【21社を徹底比較】光回線おすすめ6選と失敗しない選び方|2021年10月

【評判悪い?】iSmart(アイスマート)ひかりの7つのデメリットとおすすめしない理由

今回は、株式会社フォーバルテレコムが運営する光コラボの「iSmart(アイスマート)ひかり」を解説します。

個人的な感想を書かせてもらうと「おすすめできない回線」になります。

料金やキャンペーンなどを、他の光回線と比べてみてもデメリットの方が多いと感じるのでおすすめできません。

そこで、私が思う7つのデメリットとおすすめしない理由を解説します。

関連記事:【21社を徹底比較】光回線おすすめ6選と失敗しない選び方|2021年9月

目次
  1. 結論:iSmartひかり(アイスマートひかり)はおすすめ出来ない光回線です
  2. iSmart(アイスマート)ひかりの悪い評判の真相をネット上の口コミから徹底分析!
  3. iSmart(アイスマート)ひかりの3つのメリット
  4. iSmart(アイスマート)ひかりをおすすめできない7つのデメリット
  5. iSmart(アイスマート)ひかりの申し込み方法⇒工事⇒通信トラブル⇒解約までの流れ
  6. iSmart(アイスマート)ひかりのよくある7つの疑問を解決!
  7. iSmart(アイスマート)ひかりの会社概要
  8. 評判悪い?iSmart(アイスマート)ひかりの7つのデメリットとおすすめしない理由のまとめ

結論:iSmartひかり(アイスマートひかり)はおすすめ出来ない光回線です

i Smartひかりのスペック
月額料金(税抜)NTT東日本エリアNTT西日本エリア
回線単体契約ファミリー5,400円5,400円
マンション ミニ4,050円4,500円
マンション プラン13,450円3,700円
マンション プラン23,050円3,200円
プロバイダ込ファミリー5,700円5,010円
マンション ミニ4,700円4,570円
マンション プラン14,100円3,980円
マンション プラン23,700円3,580円
通信速度最大 1 Gbps
工事費戸建て:18,000円
マンション:15,000円
初期費用契約事務手数料:800円
キャッシュバック0円
契約期間回線単体契約:なし
プロバイダ込:3年契約/違約金25,000円

※全て最大1Gbpsのギガプランの料金です。
※プロバイダ込の料金は【回線:i Smartひかり】+【プロバイダ:i Smart接続F-ひかり】の合計料金です。割引(3年契約)も適用した料金です。

iSmartひかりのおすすめできない理由

  • 料金プランが複雑で確認が面倒
  • NTT東日本エリアは月額料金が高い
  • 3年縛りの割には月額料金が高い
  • 公式サイトの説明が不親切すぎる
  • キャッシュバックなし、工事費有料

結論から申しますと…「i Smartひかり」はおすすめ出来ない光回線です…。

理由はたくさんあるのですが…まず、プランが多すぎて複雑なのが気になります。

表には最低限必要な「最大1Gbpsサービス」のもので、「回線単体プラン」と「プロバイダ込プラン」でまとめましたが、他にも要らないプランがたくさんあって、非常に見辛いです…。

また「回線単体プラン」は、NTT東西のフレッツ光の割引が適用されていない料金と同じです。料金も高いですし、使う価値はありません。

「プロバイダ込プラン」は、回線として「i Smartひかり」+プロバイダとして「i Smart接続F-ひかり」をセットで使うプランで、3年縛りも追加されますが、回線料金が割引されます。(表は回線料+プロバイダ料+割引適用の「全てコミコミ」の料金です)

さて、この複雑なプランを読み解いて表にまとめた訳ですが…、NTT西日本エリアは割引が強いので、平均~ちょっと安いくらいの料金でした。

ですが、NTT東日本エリアは平均よりも高めの料金設定で、東西で料金の違いが結構あるのも気になりますね…。

更に更に…この料金表はi Smartひかりの公式サイトに記載されておらず、利用規約から確認する事になります。

公式サイトは不親切どころか、契約を取る気が一切無いように思えます。i Smartひかりの運営会社は、個人向け回線の顧客獲得を代理店に任せていた過去があるようで、公式サイトからの契約は狙っていないのかもしれませんね。

プロバイダの「i Smart接続F-ひかり」もIPv6 IPoEに対応してないようで、もっと言いたい事はあるのですが…、長くなってしまったのでこの辺りでまとめます(笑)

料金高い!契約縛り長い!違約金高い!工事費有料!キャッシュバックなし!

i Smartひかりは他社回線と比べて、全く使う価値がありません。

おすすめの光回線は、下記のボタン先で紹介しているのでこちらもチェックしてみてくださいね。

おすすめの光回線をチェック!

iSmart(アイスマート)ひかりの悪い評判の真相をネット上の口コミから徹底分析!

アイスマート光っていう評判の悪い回線を家族が契約してしまってネット環境くっそ遅くなってしまった😇今日は電話も繋がらなくて解約できなかったみたいだけど大丈夫かなぁ…

— 豆もやし (@troko130) 2018年5月16日

昨日の晩、アイスマート光という光コラボのサービスに乗り換え契約を一旦はしたものの、ggrksして評判の悪さとか手口の悪辣さに気付いてNTT東日本のサイトで昨日発行した転用番号を無効にするために再発行の手続きをした。
フリーダイヤルでこっちからかけると繋がらないからかけさせるつもり。

— くがやま@powered by SIEMENS ? (@kugayama777) 2018年4月20日

アイスマート光とか言う所から
基本料金が1000円安くなるから
後日遠隔でパソコンの設定変える
とか言う内容の電話があった…
なんか胡散臭いので断ったあと
ググったらまんまじゃん… pic.twitter.com/MhRLGL0DDG

— つよぽん@おやぢ (@premacy616) 2015年3月10日

iSmart(アイスマート)ひかりに勧誘方法が悪い、回線が遅いという口コミがありますね。

利用者を獲得する方法にも、過去問題があったようです。

特定非営利活動法人「消費者支援機構関西」独立行政法人「国民生活センター」のページに書かれています。

これらの口コミを見てしまうと、悪いイメージを抱いてしまいがちですね…。

ちなみにですが、良い内容の口コミは私は見つけれませんでした…。不満を持っている方が多いようですね。

iSmart(アイスマート)ひかりの3つのメリット

iSmart(アイスマート)ひかりのメリット①:フレッツ光回線の品質を利用できる

iSmart(アイスマート)ひかりは、光コラボレーションの商品なので、NTTのフレッツ光回線を利用します。

NTTの高品質で通信速度が速くて安定する回線を利用できるので、ネット速度が遅くてイライラすることも少ないんです。

それにエリアも広い!NTTのフレッツ網だから全国に広がっていてカバー率95%です。「私の住んでいる田舎はエリア外だ…」ということがほぼありません。

光コラボレーションとは:NTT東・西日本が提供している「フレッツ光回線」をそれぞれの事業者が利用し、フレッツ光の速度・品質はそのままで、それぞれの事業者が独自のサービスをプラスした光回線。

iSmart(アイスマート)ひかりのメリット②:マンションタイプの月額料金が安い

比較項目月額料金
iSmartひかりファミリー(戸建て)5,200円~5,700円
iSmartひかりマンション(マンション)2,850円~4,500円
NURO光1,900円~2,500円
auひかり3,400円~5,000円

iSmart(アイスマート)ひかりはマンションタイプの月額料金が、戸建てより安くなりますし、他の大手の光回線と比べても料金では負けない水準になっています。

どの光回線でも当てはまることではありますが、iSmartひかりも例外なく集合住宅のほうが月額料金が安いですね。

月額料金に幅があるのは、東日本と西日本では同じプランでも月額料金に違いがあるからです。

ismartひかり料金表

上の表のように、マンションタイプの月額料金もフレッツ光が基準になっているので、細かく分かれています。

iSmart(アイスマート)ひかりは戸建てよりマンションの方が料金が安い!

iSmart(アイスマート)ひかりのメリット③:新規契約事務手数料が安い

比較項目新規事務手数料
iSmartひかり800円
SoftBank光3,000円
NURO3,000円
auひかり3,000円
ドコモ光3,000円

iSmart(アイスマート)ひかりは、新規契約事務手数料が800円(東日本、西日本共に)と安い価格になっています。

大手の携帯キャリアの光回線は、その多くが手数料として3,000円請求されるので、それらと比べて格段に安い手数料となっていますね。

iSmart(アイスマート)ひかりの新規契約事務手数料は800円で安い!

iSmart(アイスマート)ひかりをおすすめできない7つのデメリット

ここからはiSmart(アイスマート)ひかりのデメリットを書いてみます。ユーザーが本当に知りたい情報はデメリットですから事前に把握しておきましょう。

過去には代理店の営業のやり方に勧告されたこともあるようです。

iSmart(アイスマート)ひかりのデメリット①:キャッシュバックがない

サービス名キャッシュバック
iSmart(アイスマート)ひかりなし
au光最大5万円キャッシュバックなど
ドコモ光最大1万5千円キャッシュバック、最大2万円ポイントプレゼントなど
nuro3万5千円キャッシュバックなど
コミュファ光最大5万5千円キャッシュバックなど

iSmart(アイスマート)ひかりはキャッシュバックがないんです。どこを探しても見つけられませんでした。

光回線もそうですし、ポケットWi-Fiやソフトバンクエアーなどインターネット回線系は、大なり小なりキャッシュバックってありますよね。

公式サイトでやっていなくても、代理店が大々的に実施してたりします。

しかし、iSmart(アイスマート)ひかりは公式サイトでもありませんし、代理店の申し込みもないので、キャッシュバックがないんです。

過去には代理店がキャッシュバックをしていたという情報がありますが、それらは現在全て終了しています。

iSmart(アイスマート)ひかりはキャッシュバックがない!!

光回線をキャッシュバックキャンペーンや通信速度、工事費、オプションなど様々な面から比較してみた最新の情報が載っている記事になります。ぜひご覧頂きたいと思います。

【2021年最速の光回線ランキング】全21社の通信速度を徹底比較【光回線速度ランキングを徹底解説】主要光回線21社の実測値を徹底比較し、本当に速いサービス5社をランキング形式で紹介しています。また選び方のポイントやエリア別でおすすめの光回線についても解説しています。...

iSmart(アイスマート)ひかりのデメリット②:公式サイトの説明がわかりづらい

ismart光トップ画面

iSmart(アイスマート)ひかりの公式サイトがわかりづらいんです。

  • どんなサービス内容なのか?
  • 月額料金はどのプランだといくらなのか?
  • 通信速度はどのくらいでるのか?
  • キャンペーンなどはあるのか?
  • 月額料金以外に発生する費用はあるのか?

これらの情報が書かれておらず、わかりづらいサイトになっています。

サービスの内容が全く知ることができません!!

過去には、獲得を代理店に丸投げしている状態だったらしいけれど、それにしても、もう少し他の光回線のサイトのように、見やすく、わかりやすくしてほしいですね。(資本金5億円の法人相手の上場企業にとって個人はどうでもいいかもしれませんけれど…)

※この記事内の情報は、全て利用規約・重要事項説明書から確認した情報です。

iSmart(アイスマート)ひかりは公式サイトがわかりづらい!

iSmart(アイスマート)ひかりのデメリット③:工事費無料キャンペーンがない

比較項目工事費用
iSmart(アイスマート)ひかり戸建て18,000円、マンション15,000円
NUROひかり実質無料
au光実質無料
ドコモ 光無料
ソフトバンク光実質無料

iSmart(アイスマート)ひかりは工事費が

  • 戸建て18,000円
  • マンション15,000円

必要になります。

光回線は上記の表のように、工事費自体を無料にしていたり、キャッシュバックキャンペーンで実質無料になる回線が多いので、痛い出費になりますね。

我が家で家族みんなで使っていて凄く使える!工事不要で自宅で無料Wi-Fiが可能になるSoftBank Airについて書いた記事【評判悪い!SoftBank Air(ソフトバンクエアー)契約前の3つの注意点】はこちらになります。

iSmart(アイスマート)ひかりのデメリット④:自分でプロバイダを選べない

サービス名プロバイダ選択
iSmart(アイスマート)ひかりスマートひかりのみ
auヒカリau one netなど7つのプロバイダから選択可能
ドコモひかりドコモnetなど25のプロバイダから選択可能
ソフトバンク 光SoftBankのみ
excite光BB.exciteのみ

iSmart(アイスマート)ひかりは自分でプロバイダを選ぶことはできません。プロバイダは「スマートひかり」のみになります。

「iSmart(アイスマート)ひかり」は、NTT東日本とNTT西日本が提供する光回線を使用し、プロバイダ「スマートひかり」と光回線をワンストップで提供する光コラボレーションの回線だから、プロバイダを選べないのです。

ドコモ光やau光など光回線の中には、回線だけを契約することもでき、好きなプロバイダを自分で選ぶこともできるところもありますが、iSmart(アイスマート)ひかりではそのようなサービスにはなっていないんです。

iSmart(アイスマート)ひかりは自分でプロバイダを選べない!

iSmart(アイスマート)ひかりのデメリット⑤:最低利用期間がある

サービス名最低利用期間
iSmart(アイスマート)ひかり3年
DTI光なし
en光なし
エキサイト光なし
excite MEC光なし

iSmart(アイスマート)ひかりも最低利用期間があります

スマホの契約が2年だから「最低利用期間が3年でもしょうがないか…」と思いがちですが、上記の表のように最低利用期間がない光回線もあるので、そういう面でもおすすめできない光回線になってしまいます。

iSmart(アイスマート)ひかりのデメリット⑥:営業のやり方が強引という評判も…

NTT光サポートセンターを騙る者から勧誘電話を受けたが、性質の悪い営業電話の中でも悪質な部類だった。

巧みに誤魔化そうとしてきたが、iSmartひかり(アイスマート光)絡みなのは分かった。
しかし代理店名を聞き出そうとしたら切られたw

— Tea.Y (@TeaY_SF) 2017年12月11日

iSmart(アイスマート)ひかりは、代理店によるユーザーの獲得方法が強引だという悪い評判が多いです。

パソコンを遠隔操作してプロバイダ契約させるという営業方法をしていた代理店もあったようです。パソコンに詳しくない高齢者の方を特に狙った方法ですね。

特定非営利活動法人消費者支援機構関西の勧告によるフォーバルテレコムの回答を見てみると、コンプライアンスガイドラインに違反し処分した代理店は61社もあったようです。

さらに、「プロバイダ契約またはオプション契約をした覚えがないにもかかわらず契約したことになっている」という苦情は、過去に半年間で167件もあったようです。

代理店の獲得方法も問題があったようですし、それをフォーバルテレコムは放置していたという事実が昔あったようですね。

過去の話とはいえ、企業体質って変わるのでしょうか?

iSmart(アイスマート)ひかりは代理店の営業が強引だったことがある

インターネット回線の勧誘は、今でも時として強引だったり、しつこいことがよくあります。

そのようなしつこい電話営業を撃退する方法を下記の記事で紹介しています。これを参考にして頂き悪質な勧誘にひっかからないようにしてほしいと思います。

光コラボレーション 勧誘 断り方
【光コラボレーション勧誘の断り方紹介】電話・訪問勧誘の撃退方法光コラボレーションの電話勧誘・訪問勧誘の対策方法を紹介しています。勧誘停止登録を行い、それでも来た勧誘に対しては「断り文句」を用意して撃退しちゃいましょう!様々な対策法を紹介してますので、是非参考にしてみてください。...

iSmart(アイスマート)ひかりのデメリット⑦:Wi-Fiルーターのレンタルは別料金

比較項目東日本料金西日本料金
電話サービスなし提供なし250円
電話サービスあり(戸建て)300円100円
電話サービスあり(マンション)750円100円

iSmart(アイスマート)ひかりは、Wi-Fiルーターのレンタルは別料金になります。

値段も細かく設定されていて、東日本と西日本での違いもあります。(東日本の方が高いんですね…。)

今は、一般的なご家庭でも無線Wi-Fiが当たり前なので、Wi-Fiルーターのレンタルは必須になると思います。

いくら月額料金が安くても、こういう部分でお金がかかり、結局高くつくもんなんです…。

iSmart(アイスマート)ひかりの申し込み方法⇒工事⇒通信トラブル⇒解約までの流れ

iSmart(アイスマート)ひかりの申し込みから工事、トラブルの対応、解約する時の方法まで、一連の流れを紹介します。

iSmart(アイスマート)ひかりの申し込み契約方法-一番損をしない申込先はどこ?

申込先主な特典
公式サイトなし
代理店該当なし
家電量販店申し込み自体なし

この記事の最初の方にも書きましたが、iSmart(アイスマート)ひかりに申し込みをするなら公式サイト経由で申し込みをする方が一番損をしません。

高額キャッシュバックを実施している代理店もないので、公式サイトから一番お得!と言うか、そこしかありません。

家電量販店でもiSmart(アイスマート)ひかりの申し込み自体がありません。(調べた限り情報を見つけられませんでした)

iSmart(アイスマート)ひかりの工事内容や工事費用について

新規転用
戸建て18,000円2,000円~18,000円
マンションタイプ15,000円2,000円~18,000円
工事内容電信柱から光ケーブルを宅内に引き込み光コンセントに変換してモデムに接続する

iSmart(アイスマート)ひかりの工事内容と工事費用は上記のような内容になります。

戸建てで18,000円、マンションタイプで15,000円の工事費用が発生しますし、土日祝日は別途3,000円の工事費用が発生します。

あとから「あれ?3,000円余分に請求されている!」ということがないようにしましょう。

iSmart(アイスマート)ひかりはフレッツ光回線を利用するのですが、「そもそも光回線の工事ってなに?どんなことするの?」という疑問をお持ちの方は、フレッツ光回線の工事内容を詳しく書いてある下記の記事をご覧下さい。

ネット回線工事
フレッツ光の工事内容まとめ!工事の流れや期間を徹底解説!フレッツ光の工事内容を戸建て・マンション別にまとめています。工事期間をすこしでも短くして、最短でフレッツ光を利用できる仕組みを解説しています。...

iSmart(アイスマート)ひかりの通信速度が遅い&繋がらないという事象について

  • 通信機器の再起動
  • 通信機器のランプを確認
  • 共通パスワードの確認
  • 公式サイトの問い合わせフォームから問い合わせる

iSmart(アイスマート)ひかりを利用しているときに、通信速度が遅く感じたり、ネットへの接続が悪くなった時は、上記の4つをまずは試してみることをお勧めします。

これらを試してみても、何度も不具合が発生するようなら、乗り換えも検討してみてもいいかもしれません。

フォーバルテレコム問い合わせ先 電話番号:0120-932-357

営業時間:平日10時~19時/土日祝10時~18時

iSmart(アイスマート)ひかりの解約方法について

iSmart会員サイトiSmart接続お客様会員サイト
フォーバルテレコム解約問い合わせ先電話番号:0120-932-357

固定電話以外:0570-099-357

解除料25,000円(3年以内の場合)

iSmart(アイスマート)ひかりを解約したいときは、会員専用の「iSmart会員サイト」、またはフォーバルテレコムの解約問い合わせ先へ電話で申し込みをします。

割引を適用し、最低利用期間の3年以内に解約を申し出ると、解除料として25,000円かかります。

加えて、iSmart(アイスマート)ひかりの廃止工事も必要になってくるのですが、廃止工事代金が当然発生します。

廃止工事の値段は公式サイトに書かれていないので、問い合わせて直接聞くしかないのですが、一般的には

  • 軒先残置:5,000円
  • 引込線全撤去:10,000円

が基本的な相場です。問い合わせた時に、必ず金額を確認しておき、あとから「知らなかった…」、「金額が高い!」ということが無いようにしましょう。

iSmart(アイスマート)ひかり解約後、廃止工事費用が発生するから金額を確認しましょう。

iSmart(アイスマート)ひかりのよくある7つの疑問を解決!

iSmart(アイスマート)ひかりを利用する時によくある7つのFAQを紹介します。

Q1:iSmart(アイスマート)ひかりには電話サービスもあるのですか?

A:「スマートひかり」電話を利用することができます。光ファイバーを使った電話サービスで、3分=8円と一般的な電話より通話料が安くなります。

基本料は月額500円です。

Q2:iSmart(アイスマート)ひかりテレビってどんなサービス?

A:アンテナの代わりに光回線を使って、地デジもBSも楽しめるテレビサービスになります。

初期工事3,000円
月額利用料660円
東日本対象エリア東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、福島県、北海道の各一部地域
西日本対象エリア大阪、和歌山、京都、奈良、滋賀、兵庫、愛知、静岡、岐阜、三重、広島、岡山、香川、徳島、福岡、佐賀の各府県の一部地域

ひかりテレビ単独工事だと7,500円工事費用が発生します。

Q3:月額料金にプロバイダー料は含まれますか?

A:サイト側に記載されている料金表は含まれていません。この記事の冒頭で紹介したスペック表の「プロバイダ込」は、分かりやすいようプロバイダ料込みの料金で記載しています。

プロバイダーは「Fひかり」になります。

Q4:光コラボ対象回線は?

A:光ファイバーと「iSmart光回線」を使った「光コラボ」申し込むことができる回線は下記になります。

NTT東日本対象エリアフレッツ光ネクスト ファイミリータイプ/フレッツ光ネクスト ファミリーハイスピードタイプ/フレッツ光ネクスト ギガファミリースマートタイプ/フレッツ光ネクスト マンションタイプ/フレッツ光ネクスト マンションハイスピードタイプ/フレッツ光ネクスト ギガマンションスピードタイプ
NTT西日本対象エリアフレッツ光ネクスト ファミリータイプ/フレッツ光ネクスト ファミリーハイスピードタイプ/フレッツ光ネクスト/ファミリーハイスピードタイプ隼/フレッツ光ネクスト マンションタイプ/フレッツ光ネクスト マンションハイスピードタイプ/フレッツ光ネクスト マンションハイスピードタイプ隼

Q5:iSmart(アイスマート)ひかりはIPv6に対応していますか?

A:利用可能です。運用までに一週間程度必要です。

ひかり電話あり無線LAN機能付きLAN必須
ひかり電話なしレンタルホームゲートウェイ必須
最低利用期間なし
解約金なし

Q6:フレッツ光からの乗り換えは出来ますか?

A:可能です。乗り換え=転用する際に、NTT東日本、西日本の窓口から転用承諾番号を発行してもらう必要があります。

フレッツ光から転用した体験談はこちらになります。体験談は公式サイトではわからない実体験が伝わってきますので、ぜひご覧頂きたいと思います。

フレッツ光からソフトバンク光への乗り換え
フレッツ光からソフトバンク光へ転用(乗り換え)した私の口コミ!フレッツ光からソフトバンク光へ乗り換えた私の口コミを掲載しています。キャッシュバックはどれくらい貰えたのか、速度は速くなったのか、本当にお得なのかなどを徹底的に検証しています。転用のための手順も詳しく解説しています。...

Q7:セキュリティソフトは付いてきますか?

A:セキュリティソフトは付いてきません。自分で用意する必要があります。

いろいろあるセキュリティソフトで私がおすすめするウイルスバスタークラウドについて解説した記事になります。

日々進化するウイルスの脅威から個人情報を守りましょう。

女性とスマホ
【評判悪い?】ウイルスバスタークラウド・モバイルの口コミを徹底解説【トレンドマイクロ社の人気のウイルス対策ソフト「ウイルスバスター」を紹介】個人情報を守るためにも、ウイルス対策ソフトは必須なので、ぜひ参考にしてみてください...

iSmart(アイスマート)ひかりの会社概要

運営会社株式会社フォーバルテレコム
住所〒101-0054 東京都千代田区神田錦町三丁目26番地一ツ橋SIビル2F
電話番号03-3233-1301
会社設立1995年4月5日
事業内容
  • 通信サービスの提供
  • セキュリティ認証取得コンサルティング業

評判悪い?iSmart(アイスマート)ひかりの7つのデメリットとおすすめしない理由のまとめ

iSmart(アイスマート)ひかりのまとめ
  • 月額料金は低め
  • キャッシュバックがない
  • 戸建て18,000円、マンション15,000円の工事費がかかる
  • 過去に代理店の強引な営業があった
  • 36ヶ月以内の契約解除料は25,000円
  • 公式サイトがわかりづらい

今回は、株式会社フォーバルテレコムが運営しているiSmart(アイスマート)ひかりについて解説してみました。

いろいろ調べてみると、過去に代理店のユーザー獲得方法が問題になったようですね。今の時代は、ユーザーも代理店もサービス提供会社もWin-Win-Winの獲得方法でないと、誰も契約しません。

それに悪い評判はSNSですぐに拡散しますし。

加えて、キャッシュバックキャンペーンもありませんし、工事費が無料になることもありません。

フォーバルテレコム自体法人向けのサービスがほとんどなので、ほとんど力を入れていない個人向けのiSmartひかりはやめた方がいいんじゃないの?と思いました。

あなたに合った回線の選び方や料金が安く速度が速い光回線については以下の記事で詳しく解説しました。快適にインターネットを利用する上で光回線選びは重要なので、困ったらぜひ参考にしてください。

関連記事:【21社を徹底比較】光回線おすすめ6選と失敗しない選び方|2021年9月

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA