容量を追加した子回線(音声SIMは月額900円)と分け合うことができる。最大4枚追加可能。
3,950円(月額)
※音声SIM6ギガプラン(主回線)
【6位】
イオンモバイル
【シェア音声プラン】
主回線のデータ容量を追加した子回線(音声SIMは月額700円)と分け合うことができる。最大4枚追加可能。
4,380円(月額)
※シェア音声8GBプラン(主回線)
【7位】
mineo
【家族割引】
主回線契約者の3等親以内なら最大5回線まで月額基本料から50円割引が適用(主回線含む)。
【パケットギフト】
余ったデータ容量を分け合える。
4,380円(月額)
※Aプラン3GB(各回線)
エキサイトモバイル 【3枚コースプラン】
3枚コースプランを契約することで、SIMカード最大3枚までデータ容量をシェアすることが可能。音声通話対応SIMの場合は各回線ごとに月額700円。SIM4枚目以降はプラス390円/月で追加可能。
4,560円(月額)
※3枚コース9GB(各回線音声SIM)
ニフモ(NifMo) 【NifMoファミリープログラム】
支払いを親IDに集約させることで、各契約(親回線と子回線)に0.5GBのデータ容量をプレゼント。
【シェアプラン】
「3GBプラン(シェア)」「7GBプラン(シェア)」「13GBプラン(シェア)」の選択時のみデータ容量のシェアが可能。最大7回線。
4,800円(月額)
※3GBプラン(シェア)音声SIM契約タイプ(各回線)
DMMモバイル 【シェアコース】
シェアコースプランを契約することで、SIMカード最大3枚でデータ容量をシェアすることが可能。
4,290円(月額)
※シェアコース通話対応SIM10GB
LINEモバイル 【ウェブ登録事務手数料無料】
マイページから2回線目以降の追加申込で、ウェブ登録事務手数料3,000円が無料。
5,070円(月額)
※音声通話SIMコミュニケーションフリー3GB(各回線)
LinksMate 【データ通信容量シェア】
主回線のデータ容量を追加した子回線(音声SIMは月額900円)と分け合うことができる。
4,900円(月額)
※音声SIM10GBコース(主回線)
OCNモバイルONE 【容量シェア】
主回線のデータ容量を追加した子回線(音声SIMは月額1,100円)と分け合うことができる。
5,200円(月額)
※音声SIM10GBコース(主回線)

大手キャリアのように『家族割』が用意されている格安スマホ(SIM)は少ないものの、多くのMVNOでは、データ容量を複数回線でシェアできたり、キャッシュバックや初期手数料が無料になるなど、家族まとめて利用することでお得になるサービスが用意されています。

家族向けプランや割引がある格安スマホ(SIM)おすすめランキング!

それではここで、「家族割&家族向けサービスがある格安スマホ」おすすめ7社をランキング形式で紹介していきます!

それでは1位から順番に早速見ていきましょう。

1位:Y!mobile

Y!モバイルのロゴ画像
家族向け
おすすめ度
月額料金 【スマホプラン】1,980円~
【データプランL】3,696円
利用回線 SoftBank回線・ワイモバイル回線
家族向けサービス ■家族割引サービス
主回線がスマホプラン・データプランLの契約時のみ、2回線目以降の月額基本料に500円割引が適用。
フィルタリングサービス あり・無料・申し込み必要

家族みんなで格安スマホ(SIM)にするなら、まずおすすめしたいのが『家族割引サービス』があるY!mobileです。

『2回線目から月額料金が500円引き』と割引額が手厚いだけでなく、子供にスマホを持たせるために必須となるフィルタリングサービスが無料!

また、スマホプランなら月のデータ通信量が2年間増量されますし、月額料金も1年間は安い価格で利用することが可能な上、10分以内の国内通話なら無料です。

Y!mobile回線でのデータ通信や通話の安定性が高い点も、安心して利用できるポイントですね。

Y!モバイルはこちら

2位:UQmobile

UQmobileのロゴ画像
家族向け
おすすめ度
月額料金 【おしゃべりプラン・ぴったりプラン】1,980円~
利用回線 docomo回線・au回線
家族向けサービス ■UQ家族割
おしゃべりプラン/ぴったりプランを契約する場合のみ、2回線目以降の月額基本料に500円割引が適用。
フィルタリングサービス あり・無料・申し込み必要

UQmobileの『UQ家族割』は、Y!mobileとほぼ同様のサービス内容となっていて、家族でMVNOにまとめるときにはおすすめの格安SIMキャリアになります。

2回線目以降の月額料金が500円割引となる上、フィルタリングサービスも無料で付けることが可能なのですが、全ての回線で【おしゃべりプラン』か『ぴったりプラン】を選択する必要があるため、家族全員分の通話できるSIMが欲しい家族に特におすすめです。

また、格安スマホのお得なキャンペーンでもお伝えしていますが、UQmobileではUQ家族割と同じくらいお得な『ファミゼロ学割』や『キャッシュバック』などのお得なキャンペーンが実施されていて、少しでも安く乗り換えるにはもってこいのMVNOです。

2019年最新版!格安スマホ(SIM)11社のお得なキャンペーンまとめ!
2019年最新版!格安スマホ(SIM)11社のお得なキャンペーンまとめ! お得なキャンペーンを今すぐチェック! 格安スマホ(SIM)のキャンペーンの種類は大きく5つ! 格安スマホ(SIM)が実施して...

UQmobileはこちら

3位:IIJmio(みおふぉん)

IIJmio(みおふぉん)のロゴ画像
家族向け
おすすめ度
月額料金 【データSIM】900円~
【通話SIM】1,600円~
子回線
月額料金
【データSIM】無料
【SMS機能付きSIM】140円
【通話SIM】700円
※4回線目以降はSIMカード1枚につき+400円の利用料が必要
利用回線 docomo回線・au回線
家族向けサービス ■ファミリーシェアプラン
主回線が契約するプランのデータ容量を、月額700円(音声SIMの場合)で追加できる子回線とシェアすることができる。最大10枚のSIMが発行可能。
■ファミリー通話割引
ファミリーシェアプラン適用で、家族間通話料が20%OFF。さらにみおふぉんダイアルアプリ利用で50%OFFとなるため最大60%OFF。
フィルタリングサービス あり・360円/月・申し込み必要

家族の人数が多いときは、毎月のスマホ代も馬鹿になりませんよね。

家族の人数が多くて格安スマホ(SIM)にまとめたいなら、基本使用料と子回線SIMの料金が安いIIJmio(みおふぉん)がおすすめ!

ファミリーシェアプラン(12GB)なら主回線と子回線を含めて最大10枚のSIM発行が可能で、大容量の12GBをシェアして使うことができます。

最大SIM数の上限が多いので、4人家族でさらに「おじいちゃんおばあちゃんの分も!」という家庭のケースでも、トータル8,960円(月額)と1万円以下の利用料金に抑えることが可能ですよ。

IIJmio(みおふぉん)はこちら

4位:楽天モバイル

楽天モバイルのロゴ画像
家族向け
おすすめ度
月額料金 【通話SIM】1,480円~
子回線
月額料金
【データSIM】900円~
【通話SIM】1,480円~
利用回線 docomo回線・au回線
家族向けサービス ■プラス割
通話SIMの契約で2回線目以降の月額基本料が3ヶ月無料。さらにSIMのみなら5,000円キャッシュバック、SIMと端末セットで10,000円割引。
■データシェア
月額100円のオプション料で最大5回線まで前月繰り越し分の高速通信のデータ容量をシェアできる。
フィルタリングサービス あり・300円/月・申し込み必要

楽天モバイルは、月額料金が割引されるなどのお得なサービスはないものの、2回線目以降を追加することで子回線の月額基本料金が3ヶ月無料になったり、キャッシュバックなどでお得になります。

子回線にてSIMとスマートフォン端末のセット購入をした場合は、なんと10,000円もの割引が適用!

月額基本料金が3ヶ月分無料になることと合わせると、とてもお得感のあるMVNOと言えます。

さらに、国内通話が何度でも10分間無料のかけ放題付きなので、家族間の電話も気兼ねなくしやすいのも特徴です。

 

楽天モバイルはこちら

5位:BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルのロゴ
家族向け
おすすめ度
月額料金 【データSIM】900円~
【通話SIM】1,600円~
子回線
月額料金
【データSIM】200円
【SMS機能付きSIM】320円
【通話SIM】900円
利用回線 docomo回線・au回線
家族向けサービス ■シェアSIM
主回線が契約するプランのデータ容量を、月額900円(音声SIMの場合)で追加できる子回線(シェアSIM)とシェアすることができる。最大4枚追加可能。
フィルタリングサービス あり・200円/月・申し込み必要

主回線で3GB以上のプランを選択すれば、子回線となるシェアSIMを最大4枚追加、合計5枚まで発行可能なBIGLOBEモバイルもおすすめです。

音声SIMであれば、3GBのセレクトプランで1,600円~、12GBでも3,400円と安い料金設定が魅力的。

スマホとセット購入を考えている人であれば、対象端末が割引&10分間以内の通話が何度でも無料の『スマホまる得プラン』を選ぶのがおすすめですね。

また、BIGLOBEモバイルでは『シェアSIM』以外にも、『家族会員』というシステムがあり、それぞれが個別SIMを契約した上で家族会員登録をしておくと、2回線目以降の月額基本料から200円引きの割引が適用されます。

スマホセット購入ができて無料通話も含まれる『スマホまる得プラン』を家族みんなで使用したい場合なら、シェアSIMではなく個別SIMを家族の人数分契約した上で、家族会員システムの利用も検討してみてもいいかもしれませんね。

BIGLOBEモバイルはこちら

6位:イオンモバイル

イオンモバイルのロゴ画像
家族向け
おすすめ度
月額料金 【シェア音声プラン】1,780円~
子回線
月額料金
【データSIM】無料
【SMS機能付きSIM】140円
【通話SIM】700円
※4回線目以降はSIMカード1枚につき+200円の利用料が必要
利用回線 docomo回線・au回線・SoftBank回線
家族向けサービス ■シェア音声プラン
主回線が契約するプランのデータ容量を、月額700円(音声SIMの場合)で追加できる子回線とシェアすることができる。最大4枚追加可能。
フィルタリングサービス あり・150円/月・申し込み必要

大容量を家族みんなで分け合いたいファミリーにおすすめなのが『イオンモバイル』です。

主回線が契約するプランのデータ容量を、追加した子回線とあわせて分け合うのですが、シェア音声プランには最大50GBもの大容量プランが用意されているので、家族みんなでデータ通信量を気にせずインターネットを楽しみたい場合には、とても相性のよいMVNOになります。

さらにフィルタリングサービスも有料とはなるものの、月額150円と他社と比べて安い価格設定となっているのも魅力。

子回線SIMの月額料金も700円と、シェア型子回線SIMの中では最安値の料金となっています。

イオンモバイルはこちら

7位:mineo

mineo(マイネオ)のロゴ画像
家族向け
おすすめ度
月額料金 【データSIM】900円~
【通話SIM】1,510円~
利用回線 docomo回線・au回線・SoftBank回線
家族向けサービス ■家族割引
主回線契約者の3等親以内なら最大5回線まで月額基本料から50円割引が適用(主回線含む)。
■パケットギフト
余ったデータ容量を分け合える。
フィルタリングサービス あり・350円/月・申し込み必要

各回線ごとにデータ通信容量を自由に使いたい場合におすすめなのが、多数のプランがあり様々なサービスが充実しているmineoです。

各回線ごとにプランを選べるため、500MBから30GBのプランまで家族に合ったデータ容量を選択することができます。

さらに、mineoの家族割引での月額基本料金の割引額は50円と小さいものの、主回線を含めたすべての回線で割引が適用される点は、大きなメリットと言えます。

また、他社のシェアプランと同じようにパケット通信量を分け合える『パケットギフト』があるので、家族全員で無駄なくインターネット利用をすることが可能です。

mineo(マイネオ)はこちら

家族みんなで格安スマホ(SIM)に乗り換えるなら「Y!mobile」がおすすめ!

家族みんなで格安スマホ(SIM)に乗り換える場合は「Y!mobile」をおすすめします。
家族向けMVNOでY!mobileを
おすすめする3つの理由
  1. 子回線の月額料金が500円も割引してもらえる!
  2. スマホプランなら「10分以内の通話かけ放題」付き!
  3. 子供も安心「フィルタリングサービス」が無料!

家族向けのMVNOでおすすめなのは、やはり2回線目以降の月額基本料を500円も割引してくれる『Y!mobile』です。

格安スマホ(SIM)は通話料が高くなってしまう懸念が大きいものの、Y!mobileのスマホプランであれば10分かけ放題なので、「月額基本料金以外に別途通話料をあまり取られたくない」という人にとっては魅力的と言えるでしょう。

また、お子さん向けに無料でフィルタリングサービスを付けることが可能なのも嬉しいポイントですね。

編集部トモゾー
編集部トモゾー

大手キャリアのように家族間通話が無料というわけではありませんが、スマホプランなら1通話あたり10分間のかけ放題が可能なので、家族間での通話料金をあまり気にせず電話をかけることができるのは大きいメリット!

Y!モバイルの詳細はこちら

格安スマホ(SIM)の家族割についてよくあるQ&A3選

最後に、家族割や家族向けサービスを展開している格安スマホ(SIM)についてよく聞かれる疑問点をまとめ、それぞれの質問に対して回答していきたいと思います。

【Q1】「家族割」で家族間通話が無料になるMVNOってどこ?

編集部トモゾー
編集部トモゾー

残念ながら、大手キャリアのように家族間通話が無料になるファミリー割引などのサービスは、格安スマホ(SIM)では存在しません。

ただ、家族間通話無料とまではいきませんが、家族との電話で料金を気にしたくない人には『IIJmio(みおふぉん)』がおすすめです。

『通話定額オプション』というかけ放題オプションがあるのですが、月額830円のオプションでは30分まで何度も無料で家族間通話ができます(家族以外には10分間)し、月額600円のオプションでは10分まで何度も無料で家族間通話ができます(家族以外には3分間)。

また、Y!mobileやUQmobile・楽天モバイルでは、プランによっては基本料金に5~10分の通話かけ放題が含まれていたり、他のMVNOでも通話かけ放題の有料オプションが用意されている場合があるので、かけ放題プランがある格安スマホ(SIM)も併せて検討してみてもいいでしょう。

かけ放題できる格安スマホ(SIM)を徹底比較【おすすめランキング】
【16社比較】かけ放題できる格安スマホ(SIM)のおすすめランキング!格安スマホ(SIM)のMVNO各社の『かけ放題プラン』を徹底比較! かけ放題オプションサービスの月額料金や、無料で通話できる時間、さらには通話品質まで様々な角度からおすすめの格安スマホ(SIM)をランキング形式でお伝えしていきます!...

【Q2】現在使っているスマホの名義が家族でバラバラでなんだけど…

編集部トモゾー
編集部トモゾー

冒頭の「MNPでの転入は代表回線と名義を合わせよう」のとおり、格安スマホ(SIM)に家族みんなで乗り換える場合、基本的に【契約者=支払者】とする必要があるとお伝えしましたよね。

これは、格安スマホ(SIM)の多くが契約者名義のクレジットカードでしか支払いできないからなんです。

そのため、現在大手キャリアで契約している家族で、子供が利用しているスマホが『子供名義』かつ『携帯電話番号をそのままで使用したい』場合には、今使っている子供名義のスマホを主回線(契約者)の名義に一度変更する手続きが必要になります。

ですが、中には「子供名義のままMNPしたい」「奥さんの名義のまま格安SIMに乗り換えたい」といったこともあると思いますので、そんな時は『BIGLOBEモバイル』のシェアSIMを検討しましょう。

BIGLOBEモバイルであれば、副回線となるシェアSIMに契約者と異なる名義=子供の名義でもMNP転入することが可能です。

【Q3】夫婦2人で安くデータシェアできる格安スマホ(SIM)はどれ?

編集部トモゾー
編集部トモゾー

今回のランキングでは、家族が3人以上で父親+母親+子供○人というケースでのおすすめをご紹介しましたが、「まだ子供が生まれていないし夫婦2人だけなんだけど…」という家庭もありますよね。

夫婦2人のスマホ代を安く抑えたいのであれば、LinksMateやIIJmio(みおふぉん)がおすすめですね。

LinksMateの場合、夫婦で5GBのデータ通信が使えるプランなら月額基本料金2,500円。

LinksMateほど安くはないですが、IIJmio(みおふぉん)なら夫婦で6GBのデータ通信が使えるライトスタートプランで月額基本料金2,920円。

データ容量2.5GB~3GBの音声SIMが、上記2キャリアであれば1人当たり1,500円以内に収めることが可能ですよ。

まとめ

おすすめの家族向け格安スマホまとめ
  • 家族割や家族向けサービスがある格安スマホを選ぶ時は3つのポイントを意識しよう!
  • ファミリー向けMVNO13社を比較した結果『Y!mobile』がおすすめNo.1!
  • 家族間無料通話の長さで選ぶなら『IIJmio(みおふぉん)』がおすすめ!
  • 支払者と異なる名義でMNPしたいなら『BIGLOBEモバイル』がおすすめ!

家族みんなでスマホを使うのであれば、大手キャリアのままだと月々の支払いが家計を圧迫して困りますよね。

そこで当然、月々の支払いを節約できる格安スマホ(SIM)がおすすめになるのですが、その中でも特に家族向けのMVNOキャリアを厳選してご紹介しました。

ただ家庭が違えば使う人も変わるので、どの格安SIMのどんなプランが自分たち家族に合っているのかは、今回の比較表やランキングを参考にして検討してみて下さいね。

それでも「どの会社のがいいか分からない!」と迷っている方は、失敗となりにくいY!mobileがおすすめですよ!

家族におすすめの格安SIMをもう一度チェック!


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA