【元販売員が語る光回線の全て!】2019年のおすすめを徹底比較!

【元販売員が語る光回線の全て!】2019年のおすすめを徹底比較!

光回線について語るイラスト
hiroshi
hiroshi
こんにちは、「なるほどWi-Fi」編集部のhiroshiです。

光回線には100社以上がありますが、正直多すぎてどの光回線を選べば良いのか分からなくなってしまいまんせんか?

この記事では、光回線について多くの経験を積んだ立場から、光回線について気をつけるべきことや、本当におすすめできる光回線はどれなのかを徹底的に掘り下げて解説しています。

光回線選びに失敗すると2年間で6万円以上も損をする場合があるため、少しでもお得に光回線を選ぶ手助けになれば幸いです。それでは早速解説していきます。

2019年最新の光回線おすすめランキングを見る

【元販売員が暴露!】そもそも光回線とは?本当は知られていない光回線の闇を3つ教えます!

光回線には色々なサービスやキャンペーンがあり、正直に申し上げるとどれがお得なのか非常に分かりづらくなっています。

これは、わざと分かりづらくすることで質が多少悪くても契約してもらおうとしているものもあり、本当に良い光回線を見極めるのは経験がないと難しいです。

ここでは、光回線の闇について3つ解説しておきます。

①家電量販店などでよくある月額1円の光回線の闇とは?!

怪しむ女性と説明する男性

家電量販店や価格.comでは、「実質費用1円/月~」と書いてあるものを見かけます。

しかし、これはあくまで「実質」の話で、キャッシュバックなどの金額を差し引いた額が1円になるということです。また、毎月1円ではなく、初月のみ1円になる計算の場合もあります。

キャッシュバックや割引を受けるにはオプションに加入する必要があったりと、制約が多いのもデメリットです。

また、家電量販店や価格.comの契約は違約金が高い場合が多く、例えば価格.comでauひかりを契約すると、違約金は31,104円と高額になります。これは契約ページの下の下の方にとても小さい文字(これくらいの大きさ)で書いてあり、非常に分かりづらくなっていることが多いため注意が必要です。

②ぶっちゃけ光回線よりポケットwifiのほうがいいんじゃないの?

光回線 ポケットWi-Fi
最大回線速度 1Gbps~10Gbps
(1,000Mbps~10,000Mbps)
 187.5Mbps~758Mbps
持ち運び 不可
通信容量制限 なし 3日で10GBなど
(※サービスにより異なる)

光回線とポケットWi-Fiを比べた時に、もちろんポケットWi-Fiには「持ち運べる」などのメリットがあります。

しかし、回線の速度では圧倒的に光回線の方が早く、実測値では10倍以上の差が出ることもあります。(例:ポケットWi-Fiが20Mbpsに対して光回線は200Mbpsなど)

また、光回線であれば1日に何ギガ使っても制限がかかることがありませんし、サーバー応対の速度(PING値)も良いためPS4などのオンラインゲームにも向いています。

多少速度が遅くなって容量制限があっても、外に持ち運んでWi-Fiを使いたい場合はポケットWi-Fiがおすすめです。

しかし、家で容量を全く気にせずに動画を見たり、オンラインゲームを行ったり、圧倒的に速い速度でネットをしたい場合には光回線は必須といえます。

③光回線は選び方を間違うと大変なことに・・・

驚く女性

光回線のサービスは非常に多く、2019年現在で100社以上が存在しています。

それぞれで回線の速度も大きく違いますが、料金やキャッシュバックやキャンペーンなども大きく異なります。

また、光回線は基本的に短くても2年契約が一般的なので、サービス選びを失敗してしまうと金額的にも時間的にも大きな損をすることになります。

下記では、どうすれば最もお得な光回線を使えるのか、選び方について詳しく解説していきます。

光回線の失敗しない選び方3つのポイント!

光回線を選ぶ際に、選び方のポイントを知らないとコストパフォーマンスの悪いものを選んでしまう可能性があります。

光回線は、選ぶサービスによっては2年間で6万円以上も料金が変わってくるので、下記の3ポイントを考慮しながら本当に良いものを選んで下さい。

①光回線を選ぶ際はまず大きくは「戸建て」「マンション」別で選ぶべし!

戸建て月額 マンション月額
NURO光 4,743円 1,900円~2,500円
(マンション内の契約人数により変動)
auひかり 5,600円 3,400円~5,000円
(プラン・マンション内の契約人数により変動)
ソフトバンク光 5,200円 3,800円
ドコモ光 5,000円~5,400円
(プロバイダにより変動)
3,800円~4,200円
(プロバイダにより変動)

光回線は、「戸建て」と「マンション」で料金が大きく異なります。

たとえば、「auひかり」は戸建て向け、「auひかりforマンション」はマンション向けといったように、サービス自体が分かれているものが多いです。

また、マンションでも「auひかりforマンション」は対応していないが「auひかり」なら使える、といったように、物件によって条件が変わってくることを知っておいて下さい。

もしマンションタイプが使えるのであれば、戸建てタイプよりも月額料金が安くなるものが多いため、マンションタイプを選びましょう。

②光回線には5種類あることを理解しそれぞれの違いを把握すること!

種類 サービス例 詳細
NURO光 NURO光 独立した回線を持ち、最大速度が2Gpbsの他サービスの2倍速い。
auひかり auひかり KDDIが運営する光回線。光コラボレーションには分類されず、独自の回線を持つ。
電力会社系列
eo光、Pikara、BBIQなど 四国電力など、各地域の電力会社が運営するサービス。全て地域限定。
フレッツ光 フレッツ光 シェアの7割を占める。料金は高め。
光コラボレーション ソフトバンク光、ドコモ光など フレッツ光の回線を利用したサービス。独自の割引がある。

光回線には全部で上記の5種類があります。

最も有名なのはフレッツ光ですが、それ以外にもこれだけのサービスがあり、フレッツ光よりも速度が早かったり料金が安かったりとコストパフォーマンスが良いものが多いです。

上記の表を参考に、それぞれの違いを知って頂ければ幸いです。

③しっかりと自分の目的にマッチした光回線を選ぶこと!

迷う男性の絵

光回線を選ぶ目的が、料金の安さだけで選ぶのか、回線速度も速い方がいいのか、スマホとセット割にしたいのかなどによって選び方が変わってきます。

また、料金が高くても良いので速度が速いほうがいいという場合も、選ぶべきサービスは変わってきます。

どの目的で光回線を選ぶのか明確にして選ぶと、より用途に合った光回線を選ぶことが可能になります。

元光回線営業マン10人が選んだ!100社から比較して本当におすすめできる光回線はこれ!

光回線のサービスは100社以上存在するため、どれを選べば良いのか非常に分かりづらいと思います。

そこで、ここでは「戸建て」と「マンション(アパート)」に分けて、目的別の選び方を解説していきます。

戸建ての場合の光回線の目的別おすすめの選び方!

 目的※clickできます 説明
「スマホのセット割」を重視 auやソフトバンクなどのスマホとセット割が可能な回線をまとめています。
「地域別の最安値」を重視 各地域でどの光回線が最安になるのかをまとめています。
「キャッシュバック額」を重視 キャッシュバック(現金)が多いサービスをまとめています。
「回線速度」を重視 回線速度が速い順にまとめています。
「工事費無料」を重視 工事費が無料になる光回線をまとめています。
hiroshi
hiroshi
戸建ての光回線の選び方を目的別にまとめました。

戸建ての場合の料金などを比較していますので、一軒家に住んでいる方はこちらを参考にして下さい。

マンションの場合の光回線の目的別おすすめの選び方!

 目的※clickできます 説明
「スマホのセット割」を重視 auやソフトバンクなどのスマホとセット割が可能な回線をまとめています。
「地域別の最安値」を重視 各地域でどの光回線が最安になるのかをまとめています。
「キャッシュバック額」を重視 キャッシュバック(現金)が多いサービスをまとめています。
「回線速度」を重視 回線速度が速い順にまとめています。
「工事費無料」を重視 工事費が無料になる光回線をまとめています。
hiroshi
hiroshi

マンションの光回線の選び方を目的別にまとめました。

こちらはマンションの場合の料金などを比較していますので、マンション(アパート・集合住宅)に住んでいる方はこちらを参考にして下さい。

戸建ての場合のあなたの目的に合った選び方とおすすめの光回線

ここからは、戸建ての場合の光回線の選び方を解説します。

のそれぞれの場合について、どの光回線を選んだら良いのかを解説していきます。

光回線を「料金の安さ」&「コスパの良さ」で選ぶならスマホのセット割で選ぶこと!

スマホ
※clickできます
 光回線 月額料金 スマホ割引額
au auひかり 5,600円 最大2,000円
ドコモ ドコモ光 5,000円~
(プロバイダにより変動)
最大3,500円
ソフトバンク NURO光 4,743円 1,000円
※でんわサービス加入必要
ワイモバイル ソフトバンク光 5,200円 最大1,000円
その他の格安スマホ NURO光 4,743円 ※割引無だが料金が最安値

光回線を「料金の安さ」と「コスパの良さ」で選ぶ場合、スマホのセット割で選ぶのがとても重要です。

使っているスマホが「au」、「ドコモ」、「ソフトバンク」、「ワイモバイル」、「その他」の場合について、それぞれどの光回線を選べば良いのかをまとめました。

auの携帯スマホをお使いの方にはauひかりの光回線がおすすめ!

auひかり
スマホ割引(月額)
auフラットプラン -1,000円
データ定額1 -934円
データ定額2
データ定額3
-934円
データ定額5
データ定額20
-1,410円
(※3年目以降-934円)
データ定額30 -2,000円
(※3年目以降-934円)

auのスマホを使用している場合、auひかりが安くなるためおすすめです。

スマホの料金プランによって割引額は異なりますが、データ容量が2GBまでなら月500円割引、2GB以上なら月1,000円の割引になります。データ容量が30GBプランの場合、月額2,000割引になります。

また、家族で住んでいる場合、1人につき上記の金額が割り引かれます。そのため、例えば4人家族でそれぞれ2GB以上のプランをauで使っているなら月額4,000円割り引かれて非常に安く利用することが可能です。

auひかりの詳細をチェック

ドコモの携帯スマホをお使いの方にはドコモ光の光回線がおすすめ!

ドコモ光
割引(月額)
ベーシックシェアパック5GB -800円
ベーシックシェアパック10GB -1,200円
ベーシックシェアパック15GB
ベーシックシェアパック30GB
-1,800円
ウルトラシェアパック30GB -2,500円
ウルトラシェアパック50GB -2,900円
ウルトラシェアパック100GB -3,500円

ドコモのスマホを利用している場合、ドコモ光は最大で月額3,500円割引があるため安く使うことができます。

ただ、3,500円割引はスマホを月100GB使うプランのため現実的ではなく、一般的には15GBまでの容量の方が多いでしょうから割引額は1,800円になります。

5GBプランで800円割引、10GBプランで1,200円割引、15GBプランで1,800円割引になります。

ドコモ光の詳細をチェック

ソフトバンクの携帯スマホをお使いの方にはNURO光の光回線がおすすめ!

nuro光
スマホ割引(月額) 月額料金
NURO光 全プラン -1,000円
(※電話サービス加入必須)
4,743円
ソフトバンク光
データ定額 -500円 5,200円
50GBプラス
ミニモンスター
-1,000円

ソフトバンクのスマホを使っている場合、「ソフトバンク光」と「NURO光」がどちらも安くなります。

NURO光でスマホ割を受ける場合は、電話サービス(月額300~500円)への加入が必要です。

しかし、月額料金や2年間の合計金額で見ると「NURO光」の方が安いため、ソフトバンクのスマホの場合はNURO光の方がお得になります。

また、NURO光は関東・関西・東海でしかエリアが対応していないため、それ以外の地域にお住まいの場合は全国展開しているソフトバンク光を選ぶと良いですよ。

NURO光の詳細をチェック

ワイモバイルの携帯スマホをお使いの方にはソフトバンク光の光回線がおすすめ!

ソフトバンク光
割引(月額)
データプランL
Pocket wifiプラン2
-500円
スマホプランS -500円
スマホプランM -700円
スマホプランL -1,000円

格安スマホは基本的にNURO光を使うのがお得ですが、ワイモバイルだけは例外となります。というのも、ソフトバンク光はワイモバイルのスマホ割引があるからです。

最大で1,000円割引になるため、例えば家族4人でワイモバイルのスマホプランLを使っていれば月額4,000円の割引になります。そのため、ワイモバイルの場合はソフトバンク光がおすすめです。

ソフトバンク光の詳細をチェック

その他の格安スマホをお使いの方にはNURO光の光回線がおすすめ!

nuro光

他の格安スマホ(ワイモバイル以外)は、スマホ割引がないケースと、割引があっても基本料金が高すぎるケースに分けられます。

そのため、格安スマホ(ワイモバイル以外)を使っている場合は、光回線の中で最も2年間の実質費用が安くなるNURO光を選ぶのがコストパフォーマンスが良いです。

回線速度の速さと料金の安さから考えても、au・ソフトバンク・ドコモ・ワイモバイル以外のスマホを使っている場合はNURO光が最もおすすめです。

NURO光の詳細をチェック

とにかく最安値&格安価格の光回線を地域(エリア)別にご紹介!

地域※clickできます 地域限定の光回線 最安の光回線
関東 NURO光
関西 eo光 NURO光
東海(中部) コミュファ光 NURO光
中国 EGG auひかり
四国 Pikara Pikara
九州 BBIQ auひかり
それ以外のエリア auひかり

地域別で、それぞれの地域にしかない光回線と、最安の光回線を上記にまとめました。

まず説明すると、地域によってその地域にしかない光回線のサービスがあります。

これは、電力会社が提供している光ファイバーを使っているからで、例えば関西限定の「eo光」は関西電力の提供、四国限定の「Pikara」は四国電力の提供です。

地域限定の光回線は月額料金が安いサービスが多く、一見すると他の光回線に比べて非常に安く見えます。もちろん月額料金としては安いのですが、キャシュバックやキャンペーンが少ないため、2年間の実質料金でみると他の光回線のほうがお得な場合が多いです。

ここからは、地域別にどの光回線が最安値になるのかを詳しく解説していきます。

関東で最安の光回線はNURO光!

月額料金 キャッシュバックなど 2年間の実質費用
NURO光 4,743円 -35,000円 82,072円
フレッツ光
(一般例)
5,400円 -5,000円 143,400円

他の地域では、電力会社が提供する地域限定の光回線がある場合が多いですが、関東の場合はこういった光回線は存在しません。

一般的には「フレッツ光」を契約している世帯が多いですが、こうして料金を比較してみるとフレッツ光は高額であることが分かります。

NURO光は関東・関西・東海エリア限定ですが、フレッツ光と比べると2年間で約6万円近くも実質費用が安くなります。

そのため、関東に住んでいる場合はNURO光が最安値でおすすめです。

NURO光の詳細をチェック

関西で最安の光回線はNURO光!

月額料金 キャッシュバックなど 2年間の実質費用
NURO光 4,743円 -35,000円 82,072円
eo光
(関西限定)
4,980円 -11,000円 87,520円

関西の場合、「eo光」という関西限定の光回線があります。こちらは関西電力の光ファイバーケーブルを使用しています。

料金が比較的安くて良いサービスなのですが、NURO光と比べるとNURO光の方が2年間の料金が安くなります。

また、NURO光の場合はソフトバンクのスマホを使っているとさらに割引があるため、格安で使うことが可能です。

NURO光は関東・関西・東海エリア限定のため、関西に住んでいるのであればNURO光が最安値でおすすめです。

NURO光の詳細をチェック

東海(中部)で最安の光回線はNURO光!

月額料金 キャッシュバックなど 2年間の実質費用
NURO光 4,743円 -35,000円 82,072円
コミュファ光
(東海・長野限定)
5,072円 -30,000円 92,428円

東海と長野県の場合、「コミュファ光」という地域限定のサービスがあります。こちらは中部電力の光ファイバーケーブルを使用しています。

キャッシュバックなどを含めて比較的料金が安いですが、2年間の実質費用や月額料金で比べるとNURO光の方が安くおすすめです。

NURO光は関東・関西・東海エリア限定なので、もし愛知・静岡・岐阜・三重県にお住まいの場合はNURO光が最安値でおすすめです。

NURO光の詳細をチェック

中国で最安の光回線はauひかり!

月額料金 キャッシュバックなど 2年間の実質費用
auひかり
5,600円 -50,000円 87,400円
EGG
(中国限定)
5,300円 -20,000円 91,600円

中国地方の場合、中国電力の光ファイバーケーブルを使用した「EGG」という光回線があります。

比較的料金が安くて使いやすいサービスではありますが、2年間の費用で見るとauひかりの方が安いためお得です。

EGGのスマホ割は「au」になるため、割引額はauひかりとEGGで同じになります。

そのため、auのスマホを使っている場合でも、中国地方の最安値はauひかりになります。

auひかりの詳細をチェック

四国で最安の光回線はPikara!

月額料金 キャッシュバックなど 2年間の実質費用
Pikara
(四国限定)
4,600円 -25,000円 85,400円
auひかり
5,600円 -50,000円 87,400円

四国では、Pikaraという光回線サービスがあり、四国電力の光ファイバーケーブルを使用しています。

他と比べても安い「auひかり」がありますが、Pikaraはさらにauひかりよりも安くなります。

また、Pikaraではauのスマホを使っていると割引が可能になるため、auのスマホをお持ちの場合はさらにお得になります。

auひかりでもauスマホ割はありますが、Pikaraの方が合計費用が安くなるためコストパフォーマンスが高いです。

Pikaraの詳細をチェック

九州で最安の光回線はauひかり!

月額料金 キャッシュバックなど 2年間の実質費用
auひかり
5,600円 -50,000円 87,400円
BBIQ
(九州限定)
4,400円 -15,000円 90,600円

九州地方では、BBIQというサービスがあり、九州電力の光ファイバーケーブルを使用しています。

BBIQは月額料金で見ると安いですが、キャッシュバック額が小さいため、2年間の合計費用でみるとauひかりに劣ります。

BBIQのスマホ割は「au」なので、auスマホをお使いの場合は割引ができますが、auひかりでも同じようにauスマホの割引があります。

つまり、スマホ割引を考えても九州ではauひかりが最安になるためauひかりがおすすめです。

auひかりの詳細をチェック

それ以外のエリアで最安の光回線はauひかり!

月額料金 キャッシュバックなど 2年間の実質費用
auひかり
5,600円 -50,000円 87,400円
ソフトバンク光
5,200円 -32,000円 95,800円
ドコモ光
5,200円 ー15,000円 100,800円
フレッツ光
5,400円 -5,000円 143,400円

上記で説明してきた以外の地域に関しては、基本的に「auひかり」が最も安いためおすすめです。

auひかりは戸建ての場合全国どこでも回線を引くことができますし、ほぼ全地域で契約できます。

ただし、使っているスマホがソフトバンク・ドコモ・ワイモバイルの場合は「スマホ割」によってauひかり以外の回線が最安になります。詳しくは先ほどまとめさせて頂きましたが、もう一度確認したい場合は下記のボタンから飛んでみて下さい。

auひかりの詳細をチェック

>>スマホ別の光回線最安はどれか?もう一度見る

とにかくキャッシュバック額の多いキャンペーン実施の光回線を選ぶならこれ!

 光回線 キャッシュバック額 エリア
auひかり 50,000円 関西・東海以外の全国
ドコモ光 15,000円 全国
NURO光 35,000円 関東・関西・東海
ソフトバンク光 32,000円 全国
 コミュファ光 30,000円
(※他社解約の違約金分のみ)
東海のみ

戸建ての光回線で、キャッシュバック額が多いものを順番に比較しました。

auひかりはキャッシュバック額が高く、料金も比較的安いためお得度が高いです。

ドコモ光は、キャッシュバック額でいえば大きいですが、基本料金が他の光回線よりも少し高いです。

コミュファ光はキャッシュバック額が30,000円ですが、注意して頂きたいのは他の光回線を解約したときの料金分しか貰えないということです。例えば、フレッツ光を解約して違約金が9,500円かかったとすると、キャッシュバック額は9,500円しか貰えません。

戸建ての場合でキャッシュバック額を重視するのであれば、料金とのバランスを考えると「auひかり」または「NURO光」が最もおすすめです。

auひかりの詳細をチェック

速度が速い光回線を有名10社から比較しておすすめを厳選紹介!

最大通信速度 2年間の実質料金 対応エリア
NURO光 2Gbps 82,072円 関東・関西・東海
auひかり 1Gbps 87,400円 関西・東海以外の全国
ソフトバンク光 1Gbps 95,800円 全国
ドコモ光 1Gbps 100,800円 全国
Pikara 1Gbps 85,400円 四国
eo光 1Gbps 87,520円 関西
BBIQ 1Gbps 90,600円 九州
ビッグローブ光 1Gbps 97,520円 全国
so-net光 1Gbps 100,600円 全国
フレッツ光 1Gbps 143,400円 全国

戸建ての光回線で、「最大通信速度」、「2年間の実質料金」、「対応エリア」で有名10社を比較しました。

速度でいえば「NURO光」が圧倒的に早く、他の光回線と比べてという最大速度が2倍の2Gbpsです。

また、料金に関しても2年間の実質料金でみるとNURO光が最安値となり、非常にコストパフォーマンスが高いです。対応エリアが関東・関西・東海のみになってしまいますが、このエリアの方はNURO光が最もおすすめです。

また、それ以外の地域の方に関しては「auひかり」が料金が安くコストパフォーマンスが高いのでおすすめです。auのスマホをお使いの場合はさらに割引がありますので、よりお得に利用することが可能です。

NURO光の詳細をチェック

工事費無料の光回線を選ぶならこれがおすすめ!

光回線 月額料金 回線速度 工事費
NURO光 4,743円 2Gbps 実質無料
auひかり 5,600円 1Gbps 実質無料
ドコモ光 5,400円 1Gbps 無料
ソフトバンク光 5,200円 1Gbps 実質無料
コミュファ光 5,072円 1Gbps オプション加入で無料

戸建ての工事費無料の光回線を上記にまとめました。

工事費が無料になるケースは3つあり、

  • 単純に工事費が無料になる「無料」
  • キャシュバックや値引きによる「実質無料」
  • 有料オプションへの加入が必要な「オプション加入で無料」

に分けられます。

「無料」と「実質無料」はどちらも実際に得をするので、どちらを選んでもOKです。

ただし、「オプション加入で無料」に関しては、料金がかかる有料サービスに別途申し込んで初めて工事費が無料になるためおすすめできません。

工事費無料の光回線を選ぶのであれば、「無料」または「実質無料」のサービスを選ぶことをおすすめします。料金を考慮すると、NURO光が最もおすすめです。

NURO光の詳細をチェック

マンションの場合のあなたの目的に合った選び方とおすすめの光回線

ここからは、マンションの場合の光回線の選び方を解説します。

のそれぞれの場合について、どの光回線を選んだら良いのかを解説していきます。

光回線を「料金の安さ」&「コスパの良さ」で選ぶならスマホのセット割で選ぶこと!

スマホ
※clickできます
 光回線 月額料金 スマホ割引額
au auひかりマンション 3,400円 ~ 5,000円 最大2,000円
ドコモ ドコモ光マンション 3,800円~4,200円
(プロバイダにより変動)
最大3,500円
ソフトバンク NURO光 for マンション
(またはソフトバンク光マンション)
1,900円~2,500円 1,000円
ワイモバイル ソフトバンク光マンション 3,800円 500~1,000円
その他の格安スマホ NURO光 for マンション 1,900円~2,500円 ※割引無だが料金が最安値

マンションで光回線を選ぶ時に、「料金の安さ」と「コスパの良さ」で選ぶのであればスマホのセット割を考慮するのがおすすめです。

ここからは、「au」・「ドコモ」・「ソフトバンク」・「ワイモバイル」・「その他の格安スマホ」の場合で、どの光回線を選べば良いのかを解説していきます。

auの携帯スマホをお使いの方にはauひかりマンションの光回線がおすすめ!

auひかり
スマホ割引(月額)
auフラットプラン -1,000円
データ定額1 -934円
データ定額2
データ定額3
-934円
データ定額5
データ定額20
-1,410円
(※3年目以降-934円)
データ定額30 -2,000円
(※3年目以降-934円)

auのスマホを使っている場合でマンションに住んでいる場合、「auひかりマンション」にすると最大で月額2,000円の割引があるためお得です。

注意点としては、「auひかり」や「auひかりマンション」は、お住まいの建物によっては設備が整っておらず契約できない可能性もあります。

そういった場合は後述する「NURO光」などもおすすめですし、もしauひかりが対応していれば安く使えるためおすすめです。

auひかりの詳細をチェック

ドコモの携帯スマホをお使いの方にはドコモ光の光回線がおすすめ!

ドコモ光
割引(月額)
ベーシックシェアパック5GB -800円
ベーシックシェアパック10GB -1,200円
ベーシックシェアパック15GB
ベーシックシェアパック30GB
-1,800円
ウルトラシェアパック30GB -2,500円
ウルトラシェアパック50GB -2,900円
ウルトラシェアパック100GB -3,500円

ドコモのスマホを使っている場合、「ドコモ光マンション」であれば最大3,500円のスマホ割引があります。

3,500円の割引はドコモで月間100GBのプランを使っていないと実現しないのですが、それ以外でも15GBプランでは1800円割引など、比較的大きな金額を割り引けるためお得度が高いです。

そのため、ドコモのスマホを使っている場合は「ドコモ光マンション」がコストパフォーマンスが良いためおすすめです。

ドコモ光の詳細をチェック

ソフトバンクの携帯スマホをお使いの方にはNURO光forマンションの光回線がおすすめ!

nuro光
スマホ割引(月額) 月額料金
NURO光 for マンション 全プラン -1,000円
(※電話サービス加入必須)
1,900円~2,500円
ソフトバンク光マンション データ定額 -500円 3,800円
50GBプラス
ミニモンスター
-1,000円

ソフトバンクのスマホを利用している場合、「NURO光forマンション」または「ソフトバンク光」で月額1,000円の割引があります。

NURO光forマンションでスマホ割引を受ける場合、電話サービス(月額300~500円)への加入が必要となりますが、それを差し引いても月額料金が安いためNURO光forマンションが最安値となります。

また、NURO光forマンションは関東・関西・東海のエリアのみでの提供となっています。そのため、もしエリアが対応していなければソフトバンク光でも最大1000円の割引があるため選択肢としておすすめです。

ソフトバンクの場合をまとめると、関東・関西・東海エリアにお住まいでマンションが対応している場合は「NURO光」を、それ以外の場合は「ソフトバンク光」を選びましょう。

NURO光の詳細をチェック

ワイモバイルの携帯スマホをお使いの方には「ソフトバンク光マンション」の光回線がおすすめ!

ソフトバンク光
割引(月額)
データプランL
Pocket wifiプラン2
-500円
スマホプランS -500円
スマホプランM -700円
スマホプランL -1,000円

格安スマホの中でも、ワイモバイルだけは例外的に「ソフトバンク光マンション」で割引があります。

その場合はソフトバンク光でも1,000円の割引があるため、ソフトバンク光がおすすめです。(※ソフトバンク光はほとんど全てのマンションで利用することが可能です)

ワイモバイルの場合は、「ソフトバンク光」でスマホ割が最もお得になるためおすすめです。

ソフトバンク光の詳細をチェック

その他の格安スマホをお使いの方にはNURO光forマンションの光回線がおすすめ!

nuro光

その他の格安スマホを使っている場合、スマホ割引が全くないか、割引があっても対応している光回線の料金が高い場合に分けられます。

マンションタイプの光回線の中では「NURO光forマンション」が最安値で速度も早いため、ワイモバイル以外の格安スマホを使っている場合も「NURO光forマンション」を選ぶのが最もおすすめです。

NURO光の詳細をチェック

とにかく最安値&格安価格の光回線を地域(エリア)別にご紹介!

地域※clickできます 地域限定の光回線 最安の光回線
関東 NURO光 forマンション
関西 eo光 NURO光 forマンション
東海(中部) コミュファ光 NURO光 forマンション
中国 EGG auひかりマンション
四国 Pikara Pikara
九州 BBIQ auひかりマンション
それ以外のエリア auひかりマンション

マンションで光回線を選ぶ際に、それぞれの地域限定の光回線と最安値の光回線を上記にまとめました。

地域限定の光回線は、例えば関西電力の光ファイバーケーブルを使った「eo光」や中国電力の光ファイバーケーブルを使った「EGG」などがあります。

どのサービスも月額料金が安いためお得に見えますが、キャシュバックやキャンペーンが少ないため、2年間で実際にかかる料金で比べると最安値でない場合が多いです。

ここからは、各地域ごとにどの光回線が最安になるのかをまとめました。

関東で最安の光回線はNURO光forマンション!

月額料金 キャッシュバックなど 2年間の実質費用
NURO光 forマンション 1,900円~2,500円
(マンション内の契約人数により変動)
-10,000円 38,600円 ~
NURO光 4,743円 -35,000円 82,072円
フレッツ光マンション
3,950円~
(プロバイダにより変動あり)
-5,000円 89,800円

関東では、「NURO光 forマンション」が対応エリアです。一般的なフレッツ光と比べると、NURO光forマンションの料金は非常に安く、その差は最大で10万円以上にもなります。

マンションによっては「NURO光 forマンション」が対応しておらず、戸建用の「NURO光」の場合もありますが、それでもフレッツ光より6万円以上も安くなります。

そのため、関東にお住まいの場合は「NURO光 forマンション」が最もおすすめで、対応していない場合は「NURO光」が最安のためおすすめです。

NURO光forマンションの詳細をチェック

関西で最安の光回線はNURO光forマンション!

月額料金 キャッシュバックなど 2年間の実質費用
NURO光 forマンション 1,900円~2,500円
(マンション内の契約人数により変動)
-10,000円 38,600円 ~
NURO光 4,743円 -35,000円 82,072円
eo光
(関西限定)
4,980円 -11,000円 87,520円
フレッツ光マンション
3,950円~
(プロバイダにより変動あり)
-5,000円 89,800円

関西限定の光回線は「eo光」というものがあります。関西電力の光ファイバーケーブルを使用しており、一般的な光回線より安いのですが、比べてみると「NURO光」の方が圧倒的に安いです。

「NURO光」は、もしマンションが対応しているなら条件によって月額1,900円からとかなり安い料金で利用することが可能です。

マンションタイプが対応していない場合でも、戸建てプランの料金は他の光回線と比べて安いため、関西で最安値の光回線を選ぶのであればNURO光(マンションタイプ)がおすすめです。

NURO光forマンションの詳細はこちら

東海(中部)で最安の光回線はNURO光forマンション!

月額料金 キャッシュバックなど 2年間の実質費用
NURO光 forマンション 1,900円~2,500円
(マンション内の契約人数により変動)
-10,000円 38,600円 ~
NURO光 4,743円 -35,000円 82,072円
コミュファ光
(東海・長野限定)
5,250円 なし 126,000円
フレッツ光マンション
3,950円~
(プロバイダにより変動あり)
-5,000円 89,800円

東海限定の光回線は「コミュファ光」という中部電力の光ファイバーケーブルを用いたサービスがあります。

しかし、料金は比較的高額で、コストパフォーマンスは良いとはいえないのが現状です。

東海では「NURO光」というサービスが対応エリアで、NURO光は料金が安いのに加えて回線速度も早いためおすすめです。また、マンションタイプが対応している建物であれば最安で月額1,900円から利用できるため、非常にコストパフォーマンスは高いです。

NURO光forマンションの詳細はこちら

中国で最安の光回線はauひかりマンション!

月額料金 キャッシュバックなど 2年間の実質費用
auひかりマンション
3,400円 ~ 5,000円
(マンション内の契約人数により変動)
-45,000円 56,200円 ~
auひかり
5,600円 -50,000円 87,400円
EGG光ネットマンション
(中国限定)
3,200円 なし 76,800円
フレッツ光マンション
3,950円~
(プロバイダにより変動あり)
-5,000円 89,800円

中国地方では、マンションタイプの光回線は「auひかりマンション」が最安でした。

同じマンション内で「auひかりマンション」を使っている人が何人いるかによって料金が変わりますが、最安であれば月額3,800円から利用することが可能です。

また、もしauのスマホを使っていれば、スマホ割でさらに安い料金で使うことが可能です。

auひかりマンションの詳細はこちら

四国で最安の光回線はauひかりマンション!

月額料金 キャッシュバックなど 2年間の実質費用
auひかりマンション
3,400円 ~ 5,000円
(マンション内の契約人数により変動)
-45,000円 56,200円 ~
auひかり
5,600円 -50,000円 87,400円
Pikara
(四国限定)
3,672円 なし 88,128円
フレッツ光マンション
3,950円~
(プロバイダにより変動あり)
-5,000円 89,800円

四国限定の光回線には、「Pikara」というサービスがあり、四国電力の光ファイバーを使っています。

月額料金は安いのですが、キャッシュバックがないため2年間の実質費用でみるとauひかりマンションの方が安くなります。

マンションによってはauひかりマンションが対応していない場合もありますが、もし対応していれば四国ではauひかりマンションがおすすめです。

auひかりマンションの詳細はこちら

九州で最安の光回線はauひかりマンション!

月額料金 キャッシュバックなど 2年間の実質費用
auひかりマンション
3,400円 ~ 5,000円
(マンション内の契約人数により変動)
-45,000円 56,200円 ~
auひかり
5,600円 -50,000円 87,400円
BBIQ
(九州限定)
1年目:2,800円
2年目以降:4,100円
なし 82,800円
フレッツ光マンション
3,950円~
(プロバイダにより変動あり)
-5,000円 89,800円

九州地方限定の光回線は「BBIQ」というサービスがあり、九州電力のケーブルを使用しています。

1年目は月額2,800円と安いのですが、2年目からは月額4,100円となります。そのため、比較するとauひかりマンションの方が安いです。

また、auのスマホを使っている場合、auひかりマンションとBBIQにはスマホ割引があるため、さらに料金が安くなります。そのため、九州地方ではauひかりマンションがおすすめです。

auひかりマンションの詳細はこちら

それ以外のエリアで最安の光回線はauひかりマンション!

月額料金 キャッシュバックなど 2年間の実質費用
auひかりマンション
3,400円 ~ 5,000円
(マンション内の契約人数により変動)
-45,000円 56,200円 ~
ソフトバンク光マンション
3,800円 -30,000円 66,200円 ~
フレッツ光マンション
3,950円~
(プロバイダにより変動あり)
-5,000円 89,800円
ドコモ光マンション
3,800円~4,200円
(プロバイダにより変動あり)
-5,500円 104,900円 ~

上記で解説してきた以外のエリアに関しては、「auひかりマンション」が最安値になります。

ただし、もしソフトバンク・ドコモ・ワイモバイルのスマホを使っている場合、それぞれにスマホ割引があるため、最安値の料金は変わってきます。

auのスマホや、他の格安SIMを使っている場合は「auひかりマンション」が最もおすすめですが、ソフトバンク・ドコモ・ワイモバイルを使用している場合は条件が異なるため、先に紹介した「スマホ別の光回線の最安」を参考にして下さい。

auひかりマンションの詳細はこちら

>>スマホ別の光回線最安はどれか?もう一度見る

とにかくキャッシュバック額の多いキャンペーン実施の光回線を選ぶならこれ!

光回線 キャッシュバック額 エリア
auひかり 50,000円 全国
auひかりマンション 45,000円
NURO光 35,000円 関東・関西・東海
NURO光forマンション 10,000円
ソフトバンク光 32,000円 全国
コミュファ光 30,000円
(※他社解約の違約金分のみ)
東海のみ
ドコモ光 5,500円~15,000円 全国

マンション向けの光回線を、キャッシュバック額が多い順に比較しました。

知っておいて頂きたいのは、マンションにお住まいの場合でも戸建てタイプは契約可能で、例えば「auひかり」と「auひかりマンション」のどちらも契約することができます。

キャッシュバック額に重点を置いて考えると、最も金額が大きいのは「auひかり」となります。

また、月額料金で考えると「auひかり」よりも「auひかりマンション」の方が安いため、マンションが対応していれば「auひかりマンション」にするのも1つの手です。

そのため、マンションでとにかくキャッシュバック額を重視して選ぶのであれば、「auひかりマンション」または「auひかり」がおすすめです。

auひかりマンションの詳細はこちら

速度が速い光回線を有名10社から比較しておすすめを厳選紹介!

最大通信速度 2年間の実質料金 対応エリア
NURO光 forマンション 2Gbps 38,600円 ~ 関東・関西・東海
auひかり マンション 1Gbps 56,200円 ~ 全国
ソフトバンク光 マンション 1Gbps 66,200円 ~ 全国
ドコモ光マンション 1Gbps 104,900円 ~ 全国
Pikara 1Gbps 88,128円 四国
eo光 1Gbps 87,520円 関西
BBIQ 1Gbps 82,800円 九州
ビッグローブ光 1Gbps 97,520円 全国
so-net光 1Gbps 100,600円 全国
フレッツ光マンション 1Gbps 89,800円 全国

マンションの光回線に関して、有名で人気のある10社を「最大通信速度」と「2年間の実質料金」と「対応エリア」で比較しました。

速度は「NURO光 forマンション」が最も早く、一般的な光回線が最大1Gbpsなのに対してNURO光は2倍の2Gbpsです。

また、2年間の料金でも38,600円からと最安で、この中で最も高い「ドコモ光マンション」と比べると6万円以上の差があります。

NURO光は対応エリアが関東・関西・東海だけなので、このエリアの場合はNURO光が非常におすすめです。

また、それ以外のエリアでは、「auひかりマンション」が価格も安く全国で対応しているため使いやすいです。スマホ割引もあるため、auのスマホであればさらにコストパフォーマンスが良くなります。

NURO光の詳細をチェック

工事費無料の光回線を選ぶならこれがおすすめ!

光回線 月額料金 回線速度 工事費
NURO光 forマンション 1,900円 ~ 2,500円 2Gbps 実質無料
auひかりマンション 3,400円 ~ 5,000円 1Gbps 実質無料
ドコモ光マンション 3,800円 ~ 1Gbps 無料
ソフトバンク光マンション 3,800円 1Gbps 実質無料
コミュファ光 5,250円 1Gbps オプション加入で無料

マンションの場合の工事費無料の光回線を上記にまとめました。

それぞれの工事費無料の特徴として

  • 「無料」:単純に工事費が無料
  • 「実質無料」:キャシュバックなどで工事費が戻ってくる
  • 「オプション加入で無料」:有料サービスに申し込む必要がある

の3つに分類できます。

オプション加入が必要な場合、月額課金が必要な有料サービスに申し込む必要がでてくるため、お得度が低くおすすめできません。

マンションで工事費無料の光回線を契約するのであれば、表にある「無料」または「実質無料」の光回線をおすすめします。

「実質無料」でも、実際にお金が帰ってきたり、月額料金が工事費分割引になったりと実際に得をするためおすすめです。

月額料金と回線速度も考慮すると、NURO光が最もおすすめです。

NURO光の詳細をチェック

光回線を選ぶにはトータルで考えるべき!

光回線
(マンションタイプ含む)
2年間の実質費用
(スマホ割含まない)
回線速度 サポートの質
NURO光 38,600円 ~ 2Gbps
auひかり 56,200円 ~ 1Gbps
ソフトバンク光 66,200円 ~ 1Gbps
ドコモ光 100,800円 ~ 1Gbps
eo光 87,520円 ~ 1Gbps
Pikara 88,128円 ~ 1Gbps
BBIQ 82,800円 ~ 1Gbps
メガ・エッグ 76,800円 ~ 1Gbps
コミュファ光 92,428円 ~ 1Gbps
ビッグローブ光 97,520円 ~ 1Gbps

ここまで、スマホ割や地域別最安値など、色々な指標からおすすめの光回線を解説してきました。

しかし、光回線を選ぶのであれば「2年間の合計料金」「回線速度」「サポートの質」など、総合的に判断するのが最もおすすめです。

というのも、「スマホ割引があるから契約したけど、2年間の合計料金で計算すると高かった・・・」となれば本末転倒ですし、「安いから契約したけど、サポートもしてくれないし回線も遅い・・・」となっては非常にもったいないです。

そこで、ここからは「スマホ割」「回線速度」「2年間の実質料金」「サポートの質」「回線の質」など、全てを考慮してどの光回線がおすすめなのかを解説していきます。

光回線100社を重要な5つの項目から比較!おすすめランキング10社を厳選紹介!

ここからは、100社以上の光回線の中から上位10つを厳選し、それぞれをランキング形式にして解説していきます。

「光回線を選ぶのに、考えることが多すぎて分からなくなってきた・・・」と感じている方の参考に少しでもなれば嬉しいです。

1位:NURO光【最速で使うなら

nuro光
2年間の実質費用 38,600円 ~ 82,072円
(キャッシュバック金額により前後する可能性あり)
月額料金 マンション(アパート):1,900円~2,500円
戸建て:4,743円
キャッシュバック 10,000円~35,000円
備考 下り最大速度2Gbps /  NTTの光ファイバー使用で高品質 / 2年間の料金が最安値 / 工事費実質無料 / 35,000円キャッシュバックあり / ソフトバンクスマホ割引あり
評価

NURO光は、回線速度が「下り最大2Gbps」と最速のサービスです。

また、2年間の実質料金(キャッシュバック額などを差し引いた料金)で見ると、他の光回線に比べて圧倒的に安くなります。

マンションタイプの場合は、同マンション内にNURO光の使用者が10人以上いれば月額1,900円で利用することができます。

戸建ての場合は、キャッシュバック額が35,000円と大きいため、月額料金は4,743円ですが2年間の合計で81,832円となり、他の99社の光回線と比べても最安値となります。

また、工事費が本来40,000円かかりますが、工事費分を月々割り引くキャンペーンがあるため、40,000円の工事費が実質無料になります。

スマホ割に関しては、ソフトバンクのスマホを使っている場合は毎月1,000円の割引があるためさらに安く利用することが可能です。

現在は関東・東海・関西のエリアのみでの提供ですが、もし該当する場合は間違いなくおすすめできる光回線です。

NURO光のサービス提供エリア
  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・群馬・栃木)
  • 東海(愛知・静岡・岐阜・三重)
  • 関西(大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良)

NURO光の悪い口コミ

NURO光の良い口コミ

NURO光のキャッシュバックページはこちら

2位:auひかり【スマホがauなら

auひかり
2年間の実質費用 56,200円 ~ 87,400円
(キャッシュバック金額により前後する可能性あり)
月額料金 マンション(アパート):3,400円 ~ 5,000円
戸建て:5,600円
キャッシュバック マンション(アパート):~45,000円
戸建て:~50,000円
備考 対応エリアが広い / 5万円キャッシュバックあり/ アプリ利用でWALLETポイント500Pプレゼント / 電話と申し込みで初期費用最大3万円割引 / 乗り換えの違約金を負担
評価

auひかりは、2年間の実質料金が安いことに加えて、対応エリアが広いのが特徴です。(戸建てタイプのみ関西・中部が対応外です)

2年間の実質料金が安い理由はキャッシュバック額が大きいからで、最大で5万円のキャッシュバックがあります。

また、スマホ割引に関しては「auスマートバリュー」という制度があり、auのスマホを使っていると最大で2,000円の割引があります。

「auスマートバリュー」を使用した場合、表にある「2年間の実質費用」からさらにスマホ料金が割り引かれるため、例えば2年間で実質8,200円しかかからない計算になり非常にお得です。

乗り換えの際には、かかる違約金を最大25,000円負担してくれるため、現在契約中の光回線から乗り換えるのにも費用がほぼかからずに済みます。

NURO光が対応していないエリアの場合、auひかりを選ぶのがおすすめです。専用ページから申し込みをしないと、最大5万円のキャッシュバックが貰えないため注意して下さい。

auひかりのサービス提供エリア

【戸建て】
下記を除く全域

  • 関西(滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、福井)
  • 中部(岐阜、愛知、静岡、三重)

【マンション】

  • 全国

auひかりの悪い口コミ

auひかりの良い口コミ

auひかりのキャッシュバックページはこちら

3位:ソフトバンク光【スマホがソフトバンクなら

ソフトバンク光
2年間の実質費用 66,200円 ~ 95,800円
(キャッシュバック金額により前後する可能性あり)
月額料金 マンション(アパート):3,800円
戸建て:5,200円
キャッシュバック 33,000円
備考 工事費24,000円が実質無料 / PS4プレゼントあり / 違約金10万円までを負担 / 最大32,000円キャッシュバック / ソフトバンク光が繋がるまでWi-Fiルーター無料レンタル / ワイモバイル・ソフトバンクのスマホで割引あり
評価

ソフトバンク光は、関東・関西・東海以外に住んでいてソフトバンクのスマホを使っている方に非常におすすめの光回線です。

専用のキャンペーンページから申し込むと、最大で33,000円のキャッシュバックを貰うか、プレイステーション4を貰うかのどちらかを選ぶことが可能です。

また、乗り換えの際の違約金を最大で10万円負担してくれるため、現在お使いの回線からほとんど無料で乗り換えることが可能です。

スマホ割引に関しては「ソフトバンク」と「ワイモバイル」のスマホで割引があり、最大で毎月1,000円の割引を受けることができます。

その場合、最安で2年間実質42,200円で光回線を利用することができるため非常にお得です。

また、対応エリアは全国どこでも対応しており、フレッツ光の回線を転用するため多くのマンションでも利用することが可能です。

ソフトバンク・ワイモバイルのスマホを持っている場合や、NURO光・auひかりが対応していない建物の場合はソフトバンク光を選ぶのがおすすめです。

ソフトバンク光のサービス提供エリア
  • 全国

ソフトバンク光の悪い口コミ

ソフトバンク光の良い口コミ

ソフトバンク光のキャンペーンサイトはこちら

4位:ドコモ光【スマホがドコモなら

ドコモ光
2年間の実質費用 91,200円 ~ 100,800円
(キャッシュバック金額により前後する可能性あり)
月額料金 マンション(アパート):3,800円 ~ 4,200円
戸建て:5,000円 ~ 5,400円
(プロバイダにより変動あり)
キャッシュバック 5,500円 ~ 15,000円
備考 ドコモのスマホ割引あり / 最大15,000円キャッシュバックあり / 最大10,000dポイントプレゼント / 出張サポート無料 / Wi-Fiルーター無料レンタル / プロバイダで料金変動あり
評価

ドコモ光は、スマホ割が非常に大きい光回線です。

他の光回線は多くても月2,000円前後のスマホ割になりますが、ドコモ光は最大で月額3,500円の割引となるため、2年間で最大84,000円の割引となります。

つまり、2年間の実質費用から差し引くと、スマホ割を使えば2年間で16,800円で利用することも可能となります。

対応エリアは全国で、フレッツ光の光回線を転用する「光コラボレーション」というサービスになるのでほとんどのマンションでも利用することが可能です。

「月額費用」や「2年間の実質費用」で見ると高めですが、スマホ割の金額が大きいのと、対応エリアが全国なため4位としました。ドコモのスマホを利用している方はソフトバンク光よりもこちらがおすすめです。

ドコモ光のサービス提供エリア
  • 全国

ドコモ光の悪い口コミ

ドコモ光の良い口コミ

ドコモ光のキャッシュバックページはこちら

5位:eo光【お住まいが関西なら

eo光
2年間の実質費用 79,576円 ~ 108,520円
(キャッシュバック金額により前後する可能性あり)
月額料金 マンション(アパート):3,524円
戸建て:4,980円
キャッシュバック 5,000円 ~ 11,000円
備考 関西地方限定 / オプションサービス12ヶ月無料 / 初期設定サポート無料/ 5000円分の商品券プレゼント / 関西電力の光ファイバーケーブルを使用 / 工事費実質無料あり / auのスマホ割あり
評価

eo光は、関西地方限定の光回線です。

月額料金が比較的安く、auのスマホを持っていれば「auスマートバリュー」でさらに割引が可能です。

auのスマホ割では、最大で月額2,000円の割引があるため、スマホ割を適用した場合は2年間で39,520円(実質)から利用することが可能です。

対応エリアや建物は限られていますが、auスマホを持っているのにauひかりが対応していない場合にはこちらのeo光がおすすめです。

関西地方限定なのと、auのスマホではauひかりの方がコストパフォーマンスが良いため5位としました。

eo光のサービス提供エリア
  • 関西(大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・和歌山・福井)

eo光の悪い口コミ

eo光の良い口コミ

eo光のキャッシュバックページはこちら

6位:Pikara

pikara
2年間の実質費用 63,128円~116,732円
(キャッシュバック金額により前後する可能性あり)
月額料金 マンション(アパート):3,672円~
戸建て:4,968円~
キャッシュバック ~25,000円
備考 四国限定の光回線 / 最大1Gbps / 月額料金が安い / auスマホ割あり / 四国電力の光ファイバーケーブルを使用
評価

Pikaraは、四国限定の光回線サービスです。

四国電力の光ファイバーケーブルを使用しており、月額料金が比較的安いのが特徴です。

しかし、キャッシュバック金額やキャンペーン割引を適用して2年間の実質費用でみると最安でも88,128円となるため、NURO光やauひかりなどと比べるとコストパフォーマンスが若干劣ります。

Pikaraではauのスマホ割が可能で、月額で最大2,000円の割引があります。

auのスマホをお持ちで四国に住んでおり、さらにauひかりが未対応の場合はこちらのPikaraがおすすめです。

Pikaraのサービス提供エリア
  • 四国(徳島・香川・愛媛・高知)

Pikaraの悪い口コミ

Pikaraの良い口コミ

7位:BBIQ

BBIQ
2年間の実質費用 82,800円 ~ 97,200円
(キャッシュバック金額により前後する可能性あり)
月額料金 【マンション・アパート】
1年目:2,800円
2年目以降:4,100円
【戸建て】
1年目:3,400円
2年目以降:4,700円
キャッシュバック ~10,000円(商品券)
備考 九州地方限定 / 1年目の料金が安い / auスマホ・QTスマホ割引あり / キャッシュバックは商品券
評価

BBIQは、九州地方限定の光回線サービスです。

1年目の料金が安いのが特徴で、最初の12ヶ月は月額2,800円から利用することが可能です。13ヶ月目以降は月額4,100円になるため知っておいて下さい。

また、auのスマホと、QTモバイルのスマホでそれぞれ割引が可能です。

auスマホの場合は「auスマートバリュー」という制度で、最大で月額2000円まで割引が可能です。QTモバイルの場合は、スマホの購入料金が10%割引になるだけなのであまり旨味がありません。

九州地方に住んでいてauスマホを持っており、auひかりが未対応の建物だった場合はこちらのBBIQがおすすめです。

BBIQのサービス提供エリア
  • 九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)
  • 沖縄

BBIQの悪い口コミ

BBIQの良い口コミ

BBIQの詳細をチェック

8位:メガ・エッグ

MEGA EGG
2年間の実質費用 74,600円 ~ 98,600円
(キャッシュバック金額により前後する可能性あり)
月額料金 マンション(アパート):3,200円
戸建て:4,200円
キャッシュバック ~25,000円
(※有料オプション22,800円必須のため、実質2,200円)
備考 中国地方限定 / auのスマホ割引あり / キャッシュバックは有料オプションへの申込みが必要 / 3年契約必須
評価

メガ・エッグは、中国地方限定の光回線サービスです。中国電力の光ファイバーケーブルを使用しています。

月額料金が安いですが、3年契約が必須となります。

また、キャッシュバックが最大25,000円とありますが、これは「メガ・エッグ・コレクト」という有料オプションサービスを2つ以上申し込んだ場合のみ適用されます。

例えば、有料サービス2つで月額で950円になるため、2年間利用した場合で22,800円かかります。つまり、キャッシュバックを25,000円受け取ってもほぼプラマイゼロになってしまうため、キャッシュバックの意味はほとんど無いと言って良いでしょう。

とはいえ、月額料金が安いのも事実で、もしauのスマホを使っていて中国地方に住んでいるのであれば選択肢に入れるのは有りです。auひかりが建物に対応していない場合はこちらのメガ・エッグが良いでしょう。

MEGA EGGのサービス提供エリア

中国地方(鳥取・島根・岡山・広島・山口)

メガ・エッグの悪い口コミ

メガ・エッグの良い口コミ

メガ・エッグの詳細をチェック

9位:コミュファ光

コミュファ光
2年間の実質費用 96,000円 ~ 103,200円
(キャッシュバック金額により前後する可能性あり)
月額料金 マンション(アパート):5,250円~
戸建て:5,550円~
キャッシュバック ~30,000円
備考 中部(東海)地方限定 / キャッシュバック最大3万円 / so-netのプロバイダ申し込み必要 / 電気・ガス同時申し込みで割引あり
評価

コミュファ光は、中部(東海)地方限定の光回線です。

キャンペーンが少し分かりづらく、実質料金を理解するのに手間取ってしまうサービスで実際のコストパフォーマンスは残念ながら低めです。

例えば、公式サイトのキャンペーンでは「最大40,000円のキャシュバック!」と書いてありますが、よく見ると「他社解約の違約金が上限」と記載があるため、こちらのキャシュバックは実質的には違約金とは相殺されてしまうため0円となるので注意が必要です。

また、キャッシュバックキャンペーンを行っているページで「月額実質1,314円から」と書いているサイトがありますが、こちらは月額5,480円の1年分(65,760円)から、キャシュバックの30,000円と商品券の20,000円を差し引いて割ったものです。

つまり、商品券を除けば2年間では101,520円となり、1年間で見れば安く見えますが、2年間で見ると割高になってしまいます。(ちなみに、2年以内の解約は12,000円の違約金がかかります。)

「月額実質1,314円」と書いてあると、パッと見では非常に安く感じてしまいますが、2年間の料金で計算すると割高になりお得ではないため注意して頂きたいです。

コミュファ光のサービス提供エリア

中部(岐阜・長野・愛知・三重・静岡)

コミュファ光の悪い口コミ

コミュファ光の良い口コミ

コミュファ光の詳細をチェック

10位:ビッグローブ光

ビッグローブ光
2年間の実質費用 70,520円 ~ 94,520円
(キャッシュバック金額により前後する可能性あり)
月額料金 マンション(アパート):3,980円
戸建て:4,980円
キャッシュバック 25,000円
備考 25,000円キャッシュバックあり / auスマホ割引あり / 3年契約必須 / 工事費実質無料 /  カスタマーサポート年中無休 / 違約金2万円
評価

ビッグローブ光は、比較的知名度が高く、全国で使える光回線です。

しかし、料金が特筆して安いわけでもなく、キャッシュバックも25,000円と普通の金額で特徴がありません。

auひかりやNURO光やソフトバンク光などと比べると、「これだ!」という決め手が無いのが正直なところです。むしろ違約金が2万円と高額なため、注意が必要です。

また、工事費が実質無料ですが、契約縛りが3年間でこの期間に毎月工事費分を割引する仕組みとなっています。

そのため、例えば戸建てプランを12ヶ月で解約すると、残りの工事費2万円+違約金2万円がかかり、4万円を支払う必要が出てきます。

ビッグローブ光を選ぶのであれば、こちらのランキングで紹介した上位の光回線の方が圧倒的にお得なので、あえてビッグローブ光を選ぶ必要はないのかなと思います。

ビッグローブ光のサービス提供エリア
  • 全国

ビッグローブ光の悪い口コミ

ビッグローブ光の良い口コミ

ビッグローブ光の詳細をチェック

光回線選びで迷ったらNURO光を選べば間違いない!

nuro光
  • ポイント1:2年間の実質費用が最安でコスパが良い
  • ポイント2:下り最大2Gbpsで最速
  • ポイント3:NTTの光ファイバーで通信の質が高い

ここまで光回線サービスを順位付けして解説してきましたが、2019年現在の最もコストパフォーマンスが良くおすすめできる光回線は「NURO光」です。

2年間でかかる合計費用を計算してキャッシュバックやキャンペーンなどを考慮すると最安値になりますし、回線速度が他の光回線と比べて2倍の速さがあります。

また、回線もNTTの光ファイバーケーブルを使用しており、通信が安定しているため質が高いです。

光回線を選ぶ時に「多すぎてどれにしたら良いか分からないな・・・」と感じたら、こちらのNURO光を選べば間違いがないですよ。キャッシュバックキャンペーンは急に終了することもあるため、気になる方はチェックしてみて下さい。

NURO光のキャッシュバックページはこちら

新しく光回線を申し込み契約から開通~解約までの流れ

ここでは、光回線の申込みから解約までの一連の流れを、「新規契約」と「乗り換え契約」の2つの場合に分けて解説していきます。

それぞれで若干ポイントが異なるため、参考にして頂ければ幸いです。

【新規契約】光回線を初めて申し込む場合の4ステップ

 ステップ 内容
光回線の新規申し込み契約方法
光回線の工事について
光回線開通中によく起きる速度に関するトラブルについて
光回線の解約方法

光回線を新規で契約する場合、申込みから解約までをまとめています。

上記の表をクリックして頂くと項目に飛ぶことができます。

ステップ①:光回線の新規申し込み契約方法

光回線の新規申し込みは、大きく分けて2つになります。

ネットで行う方法と、家電量販店などの窓口で行う方法があり、キャッシュバックやキャンペーンはネットからの申し込みの方がお得になります。

これは、窓口の人件費がかからないためで、ネット限定のキャンペーンは非常に多いです。契約する光回線を決めたら、ネットから申し込みをするのがお得でおすすめですよ。

光回線の契約については下記の記事で詳しくまとめています。

あわせて読みたい
光回線のおすすめの契約方法と契約時の3つの注意点!「光回線の契約で失敗したくない…!」「光回線ってどうやって契約するの…?」など、光回線の契約について調べている人は多いようですね…!そこで、当記事では「光回線のおすすめの契約方法」や「光回線の契約方法」などについて詳しくまとめていきます…!最後まで読んでいただければ、光回線の契約方法の種類や光回線を契約する手順などについて理解出来ます。是非参考にしてくださいね!...

ステップ②:光回線の工事について

光回線の工事は、壁に穴を開けて回線を通す工事が行われます。

マンションの場合は事前に大家さんに許可を取る必要があり、必要な書類は契約時に渡してもらえます。

工事については下記の記事でも詳しくまとめています。

あわせて読みたい
許可を出す老婦人
【工事の許可が必要!?】光回線をマンションで使うための全知識!「マンションで光回線を使いたいけど許可は必要なのかな?」や「マンションで光回線を使いたいけど許可をもらうのは大家さん?マンション管理会社?」など・・・マンションで光回線を設置する際の疑問は、マンションにお住まいの方やマンションに転居を予定している人にとってはすごく重要なことなので、分かりやすく解説します!...

ステップ③:光回線開通後によく起きる速度に関するトラブルについて

光回線を新規で契約して開通した後、速度が非常に遅いというトラブルが起こる場合があります。

サービスによっては「最大1Gbps」と謳っていても、実際は1Mbpsしか出ないといった場合もあります。

これは、例えばマンションなどの集合住宅で光回線を分割している場合に起こったり、使用している無線ルーターやLANケーブルに原因がある場合もあります。

あまりにも速度が遅い場合、一度カスタマーサポートに連絡することをおすすめします。

ステップ④:光回線の解約方法

光回線を解約するには、サービスによって手順が異なる場合があります。

また、契約期間が2年と定められている場合、2年以内に解約すると違約金がかかる場合があります。

光回線の解約方法については下記の記事にまとめています。

あわせて読みたい
光回線解約
【光回線の解約事情まとめ】解約金なしの条件と工事の内容を解説!「光回線を解約する方法が分からない」や「光回線を解約する時の解約金はどんな条件の時に発生するのか?」これら疑問は契約している方も契約する前の方も感じている悩みなので、分かりやすく解説します!...

【乗り換え】光回線を転用で申し込む場合の4ステップ

 ステップ 内容
光回線を乗り換えで申し込む契約方法
光回線乗り換えの工事について
光回線乗り換え中によく起きる速度に関するトラブルについて
乗り換えた光回線の解約方法

光回線を乗り換えで契約する場合、申込みから解約までをまとめています。

上記の表をクリックして頂くと項目に飛ぶことができます。

ステップ①:光回線を乗り換えで申し込む契約方法

光回線を乗り換えで申し込むには、ネット申し込みと家電量販店などの窓口申し込みの2つがあります。

注意して頂きたいのは、乗り換えの場合でもネットから申し込んだほうが割引額が大きい場合が多いです。そのため、お店の窓口で申し込むよりもネットで申し込むのがおすすめです。

ステップ②:光回線乗り換えの工事について

光回線を乗り換える際に、工事が必要な場合と、不要な場合の2つがあります。

工事が不要な場合は「フレッツ光」を使用している状態で「光コラボレーション(ソフトバンク光・ドコモ光など)」に転用する場合で、これは同じNTTの回線を利用するため光回線を新たに引き込む工事が不要となります。

光回線の工事については下記でも詳しくまとめているので、よければ参考にして下さい。

あわせて読みたい
回線工事
光回線で工事が不要な場合はある?費用を安く抑える方法も解説!光回線で工事が不要な場合はどんなときかを解説しています。また、工事をしなくてもいいのに余計に工事費を取られる危険性や、工事がそもそも必要ないネット回線についても解説しています。...

ステップ③:光回線の乗り換え後によく起きる速度に関するトラブルについて

光回線を乗り換えた後、速度が遅くなる場合があります。

原因は、前のサービスよりも乗り換え後のサービスが混雑していることや、使っている無線ルーターやケーブルに問題があることが考えられます。

解決策としては、NURO光やauひかりはフレッツ光系の回線とは異なる新しい回線なので、これらを選べば混雑度が低くて速度が早い場合が多いです。

回線速度に関しては下記の記事でもまとめています。

ステップ④:乗り換えた光回線の解約方法

光回線を乗り換えた後、解約するには電話等でサービス元に連絡する必要があります。

注意して頂きたいのは契約期間で、2年契約の回線を途中で解約すると違約金がかかってしまいます。

違約金が無料になるのは2年後の更新月となるため、解約するのであればその月を狙って解約するようにして下さい。下記の記事でも詳しくまとめています。

あわせて読みたい
光回線解約
【光回線の解約事情まとめ】解約金なしの条件と工事の内容を解説!「光回線を解約する方法が分からない」や「光回線を解約する時の解約金はどんな条件の時に発生するのか?」これら疑問は契約している方も契約する前の方も感じている悩みなので、分かりやすく解説します!...

光回線の気になるQ&A10選

 疑問 内容
光回線に工事が不要なものはある?
光回線とWi-Fiの違いは?
光回線テレビはどれがおすすめ?
光回線の契約で詐欺はないの?
光回線の勧誘電話の断り方は?
光回線を法人で契約するには?
光回線のエリア確認方法は?
引っ越しをする際は、光回線をどうすればいい?
光回線が繋がらなくなったらどうする?
10 光回線の工事費用の相場は?

ここでは、光回線についてよくある疑問についてまとめました。

それぞれ、詳しく掘り下げた記事に飛べるようにしてありますので、気になる項目があればお読み頂ければ幸いです。

1:光回線に工事が不要なものはある?

光回線は基本的に工事が必要ですが、フレッツ光から光コラボレーションへ転用する場合のみ工事が不要です。

光コラボレーションとは「ソフトバンク光」や「ドコモ光」が該当しますが、これらはフレッツ光と同じ回線を利用するからです。

下記で光回線の工事不要について詳しくまとめています。

あわせて読みたい
回線工事
光回線で工事が不要な場合はある?費用を安く抑える方法も解説!光回線で工事が不要な場合はどんなときかを解説しています。また、工事をしなくてもいいのに余計に工事費を取られる危険性や、工事がそもそも必要ないネット回線についても解説しています。...

2:光回線とWi-Fiの違いは?

光回線は回線工事が必要ですが速度が早く、Wi-Fi(モバイルWi-Fi)は持ち運びができて工事が不要ですが回線速度は光回線より遅いです。

詳しくは下記にまとめています。

あわせて読みたい
パソコンと疑問をもつ女性
光回線とWi-Fiの違いは?どちらを選べば良いのかケース別に説明光回線とWi-Fiの違いについて詳しく解説しています。また、住環境によって光回線が向いている場合と、Wi-Fiが向いている場合のそれぞれについて説明しています。...

3:光回線テレビはどれがおすすめ?

光回線テレビとは、ネット回線を使ってテレビが見れるサービスです。

アンテナがいらないので手軽に導入でき、大きく4種類に分類されます。

チャンネル数重視ならケーブルテレビ、コスパ重視ならひかりTVがおすすめです。

詳しくは下記にまとめています。

あわせて読みたい
リビングでテレビを見るカップル
光回線のテレビはどれがおすすめ?各サービスを徹底比較光回線のテレビにはどのような種類があるのか、どのサービスがおすすめなのかをそれぞれ検証しています。契約にかかる料金なども比較しています。...

4:光回線の契約で詐欺はないの?

光回線の契約で詐欺にあう可能性はほとんどありませんが、中には契約内容をわざと分かりづらくしている悪質なサービスも存在してしまいます。

特に飛び込み営業などは注意する必要があり、押し売りされたものは買わずにネットからキャッシュバックを受け取って申し込むのが賢いです。

光回線の詐欺については下記の記事でもまとめています。

あわせて読みたい
詐欺師
光回線で詐欺があるのは工事?訪問営業?代理店が詐欺をすることは?「光回線の契約で代理店が詐欺をするってことはあるの?」や「光回線の工事や訪問営業で詐欺行為があるってホントなの?」など・・・光回線の契約で詐欺行為はあまり聞くことはありませんが、皆無では無いので注意が必要です。「詐欺の被害にあうことは絶対にイヤ!」というアナタに詐欺からの防護策を解説します!...

5:光回線の勧誘電話の断り方は?

光回線の勧誘電話は、一度かかってくるとしつこく何度もかかってくる場合があります。

「現在の環境で問題ないです」としっかり断れば相手も引き下がりますので、毅然とした態度で接することが大切です。

光回線の勧誘電話の断り方は下記の記事でまとめています。

あわせて読みたい
勧誘
光回線で「しつこい勧誘電話」の断り方とよくあるトラブルについて「光回線をしつこく勧誘されるので困っている」や「光回線の詳しい説明を聞きたいけど、後でしつこく勧誘されないか心配だ」など・・・光回線のしつこい勧誘は少ないとは言えないのが現状です。「しつこい勧誘は避けたい!」とお悩みの方に対処法を分かりやすく解説します!...

6:光回線を法人で契約するには?

光回線を法人で契約するのに、個人の場合と大きな差はありません。

法人契約のメリットとしては、回線によっては固定IPアドレスが付与される場合があり、固定IPがあるとwebカメラなどで店舗を監視したりと便利な面があります。

光回線の法人契約については下記の記事でもまとめています。

あわせて読みたい
法人事務所
光回線の契約で法人と個人の違いと各社の契約内容と価格を徹底比較!「光回線を法人で契約する方法を知りたい」や「光回線を法人で契約するのと個人で契約する違いを知りたい」など・・・光回線の法人での契約する方法や内容はあまり知られていないのが実情です。そんな経営者の方のお悩みに分かりやすく解説します!...

7:光回線のエリア確認方法は?

光回線のエリア確認は、各サービスの専用ページから検索することが可能です。

また、ソフトバンク光やドコモ光などの「光コラボレーション」というサービスは、共通の回線を使用しているため対応エリアが同じになります。

下記の記事でエリア確認の方法について詳しくまとめています。

あわせて読みたい
光回線のエリアを検索する方法とエリア外だった場合の対処方法3選! 光回線のエリア検索ページと対応エリア確認方法 まずは光のエリア検索ページと、その確認方法についてお伝えしていきます。それぞ...

8:引っ越しをする際は、光回線をどうすればいい?

引っ越しをする際、光回線は「解約する」か「移転手続きを行う」の2種類になります。

解約する場合は違約金がかかってしまうこともありますが、移転手続きの場合は無料でできる場合が多いです。そのため、契約期間が残っているなら移転手続きがおすすめです。

光回線の引っ越しについては下記の記事でもまとめています。

あわせて読みたい
引っ越し屋さん
【光回線の引っ越しガイド】違約金・手続き・ベストな乗り換え先を解説!「引っ越しする時に光回線を解約する方法が分からない」や「引っ越しで光回線を解約する時の違約金の発生する条件は?」引っ越しする時に思い浮かぶ光回線解約の際の違約金に対する疑問は、皆さんが少しでも早くクリアしておきたいことだと思いますので、分かりやすく解説します!...

9:光回線が繋がらなくなったらどうする?

光回線が繋がらなくなった場合、回線元の問題である場合と、こちら側のモデムやケーブルなどの機器の問題の場合の2種類が考えられます。

回線元が原因の場合は復旧を待つしかありませんが、こちら側の問題の場合はルーターの再起動など対応方法があります。

光回線が繫がらない時の対応策については下記でまとめています。

あわせて読みたい
光回線が突然繋がらなくなったときの原因と対策を3ステップで解説! 光回線が突然繋がらなくなったときの対策方法を3ステップで解説…! このパートでは、光回線が突然繋がらなくなったときの対策を3S...

10:光回線の工事費用の相場は?

光回線の工事費用の相場は、戸建ての場合は2~4万円、マンションなどの場合は1.5万円~3万円です。

ただ、しっかりとサービスを選べば工事費が実質無料になるものも多いため、工事費を払わずに済むように光回線を選ぶことが大切です。

光回線の工事費用については下記の記事でまとめています。

あわせて読みたい
【騙されない為に】光回線の工事費の相場や工事費無料の代理店まとめ「光回線の工事費用はどのくらい?」「工事費が必要無い場合もとられるって本当?」などなど…光回線の工事費について調べている人は多いと思います。そこで当記事では、光回線の工事費や工事費無料の代理店3選・工事費で騙されないための注意点などについてまとめていきます。最後まで読んでいただければ、光回線の工事費に関する基本的なことが理解出来ます。是非参考にしてくださいね。 ...

光回線についてまとめ

光回線についてまとめ
  • 家電量販店での「月額1円」は違約金が高く結局損をするので選ばない
  • 戸建てとマンションによって料金が異なるので注意して選ぶ
  • スマホ割やキャッシュバックや工事費無料など、全てを総合して選ぶのがおすすめ
  • トータルで考えると最もおすすめの光回線は「NURO光」と「auひかり」
  • 光回線の契約時には家電量販店よりもネットの方がキャンペーンがお得

光回線についてまとめると、上記のようになります。

選び方を間違えると2年間で6万円以上も損をする可能性があるため、少しでもお得に光回線を選ぶためにもこちらの記事が参考になれば嬉しいです。

また、当サイトでは光回線に関する記事を詳しくまとめていますので、少しでもあなたの疑問解決に役立てば幸いです。長くなってしまいましたが、ここまでお読み頂きありがとうございます。