【保存版】自宅用インターネット回線おすすめ5選を30社から比較!

インターネット回線の工事費用を徹底解説!安く・無料になることも?

インターネット回線の工事

インターネット回線を導入する時には、原則として工事費用がかかります。

でも、工事費無料とか実質無料というのも聞くけれど…。そういう疑問も感じてしまいますよね!

工事費用が必ず発生するとしても、誰がどういうかたちで負担するのかについては、色々なケースに分かれます。

インターネット回線の工事費用が各ケース別にどのようにかかってくるのか、まとめてみました!

インターネット回線の工事費用の目安を解説!

インターネット回線の中でも「光回線」のような固定回線は、工事が必要=工事費用も必要となってきます。

工事費無料とか、実質無料というサービスもありますが、基本的には工事費は請求され、そこから工事費相当額を割引したり、キャッシュバックしたり…といった形が多いです。

インターネット回線の開設工事は、比較的軽い工事の部類に入るものなので、特殊事情が無ければ、工事費用にも大きなばらつきがあるわけではありません。

1.NTTフレッツの工事費用を目安にしよう

工事内容フレッツ光の工事費
屋内配線工事が必要戸建て:18,000円
マンション:15,000円
屋内配線工事が不要7,600円
無派遣工事
(NTT局内工事のみ)
2,000円

インターネット回線の工事費用は、基本的にNTTフレッツの工事費用が目安となります。

回線事業者によって違いますが、戸建て18,000円・マンション15,000円で設定している回線は多いです。

ただ、標準工事費は高額なところだと、40,000円ぐらい必要なところもあります。このような高額な工事費を設定している事業者は、実質無料としている事が多いですね。

2.戸建ての工事費は基本的に18,000円~

工事内容フレッツ光の工事費
屋内配線工事が必要戸建て:18,000円
屋内配線工事が不要7,600円

戸建て住宅にインターネット回線を導入する場合、基本的に「屋内配線工事が必要」となります。工事費も18,000円~が目安となりますね。

もし賃貸住宅等で、以前住んでいた方と同じ回線を使う場合は「屋内配線工事が不要」となり、工事費が安くなる場合もあります。

戸建ての工事では、電柱から光ファイバーケーブルを宅内まで導入する作業を行います。

3.マンション・アパートの工事費用は設備状況によって変わる

MDF有りMDF無し
回線タイプマンションタイプ戸建てと同等のタイプ

マンション・アパートなどの集合住宅では、住居者用のインターネット回線をまとめて管理する「MDF」という共有設備が設置されています。

「MDF」が設置されている集合住宅は、インターネット回線の中でも「マンションタイプ」を導入する事になります。

電柱~MDFまで光ファイバーを導入し、MDF~各部屋まで配線する形になりますね。工事費用はマンション用の15,000円が目安となります。

もし、集合住宅に「MDF」が設置されていない場合、マンションタイプの回線は導入する事が出来ません。低階層であれば戸建てと同等のプランを導入できるケースもありますが、回線事業者と、集合住宅側の管理会社と相談する必要があります。
»光回線の工事費の相場や工事費無料の代理店まとめ

インターネット回線の工事費用が安くなる?3つのケースを紹介!

インターネット回線の工事費用が安くなるケースもあります。3つのケースを紹介していきますね!

1.既存の光回線設備が残置されていた場合

工事費の目安
無派遣工事2,000円

既に居住者がいる集合住宅や、中古の戸建て住宅、自分が住む前の住人がインターネット回線を導入している場合があります。

賃貸住宅には原状回復の義務がありますが、インターネット回線は住宅の価値を上げる、付加価値をもたらすものなので、あえて撤去しないケースも多いようです。

前の住人が光ファイバーを部屋に通して、それをそのまま残していった場合は、「無派遣工事(2,000円)」で済む事が多いです。

2.集合住宅用の共有インターネットが導入済みの場合

工事費の目安
集合住宅側で用意した回線0円
MDFまで配線済みの場合屋内配線のみ:7,600円
各部屋に光コンセント設置済みの場合無派遣工事:2,000円

集合住宅に光回線を導入する方式には、VDSL方式や、光配線方式など、通信技術の世代によっていくつかの方法があります。

比較的新しい集合住宅の場合、既にフレッツなどの回線網を宅内まで導入済みな場合があります。後は自分でプロバイダ、もしくは光コラボを契約するだけ!という状況ですね。この場合は「無派遣工事」で済み、開通するまでも早いです。

また、MDFまでの回線導入が済んでいる場合、マンション側で住居者用の回線をあらかじめ用意している場合など、工事費が安くなったり、0円だったりするケースもあります。

詳しい状況を管理会社に確認してみてくださいね。

3.フレッツ光・光コラボ間で乗り換える場合(転用・事業者変更)

・転用とは…

フレッツ光から光コラボレーションへ乗り換える事を言います。工事なしで乗り換える事が可能で、フレッツ光の解約違約金も必要ありません。※プロバイダの解約金は必要な場合があります。

・事業者変更とは…

光コラボレーション⇒光コラボレーションへ乗り換える事を事業者変更と言い、2019年7月からスタートしました。仕組みは転用とほとんど同じですが、乗り換え前の光コラボの解約金は必要です。

光コラボとは、NTTの回線網を貸し出して、他の回線事業者名義のサービスとして提供しているインターネット回線です。例:ソフトバンク光・ドコモ光・ビッグローブ光など

フレッツ光→光コラボ、光コラボ同士での乗り換えは、同じフレッツ回線を使うため「工事不要」で乗り換える事が可能になります。

工事不要=工事費用も0円なのですが、ほとんどの事業者で「乗り換え手数料」のような料金をとられるので、完全に無料とはいきません。3,000円ぐらいの設定が多いです。

ちなみにですが、「auひかり」「NURO光」は光コラボではありません。他にもeo光などの電力会社系回線も光コラボではないので、乗り換えの場合でも新規開通工事が必要です。

NTTフレッツ系の回線から、光コラボ各社に乗り換える場合は、回線そのものは同じなので、工事費はかかりません。

例えば通信大手3社の回線サービスのなかで、au光は独自回線なので、NTTフレッツ系の回線から乗り換える際には原則として工事費が発生しますが、ソフトバンク光は光コラボのサービスなので工事費は不要です。

工事費無料キャンペーンを実施しているインターネット回線もある!

工事費キャンペーン
ソフトバンク光24,000円他社回線からの乗り換えで1,000円×24ヶ月割引
auひかり
※戸建ての場合
37,500円625円×60ヶ月割引
NURO光40,000円1,333円×30ヶ月割引

「工事費実質無料!」といったキャンペーンを実施している回線も多いです。高くなりがちな初期費用を安く抑える事ができるので、是非とも活用したいですね!

但し、工事費実質無料には注意点があります。

実質無料の仕組みは、工事費用を長期に渡る分割支払いとして、同じ期間だけ利用料金を割り引くことによって相殺させるケースが多く見られます。

工事費用の支払い期間が終わるまでの間は、支払わなくてはならない費用(債務)が残っているということになります。

これが、残債(ざんさい)と呼ばれるものです。

工事費用の支払い期間が長期間に渡る分割となっている場合、解約時に思わぬ出費が発生する可能性があります。

例えば、NURO光の契約期間は2年間(24か月)ですが、工事費実質無料のキャンペーンでは、工事費を30カ月分割としています。

NURO光の場合、インターネット回線を24か月(2年)後のタイミングで解約すると、回線の解約金はかかりませんが、工事費用の残り6か月分(×1,333円)を残債として支払う必要が生じるわけです。

なんだか損した気分になりますが、本来必要だった工事費を早期解約した場合に請求されているだけなので、解約違約金のように損している訳ではありません。無料キャンペーンの場合でも、本来の工事費は何円なのか確認しておきたいですね。

モバイル回線を使えば工事不要=工事費0円に!

どんなときもWiFiMugen WiFiSoftBank Air
月額料金3,480円3,380円3,800円~
通信速度最大150Mbps最大150Mbps最大962Mbps
通信制限無制限無制限無制限
工事不要不要不要
持ち運び×

インターネット回線の工事費用をかけたくない場合には、モバイル回線という選択肢も考慮してみると良いでしょう。

通信速度や安定性では、固定回線方式の光回線にはかないませんが、外出先でも使いたい場合や、自宅が工事できない場合などに活躍します!

2021年現在のおすすめは「無制限wifi」です。データ通信量が無制限で使えて、持ち運びもできるモバイルルーターとなっています。

自宅でしか使わない方は「置くだけwifi」もおすすめですね。SoftBank Airや、WiMAXのホームルーター(L02)が該当します。

特にインターネット回線の利用頻度が少ない人や、引っ越しの回数が多い人は積極的に検討してみる価値はあります!

インターネット回線の種類については、次の記事を参考にしてください。

インターネットの波を表す写真
インターネット回線の種類【モバイルWiFiと固定回線を徹底比較】インターネットの種類は、基本的に、固定回線とモバイルWiFiの2つに大別されます。それぞれにメリット・デメリットがあるものなので、自分のニーズに合ったものを選びましょう。インターネット回線の種類と、それぞれのメリット・デメリットを比較・解説します。...

主要回線のインターネット工事費用一覧

主要回線工事費無料キャンペーン
NURO光40,000円有り
auひかり37,500円有り
ドコモ光18,000円有り
ソフトバンク光24,000円有り
eo光27,000円有り
フレッツ光18,000円なし

「なるほどWi-Fi」編集部では、主要な回線事業者の工事費用については、一つひとつ詳しく解説しています!

NURO光の工事費は40,000円

NURO光の工事費は40,000円です。高速回線で定評があるNURO光ですが、工事費の分割回数は30回となっていますので、契約期間には注意して下さい。

NURO光について、さらに詳しく知りたい方は次の記事を参考にしてみてください。

電柱で回線工事をする作業員
【NURO光の工事は遅い?】全体の流れや工事費を徹底解説このページではNURO光の工事内容、流れや工事費について紹介しています。 Twitterを見てみると、工事の遅れで悩まされている方...

auひかりの工事費は30,000円~37,500円

auひかりの工事費は、戸建ての場合は37,500円(625円×60ヶ月)、マンションは30,000円(1,250円×24ヶ月)です。

無料キャンペーンも実施していますが、戸建ての場合は「光電話」への加入が条件となっています。

au光について、さらに詳しく知りたい方は次の記事を参考にしてみてください。

auひかりと他社光回線の乗り換えを徹底解説!キャンペーンや工事は?auひかりの乗り換えについて徹底解説!auひかり←→他社回線 双方の乗り換えについて解説しています。スペック比較やお得な乗り換え特典など、お役立ち情報を掲載しているので是非参考にしてみてください!...

ドコモ光の工事費は15,000円~18,000円

ドコモ光の工事費は、戸建ての場合は18,000円、マンションは15,000円となっています。

不定期に工事費無料キャンペーンを実施しています。キャンペーン中に申し込みしたいところですね。

ドコモ光について、さらに詳しく知りたい方は次の記事を参考にしてみてください。

ドコモ光の工事費を徹底解説!工事費無料になるキャンペーンとは?ドコモ光の工事費について徹底的に解説します。施設別のドコモ光の工事費や、工事費を分割払いにした場合の月々の料金、工事費の支払い方法などを順番に紹介していきます。他の光回線とドコモ光の工事費も比較しているので、初期費用を抑えながら光回線に申し込みをしたいという人は参考にしてみて下さい。...

ソフトバンク光の工事費は24,000円

ソフトバンク光の工事費は24,000円です。

他社回線から乗り換え時、引越し先で新規申込時(期間限定)は、工事費が実質無料となるキャンペーンを実施しています。

ソフトバンク光について、さらに詳しく知りたい方は次の記事を参考にしてみてください。

インターネットの接続工事
ソフトバンク光の工事費を解説!工事費無料になるキャンペーン条件は?ソフトバンク光の工事費を徹底解説!標準工事費は24,000円ですが、工事内容によって価格は変動します。工事費相当額をキャッシュバック or 月額割引で還元するキャンペーンもあるので、ソフトバンク光申し込み予定の方は参考にしてみてください。...

eo光の工事費は27,000円

eo光の工事費は27,000円です。工事費実質無料キャンペーンを実施しています。

工事費の分割は30回で、契約期間との兼ね合いには注意が必要です。

eo光について、さらに詳しく知りたい方は次の記事を参考にしてみてください。

配線工事
【eo光の工事内容まとめ】工事費から完了までの時間を徹底解説!「eo光を利用したいけど工事ってどんなことをするのかな?」や「eo光の工事費ってどれぐらい必要なの?」など・・・eo光を契約する時に必要となる工事に関する情報を分かりやすく解説します!...

フレッツ光の工事費は15,000円~18,000円

フレッツ光の工事費は、戸建てが18,000円、集合住宅が15,000円です。工事費の分割は30回です。初月に3,240円を支払い、2回目以降は比較的少額ですが、契約期間には注意すると良いでしょう。

フレッツ光について、さらに詳しく知りたい方は次の記事を参考にしてみてください。

価格を書く
フレッツ光の個人向けキャンペーン情報まとめ!おすすめしない理由は? フレッツ光のキャンペーンってお得? おすすめのキャンペーンを知りたい など悩んでいる方いますよね。 フレッツ光...

まとめ

今回紹介したこと
  • 固定回線の工事・工事費用は原則必要
  • フレッツ回線の工事費は18,000円ぐらいが目安
  • 集合住宅は設備状況で安くなる場合も
  • 工事費無料キャンペーンもある

この記事では、インターネット回線の工事費について解説しました。

インターネット工事費は原則必要ですが、主要回線のほとんどが工事費無料キャンペーンを実施していますね!

ただ、「工事費実質無料」は、工事費用の分割払い期間中使い続ければ、のお話です。途中で解約した場合は、工事費用の残債が請求されるので注意しましょう。

インターネット回線の工事内容を徹底解説!工事不要なケースも紹介!インターネット回線を使い始める場合、固定回線には工事が必要です。インターネット回線の工事にかかる費用と時間、賃貸でも工事できるのかなど、インターネット回線の工事について解説します。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA