【21社を徹底比較】光回線おすすめ6選と失敗しない選び方|2021年9月

【メガエッグ光でIPv6接続を使うには?】設定方法や対応ルーターを徹底解説

  • メガエッグ光はIPv6に対応しているの?
  • IPv6だと速度が速くなる?

このような疑問をお持ちではないでしょうか。

結論、メガエッグ光はIPv6に対応しています。

ただし、メガエッグ光が快適に利用できる要因となっているのはIPv6ではありません。

そのためIPv6対応機器を購入して、メガエッグ光の速度を向上させようと考えている方は注意が必要です。

編集部ダイゴ
編集部ダイゴ

本記事では、さまざまな光回線の契約に携わってきた私が以下3点を解説します。

  • メガエッグ光のIPv6は快適に利用できるのか
  • メガエッグ光でIPv6にする意味はあるのか
  • メガエッグ光IPv6接続の確認方法

すべて読めばメガエッグ光のIPv6に関する知識が身に付き、あなたに合った光回線が選べるようになるでしょう。

メガエッグ公式サイト:
https://me-hikari.net/

関連記事:【メガエッグは評判悪い?】ネット上の口コミから分かったメリット・デメリット

メガエッグ光はIPv6に対応

メガエッグ光はIPv6に対応しています。

非常に速度の速い光回線として有名なメガエッグ光ですが、実はIPv6に対応しているから速いわけではありません。

「IPv6=速い」と決めつけてしまうと、光回線選びに失敗しかねませんので注意しましょう。

メガエッグ光のIPv6に関する口コミ

まずはメガエッグ光のIPv6に関する口コミを見ていきましょう。

メガエッグはレンタルしたルーターじゃないとIPv6使えないみたいなので引っ張り出してきた。ついでにiPhoneから固定回線のVoIPで通話できるように設定

— Ryoji Hayasaka(@r_hayakasa) August 17, 2018

メガエッグにはもう一つ
詳しく調べるやり方を知らないからおそらくだけどここのIPv6接続はPPPoE方式だと思われる
フレッツの場合v6プラスで個人のアドレスを割り当てられるのだがこちらではなかったから
なのでIPv6といっても速度はIPv4以上が出せないのでほぼ意味をなさない方式…ほんとクソ

— おぷち (@Leaf_555) March 3, 2020

メガエッグであれこれケチつけてみてたけど、これ下りの速度がそこらの回線より速くて割と快適なのかもしれない
IPv6についてはデュアル方式とあるためIPoEなのかまでははっきりしないが、普通にIPv4でも早いので無理にIPv6にする必要はないなとも思い始めた

— おぷち (@Leaf_555) March 10, 2020

メガエッグ光自体の速度が非常に速いので、IPv6に関する口コミも比較的良好でした。

ただし「ルーターをレンタルする必要がある」「速度はIPv4以上が出せない」との声もあるので注意が必要です。

また「IPoE」「PPPoE」といった単語が出てきて分かりづらいと思うので、ここでは専門用語を詳しく解説します。

「IPv6」自体は速度に関係しない

IPv6自体は速度には直接関係ありません。

通信速度自体は、従来の規格のIPv4でもIPv6でも何ら変わりません。

「IPv6=速度が速い」わけではないため注意が必要です。

「IPoE」に接続することでIPv6は速くなる

厳密に言うと「IPoE」に接続することで通信速度が速くなります。

IPoEとは「直接インターネットに接続する方式」のことです。IPv6のみが対応する接続方式で回線の渋滞を避けられます。

この仕組みのため「IPv4からIPv6に変えたら高速になった」という意見が多く見られるのです。

メガエッグ光は「PPPoE」接続

メガエッグ光はIPv6に対応で、接続方法は「PPPoE接続」を採用しています。

PPPoE接続とは「IPv4で利用されることの多いインターネットの接続方法」で、IPv6のIPoE接続に比べると遅い傾向にあります。

メガエッグ光はIPv4からIPv6にしても、接続方法が変わらないので、速度にも変化がありません。

メガエッグ光はIPoE接続はできないが速い

メガエッグ光はPPPoE接続だからといって遅いわけではありません。むしろ光回線の中でも上位レベルで速度が速いです。

そもそもIPoE接続とは混雑する回線を避ける技術なので、最大速度が速くなるわけではありません。

メガエッグ光は独自回線を使っているため、IPoE接続はできなくても常に速度が安定して混雑することが少ないです。

メガエッグ光を利用するならIPv6がおすすめ

メガエッグ光を利用するならIPv6がおすすめです。

メガエッグ光は速度に変化のないPPPoE接続なので、IPv6にする意味はあるのか疑問に思う方は多いのではないでしょうか。

IPv4のままだと、IPアドレスに限りがあるので、近い将来IPアドレスが枯渇します。そしてIPアドレスが枯渇した後は、必ずIPv6が主流の世界がきます。

今のうちにIPv6にして将来に備えておいた方が安心といえるでしょう。

メガエッグ光でIPv6を利用する方法

ここからはメガエッグ光でIPv6を利用する方法を紹介します。

メガエッグ光を契約しただけではIPv6が利用できない場合があるので、しっかりと確認しておきましょう。

IPv6が利用できるか問い合わせをする

まずはIPv6が利用できるか、メガエッグに問い合わせをしてください

2014年から広島市を中心にIPv6を順次展開すると発表しましたが、それ以降アナウンスがありません。

そのため、地域によってはIPv6に対応していない場合があります。そもそもIPv6が利用できないと意味がないため、必ず事前に確認しておきましょう。

メガエッグお問い合わせ
電話番号:0120-50-58-98
対応時間:10:00~19:00

対応機器をレンタルする

メガエッグ光のIPv6を利用する場合は「メガエッグ光電話ルータ」の無線タイプをレンタルする必要があります。「メガエッグ光電話ルータ」とはメガエッグ光電話契約者に無料でレンタルされる機器です。

メガエッグ光電話を契約していない場合は、月額660円のレンタル料金がかかります。事前に別のルーターを購入してしまうと無駄になるので注意しましょう。

設定はメガエッグ側で遠隔で行ってくれるので「メガエッグ光電話ルータ」をレンタルするだけでIPv6接続が行えます。

メガエッグ光IPv6接続の確認方法

メガエッグ光でIPv6接続ができているか確認するにはIPv6をテストを利用しましょう。

サイトにアクセスするだけで結果が表示され、メガエッグ光以外の光回線にも対応しているので、気軽に確認できます。

まとめ:メガエッグ光のIPv6

メガエッグ光ではIPv6が利用でき、セキュリティレベルの高い通信が可能になります。

メガエッグ光自体の通信速度も他社と比較して速いため、速度を重視するなら利用がおすすめです。

メガエッグ公式サイト:
https://me-hikari.net/

»【2021年最速の光回線ランキング】主要サービス21社の通信速度を徹底比較

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA