インターネット事情

インターネットの「上位回線」とは?役割や通信の仕組みを徹底解説!

上位回線のアイキャッチ画像

maenaka
maenaka
こんにちは、「なるほどwifi」編集部の前中です。

今回は「上位回線」について解説していきます!

その名の通り、インターネット通信の上流で使う回線網のことを言います。

上位回線の簡単な解説や、通信速度に影響するのか?という疑問をまとめています。

是非参考にしてみてください!

インターネット回線の「上位回線」とは?

上位回線とは

上位回線とは、簡単に言うと「拠点間、プロバイダ間、国家間などを繋ぐ大規模なインターネット回線網」の事です。バックボーンとも言いますね。

私たちが自宅からインターネットを使うとき、自宅→プロバイダ→回線A→回線B→通信相手のサーバー、という経路で通信しますが、上位回線は「回線A」「回線B」の事を指します。

※例として「回線A、B」と挙げましたが、通信先によっては1つしか介さない場合もあれば、3つ以上介する事もあります。

日本国内だけで見ても、様々な上位回線(バックボーン)が存在し、様々な経路を辿ってサーバーまで通信する事になります。混雑具合によっては別ルートへ迂回して通信する場合もありますね。

海外には海底ケーブルを通って通信する事になります。

下記記事も参考になると思います。よければチェックしてみてください。

インターネットサービスプロバイダーとは?意味や必要性を徹底解説!

上位回線(バックボーン)の違いで通信速度に違いはある?

要点まとめ

  • 上位回線は使用している回線で性能差がある
  • ○○Gbpsといった帯域の違いのほか、混雑状況でも速度は異なってくる
  • 2020年現在、上位回線の違いによる速度差はあまり気にしなくてもOK
  • それよりも通信方式やプロバイダ側の設備で通信品質が異なってくる

気になる部分は、上位回線の違いによって通信品質が異なるか否か、という部分ではないでしょうか?

結論から言うと、使用する上位回線によって通信品質は異なってきます。上位回線には○○Gbpsといった容量が決まっており、性能差があります。

プロバイダによって使用している上位回線が異なるため、プロバイダ間で性能差がある、とも言えますね。※プロバイダ所有の自社設備の性能も影響します。

また、上位回線の混雑具合も通信速度に影響します。容量が大きい上位回線でも、その分利用者が多いとあまり意味がなかったりします。

とはいえ、2020年現在、日本国内の上位回線網は高品質なので、どの経路を辿って通信したとしても、あまり差を感じる事はないでしょう。

通信品質に関しては、上位回線よりも他の要因が大きい、と考えるべきですね。

そもそも、ほとんどのプロバイダが使用している上位回線を公表していないため、利用者側が上位回線を基準にプロバイダを選ぶ事は難しいです…。

フレッツ光の回線網で通信速度が遅いのは、NTT保有設備側の通信処理がパンクしているからです。

プロバイダを変更する(=上位回線を変更する)事で速度が改善される可能性もありますが、それよりも「PPPoE方式」か「IPoE方式」で通信しているかが重要になります。

従来の通信方式である「PPPoE方式」は、前述の通りNTT設備に余裕がなく、特に混雑時間帯の速度低下が酷い事になっています。

新しい通信方式である「IPoE方式」は、NTT保有設備やプロバイダを通さずに別ルートで通信します。(VNE事業者保有の回線網&上位回線経由)

IPoE方式自体が混雑に強い仕組みになっているほか、VNE事業者の設備には余裕があり、混雑時間帯でも通信速度が安定しています。

フレッツ光や光コラボ回線で通信速度を改善したい場合は、「IPoE方式」を利用出来ているかどうか、チェックしてみてくださいね。

※IPoE方式のサービス例:v6プラス、IPv6 IPoE、transix 等

国内の主な上位回線(バックボーン)を紹介!

実際に上位回線(バックボーン)を保有している事業者を紹介していきます!

OCN

OCNのバックボーン

OCN保有の上位回線は「Tier1 IPバックボーン」と呼ばれており、世界規模の広帯域IPバックボーンを保有しています。

日本国内ではトップクラスの帯域を誇り、国内はもちろん、海外への接続も高品質なインターネットが利用できます。

プロバイダの例

OCN光

IIJ

IIJのバックボーン

「IIJ」は日本最大規模のバックボーンを保有しています。

東京ー大阪間の専用線は400Gbps以上の帯域を保有しており、そのほかの区間でも100~400Gbpsの大容量回線を使用しています。

プロバイダの例

IIJmioひかり

KDDI

KDDIのバックボーン

auで知られる「KDDI」も、国内・海外ともに豊富なバックボーン環境を保有しています。

国内では東京ー大阪間の大規模バックボーン、海外ではアメリカを中心に、アジア、ヨーロッパなどの世界主要拠点にバックボーンを構築しています。

プロバイダの例

auひかり ビジネス

まとめ

上位回線まとめ
  • 上位回線とは「拠点間、プロバイダ間」等を繋ぐ大規模なインターネット回線網のこと
  • バックボーンとも言う
  • 上位回線には性能差があるので、プロバイダが利用する上位回線によって通信品質に差が出る
  • が、2020年現在では上位回線による速度差はあまり考えなくてもOK

この記事では、上位回線について紹介しました。

難しいお話ですが、要は「プロバイダから先の通信網」の事と考えて貰えればOKかと思います!

ADSL以前のインターネットでは、どこの上位回線を利用しているか、も指標としてプロバイダ選びをしていたみたいですが…、

2020年現在、個人ユーザーが上位回線を気にする必要はないでしょう。そもそもプロバイダ側がどこの上位回線を使用しているか、公表していない事がほとんどです。

この記事が参考になれば幸いです。最後までお読み頂きありがとうございます!

世界に繋がるインタ-ネット
【初心者向け】インターネットの仕組みをわかりやすく解説!「インターネットの仕組みってどうなってるの?」や「インターネットはなぜ、世界中のさまざまなサイトにアクセスできるの?」など・・・初心者や中級者とはいえ、インターネットの仕組みをある程度は理解しておきたいですよね?そんな「インターネットの仕組みを初心者向けにわかりやすく教えてほしい!」というアナタの疑問にお答えします!...
インターネット回線とプロバイダ
インターネット回線とプロパイダの違いとは?主要回線の事例を解説! インターネット回線における回線事業者とプロパイダの違い 基本的な役割 設備投資額 事業者数 回線事業...
光回線の速度が遅い6つの原因!回線速度を改善する方法を徹底解説!光回線の速度が遅い6つの原因をそれぞれ紹介します。回線速度を改善するための対策についてもお伝えしているので、ネットがつながらなくて困っている人は参考にしてみて下さい!...
【2020年最安】一番安いおすすめプロバイダーを20社の料金一覧から比較この記事では「安いプロバイダを選ぶポイント」「安いプロバイダ20社一括比較」「料金が最安のおすすめのプロバイダランキング」を紹介していきます。...
パソコンを触る男性
【2020年最速】光回線10社を速度比較してランキング付け!この記事では光回線の各社の速度を実際に測定した平均をとり、本当に速い光回線はどれなのかを徹底的に比較しています。 「理想値ではなく実際の速度がどれくらい出るのか」、「本当に実際に使って速い光回線はどれなのか」を知りたい方の参考になれば嬉しいです。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA