初心者でも失敗しない!インターネット契約方法を3ステップで解説!

【一人暮らし向け】インターネット回線の選び方&契約方法を徹底解説!

一人暮らし インターネット契約
maenaka
maenaka
こんにちは、「なるほどwifi」編集部の前中です。

2019年現在、ポケットWi-Fiや置き型Wi-Fiを家の回線として使っている方も多いですね!

光回線も選択肢にありますし、一人暮らしのインターネット回線選びって悩みますよね…。

手軽さを重視するか、通信品質を重視するか、料金を重視するか…選び方は人それぞれだと思います。

この記事では、一人暮らし向けのインターネット回線の選び方を解説!おすすめ回線や契約方法まで紹介していきます!

一人暮らしのインターネット契約でお困りの方は、是非参考にしてみてくださいね。

一人暮らしでおすすめのインターネット回線は「光回線」or「ポケットWi-Fi」or「置き型Wi-Fi」のどれ?

光回線ポケットWi-Fi置き型Wi-Fi
月額料金3,300円~
※集合住宅料金
3,480円~3,340円~
通信速度最大1Gbps最大150Mbps
~
最大867Mbps
最大962Mbps
実測値200Mbps~
安定している
5~30Mbps5~100Mbps
通信量無制限3日で10GB

無制限
無制限
使えるまで2週間

1ヶ月
1~5日1~5日
工事必要
※不要な場合も
不要不要

一人暮らしでインターネット回線を選ぶとき、上記3種類の選択肢があります。

一番おすすめなのは光回線ですが、あまり家にいないという方や、通信費を極限まで抑えたい方にはポケットWi-Fi、置き型Wi-Fiも選択肢に入ってきます。

まずは、3種類あるインターネット回線の特徴をそれぞれ解説していきます!

1.光回線【通信速度重視&工事してもOKな方向け】

光回線のスペック
おすすめの「enひかり」の場合
月額料金集合住宅料金:3,300円(税抜)
キャッシュバックなし
通信速度最大1Gbps
実測値200Mbps~600Mbpsほど
工事費派遣工事・配線新設あり:15,000円
派遣工事・配線新設なし:7,600円
無派遣工事:2,000円
初期費用契約事務手数料:3,000円
契約期間なし
解約金0円

上記は、一人暮らしの方へおすすめの回線「enひかり」のスペック表です。

まず、光回線は通信速度が圧倒的に速いです…!WiMAXの最大867Mbpsや、SoftBank Airの最大962Mbpsと大差ない数値に見えますが、実測値は雲泥の差です。

光回線の実測値は、混雑していて遅くなる時間でも100Mbps以上、他の時間帯であれば300~600Mbpsも珍しくありません。

ただ、光回線の通信速度はマンション・アパート側の設備にも依存します。VDSL方式とよばれる、最大通信速度が100Mbpsになってしまう配線方式の場合は、あまり差がでません。

料金に関しては、工事費などの初期費用が高めですが、月額料金はポケットWi-Fi、置き型Wi-Fiとあまり差はありません。

また、お住まいの集合住宅に既に回線が導入されている場合、「無派遣工事」となり、enひかりの場合は工事費2,000円で抑えられます。

一人暮らしで光回線をおすすめするのは下記のような方です。もっと安いネットが欲しい方や、外出する機会が多い方はポケットWi-Fi・置き型Wi-Fiもチェックしてみてくださいね。

光回線をおすすめする人
  • 家にいる事が多い方
  • PS4・Switch・PCでゲームをする方
  • 動画や映画を見る事が多い方

→ 他のおすすめ光回線や契約方法をチェック!

2.ポケットWi-Fi【あまり家にいない方&速い回線を求めていない方向け】

ポケットWi-Fiのスペック
おすすめの「どんなときもWiFi」の場合
月額料金~24ヶ月:3,480円
25ヶ月~:3,980円
キャッシュバックなし
通信速度最大150Mbps
実測値5Mbps~30Mbpsほど
工事費工事不要
初期費用契約事務手数料:3,000円
契約期間2年
解約金1~12ヶ月:19,000円
13~24ヶ月:14,000円
25ヶ月目:0円

※正確には「ポケットWi-Fi」はY!mobileが提供するモバイルルーターの商標で、持ち運びWi-Fiの事を指す言葉ではありません。ただ、持ち運びWi-Fi=ポケットWi-Fiという認識が浸透しつつあるため、使っています。

「WiMAX」や「どんなときもWiFi」などの持ち運びWi-Fiも、一人暮らしの方へおすすめ出来るインターネット回線です。

光回線と比べると通信品質が劣りますが、動画を視聴するぐらいであれば困りません。ただ、4K画質動画は厳しいです…。

今までのポケットWi-Fiは通信制限があるものが多かったですが、最近登場した「どんなときもWiFi」はデータ通信量無制限です!

どんなときもWiFiは工事不要で、申し込みから2~3日ですぐに使えます。引越し直後などでネット環境に困っている方にもおすすめです!

注意点は、対戦ゲームは厳しいという点、光回線と比べると不安定な点が挙げられます。

また、引越し後の光回線導入までの繋ぎで使うのも、契約期間(違約金)の関係でおすすめできません。そういう場合は「レンタルWi-Fi」がおすすめです!

ポケットWi-Fiをおすすめする人
  • 外出する事が多い方
  • 家では動画視聴やスマホがメインな方
  • 工事が出来ない方、面倒な方

→ 他のおすすめポケットWi-Fiや契約方法をチェック!

3.置き型Wi-Fi【光回線の工事が出来ない方向け】

置き型Wi-Fiのスペック
おすすめの「モバレコエアー」の場合
月額料金~2ヶ月:1,970円
3ヶ月~:3,340円
キャッシュバック無条件:17,000円
電気に加入:+20,000円
通信速度最大962Mbps
実測値5Mbps~100Mbpsほど
工事費工事不要
初期費用契約事務手数料:3,000円
契約期間2年
解約金9,500円

SoftBank Airなどの「置き型Wi-Fi」も、一人暮らしの方には使いやすいインターネット回線でしょう。

おすすめの「モバレコエアー」は、SoftBank Airを借り受けてサービス提供している置き型Wi-Fiです。通信品質は同じで、料金が安くなっています。

通信品質は光回線に劣り、ポケットWi-Fiより気持ち良いかな…といった感じです。

ゲームやパソコンでがっつりネットを使う方にはおすすめできませんが、スマホやタブレットがメインの方には十分使えるでしょう!

また、この「モバレコエアー」は月額料金がとても安いのも特徴です。キャッシュバックも17,000円貰えるため、これを考慮した時の月額料金は実質2,000円ほど…!

一人暮らしで、少しでも通信費を節約したい方におすすめの選択肢です。

置き型Wi-Fiをおすすめする人
  • 家ではスマホ・タブレットがメインな方
  • 工事ができない方・面倒な方
  • すぐにネットを使いたい方
  • 通信費を極力抑えたい方

→ 他のおすすめ置き型Wi-Fiや契約方法をチェック!

一人暮らしで光回線を契約する場合の流れを解説!

おすすめの光回線比較⇒光回線を申込~利用開始までの流れを解説していきます!光回線契約を検討している方は参考にしてみてくださいね。

主に賃貸やアパートで使えるおすすめの光回線7社を比較

月額料金通信速度
(最大)
キャッシュバック
(最大)
スマホ割
enひかり
【光コラボ】
3,300円1Gbps0円UQmobile
・契約期間の縛り&解約金がない
・シンプルな料金体制
auひかり
【独自回線】

3,400円

3,800円
1Gbps47,000円au
・マンションによって最大速度・料金が異なる
・戸建てプラン(マンションミニ)も導入可能
・工事費実質無料
ドコモ光
【光コラボ】

4,000円1Gbps30,000円ドコモ
・ドコモスマホ割がある唯一の回線
・ドコモユーザー向けの特典が豊富
・工事費無料
ソフトバンク光
【光コラボ】

3,800円1Gbps33,000円ソフトバンク
・ソフトバンクスマホ割に対応
・乗り換え前の回線違約金を負担してくれる
・工事費実質無料
NURO光
【独自回線】

4,743円2Gbps35,000円ソフトバンク
・マンションにも戸建てタイプを導入可能
・開通まで遅め(1~3ヶ月)
・工事費実質無料
NURO光
for マンション
【独自回線】

1,900円

2,500円
2Gbps10,000円ソフトバンク
・NURO設備導入済みのマンションのみ利用可能
・マンション内の利用人数で料金が変動
・工事費実質無料
ビッグローブ光
【光コラボ】

3,980円1Gbps26,000円au
・auスマホ割に対応
・auひかりより対応エリアが広い
・工事費実質無料

一人暮らしの方へおすすめの光回線7社をまとめました。一人暮らしという事で、アパートやマンションなどの賃貸住宅を想定しています。もし戸建ての場合、料金がもう少し高くなるので注意してください。

まず、集合住宅は既に共有設備として回線が導入されている事が多いです。フレッツ光回線やauひかり回線、J:COM回線などが多いですね。

J:COM回線は残念ながらハズレなので、出来れば他の回線を導入 or ポケットWi-Fi/置き型Wi-Fiの導入を検討したいところです…。

全国で最も普及している「フレッツ光回線」は、ほとんどの集合住宅で使えるかと思います。この場合、光コラボも利用できるため、選択肢はかなり多いです。(光コラボ回線かどうかは上記表に記載しています)

NURO光は独自の回線を利用しており、集合住宅でも戸建てプラン(4,743円の方)を導入する事になります。他のマンションタイプの回線と比べると高額ですが、その分通信速度は別格です…!

ただ、NURO光は提供エリアが狭い上に。エリア内であっても導入出来ないパターンが結構あるので注意してください…。

おすすめは契約期間の縛りがない「enひかり」、速度重視なら「NURO光」も

一人暮らしにおすすめの光回線

  • enひかり…月額最安値、違約金なし。誰にでもおすすめ!
  • NURO光…通信速度重視の方へ。開通まで遅いのが難点…
  • ソフトバンク光,ドコモ光,auひかり…スマホ割にあわせて。キャッシュバックもお得

一人暮らしで使う光回線で、一番おすすめなのは「enひかり」です!

私も都内で一人暮らしで、enひかりを使っています。アパート内にフレッツ光回線が導入済みだったため、無派遣工事(2,000円)で済み、開通まで10日程でした。

enひかりは月額料金が安く(3,300円)、高速通信ができるv6プラス(+180円)にも対応しています。通信速度が全然違ってくるので、v6プラスもセットで申し込むのがおすすめです。

また、enひかりは契約期間の縛りがありません。一人暮らしだと、次にいつ引っ越すか分からないですよね…。急に解約することになっても違約金が発生しないのは嬉しいポイントです!

3大キャリアのスマホをお使いなら、スマホ割にあわせて使うのもおすすめです。スマホ割込でenひかりと同額か少し高いぐらいですが、キャッシュバックがあるのは大きいです。

他にも、通信速度を重視するなら「NURO光」もおすすめです。最大通信速度2Gbpsの独自回線を使用しており、通信品質ならNo.1です!ただ、開通まで遅いのが難点ですね…。

光回線の申し込み方法~開通までの流れを解説!

光回線開通までの流れ
  • 公式ページ or 代理店ページから申し込み
  • 提供エリアのチェック、申込内容確認の電話 or メール
  • 契約書類や通信機器が届く
  • 開通工事を実施→開通!

光回線は申込先によって特典内容が異なります。お得な窓口は光回線によって異なるので、各回線のおすすめ申込先をまとめました。

おすすめ申込先キャッシュバック額受取時期
enひかり(公式HPのみ受付)0円
auひかり代理店NEXT47,000円1ヶ月後
ドコモ光GMOとくとくBB30,000円4ヶ月後
ソフトバンク光代理店アウンカンパニー33,000円2ヶ月後
NURO光公式HP35,000円4ヶ月後
ビッグローブ光代理店NEXT26,000円2ヶ月後

NURO光やenひかりは公式サイトから、他の回線は代理店からの申し込みが最もお得です…!特にソフトバンク光やauひかりは公式サイト特典が弱いので、キャッシュバック額分、丸々損してしまう事になります。

申し込み後の大まかな流れは、提供エリアの確認→工事日程の調整→契約書類などの送付→開通工事となります。

通信速度を気にしている方は、申込時にVDSLなどの配線方式も問い合わせしておきましょう。VDSLしか対応していないのであれば、個別で導入できるNURO光を検討してみてください。

※VDSLでもv6プラスなどのIPv6 IPoE方式を使った通信であれば、ポケットWi-Fiや置き型Wi-Fiよりも高品質な通信が利用できます。

光回線の工事は、「派遣工事」と「無派遣工事」も2パターンあり、集合住宅の設備状況によって異なります。集合住宅側に既にフレッツ光回線が導入されている事も多いので、無派遣工事になる事も多いでしょう。

工事が完了次第、インターネット利用開始です!光回線は面倒なイメージがあるかもしれませんが、意外とすんなり開通します。私の場合はenひかりをWebから申し込み後、1回の連絡→無派遣工事だったので10日後に開通といった感じでした。

一人暮らしでポケットWi-Fiを契約する場合の流れを解説!

WiMAXやどんなときもWiFiなどの持ち運びWi-Fiを比較、おすすめ申込先や契約までの流れを解説していきます!

ポケットWi-Fiは利用開始まで早く、工事も不要なので光回線よりも契約のハードルが低めです。あまり家にいない方は検討してみてくださいね。

一人暮らし向けに「WiMAX」「どんなときもWiFi」の性能を比較

月額料金通信速度
(下り最大)
通信制限
どんなときもWiFi
【持ち運びWi-Fi】
1~24ヶ月:3,480円
25ヶ月~:3,980円
150Mbpsなし
・容量無制限の持ち運びWi-Fi
・ソフトバンク,au,docomoのLTEを使用
・契約期間は2年
WiMAX
【持ち運びWi-Fi】
1~2ヶ月:2,726円
3~24ヶ月:3,411円
25ヶ月~:4,011円
867Mbps3日で10GB
・端末サイズが小さめの持ち運びWi-Fi
・通信制限がある代わりにどんなときもWiFiより高速
・地下の電波が弱い
・契約期間は3年 ※割高だが2年プランも有り

ポケットWi-Fiは色々ありますが、おすすめの「どんなときもWiFi」、「WiMAX」の2つを比較しました。

他にもポケットWi-Fiはたくさんありますが、2019年の現状では「どんなときもWiFi」と「WiMAX」に勝る要素がないので、ここでは省きます。

ポケットWi-Fiは申し込み→利用開始まで、最短1日~遅くても5日ほどです。すぐにWi-Fiが使いたい方も安心ですね!

WiMAXは提供事業者がたくさんありますが、おすすめの「Broad WiMAX」の場合の料金を掲載しています。他の事業者が気になる方は、全てのWiMAXを比較した記事もあるので参考にしてみてくださいね。

おすすめは通信量の制限がない「どんなときもWiFi」!

どんなときもWiFi

どちらかというと「どんなときもWiFi」の方がおすすめです!

WiMAXと比べて料金はあまり変わらず、通信速度は同じぐらい~少し遅いぐらい。地下でも電波が問題なく入り、提供エリアは勝っています。

また、「どんなときもWiFi」は通信制限がないのも嬉しいポイントです。実際に1日100GB使って試してみましたが、制限される事はありませんでした…!

WiMAXと比べたときのデメリットは、本体の大きさです。ほとんどスマホと同じ大きさなので、手ぶらで持ち運ぶのはちょっとキツイですね…。WiMAXはスマホよりも一回り小さくてスリムです。

ポケットWi-Fiで迷った方は、ぜひ「どんなときもWiFi」を検討してみてくださいね。

どんなときもWiFiの公式サイトはこちら通信無制限のポケットWi-Fiです!

ポケットWi-Fiの申し込み方法を解説!

ポケットWi-Fi利用開始までの流れ
  • 公式サイトから申し込み
  • 申込内容の確認がメール or 電話でくるのでチェック
  • 1日~5日程で端末が届く
  • 端末の電源ONで利用開始!

例として、どんなときもWiFiの利用開始までの流れを解説していきます。他のポケットWi-Fiでもほとんど同様の手順になります。

まずは、どんなときもWiFiの公式サイトから申し込みをしていきます!WEB申込のみの対応なので、入力フォームから記入していきましょう。

WEBから申込完了後、どんなときもWiFiが最短即日で発送されます。端末が届いたら設定をして利用開始です!とても簡単なので、特に詳しく説明することもありません(汗)

ポケットWi-Fiはクレジットカードが必要な場合が多いので注意してください。どんなときもWiFiも含めて一部ポケットWi-Fiは口座振替も対応していますが、利用料金が高くなったり、本人確認が必要で利用開始まで遅くなってしまいます。

一人暮らしで置き型Wi-Fiを契約する場合の流れを解説!

SoftBank Airなどに代表される「置き型Wi-Fi(ホームルーターとも言います)」の解説です。文字通り、置くだけで家でWi-Fiが使えるので、気軽さが人気となっています。

申込~利用開始まで早く、ネットに詳しくない方でも簡単です。家用にWi-Fiは欲しいけど、そこまで通信品質が必要ない方は検討してみてくださいね。

一人暮らし向けの置き型Wi-Fi 3社を比較

月額料金通信速度
(下り最大)
通信制限
モバレコエアー
【置き型Wi-Fi】
1~2ヶ月:1,970円
3~24ヶ月:3,340円
962Mbpsなし
・自宅で使う工事不要の置き型Wi-Fi
・SoftBank Airと同等のスペックで料金が安い
・通信速度の実測値は持ち運びWi-Fiと大差ない
・キャッシュバック最大48,000円有り
SoftBank Air
【置き型Wi-Fi】
1~12ヶ月:3,880円
13~ヶ月:4,880円
962Mbpsなし
・自宅で使う工事不要の置き型Wi-Fi
・モバレコエアーと比べると高いだけで旨味がない
・キャッシュバックは30,000円
WiMAX L02
【置き型Wi-Fi】

1~2ヶ月:2,726円
3~24ヶ月:3,411円
25ヶ月~:4,011円
1Gbps3日で10GB
・WiMAXのホームルーター
・通信速度が速いが、通信制限が致命的
・あまり通信量を消費しない方向け

置き型Wi-Fi(ホームルーター)で、おすすめの3社を比較しました。

置き型Wi-Fiは工事不要で、その名の通り端末を部屋に置くだけでWi-Fiが使えます。設定も不要ですし、あまりネットに詳しくない方にもおすすめできます!

3社とも、光回線と比べて通信速度の最大値はあまり変わらないのですが、実測値はかなり劣ってしまいます。それでも動画視聴やスマホ、タブレットで使う分には困りませんが、4K動画や対戦ゲームは厳しいでしょう…。

WiMAX L02だけは3日で10GBの通信制限があるので要注意です。3日で10GBというのは、動画を見ていると意外とすぐに到達します。(例:Amazonプライム高画質で2~4時間程)

そのため、モバレコエアー or SoftBank Airがおすすめなのですが、この2つはどちらも同じ「Airターミナル」という端末を使っています。通信品質も全く同じで、料金やサービス提供事業者が異なります。

おすすめは料金が超安い「モバレコエアー」!

置き型Wi-Fiで一番おすすめなのは「モバレコエアー」です!月額料金がとても安く、キャッシュバックも無条件で17,000円、電気サービスに加入すれば+20,000円も貰えます。

通信品質に関しては、SoftBank Airと全く同等です。そのため、料金が高いだけのSoftBank Airを使う理由が全くないんですよね…(汗)

光回線とポケットWi-Fiの料金は似たような金額でしたが、このモバレコエアーは群を抜いて安いです。キャッシュバックも考慮すれば、実質月額は2,000円程になります。

そのため、通信費を抑えたい方には特におすすめのインターネット回線です…!

\最大1万7,000円キャッシュバック/
モバレコエアー公式HP 8日以内の解約でキャンセル料は無料です

置き型Wi-Fiの申し込み方法を解説!

置き型Wi-Fi利用開始までの流れ
  • 公式サイトから申し込み
  • 申込内容確認のメールが来るのでチェックしておく
  • 1日~5日程で端末が届く
  • 端末の電源ONで利用開始!

例として、モバレコエアーの申し込み~利用開始までの流れを解説していきます。解説といっても、とても簡単なのであまり詳しく説明する事はないのですが…(汗)

まず、モバレコエアー公式サイトから申し込みをしていきます。住所などの個人情報とクレジットカード情報が必要です。

また、モバレコエアーは本人確認が必要なので、申込後に電話がかかってきます。別途本人確認書類(運転免許証・パスポート等)も用意しておいてください。

本人確認が完了次第、モバレコエアーの端末を発送してもらいます。2~3日で届くので、端末が届き次第、電源を入れて利用スタートです!

まとめ

一人暮らしのインターネットまとめ
  • 「光回線」「ポケットWi-Fi」「置き型Wi-Fi」が選択肢になる
  • とりあえずおすすめ出来るのは光回線の「enひかり」
  • 料金最安値は「モバレコエアー」

この記事では、一人暮らし向けのインターネット回線について解説しました。

インターネット回線は色々と選択肢がありますが、どれが最適か?は人によって変わってきます。

家でゲームをしたり、動画を見たり、PCを使ったりする事が多い方は「光回線」がおすすめです!あまり家にいない方は「どんなときもWiFi」、通信費を抑えたい方は「モバレコエアー」も検討してみてください。

一人暮らしの方の参考になれば幸いです。最後までお読みいただきありがとうございます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA