モバイルルーターとは?初心者でも失敗しない選び方・契約方法・使い方!

レンタルよりもおすすめ?海外で使える格安SIMモバイルルーター5選!


編集部ウッチー
編集部ウッチー
こんにちは「なるほどWi-Fi」編集部のウッチーです。この記事では海外向けの格安SIMモバイルルーターについて解説します。

SIMフリーモバイルルーターを徹底比較した上で、海外での利用におすすめの機種を厳選!

海外ローミングに対応している格安SIMに関してもランキング形式で紹介してきますね。

格安SIMとレンタルWi-Fiの比較も行っていきますので、海外でのネット環境をどうしようか悩んでいる人は参考にしてみて下さい!

海外でSIMフリーモバイルルーターを使うためには現地SIMを!

海外ローミング 現地SIM
料金 追加料金不要(月額900円程度~) 500MB:1,000円程度~
機能 音声通話 音声通話・SMS送受信・データ通信
手間 ★★★

海外ローミングに対応している格安SIMであれば、追加料金は不要。難しい設定も無いので簡単に利用できますが、音声通話以外の機能は使えないのでご注意下さい。

そのため、各格安SIM会社が提供している海外ローミングは基本的にはスマホ向けのサービスだと言えます。

IIJmioなどは海外向けのオプションも用意していますが、500MBで3,850円とかなり高額…。海外でSIMフリーモバイルルーターを使うためには、現地SIMを購入するのがおすすめです。

現地や通販でプリペイドSIMを購入して、手持ちのSIMフリーモバイルルーターに入れることで、海外でもネットに繋ぐことが出来るでしょう。

なお、SIMフリーモバイルルーターについては別の記事で詳しく書いているので、そちらも参考にしてみて下さい!

あわせて読みたい
中古はダメ?海外でも使えるおすすめSIMフリーモバイルルーター!SIMフリーモバイルルーターについて徹底的に解説します。通常のモバイルルーターとの違いや、おすすめの格安SIMをそれぞれ紹介。2018年最新版のおすすめランキングも紹介しているので、この記事を読めばSIMフリーモバイルルーターに関して悩むことは無くなるはずですよ!...

SIMフリーモバイルルーター・レンタルWi-Fiを徹底比較!

SIMフリーモバイルルーター レンタルWi-Fi
料金 500MB:1,000円程度~ 1日636円~(グローバルWi-Fi)
手間 ★★★ ★★
メリット 料金が安い 手続きが簡単(空港受取も可能)
デメリット 設定などが面倒 料金が高い

海外でWi-Fiを使う方法として、SIMフリーモバイルルーターとレンタルWi-Fiがあります。

ここではSIMフリーモバイルルーター=現地SIMとして、それぞれのメリットやデメリットなどを一覧でまとめました。

どちらのサービスが良いのかは滞在期間などにもよって変わりますが、それぞれの詳しい解説も参考にしてみて下さい!

手間はかかるが料金が安い!SIMフリーモバイルルーター!

SIMカードと端末

現地や通販でプリペイドSIMを購入してSIMフリーモバイルルーターを使う方法は、料金が安いのが大きなメリットです。

現地の空港などでプリペイドSIMを購入するのが一般的ですが、設定が面倒なのと、場合によっては現地の言葉での会話が求められるのがデメリット。

基本的には空港内でプリペイドSIMを購入できるはずですが、空港への到着時間によってはお店が閉店してしまっている場合も…。

その場合は別のお店で現地SIMを購入する形になりますが、設定方法がわからない上に店員さんに英語が通じないという可能性もあります。

SIMフリーモバイルルーターを使うのは、ある程度SIMの取り扱いや現地に慣れている人向けの方法だと言えるでしょう。

空港受け取りも可能で手間いらず!レンタルWi-Fi!

空港のロビー

現地SIMに比べると料金が高いものの、空港受取も可能で便利なレンタルWi-Fi。滞在日数が短い場合や現地の言葉に不安がある場合には特におすすめです。

空港によって窓口の場所は変わりますが、搭乗前に空港内受け取りカウンターで受け取って、帰国後に空港内返却カウンターに返すだけなので非常に便利。

直接自宅に郵送してもらうことも出来ますし、当日申し込みでもレンタル対応してくれるサービスもあります。

空港受取可能なレンタルWi-Fiについてはこちらの記事で詳しく解説しているので、参考にしてみて下さいね!

あわせて読みたい
【当日可!】空港でレンタルできるWi-Fiおすすめランキング! 当日でお急ぎの方はこちらクリック 当日空港でレンタルできるWi-Fiを選ぶ際の3つのポイント まずは、空港で当日でもレンタル...

海外での利用におすすめ!SIMフリーモバイルルーターTOP5!

機種名 通信速度 バッテリー駆動時間 アマゾンでの販売価格
Aterm MR04LN 下り最大300Mbps 約14時間 17,800円
ZMI Battery WiFi ZMI MF855 下り最大112.5Mbps 約18.5時間 7,980円
NETGEAR AC785-100JPS 下り最大150Mbps 約10時間 9,780円
Aterm MP01LN 下り最大150Mbps 約10時間 9,982円
HUAWEI Mobile WiFi E5577 下り最大150Mbps 約6時間 9,572円

海外での利用に適したモバイルルーターを徹底比較!特におすすめの5種についてそれぞれ紹介していきます。

1位:Aterm MR04LN

Aterm MR04LN本体画像
対応通信方式 LTE/HSPA+/HSPA/WCDMA/GPRS/Bluetooth
無線LAN規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac
通信速度 下り最大300Mbps
対応SIMカード microSIM
SIMカードを入れられる枚数 2枚
バッテリー駆動時間 約14時間
対応LTEバンド 1/3/8/11/18/19/21/17
本体サイズ 63x11x115mm
重量 105g
最大同時接続台数 16台
発売日 2016年9月
アマゾンでの販売価格 17,800円

海外の利用だけでなく、国内の利用にも適しているAterm MR04LN。少し価格が高いと思うかも知れませんが、通信速度でも優れており、あらゆるスペックで群を抜いています。

バッテリーの持ちも良いので、充電が心配な海外滞在中でも安心!SIMカードを2枚入れることが出来るのも便利ですよね。

どのモバイルルーターを買おうか迷っている人は、Aterm MR04LNを選んでおけば間違いないと思います!

Aterm MR04LNの購入はこちらから!

2位:ZMI Battery WiFi ZMI MF855

ZMI Battery WiFi ZMI MF855本体画像
対応通信方式 AXGP/LTE/3G/GSM
無線LAN規格 IEEE802.11b/g/n
通信速度 下り最大112.5Mbps
対応SIMカード microSIM
SIMカードを入れられる枚数 1枚
バッテリー駆動時間 約18.5時間
対応LTEバンド 1/3/41
本体サイズ 75×102.2×22.3mm
重量 235g
最大同時接続台数 8台
発売日 2015年9月29日
アマゾンでの販売価格 7,980円

モバイルルーターとしての役割はもちろん、モバイルバッテリーとしての活躍も期待できるZMI Battery WiFi ZMI MF855。

自分のスマホの充電が切れそうになったとき、一緒に旅行している友達のスマホが充電切れになってしまった時。海外で役立つ場面は多いことでしょう。

通信速度や最大同時接続台数などは他機種に劣るので、モバイルルーターとしてのスペックを重視する人には不向きかも知れません…。

ZMI Battery WiFi ZMI MF855の購入はこちらから!

3位:NETGEAR AC785-100JPS

NETGEAR AC785-100JPS本体画像
対応通信方式 FDD-LTE/HSPA+
無線LAN規格 IEEE802.11a/b/g/n
通信速度 下り最大150Mbps
対応SIMカード microSIM
SIMカードを入れられる枚数 1枚
バッテリー駆動時間 約10時間
対応LTEバンド 1/3/5/6/9/19/20
本体サイズ 68.9×14.6×109.9mm
重量 127g
最大同時接続台数 15台
発売日 2015年06月20日
アマゾンでの販売価格 9,780円

世界93カ国への対応が魅力のNETGEAR AC785-100JPS。通信速度やバッテリー駆動時間も必要十分だと言える、高機能のモバイルルーターです。

NTTドコモのネットワークにしか対応していないので、国内で利用する場合には注意した方が良いかも知れません。

アマゾンでの販売価格は定価の半額程度となっており、お得感が大きいのも魅力ですよね。

NETGEAR AC785-100JPSの購入はこちらから!

4位:Aterm MP01LN

Aterm MP01LN本体画像
対応通信方式 LTE
無線LAN規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac
通信速度 下り最大150Mbps
対応SIMカード microSIM
SIMカードを入れられる枚数 1枚
バッテリー駆動時間 約10時間
対応LTEバンド 1/19/26
本体サイズ 91×50×12mm
重量 71g
最大同時接続台数 10台
発売日 2018年3月1日
アマゾンでの販売価格 9,982円

NECの最新機種であるAterm MP01LN。非常にコンパクトな上に本体重量も軽く、荷物にならないのが大きなメリットです。

必要十分な機能を備えている上に価格も安くなっているので、コスパを重視する人には非常におすすめ。

ただし、対応している国には制限があるので、購入前にしっかり確認するようにしましょう!

Aterm MP01LNの購入はこちらから!

[5]5位:HUAWEI Mobile WiFi E5577

HUAWEI Mobile WiFi E5577本体画像
対応通信方式 LTE/UMTS/GSM
無線LAN規格 IEEE802.11b/g/n
通信速度 下り最大150Mbps
対応SIMカード 通常SIM
SIMカードを入れられる枚数 1枚
バッテリー駆動時間 約6時間
対応LTEバンド 1/3/5/7/8/19/20
本体サイズ 93.5×57.1×14.4mm
重量 82g
最大同時接続台数 10台
発売日 2014年11月
アマゾンでの販売価格 9,572円

価格の安さが魅力のHUAWEI Mobile WiFi E5577。バッテリーの駆動時間は他機種よりも短いので、その点には注意が必要です。

また、対応しているSIMは通常SIMとなっており、海外で通常SIMが購入できるかどうかは何とも言えないところ…。

海外で利用する場合は特に、microSIMを通常SIMに変換できる機器を忘れないようにしましょう。

HUAWEI Mobile WiFi E5577の購入はこちらから!

海外向けの格安SIMモバイルルーターについてまとめ

  • 格安SIMの海外ローミングはモバイルルーターには不向き
  • 現地SIMは価格が安いが設定が面倒
  • レンタルWi-Fiは手軽に利用できるが価格が少し割高
  • 長期滞在なら現地SIM、短期ならレンタルWi-Fiを選ぶのがおすすめ
  • 海外での利用におすすめのモバイルルーターはAterm MR04LN

以上のような内容をお届けしました。海外に出かける際には、ネット環境の確保は非常に大切。

この記事を参考に、旅行先や出張先でも快適にネットを利用しましょう!


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA