光コラボレーションの仕組みとは?デメリット3つとメリット7つで全解説

【2019年7月解禁】光コラボから光コラボへ事業者変更(再転用)可能に!

光コラボ 事業者変更

maenaka
maenaka
こんにちは、「なるほどwifi」編集部の前中です。

2019年7月より光コラボ(光コラボレーション回線)同士での乗り換えができる「事業者変更」という制度がスタートしました!

ソフトバンク光やドコモ光など…現在使っている光コラボに不満がある方は、他の光コラボ回線へ工事不要で乗り換える事が可能です。

この記事では、事業者変更制度について詳しく解説していきます!乗り換え先を選ぶポイントや、おすすめの乗り換え先も紹介しています。

事業者変更は、料金の見直しや通信品質を改善したい方に使ってみてほしい制度です。

また、乗り換え先でおすすめしている「ビッグローブ光」は、キャッシュバック25,000円も貰えるお得な光回線です!

記事中でも詳しく紹介しているので、先にチェックしたい方は下記緑のボタンをclickして確かめてみてくださいね。

おすすめの再転用先「ビッグローブ光」をチェック!

2019年7月より『事業者変更』制度がスタート!

事業者変更の概要
対象 光コラボ→光コラボへの乗り換え
申込方法 現在使っている光コラボから「事業者変更承諾番号」を発行してもらう
工事 不要
解約金 解約となるので、解約金が設定されている光コラボでは必要
開通まで 1~2週間

2019年7月より、光コラボ同士で工事不要の乗り換えができる『事業者変更』という制度がスタートしました!

これまでもフレッツ光⇒光コラボへの乗り換えは『転用』という制度で簡単に出来ていたのですが、これが光コラボ同士でも出来るようになった感じです。

事業者変更は、フレッツ光でいう「プロバイダ切り替え(乗り換え)」のようなノリで、簡単に乗り換える事が可能です!

この記事では事業者変更の手順や、乗り換える際に注意してほしいポイント、おすすめの乗り換え先も紹介しているので、今使っている光コラボに不満がある方はチェックしてみてくださいね。

光コラボとは?

光コラボ(光コラボレーション回線)とは、フレッツ光の回線を借り受けた各事業者がサービス提供している光回線のことです。使っている回線は同じなので、光コラボ同士での乗り換えが工事不要でスムーズになります。

フレッツ光⇒光コラボへの乗り換えを「転用」、光コラボ⇒光コラボへの乗り換えを「事業者変更」と言います。

光コラボの例

  • ビッグローブ光
  • ソフトバンク光
  • ドコモ光
  • DTI光
  • So-net光
  • @nifty光
  • OCN光 などなど…

※auひかり、NURO光、eoひかり、コミュファ光などは光コラボではありません!

事業者変更で乗り換える手順を簡単に解説!

事業者変更の手順
  1. 契約中の光コラボへ事業者変更承諾番号を発行してもらう
  2. 乗り換え先の光コラボへ、上記の番号を控えて申し込み
  3. 工事不要で開通!

事業者変更の簡単な流れは上記の通りです。

まず、現在使っている光コラボから「事業者変更承諾番号」を発行してもらう必要があるのですが、2019年7月に始まったばかりという事もあり、専用の窓口が用意されていない場合が多いです。

そのため、事業者変更承諾番号を取得する際は、契約中の光コラボへ電話で問い合わせをしてみてください。また、事業者変更承諾番号の発行と同時に解約手続きが必要な光回線もあります。

事業者変更承諾番号を受け取ったら、番号を控えて乗り換え先の光コラボを申し込みます。申込時には事業者変更である旨を伝えてください。もしくは専用の窓口が用意されている光回線もあります。

申し込み後、指定の期日に回線が切り替わって開通です!事業者変更ならネットを使えないタイミングも出ず、工事も不要なので簡単ですね♪

事業者変更を利用する際に気を付けたい3つのポイント

事業者変更をする際に注意してほしいポイントも3つ紹介していきます。乗り換え先の光コラボ選びも大事なので、チェックしてみてくださいね!

1.現在使っている光コラボの解約金は必要になる

光コラボ 解約金 契約期間
ビッグローブ光 20,000円 3年
ソフトバンク光 9,500円 2年
ドコモ光 戸建て:13,000円
マンション:8,000円
2年
So-net光 20,000円 3年
OCN光 11,000円 2年

事業者変更で工事不要・簡単に乗り換えが出来るのですが、現在使っている光コラボの解約金は通常通り必要となるので注意してください。主な光コラボの解約金は上記表にまとめました。

解約金を回避する場合は「更新期間に解約する」か「乗り換え先の光コラボで負担してくれるキャンペーンを利用する」という方法があります。

現在契約中の光コラボの契約期間は確認しておき、出来るだけタイミングを合わせたいですね!キャンペーンを利用する場合は、次の項目もチェックしてみてください。

2.事業者変更でキャッシュバックが貰える事も。キャンペーン内容はチェックする

光コラボ キャッシュバック 違約金負担
ビッグローブ光
おすすめ!
25,000円 ×
ソフトバンク光 15,000円
ドコモ光 15,000円 ×
So-net光 10,000円 ×
OCN光 10,000円 ×

事業者変更で光コラボを申込した時に、キャッシュバックなどの特典を用意しているところもあります!

例えば、ビッグローブ光では事業者変更でも「25,000円」もキャッシュバックが貰えますし、ソフトバンク光では以前の光コラボの解約金を負担してもらう事も可能です…!

ただ、上記のキャンペーンは「代理店から申込した場合のみ」or「代理店から申込した場合のみ」など、申込先によって異なります。

この記事に掲載しているランキングではおすすめの申込先も記載しているのでチェックしてみてくださいね!

3.事業者変更で通信速度を改善したい場合、IPv6への対応をチェックする

光コラボ IPv6対応 速度を考慮した時の
おすすめ度
ビッグローブ光
おすすめ!
IPv6接続(IPoE方式)
ソフトバンク光 IPv6 IPoE + IPv4
ドコモ光
DTIの場合
IPv6(IPoE)接続
So-net光 v6プラス
OCN光 v6アルファ

「通信速度が遅い…」という不満から、事業者変更を検討している方も多いかと思います。光コラボは全てフレッツ光の回線を使用しているものの、プロバイダの性能によって速度は異なってきます。

速度を重視する場合は「IPv6」に対応しているかは要チェックです…!上記表に記載している光コラボは全て対応しています。名称が微妙に違い、提供する通信方式も少し異なるのですが、ほとんど同じものと考えてもらって大丈夫です。

速度を重視している方へおすすめの光コラボは「ビッグローブ光」になります。IPv6 IPoE接続に対応しており、利用者の評価も高いです!専用の高性能ルーターをレンタルできるので、設定方法なども心配ありません!

事業者変更でおすすめの光コラボは?スマホ割・キャンペーンなど徹底比較!【10社比較】

スマホ割 キャッシュバック IPv6対応
ビッグローブ光 au 25,000円
ソフトバンク光 ソフトバンク 15,000円
ドコモ光 ドコモ 15,000円
So-net光 au 10,000円
OCN光 OCNモバイルONE 10,000円
@nifty光 au 10,000円
DTI光 au 15,000円
ぷらら光 なし 10,000円
enひかり UQ mobile なし
exciteMEC光 なし なし

光コラボで有名な10社の「対応スマホ割」「キャッシュバック」「IPv6対応」を比較した表を用意しました。

事業者変更で申し込みした際のキャッシュバック額は10,000円~15,000円の設定が多かったですね。そんな中、ビッグローブ光は事業者変更でも25,000円!キャッシュバック重視の方はビッグローブ光がおすすめですね!

通信速度が速い「IPv6」は、上記でピックアップした光コラボは全て対応していました。IPv6 IPoE接続も最近は標準装備になりつつありますね。IPv6を利用する場合は対応したルーターも必要なので、申し込む前に利用方法も確認してみてください。

事業者変更を検討している理由は様々だと思いますので、ご自身にあった乗り換え先を探してみてくださいね。悩んでいる方は、次のおすすめランキングもチェックしてみてください!

事業者変更におすすめの光コラボランキングBEST3!

ランキング作成の基準

  • 事業者変更で申し込みした時のキャッシュバック額
  • 通信速度の速さ
  • 料金(IPv6オプション料・スマホ割なども含む)

事業者変更の乗り換え先としておすすめの光コラボを3社ピックアップしました!

乗り換え先で悩んでいる方は参考にしてみてください。

1位.ビッグローブ光【キャッシュバック25,000円&IPv6対応!】

ビッグローブ光 事業者変更
ビッグローブ光のスペック
月額料金(戸建て) 4,980円
月額料金(マンション) 3,980円
スマホ割 auスマートバリュー
キャッシュバック 事業者変更時:25,000円
通信速度 最大1Gbps/IPv6 IPoE対応
おすすめ度

事業者変更でおすすめの乗り換え先No.1は「ビッグローブ光」です!

キャッシュバックは事業者変更の場合でも【25,000円】と、かなり高額です。乗り換えで違約金が発生した場合でも補填できますね!

また、ビッグローブ光は「IPv6接続 IPoE方式」に対応しており、通信速度も速いです。IPv6は対応ルーターの選び方&設定方法が難しいのも難点なのですが、ビッグローブ光では1年無料で対応ルーターをレンタルしてくれます!(1年以降:月500円)

※ビッグローブ光電話を利用する場合、ひかり電話用の機器がIPv6に対応しているためルーターは不要です。

ビッグローブ光は「キャッシュバック」&「通信速度」の両方の面でおすすめできる光回線です。今使っている光コラボに不満のある方は、ぜひ検討してみてください!

ビッグローブ光の公式ページをチェック!

2位.ソフトバンク光

ソフトバンク光
ソフトバンク光のスペック
月額料金(戸建て) 5,200円
月額料金(マンション) 3,800円
スマホ割 ソフトバンク
キャッシュバック 事業者変更時:15,000円

違約金負担キャンペーン
通信速度 最大1Gbps/IPv6 + IPv4 IPoE対応
おすすめ度

ソフトバンク光はキャッシュバック15,000円+違約金負担キャンペーンがお得な光コラボです!

キャッシュバックが貰えるのは「代理店アウンカンパニー」から申し込みした場合で、事業者変更の場合は15,000円となっています。

違約金負担キャンペーンで、以前の光コラボの解約金を負担してもらえるのが魅力的です!ただ、申請手続きが結構面倒なので貰い忘れには注意してください。

ソフトバンクスマホ割を受けれる光コラボもソフトバンク光だけなのですが、適用にはオプション条件(光BBユニット+ひかり電話,月500円)があります。

「ソフトバンクスマホを利用中」「違約金が高額で悩んでいる…」という方は、ソフトバンク光への事業者変更を検討してみてください!

3位.ドコモ光

ドコモ光のスペック
月額料金(戸建て) 5,200円
月額料金(マンション) 3,800円
スマホ割 ドコモ
キャッシュバック 事業者変更時:15,000円+dポイント
通信速度 最大1Gbps/IPv6 IPoE対応
おすすめ度

ドコモ光は3位に設定しましたが、現在ドコモのスマホを使っているのであれば一番おすすめの光コラボです!

ドコモ光はドコモユーザー向けの特典が多いんですよね。「スマホ代割引」+「dポイントプレゼント」+「dカードGOLDで通信費を支払うと10%還元」などなど…。ドコモユーザーにはかなりお得な光回線となっています!

ドコモ光はプロバイダを選べるのですが、おすすめは「DTI」です。DTIなら誰でも貰えるキャッシュバックが15,000円+dポイント5,000ptが貰えます!

ドコモ光×DTIは通信速度の速さも特徴で、サイトでは平均速度も公開されています。全国平均は約360Mbpsと、相当な速さです…!

「通信速度重視の方」「ドコモユーザの方」は、ぜひドコモ光への事業者変更を検討してみてください!

まとめ

事業者変更まとめ
  • 2019年7月から光コラボ同士の乗り換え「事業者変更」が可能に!
  • 事業者変更の場合、工事不要&光電話の番号を引き継いで乗り換え出来る
  • 事業者変更の場合でも解約金は必要なので注意
  • おすすめの乗り換え先は「ビッグローブ光」

この記事では、2019年7月より始まった「事業者変更」について解説しました。

これまで光コラボ同士の乗り換えは、一旦解約して新規契約、工事も再び必要と…結構な手間だったのが楽になりましたね!

事業者変更で申し込みした場合でもキャッシュバックが貰えたり、キャンペーンを実施している光コラボはたくさんあります。

中でも「ビッグローブ光」はキャッシュバック25,000円も貰えてとてもお得な光回線です!

現在使っている光コラボに不満がある方は、ぜひ「事業者変更」を検討してみてくださいね。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA