【10社比較】民泊wifiの個人利用向けおすすめTOP5を厳選紹介!

評判悪い?「J-WiFi」利用者の私が10のメリットデメリットを解説!


J-WiFiのスペック
初期費用 0円
月額料金 5,990円~6980円
一日当たり 193円~225円
配送料 1,080円
発送までの期間 最短即日
最短契約日数 6泊7日
通信速度 300~440Mbps
※ルーターによる
通信方式 LTE,WiMAX
通信量制限 SoftBank LTE:1日3GB
au WiAMX:3日で10GB
制限速度 SoftBank LTE:128lbps
au WiAMX:1Mbps
取扱端末 601HW,W04,L01
支払い方法 クレジットカード
編集部ダイゴ
編集部ダイゴ
「J-WiFiの口コミ評判が知りたい」「J-WiFiのメリットデメリットは?」などなど…、J-WiFiを実際に使った事のある人の口コミ評判を探している人は多いですよね。

私は実際にJ-WiFiを7日間契約しましたが、契約前には口コミを徹底的に調べました。なので、その気持ちはとってもよく分かりますよ♪

今回の記事では、J-WiFiを実際に7日間利用した私が「J-WiFiの口コミ」「J-WiFiのメリット・デメリット」などについて解説していきます。

最後まで読んでいただければ、J-WiFiに関する疑問が解決します。契約を考えているのであれば必ず役立つ情報を見つけることができるでしょう。是非、参考にしてください。

J-WiFiの公式HPはこちら

目次

「J-WiFi」の評判を7日間使った私の口コミレビューから暴露!

このパートではJ-WiFiを実際に7日間レンタルして使った私がJ-WiFiについての口コミを本音で紹介していきます。

J-WiFiがどんなサービスなのか気になっている人は非常に参考になると思いますよ。是非読んでいってくださいね♪

J-WiFiを契約しました!

申し込みメールの画像
1週間地方に旅行する予定があり、手持ちのWiMAXルーターはエリア外のためJ-WiFiでPocketWiFiをレンタルしました。

六泊七日で4,830円と若干割高に感じますが、通常のレンタルWiFiだと最低契約期間が2ヶ月間で、すぐ解約しても8000円~10,000円かかってしまうことからお得ではあると感じています。

出発の前々日13時に注文したところ、翌日の午前中にはしっかり届いて宅配ボックスに入っていましたよ♪次からのパートでは、受け取り時の様子や速度テスト結果などについて紹介していきますね♪

J-WiFiが家に届きました!

Jwifiの配送BOXの画像
J-WiFiが自宅に届きました!前日の13時過ぎに契約したので即日配送で翌日には自宅に届きましたよ♪

配送はヤマト郵便の宅急便コンパクトでした。しっかりした箱なのでつぶれる心配は無さそうです。次のパートでは実際に箱を開封する様子について紹介していきますね!

J-WIFiを開けて見ました!

Jwifiの箱を開封する画像
J-Wifiを開封してみました。箱の中には、端末が入ったポーチと返送用のレターパック封筒が入っていましたよ!

返送用のレターパック封筒が入っていると、返送するときに封筒を用意する手間が減ってとってもありがたいですね♪

ポーチの中身の画像
ポーチを開けてみました。ポーチの中には、端末と充電器類に加え返送時の梱包方法が書かれた説明書がありました…!

これがあれば、返送時に備品を入れ忘れる心配がないのでとてもありがたいです。

ポーチの中身②
ポーチの中身を取り出してみました。こんな感じで「端末」「充電器」「充電ケーブル」「説明書」の4つが入っています。

端末はレンタル品ですがとっても綺麗に整備されていますね!次のパートでは、J-WiFiでレンタルした601HWの速度を計測していきます!

J-WiFiの速度を測ってみました!

Jwifiの速度比較
レンタルしたJ-WiFiの601HWと、PocketWiFiの602HW・WiMAXのW05で同じ時間帯に同じ場所でに速度を測ってみました!

J-WiFiは下り11.34Mbpsの速度がでました!同じPocketWiFiの最新端末である602HWの結果は8.26Mbpsと何故か遅くなっていますね…汗。WiMAXは26.43Mbpsと最速です!

やはりWiMXには速度で劣りますが、11.34Mbpsも出ていればスマホの通信で困る事はありません!旧端末ですがJ-WiFiの601HWは優秀なルーターであることがわかりました。

「J-WiFi」を7日間使った私の口コミまとめ

J-WiFiをレンタルして7日間使った結果、私は非常に満足できましたよ♪

まず、配送が非常に丁寧で上部なBOXに返送用のレターパック同封で送られてくる点が非常に高評価です。

レンタルした端末がPocketWiFiの601HWなので、通信速度には若干の遅さを感じましたが許容範囲でした。

短期間向けのレンタルWiFiなのでレンタル料金は高めですが、7日しか使わない事を考えると最安値なので納得しています。

一時帰国や旅行・引っ越しなどで7日〜1ヶ月程度の短い期間のレンタルが可能なWiFiを探しているなら、J-WiFiは非常に満足できるサービスだと思いますよ♪

「J-WiFi」の悪い評判の真相をネット上の口コミから徹底分析!

このパートではJ-WiFiに関する悪い口コミ評判の真相を、ネット上の口コミから徹底分析していきます。

悪い評判と良い評判をそれぞれ分析したあとで、悪い口コミ・良い口コミそれぞれのまとめについて紹介していきます。

J-WiFiの口コミについて気になっている人は、参考になるかと思います。是非、読んでいってくださいね♪

「J-WiFi」の悪い評判

友達との旅行でJ-WiFiを契約したけどYouTubeを見過ぎて速度制限がかかりました。格安simの容量だと不安だからWiFiを契約したので残念です。

3GBって思ったより少ないんですね;;

配送料がちょっと高すぎるなと思います…汗、他のレンタルWiFiは配送料無料の会社が多いのになんで1000円もかかるんだろう…

J-WiFiの悪い口コミ評判を調べてみました。

結果、「容量制限が厳しい」「配送料が高い」といった口コミ評判が多かったです。

容量制限については、PocketWiFiの場合1日3GBのWiMAXの場合3日で10GBの容量制限があります。超過した場合PocketWiFiは128kbpsのWiMAXについては1Mbpsの速度制限がかかります。

容量制限はPocketWiFiとWiMAXの標準的な制限ですが、レンタルWiFiの中には月100GB~300GBなど大容量のものも存在するので比較的厳しい制限であると言えます。

また、配送料についてはほぼ全ての他社が0円の中最低1,080円かかるので高いと言えます…汗

「J-WiFi」の良い評判

J-WiFiの空港受け取りを利用しましたが、とっても便利でした!旅行の当日に空港の郵便局で簡単に受け取れちゃうので、家に忘れる心配がありません。

ただ、配送料が540円も高くなるのはちょっと残念だなと思いました。でも、旅先で快適に通信できたので良しとします!

引っ越し先で光回線が開通するまでのつなぎとしてJWiFiを契約しました。なるべく速い回線が良かったので、端末が自由に選べるのはとっても嬉しかったです♪

無事W04を受け取ることができて、毎日快適に通信できてます。光回線の開通まで@1週間。J-WiFiのおかげで不満無く新居生活を送れています。

海外からの一時帰国で自宅用にJ-WiFiのL01を契約しました。据え置き型のWiMAXは初めて使いますが、「光回線か?」と思う程速度がでて非常に満足です。

帰国期間は1週間〜1ヶ月程度のことが多いので、短期間でレンタルできるJ-WiFiさんにはいつも感謝しています。

J-WiFiの良い口コミ評判を調べてみました。

結果、「空港受け取りが便利」「端末が選べるのは嬉しい」といった内容が多かったです。

レンタルWiFi業界の中でもレンタル端末が選べる業社はほとんどありません。その店J-WiFiは確実に選んだ端末をレンタルできるので優れていますね。

また、空港受け取りについては短期間レンタル向けのレンタルWiFiでは一般的なサービスですが、やはり便利ですよね♪

J-WiFiは比較的良い口コミが多かった印象です。旅行や一時帰国・引っ越しのための短期間の利用なら非常におすすめできるレンタルWiFIと言えます。

「J-WiFi」の評判まとめ

J-WiFIの悪い口コミ評判と良い口コミ評判をまとめてみました。

結果、悪い口コミで多かったのが「容量制限が厳しい」「配送料が高い」良い口コミで多かったのが「空港受け取りが便利」「端末が選べるのは嬉しい」といった内容です。

悪い口コミも良い口コミも的を射た適切な口コミで、真実と言える内容だと思います。

口コミ評判から考えると、J-WiFiは月100GBの様な大容量の容量制限に期待している人にはおすすめできず、旅行などの短期間利用で端末を自由に選べるレンタルWiFiを探している人にはおすすめであると言えます。

「J-WiFi」の5つのメリット

このパートでは、J-WiFiと他のWiFiを比較した時の5つのメリットについて解説していきます

5つのメリットそれぞれに対して、パートを区切って詳しく解説していきます。契約を考えている人は判断材料になるかと思うので是非参考にしてください。

メリット①:六泊七日からのレンタルが可能!

J-WiFi SPACEWiFi FUJIWiFi
最低レンタル日数 六泊七日 2ヶ月 2ヶ月

J-WiFiは基本的に旅行者向けのレンタルWiFiなので短期間でレンタルできるのが大きなメリットと言えます。

SPACEWiFiやFUJIWiFiなどの「民泊WiFi」と呼ばれるWiFiは最低レンタル日数が2ヶ月の業社がほとんどです。

そのため、旅行や国外からの一時帰国などで短期間だけWiFiが必要な場合については、JWiFiはとても便利な業社です。

メリット②:16時までの注文で即日発送!

J-WiFi WiFi東京 縛りなしWiFi
発送までの時間 16時までの注文で即日 17時までの注文で即日 16時までの注文で即日

J-WiFiの大きなメリットの1つとして、16時までに注文をすれば即日で発送されることが上げられます。

即日発送を行っている業社はレンタルWiFi業社の中でも数少なく、表に上げた3社の他にSPACE WiFiしかありません。

1週間などの短期間レンタルの場合、なるべく速く手元にWiFiが欲しい情況も多いでしょうし、16時までの注文で端末が即日発送されるのは非常に大きなメリットであると言えます。

メリット③:空港受け取りも可能で旅行に最適!

空港のイメージ画像
JWiFiは国内旅行者をメインユーザーとしたサービスなので、国内の空港で端末を受け取ることができるんです♪

空港で受け取って空港で返却できれば、わざわざ郵便で端末を受け取る手間も無くて便利ですよね。

短期的な国内旅行でレンタルWiFiをレンタルするなら、JWiFIの空港受け取りサービスはとても大きなメリットであると言えます。

メリット④:3つの端末から好きな物を選ぶ事ができる!:

JWiFiで選べる端末の画像
JWiFIは、レンタルWiFiの中では珍しく契約する端末を選ぶ事ができるんです…!

選べる端末は601HW・W04・L01sの3種類です。旧機種ですが、まだまだ現役で使えるスペックの3機種ですよ♪

モバイルWiFiはルーターによって性格が大きく違って、PocketWiFiなら室内で繋がり易い・WiMAXなら速度が出易いなどの特徴があります。

そのため、モバイルWiFiのルーターが自分の好みで選べるのは非常に大きなメリットであると言えます。

メリット⑤:契約期間を予め自分で決められる!

契約日のイメージ画像
JWiFiは申込時に、レンタル開始日と終了日を予め指定する契約体系をとっています。

そのため、短期間レンタルにするつもりが思ったよりも長く借りてしまって余計なお金がかかってしまった!ということがおこりにくくなっています。

レンタルWiFiは、縛り期間がないためついつい契約が長くなりがちです。そのことを考えると、始めからレンタル開始日と終了日を決められるのは大きなメリットであると言えます。

「J-WiFi」の4つのデメリット

デメリット①:利用料金が高い!

J-WiFi SPACEWiFi FUJIWiFi
月額料金 5,990円
~
6,980円
3,680円 2,500円
~
6,000円

JWiFiは、1週間〜の短期間レンタルを想定したレンタルWiFiなので月額料金で見ると少々割高になっています。

レンタルWiFiの月額相場は3,680円で、最も高額な制限無し大容量プランを提供しているFUJIWiFiでも一番良いプランで月額6,000円です。

それに対して、J-WiFiは1ヶ月レンタルした場合月額6,980円になります。その上、1日3GB以上の通信を行った場合速度制限がかかります。

長期レンタル視点で考えた場合、J-WiFiの月額料金の高さは大きなデメリットの1つであると言えるでしょう。

デメリット②:口座振替での契約ができない!

J-WiFi SPACE WiFi SAKURA WiFi
支払い方法 クレジットカード クレジットカード
口座振替
クレジットカード

J-WiFiの契約はクレジットカード限定となっています。

他のレンタルWiFiについて調べてみると、SPACE WiFiなどの一部のレンタルWiFiは口座振替でも契約できるようになっています。

クレジットカードでしか契約できないということは、必然的に未成年やクレジットカード非保有者は契約出来ないということになります。

このことは、J-WiFiの大きなデメリットの1つであると言えるでしょう。

デメリット③:最新端末の取扱がない!


J-WiFiで取扱のある端末は「601HW」「W04」「L01s」の3機種です、どの端末も2世代ほど前の旧端末となります。

レンタルWiFiは、一部の業社では最新端末の取扱があります。端末が古いほど速度が出にくくなるので、ユーザーとしてはなるべく新しい端末を契約したいですよね。

取扱端末が、全て2世代前の旧端末であることはJ-WiFiの大きなデメリットの1つであると言えます。

デメリット④:配送料が高額!

J-WiFi SPACE WiFi WiFi東京
配送料 1,080円 0円 無料

J-WiFiは、レンタルWiFi業社の中ではめずらしく配送料に1,080円もの金額がかかります。

レンタルWiFiは配送料無料でレンタルできる場合がほとんどです。J-WiFiと同じく短期レンタル可能なWiFi東京も、配送料は無料で受付をしています。

その中で、1,080円もの高額な配送料がかかってしまうことはJ-WiFiの大きなデメリットの1つであると言えます。

上記からわかった!「J-WiFi」をおすすめする人しない人

このパートでは、J-WiFiのメリット・デメリットをまとめた結果見てきた「J-WiFiをおすすめする人」「J-WiFiをおすすめしない人」についてまとめていきます。

J-WiFiの契約を考えている人は、契約するか否かの判断材料になると思います。「おすすめしない人」「おすすめする人」の順で解説していくので、是非参考にしてくださいね♪

「J-WiFi」をおすすめしない人

J-WiFiをおすすめしない人
  • 長期レンタルを考えている人
  • クレジットカードを持っていない人
  • 最新端末を契約したい人
  • なるべく安い料金でレンタルWiFiを契約したい人

「長期レンタルを考えている人」「クレジットカードを持っていない人」などにはJ-WiFiの契約はおすすめできません。

J-WiFiは旅行者向けに1週間~の短期間でWiFiをレンタルできる事が特徴的なサービスです。そのため、1ヶ月や1年などの長期でレンタルした場合割高になります。

また、契約はクレジットカード限定なのでクレジットカードを持っていない人は契約ができないので注意してください。

今回紹介した4つの「おすすめしない人」リストに1つでも当てはまる項目があれば、J-WiFiの契約はおすすめしません。契約判断の参考にしてくださいね♪

「J-WiFi」をおすすめする人

J-WiFiをおすすめする人
  • 旅行や一時帰国で短期間レンタルをしたい人
  • 即日発送されて明日届くレンタルWiFiを探している人
  • 空港で受け取れる旅行向けのWiFiを探している人
  • 端末を自分で選べるレンタルWiFiを探している人
  • 契約期間を指定できるレンタルWiFiを探している人

J-WiFiは「旅行や一時帰国で短期間WFiをレンタルしたい人」や「空港で受け取れて空港で返却できるWiFi」を探している人におすすめです。

J-WiFiは、旅行者向けの短期レンタルWiFiとしては非常に優れているレンタルWiFiで自宅配送なら即日発送されますし、空港受け取りの場合も2日前に申し込めば間に合います。

他の短期レンタルWiFiと比較して納期の点で優れていますし、選べる端末・回線の種類が複数あることから非常に優れたレンタルWiFi業社です。

もし旅行や一時帰国で使うレンタルWiFiを探しているようでしたら、J-WiFiは非常におすすめできる契約先であると言えます。

「J-WiFi」を損せずに契約するまでの全手順を徹底解説!

STEP① 「J-WiFi」のレンタル期間を決める
STEP② 「J-WiFi」を受け取る場所を決める<
STEP③ 「J-WiFi」のデータ端末を選択する!自分に合ったものを選ぼう!
STEP④ 安心補償パックの有無を決める

このパートでは、J-WiFiを損せずに契約するために注意すべき全手順について解説していきます。

今回紹介する4つのステップに従ってJ-WiFiを契約すれば、契約時に損をすることはありません。是非参考にしてください。

ステップ①:「J-WiFi」のレンタル期間を決める

日付のイメージ画像
J-WiFiを契約するなら、まずはレンタル期間を事前に決めてしまいましょう。J-WiFiは最低6泊7日からレンタルすることができますよ♪

J-WiFiをレンタルする人は、おそらく旅行用途かと思います。その場合、旅行日の前日に自宅に配送するか旅行日当日に空港受け取りを指定するのがおすすめです。

空港受け取りの場合、配送指定日の2日前までには申し込む必要があるので旅行の2日前までには申し込み手続をしてしまいましょうね…!

返却の際は、郵便物の消印が返却日の日付であれば延長料金はかかりません。比較的早い時間に帰宅する場合帰宅日を、そうでない場合は帰宅日の翌日を返却日に設定するのがおすすめです。

ステップ②:「J-WiFi」を受け取る場所を決める

自宅 空港
配送料 1,080円 1,620円
申し込み期日 受け取り日の前日16時まで 受け取り日の2日前まで
受け取り方法 自宅に郵便で配送 空港の郵便局で留め置き郵便物として受け取り

レンタル期間を決めることができたら、次にJ-WiFiを受け取る場所を決めましょう。J-WiFiの受け取り場所は自宅と空港の二通りから選ぶことができます。

自宅と空港では、配送料や申し込み期日が変わってくるので注意してください。配送料については、空港より自宅の方が540円も安いです。

旅行用途でのレンタルの場合は、準備の際にWiFiを自宅に忘れてしまうリスクがあります。なので、基本的に空港受け取りがおすすめですよ♪

ステップ③:「J-WiFi」のデータ端末を選択する!自分に合ったものを選ぼう!

J-WiFiで契約できる端末一覧
J-WiFiで契約できるデータ端末は「601HW」「W04」「L01」の3種類があります。3種類の中から自分の好きな端末を選ぶことができますよ。

それぞれの端末にそれぞれメリット・デメリットがあります。次のパートで紹介する各端末のメリット・デメリットを参考に自分に合った端末を選んでくださいね♪

「601HW」のメリット・デメリット

メリット
  • 対応エリアが広い
  • 地下や建物内部で繋がりやすい
デメリット
  • 1日3GBの容量制限
  • 通信速度が遅い
  • 利用料が高い

601HWはSoftBank LTE回線を受信するモバイルWiFiです。対応エリアが広く地下や建物内でも繋がり易いのがメリットとして上げられます。

逆に、デメリットは「一日3GBの容量制限」「au WiMAXと比べて速度が遅い」「利用料金が高い」の3つです。

メリットとデメリットから、601HWのレンタルはau WiMAXの電波が届きにくい地方に旅行する際など電波に不安がある場合におすすめですよ♪

「W04」のメリット・デメリット

メリット
  • 通信速度が速い
  • 利用料金が安い
  • 3日で10GBの容量制限
デメリット
  • 対応エリアが狭い
  • 地下や建物内部で繋がりにくい

W04はau WiMAX回線を受信するモバイルWiFiです。メリットとして「通信速度が速い」「利用料金が安い」「3日で10GBの容量制限」が上げられます。

特に容量制限については、601HWと比較して3日単位での計測なので制限を超えた通信で速度制限になる可能性が低いです。

逆に、デメリットとしては「対応エリアが狭い」「地下や建物内部で繋がりにくい」の2つが上げられます。

W04のレンタルは、電波が届きやすい都市部に旅行する場合や容量制限が緩い端末をレンタルしたい場合におすすめですよ♪

「L01」のメリット・デメリット

メリット
  • 通信速度が速い
  • コンセント給電
  • 3日で10GBの容量制限
デメリット
  • 固定型なので持ち運びできない
  • 配送料が高額

L01はau WiMAX回線を受信する据え置き型のルーターです。メリットとして「通信速度が速い」「コンセント給電」「3日で10GBの容量制限」が上げられます。

W04と同様に、3日で10GBと通信容量の制限が緩いので速度制限に悩まされる可能性が低い端末です。

逆にデメリットとしては、「持ち運びできない」「配送料が高額」なことがあげられます。配送料は、通常の2倍の2,160円もかかるんです…汗

L01は、一時帰国などで短期間自宅で利用するネット回線を借りたい人におすすめの端末です。据え置きがたで持ち運びできないので旅行には向いていません。

ステップ④:安心補償パックの有無を決める

安心補償パック有 安心補償パック無
盗難・紛失の全損 20,000円 40,000円
傷などの部分破損 7,500円 15,000円
付属品の全損・破損 1,500円 3,000円

最後に安心補償パックに加入するかどうかを決めて申し込みをしましょう。

安心補償パックは、端末の破損や盗難時の弁済金を一部補填してくれる保険サービスです。

旅行用途でレンタルする場合、旅先では何が起こるか分かりません。紛失の可能性も高いですし、基本的には加入しておくことをおすすめしますよ♪

ここまでの4STEPの内容について全て決める事ができたら、J-WiFiの公式HPから申し込みを済ませてしまいましょう。比較的入力次項は少ないので簡単に申し込めますよ。

J-WiFiの公式HPはこちら

「J-WiFi」の返却方法についても事前に理解しておこう!

J-WiFiの返却方法
  • SEP①:レターパックの入れ物に端末と端末・付属品を入れる
  • STEP②:ポストに投函 or 郵便局に持ち込む
  • STEP③:到着確認ができたら返却完了

J-WiFiの返却は、非常に簡単に3STEPで済ませることができます!

まずは、商品が配送されてきた箱に同梱されているレターパックの入れ物に端末と付属品をいれましょう。端末ケースの中に付属品リストが入っているので、確認しながら漏れのないようにしてください。

次に、レターパックをポストに投函するか郵便局に持ち込みましょう。このとき、消印が返却日より前の日付になっている必要があります。ポストに投函する場合回収時間が日を跨がないよう注意しましょう。

最後に、レターパックがJ-WiFiに届いた事が確認されると返却完了のメールが届きます。メールが届いたら返却作業は完了になります。

「J-WiFi」の会社概要

正式名称 J-WiFi
会社名 株式会社ジェネット
住所 東京都新宿区百人町1‐20‐22第2ムサシノビル3F
電話番号 050-8888-2659
公式HP 公式HPはこちら

まとめ

今回紹介したこと
  • J-WiFiの悪い口コミの真相
  • J-WiFiのメリット・デメリット
  • J-WiFiがおすすめできる人・できない人
  • J-WiFiの損しない契約方法
  • J-WiFiの返却方法

今回の記事では、J-WiFiを実際に利用した私がJ-WiFiの悪い評判の真相や9のメリット・デメリットについて解説してきました。

J-WiFiの口コミには「通信速度が遅い」「空港受け取りが便利」「端末が選べるのが嬉しい」といった口コミが多かったです。

私も実際にJ-WiFiを契約したことがありますが、601HWは確かに速度が遅かったです…汗、端末が選べるのだからWiMAXにしておけばよかったなと後で後悔した記憶があります。

空港受け取りについては確かに便利だと思います。出発日にWiFiを荷物に入れ忘れそうになって冷やっとしたときは「空港受け取りならこういうことは無いな」と思いました。

J-WiFiは、旅行や海外からの一時帰国で短期間使用するレンタルWiFiとして非常におすすめできるサービスです。

同じような短期レンタル型のサービスを提供する他社と比べて料金は同程度ですが、端末が選べたり即日配送が可能など優れている点が多いからです。

1週間や半月など短い間でレンタルできるWiFiを探しているなら、是非J-WiFiを検討してみてくださいね…!

J-WiFiの公式HPはこちら


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA