【保存版】自宅用インターネット回線おすすめ5選を30社から比較!

インターネット回線の工事費用は必要?無料もある?【ケース別解説】

インターネット回線の工事
yamanaka
yamanaka
こんにちは!「なるほどwifi」編集部の山中です。

インターネット回線を導入する時には、原則として工事費用がかかります。

でも、工事費無料とか実質無料というのも聞くけれど…。

そういう疑問も感じてしまいますよね!

工事費用が必ず発生するとしても、誰がどういうかたちで負担するのかについては、色々なケースに分かれます。

インターネット回線の工事費用が各ケース別にどのようにかかってくるのか、まとめてみました!

インターネット回線の工事費用が必要となる3つのケース

新築一戸建て
インターネット回線を導入する時は、原則として必ず工事費用はかかります。

工事費無料とか、実質無料というサービスもありますが、これは利用者に代わって工事費を回線事業者が負担してくれているという意味なんですよね…。

誰も工事費用を肩代わりしてくれる人(事業者)がいないければ、工事費用は自分で支払う必要があるということになるんです!

1.新築戸建ての場合

新築一戸建ては、最も典型的な工事費を自己負担しなければならないケースです。

集合住宅のように、インターネット回線を引き込む利便性を誰かとシェアする訳にも行きませんし、新築ですから当然、既存の設備もありません…。

新築一戸建てで回線工事費用を無料で済ませるためには、工事費無料とか、実質無料サービスを提供する回線事業者を選択するしかありません。

2.新築集合住宅は管理会社に確認

新築の集合住宅も、原則として回線工事費が必要となってきます。

ただし、自分の判断だけで動くのではなく、必ず管理会社に確認するようにしましょう!

インターネット回線の設備は、集合住宅にとってもプラスの付加価値になりますので、管理会社や大家さんが費用の一部または全部を負担してくれるケースもあります。

最近では、とくに高層マンションなどでは、最初からインターネット回線の設備を導入している物件も増えてきています!

新築の集合住宅に入居する際は、物件を決める段階で、インターネット回線については必ず確認するようにした方が良いです!

3.光回線の回線事業者が異なる場合

光回線が既に導入されていても、異なる回線事業者を利用する際には工事費がかかります。

具体的には、NTTフレッツ系のサービスと、NURO光auひかりについては物理的に別回線を使用することになりますので、乗り換えの際には原則として工事費が発生します。

もちろん、乗り換えキャンペーンなどで、工事費無料とか実質無料サービスを提供している場合もありますから、そこはしっかりチェックしましょう!

日本全国規模で展開している光回線サービスは、NTTフレッツ系(光コラボ含む)、NURO光、au光の合計3サービスです。

インターネット回線の工事費用がかからない3つのケース

光コンセント(画像出典:NTT東日本フレッツ光『開通工事レポート』より)

インターネット回線の工事費がかからないケースは、基本的に、誰かが既にインターネット回線を導入していて、その回線が利用可能な場合です。

ごく簡単なチェック方法としては、室内に光コンセントが設置されているかどうかで判断することもできます!

1.既存の光回線設備が残っている場合

既に居住者がいる集合住宅や、中古の戸建て住宅、自分が住む前の住人がインターネット回線を導入している場合があります。

賃貸住宅には原状回復の義務がありますが、インターネット回線は住宅の価値を上げるプラスの付加価値をもたらすものなので、あえて撤去することはほとんどありません。

前の住人が光ファイバーを部屋に通して、それをそのまま残していった場合は、基本的に工事費はかからずにその設備を利用することができます。

2.光コラボ回線に転用する場合

光コラボとは、NTTの光回線網を他の回線事業者に貸し出して、他の回線事業者名義のサービスとして提供しているインターネット回線です。

NTTフレッツ系の光回線から、光コラボ各社に乗り換える場合は、回線そのものは同じなので、工事費はかかりません。

例えば通信大手3社の光回線サービスのなかで、au光は独自回線なので、NTTフレッツ系の回線から乗り換える際には原則として工事費が発生しますが、ソフトバンク光は光コラボのサービスなので工事費は不要です。

3.集合住宅でインターネット回線が導入されている場合

集合住宅に光回線を導入する方式には、VDSL方式や、光配線方式など、通信技術の世代によっていくつかの方法があります。

比較的新しい集合住宅の場合、特に高層マンションでは、光配線があらかじめ導入されている物件も増えてきています。

比較的古い集合住宅の場合は、VDSL方式が使われていることがありますが、VDSL方式から、最新のギガタイプの光配線方式に切り替える場合などは工事費がかかります。

詳しい状況を確認するためにも、集合住宅の場合は、管理会社や大家さんに必ず確認をとるようにしましょう!

工事費の有無を判断する場合、回線事業者への確認は必ず行った方が良いです!回線事業者は、特に都市部なら建物単位で回線状況を把握しています。

インターネット回線の工事費用の目安

既存設備等 戸建て 集合住宅
屋内配線の必要有り 18,000円 15,000円
屋内配線の必要無し 7,600円 7,600円
既存配線有、自分でONU設定 2,000円 2,000円

(NTT東日本『工事費について』より抜粋)

インターネット回線の開設工事は、比較的軽い工事の部類に入るものなので、特殊事情が無ければ、工事費用にも大きなばらつきがあるわけではありません。

NTTフレッツの工事費用が目安

インターネット回線の工事費用は、基本的にNTTフレッツの工事費用が目安となります。

NTTフレッツの光回線網は、最もカバーするエリアが広く、現在では社会的なインフラの役割を果たしています。

インターネットの回線工事を行う工事業者も、工事件数で言えば、NTTフレッツの光回線に関連する工事が多数を占めます。

集合住宅の場合は階数に注意

集合住宅の場合は、MDF(Main Distributing Frame:主配電盤)の設備が有るか無いかで工事費用が変わってくる場合があります。

1~2階の低層構造の建物の場合は、MDF設備が無く、戸建てと同じ工事方式を取る場合があります。

3階以上の構造の建物の場合は、MDF設備が設置されているケースが多く、その際には集合住宅向けの工事方式が行われることになります。

自分の住んでいる物件の状況については、マンションやアパートの管理会社、大家さんに確認するようにしましょう!

モバイル回線という選択肢も考慮

インターネット回線の工事費用をかけたくない場合には、モバイル回線という選択肢も考慮してみると良いでしょう。

絶対的な回線速度や安定性では、固定回線方式の光回線にはかないませんが、モバイル回線は現在では十分実用に耐える通信速度を発揮できます。

特にインターネット回線の利用頻度が少ない人や、引っ越しの回数が多い人は積極的に検討してみる価値はあります!

インターネット回線の種類については、次の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
インターネットの波を表す写真
インターネット回線の種類【モバイルWiFiと固定回線を徹底比較】インターネットの種類は、基本的に、固定回線とモバイルWiFiの2つに大別されます。それぞれにメリット・デメリットがあるものなので、自分のニーズに合ったものを選びましょう。インターネット回線の種類と、それぞれのメリット・デメリットを比較・解説します。...

インターネット回線の工事費用実質無料とは

疑問点

インターネット回線の工事費用のなかでも良く分からないのが、工事費無料とか実質無料というサービスですよね…。

本来は支払う必要がある工事費用を、そのまま利用者に請求したのでは、初期費用が大きくなりすぎて誰も利用してくれない…。

だから何らかの形で、回線事業者が肩代わりしてくれるということなのですが、肩代わりの手法によってサービスの呼び方も変わってくるということなんですね!

工事費無料と実質無料の違い

工事費無料とは、回線利用者に対して、工事費用を全く請求しないことです。

実質無料とは、回線利用者に対して工事費用を一旦は請求するけれども、一定期間、工事費相当分の回線使用料を割引したり、工事費用相当分をキャッシュバックすることで『実質的に』無料のように見えるということです。

長期間使用し続ける前提なら、工事費無料と実質無料に大きな違いはありません。

実質無料でインターネット回線を導入していて、短期間で回線契約を変更とか、中止する場合には注意が必要です。

工事費無料なら影響は無い一方で、実質無料の方は、後付けで得られる割引メリットが失われることで、工事費の一部は回収できない可能性がでてきます。

工事費用の支払期間に注意

実質無料の場合には、工事費用の支払い期間にも注意が必要です。

実質無料の仕組みは、工事費用を長期に渡る分割支払いとして、同じ期間だけ利用料金を割り引くことによって相殺させるケースが多く見られます。

工事費用の支払い期間が終わるまでの間は、支払わなくてはならない費用(債務)が残っているということになります。

これが、残債(ざんさい)と呼ばれるものです。

解約時に工事費用の残債発生の可能性

工事費用の支払い期間が長期間に渡る分割となっている場合、解約時に思わぬ出費が発生する可能性があります。

例えば、NURO光の契約期間は2年間(24か月)ですが、工事費実質無料のキャンペーンでは、工事費を、戸建ての場合30カ月分割、マンションタイプの場合36カ月分割としています。

NURO光の場合、インターネット回線を24か月(2年)後のタイミングで解約すると、回線の解約金はかかりませんが、工事費用の残り6か月分もしくは12か月分を残債として支払う必要が生じるわけです。

工事費無料と実質無料では、利用者にとっては工事費無料の方が望ましいです。実質無料の場合、工事費用の分割期間によっては、解約時に残債を精算する必要が生じます。

インターネット回線の工事費用【主要回線事業者の詳細】

「なるほどWi-Fi」編集部では、主要な回線事業者の工事費用については、一つひとつ詳しく解説しています!

NURO光の工事費は4万円

NURO光の工事費は4万円です。高速回線で定評があるNURO光ですが、工事費の分割回数は30回または36回となっていますので、契約期間には注意して下さい。

NURO光について、さらに詳しく知りたい方は次の記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
電柱で回線工事をする作業員
【NURO光の工事は遅い?】全体の流れや工事費を徹底解説! NURO光の工事は遅い?その遅れの2つの原因とは? nuro光の工事について書く前に・・・ ネットのSNSなどをみると、けっ...
あわせて読みたい
nuroで「nuro光」と「NURO光 for マンション」という2つのサービスを紹介している部分のサムネール
NURO光forマンションは高層階にも対応!工事やキャンペーンまとめ 【要チェック!】NURO光は、既にあなたのマンションに導入されているかもしれない! このページに来てくれている人は、マ...

au光の工事費は3万円

au光の工事費は3万円です。工事費は24回払いで、契約期間との差異はありません。

au光について、さらに詳しく知りたい方は次の記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
auひかりと他社光回線の乗り換えを徹底解説!キャンペーンや工事は?auひかりの乗り換えについて徹底解説!大手光回線とauひかりのメリットやデメリットなどをまとめて紹介します。auひかり乗り換えの注意点や気になる疑問にもお答えしているので、この記事を読めばauひかりの乗り換えに関する疑問が全て解決するはずですよ!...

ドコモ光の工事費は戸建て1万8千円、集合住宅1万5千円

ドコモ光の工事費は、戸建てが1万8千円、集合住宅が1万5千円です。工事費の支払いは、一括または分割(12回/24回/36回/48回/60回払)から選択することができますが、契約期間も考えて決めると良いです。

ドコモ光について、さらに詳しく知りたい方は次の記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
ドコモ光の工事費を徹底解説!工事費無料になるキャンペーンとは?ドコモ光の工事費について徹底的に解説します。施設別のドコモ光の工事費や、工事費を分割払いにした場合の月々の料金、工事費の支払い方法などを順番に紹介していきます。他の光回線とドコモ光の工事費も比較しているので、初期費用を抑えながら光回線に申し込みをしたいという人は参考にしてみて下さい。...

ソフトバンク光の工事費は最大2万4千円

ソフトバンク光の工事費は、導入する環境により変動しますが、最大2万4千円です。工事費用の支払いは、一括または分割(24回/36回/48回/60回払い)から選ぶことができます。

ソフトバンク光について、さらに詳しく知りたい方は次の記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
インターネットの接続工事
ソフトバンク光の工事費を解説!工事費無料になるキャンペーン条件は? 工事費用がかかるソフトバンク光の4つの工事とは? ソフトバンク光で、費用が必要な工事は4つあります。人を派遣して行う工事や、土...

eo光の工事費は2万7千円

eo光の工事費は2万7千円です。別途、最大1万2千円の既存回線の撤去費用がかかる場合があります。工事費の分割は30回で、契約期間との兼ね合いには注意が必要です。

eo光について、さらに詳しく知りたい方は次の記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
配線工事
【eo光の工事内容まとめ】工事費から完了までの時間を徹底解説!「eo光を利用したいけど工事ってどんなことをするのかな?」や「eo光の工事費ってどれぐらい必要なの?」など・・・eo光を契約する時に必要となる工事に関する情報を分かりやすく解説します!...

フレッツ光の工事費は戸建て1万8千円、集合住宅1万5千円

フレッツ光の工事費は、戸建てが1万8千円、集合住宅が1万5千円です。工事費の分割は30回です。初月に3,240円を支払い、2回目以降は比較的少額ですが、契約期間には注意すると良いでしょう。

フレッツ光について、さらに詳しく知りたい方は次の記事を参考にしてみてください。

https://naruhodo-wifi.com/flets-campain/

あわせて読みたい
家族で段ボールを運ぶ
フレッツ光の引越しの時の流れ!工事費・移転費用・手続き方法まとめフレッツ光ユーザーで引っ越しが決まった時の手続き方法やタイミング、また移転費用や工事費用など知っておかないと損してしまう恐れのある内容をまとめています。...

まとめ

今回紹介したこと
  • インターネット回線を導入する時には、原則として工事費用が発生します。
  • 工事費用を誰がどのように負担するのかについては、色々なケースに分かれます。
  • インターネット回線の工事費用はNTTフレッツの工事費用を目安に考えると良いです。
  • 工事費無料と実質無料は、長期間使用する前提では大きく異なる点はありません。
  • 実質無料で工事費用の支払期間が長くなるケースでは、短期間で解約すると損失が生じる場合もあります。

インターネット回線を導入する時には、原則として回線工事費用がかかる…。まずはこの点を理解しましょう!

原則必要となる工事費用を、誰がどのように負担するかについては、いろいろなケースに分かれてきます。

前の住人が工事費用を負担していて、自分が後から入居した場合、設備をそのまま引き継ぐことができ、工事費がかからないこともあります。

利用者の負担を軽くして乗り換えを図るために、工事費無料とか実質無料キャンペーンで、インターネット回線の工事費を負担してくれる回線事業者も多いです!

実質無料は導入時には助かりますが、工事期間が長期間で分割される場合は、短期で解約すると損をする場合があることも認識しておきましょう。

インターネット回線の工事費用は、初期費用のなかでも大きなウェイトを占めるので、しっかり比較検討しましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA