インターネット事情

iPhoneのダウンロードが遅いときの原因と9つの対処法を状況別に解説!

iPhoneを操作している

編集部Jun
編集部Jun
こんにちは「なるほどWi-Fi」編集部のJunです。

この記事ではiPhoneのダウンロードが遅いときの原因と9つの対処法について徹底解説します!

iPhoneのダウンロードが遅い原因はさまざまですが、アプリをダウンロードできなかったり、アップデートが進まないと焦ったり、イライラしてしまいますよね。

iPhoneを利用していてダウンロードが遅くなったときは、これから紹介する9つの対処法をぜひ試してみてください!

iPhoneのダウンロードが遅い原因について

iPhoneの設定イメージ
日々iPhoneを利用していると、ダウンロードが遅くなったり、iPhoneの動作が遅くなったりして困ってしまうことがありますよね?

iPhoneのダウンロードが遅くなる原因ですが、アプリやブラウザのキャッシュだったり、ネットワークの通信障害、OSや端末の不具合などさまざまな原因が考えられます。その他にもバッテリーの劣化や、OSのアップデートなども原因として考えられるので、ダウンロードが遅いときなかなか原因を特定することができません。。

原因の特定は難しいですが、大切なのはダウンロードが遅い状況を少しでも早く解消することです!次章で紹介する9つの対処法を試して、ダウンロードが遅い状況をすっきり解消してくださいね。

iPhoneのダウンロードが遅いときの9つの対処法!

ダウンロードが遅いときの9つの対処法
  1. 対処法①:iPhoneを再起動する
  2. 対処法②:機内モードの「オン」と「オフ」を繰り返す
  3. 対処法③:キャッシュを削除する
  4. 対処法④:使っていないアプリを終了させる
  5. 対処法⑤:App Storeからサインアウトする
  6. 対処法⑥:iPhoneの空き容量を確認する
  7. 対処法⑦:アプリを削除して再インストールする
  8. 対処法⑧:iOSを最新バージョンにアップデートする
  9. 対処法⑨:iPhoneを初期化する

iPhoneのダウンロードが遅いときの対処法ですが、手軽に試せる方法も多くあるので、ダウンロードが遅いなと感じたらカンタンにできる対処法から試してみてください。

それでは9つの対処法を具体的にみていきましょう!

対処法①:iPhoneを再起動する

iPhoneの再起動
ダウンロードが遅いし、調子が悪い!と感じたときは、まず再起動を試してみましょう。再起動することで、iPhoneのメモリの状態をクリアにすることができます。

「メモリ不足」がダウンロード速度に影響していることも多いので、ダウンロードが遅い状況のときは、再起動を試してみてください。

対処法②:機内モードの「オン」と「オフ」を繰り返す

iPhone機内モードのオンオフ
「設定」から「機内モード」のオン・オフに切り替えてみます。ネットワークを接続しなおすことで、通信エラーが解消されて、ダウンロード速度が速くなることがあります。

機内モードの切り替えで解消されなければ、「Wi-Fi」「モバイルデータ通信」のオン/オフ切り替えも試してみてください。

キャリアの不具合の可能性もあるので、少し時間を置いてから試してみると、ダウンロードができるようになっていることもあります。

対処法③:キャッシュを削除する

iPhoneでSafariのキャッシュ削除
キャッシュは、削除しなければどんどん溜まってしまったり、キャッシュに不要ファイルが残っていることで、ダウンロードのエラーがでてしまうことがあります。

ダウンロードが遅いなと感じたり、ダウンロードが途中で失敗してしまったときは、キャッシュの削除を試してみましょう。

対処法④:使っていないアプリを終了させる

iPhoneアプリを終了させる
ダウンロード速度が遅い原因が、現在一緒に利用しているアプリが影響している可能性もあります。使っていないアプリの終了は、ホームボタンを2回連続で押したあと、アプリを上へスワイプさせれば終了できます。

対処法⑤:App Storeからサインアウトする

AppleIDのサインアウト
App Storeへのログインができていなくて、アプリなどのダウンロードができないこともあるので、そんなときはApp Storeからログアウトして、再度ログインをしてみましょう。

ログインできないときは、Apple IDの認証ができていないことがあるので、再度ログインすることで、Apple IDの認証が問題であれば、ダウンロードができない状況も解消します!

対処法⑥:iPhoneの空き容量を確認する

ストレージの容量確認
iPhoneのストレージの容量を定期的に確認してみましょう。空き容量が残り少なければ、動作やダウンロードが遅い原因になっている可能性が高くなります。

残量が残り少なくて、アプリのデータが容量を超えてしまいダウンロードできないこともあるので、空き容量のチェックをしてみてください。

写真やビデオはいつの間にか増えてしまい、容量が少なくなることに気づかない場合が多いので、定期的に空き容量を確認するようにしておくと容量が原因でダウンロードができないこともなくなり安心ですよね。

必要のないデータを削除して、空き容量を増やせば、iPhoneの動作が軽くなり、ダウンロードも速くなります。データを削除するとき、大切なデータは必ずバックアップをとっておきましょう!

対処法⑦:アプリを削除して再インストールする

iPhoneアプリの再インストール
アプリの更新・ダウンロードが遅い時、アプリを削除して再インストールしてみてください。

アプリのインストール時というよりも、アップデート時にフリーズして進まないといった場合の対処法となりますが、かなり有効な手段です。アプリを一度削除してから再インストールしてみましょう。

アプリを消してしまうとアプリ内での設定なども削除されてしまうこともあるので、大切なデータを削除してしまわないように注意しましょう。

対処法⑧:iOSを最新バージョンにアップデートする

iOSのアップデート手順
iOSが古いとダウンロード自体ができないことがあります。定期的にiOSをバージョンアップしていないのであれば、iOSのバージョンを確認して、必要であれば最新バージョンへのアップデートをしましょう。

古いバージョンの不具合なども解消されるので、常に最新のバージョンにアップデートしておくように心がけておくとiOSによるダウンロードの不具合は少なくなり、快適にiPhoneを利用することができます。

対処法⑨:iPhoneを初期化する

iPhoneの設定をリセット
iPhoneの初期化は再度の手段です。iPhoneを初期化すれば、工場出荷時のフレッシュな状態に戻すことができます。

初期化を行うときは、必要なデータは必ず事前にバックアップを行いましょう。iCloudやできればPCにもバックアップをしておくと安心です。

大切なデータをなくしてしまわないように、iPhoneを初期化は慎重に行ってくださいね。

以上9つの対処法を紹介しました。ダウンロードが遅いときはぜひ試してみてください!次章ではダウンロードが頻繁に遅くなる状況や、アプリの使用時に応じた対処法も紹介します。

iPhoneでApple Musicやアプリ内のダウンロードが遅いときの対処法

Apple Musicやアプリ内のダウンロードが遅いときの対処法
  1. Apple Musicが遅いときの対処法
  2. 写真アプリが遅いときの対処法
  3. PDFファイルの表示が遅いときの対処法
  4. iPhoneアップデートが遅いときの対処法

音楽や写真アプリなどを使っていたり、ファイルの表示やアップデートなど、iPhoneを使っているとダウンロードの遅延が起こりやすい状況というのがあります。ダウンロードの遅延が起こりやすい状況と対処法について、解説していくのでぜひ参考にしてください!

1:Apple Musicが遅いときの対処法

AppleMusic
空き容量をしっかり確保して、ストリーミングでの通信量をコントロールすることが、Apple Musicが遅いときの対処法です!

Apple Musicのダウンロードが遅いときは、ネットの通信制限やiPhoneのストレージ容量が少なくなっているのが原因になっていることが多いです。

移動中や家でくつろいでいるときなど、日常的に音楽を聞いていると、ストリーミングによる通信量が多くなり、知らないうちにキャリアの速度制限にかかっていることがあります。

またストリーミングを減らすために、「オフライン再生」などを行うと、今度はiPhoneのストレージ容量が知らないうちに一杯になってしまうこともあります。

ネットの通信制限にかかってしまうと、追加容量を購入するか、wifi利用時しかApple Musicが利用できなくなってしまうので、日頃の通信量やストレージの残り容量に注意しながら、バランスよくApple Musicを利用してくださいね。

2:写真アプリが遅いときの対処法

写真アプリイメージとストレージ容量
写真アプリで写真のダウンロードが遅いときの多くはiPhoneの空き容量が少なくなっていることが原因です。

iPhoneの空き容量が少なくなると、画像を表示するたびに端末内の写真を消して、オリジナルをダウンロードしてくるので、表示するのに時間がかかってしまいまい、ダウンロードが遅く感じます。

対処方法はiPhoneの空き容量の確保になります。不要なアプリを削除したり、写真のバックアップを取って、iPhoneから削除して空き容量を増やしましょう。

3:PDFファイルの表示が遅いときの対処法

iPhonePDFイメージ
iPhoneのSafariでPDFを読み込むとき、ダウンロードが遅くなることもよくあります。そんなときは「Wifi通信を利用する」「キャッシュの削除」が対処法になります。

Safariでの通信環境の問題でなければ、「履歴とwebサイトデータを消去」を試してみてください。あとブラウザの不要なタブも閉じるようにしましょう。

4:iPhoneアップデートが遅いときの対処法

iOSアップデート
iOSのアップデートもダウンロードが遅くなることが多く、対処法としては「Wifi通信を利用する」「空き容量の確保」「キャッシュの削除」「少し時間を置く」の4つになります。

ネット回線が遅いこと以外では、新しいiOSの公開直後はたくさんの人が、アップデートを行っているので、ダウンロードが遅かったり、失敗することがあります。そんなときは少し時間を空けてから再度アップロードしてみましょう。

あとiOSはデータ容量も少し大きいので、iPhone本体の空き容量もしっかり確保しましょう。

iPhoneのダウンロードが遅いときのまとめ

iPhoneのダウンロードが遅いときのまとめ
  • ダウンロードが遅い原因を特定するのは難しい
  • 再起動やキャッシュクリアなどカンタンにできる方法で解消することも多い
  • どうしてもダウンロードスピードが解消できない場合は初期化も検討する
  • Musicや写真などのアプリやアップデートなど状況別の対処法も知っておく

iPhoneのダウンロードが遅いときの9つの対処法と原因についてまとめました。

ダウンロードが遅くなる原因を特定するのは難しいですが、対処法を知っておくことで、すぐにダウンロード速度を改善し、iPhoneを快適に利用することができます。

iPhoneのダウンロードが遅いときは、この記事で紹介した9つの対処法をぜひ試してみてくださいね!


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA