【保存版】自宅用インターネット回線おすすめ5選を30社から比較!

インターネット回線を工事不要で使う方法【モバイル回線のススメ】

モバイル接続
yamanaka
yamanaka
こんにちは!「なるほどWi-Fi」編集部の山中です。

インターネット回線を工事不要で使いたい…。そう考える人は多いものです。

引っ越しが多い、工事費用の負担を避けたい、など、固定回線を使いたくない場合は意外に多いですよね…。

そういう場合は、モバイル回線がおすすめです!

モバイル回線は、通信技術の進歩により、ひと昔前よりもかなり快適に使えるようになってきています。

インターネット回線を工事不要で使いたい場合の、モバイル回線という選択肢について解説します!

インターネット回線を工事不要で使う2つの方法

タイプ 回線工事 持ち運び 安定性 通信量の制限
ホームWiFi 不要 不可能 安定しやすい 制限無し
モバイルWiFi 不要 可能 場所による 制限あり

インターネット回線を工事不要で使いたい場合は、モバイル回線を選ぶことになります。

モバイル回線の「モバイル」とは、インターネットの基幹回線からの信号を、無線通信で受け取っている…。そういう意味になります。

通信を受け取るための装置が、据え置き型か、持ち運び型かによって、モバイル回線が2つのタイプに分かれていると考えてください!

1.据え置き型ホームルーター(ホームWiFi)

ホームWiFi機器ホームWiFi機器の一例

インターネット通信を受け取るための装置が「据え置き型」のモバイル通信を、ホームWiFiと呼んでいます。

据え置き型と言っても、インターネットの基幹回線からの信号は無線通信で受け取っているので、これもれっきとしたモバイル通信の1種なんです。

据え置き型とすることで、常時携帯するメリットは失う代わりに、電源供給とか通信の安定性を確保しています。

イメージとしては、WiFi通信のための基地局を室内に設置する…。そういう感覚で捉えると分かりやすいです。

2.モバイルWi-Fiルーター(WiMAX・ポケットWiFi)

ポケットWiFi機器モバイルWiFi機器の一例

インターネット通信を受け取るための装置が「持ち運び型」のモバイル通信を、モバイルWiFiと呼んでいます。

ごく普通にモバイル通信といって思い浮かべるのは、このタイプですよね!

モバイルWiFiは、常時携帯できるメリットがある一方で、場所によっては通信が不安定となったり、バッテリー切れの問題や、通信量の制限などのデメリットがあります。

ポケットWi-Fiは元々ワイモバイルの商品名なのですが、同社の製品が広く普及したことにより、持ち運び型のモバイルルーターが「ポケットWiFi」と総称されるようになりました。

インターネット回線を工事不要で使う5つのメリット

インターネットの利用

インターネット回線を工事不要で使うこと、それはつまり、固定回線では無くて、モバイル回線でインターネット回線を使うことを意味します。

インターネット回線を、固定回線ではなく、モバイル回線で使うメリットは、大きく5つです。

1.工事不要ですぐにインターネットを利用できる

モバイル回線のメリットは、何と言ってもすぐにインターネットを利用できることです。

固定回線の場合は、原則として回線工事が必要になりますが、回線工事を行うにも費用と時間がかかります。

回線工事の時間そのものは1時間程度で終わるのですが、工事の予約をしてから実際に回線工事が行われるまでの時間が、非常に長くかかるケースがあるのです。

とくに引っ越しの多いシーズンなどは、予約してから工事完了までに1カ月程度かかることも珍しくありません。

回線工事が不要ということには、時間的に大きなメリットがあるんです!

2.インターネット回線の速度は十分実用的な水準

WiMAX2+ ワイモバイル Softbank Air
下り速度(最大) 758Mbps 612Mbps 350Mbps

代表的なモバイル通信のサービスの速度を一覧表にしてみました。

最大1Gbpsを誇る固定回線(光回線)の速度には及びませんが、モバイル通信の速度は、通信技術の進歩により十分高速と言って良い水準にあることが分かります。

もちろんこれはあくまでも理論値、理論上の最大値ということですから、実際の速度はまた別の話になってきますが、十分実用になるということは言えます。

3.インターネット回線の利用料金が安い

フレッツ光(固定) UQWiMAX Softbank Air
月額料金 5,100円 4,380円 4,880円

(フレッツ光は「光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ」の料金)

固定回線のフレッツ光が、5,000円を超える水準なのに比較して、モバイル通信のサービスは5,000円を下回っていることが分かります。

一般的に言っても、モバイル回線の料金は、固定回線(光回線)に比べてインターネット回線の利用料金が安い傾向があります。

インターネットの固定回線(光回線)は、社会的なインフラという側面があり、利用料金から多額の設備投資を行わなくてはならない事情などが影響しています。

4.モバイルWiFiなら屋外でも使える

モバイルWi-Fiの場合は、屋外でも場所を選ばずにインターネット回線を利用可能です。

固定回線(光回線)でも、WiFiルーターを介して家庭内など限られた場所では、無線通信を高速で行うことができますが、通信可能な範囲は最大でも100m程度です。

日本では電波法の規制があり、「免許を必要としない無線局」の出力上限が法律で定められています。広域通信を個人が無許可で行うことは、法律的にも出来ないのです。

屋外でも、場所を選ばずに快適にインターネット回線を利用したいなら、モバイルWi-Fiは有力な選択肢となります。

総務省:電波法利用ホームページ『制度の概要

5.ホームWiFiなら通信量の制限もない

一般にモバイルWi-Fiの場合は、通信量の制限が定められていることが多いです。

例えば、WiMAX2+の代表的なサービス、UQWiMAXの安価なプラン(3,696円/月)では、月間7GBという通信量制限があります。

SoftBank Air などのホームWiFiでは、通信量の制限も無く、固定回線と同じ感覚で利用することができます。

インターネット回線を工事不要で使う3つのデメリット

インターネットの利用

モバイル回線でインターネット回線を使うことには、もちろんデメリットもあります。比較的重要なデメリットになり得るため、決して軽視はしない方が良いです。

こうしたデメリットがあるからこそ、金銭的に可能な場合は、固定回線(光回線)とモバイル回線の両方を契約して、併用するのがベストということになります。

1.固定回線よりもインターネット回線の速度は遅い場合が多い

絶対的なインターネット回線の速度は、モバイル回線は固定回線(光回線)よりも遅いと考えた方が良いです。

理論値の上限速度も、固定回線(光回線)の方が速いのは、先の表でも見た通りです。固定回線(光回線)は超高速回線、モバイル回線は高速回線と考えると良いでしょう。

具体的には、連続して4K画質などの高品質で動画を視聴すること、重い3Dオンラインゲームをプレイすること、などは難しいケースがあります。

2.固定回線と比べて通信が不安定になる場合がある

インターネット回線の通信の安定性という意味では、モバイル回線は固定回線(光回線)よりも不安定と考えた方が良いです。

固定回線は共用回線となるため、利用者が増える時間帯では混雑して遅くなることはありますが、インターネットの基幹回線との接続状態は、固定ゆえに常に確保されています。

モバイル回線の場合は、インターネットの基幹回線との接続状態が、無線通信ゆえに常に確保されているわけではありません。

具体的には、FXや株取引などのインターネット取引など、仕事・業務に類するものをモバイル回線のみで行うことは避けた方が無難です。

3.モバイルWi-Fiには通信量の制限がある

一般的に、固定回線(光回線)には通信量の制限がありません。その一方で、モバイル通信の料金プランには、通信量の制限があるプランがいくつも設定されています。

とくに持ち運び型の、モバイルWi-Fiの場合は、月間の通信量に上限が設けられているケースが多いため、データ量が多くなると問題となる可能性があります。

通信量の制限は、具体的にはインターネット回線の速度を抑えるというかたちで行われます。詳しくは次の記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
通信制限は解除できない?UQWiMAXの3つの速度制限を徹底解説! UQWiMAXの速度制限は手動で解除することが出来ません… wimaxの通信速度制限がいつまでも解除されないため、思い余ってカ...

インターネット回線を工事不要で使える代表的な3つのサービス

「なるほどWi-Fi」編集部では、主要なモバイル回線については、一つひとつ詳しく紹介しています!

1:SoftBank Air はいま大人気のホームWiFi

SoftBank Air は、導入が簡単なホームWiFiで、通信速度も快適、データ通信量の制限も無く、固定回線と同じような感覚で使えることで人気です。

その分、料金的にはモバイル回線のなかでも若干高めになりますが、次の記事を読むと、SoftBank Air の料金体系が良く分かると思います!

あわせて読みたい
女性と財布とお金
【明細公開!】SoftBank Airの料金は高い?内訳まで徹底解説!SoftBank Airの料金は高いのでしょうか?料金は一番気になるポイントですよね。。。 そこで、SoftBank Airを使っているリアルユーザーの一人として、料金の明細を公開して検証してみます。この記事を読めばSoftBank Airの料金が高いのか安いのかがわかりますので料金について詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください!...

2:BroadWiMAX は全体的に安い料金が特徴

BroadWiMAX は、回線自体は UQWiMAX の回線を借りて自社のサービスを展開している事業者です。

当然ですが、UQWiMAX と同じ価格では勝負になりませんので、モバイル回線のなかでもお得感の高い料金になっています。

BroadWiMAX の初期費用などについては、次の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
BroadWiMAXの初期費用や料金は?無料キャンペーンはお得?「Broad WiMAXの初期費用はどのくらいかかるの?」「初期費用無料キャンペーンってお得なの…?」などBroadWiMAXの初期費用について調べている人は多いですよね。そこで、この記事では「BroadWiMAXの初期費用合計」「BroadWiMAXの初期費用無料キャンペーンの詳細」などについてまとめていきます…!最後まで読んでいただければBroadWiMAXの初期費用や初期費用無料キャンペーンについて理解出来ます。是非参考にしてください。...

3:ネクストモバイル はキャンペーンが魅力的

ネクストモバイルも、回線自体は UQWiMAX の回線を借りて自社のサービスを展開している事業者です。

ネクストモバイルは、価格的に魅力あるキャンペーンを展開していることが多く、タイミングによってはモバイル回線のなかでも最安値で利用することができます。

ネクストモバイルのキャンペーンなどについては、次の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
お金を持つ女性
【検証】ネクストモバイルにキャンペーンやキャッシュバックはある?ネクストモバイルにキャンペーンやキャッシュバックはあるのかを解説しています。キャンペーンは本当にお得なのか、他のモバイルWi-Fiと比較して検証しています。また、キャンペーンにデメリットがないかも検証しています。...

まとめ

今回紹介したこと
  • インターネット回線を工事不要で使うなら、モバイル回線という選択肢があります。
  • モバイル回線には、据え置き型のホームWiFiと、持ち運び型のモバイルWiFiの2つのタイプがあります。
  • モバイル回線には、すぐに利用できて料金も安いなど、多くのメリットがあります。
  • モバイル回線には、絶対的な速度と安定性では固定回線に劣るデメリットもあるので、あらかじめ把握しておきましょう。
  • モバイル回線と固定回線のどちらかを選ぶか悩んでいるなら、速度と安定性がどこまで必要なのか、考えてみると良いです!

インターネット回線を工事不要で使いたいなら、モバイル回線がおすすめです。

モバイル回線の速度は、通信技術の進歩によって、一般的な利用なら十分快適な水準に達しています。

とくに、モバイル回線を据え置き型で利用するホームWiFiの人気は急上昇しています!

ただし、絶対的な速度と安定性では、固定回線(光回線)にはまだ叶わない部分もあるので、モバイル回線のデメリットもしっかり把握しておいた方が良いです。

自分のインターネット回線の利用状況を良く考えて、最善の選択をしましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA