【人気36社比較】格安スマホ(SIM)おすすめランキングBEST10「2019年10月」

最新版!格安スマホ(SIM)でデビットカード支払い可能なMVNO7社まとめ

最新版!格安スマホ(SIM)でデビットカード支払い可能なMVNO7社まとめ

編集部トモゾー
編集部トモゾー

こんにちは!「なるほどWi-Fi」編集部のトモゾーです。

格安スマホ(SIM)に乗り換えるためには、基本的にクレジットカード払いでの申し込みが必須となっているので、クレカを持っていない人にとっては不便ですよね。

そんな時におすすめしたいのが、“デビットカード決済が可能な格安スマホ(SIM)”!

デビットカードであれば、訳あってクレジットカードを作れない人や、収入の少ない大学生や主婦の方でも作成できるので、「クレカ持っていないけど、格安スマホを持ちたい!」と思っている人にとってピッタリの支払い方法になります。

ただし、デビットカード支払いに対応しているMVNOは少ないので、どの格安スマホ(SIM)を会社を選ぶのか慎重に決めるようにしましょう。

そこで今回は、「クレジットカード持っていないけど格安スマホ(SIM)を申し込みたい!」というあなたの悩みを解決するために、当記事ではデビットカード決済ができる格安スマホ(SIM)7社を徹底比較!

デビットカードが使えるMVNOを選ぶ時に注意したいポイントのご紹介や、各社の特徴や利用条件を徹底比較していきます。

デビットカードが使える格安スマホを今すぐチェック!

デビットカードでの支払いが可能な格安スマホ(SIM)を選ぶときの3つの注意点

デビットカード払いができるMVNOを選ぶときの注意点を3つご紹介

デビットカードとは、クレジットカードとは異なり“リアルタイムで支払いが完了するカード決済”です。

銀行口座の残高とリンクしていて、デビットカードを使用した瞬間に口座からお金が即座に支払われる”いわば銀行口座を財布にした仕組み”なので、カード審査も必要なく気軽に作成することが出来ます。

このようにとても便利なカードなのですが、デビットカード決済に対応している格安スマホ(SIM)を選ぶ際には、ここでお伝えする3つのポイントについて注意しながら探すようにしましょう。

※クレジットカードをお持ちでない方は、デビットカード以外にも口座振替による支払いが可能なMVNOもありますので、口座振替対応の格安スマホ(SIM)については下記記事を参考に探してみましょう。

格安スマホ(SIM)をクレジットカードなし&口座振替で契約できる11社まとめ
格安スマホ(SIM)をクレジットカードなし&口座振替で契約できる12社まとめ クレジットカードなしで契約できる口座振替対応の格安スマホ(SIM)を選ぶときの5つの注意点 今まで大手キャリアを使われてい...

注意点①デビットカード決済に対応している格安SIMが少ない

デビットカード自体の発行は、15歳以上であれば誰でも作れます。

そのため、支払い能力の証明や決済手段としての信頼性が低く、デビットカードが使える格安スマホ(SIM)がほとんど存在しないのが現状です。

2015年~2016年ほどにはデビットカード対応のMVNOも多くありましたが、2018年~2019年となった今では、デビットカード決済不可の格安スマホ(SIM)が大多数となっているため、クレジットカードを持っていない人、または訳があって持てない人にとっては格安スマホ(SIM)へのハードルが高くなっています。

MVNOの選択肢が狭くなってしまうデメリットは、覚悟しておくようにしましょう。

注意点②デビットカード払いは審査が厳しい

実は、デビットカードで申し込みできる数少ない格安スマホ(SIM)を見付けても、審査が厳しいため必ず契約できるわけではありません。

紐づけられている銀行口座の預金残高や名義人と申し込み者の名前が一致しているかなど、厳しめの審査に通らなければMVNOと契約することが出来なくなっています。

理想としては、申し込み時には口座に半年間~一年間分くらいの利用料金として、預金残高を確保しておきたいところ。

また、格安スマホ(SIM)会社によっては、対応しているデビットカードの種類を指定されることもありますので、これから新規でデビットカードを作る場合は、申し込みを検討しているMVNOがどの銀行のカードに対応しているのか事前に確認するのがおすすめです。

また、なるべくどのMVNOでもスムーズに与信照会~登録されやすいデビットカードを作成するようにしておくと、将来的に違う格安スマホ(SIM)に乗り換える場合でも融通が利きやすくなります。

注意点③スマートフォン端末代金の分割が可能かどうか

格安SIMの申し込みと同時に、スマートフォン端末の購入も検討されている場合は注意が必要です。

というのも、デビットカード支払いに対応しているMVNOでも、スマートフォン本体の分割払いは不可となっていることもあるので、契約しようとする格安スマホ(SIM)では端末の分割払いが可能となっているのか、まずは確認するようにしましょう。

デビットカードでの支払いで契約可能な格安スマホ(SIM)7社を徹底比較しました!

– デビットカード払いができるMVNO比較一覧表【2019】-
キャリア名 デビットカード決済の
対応状況
端末代金の
分割払い
料金プラン
【1位】楽天モバイル × ・データSIM:900円~
・通話SIM:1,480円~
【2位】J:COMモバイル ・データSIM:900円~
・通話SIM:980円~
【3位】ロケットモバイル ・データSIM:298円~
・通話SIM:948円~
【4位】OCNモバイルONE × ・データSIM:1,100円~
・通話SIM:1,480円~
【5位】mineo(マイネオ) ・データSIM:900円~
・通話SIM:1,510円~
【6位】ニフモ(NifMo) × ・データSIM:900円~
・通話SIM:1,600円~
【7位】インターリンクLTE SIM × ・データSIM:1,080円~

クレジットカードを持っていない人が一番気になるであろう「どの格安SIMならデビットカードに対応しているのか?」が簡単に把握できるように上記の比較表でまとめました。

合わせて月額料金も記載していますので、MVNOを選ぶ際の参考にして下さい。

当サイト編集部による調査の結果、大手MVNOキャリアである「UQmobile・Y!mobile・BIGLOBEモバイル・U-mobile・イオンモバイル・DMMモバイル・TONEモバイル・DTI SIM・nuroモバイル・IIJmio(みおふぉん)・b-mobile・エキサイトモバイル・So-netモバイルLTE・BIC SIM・LINEモバイル」などはデビットカード決済には対応していませんでした。

※…LINEモバイルはデビットカード決済には対応していないものの、同じ仕組みでの支払い方法(クレジットカードなしでも利用可能)となる『LINE Payカード』での決済が用意されています。詳しくはこちら

デビットカードで契約可能な格安スマホ(SIM)おすすめランキング!

先ほどの比較表でもランキング順位と合わせてまとめていたのですが、ここではデビットカードが使える格安スマホ(SIM)の詳細を、当サイトおすすめ順にご紹介していきます。

各MVNOのデビットカード決済についてや、料金やサービスについて要点をピックアップしていますので、是非格安スマホ(SIM)選びに役立てて下さい。

それでは1位から順番に早速見ていきましょう。

【1位】楽天モバイル

楽天モバイルのロゴ画像
おすすめ度
月額料金 【データSIM】900円~,【通話SIM】1,480円~
支払い方法 クレジットカード,デビットカード,口座振替
利用回線 docomo回線・au回線
備考 公式サイトにて「「楽天銀行デビットカード」「スルガ銀行デビットカード」のご登録が可能です。」との記載あり

デビットカード決済が可能な格安スマホ(SIM)で、一番おすすめしたいのは『楽天モバイル』です。

『楽天モバイル』はデビットカード決済ができることと、大手MVNOとしての安心感があるので、デビットカード払いで格安スマホを持ちたい方は、まずは楽天モバイルで検討しましょう。

通信エリアや速度についても、他キャリアと比べると比較的満足できますし、かけ放題プランがあるため音声通話SIMを検討している人にとっても魅力的な格安スマホ(SIM)になると思います。

そして、楽天モバイルは口座振替にも対応しているため、デビットカードで審査が通らなかった場合には口座振替も検討することが可能なので、クレジットカードなしで契約できるMVNOを探している方は、楽天モバイルはおすすめですね。

ただし、デビットカード決済・口座振替どちらも共通して、スマートフォン端末の分割支払いに対応していません。

格安スマホ(SIM)に乗り換えると同時に、新規で端末購入を考えているのであれば、次でご紹介する2位のJ:COMモバイルを選ぶと良いでしょう。

楽天モバイルはこちら

【2位】J:COMモバイル

J:COMモバイルのロゴ画像
おすすめ度
月額料金 【データSIM】900円~,【通話SIM】980円~
支払い方法 クレジットカード,デビットカード
利用回線 docomo回線・au回線
備考 公式サイトにて「Q.デビットカードは使えますか?A.はい。ご利用いただけます。」との記載あり

デビットカード決済ができるおすすめ格安スマホ(SIM)、第2位は『J:COMモバイル』です。

審査さえ通過すれば、クレジットカード払いと同様に『月額料金』『端末代金』の支払いが可能になります。

また、通話SIMであってもデータ通信をあまり行わない方であれば、0.5GBのプランを月額980円から利用できるので、節約志向の高い人にとっては嬉しいポイントになるはずです。

料金プランが全体的に安いだけでなく、J:COMグループならではの独自のオリジナルサービス

  • J:COMブックス
  • J:COMミュージック
  • VOD(ビデオ・オン・デマンド)

など豊富にあり、さらにこれらの使用時のデータ通信料が無料となっています。

また、スマートフォン端末を新規で購入する場合には、iPhone7の取り扱いもあるのでおすすめですよ。

J:COMモバイルはこちら

【3位】ロケットモバイル

ロケットモバイルのロゴ画像
おすすめ度
月額料金 【データSIM】298円~,【通話SIM】948円~
支払い方法 クレジットカード,デビットカード
利用回線 docomo回線・SoftBank回線
備考 公式サイトにて「Q.支払方法にデビットカードは利用可能ですか?
A.利用可能です。」との記載あり

格安スマホ・格安SIMの月額料金で最安値を誇る『ロケットモバイル』。

公式サイトでもデビットカードの使用が可能と明記されているので、安心して申し込みができます。

特に、データ専用SIM:月額298円・音声通話SIM:948円となる『神プラン』は注目したいポイント。

低速データ通信(200kbps)にはなるものの、データ使用量の上限なしの使い放題となっているプランです。

また、ロケモバポイントという独自のポイントサービスや、紹介キャンペーンのサービスなども充実しています。

ロケットモバイルはこちら

【4位】OCNモバイルONE

OCNモバイルONEのロゴ画像
おすすめ度
月額料金 【データSIM】1,100円~,【通話SIM】1,480円~
支払い方法 クレジットカード,デビットカード(?),口座振替
利用回線 docomo回線
備考 公式サイトではデビットカードの可否について公表なし。カスタマーから個別で申し込み対応・もしくはクレジットカード情報登録時にデビットカード登録。

ブランド力のある『OCNモバイルONE』ですが、公式にはデビットカード決済が可能とはアナウンスされていませんが、口座振替と同様カスタマーセンターに個別で問い合わせてみると対応してもらえる場合があります。

ただし、楽天モバイルと同様にスマートフォン端末の分割払いには対応していませんので注意しましょう。

料金プランについては、主要な格安スマホ(SIM)会社の中でも安い料金設定となっており、3GBの音声&データプランでも1,480円。

通信速度や安定感でも定評があるため、安心して格安スマホ(SIM)を使用したい方におすすめできるMVNOです。

OCNモバイルONEはこちら

【5位】mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)のロゴ画像
おすすめ度
月額料金 【データSIM】900円~,【通話SIM】1,510円~
支払い方法 クレジットカード,デビットカード(?),口座振替
利用回線 docomo回線・au回線・SoftBank回線
備考 公式サイトにて「デビットカードではご登録いただけない場合があります。」との記載あり

mineo(マイネオ)も公式には、デビットカード利用を推奨はしていないものの、デビットカードの登録が可能となります。

クレジットカードなしの場合、他にも口座振替での支払いに対応しています。

mineo(マイネオ)では、充実したサービスを多数展開しており、『mineoでんわ 10分かけ放題』や『持込み端末安心保証サービス』、余ったデータ量をmineoユーザー間でシェアできるサービスもあります。

また、通常では音声対応SIMには最低利用期間が設けられており、それ以前に解約する場合には解約手数料がかかりますが、mineo(マイネオ)では解約金が無料となっています。

mineo(マイネオ)はこちら

【6位】ニフモ(NifMo)

ニフモ(NifMo)のロゴ画像
おすすめ度
月額料金 【データSIM】900円~,【通話SIM】1,600円~
支払い方法 クレジットカード,デビットカード(?),口座振替
利用回線 docomo回線
備考 公式サイトにて「デビットカードにつきましては、ご登録いただけない場合があります。」との記載あり

ニフモ(NifMo)も公式には、デビットカードの登録ができない旨のアナウンスがされているものの、デビットカードの登録が可能となります。

ただし、デビットカードにも種類があるので、どのカードで審査が通るかは不明です。

ただ、デビットカードでの申し込みが出来た場合には、クレジットカード決済と同様にスマートフォン端末の分割払いも可能ですので、一度トライしてみてもいいかもしれませんね。

ニフモ(NifMo)が提供している格安スマホのサービスは、docomo回線を利用していることもあり速度も品質も安定しているのが特徴で、低速通信時でも体感速度は速い『バースト転送』の機能や、有料Wi-Fiスポットの『bbモバイルポイント』が無料で利用可能だったりと、データ通信量を節約しながら使用することができます。

さらに、ニフモ(NifMo)は初月の利用料金がまるまる無料なのも魅力的なポイントです。

ニフモ(NifMo)はこちら

【7位】インターリンクLTE SIM

インターリンクLTE SIMのロゴ画像
おすすめ度
月額料金 【データSIM】1,080円~
支払い方法 クレジットカード,デビットカード,口座振替(法人のみ)
利用回線 docomo回線
備考 公式サイトにて「デビットカードは、クレジットカード会社側で弊社での利用を拒否される場合がございます。」との記載あり

『インターリンクLTE SIM』は、固定IPアドレスが特徴のプロバイダ会社『インターリンク』がサービス提供しているMVNOです。

社内ネットワークやセキュリティ関連に強みがあるため、法人やビジネスサイドで人気を集めているMVNOで、クレジットカードなしでも契約可能な口座振替が法人のみ対象となっていることからも分かりますね。

支払い方法にてデビットカードの利用を制限していませんので、カード会社の審査に通ることができれば個人でも格安スマホ(SIM)が使用可能となっているようです。

そんなインターリンクLTE SIMは、実はデータSIMしか取扱いがなく、またスマートフォン端末のセット販売がそもそもありませんので、個人にはあまり向かないMVNOかもしれませんね。

ただ強みとしては、格安スマホ(SIM)でも『固定IPアドレス』を格安で付与してもらえるので、固定IPアドレスの利用を検討している方であれば、おすすめの格安SIMと言えるでしょう。

インターリンクLTE SIMはこちら

デビットカードで契約可能な格安スマホ(SIM)を選ぶなら楽天モバイルがおすすめ!

デビットカード払いができる格安SIMを選ぶならJ:COMモバイルが一番おすすめです!
楽天モバイルをおすすめする5つの理由
  1. デビットカードに対応可能と公式でアナウンスがある!
  2. 通話SIMなら”かけ放題プラン”&”ギガ使い放題”のスーパーホーダイが魅力!
  3. MVNOで珍しい”契約期間の縛り”&”解約手数料”なし!
  4. 大手MVNOの安心感がある!
  5. 楽天スーパーポイントが貯まる!

デビットカードで格安スマホを契約するのであれば、1番のおすすめは楽天モバイルです!

楽天モバイルをおすすめする理由としては、

  • とても魅力的なスーパーホーダイプラン◎
  • 大手MVNOならではのサポートが充実◎

上記2つの点がやはり大きいですね。

スーパーホーダイは、通話10分以内が何度でもかけ放題+通信速度1Mbps(最大)でギガが使い放題となるプランで、楽天モバイルを契約する8割以上のユーザーが選んでいます。

また、日本を代表する楽天株式会社が提供しているMVNOサービスなので、サポートも充実していて大手ならではの安心感がありますよね。

今では、MVNO業界でもトップクラスの契約数を誇っています。

編集部トモゾー
編集部トモゾー

「クレジットカードがないけど格安スマホを使いたい!」という人にとっては、スマートフォン本体や月額料金設定、各種サービスなど多くの面でおすすめできる格安スマホ(SIM)ですよ。

楽天モバイルはこちら

デビットカードでの支払いができる格安スマホ(SIM)についてよくあるQ&A

格安SIMとデビットカードについてよくある質問をまとめました

最後に、デビットカードで契約できる格安スマホ(SIM)についてよく聞かれる疑問点をまとめ、それぞれの質問に対して回答していきたいと思います。

【Q1】格安スマホ(SIM)の審査が通りやすいデビットカードは?

編集部トモゾー
編集部トモゾー

格安スマホ(SIM)の申し込みで審査が通りやすいデビットカードと言えば、

  • Visaデビット
  • JCBデビット

で発行される『月次決済』が可能となるもの。

MVNOは毎月料金が発生するので、必然的に『月次決済』に対応しているデビットカードである必要があります。

VisaデビットやJCBデビットが発行できる銀行は、ジャパンネット銀行やソニー銀行、三菱UFJ銀行など様々な銀行がありますが、それぞれの取扱銀行は下記のリンクで確認してみましょう。

Visaデビットを発行できる銀行一覧

JCBデビットを発行できる銀行一覧

ちなみに、楽天モバイルであれば、『楽天銀行デビットカード』と『スルガ銀行デビットカード』のみ利用可能になっています。

【Q2】クレジットカードがない場合、デビットカード以外にどんな決済方法があるの?

編集部トモゾー
編集部トモゾー

この記事でも少しお伝えしていますが、クレジットカードを持っていない場合には、

の3つの決済方法で申し込むことが出来ます。

【Q3】デビットカードなら未成年でも格安スマホ(SIM)に申し込み可能?

編集部トモゾー
編集部トモゾー

可能です。

大学生など20歳以下の未成年の場合、クレジットカードを作ろうと思っても審査が厳しいので、格安スマホ(SIM)を自分名義で契約することが難しくなります。

ですが、デビットカードであれば15歳以上で作成することができますので、”未成年でも契約可能なMVNOキャリア”を選ぶことで、デビットカードを使用して契約することが出来るんです。

『デビットカード対応の格安スマホ(SIM)』なら、

  • mineo(マイネオ)
  • OCNモバイルONE

の2つが未成年でも契約できるMVNOとなっています。

どちらも、20歳未満の未成年の場合は保護者(親権者)の同意が必要となりますので注意が必要ですよ。

【Q4】デビットカード払いで預金残高不足で滞納してしまった場合はどうなるの?

編集部トモゾー
編集部トモゾー

デビットカード払いの場合、銀行口座の預金残高が不足していると当然滞納扱いになりますので、残高不足だったと分かったらすぐに口座に入金するようにしましょう。

まず、預金が不足している状態で引き落とし手続き処理されると、不足金額分をデビットカード発行元が立て替えて支払います。

その後、口座に『元本+遅延金』の入金があるまで口座からの出金やデビットカードの利用が制限されることになります。

入金することでまた通常どおりデビットカードが使えるようになりますが、複数回残高不足が続いたり、そのまま入金を行わない場合には『口座凍結』や『ブラックリスト掲載』のリスクがあるので注意しましょう。

まとめ

デビットカード対応の格安スマホまとめ
  • クレジットカードなしでもデビットカード払いが可能な格安スマホ(SIM)がある!
  • デビットカード決済に対応している格安スマホ(SIM)を選ぶ際は3つのポイントを意識しよう!
  • デビットカード決済に対応しているMVNOを比較した結果『楽天モバイル』がおすすめNo.1!
  • 『J:COMモバイル』『ロケットモバイル』ならデビットカード払いでも「スマホ端末の本体代金」を分割払いにできる!
  • デビットカードを作るなら『月次決済が可能なVisaデビットorJCBデビット』にしよう!

格安スマホ(SIM)の支払い方法は、基本的にクレジットカード決済となっているものの、どうしてもクレジットカードなしで申し込みをしたい方もいらっしゃると思います。

クレカなしで契約できるMVNOを探されている場合には、今回ご紹介したデビットカード払いに対応した格安スマホ(SIM)の中から、比較一覧表やランキングを参考にしてあなたの使用状況に合うキャリアを選ぶようにしましょう。

それでも「どの会社のかけ放題がいいか分からない!」と迷っている方は、大手MVNOなので安心して使えて、料金設定やサービス内容が充実している楽天モバイルがおすすめです。

デビットカードが使える格安スマホを再度チェック!


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA