インターネット事情

iPhoneアプリのダウンロードが遅い原因は?9つの対処法を状況別に徹底解説

iPhoneを操作している
  • アプリのダウンロードが遅い…
  • 原因は何なのかな…
  • 対処法を知りたい。

iPhoneのダウンロードが遅くなる原因はさまざまです。

アプリをダウンロードできなかったり、アップデートが進まなかったりすると、イライラしてしまいますよね。

iPhoneのダウンロードが遅くなった時の原因と対処法は以下です。

ダウンロードが遅くなる原因

  • アプリ・ブラウザキャッシュの不具合
  • OS・端末の不具合
  • ネットワーク通信障害
  • バッテリーの劣化
  • OSのアップデート
編集部ダイゴ
編集部ダイゴ

本記事では長年通信機器を販売してきた私が、以下3点を解説します。

  • アプリのダウンロードが遅い原因
  • ダウンロードが遅い時の対処法
  • アプリ内のダウンロードが遅い時の対処法

すべて読めば、快適にiPhoneでアプリをダウンロードできるようになるでしょう。

目次
  1. iPhoneアプリのダウンロードが遅い原因
  2. iPhoneアプリのダウンロードが遅いときの対処法9選
  3. iPhoneアプリのダウンロードが遅いのはネットかも?
  4. iPhoneでアプリ内のダウンロードが遅いときの対処法4選
  5. 【Q&A】iPhoneのダウンロードに関する質問
  6. まとめ:iPhoneのダウンロードが遅いときの対処法

iPhoneアプリのダウンロードが遅い原因

iPhoneの設定イメージ
日々iPhoneを利用していると、ダウンロードが遅くなったり、動作が遅くなったりして困ってしまうことがありますよね。

iPhoneのダウンロードが遅くなる原因は以下です。

ダウンロードが遅くなる原因

  • アプリ・ブラウザキャッシュの不具合
  • OS・端末の不具合
  • ネットワーク通信障害
  • バッテリーの劣化
  • OSのアップデート

ダウンロードが遅いときなかなか原因を特定できません。ただし大切なのはダウンロードが遅い状況を少しでも早く解消することです。

次章で紹介する9つの対処法を試して、ダウンロードが遅い状況を解消してください。

iPhoneアプリのダウンロードが遅いときの対処法9選

iPhoneのダウンロードが遅いときの対処法は手軽に試せるのが多くあります。

ダウンロードが遅いなと感じたら以下の対処法を試してみてください。

それぞれ詳しく解説します。

対処法①:iPhoneを再起動する

「ダウンロードが遅く、調子が悪い」と感じたときは、再起動してみましょう。

iPhoneの再起動
再起動すれば、iPhoneのメモリの状態をクリアできます。

「メモリ不足」がダウンロード速度に影響することも多いため、再起動を試してみてください。

対処法②:機内モードの「オン」と「オフ」を繰り返す

「設定」から「機内モード」のオン・オフに切り替えてみます。

ネットワークを接続し直すことで、通信エラーが解消されて速度が速くなります。

iPhone機内モードのオンオフ

機内モードの切り替えで解消されなければ「Wi-Fi」「モバイルデータ通信」のオン/オフ切り替えを試してください。

キャリアの不具合の場合があるため、少し時間を置いてから試すと、ダウンロードができるようになることがあります。

対処法③:キャッシュを削除する

キャッシュは、削除しなければ溜まってしまったり、キャッシュに不要ファイルが残ったりするとエラーが出ることがあります。その場合は「キャッシュの削除」をしましょう。

iPhoneでSafariのキャッシュ削除

遅いなと感じたり、途中でダウンロードが失敗してしまったりしたときは、キャッシュの削除を試してみましょう。

対処法④:使っていないアプリを終了させる

現在一緒に利用しているアプリが影響している可能性もあります。その場合は使っていないアプリを終了させましょう。

iPhoneアプリを終了させる

使っていないアプリは、ホームボタンを2回連続で押したあと、アプリを上へスワイプさせれば終了できます。

対処法⑤:App Storeからサインアウトする

ダウンロードできない場合は、一度App Storeをログアウトして、再度ログインしてみましょう。

AppleIDのサインアウト

Apple IDの認証ができない場合は、再度ログインすれば解消できます。

対処法⑥:iPhoneの空き容量を確認する

iPhoneのストレージの容量を定期的に確認しましょう。

空き容量が残り少なければ、動作やダウンロードが遅い原因になる可能性が高くなります。

ストレージの容量確認

残量が残り少なくて、データ容量を超えてしまいダウンロードできないことがあるため、空き容量の確認してください。

定期的に空き容量を確認しておくと、容量が原因でダウンロードができないこともなくなるでしょう。

対処法⑦:アプリを削除して再インストールする

アプリの更新・ダウンロードが遅い時、アプリを削除して再インストールしてみてください。

iPhoneアプリの再インストール

アップデート時にフリーズして進まないといった場合の対処法です。

なおアプリによってはデータが削除されてしまうため、バックアップを取ってから実行してください。キャッシュをまとめて削除できるため、本体容量の確保になります。

対処法⑧:iOSを最新バージョンにする

iOSが古いとダウンロード自体ができないことがあります。

iOSのアップデート手順
iOSのバージョンアップしていない場合は、定期的にバージョンを確認し、必要であれば最新にアップデートしましょう。

古いバージョンの不具合が解消されるため、常に最新にアップデートしておきましょう。iOSによるダウンロードの不具合は少なくなり、快適にiPhoneを利用できます。

対処法⑨:iPhoneを初期化する

iPhoneの初期化は最後の手段です。iPhoneを初期化すれば、工場出荷時のフレッシュな状態に戻せます。

iPhoneの設定をリセット

初期化を行う場合は、事前に必要なデータをバックアップしましょう。iCloudとPCにバックアップをしておくと安心です。

大切なデータを失くさないように、iPhoneの初期化は慎重にしてください。

次章では、ダウンロードが頻繁に遅くなる状況やアプリの使用時に応じた対処法を紹介します。

iPhoneアプリのダウンロードが遅いのはネットかも?

ある程度試してみてまだ遅い場合、回線側に問題がある可能性が高いです。

通信速度
(実測値の目安)
3大キャリア意外と速い
30~150Mbps
使える
モバイルWi-Fi普通~速い
10~150Mbps
使える
光回線速い~超速い。
100~500Mbps
使えない

回線の種類や使用環境によって、速度は大きく異なります。

ここでは各回線の速さの目安を紹介しますため、参考にしてみてください。

3大キャリアの4G回線【au、ドコモ、ソフトバンク】

iPhoneを3大キャリアで契約している方も多いためはないでしょうか。

スマホの4G回線は速くないイメージがあるかもしれませんが、実は速いんです。

キャリア速度
au78Mbps~145Mbps
ドコモ145Mbps~283Mbps
ソフトバンク72Mbps~125Mbps

モバイルWi-Fiよりも速いことが多いです。急いでいる時は一度Wi-Fiを切ってダウンロードを試してみてください。

通信量に限りがあるのが難点です。また格安SIM回線は、3大キャリアと比べるとかなり遅くなります。

「UQ mobile」「Y!mobile」は格安SIMの中でも3大キャリアに次ぐ速さなため、速度重視をお探しの方は検討してみてください。

モバイルWi-Fiの通信速度【どんなときもWi-Fi・WiMAX】

「どんなときもWi-Fi」や「WiMAX」など、持ち運びできるモバイルWi-Fiもおすすめの通信手段です。

通信速度通信制限実測値
どんなときもWi-Fi最大150Mbpsなし10~50
(Mbps)
WiMAX最大867Mbps3日で10GB10~150
(Mbps)

通信制限がキャリアの4Gよりは緩いため、気軽に使えるというメリットがあります。場所や使用環境によって、通信速度は左右されてしまいます。

通信量を気にせずに使える持ち運びWi-Fiが欲しい方は検討してみてください。

光回線の通信速度【NURO光・ソフトバンク光】

光回線の通信速度は最大1Gbp・2Gbpsで、現状で最も速い通信手段です。

iPhoneの場合でも、光回線のWi-Fiを使うのが一番速いためおすすめです。

通信速度通信制限評判
NURO光最大2Gbpsなし
auひかり最大1Gbpsなし
ドコモ光最大1Gbpsなし
ソフトバンク光最大1Gbpsなし

ただし光回線は宅内のみの利用になり、新しく契約すると工事が必要になります。開通まで1週間~1ヵ月かかるのがデメリットです。

光回線の種類や契約内容によってWi-Fi接続手段が異なります。

電話を契約している場合、無線LANが使える機器を一緒にレンタルしていることが多いです。Wi-Fi接続方法は契約している回線事業者へ問い合わせてみてください。

iPhoneでアプリ内のダウンロードが遅いときの対処法4選

音楽・写真アプリなどを使っていたり、ファイルの表示・アップデートをしているとダウンロードの遅延が起こったりしやすくなることがあります。

iPhoneアプリ内のダウンロードが遅いときの対処法は以下です。

それぞれ詳しく解説します。

1.Apple Musicで音楽・着信音保存が遅いときの対処法

空き容量を確保し、ストリーミングで通信量をコントロールすることが、Apple Musicが遅いときの対処法です。

AppleMusic

Apple Musicのダウンロードが遅いときは、ネットの通信制限やiPhoneのストレージ容量が少ないのが原因が多いです。

移動中や家でくつろいだり、日常的に音楽を聞いていたりすると、通信量が多くなり、知らぬ間に速度制限にかかっている場合があります。

ネットの通信制限にかかると、追加容量を購入するか、Wi-Fi利用時しかApple Musicが利用できなくなってしまいます。

日頃の通信量やストレージの残り容量に注意し、バランスよくApple Musicを利用してください。

2.写真アプリが遅いときの対処法

写真アプリで写真のダウンロードが遅いときはiPhoneの空き容量が少なくなることが原因です。

写真アプリイメージとストレージ容量

空き容量が少なくなると、画像を表示するたびに端末内の写真を消して、オリジナルをダウンロードします、

そのため表示するのに時間がかかってしまい、ダウンロードが遅く感じます。

対処方法はiPhoneの空き容量の確保になります。不要なアプリを削除したり、写真をiCloudに移したりして空き容量を増やしましょう。

3.PDFファイルの表示が遅いときの対処法

iPhoneのSafariでPDFを読み込むとき、ダウンロードが遅くなることがあります。

その場合は「Wi-Fi通信を利用する」「キャッシュの削除」が対処法になります。

iPhonePDFイメージ

Safariの通信環境で問題なければ「履歴とwebサイトデータを消去」を試してください。あとブラウザの不要なタブも閉じましょう。

4.iPhoneアップデートが遅いときの対処法

iOSのアップデートでダウンロードが遅くなることが多いです。対処法は以下4つです。

アップデートが遅いときの対処法

  • Wi-Fi通信を利用する
  • 空き容量の確保
  • キャッシュの削除
  • 少し時間を置く
iOSアップデート

新しいiOSの公開直後は多くの人がアップデートしています。

その場合は少し時間を空けてからアップロードしましょう。

あとiOSはデータ容量が大きいため、iPhone本体の空き容量を確保しましょう。

【Q&A】iPhoneのダウンロードに関する質問

iPhoneのダウンロードについて、よくあるトラブル・疑問点などをまとめました。

気になる点は確認してみてください。

Q1.YouTubeの高画質動画のダウンロードが遅いんだけど

A.YouTubeのフルHD動画3分で約100MBでした。多少遅いのは仕方ないでしょう。

YouTube Premiumなどでオフライン保存する機会があるかと思いますが、容量が大きいため通信制限のないWi-Fi環境下でのダウンロードがおすすめです。

YouTubeの動画ダウンロード方法を紹介した記事もあるため、こちらも参考にしてみてください。

https://naruhodo-Wi-Fi.com/youtube_download/

Q2.iCloudへのアップロードが遅い場合の対処法は?

A.iCloudの容量が足りない可能性もありますが、基本的には回線速度の遅さが問題でしょう。

念のためiCloudの容量を確認し、問題なければWi-Fiと4Gを切り替えるなど、回線を確認してみてください。

Q3.ポケモンGOやマリオカート、LINEのデータダウンロードが遅すぎ…

A.データダウンロードはアプリ本体と比べると容量が多く、遅い事が多いです。

多少遅いのは仕方ないためすが、ダウンロードが遅い時は下記時も参考にしてみてください。回線速度の改善策を記載しているため、早くなる可能性が高いです。

https://naruhodo-Wi-Fi.com/download_slow/

Q4.インストールとダウンロードの違いは?

A.ダウンロードはiPhone上へコピーすること、インストールはアプリを使える状態にする事をいいます。

iPhoneでAppStoreからアプリを入手した際、ダウンロード→インストールと自動で行っています。どんなアプリでもインストールは必須です。

ちょっと難しい話ですが、iPhoneのアプリに関しては、ダウンロードとインストールはほぼ同じ意味と考えて大丈夫です。

Q5.iPhone11など最新機種でダウンロードは早くなる?

A.iPhone11/11Pro/11ProMAXでは、最新のWi-Fi通信規格「Wi-Fi6」に対応しているため、将来的に早くなる可能性は高いです。

iPhone5s以前は古いWi-Fi規格しか搭載しておらず、通信が遅くなってしまいます。iPhone6~Xまでは同じ通信規格「11ac」を搭載しており、そこそこの通信速度です。

iPhone11で搭載されている「Wi-Fi6(11ax)」は最新鋭の通信規格です。ただ、受信には対応しているものの、11axに対応したルーターなどがあまり出回っていないため、2019年時点では速さを体感できるシーンは少ないでしょう。

今後、11ax対応ルーターや5Gなどが普及してくると、差が出てくるかと思われます。

Q6.ブラウザ内でダウンロードしたものの保存先は?

A.ファイルの管理はアプリごとに行われるため、アプリ内の設定などから確認できるハズです。

アプリによってはカメラロールに保存する事も可能なため、アプリ側の設定も確認してみてください。

Q7.アプリの読み込みが遅い時の対処法は?

A.読み込みが遅い=通信速度が遅い可能性が高いです。

また、アプリ側で用意しているサーバーが混雑などの影響で重くなっている可能性もあります。時間をあけて試してみるか、別の回線を使用してみてください。

まとめ:iPhoneのダウンロードが遅いときの対処法

iPhoneのダウンロードが遅くなった時の原因と対処法は以下です。

ダウンロードが遅くなる原因

  • アプリ・ブラウザキャッシュの不具合
  • OS・端末の不具合
  • ネットワーク通信障害
  • バッテリーの劣化
  • OSのアップデート

iPhoneを利用していてダウンロードが遅くなったときは、上記の対処法をぜひ試してみてください。

対処法を知っておくことで、すぐにダウンロード速度を改善し、iPhoneを快適に利用できます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA